RECORD BOY

Scandinavian Jawbreakers Rock Hard Ride Free!!



・TAIWAZ - I Am All LP 税込2,808円 (Electric Assault)



ヴィンテージ・ロックからD-Beatパンクやエクストリーム・メタルまで、興味深い作品を各種リリースしてきたElectric Assaultが、スウェーデンの知る人ぞ知るウルトラ・オブスキュアなカルト・ヘヴィメタル・バンドを発掘リリース。スウェーデンのUppsalaで86年に結成されたバンドで、この1stアルバムまで一度も作品を発表していません。88~89年にデモを制作するも発表に至らず、この度そのデモの4曲と2013年新録を収録した8曲入りで初めて作品化されました。追加プレス無しの限定500枚リリースです。





Side A : recorded and mixed by Gottfrid Ahman (IN SOLITUDE, INVIDIOUS) Feb. 2013.



Side B : recorded Sep. 1988 + July 1989.





このバンドは、UppsalaのMetal Of Death総帥 WATAINが2013年のAll That May Bleed EPでカバーしたことで存在がスウェーデン国外でも知られるようになって、それまではスウェーデン国内でも、Uppsalaメタル・シーンの関係者以外は知らない人も多かったようです。今回のリリースもWATAINのErik Danielsson他、Metal Of Deathバンド連の強力サポートで実現していて、A面に収録の新録は一発録りですが、IN SOLITUDE, INVIDIOUS, etcで活躍するGottfrid Ahman氏の録音で素晴らしいサウンドに仕上がっています。



そしてTAIWAZの音楽性についてですが、Metal Of Deathの連中がレジェンドとして慕うのも納得の個性的なへヴィメタルです。完全なるBLACK SABBATHウォーシップなオカルト・メタルで、北欧らしい荘厳さや透明なメロディーなど一切なく、B面に収録の88~89年デモは、まるでPENTAGRAMがイタリアン・オカルト・メタルのいかがわしさを身に付けたような感じです。そしてA面の新録がまたカッコよくて、ソリッドなリフによるダーク・サイキックな曲調とVo.のマッチが、なんだかArise!の頃のAMEBIXみたい!!2曲目はたぶんFor Whom The Bell Tollsパクリかと思いますが(インナー・スリーブに掲載のインタビューで、BLACK SABBATHと並んでMETALLICAからの影響も認めています)、Vo.がBaronそっくりなので、AMEBIXみたいな異端のサバス・チルドレンに聴こえてきます。間違ってもメタル・クラスト・ファンにはオススメしませんし、妖艶で耽美なヴィンテージ・ドゥームを求める人もスルーした方が賢明ですが、カルトなオカルト・メタル好きには大推薦の発掘盤です!!







・LEVITICUS - The Strongest Power CD 税込2,160円 (Ektro)



1981年結成スウェディッシュ・へヴィメタルの85年3rdアルバムを、フィンランドのEktro Recordsが2013年に再発したものです。過去にもジャケを変えて再発されていた、クサレ・メタル・マニアには人気の名作です。



キーボードが印象的ですが、北欧独特の透明感と言うよりNWOBHMに近くて、かなり激しく疾走するナンバーもあります。汗臭さすら感じさせる熱唱Vo.のメロディーも最高で、爽やかな電子鍵盤の音色とのミスマッチがまたかなりNWOBHMな雰囲気を強めています。PRAYING MANTISがもっとへヴィメタルのエネルギッシュな演奏になったら、こんな感じでしょうか?こないだのNo Remorse Recordsの再発CDもそうですが、どれも初めて聴くのに、80年代の空気を吸った者にはことごとく懐かしく切なくて最高なんです。ジャケ・センスで期待した通りの、クサレ・メタル極上品!!







・IRON LAMB - Fool's Gold LP 税込2,700円 / CD 税込2,160円 (High Roller)



再入荷!



REPUGNANT, GENERAL SURGERY, DISMEMBER, etcの初期デス・メタル重要バンドで活躍してきたメンバーによって結成され、現代メタルパンクを代表する存在にまでなったスウェーデンのIRON LAMBの2ndアルバムがHigh Rollerからリリース。LPの初回盤は限定500枚プレスで、今回はそのうちのltd.350枚ゴールド・ビニールで入荷しています。



Backstabbers EPからVo.がthe BLACK, ex.TYRANT, VINTERLANDのDaniel Bragman氏に代わりました。初期からのIRON LAMBファンにはまだ抵抗がある人もいるかも知れませんが、実直な感じすら漂っていたピュアなシャウトの初代ヴォーカリスト Grga氏とは打って変わって、アダルトなしゃがれ声のDaniel BragmanのVo.は、円熟味を増した現在のIRON LAMBには個人的にはピッタリだと思います。Leave Me BeではDaniel Bragmanではなく、the COFFINSHAKERSのRob Coffinshaker氏がゲストでVo.を担当していて、これがRob Coffinshaker氏のホラー・ゴシックな哀愁とぴったりマッチしたSISTERS OF MERCY調の異色ナンバーに仕上がっていてド渋すぎます。ここにも、大人の不良達によるIRON LAMB流の洒落た深化が表れていますが、もはやMOTORHEADタイプとかメタルパンク云々とかのレベルを超えた、言わばHELLACOPTERSにも匹敵する(音が似てるという意味ではありません)ストリート・レベルのメタル&パンク・シーンから生まれた極上のスウェディッシュR&Rバンドとしての風格に満ちています。でも、Center of the UniverseのようなBackstabbers並みの哀愁暴走メタルパンク・ナンバーももちろんあります(BackstabbersやRip it Upの再録バージョンも収録)。とにかく終始隅々までカッコいい!!こういう大人になれたら最高です。







・GRGA - Overblown 7" 税込1,296円 (Electric Assault)



デス・メタルのREPUGNANTで初代ベースを担当し、ド派手グラム・メタル CRASHDIETでも初代ベーシスト、さらにクラスト・パンクのBOMBSTRIKEにも在籍したことがあり、そして2013年までIRON LAMBで初代Vo.を務めてきたGrga Lindstrom氏によるソロ・プロジェクトの2曲入りデビュー7"が、Electric Assaultからリリース。追加生産無しのワン・タイム・プレス限定300枚です。



へヴィメタルとパンクの多種サブ・ジャンルをプレイしてきたGrga氏のソロ第1弾は、バック・メンバーも馴染みの友人達で固められていて、ギターがJohan Wallin氏(IRON LAMB, ex.REPUGNANT, BOMBSTRIKE, ex.GENERAL SURGERY, etc)とドラムがThomas Daun氏(IRON LAMB, ex.RPUGNANT, ex.DISMEMBER, ex.CRASHDIET, etc)が担当しています。ここで参加していないIRON LAMBメンバーとしっくりいかなかったのか、なんて余計な詮索をしてしまいそうになるけど、この3人はREPUGANT絶頂期のバック・メンバーだった3/4なわけで(残りの1人は今をときめくGHOSTの人)、やはり馴染みの3人でセッションしたというところだと思います。あと、音楽性も初期IRON LAMBのEPで色濃く出していた哀愁パンク路線で、RAMONES, DEAD BOYS, TURBONEGROなどを彷彿させるアダルトな叙情R&Rは、SONIC RITUALファンにもかなりオススメです。IRON LAMBとSONIC RITUALファンは買い逃しなく!!

Metal Deadness!!



・INTERMENT / ANATOMIA - Split 7" 税込1,296円 (Goatgrind)



自国の初期デス・メタル・シーンを支えたスウェーデンと日本の重鎮2バンドによるSplit 7"が、2バージョンでリリース!!ジャケ・デザインはデス・メタル・アートの巨匠Chris Moyen氏によるもので、レッド・ビニールとグリーン・ビニールの両カラー盤に合わせたジャケ色になっています。各バージョン250枚プレスの、限定500枚です。



INTERMENTは復活以前となんら変わらないグレート・スウェディッシュ・デス・メタルで今回も爆走しています。ENTOMBEDやDISMEMBERなどの王道オールドスクール・スウェデス・ファンは今回も間違いなく必聴ですが、ギターVo.がUNCURBEDにも在籍していた人だからというわけではないけど、スウェーデンのブルータルなクラスト・パンク好きにもぜひ聴いてもらいたいカッコよさがあります。



ANATOMIAは、レコーディングとマスタリングをFUNERAL MOTH / Weird Truth prod.の藤島氏が担当。オールドスクール・デス・メタルらしい曲調を、ANATOMIA流のデロデロにlowなサウンドで叩き出したドゥーム・デス・メタル・ナンバー1曲を提供しています。







・EXCORIATE - On Pestilent Winds... LP 税込2,484円 (Sepulchral Voice)



イーヴィル・スラッシュ・メタル HELLISH CROSSFIREのメンバーなどが在籍した2001年結成ジャーマン・デス・メタル・バンドの、2009年に発表した唯一のアルバムが待望のLP再プレス。恐らく今回が3度目のプレスで、ジャケに黒フチがあって、紙質も硬いものに変わってるような気がします。活動を停止して10年近くになりますが、この作品はプレスされ続けて後世に絶対語り継ぐべきです。



ダウン・チューニングで刻むスラッシーなソリッド・リフが金属質ながら、ドラミングが素晴らしくプリミティブで(ヘタと言う意味ではない)、この雪崩れ込み式ロウなリズムと重厚音壁のマッチはいつ聴いても最強デス。SLAUGHTERの上に初期ASPHYXやPESTILENCEの2ndを乗せたら、こんな凄いことになってしまいそうですし、感触がステンチだったら、PROPHECY OF DOOMの1stのような感じになるかも知れません。SEPULTURAのカバーもやってて、スラッシュのルーツはいたるところに強く感じさせます。メンバーのルックスやフォト・セッションも異様なまでにかっこよくて、REPUGNANT "Epitome of Darkness"と並ぶ2000年代デス・メタルの最凶クラシックと言い切っちゃっても良いでしょう。絶対におすすめデス!!!







・SOMNOL - Demo TAPE 税込972円 (Electric Assault)



ヴィンテージ・ロックからD-Beatパンクやエクストリーム・メタルまで、アンダーグラウンドなリアル・オールドスクールな興味深い作品を各種リリースしてきたElectric Assaultからデビューした、NY出身新鋭デス・メタル・バンドの限定300本生産4曲入り1stデモです。



メンバーは来日経験もあるNYクラスト・パンクス PERDITIONと、当店では入荷したことがないのですが同じくNYのロウ・ノイズ・ハードコア・パンク NOMADの人達です。そしてサウンドは、も~チョー・ゴリッゴリのスウェディッシュ・スタイル!!パンク・シーンから出てきたバンドの1stデモですから、サウンドのバランスなど、もちろんまだまだ完璧じゃないのは当たり前だけど、それらを差し引いて考えれば、NECROCURSEがNIFELHEIMに近づいて、MORBUS CHRONはプログレッシブ・デス・メタルを追及し、MIASMALまでもアプローチが多彩になってきた今、NIHILIST, ENTOMBED, DISMEMBER, etcのスウェデス・ウォーシップ暴走デス・メタル・バンドを求めている人は、ぜひこのNYのバンドに注目してください!!

D-Beat Jawbreakers!!



・V.A. - Death Trap From Hell CD 税込1,404円 (Black Konflik)



デモが素晴らしいカッコよさでノックアウトされてしまい、一大プッシュを仕掛けようかと思いましたが、のんびり屋さんな性格だったため上手くいかなかったカナディアンD-Beatパンク ABSOLUTの初CDリリース作品となる3 Way Splitアルバムです。なんと横浜のBATTLESCARDと、マレーシアのOSMANTIKOSとの三つ巴という衝撃的な組み合わせで、OSMANTIKOSは聴いたことなかったけど、リリース情報を入手した時点で、聴く前からノックアウト寸前でワクワクしていたCDです。



まずはBATTLESCARDからスタートして、やはり完全にノックアウトされてしまいました。メタリックな技巧派ギターと2バス連打もあるドラムのせいもあって、1st EP(当店は入荷しません)をリリースしたUKのレーベルではモーターチャージド・メタルパンクとして捉えているようですが、オープニングを飾るプリミティブなスピード・ナンバーは、期待通りのBATTLESCARD節が炸裂して嬉しくなってしまいます。今回もカセット入荷時の解説がピッタリかと思いますのでコピペで失礼しますが、硬派な男気も漂わせながらも、メタル, モーターヘッド, DISCHARGE, UKHC, ジャパニーズ・ハードコア, etcあたりの要素は全く感じさせない、己自身にしか影響されてないようなサウンドと存在感が凄い!!



ABSOLUTは、スラッシュ・メタル・バンドのRAMMERやデス・メタル・バンド SLAUGHTER STRIKE、そしてMIDNIGHTのサポート・メンバーとしてギターも担当してたJoel F.氏が現在やってるD-Beatパンクです。この3 Way Split CDの音源はライブ録音だけど、オーディエンス録音のライブやリハ音源のような音質ではなく、スタジオ一発録りのようなラウドな音質がカッコいい全5曲です。最高傑作デモ Demo 2013の曲もやっててもちろんカッコいいんですが、このライブ録音がゴロゴロしたベースと落下型D-Beatながらもタイトなドラムのボトムを強調したロウ・サウンドで、メロディックなギターも絡むAbsolut Country of Sweden型ANTI CIMEXとの相性がバツグン。やっぱりこのバンドは、けっこうカッコいいんじゃないでしょうか!!メタル・ギターは後退させた1st LPも、こんなサウンドでやっても良かったかな?と思います。とりあえず、デモとLPの過去2作品を逃してた人はぜひとも聴いてほしいし、1st LP聴いてちょっと冷めた人ももう1回チャレンジしてほしい音源です。



OSMANTIKOSは5月に日本ツアーも予定してるバンドです。HIS HERO IS GONEスタイルの激情クラスティー・パンク・スラッシュで、しつこい叙情メロディーもなくブルータルに突き進むハードコア・サウンドは、このテのバンドとしては充分に世界で勝負できるクォリティーだと思います。TRAGEDYなどのファンは来日前にぜひチェックしてみてください!







・ANTI CIMEX - The Lost Mixes TAPE 税込972円 (Black Konflik)



先ごろLPが各種再発されて話題を呼んだキングス・オブ・スウェディッシュ・ハードコア・パンク ANTI CIMEXのオフィシャル・カセットがマレーシアのレーベルからリリース。Abssolut Country of SwedenアルバムとScandinavian Jawbreakerアルバムに収録されていた曲の別ミックス・バージョン4曲で、LPが再発された時に限定リリース販売されて即完売したボックス・セットに付属していたボーナスEPのカセット・バージョンです。しかしながらこのカセットも完売はもう目に見えていますので、ぜひともこの機会に入手してください!!



A1. Daughters Of Pride

A2. Sister Daylight

B1. New Blood

B2. Nailbiter
02 | 2015/03 | 04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR