RECORD BOY

Post Metal Darkness!!


* 本日水曜は定休日ですが、メタル系の商品などが到着しましたので、先ほどカートアップしました。受注メール対応は明日木曜日以降になります。







・TRIBULATION - The Children of the Night 2LP 税込3,996円 (Century Media)

スウェーデンのプログレッシブ・デス・メタル TRIBULATIONがCentury Mediaと契約して発表した2015年3rdアルバムです。来日まで決定して、アンダーグラウンドなシーンから業界関係者まで巻き込んで既に各方面で話題沸騰中の作品です。もちろん賛否両論渦巻く作品ですのでいろいろ考えましたが、アナログ盤でちょっと入れられるチャンスが巡ってきたので、やっぱり我慢ならずに入れてみました。D面がエッジング加工の重量盤2枚組で、16ページに及ぶブックレットが封入されたゲートフォルド・スリーブなので、ずっしり重みのある仕上がりです。

前作 The Formulas of Deathの比ではないくらい今回は完全にデス・メタルの範疇を超えた世界を表現していて、北欧の新世代メタルの恐るべき才能が無限大に爆発しています。ここまでやってくれれば、末端の小売店の偏屈な人間が「ここは昔のTRIBULATIONっぽくて、古くからのファンにも聴いてみてほしいです」なんて言ってどうにか買ってもらおうなんて考える必要もありません。音楽のことなんて何もわかってない者でも言わせてもらえるなら、これはロックのアルバムとして本当に凄い作品だと思うので、聴く側も本気で、それこそ一生かけて聴いてみるべきアルバムじゃないでしょうか。そして、そういう気持ちで作品を作ってる20代そこそこの若者が海外のアンダーグラウンド・メタル・シーンにいることに、とても勇気づけられます。

もう少し音楽的なことを書きますと、NEGATIVE PLANEがデス・メタル・シーンに持ち込んだ官能的なダークネスが、今回はダーク・ウェイビーなゴス風味を増しているように感じます。あと、前から言ってきましたが、ギタリストのJonathan Hulten氏のキャラクターに表れている、日本のヴィジュアル系にも通じる妖艶さを今回は確信しました。もちろん、日本のへヴィメタル・シーンにヴィジュアル系に拒絶反応を示す人が多いのはわかっていますので、当店みたいな店でこのような解説はセールス面で非常に危険ですが、そもそも日本のヴィジュアル系はメタルの持つグラム要素に魅了されていた人達が、BUCK-TICKのようなメタル外のゴシック・ロック/ニュー・ウェイブの妖しさにも触発されて、海外のロックに直接的に全く影響されず独自の進化を遂げたところが大きかったと思うので、TRIBULATIONが住んでる国もひっくるめて時代をタイムスリップすると、90年代初頭の日本のヴィジュアル系ともダブって考えることができる点も少しくらいあるのではないかと思うのです。自分はZeroアルバムまでDEAD ENDが大好きでしたが、V系美少年と70年代オカルト・ロック風などのバラバラなルックスの4人組のTRIBULATIONを見ていると、1なぜかDEAD ENDなんかも思い起こされるのです。ちょっと話が逸れますが、RANGERのDimiもDEAD ENDが好きだって言ってますね。ただ、もちろんこれはBOY解説特有のこじつけで、TRIBULATIONは北欧のデス/ブラック/ゴシック・メタルの持つ耽美な感性を研ぎ澄ませた結果、プログレッシブ・ロックやニュー・ウェイブの繊細さと同調してきたのは、CUREをカバーしたりする点からも明白です。もっと言わせてもらえば、一緒に入荷することができた The Death & Rebirth of... 7"のA面と併せて聴くと、さらにこのバンドの深層を探る面白みが探れますので、そちらもぜひ宜しくお願いします。



tribulation-thedeath-ep.jpg

・TRIBULATION - The Death & Rebirth of… 7" 税込1,944円 (Century Media)

こちらがそのThe Children Of The Nightに先駆けてリリースされた2曲入り7"シングルです。ブラック・ビニールとゴールド・ビニールの2種リリースされて、各500枚プレスの限定1000枚。ヨーロッパはCentury Mediaのオンライン・ショップ独占、USはThe Children Of The Nightアルバム発売に合わせて行われたツアー会場限定で販売され、一般的な流通には乗ってないコレクターズ・アイテムですが、今回はブラック・ビニールを入荷させることができました。ちなみに、Century Mediaヨーロッパのオンライン・ショップ見ると、もうカートがないので完売してるようです。

このThe Death & Rebirth of... 7"のA面に収録されている、Holy Libationsのデモ・バージョンを聴くと、TRIBULATIONが北欧のデス/ブラック/ゴシック・メタルの持つ耽美な感性を研ぎ澄ませた結果、プログレッシブ・ロックやニュー・ウェイブの繊細さと同調してきたのが確信できます。初期KATATONIAのような90年代スウェディッシュ・デス・メタル・シーンで生まれた異端メロディックなバンドを強く思わせるこのデモ・テイクは、The Children Of The Nightアルバムとは違った印象を受けることでしょう。やはり、当店のお客様には、このデモ・バージョンから入って今のTRIBULATIONに免疫をつけてから、The Children Of The Nightアルバムの世界に入っていくほうが無難かも知れませんが、コレクターの方々は有無を言わさず確保してください!!



taucross1cd.jpg

taucross-pic.jpg


・TAU CROSS - S/T CD 税込2,160円 (Relapse)

AMEBIXのRob "The Baron" Miller, VOIVODのAway, MISERYのJohn Miseryらによる話題のクラスト・パンク&スラッシュ・メタル・スーパー・グループの1stアルバムです。CDはRelapse特有の横帯が付いてます。

接点はいくらでも見つかる両者ではありますが、Baron氏とAway氏が一緒にバンドやってくれるなんて聴いて、とりあえずでもドキドキしなくなったら、もうおしまいです。とは言え、演奏力でカリスマの地位に上り詰めたお二方ではないですし、方向性もなんとなく聴く前から予想がついてたけど、復活後のAMEBIXサウンドも堪能し、そしてその2000年代AMEBIXも問答無用でウォーシップしたMISERYの男気に拍手を送りたい気持ちを持ったダーク・ウェイブ・クラスト・ファンは、感激級の内容だと思います。KILLING JOKE的冷たさを突き詰めた2000年代AMEBIXが結局活動を停止した今にAMEBIXの意志を引き継いだようなスタイルで、Baron氏の声もあのまんまです。アートワークもやってないのでAway氏の良さをどこにも見出せない気もしますが、それはAway氏がAMEBIXを真にリスペクトしてるからではないでしょうか。この音楽性に、VOIVOD的要素は必要ありません。話題作りのためだけに居てくれればいいですし、このAway氏のつつましさこそ、他人の看板を勝手に拝借するのが横行してる現代にこそ必要なのではないでしょうか。重鎮でもないのに関係者ズラしてステージの袖で見てる奴らは、このAway氏や、メイデンのバック・ステージに案内してもらったヘルブッチャーさんを見て出直して来い!!久しぶりに完全に暴走してしまいましたが、それだけTAU CROSSに興奮させられたってことで、お許し願います!!!

Thrashing Rage from the Graves!!

numskull-rituallyabused-relapsecd.jpg

・NUM SKULL - Ritually Abused CD 税込2,160円 (Relapse)

USイリノイ出身スラッシュ・メタル・バンドの88年発表1stアルバムが、RelapseからCD再発。オリジナルはハードコア・パンク・ファンからスラッシュ・メタル・ファンにまでお馴染みのMedusa RecordsからLPとカセットで出ていた作品で、2002年にSkullsucker Musicというレーベルから1度CD化されていますが、そちらはオリジナル・リリースのLPよりも高額なレア・アイテムとしてコレクターに高い人気を誇りますので、ファンには嬉しい再発盤です。Skullsucker盤CDと同じボーナス曲を収録した12曲入りで、Relapse特有の横帯が付いています。

SLAYERを基礎にしてハードコアのスピードとアグレッションも導入したLate 80's USスラッシュの王道スタイルで、クロスオーバー・ファンにも問題なくオススメできる隠れた名作です。DARK ANGEL, SADUS, MORBID SAINTなどがクロスオーバーに近づいたような重厚且つ猛速なスラッシュ・サウンドは、RECIPIENTS OF DEATH, AGGRESSION, デモ時代のSOOTHSAYER, DOOMWATCHなどのファン必聴のカッコよさ!!



desecration-deadyet.jpg

desecration-deadyet-4cd.jpg

・DESECRATION - Dead… Yet, Not Forgotten 4xCD + 1xDVD 税込3,456円 (F.O.A.D.)

世界中のデス/ブラック・メタル・ミュージシャンからリスペクトされ続けるプロト・デス・メタルであり、初期ベイエリア・スラッシュ・メタルシーンの構成員でもあったPOSSESSEDと密接な関係にあった弟分のようなバンドで、2012年にPOSSESSEDとのSplitピクチャーLPの形態でデモ音源が再発されて話題を呼んだUSサンフランシスコのDESECRATIONのディスコグラフィーが、CD4枚+DVDというフル・ボリュームな内容でF.O.A.D.からリリース。中心メンバーでありPOSSESSEDにも一時在籍した故Bob Yost氏が参加した他のバンド音源もひっくるめているので、前述のPOSSESSED / DESECRATION Split LPはPOSSESSEDサイドの音源もまるまる収録しています。


CD I : DESECRATION - Demos and Rehersals 1985/1987
CD II : DESECRATION - Outtakes, Covers and Unreleased Materials
CD III : DESECRATION - Live
CD IV : POSSESSED (1990~1992) / SOCIAL DISEASE (1988) / SECTION 8 (1991)
DVD : DESECRATION Live & Rehersals (1986~1987) / Bob's other bands


New RenaissanceのSatan's Revenge comp. LPにも参加してたバンドなので、よく覚えてる人もいると思います。写真が裏焼きになってた、あのバンドです。ギターのDan BolandとVo.のBob Yostの両氏が2009年~2010年に相次いで亡くなっていますが、この2人がともにPOSSESSEDのローディーをやっていて、意気投合して始めたバンドだったそうです。サウンドもかなりPOSSESSEDに通じるスタイルで、プレ・デス・メタルなリフワークのダーク・スラッシュメタルをドカドカ・ロウに叩きだしていて、カナディアンSACRIFICEの1stなどが好きな人にもオススメのカッコよさ!!言葉を詰め込みまくった早口字余りイーヴィルVo.も渋いです。ここに収録されているBob氏が関わったバンドの音源も興味深くて、POSSESSEDの90年代初期音源は、テクニカルなリフで繰り出されるハードコア寄りなSLAYER影響下直線型スラッシュメタルといった感じで、絶頂期WITCHES HAMMERとの共通性も強く感じてしまいます。SOCIAL DISEASEとSECTION 8は、よりパンクな傾向を強めていた頃にBob氏がやっていたバンドのようです。DESECRATIONの87年ラスト・ライブのドラムを担当したのは、AUTOPSY, ABSCESS, etcのChris Reifert氏だったそうで、DVDにはそのChris Reifert氏参加時のライブや、サンフランシスコ・クロス―バー代表格 SACRILEGE B.C.メンバーが参加したリハーサル・セッションなどが収録されています。

12面にもなるデジパック・スリーブで、75ページにも及ぶ超分厚いブックレットが2冊付いています。スリップケースに収納されていて、なぜかシールドの中でシワが寄ったりしながら密封されてますが帯も付いた、パッケージもフル・ボリュームのデラックス・アーカイブCDセットです!!



razor-relapsead.jpg

日本のスラッシャーにも熱狂的に支持され続けるカナダを代表するスラッシュ・メタル・バンド RAZORのFringe Product時代の3作品がRelapseからCD再発。いずれも2000年代初め頃にHigh Rollerなどからアナログ盤LPで再発されていましたが、この時代のRAZOR作品はCDの方がコレクターに大人気のレア・アイテムなので、ファンにとってはまさに待望のCD復刻です。ボーナス曲を追加して、スリップケースに収納されています。



razor-violentrestitution-relapse.jpg

・RAZOR - Violent Restitution CD 税込2,160円 (Relapse)

こちらは最高傑作の呼び声も多い88年発表5thアルバムです。ベイエリア系とは異質の高速刻みリフで最高の切れ味を生み出していたスピード・メタル調の疾走感の1stと2ndもメガ渋なカッコよさでしたが、激しく研ぎ澄まされていったバンドのサウンドにドラマーが追い付かず、3rdアルバムのMalicious Intentは貧弱なドラムが全てを台無しにしてしまった残念な仕上がりでした。この作品からドラマーがチェンジしてRAZORは完全復活を果たします。本作と並んでRAZORの最高傑作と評価されるEvil Invadersも彷彿させるインスト・スラッシュ・チューンと、続く"Hypertension"での緊張感に満ちたダーティーなハイトーン・シャウトは、いつ聴いてもゾクゾクするカッコよさ!!80'sスラッシュ・メタルを代表する名盤の一つです。

1. The Marshall Arts  
2. Hypertension  
3. Taste the Floor  
4. Behind Bars  
5. Below the Belt  
6. I'll Only Say It Once  
7. Enforcer  
8. Violent Restitution  
9. Out of the Game  
10. Edge of the Razor  
11. Eve of the Storm  
12. Discipline  
13. Fed Up 02:30  
14. Soldier of Fortune  
15. Shootout (Live Feb 1988 Toronto Canada)  
16. Snake Eyes (Live Feb 1988 Toronto)  
17. The Marshall Arts - Hypertension (Live Feb 1988 Toronto)



razor-shotgun-relapse.jpg

・RAZOR - Shotgun Justice CD 税込2,160円 (Relapse)

こちらはViolent Restitutionに続いて90年に発表されたアルバムです。オリジナルCDはRAZOR作品の中でも、自主リリースだったデビューMLPのArmed and Dangerousに次ぐレア・アイテムとして高い人気を誇ります。スラッシュ・メタルVo.ナンバーワンの汚いハイトーンが激渋で今も信者の多いSheepdog氏から、Vo.が2代目のBob Reid氏に代わっての最初の作品だったので、Sheepdog信者は離れ、スラッシュ衰退期という悪い空気も重なり、当時はダイハードなスラッシャー以外ではさほど話題にならなかったわけですが、オールドスクール・メタル冬の時代を耐え忍んだ90年代メタルを象徴するような名作です。Bob Reid氏のかすれ気味の吐き捨てシャウトVo.は問題ないどころか充分カッコいいし、前作からチェンジしたドラムのタイトな疾走感がバツグンに素晴らしく、Vo.の交代劇に焦点を当てるよりも、Violent Restitutionで遂に求めていたハードコアな突進スピードを手に入れて第2期の絶頂期を迎えたRAZORとして考えれば、Violent Restitutionアルバムの延長線上として捉えるべき重要作です。

1. Miami  
2. United by Hatred  
3. Violence Condoned  
4. Electric Torture  
5. Meaning of Pain  
6. Stabbed in the Back  
7. Shotgun Justice  
8. Parricide  
9. American Luck  
10. Brass Knuckles  
11. Burning Bridges  
12. Concussion  
13. Cranial Stomp  
14. The Pugilist  
15. Meaning of Pain (Show Opening Somewhere Shotgun Justice Tour)
16. Violence Condoned (Live in Toronto August 1989)
17. Cranial Stomp (Learning and Refining)
18. Miami (Original Mix)
19. Electric Torture (Alternate Version)
20. Brass Knuckles (Alternate Version)



razor-open-relapse.jpg

・RAZOR - Open Hostility CD 税込2,160円 (Relapse)

こちらはShotgun Justiceアルバムに続いて91年に発表されたアルバムです。前作で素晴らしい演奏を聴かせていたドラムのRob Milles氏が残念ながら脱退してしまったため、この作品はドラムが全てDave Carlo氏によるサンプリングになっています。ドラマーに恵まれずに妥協して人間関係を優先した結果、大失敗したのがMalicious Intentアルバムだと思うのですが、この作品はその失敗を完璧に教訓とした、売り文句でもなんでもなくサンプリング・ドラムと言われても全く気にならない、見事なまでにRAZORらしいピュア・スラッシュ・メタル・アルバムに仕上げています。安っぽいテクノロジーとトレンドに流されて迷走した当時の元メタルなポスト・スラッシュなんかに笑われる筋合いはありません。前2作、そして80'sスラッシュ・メタル・ファンは迷わず必聴の名盤です。

1. In Protest    
2. Sucker for Punishment  
3. Bad Vibrations  
4. Road Gunner  
5. Cheers    
6. Red Money  
7. Free Lunch  
8. Iron Legions  
9. Mental Torture  
10. Psychopath  
11. I Disagree  
12. End of the War  
13. Tow the Line (Unreleased Track Late 1990)  
14. Taking the Strain (Unreleased Track Late 1990)  
15. Violent Propensity (Unreleased Track Late 1990)  
16. Taking the Strain (Instrumental Version) (Unreleased Track Late 1990)  
17. End of the War (Rehearsal with Rob Mills)  
18. Tow the Line (Instrumental Demo with Programmed Drums)  
19. Red Money (Instrumental Demo)  
20. Iron Legions (Instrumental Demo)



poison-sonofevil-diehardlp.jpg

poison-sonofevil-lp.jpg

・POISON - Sons of Evil LP LTD.50 DIE HARD SPLATTER VINYL 税込4,536円 / LTD.100 SPLATTER VINYL 税込3,240円 / LTD.150 REGULAR BLACK VINYL 税込2,700円 (F.O.A.D.)

Iron Pegasusからのディスコグラフィー・アルバム Further Down Into The Abyssも先ごろめでたく再プレスとなった伝説のジャーマン・デスラッシュ・イーヴィル・スピード・メタル・バンド POISONの、84年に発表した1stデモがイタリアのF.O.A.D.から超待望の初オフィシャル再発。フル収録されたものは、ブート再発を含めても今回が初のようです。インタビューや当時のファンジン掲載記事などをまとめたブックレットが付属しています。

82年に結成され、活動時にはデモを発表したのみでしたが、2000年代からブラック・メタルの始祖的バンドとしてアンダーグラウンドで再評価が高まり、Further Down Into The Abyssアルバムのリリースで遂にヴェールを脱ぎ、世界中のサタニック・スラッシュ・メタル・マニアを狂喜させました。しかし、恥ずかしながら自分はこの1stデモを今回初めてしっかり聴いて、ようやくこのバンドのカルトたる所以をちゃんと理解したような気がします。確かに、Into The Abyssデモは極上のブラック・スピード・メタルで、世界中のVENOMチルドレン・メタル・ヘッズをウォーシップさせる名作ですが、この1stデモは完全にエクストリーム・メタルの歴史と進化を先取りしたような凄い内容です。SODOMが1st MLP、DESTRUCTIONも1st MLP、BATHORYが1st LP、POSSESSEDは1stデモ、フロリダDEATHも1stデモ、SAINT VITUSは1st LP、さらにパンクと比較するならSIEGEがDrop Deadデモを録音した84年に、こんな究極のサタニック・スピード・デスコア・メタルが既に存在してたなんて、今更ながらまだちょっと信じられません。確かに(SODOMは別として)、84年の時点で既にレコード・デビューを果たしていたDESTRUCTIONやBATHORYとは比べ物にならないくらい崩壊しているけど、SARCOFAGOに代表される南米バンドに多い、ハードコアの制御不能スピードをこの時点で既に導入しているのです。POSSESSED, フロリダDEATHと比較して例えたのはわけがあって、付属のブックレットに掲載されてるインタビューでは、「SODOMやDESTRUCTIONなどよりも、POSSESSEDやDEATHにノックアウトされていた」と語っていて、そのインタビューはSnakepit MAGAZINEからの転載なので活動当時の発言ではないのは確かなのですが、それにしたってPOSSESSEDやDEATHの同年録音デモよりもデスコア・メタルとしての究極度は明らかに先を進んでいた凄い内容なのです。あと、SAINT VITUSからの影響も語っていて、そのへんの感覚も確かに感じ取ることができるけど、やっぱりサタニック・ダークネスは並みじゃなく、サバス・ルーツのドゥーミーというより、どう聴いたって80年代後期サタニック・デス/ブラック・メタルの不穏なダークネスです。MAYHEMあたりも、このPOISONの1stデモは聴いていたのでしょうか?

ダイハード・バージョンがブラックonブルーのスプラッター・ビニールで、シルクスクリーン・パッチとナンバリング入りアウター・エクストラ・カバー付きltd.50枚。ホワイトonブルーのスプラッター・ビニールがltd.100枚。レギュラーのブラック・ビニールがltd.150枚で、トータルでも限定300枚リリースとマイクロ・プレスのため、レーベルでは早々に全バージョン完売したもようです。恐らくダイハード・バージョンは、日本国内にはほとんど入ってこないはずです。お店もお客さんも厳しい状況だとは思いますが、これはくらいついて確保しといたほうがいいと思いますよ!!!666!!!
05 | 2015/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR