RECORD BOY

SAURON - Thrash Assault LP




・SAURON - Thrash Assault LP LTD.66 w/ T-SHIRT / LTD.100 REGULAR VERSION ご予約受付商品 (Stress Hormones)

* 2013年末に1度だけ入荷してそれっきりだったSAURONのLPを予約を募って再入荷チャレンジしたいと思います。さすがにお値段は前回とは同じようにはいかず、Tシャツ付きダイハード・バージョンは税込5,000円台、レギュラーLPも税込3,000円台に乗ってしまいそうですが、ダイハード付属品TシャツのサイズはS / M / Lの3種がまだあるそうなので(XLは完売だそうです)、ご希望の方はTシャツ・サイズも選択してカートに入れてください。現時点では他商品とのまとめてのご注文/ご精算はお受けできません。必ずこの商品のみでカート購入手順を進めてください。



aaarrrggghhhぁぁぁあああーーー!!!666!!!この2000年代最凶アンビリーバボーなピュア・ファッキン・ロウ・スラッシュメタル・クラシックが、遂にアナログ盤が出てしまいました!!!!! オリジナル盤CDは流通激悪なうえにプレスミスもありましたが、それでも入荷のたびに即品切れ。プレスミスがクリアになったカセット・バージョンも瞬く間に完売しました。そして、2011年にSUPERCHRISTのPlanet MetalからめでたくCD再発。こうなったら、もうLP化しか残ってないでしょう。なぜ今までLPが出なかったのかが不思議ですが、確か過去に某デスメタル・レーベルからLPリリースのインフォメーションも1度流れたので、その後話が上手く進まなかったのかも知れません。現行盤CDは2003年 Prepare to Dieデモもボーナス収録していますが、このLPはオリジナルCDと同じく8曲入り。リリースは無名の中国の新興レーベルなんですが、これがなかなか良い作りでして、特に派手なセールス・ポイントはないんだけどちゃんとした作りで、そしてなんと言っても漢字を一切使ってないのが素晴らしい!!SAURONのこのLPで、あのお経みたいな漢字の羅列やられたらゲンナリするところでしたが、プレスもチェコじゃないっぽいし、なかなかわかってるレーベルのようで安心しました。

プレス枚数は相当ミニマムで、166枚プレスだそうです。そのうちの、レギュラー・バージョンがltd.100枚。さらに、ビニールの色に違いはありませんが、Tシャツ付きのスペシャル・バージョンがltd.66セット。スペシャル・バージョンには、LPのビニールにレーベル・ステッカーが貼ってあって、ナンバリングも入っています。TシャツはGildanボディ。

2000年に結成されたUSミシガンのダーティー・スラッシュメタル・バンド SAURONの2004年発表1stアルバムです。聴いたお客さん全員が例外なくブッ飛んでくれた、驚異的極悪スラッシュメタルの大傑作で、ノルウェーのINFERNO, カナダ AGGRESSIONの1stと並んで、当店の過去入荷商品スラッシュメタル部門の中ではダントツの大反響を記録しました。とにかくこのアグリーなロウ・ノイジー・スラッシュメタル・サウンドは、いつ聴いても大興奮させられます。ホントに超汚ねーーー音なんです!!!こんな汚らしいスラッシュメタルが2000年代に存在してることを、ぜひ良識あるスラッシャー君たちに実感して、ブチのめされてほしいです。ギターのVictor氏はBORROWED TIMEやHARBINGERにも参加していましたので、その2バンドのファンも、このSAURONのあまりの野蛮さに驚くことでしょう。本作ラストにKREATORのカバーを、そしてデモではBATHORYのカバーもやってましたが、SAURONのオリジナル曲もまさしくその2つをミックスして爆発させた感じで、SLAYER影響下スラッシュメタルの極北とも言えます。しかも耳に残る印象的なメロディーも多くて、スピード・ノイズ・スラッシュなのに、驚くほどキャッチーです。とにかく黒くて汚くて速くて、でもリフは爽快なまでに刻み倒してくる、こんなスラッシュメタルが聴きたかった人は絶対に多いハズです。凄い。本当に凄いです!!!

Metal Deadness!!


skelethal-morbidrevelations.jpg

・SKELETHAL - Morbid Revelations CD 税込1,944円 (Pulverised)

2012年結成フレンチ・デス・メタル・バンドのディスコグラフィーCDです。Iron Boneheadから12"を2種リリースしてたようですが、恐らく日本でもまだそんなに話題になってないんじゃないでしょうか。完全にノーチェックでしたが、これは完全にカッコいいぞ!!


Tracks 1-5 : Insterstellar Knowledge of the Purple Entity 12" (2014年)
Tracks 6-12 : Deathmanicvs Revelation 12" (2014年)
Tracks 13-16 : Morbid Ovation Demo (2012年)
Track 17 : San Jose's KFJC Radio Show


日本でも人気の高い初期スウェディッシュ・スタイルのデス・メタルだけど、ENTOMBEDタイプと言うよりもNIHILIST直系と言いたくなる、80年代後期ハードコア・スラッシュの延長線上に生まれたようなsvart deathrashです。AUTOPSY系のlowシックネスもあるし、フロリダDEATHのようなフレーズも飛び出します。日本で求められるのがメタルの大味さならば、DISRUPTEDのようなスウェディッシュ・スタイルの方がいいでしょうけど、ハードコアのロウネスを求めてるステンチ・デス・ヘッズには絶対にこっちのバンドをオススメします。ストローク・リフでスウェディッシュっぽくやると後期ANTISECTみたいに聴こえてくるし、フロリダDEATH型の曲はBASTARD PRIESTの2ndにも近い気がします。SACRILEGEのカバーもやってるので、やっぱりハードコアも根っこにあるのかも知れません。SEPULURAのカバー選曲には、なぜかEXCORIATEを思い出しました。とにかくオススメdeath!!



bonegnawer-cannibal.jpg

・BONE GNAWER - Cannibal Crematorium CD 税込1,944円 (Pulverised)

MANTAS, DEATH, MASSACRE, etcで活躍した伝説のフロリダ・デス・メタル・パイオニア Kam Lee氏を中心に、Paul SpeckmannとのプロジェクトやPAGANIZERなどでお馴染みのRogga Johansson氏(どうやらこの作品で脱退したようですが)などによる、デス・メタル2大聖地 フロリダとスウェーデンを股に掛けたインターナショナル・バンドの新作2ndアルバムです。

Kam LeeがVo.ですから題材はゴアですが、サウンドはCARCASSが開拓したゴア・デス・メタルの進化系よりももっとオールドスクールで、ブルータルなダイナミズムと切れ味による疾走感は、曲によってはMASTERあたりのブルタリティーが好きな方にオススメです。曲調がオールドスクールなので、フロリダ・デスともスウェディッシュ・デスとも質の違う大味さは、本来ならブルデス系の若いファンにもアピールしそうな感触だけど、ダウン・チューニングのベイエリア系スラッシュみたいなノリになってる曲があるのも面白いです。



majesticdownfall-whendead.jpg

・MAJESTIC DOWNFALL - ...When Dead DIGIPACK CD 税込1,728円 (Pulverised)

メキシコのドゥーム・デス・メタル・バンドの、Chaos Recordsから出てたSplit CD w/ SLOW DEATHに続いて発表された2015年4thフル・アルバムです。5曲入りで50分超の、デジパックCDです。

KATATONIAを頂点としてISOLEなどが継承してる、北欧の正統派エピック・メタルがデス寄りにスロウになったようなタイプ、などと言って前作Splitは紹介していましたが、ぶっちゃけ話題は可愛い女性メンバ―が居たSLOW DEATHに偏っていました。なので、モーンフル・デス系はさほど強くないウチとしては今回はあまり枚数を入荷させませんでしたが、これは素晴らしい内容です。MY DYING BRIDE影響下デス・メタルの叙情に、北米デス・メタルぽいアトモスフェリックも感じさせて、サンプル貼った曲の終盤のソウルフルなギター・ソロなんかも絶品です。本当にこれがメヒコのバンドなんでしょうか?でも、メンバーはZOMBIFICATIONとかやってる人みたいです。モーンフル・ドゥーム・デス・ファン必聴の傑作!!



wombbath-downfallrising.jpg

・WOMBBATH - Downfall Rising CD 税込1,944円 (Pulverised)

2000年代以降のオールドスクール・デス・メタル・リバイバルは、多くのカルトなバンドの復活劇も生み出してきましたが、ここまで来るともははやさほど驚くような再結成もないだろうと思ってたけど、さすがにこのバンドの新作には驚いたファンも多かったと思います。Thrash Recordsから93年に発表した1stアルバムのオリジナル盤が、初期デス・メタルを代表するメガレア・クラシックとして大人気のWOMBBATHの2015年発表8曲入り復活2ndアルバムです。

1st EPや1stアルバムなどの初期作品がスウェディッシュ・デス・メタル信者を常に興奮させるアンダーグラウンド・カルト・ヒーローの代表格のようなバンドですが、解散寸前の94年に発表したLavatoryは、PANTERA型のモダンなグルーブと...And Justice for Allのアンサンブルを導入したような最悪のセンスが爆発して、全てのダイハード・デス・メタラーを幻滅させながらシーンから消えていきました。さすがにこの復活作はLavatory EPのようなことにはなっていないので安心してほしいですし、むしろそのLavatory EPのリベンジを果たすために復活してきたような気迫に満ちたオールドスクール・デス・メタル・サウンドです。イントロから雪崩れ込むようにスタートするモロにENTOMBEDやDISMEMBER直系の疾走ナンバーを聴いた瞬間に、スウェディッシュ・デス信者は黒のロング・スリーブ・シャツに着替えて長髪を振り乱してしまうことでしょう。しかし元来ハードコア型のスウェディッシュ・デス・メタル・バンドではなかったので、この復活アルバムは全体的に構成が良く練られたドラマチックで激しいスウェディッシュ・デス・メタル作品に仕上がっています。感触はBOMBS OF HADESとの共通性も感じさせる現代的なダイナミズムながら、スロウ~ミドル・テンポからブラストへと一気にスパークするパートが印象的です。さらに、ギターが北欧デスならではのクラシカル・メロディーが強く、メロディック・デス・ファンも思わずグッとくるであろうフレーズも飛び出します。とりあえず、相当の気合が感じられますので、これでLavatory EPは忘れられるでしょう!!
06 | 2015/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR