RECORD BOY

Hardcore Punk Classics from the Graves!!



・POISON IDEA - Confuse & Conquer CD 税込2,592円 (Estado)



USキングス・オブ・パンク POISON IDEAの、前作 Latest Will And Testament以来9年ぶりとなるフル・アルバムがSouthern Lordからリリース。今回はLP入荷がちょっとうまくいかなかったので、ボーナス・トラックを2曲追加した日本盤CDで入荷致しました。ボーナスはPOISON IDEAの全曲の中でもカッコいい曲上位に絶対ランクインさせたい Feel The Darknessアルバムの2曲目 Deep Sleepのライブと、TURBONEGROのAre You Ready for Some Darknessという、実にPOISON IDEAらしい意外性のある選曲カバーです。さほど熱心にTURBONEGROを追っかけていたわけでもない自分でもこの曲はよく覚えていますが、恐らく世の中的には全作品中最も人気が低いだろうけど素晴らしかったBlank Blackout Vancantアルバムの頃のPOISON IDEAも好きならば、最高にマッチするカバーとなっているのが容易に想像できるかと思います。



本作の一番の話題性は、なんと言っても War All The TimeアルバムとGetting The Fear 12"でギターを担当したEric Olsen氏が復帰している点です。ハードロック・テイストを導入し始めた80年代後期POISON IDEAを強力に支えたミュージシャンであり、スピード・メタル/クサレ・メタル・マニアにとっては、Black Dragon Recordsから87年にLPを1枚発表して、Metal BladeのMetal Massacre IVやNew Renaissance recsのSpeel Metal Hell IIなどの80'sメタル名物シリーズ・サンプラー・アルバムにも参加していたオレゴン・ポートランドのスピード・メタル・バンド MAYHEMのギタリストだった人と言った方が親しみがわいてくると思います。MAYHEMは、80's USマイナー・メタルを代表する困った名物キャラの1人、Vo.のMatt McCourtオジサンのバックを固めた、Eric Olsen (Vegetable), Craig Lower (Mondo), そしてSteve Hanford (Thee Slayer Hippie)の全員が、後に80年代後期~90年代のPOISON IDEAの主力/重要メンバーとなっています。さらにメタル・ファンに興味深い本作のポイントとして、TOXIC HOLOCAUSTのJoel Grind氏がレコーディングを担当しています。ここ最近のJoel氏は、TOXIC HOLOCAUSTのバンド活動よりも、レコーディング・エンジニアの仕事が多くなってきているそうです。



肝心の内容についてですが、とてもPOISON IDEAらしいソツのないアルバムで、War All The Timeの頃のスピード・ナンバーっぽい曲もありますし、R&Rのオーセンティックなテイストも踏まえた90年代POISON IDEAっぽい曲もあって、バラエティーに富んだ仕上がりとなっています。ギター・ファンにとっては、Eric Olsen氏らしさが随所で聴かれるギター・プレイも楽しめると思います。しかし一番驚いたのは、Jerry A.氏の昔から全く変わることのないボーカルで、キング・オブ・パンク・ライフを実践していながら、破滅型どころか巨漢ぶりも維持してるのは驚異的です。この楽曲とJerry A.氏のVo.があれば、昔からのファンは存分に楽しめます!!







・SIN 34 - Do You Feel Safe? CD 税込2,268円 (Sinister Torch)



MysticやSmoke Sevenからのオムニバス/サンプラー・アルバムにもちょこちょこ顔を出していた女性Vo.のアーリー80's LAHCパンク・バンド SIN 34の、83年に発表した唯一のアルバムが、ボーナスで未発表も加えた18曲入りで初CD化。再発自体が今回初めてで、オリジナル・リリース以来30年以上ぶりとなります。SONIC YOUTHのThurston Moore氏などのライナー・ノートも掲載しています。CDは限定500枚のようです。



ギターとベースはANARCHY 6もやってた人で、CIRCLE ONEのギターの人も一時参加してたり、このアルバムではCIRCLE JERKS / BAD RELIGIONのGreg Hetson氏がゲストVo.をやってたりしています。ANARCHY 6はお遊びバンドでつまんなかったので名前を挙げてもマイナス・ポイントかも知れませんが、MysticやSmoke Sevenなどのロウ・パンク・スラッシュ・バンドが好きだった人には絶対オススメできる内容で、CIRCLE ONEのようなLAHCより、ヴァージニアのWHITE CROSSのようなバイオレント・スラッシュ好きにはたまらない感触があります。多少崩壊感もありますが、かなり激速なスピードコア・スラッシュ・チューンもありますし、スカンジナビアのDISCHARGE影響下バンドみたいな曲もあります。女性Vo.もオンナを売りにしないUSHCらしい実直なスタイルで、USHCファンはもちろん、80'sのロウ・ハードコア・ファンに広くオススメできるカッコよさです!!







・UPSET NOISE - Nothing More To Be Said / Growing Pain + Bonus Live In Holland 1986 CD+DVD 税込2,592円 (F.O.A.D.)



今年2015年になって活動を再開した80'sイタリアン・ハードコア・パンクを代表するバンドの一つ UPSET NOISEの、87年発表1st LPと89年MLP、さらに86年ライブも収録したCDがF.O.A.D.からリリース。片側4面、両面合わせて8面となる8パネル・フォールド・スリーブの分厚いデジパックで、ブックレットは2冊封入された、ドキュメンタリーDVDとセットとの2枚組です。初回200枚分には、88年1st LP "Nothing More To Be Said"がT.V.O.R.からリリースされた当時のフライヤー2種(レーベルでは1種をミニ・ポスターと言ってますが、ポスターと言うほどの大きさではありません)が付いてます。





DISC 1 :



"Nothing More To Be Said" LP (1987年)

1. Weekend Massacre

2. Upset Noise

3. Gott Mit Uns

4. No One's Concerned

5. One Minute Drama

6. Walkin' On My Brain

7. Who Said?

8. Sex's A Crime

9. Non Voglio



"Growing Pain" Mini LP (1989年)

10. The Unholy

11. No One Knows, No One Will

12. Growing Pains

13. Ready To Party

14. Sinkin' In My Own Hell



Live At Best Genog. Heerenveen. Holland (1986年12月28日)

15. Vuoti

16. Asphalt

17. No One's Concerned

18. Who Said?

19. Viva La Patria

20. Non Voglio

21. Walkin' On My Brain

22. One Minute Drama

23. Grigiore

24. Hardcore



DISC 2 : Documentary DVD





T.V.O.R.のイタリアン・ハードコアは、INDIGESTIのようにアメリカンでライトなテイストもあったのが特徴ですが、このUPSET NOISEの1stアルバムは、ジャケの雰囲気からもにじみ出ている母国イタリアのハードコア・パンク・ヒーローズ RAW POWERウォーシップとも言えるスタイルにクロスオーバー風味も加えた作風で、当時は地味な印象しかなかったけど、R&Rベースのクロスオーバーとしてはかなりのクォリティーです。イタリアン・ハードコア・ファン以外の、メタリック・スラッシュ・パンク・ファンにもオススメです!!







・AGENT ORANGE - Demos And More LP 税込2,484円 (Gummopunx)



D-Beatマニアに高い人気を誇る80年代オランダ・ハードコア・パンクのレア音源集LPです。このバンドのEP音源は、前身バンドとなったJESUS AND THE GOSPELFUCKERSと、そこから発展(と言うか改名)したGENOCIDE EXPRESS時代のデモ音源もひっくるめて、2002年にKangaroo Recordsからディスコグラフィー・アルバムで再発されていましたが、今回リリースされたLPは、AGENT ORANGE名義で発表したメガレアなEP 2種のデモ・バージョンや別ミックスなどで構成されています。とは言ってもマニア・オンリー向けのような内容ではなく、Kangaroo Records盤ディスコグラフィーには収録されなかった1stデモから、EPの別バージョンまで、全音源が完璧なリミックスが施されて素晴らしい音質で再現された、80'sロウ・ハードコア・ファンは文句なしにブチのめされるレア・コレクション・アルバムとなっています。





1. Dogs (Demo1)

2. Rebel (Demo1)

3. Mental Boy (Demo1)

4. Lingerie (Demo1)

5. Feminist (Demo1)

6. Violence (Demo1)

7. Lingerie (First EP Raw Version)

8. Feminist (First EP Raw Version )

9. Nothing (First EP Raw Version)

10. Your Mother Sucks Cocks in Hell (First EP Raw Version)

11. Herpes (2nd EP Demo)

12. K.K.K. (2nd EP Demo)

13. Dope (2nd EP Demo)

14. Dogs (2nd EP Demo)

15. Factory (2nd EP Demo)

16. Instrumental (2nd EP Demo)

17. Kill The Police (2nd EP Track)





80年代のDISCHARGEフォロワー・バンドらしい魅力ももちろんありますが、爆発的且つ焦燥感全開でブッチぎるレイジング・ハードコアがとにかく最高にカッコよくて、さらにエモーショナル&ブルージーでもあるR&Rスピリッツ溢れるギター・プレイとのマッチもバツグンに素晴らしく、いつ聴いても激渋なバンドです。この感覚は、BGKミーツJERRY'S KIDSのようにも感じられます。ブサイクな声でシャウトする女性ベーシスト Winny (見た目は決してブサイクではありません)もカッコいい。やっぱり80'sダッチ・ハードコアのクォリティーの高さは恐るべし!!言うまでもなく必聴です。







・FEAR OF WAR - Warsongs 1985-1987 LP 税込2,808円 (Nausea)



イギリスの新しいレーベルからリリースされた、80'sスウェディッシュ・ハードコア・パンクのディスコグラフィーLPです。過去に南米製のブートレグCDが出回っていたことがありますが、それよりも曲数が多いですし、何よりもこのバンドの単独オフィシャル・リリース自体が、活動時を含めても今回がが初ということで話題となっています。当時の写真やフライヤーなどが載ったインナーも良い出来で、スウェディッシュ・ハードコア・マニアにはたまらないリリースでしょう。限定500枚リリースです。





A1-A5 : from Afflicted Cries in the Darknesss of War comp. LP

A6-A7 : Split 7" w/ INSTIGATORS (1987年未発表)

B1-B3 : from The Vikings Are Coming comp. LP

B4-B7 : from 1985年デモ





CRUDE S.S.のベーシストが在籍したバンドで、CRUDE S.S.よりもちょっとUK82スタイル寄りのスウェディッシュ・ハードコアっぽい曲もけっこうあって、D-Beatマニア以外のトロール系キラー・ロウ・パンク・ファンにも人気の高いバンドです。ちょっと憂いのある哀愁メロディックな曲もグッときます。しかし、やはりDISCHARGE影響下スウェディッシュ・ハードコアらしいSvartパンク・スラッシュがズバ抜けてカッコよくて、モロにCRUDE S.S.なナンバーは最高に渋いです!!







・ULTRA VIOLENT - Crime For Revenge 7" 税込1,296円 (Statik Shock / Video Disease)



83年に名門レーベル Riot Cityから発表されたUKHCパンクの名盤が、UKとUSのレーベルの共同リリースで超待望の再発。パンク天国2でOverthrow Records森下氏も書いてたけど、90年代でもけっこうデッドストックが日本に入ってきてたレコードなのですが、そんな話はもはや遠い昔の思い出でして、今回の再発に際して近年のこのレコードの中古市場価格を調べて、あまりの高額落札記録を見てビックリしてしまいました。既に再プレスも進行しているようですが、この再発盤も初回盤はレーベルで完売していますので、無事入荷できたこの機会にぜひ入手してください。ジャケのレイアウトからラベルまでオリジナル盤を真似ていて、オリジナル盤にはなかったインサート・シートが付いています!!



2000年代に入るまで情報の少なかったミステリアスな存在でしたが、実はVo.のAdie氏は、84年のTo the Ends of the Earth 12"から2年間、メタルコア絶頂期のENGLISH DOGSのVo.だったAdieと同一人物だったことが発覚。まだ若々しさのある声だけど、確かにこれはENGLISH DOGSのAdie氏と同じ声です。しかしこのレコードはAdie氏在籍という事実が広がる前から非常に評価の高かった作品で、VARUKERSとENGLISH DOGSの中間的なスタイルを、当時のUKHCではかなりメタリックなタッチだった重厚ギター・サウンドと、ガッツが充満した演奏で叩きつけていて、シンプルなUKHCサウンドながら素晴らしくロウでカッコいいです。刻みまくりメタリック・ギター・リフが炸裂する名曲 Dead Generationは、Oktoberrevolution LPの頃のOHLとか、Facts and Views 7"のUPLIGHT CITIZENSみたいなソリッド&ロウなパンク・スラッシュ好きならば発狂必至のカッコよさ!!







・SORE THROAT - Unhindered By Talent LP DIE HARD X-RAY SPLATTER VINYL 税込3,240円 / REGULAR BLACK VINYL 税込2,592円 (F.O.A.D.)



グラインドコアの確立にも多大な功績を残したバンドで、SHITLICKERSのカバーなどをイチ早くやったり、メタル・クラストの要素も導入していたこともあって、クラスティーズにも絶大な人気を誇る80's UKバーミンガム出身クラストコア・グラインド・パンクス SORE THROATの、88年にMeantime Recordsから発表した1stアルバムLPが、イタリアのF.O.A.D.から再発。これだけ影響力のあるバンドの名作1stアルバムなのに、思えば入手不可能な状態がずーーーっと続いてました。過去には90年にUSのWeasel Recordsからリリースされた And We Don't Careコレクション・アルバムで1度だけCD再発されただけで、もちろん今ではそのCDも人気の高いレア盤となっています。今回はリマスタリングもされて、ゲートフォルド・スリーブの内側に、歌詞とRich Walker氏の毒の効いたライナー・ノートを掲載。ジャケ・アートとメンバー写真の両面刷りポスター付きで、オリジナル盤もWeasel Recordsライセンス盤も持ってても、これはかなりグッときてしまう再発盤です。限定500枚プレスで、ltd.100枚スプラッター・ビニールと、ltd.400枚ブラック・ビニールの2種入荷しました。



全52曲という曲数から、ショートカット・ノイズコア・グラインドのイメージも強いバンドですが、この1st LPは、7"でカバーをやってたSHITLICKERSスタイルのロウ・パンク・スラッシュを土台にしたステンチコア・クラストのカラーが一番色濃く出た内容で、クラスティーズや80'sハードコア・ファンには一番人気の高い作品かと思います。もちろん、SORE THROAT流のユーモアも爆発していますが、ゴミ・ノイズ・グラインドなんかとは絶対に一緒に捉えてはいけないアプローチで、音楽的なセンスとスキルを備えたRich氏だからこそ実現できたキャッチーな感覚が、サブ・ジャンル問わず真にアンダーグラウンドなエクストリーム・ミュージックに精通したファンを魅了しているのかと思います。なんてカッコつけて解説書いてますが、何年かぶりに聴いたけど、若い時よりも本当に断然魅力的に聴こえるのです!!しばらく聴いてなかった80'sロウ・ハードコア・ファンは、また改めて聴いてみると新たな発見がある人が案外けっこういるのではないでしょうか。
03 | 2015/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR