RECORD BOY

Japanese Punx!!

last-betterthan.jpg

・LAST - Better Than To Do Nothing CD 税込1,836円 (Break The Records)

過去にデモのリリースといくつかのコンピレーションに参加していた津山ハードコア・パンク・バンド LASTが、Break The Recordsから10曲入り1stアルバムCDをリリース。

猛烈なスピード感と熱いシャウトでブッチぎるレイジング・ハードコア・サウンドは、THINK AGAINを始め現行スラッシュ・ハードコア・パンクの勢いに魅了されている若いファンにはたまらないでしょうが、メタリックなリフやメロディックなフレーズは80年代後期ジャパコア・スラッシュ風だし、なんと言ってもパワフルなドラミングが素晴らしく、猛速2ビートもドライビングな疾走感もグル―ヴィンな8ビートも、パワー・ダウンすることなく終始同等のアグレッションで叩き出して、これはかなりガツンと来る1stアルバムです!!スタイルは微妙に違いますが、OOZEやANTI SPECTACLEなどの骨太な関西ハードコア・パンクが好きな人にもぜひ聴いてもらいたい作品です。



warhead-st.jpg

・WARHEAD - S/T LP 税込2,484円 (540) / CD LIMITED VERSION with BANDANA 税込3,780円 (Bloodsucker)

海外でも絶大な人気を誇る京都のハードコア・パンク・バンド WARHEADの2014年発表アルバムが、USからLPバージョンもリリース。ジャケ・デザインはSugi氏によるデザイン。バンダナ付き限定バージョンCDも発売中です!

アルバムとしては21年ぶりの作品となる今回も、怒りが爆発したようなハードコア・パンク・サウンドは全く変わることなく、スピード・ナンバーもミドル・テンポのナンバーも常にマキシマムな怒涛のテンションで押し寄せます。

BARGLAR - End of life... CDR

barglar-endoflife.jpg

・BARGLAR - End of life... CDR 税込1,500円 (self release)

名古屋独りブラック・メタルの2014~2015年にレコーディングされた全10曲を収録したCDR。

続きを読む

Cult Metal from the Graves!!

fantomwarior-morbid-lp.jpg

・FANTOM WARIOR - Morbid Invasion LP DIE HARD VERSION with TAPE 税込3,996円 / REGULAR VERSION 税込3,024円 (Electric Assault)

ヴィンテージ・ロックからD-Beatパンクやエクストリーム・メタルまで、新旧問わず興味深い作品を各種リリースしてきたElectric Assaultが、USニュージャージーのオブスキュア・スラッシュ・メタル・バンド FANTOM WARIORの86年発表1stデモ音源をヴィニール化再発。87年にLPを1枚残していたバンドで、そのLPはオブスキュア・メタル・マニアの間では近年人気が上昇しているそうです。バンドは2012年に活動を再開して、CDRで音源を自主再発してたりしたようですが、このたび単独再発を要望する声も多かったデモ音源が再発となりました。ポスターとブックレットが付いた限定500枚ナンバリング入りリリースで、ブックレットには当時の写真や、ファンジンに掲載された本作デモのレビューなどを掲載。2014年にSlayer MAGAZINEで紹介されてインタビューも受けてたみたいで、そのSlayer MAGAZINEインタビューと、Fenriz氏が当時このデモを購入した時の思い出なども語っています。このFenriz氏のFANTOM WARIORを知った経緯が実に面白くて、Metal Archivesなどでもトリビアとして紹介されていない(少なくとも自分には)新しい発見もあって、発掘ものリリースならではの楽しみも存分に味わえるブックレットです。

サウンドはスピード・メタル・ファンからプレ・デス・メタル・ファンやハードコア・スラッシュ好きまで、アメリカン・スラッシュの荒々しいバンドが好きな人全員に聴いてもらいたいカッコよさです。初期SLAYERが備えていたスピード・メタルの延長線上のような疾走感を、ガレージ・スラッシュらしいロウ・パワー全開で叩き出していて、Show No MercyとKill'em Allの融合、または同じニュージャージーのSAVAGE DEATHやフィラデルフィアのBLACKTASKのような、デス・スピード・メタルなハードコア・スラッシュです。SAVAGE DEATHはPOSSESSED要素も取り入れながらも整合感があったけど、このFANTOM WARIORは演奏がとても荒々しく、猪突猛進っぷりはDESTRUCTORとジャーマン・スラッシュのミックスのような感じもあります。ハードコアからの影響など、この極上のパワー・スラッシュ・サウンドにいきついたメンバーの趣向は、付属のブックレットをぜひ読みながら感じ取ってください。

このリリースはずいぶん前からElectric Assaultが告知していましたが、予約者用に本作デモをオリジナル・フォーマットで再現したレプリカ・カセットも付けてダイハード・バージョンとして販売していて、今回はそのカセット付きダイハード・バージョンも少し提供してもらいました。もちろん内容はLPと同じですから、完全なコレクターズ・アイテムですが、Record Store DayのMETALLICAカセットのように、デモ・カセットのレプリカというのも、とても良いものです。NWN!のNo Speed Limitカセット・ボックスも良かったし、80年代風カセットがまたちょっと流行ってるのかも知れません。とにかく、内容からレコードの出来栄えまで、大満足のカルト・オブスキュア・リイシューです!!



impaler-undeadthings.jpg

・IMPALER - Undead Things CD 税込1,620円 (Old Cemetery)

イタリアのDEATH SSと並んでカルト・ホラー・メタル信者に熱烈に崇拝されるUSミネソタ出身へヴィメタル IMPALERの、USアンダーグラウンド・ブラック・メタル・レーベル Old Cemetery Recordsから再発された96年発表3rdアルバム。ボーナスを加えた15曲入りCDです。

1stアルバムは初期USHCシーンに於いて最もインテリジェンスなミュージシャンの一人だった、あのHUSKER DUのBob Mouldがプロデュースしていましたが、彼の経歴にドロを塗ってしまうようなコケおどしロッキン・へヴィメタルが最高にクールでした。HUSKER DUとは全く無縁なサウンドながら、パンク・メタルのルーツの一つともされるUSメタルのカルト・バンドで、ギター・プレイや重厚なサウンドはへヴィメタル、でも楽曲はちょっとナスティーなR&Rノリと言うか、DEAD BOYSみたいな雰囲気のワイルドなパンキッシュR&Rへヴィメタルです。ニュージャージーGENOCIDEと並ぶ、USヴィジュアル・パンク・メタル・カルト!!



impaler-30years.jpg

impaler-30years-ep.jpg

・IMPALER - 30 Years and Rising 7" 税込1,080円 (Old Cemetery)

こちらは2012年にCDでリリースされた30周年記念盤EPを、2014年に7"ヴィニール化したもので、今回は限定レッド・ヴィニールでの入荷になります。

今回再発したOld Cemetery Recordsしかり、デンマークのHorror Recordsしかり、このバンドに対する海外アングラ・メタル業界関係者のカルト崇拝ぶりは、GG AllinやMENT0RSにも匹敵します。ACID WITCHなんかの元ネタの一つにもなってるバンドではないでしょうか。この7"のインナーを見ると、彼らがUSホラーR&Rのヒーローであることがよくわかります。こんなん生で体験したら、絶対にイチコロでしょう!!最高です。

Metal Hard!Punk Free!

aninvitation-fuckthepolice-tape.jpg

・AN INVITATION - Fuck the Police TAPE 税込972円 (self release)


現SATAN'S SATYRSドラマーのStephen James Fairchild氏が率いるニュー・バンドの3曲入り1stデモです。全くノー・チェックだったけど、これはカッコいいとお客さんに教えてもらって今回入れてみましたが、なるほど、今のSATAN'S SATYRSに前ほどのめり込んでない者にとっては、これはかなり期待させてくれる新バンドです。

もともとSATAN'S SATYRSは、ELECTRIC WIZARDにも加入したClaythanas氏のほぼワンマンなバンドだったけど、正式メンバーを入れてから、よりヴィンテージ・ドゥームな方向に接近しています。しかしこのAN INVITATIONを聴くと、Die ScreamingアルバムからSATAN'S SATYRSに参加したStephenは、初期SSのような爆裂ガレージ・ドゥーム・パンクがやりたくてうっぷんが溜まってるのでは?と思わせるほど、初期SATAN'S SATYRS的なサウンドです。初期SSを形成していた、BLACK SABBATH, VENOM, BLACK FLAGの3大要素のうちVENOMを排除して、BLACKサバスFLAGな爆音ロウ・トラッシュ・パンクをブチまけています。しっかりドゥーム・パンク的アプローチも踏襲してるし、そして何よりStephenのVo.が、まだバイオレンス・スタイルだった頃のClaythanasがリバーブを掛けないでシャウトしてるような絶叫で、これはカッコいいなーー!!BOYはSSからこっちに寝返ろうかしら?いいの教えてもらいました!!



nuke-deltacity-tape.jpg

・NUKE - Delta City TAPE 税込972円 (Dystopian Dogs)


ボーカルがSHITFUCKERのベース&Vo.のDemonbitch氏, ギターがACID WITCH / HARBINGER / ex. BORROWED TIMEギタリストのMike Tuff氏と、SHITFUCKERの初代ドラマーで現ANGUISHドラムのTony Pratt氏によるツイン・ギター編成で、他にもREAPERのメンバーなどが参加してるUSミシガン・スピード・メタル・パンク・バンドのデビュー作となる5曲入りデモ・テープが、Arcane Metal Artsの別名義レーベル Dystopian Dogsからリリース。ダウンロード・コード付きの限定300本リリースで、2013年に録音されていたモノがようやくリリースされました。

サウンド・スタイルは参加メンバーの顔ぶれ見て想像した通りで、バイオレンス風味とクサレ・メタルとハードコアをミックスして襲いかかってくるようなメタルコアです。いきなりGABISHのようなナンバーでスタートして、日本のメタルパンク/スラッシュからの強い影響も感じさせますが、Demonbitch氏のVo.はジャパニーズ・スタイルのバイオレンスとDESTRUCTIONシュミーアをミックスしたような感じで、ハイトーン・シャウトも極悪に連射しています。泣きのギター・ソロを聴かせるタイプでなく、ヘアー・メタル調だったりメイデン影響下80's USメタル風だったりする楽曲のバラエティーで、80年代テイストを表現しています。とにかく、極悪メタルコア・ファンは絶対にチェックしましょう!!

05 | 2015/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR