RECORD BOY

WARWOUND - A Huge Black Cloud CD

warwound-ahuge.jpg

・WARWOUND - A Huge Black Cloud CD 税込2,484円 (Boss Tuneage)

VARUKERSの激渋な口ひげギタリスト Damian Thompsonと巨漢ドラマー Andy Bakerの2人がVARUKERS加入以前にやっていた知る人ぞ知るオブスキュア80's UKHCパンク・バンド WARWOUNDの音源を、Boss Tuneageが快挙のオフィシャルCD化再発。これはオブスキュアD-Beatファンにもメタル・パンクスにとっても最高の発掘リリースだ!!と、日本での流通を担当するWaterslideさんから教えてもらった時から本当に楽しみにしていました。もちろんお宝音源が現代の技術で最高のクォリティーで蘇ることの喜びもありますが、今回はライナー・ノートをFRAMTIDギタリストのJacky Crust War氏が担当していて、それもまた楽しみの一つだったのです。Mosh Tuneageの再発シリーズで協力してきたWaterslideさんから今回も帯のコメントを依頼された時、これは自分の出る幕ではないとJacky氏に相談したら快く引き受けてくれて、そしてライナーノートもJacky氏ならではの素晴らしい解説になっていますので、絶対に読んでみてください。日本語帯も付いた、ペーパーフォルド・スリーブCDです。

Damian & Andy在籍時のVARUKERSは、ハードコア・パンク史に残る歴史的名盤 Another Religion Another War 12"を84年に残していますが、ご存じの通り、両氏はVARUKERS脱退後にクロスオーバー・パンク・メタルコア・スラッシュ SACRILEGEを結成しています。同年のLed to the Slaughter 7"からDamian & Andyの両氏はVARUKERSに参加しているけど、Another Religion Another War 12"でのVARUKERSは明らかにそれまでのVARUKERSと異なり、メタルのエッジを際立たせずに爆撃級の怒へヴィ・サウンドでDISCHARGE影響下のパンク・スラッシュをマキシマムに放出していて、これはどう考えてもDamian & Andyの両氏(特にDamian)による功績が大きかったはずです。実際、両氏脱退後の翌85年にVARUKERSが発表したアルバムのOne Struggle One Fightは、曲調はAnother Religion Another Warの延長線上でリフはよりメタリックなエッジが立っていましたが、Another Religion Another Warのあの怒涛の重爆感は薄れています(UKメタルコア・パンクとしては充分カッコいい作品ですけどね)。今回再発されたWARWOUNDのデモ3種の中に、後にVARUKERSのAnother Religion Another Warで演奏される曲("No Escape"と"Neglected")もありますし、そして2曲目の"Holocaust"なんか完全に初期SACRILEGE超まんまでメガ渋!!!これは絶対に後のSACRILEGEでも使いまわしてた曲なんじゃないでしょうか?90年代にテープ・トレードでWARWOUNDが廻ってきた時は、極悪な音質になるまでダビングされてきたテープをありがたく聴いていた、とJacky氏は前に話してくれたことがありましたが、このCDの音質は80'sハードコア・パンクのデモ起こしとしては奇跡の最高級音質で蘇っていて、そんなJacky氏の逸話がまた重みを増して響いてきます。Jacky氏はVARUKERSとWARWOUNDについての関係性についても鋭い仮説を立てて解説していまして、ここから先はもうCD買ってライナー読んでください。当たり前の文句で〆ますが、VARUKERSとSACRILEGEファンは絶対必聴です!!

REDSHEER - Eternity CD

redsheer-eternity.jpg

・REDSHEER - Eternity CD 税込1,800円 (Till Your Death)

ex. ATOMIC FIREBALL, ex. SCALENE, ex. Bucket-Tのメンバーによるバンドの1stアルバムCD。先着で2014年12月14日の NOISE ROOM SESSIONSの2曲を収録したCDRが付きます。

Amphetamine Reptile Recordsに代表される90年代ノイズ・ロック/ジャンク・ロックをベースにしたカオティックなサウンドで、当店で昔取り扱ってきたバンドで例えるなら、TODAY IS THE DAYなどのファンにオススメのタイプかと思います。
06 | 2015/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR