RECORD BOY

Anti-Goth!!


*Nuclear War Now!新作到着!!!666!!!今回の到着品はまさしく地獄です。こんなんサラッとやれるほど器用じゃありません。好きなGOATLORDもこれだけあると嫌いになりたくなりましたが、BLASPHEMYもGOATLORDも、リスナーをハッピーにしたくてやってる音楽じゃなくて、音我苦なわけですから、それでも良いのでしょう。おかげで土曜の夜にフィニッシュしたかったのが今頃のブログ・アップ完了ですが、ジャケ画像をクリックするとNuclear War Now!商品一覧にリンクしますので、他商品も合わせてチェックしてみてください!




blasphemy-fallenangel.jpg

blasphemy-fallenangel-cdback.jpg

blasphemy-fallenangel-cdbook.jpg

・BLASPHEMY - Fallen Angel of Doom CD 税込2,160円 (Nuclear War Now!)

ブラック・メタルを語る上で絶対に欠かせない作品の一つである、カナダ・バンクーバー出身バンド BLASPHEMYの90年発表1stアルバムCDが再プレス!!!666!!!オリジナルはNew Renaissanceと並ぶカルト・メタルの代名詞的レーベル Wild Ragsからリリースされて、2007年のNWN!による再発盤も近年では各種フォーマットがオリジナル盤に肉迫する勢いで高額プレミアがついて取引されています。ギャラの要求額が他のバンドと比べ物にらないくらい高いそうで、実はフルリスペクトするNWN!もさほど再プレスには乗り気じゃないという話も聞いたことがありますので、「2007年の再発の時はCDは買わなかった」なんて人はこの機会に絶対入手してください。今回はバック・インレイにRoss Bay Cultのロゴが入ってたり、licensed from Blasphemy 2015と記載されててますが、極悪な内容のブックレットはそっくりそのまま2007年版と同じ作りです。

ブラジルのSARCOFAGOと並んで、90年代初めに北欧で爆発するブラック・メタルの確立にも大きな影響を及ぼし、現在のウォー・ブラック・メタルの原点ともなったバンドです。80年代中期には活動を始めて、89年に発表した1stデモはアンダーグラウンド・シーンで高く評価され、日本でもブラック・メタル第一世代ミュージシャンや関係者の間で評判となったそうです。もともとBATHORYウォーシップを強く打ち出していましたが、グラインドコアの要素も導入したようなスタイルへと激化し、BATHORYスタイルだったデモに熱狂したメタル・ヘッズで、この1stアルバムにガッカリした人は少なくなかった、という話もよく聞きます。しかしあの時代の、メタルもパンクもスラッシュもハードコアもデスもグラインドも、こぞってエクストリームな音楽を追求し、速さを競い合い切磋琢磨するバンドの姿は本当に美しく、サタニック・スキンヘッズを掲げたこのBLASPHEMYでさえ、当時のサンクス・リストを見ると、ジャーマンBLOODやAGATHOCLESあたりはもちろんのこと、ACCUSEDのトミーの名前や、「NAPALM DEATHのバンクーバーで最初のライブを実現してくれた」として地元のハードコア・パンク・バンド SUBVERSEの名前が載ってたりして、この極悪サタニック・メタル・スキンヘッズがハードコアのスピードに強く触発されていたのがよくわかります。そしてその純粋な衝動が激烈すぎる塊となって吐き出されたのが、この1stアルバムです。演奏力も音質も楽曲の完成度も、全てを度外視せざるを得ないムチャクチャなこの最強ルックス!!!有名な裏ジャケの写真はもちろん、ジャケ・ブックレットに掲載された恐ろしすぎる写真の数々を眺め恐怖しながら堪能してください!!!666!!!




orderfromchaos-diehardcdbox2.jpg

orderfromchaos-diehardcdbox1.jpg

・ORDER FROM CHAOS - Frozen in Steel 5xCD DIE HARD BOXSET 税込12,960円 (Nuclear War Now!)

2014年末にLPバージョンがNWN!からリリースされて世界中で大きな反響を呼んだ伝説のUSカンザス・シティー・ブラック・デス・メタル ORDER FROM CHAOSの究極のボックス・セットが5枚組CDバージョンもリリース!!カルト・レーベル Wild Ragsからのオリジナル・リリース作品はもちろん、NWN!による2008年再発LPも入手不可能な状態が続いてましたので、待ちに待ったオフィシャルCD再発です。

のちにANGELCORPSE, KERASPHORUS, REVENGEなどでも活躍したPete Helmkamp氏, そして現ARES KINGDOMのChuck Keller氏とMike Miller氏が80年代後期から90年代にかけてやっていたバンドです。VONやNECROVOREなどと同様に、USでブラック・メタルの基礎を築いたと言ってもいいバンドの一つで、Pete氏がSAMAELのTシャツを着用してBEHERITロゴをペイントしてたように、当時USエクストリーム・メタルの中心だったメイン・ストリームのデス・メタルとは違う志向の、ヨーロッパのよりオカルティックでノイズにまみれたロウ・ブラック・デス・メタルに近いサウンドは、ヨーロッパや本場北欧のブラック・メタル・バンド・ミュージシャンにも支持されていました。この圧倒的に黒いノイズ・メタル・サウンドは、初めて聴く者だれもがブッ飛ばされたはずです。


CD 1
Tracks 1-3: Demo 1
Tracks 4-7: Inhumanities
Tracks 8-12: Crushed Infamy
Tracks 13-14: Will to Power
Tracks 15-16: Alienus Sum

CD 2
Tracks 1-8: Stillbirth Machine
Tracks 9-10: Plateau of Invincibility

CD 3
Tracks 1-6: Dawn Bringer
Tracks 7-8: Live: Into Distant Fears
Tracks 9-10: Pain Lengthens Time

CD 4
Tracks 1-9: An Ending in Fire
Tracks 10-13: And I Saw Eternity

CD 5
Tracks 1-8: Rehearsal, Dec. 25, 1988
Tracks 9-12: Live Omaha, NE, 1993
Tracks 13-16: Live Manassas, VA, 1994
Tracks 17-19: Alienus Sum outtakes

*ベルト・バックル
*パッチ 2枚
*木製ボックス


ダイハード・バージョンは木製ボックスで、パッチ2種とベルト・バックル付きの豪華版。通販ご注文の場合、このCDボックス・セットは梱包が大変困難ですので、たとえばLPなど組み合わせの商品によっては、1個口での発送がお受けできない可能性もあります。ご了承願います。





nospeedelimit-box.jpg


nospeedelimit-flyer.jpg




・V.A. - No Speed Limit 8 x TAPE BOXSET 税込6,912円 (Nuclear War Now!)

再入荷!

NWN!が久しぶりにやってくれたアナログ・マニア大興奮の変態フォーマット!!!VOIVODを筆頭に、初期スラッシュ/スピード・メタル・ファンに人気のレジェンド&カルト・バンドを多く生み出したカナダ・ケベックで活動した8バンドのデモをまとめたコンピレーション・カセット・ボックスです。Hellbent For Cooking BOOKやIRON FIST MAGAZINEの連載などでもおなじみのカナディアン・ドゥーム・メタル CAUCHEMARの女性ボーカリスト Annick Giroux発案のコンピレーションで、James Plotkin氏によるリマスタリングで現代によみがえった80年代のデモ・テープ8種のレプリカを、今まで見たこともない変型ボックスに収納しています。VHSよりもちょっと小さい、昔のベータ・サイズくらいのビデオ・テープのケースを2本重ねて合体させたような作りで、各デモのスリーブもそれぞれ単独で再現されています。ブックレットも収納していて、当時のケベックのテープ・トレーダーのコメントや、各バンドのバイオグラフィーと写真も掲載。ジャケ・デザインは、もちろんAwayです!!


VOIVOD "No Speed Limit Weekend : Iron Gang Fanclub Live Demo" (1986年)
VOOR "Evil Metal" (1985年)
AGGRESSION "Demo #1" (1987年)
OUTRAGE "Buried Pieces 1984-1986 Demos"
SOOTHSAYER "To Be a Real Terrorist" (1986年)
TREBLINKA "Trials of War" (1987年)
VENSOR "Thrash Till Death" (1987年)
OBLIVEON "Whimsical Uproar" (1987年)


当店限定カラー盤までやった激渋オブスキュア・イーヴィル・スピード・メタル VOOR / 最凶暴走猛スピード・ハードコア・スラッシュ・メタル AGGRESSION / New Renaissanceの名物シリーズ・オムニバス Speed Metal Hellに参加してたので覚えてる人もいるであろうスピード・メタル・バンド OUTRAGE (最初期名古屋OUTRAGEもSpeed Metal Hellシリーズcomp.に参加してたのでちょっとややこしいですが、名古屋OUTRAGEはVol.5に、このケベックOUTRAGEはVol.2に収録されていました)/ New Renaissanceからアルバムが出ていたクロスオーバー・スラッシュ・メタル SOOTHSAYER / スウェーデンではなくケベックのTREBLINKA / 今回のカセット・ボックスでNWN!オーナー氏も初めて知って大いにホレこんでしまったというVENSOR / そして1stアルバムCDがオブスキュア・スラッシュ・メタル・ファンに高い人気を誇るレア盤のOBLIVEONの8バンド。今回の目玉はこのデモを残したのみで消えたVENSORで、ドラマーは当時13歳だったそうです。まるでスピードコア並みの猛速ビートになったVENOMウォーシップ・メタルで、しかも初期CASBAHを彷彿させるこの激渋クレイジー・メタル・ファッション!!全カルト・スラッシュ・メタル・ファン、必聴&diiieeeggghhhデス!!!




goatlord-demo87-lp.jpg

・GOATLORD - Demo '87 / Reh '88 DIE HARD 2LP 税込3,996円 / REGULAR 2LP GREEN VINYL 税込3,780円 / CD 税込1,836円 (Nuclear War Now!)

USラスヴェガスで85年に結成されたデス・メタル・バンド GOATLORDの各種音源がNWN!から一挙に再発。2007年にもNWN!が1stアルバム Reflections Of The Solsticeの再発と、2ndアルバム用に録音されていた未発表音源集 The Last Sodomy of Maryをリリースしていましたが、今回はデモ音源2種も併せて合計4種も同時リリースされてしまいました。あまりにもカルトすぎるのか、2007年版のリリースの時は当店では反響がイマイチ鈍くて、CDなんかはつい最近まで在庫が残ってたような記憶もありますが、個人的にはORDER FROM CHAOSのボックスセットが出るのなら、このGOATLORDの地獄のようなボックスセットも有りなんでは?と思うくらい、カルト・マニアックスにとってはオススメのリイシューだと思います。

現SPUN IN DARKNESSのドラマーが在籍したGOTALORDはドゥーム・デス・メタルのパイオニアの一つとされているバンドで、2代目Vo.のAce Still氏はGOATLORDと並行して、よりリチュアルなドラッグ・ドゥーム・メタル・バンドのDOOM SNAKE CULTもやっていました。しかし、GOATLORDはあくまでもデス・メタルな土台が揺るぎないロウ・ノイジーなサウンドが特徴で、且つ、スロウネスが殺伐な雰囲気を醸し出しているので、ドゥーム・デス・ファンから初期のオブスキュア・ブラック・メタル・マニアにまでカルトな人気を誇ります。


Tracks 1-4 : Demo '87.
Tracks 5-11 : Rehearsal '88.
Track 12 : Chicken Dance ("Reflections of the Solstice" Turbo Records version)
Track 13 : Voodoo Mass ("Goatlord" JL America version bonus track)


こちらは1stデモなどの最初期音源に、2代目ヴォーカリスト Chris Gans氏在籍時のセッションもプラスした音源集です。1stデモの4曲は、From Beyondから2003年にリリースされたDistorted Birth : The Demosアルバムにも収録されてましたが、Distorted Birthでの再発の際はマスター・テープを使用できなかったそうで、今回の再発はちゃんとマスター・テープから起こしているのもセールス・ポイントの一つとなっています。

ここで聴けるサウンドは全GOATLORD音源の中で最もスラッシュ色が濃くて、KREATOR, SADUS, MERCILESSなどの刻みリフ・デスラッシュに、CELTIC FROSTタイプのスロウ・ドゥーム要素をミックスしたような感じです。DREAM DEATHがドゥーム・スラッシュだとすれば、この1stデモ音源のGOATLORDはドゥーム・デスラッシュと言ったところでしょうか。マシンのような超絶足技を駆使しながらもスピードがイマイチ安定しないドラムは上手いのかヘタなのかよくわかりませんが、ノイジーなズグズグ刻みデスラッシュ・リフと相性ピッタリのロウ・ドラミングで、メキシカンTORMENTORやTRANSMETALのようなロウ・デスラッシュ・ファンにもオススメしたいカルト・デスラッシュ音源です。

ダイハード・バージョン2枚組LPはホワイト・ビニールで、ステッカーとパッチ付きです。レギュラー・バージョン2枚組LPは、今回は限定グリーン・ビニールで入荷しました。




goatlord-sodomize-lp.jpg

・GOATLORD - Sodomize The Goat DIE HARD 2LP 税込3,996円 / REGULAR 2LP BLACK VINYL 税込2,916円 / CD 税込1,836円 (Nuclear War Now!)

こちらは88年発表2ndデモの再発です。From Beyondから2003年にリリースされたDistorted Birth : The Demosアルバムにも収録されてましたが、Distorted Birthでの再発の際はマスター・テープを使用できなかったそうで、今回の再発はちゃんとマスター・テープから起こしているのもセールス・ポイントの一つとなっています。1stデモの頃よりもCELTIC FROST型のスロウネスが増幅して、かなりドゥーム然としたパート/曲調が増えていますが、唐突にズグズグズグズグ・・・と刻みだすSLAYER影響下ロウ・デスラッシュ・パートもあるのが特徴です。あと、このバンドは、他のCELTIC FROST影響下ドゥーム・デスの比ではない殺伐さがやはり最高で、荒涼とした退廃的ムードを醸し出すドゥーム・デス・メタル・バンドとはある意味真逆のサイコパス系の凶暴性は、方法論は違いますがNECROPHAGIAにも通じるところがあるかと思います。ギタリストは後にUSで有名なスナッフ・フィルム・ウェブサイト Blood Showsを立ち上げていて、こういった狂気のセンスがGOATLORDの音楽性にもにじみ出ているように思います。

LPはゲートフォルド・スリーブでポスター付きの2枚組。ダイハード・バージョンはホワイト・ビニールでパッチとステッカーが付いています。レギュラー・バージョンは限定カラー盤でオーダーしたのですが間違ってブラック・ビニールで送られてきたので、今回は激安で販売致します。カラー盤で楽しみに待っていただいた方には申し訳ありません。状態などは全く問題ありません。




doomsnakecult-love-lp.jpg

・DOOM SNAKE CULT - Love Sorrow Doom DIE HARD LP 税込3,996円 / REGULAR LP PURPLE VINYL 税込2,808円 / CD 税込1,836円 (Nuclear War Now!)

GOATLORDのVo.のAce Still氏や、SPUN IN DARKNESSのメンバーが80年代後期~90年代初めにかけてやっていたUSラスヴェガスのドゥーム・メタル・バンドの90年録音唯一のアルバムが、NWN!から再発。オリジナルはCDとカセットのみのリリースで、2004年にNWN!が初めてヴィニール化再発してましたが、他のNWN!再発モノと比べて段違いに地味なリリースだったせいか、数年前までデッドストックがちらほら入荷してたりしました。今回はジャケ・デザインも一新して、2004年版より明らかに気合の入り具合が違うのが感じられる仕上がりです。ダイハード・バージョンLPはスプラッター・ビニールで、パッチ/ステッカー/フェイク・レザー生地のアウター・スリーブが付いています。レギュラー・バージョンは限定パープル・ビニールで入荷しました。

Ace Still氏がGOATLORD脱退後に始めたバンドのように思われることが多いけど、80年代後期からバンドは活動していて、Ace Still氏はGOATLORDとDOOM SNAKE CULTを並行してやっていました。それと、この唯一のアルバムは録音から2年後の92年にJL Americaからリリースされましたが、実はDOOM SNAKE CULTはあのTorrid Recordsと契約して発表する予定だったそうです。

サウンドはGOATLORDよりリチュアルなドラッグ・ドゥーム・メタルで、デス・メタル要素はGOATLORDよりも確実に低いのですが、しかしAce Still氏のVo.の効果を抜きにしても、やはりこのバンドも殺伐ムードが並みじゃなくて、GOATLORDの発展バンドと誤解されるのも十分に納得できる異端のオカルト・ドゥームです。DECEASEDメンバーによるヴァージニアのカルト・ブラック・ドゥーム・メタル DOOMSTONEは、このDOOM SNAKE CULT崇拝から生まれたプロジェクトという話を聞いたことがありますし、Ace氏のVo.がKilljoyにも似てるのでNECROPHAGIAっぽくもあって、アメリカン・サイコ・メタル好きにはぜひ聴いてもらいたいカルト・ドゥーム・メタルです。




gnosis-thethirdeye-lp.jpg

・GNOSIS - The Third Eye Gate DIE HARD LP 税込2,916円 / REGULAR LP 税込2,700円 (Nuclear War Now!)

2013年結成USフロリダのブラック・デス・メタル・バンドの、NWN!からリリースされたデビュー作です。パーソナルなデータをあまり公表していませんが、まだ活動を初めて間もないにもかかわらずNWN!からフル・アルバムでデビューしてるうえ、サウンド・スタイルも昨今のエクストリーム・メタルのトレンドとはズレていて、カルトっぽく演出したいだけの正体不明を装うバンドとは違うミステリアスな雰囲気の漂うバンドです。ダイハード・バージョンLPはゴールド・ビニールで、ステッカーとパッチ付きです。レギュラー・バージョンLPは限定ダーク・グリーン・ビニールで入荷しました。

近頃のオーバー・プロデュースなエクストリーム・メタルに慣れ親しんでる若い人には、ちょっと物足りなさすら感じさせるかもしれない質感ですが、VARATHRONやMORTUARY DRAPEなどの南欧バンドやMYSTIFIERのようなミステリアスなムードを漂わせるブラック・メタル・レジェンドを崇拝してるバンドのようです。大げさなダイナミズムはなく淡々と突き進む曲調で、リフやメロディーもどこか懐かしさを漂わせていて、オカルト・エピックなタイプではないけど、NECROS CHRISTOSを彷彿させる部分もあります。80年代後期~90年代のバンドを崇拝してるそうなので、そういう趣向ならば、ロゴやジャケももっとオールドスクールを強調してほしかったけど、なかなか面白いタイプのバンドです。聴き終わった時には体力的にも精神的にも疲労するような圧巻エクストリームなメタルばかりの中でこういうのに出会うと、おじさんはどこか安心してしまうのです。




mefitic-woes.jpg

・MEFITIC - Woes of Mortal Devotion CD 税込1,836円 (Nuclear War Now!)

2004年結成イタリアン・ブラック・メタル・バンドの1stアルバムがNWN!からリリース。Drakkar productionから2012年に7"EPを発表していて、アンダーグラウンド・シーンでは既に一部のマニアが期待をよせるバンドです。

冷たくクリーンなダイナミックなサウンドながらraw war系を土台にしたアグレッシブな曲調で、N.E.D. / Ajna Offensiveリリースのファンにオススメのなかなかカッコいい作品です。曲展開でドラマチックにするのではなく、ドカドカと疾走するパートもたそがれたように流れていくブルータル且つアトモスフィカルな感覚は、VASSAFORやIMPETUOUS RITUALなどのオセアニアのバンドや、RITUAL NECROMANCYなどの北米バンドのファンにぜひチェックしてもらいたいです。サウンドスケープ・アプローチはないので、トレンドの移り変わりが激しいシーンでは、こういうのも一昔前のスタイルに感じますが、かなり圧巻の力作です!!




katechon-coronation.jpg

・KATECHON - Coronation CD 税込1,836円 (Nuclear War Now!)

1stアルバムが好評だったノルウェー・ブラック・デス・メタルの新作2ndアルバムCDです。当初はメンバー編成などが謎に包まれていましたが、ベテラン・ブラック・スラッシュ・メタル HELLSTORMやINFANT DEATHメンバーが在籍しているようです。

今回も前作と同じスタイルのコールド・ブラック・メタルで、1stアルバムを気に入ってた人は間違いなく必聴です。コールド・ブラックと言ってもスウェーデンやフィンランドの突き刺すような極寒メロディーではなく、SHININGやMAYHEMのドカドカに疾走するパートのような冷たさで、オールドスクールなリフワークと、人間味のない無感情コールドな感触のミスマッチがカッコいいです。
05 | 2015/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR