RECORD BOY

Necroharmonic!!

necroharmonicrecords-logo.jpg


CREMATORYの2枚組LPをリリースしてデス・メタル・ファンを驚かせたNecroharmonic Recordsが、ようやく永い間暗黒時代を脱しました。念願の当店初入荷のCDもありますので、この機会にぜひ入手してください!!







funebrarum-beneath.jpg


・FUNEBRARUM - Beneath the Columns of Abandoned Gods CD 税込1,728円 (Necroharmonic)



DISMAではギターを担当するDaryl Kahan氏がEVOKENメンバーと1999年に結成して、彼の本業とも言えるVo.に専念するUSニュージャージー・デス・メタル・バンド FUNEBRARUMの、2001年にNecroharmonicから発表した1stアルバムCDが待望の再発。当店には2008年にNuclear War Now!がヴィニール化した際に初めて入荷した作品ですが、その頃には既にNecroharmonicも永い暗黒時代に突入しかけていたので、このCDの入荷は念願でした。



Daryl氏のデス・メタル・ライフワークとも言えるバンドで、NWN!のアナログ盤で初めて聴いた時もこの爆裂感にノックアウトされましたが、改めてジックリ聴くと他のUS東海岸デス・メタルとは違う特徴を強く感じます。INCANTATIONに代表されるペンシルバニアのデス・メタルのような混沌ダークネスよりも、世界各国のデス・メタル・シーン初期のバンドから幅広く影響を受けたであろうサウンドは、スウェーデンのGRAVEやCARNAGE, フィンランドのFUNEBREやDEMIGOD, UKのBOLT THROWERなどのミックスのような重厚な爆発力で最高です。エピックさは強調せずに叙情的に絡みつくスウェディッシュ・デス的なギター・ソロや、この時のドラマーのBrian Jimenez氏のロウに爆裂するドラミングもバツグンで、重厚lowデス・メタル・サウンドを強固且つ漆黒に支えています。間違いなく、2000年代USデス・メタルのマスターピースDEATH!!





disciplesofmockery-prelude.jpg


・DISCIPLES OF MOCKERY - Prelude to Apocalypse CD 税込1,728円 (Necroharmonic)



初期INCANTATIONのギター&Vo.で現DISMAのVo, さらにSTURMFUHRERでマーシャル系インダストリアル・プロジェクトもやっていたCraig Pillard氏他、初期INCANTATIONやGOREAPHOBIAなどに在籍したUS東海岸デス・メタル・ミュージシャンが結集して短期間活動したニュージャージー拠点デス・メタル・バンドです。1999年に自主リリースした1stアルバムに、同年録音のプロモ・デモ音源をプラスして2004年にNecroharmonicが再発したモノが、めでたく再プレスされました。



内容はINCANTATIONファンならば絶対に聴かねばならない、混沌デス・メタル・リフで激烈に爆裂しまくった、これぞUS東海岸デス・メタル!な文句なしのカッコよさデス。INCANTATIONよりも冒涜的な黒さは少し控えめにして、その分HAIL OF BULLETSあたりのダッチ・デスやBOLT THROWERなんかにも通じる重厚なソリッドさを加えながらも、けっこうスロウ・グルーミーなパートも印象的なアメリカン・デス・メタルの名作で、ボーナスで収録の99年デモではそのスロウネスが増幅して、WINTERのようなCELTIC FROST影響下デス・メタルにまで肉迫してるナンバーがあるのも興味深いです。INCANTATION, IMMOLATION, GOREAPHOBIA, HAIL OF BULLETS, etcのファンに絶対オススメです!!





rottrevore-disembodied.jpg


・ROTTREVORE - Disembodied CD 税込1,728円 (Necroharmonic)



NECROPHILE, TRANSGRESSOR, MULTIPLEXの東京デスメタル第一人者バンドとも交流のあった伝説のUSペンシルヴァニア・デス・メタルの、2005年にNecroharmonicからリリースされたコンピレーションCDが再プレス。このCDの入荷は念願でした。





Tracks 1-5 : The Epitome of Pantalgia" DEMO (1990年)

Tracks 6-9 : Copulation of the Virtuous and Vicious 7"EP (1991年)

Tracks 10-11 : Fornication in Delirium 7"EP (1992年)

Track 12 : "Son of Bllleeeeaaauuuurrrrgghhh!" Comp.7"EP提供曲

Track 13 : "Pantalgia" Comp.LP提供曲

Track 14 : 隠しトラック





フィンランドのDEMILICHやCONVULSEとはちょっと異質だけど、USでlow & sickなデス・メタルをイチ早く実践していたバンドの代表格です。クトゥルー系のテクニカルなフレーズ連射とは違った、偏屈なリフ・ワークと展開で混沌としながらも、ステンチ重厚リフとバフバフlowなサウンドが極上の感触と鈍い切れ味を生み出しています。1stアルバムは病的なダークネスが増幅した名作ですが、デモやEPの頃のロウ・ノイジーなサウンドのサイコ・シック・デス・メタルがまた凄まじく凶裂で激渋カッコいい!!パワー・バイオレンス・ファンには有名なBllleeeeaaauuuurrrrgghhh! Comp.の第2段にも参加してましたが、パワー・バイオレンス・ファンやロウなエクストリーム・サウンド好き全員にオススメのカルト・デス・メタル・バンドです。





eternaldarkness-totaldarkness.jpg


・ETERNAL DARKNESS - Total Darkness CD 税込1,728円 (Necroharmonic)



デモと7"シングル1枚を発表して消えたスウェディッシュ・デス・メタル・バンドのディスコグラフィーCDです。ちょっと記憶があいまいで、2007年にスペインのレーベルからリリースされたLPバージョンが入荷してたのは確実に覚えてるけど、CDバージョンもNecroharmonicが永い暗黒時代突入する前に1度くらい入荷した事があったような気がしないでもないですが、よく覚えてません。とにかく、長らく入手困難で、時々問い合わせもいただいてたので、BOYのお客さんでも探してた方は少なくなかったでしょう。2014年に再プレスされるも、プレス工場のミスでCDRで出回ったりしたそうですが(そんなこと、あるんでしょうか?)、Necroharmonicはちゃんと回収と交換に対応したそうで、BOYにも無事プレスCDで入荷しました。





Tracks 1-4 : Ceremony of Doom DEMO (1991年)

Tracks 5-8 : Suffering DEMO (1991年)

Tracks 9-10 : Doomed 7"EP (1992年)

Track 11 : 未発表

Tracks 12-17 : Twilight in the Wilderness MLP (1992年未発表ミニ・アルバム)





EXANTHEMAやCRYPT OF KERBEROSメンバーが在籍したドゥーム・デス・メタル・バンドで、AUTOPSY型のUSバンドの狂気とは違ったスロウ・デス・メタルが激渋デス。デモ時代は圧倒的に黒くも既に退廃美旋律もチラホラのぞかせて、SAMAELとCATHEDRALの2バンドの初期がミックスしたような感じもあります。Distorted Harmonyからの名作7"の時点でその退廃美は確立された感があり、うっすらシンセも被せたようなサウンドでエピックに深化しつつ、極上のガテラルVo.と原始的なスロウ・デス・メタルの楽曲が不穏な凶暴性を維持しています。未発表アルバムはさらに完成度を増していて、初期KATATONIAファンなどにもオススメしたいくらいです。これが実際にリリースされていたら、より多くの人達に高く評価されていたことでしょう。CRYPT OF KERBEROS, 初期SAMAEL, 初期CATHEDRAL, 後期TRANSGRESSOR~初期ANATOMIA,etcのファン必聴のカルト・ドゥーム・デスです!!
04 | 2015/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR