RECORD BOY

Death Cult from the Graves!!

transgressor-ether.jpg

・TRANSGRESSOR - Ether For Scapegoat CD 税込1,944円 (Memento Mori)



日本の初期デス・メタルを代表するバンド、東京のTRANSGRESSORが92年にオランダのCyber Musicから発表した唯一のアルバムが、オリジナル・リリースから20年以上の年月を経てスペインのMemento Moriから念願の初再発。オリジナル盤CDは海外でも人気の高いレア盤ですし、2001年にリリースされた、デモやオムニバス曲などをまとめたコンピレーション・アルバム Recollected Limbs CDも入手不可能な状態となって久しいので、とにかくこの伝説的ジャパニーズ・デス・メタル・バンドの音源を聴いてみたかった若いファンも多かったと思います。オリジナル・リリースの7曲に加えて、詳細なクレジットは掲載されていませんが曲名から探りますと、恐らくSplit FLEXI w/ JESUS SAVE (1991年), 超オブスキュアなリリースだったThe True Ideal Realized Through The Underground comp.CD提供曲 (1998年), さらにToy's Factoryからリリースされた日本初のメジャー・リリース・デス・メタル・オムニバス To The Marrow CD提供曲 (1992年)の4曲もボーナス収録した全11曲入りで、当時を懐かしむ40代の方にとっても待った甲斐のあった再発盤です。アナログ・バージョンは後にThe Cryptからのリリースが決まっています。



現ANATOMIAのTanaka氏(ドラム&Vo.), ex.JURASSIC JADEのAkihito氏(ベース&Vo.), ex.MELTDOWNのKimihide氏(ギター&Vo.), ex.NECRO-EでANATOMIAの初代ギタリストだったYoshio氏(ギター&Vo.)による編成で制作されたこの1stアルバムは、当時の新録3曲に90年2ndデモ Twisting Brochusの4曲をプラスしたものだったので、TRANSGRESSORの音楽性が微妙に深化しつつあったのが感じ取れる作品です。MORBID ANGEL, INCUBUS, IMMOLATIONのデモなどを聴いて強く触発されたというアメリカン・テクニカル・デス・メタル影響下のスタイルから、後にTanaka氏とYoshio氏が結成するANATOMIAへと繋がるようなドゥーミーなテイストを深めながら屈折したデス・メタルへと到達していて、USのAUTOPSYやROTTREVOREなどのナーバス・ブレークダウンなダークネスや、フィンランドのDEMILICHのようなlow-endデス、さらにはちょっとCATHEDRALの1stも彷彿させる退廃美スロウネスを聴かせるパートも面白いです。やはりTRANSGRESSORが、海外アンダーグラウンド・デス・メタル・シーンの最前線にイチ早く呼応したファースト・ジャパニーズ・デス・メタル・バンドであり、且つ海外の第一線バンドと同時進行で深化していたバンドだったことがよくわかる、グレートな再発盤デス!!





miseryoz-evilreborn.jpg

・MISERY (Australia) - Evil Reborn (1992-1995) 2CD 税込2,160円 (Memento Mori)



オーストラリアのデス・メタル・バンドの、2013年にThe Cryptからデモ音源を加えて2枚組で初LP化再発されて早々に完売した93年発表1stアルバムに、Wild Ragsから発表したデモ音源やEPなどをさらに追加した初期音源集2枚組CDです。





DISC 1

1-10 : A Necessary Evil CD (Velvet Urge Records 1993年)

11-16 : Sorting Of The Insects DEMO (Self Released 1992年)



DISC 2

1 : Astern Diabolus DEMO (Wild Rags Records 1993年)

2-5 : Insidious EP (Valve Records 1994年)

6-7 : Dark Inspirations EP (Subcide Records 1995年)





テクニカルと言うほどではないにしても、起伏に富んだゴリゴリのデス・メタル・サウンドで、93年1stアルバムCDのオリジナル盤は人気のメガ・レア盤です。CANNIBAL CORPSEに代表されるダイナミックなUS東海岸タイプのデス・メタルで、初期SINISTERファンにもオススメできるかと思いますが、爆裂感がやはりダッチ・デスとは異なり、オーストラリアのバンドという予備知識を持って聴くからでしょうか、ABOMINATORあたりのOZデスの肉体的な硬質さもちょっと感じたりもできます。NYデス・メタルの極悪さと、OZデス・メタルの野蛮さを備えた、初期デス・メタルのオブスキュア・カルト・クラシック!!





spinabifida-ziyadah.jpg

・SPINA BIFIDA - Ziyadah CD 税込1,836円 (Memento Mori)



オランダ・ドゥーム・デス・メタルの93年発表唯一のアルバムが、スペインのMemento Moriから再発。本作品と92年に4曲入りデモを残したのみだった(けど、2010年に再結成してるみたいです)のですが、今回の再発盤にはその92年デモの4曲も追加収録してるので、全曲集となる14曲入りCDです。



オリジナル盤CDは、DEPRAVITY, CRYPT OF KERBEROS, AWAKENING, etcのEPなどもリリースしていたフランスのAdipocere Recordsから出ていて、当店もその昔何もわからず入荷させていて、全く売れなかったのを覚えています。ところが今では再発されてしまうくらいカルト・クラシックとして評価の高い作品で、プレミアも付いて取引されてるようです。当時はアヴァンギャルドなムードも感じさせるデス・ドゥーム・メタルだと思って聴いてましたが、改めて聴くと、MORTHRA, DEAD END, 最初期ETERNAL SOLSTICE (Split w/ MOURNING時期)などのダッチ・デス・メタルと、USのMORGIONやオーストラリアのdisEMBOWELMENTのミックスみたいな感じがして、なるほど、これはドゥーム寄りデス・メタルに強いオランダのバンドが好きな人にはたまらない極上のアヴァンギャルド・エピック・デス・ドゥームでしょう!!カルトは、やはりリアル・タイムで理解するのは難しいものです。





cemeterygerman-enter.jpg

・CEMETERY (Germany) - Enter the Gate (Discography 1991-1993) 2CD 税込2,160円 (Memento Mori)



活動時にはデモを2種発表して消えた知る人ぞ知る90'sジャーマン・デス・メタル・バンドの、Memento Moriから2枚組CDでリリースされたディスコグラフィーです。2ndデモ "Enter the Gate"は、もともとはHOLY MOSESのギターだったAndy Classen氏とVo.のSabina Classen姐さんによるレーベルのWest Virginia Recordsから92年にアルバムとして発表する予定でしたが実現せず、翌年の93年にバンドが自主でカセットでリリースしたそうです。





DISC 1 : 1-8 "Enter the Gate" (1993年2ndデモ)

DISC 2 : 1-5 "Cemetery" (1991年1stデモ)

DISC 2 : 6-7 "At Dark Places" (1992年未発表EP)





フロリダDEATHからの影響を感じさせるバンドで、West Virginiaからリリース予定だったお蔵入りアルバムの"Enter the Gate"デモ音源がディスク1に収録されてますが、正式なフル・アルバムとして聴かせるという強い意思が感じられる、ドラマチックなパートとメロディックなギターの絡みも印象的なデス・メタルです。Memento Moriの、「フロリダDEATHや、EDGE OF SANITYなどのスウェディッシュ・デス・メタルも彷彿させる」という解説も実に納得できます。ディスク2には初期の音源が収録されていて、お蔵入りアルバム以前よりもさらにガッツンガッツン突進するフロリダDEATHスタイルのアグレッシブでメロディックなデス・メタル・サウンドがかなりカッコよく、DEATH影響下のジャーマン・デス・メタルと言うとMORGOTHタイプと言いたいところですが、ちょっとHORRENDOUSにも似たところを感じます。そしてラストに収録の未発表EPがトドメを刺されるカッコよさ!!やはりMemento MoriがCD再発したWest Virginia Recs名盤ジャーマン・デス・メタルのBURIALのオリジナル盤CDや、オランダのPOLLUTED INHERITANCEの1st CDなどは信じられないような高額レア盤として人気が高いけど、このバンドもWest Virginiaからのアルバムが実現していたら、早くから正当に評価されていたことでしょう。
04 | 2015/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR