RECORD BOY

ヤマト運輸クロネコメール便廃止に伴う代替配送サービス開始について



ご案内が遅れてしまいましたが、ヤマト運輸のクロネコメール便が、明日2015年3月31日の受付分をもって廃止となりますので、当店ではメール便に変わって、2015年4月1日から、郵便局のクリックポストでの配送サービスを開始致します。





■郵便局のクリックポスト = 送料全国一律200円

・CD x 2枚まで。

・7" EP x 5枚まで。(Wジャケットなどの通常より厚みのあるものを含む場合は例外もございます)

・カセットテープ x 5本まで。

・Tシャツ x 1枚まで。





当店でのクリックポスト配送によるご注文は、上記の条件で承ります。今回を機に、これまでクロネコメール便配送ではお断りしていたカセットテープのご注文も、ご希望の方には送料200円のクリックポストで承ります。また、CDも2枚まで送料200円でご注文いただけるようにしました。ただし、クリックポストの梱包サイズは、長辺34cm以下、短辺25cm以下、厚さ3cm以下と規定されていますので、厚さ3cmに収まる限り対応致しますが、カセットなど厚みがある商品は厳重な梱包ができません。ケース破損などが生じる可能性も考慮して、配送方法をご指定ください。



他の配送方法については変更ありませんが、詳しくはこちらで改めてご確認ください。



今後とも宜しくお願いします。

Crossover Thrash Classics!!



・SUDDEN IMPACT - Split Personality CD 税込1,944円 (Marquee)



LEEWAYの再発が世界中の80'sスラッシュ(ハードコア&メタル)ファンの間で大きな反響を呼んでいるMarquee Recordsが、LEEWAYに続いて再発したのは、カナディアン・クロスオーバー SUDDEN IMPACTの2ndアルバム!!「LEEWAYからずいぶん格が落ちる再発だな」なんて言わないでください。1stは確かに日本でもしょっちゅう中古LPを見る不人気作ですが、こんなジャケの2ndが出てたなんて全く知りませんでした。1stとは別次元でダサすぎるジャケなので、中古で見ても知らぬ間に素通りしてたのかも知れないけど、オリジナル盤LPの裏ジャケには、80'sカナディアン・スラッシュ信頼の証しである、Diabolic Forceのあのカッコいいロゴもしっかりあるので、やっぱり自分はこの2ndには今まで出会ったことなかったのではないかと思います。



SLAUGHTERやSACRIFICEをリリースしていたFringe Productionのスラッシュ部門レーベル Diabolic Forceから88年に発表されたカナディアン・クロスオーバー・スラッシュ・バンドの2ndアルバムに、88年ライブもボーナス収録した18曲入りCDです。オリジナル盤はLPのみのリリースだったようで、今回が初めての再発CD化です。ステッカーも付いてます。



1stの頃からメタリックな感触は一貫していて、ツイン・ギターによる重厚なリフとメタルっ気皆無なパンクVo.のミスマッチは、80'sクロスオーバー以外の何物でもないスラッシュ・サウンドです。1stは小細工なしのドカドカ・ハードコア+メタル・ギターだったけど、この2ndアルバムは正統派へヴィメタルの3連パートやベイエリア・タイプのミドル・テンポ・パートなどで緩急をつけて、かなり整合感のあるクロスオーバー・スラッシュ・メタルに仕上がっています。リマスタリングによる音質向上のせいか、パワフルなドラムの2バス連打も胃に響いてくるへヴィさで、バツグンの演奏力のライブ音源もかなりカッコいいです。しかし、Vo.は相変わらずメタル化を頑なに拒んでるような(長髪だけど)パンク・スタイルで、整合感のあるスラッシュ・メタルとキャッチーな感触のミスマッチは、4 of a Kind ~ Thrash Zoneの頃のD.R.I.と共通します。日本ではハードコア・パンク方面でとにかく人気ないですが、80'sクロスオーバー・ファンには無条件でオススメできる内容です。









・LEEWAY - Born To Expire 25th Anniversary Edition CD 税込1,944円 (Marquee)



再入荷お待たせしました!!!



クロスオーバー・スラッシャー待望のリイシュー!!NYHCシーンから登場したバンドでは、スラッシュ・メタル・ファンに最も評価の高かったLEEWAYの初期名作2作品が、ブラジルのスラッシュ・メタル・レーベル Marquee Recordsからオフィシャル再発。オリジナル・リリースは、ハードコア・ファンにはCRO-MAGSやMURPHY'S LAWなど、そしてスラッシュ・メタル・ファンにとってはWARGASMの1stなどで馴染みのあったProfile Recordsから発表されていて、当時から日本でも割と入手しやすいレーベルでしたが、近年はアナログ盤よりもCDの方が非常に入手が困難で、作品によってはかなりの高額で取引されています。特にWARGASMとこのLEEWAYは、CDのオリジナル・バージョンがマニアに大人気のレア・アイテムと化しています。



当時のNYHCはAGNOSTIC FRONTとCRO-MAGSの2大バンドが頂点に君臨していて、そのどちらのバンドもメタルから強く影響されたクロスオーバーな時期が絶頂期だったと評価される一方、NYHCシーンでのアンチ・メタルな空気も根強く、Profileがジャーマン・スラッシュ・メタル DESTRUCTIONのRelease from AgonyアルバムをUSでライセンス・リリースして、USツアーのサポートにCRO-MAGSをブッキングした時は、ダイハードなNYHC信者にはかなりのブーイングだったそうです。そんな中でもLEEWAYは最もメタルに接近していたハードコア・スラッシュでしたが、AGNOSTIC FRONT, CRO-MAGS, CARNIVORE, SHEER TERRORに代表されるスキンズ・スラッシュと呼ばれる先輩極悪NYバンドのメタル・アプローチやキャラクターとは一線を画した存在感で、当時からハードコア・ファンにもスラッシュ・メタル・ファンにも、比較的好意的に受け入れられていた印象があります。





Tracks 1-12 : "Born to Expire" LP (1988年)

Tracks 13-21 : Live at The Ritz, New York (1986年)





こちらはメタル・スラッシャーも狂喜する驚異の1stアルバムに、86年のライブもボーナス収録した21曲入りです。C.O.C., D.R.I., SUICIDAL TENDENCIES, ATTITUDE ADJUSTMENT, etcの代表的なUSクロスオーバー・バンドの魅力でもあったガサツな荒っぽさがLEEWAYには全く無く、完全にハードコア・パンクの域を越えた素晴らしい構成力と演奏力が爆発していますが、そのLEEWAYサウンドの要だったのは、やはりギターのA.J. Novello氏とVo.のEddie Sutton氏の2人のブレインだったと思います。ソリッドな切れ味はスラッシュ・メタリックだったけど、ハード・ロックやソウルも下地にあるようなA.J. Novello氏のギター・プレイと、それにも負けないほど感情豊かでエモ―ショナルなEddie Sutton氏のVo.のコンビネーションが素晴らしく完璧で、緊張感に満ちたメタルコア・スラッシュで疾走しています。ボーナスの86年ライブでのEddie SuttonのVo.なんて、神掛かっています!!!疾走ナンバーはこっちの1stアルバムの方が多いのですが、ゴリゴリでバッキバキのスラッシュ・タッチのまま緊迫したグルーヴを突き詰めた2ndアルバムの方が、NYHCファンには評価が高いので、ぜひ聴き比べてみてほしいです。









・LEEWAY - Desperate Measures CD CD 税込1,944円 (Marquee)



こちらも再入荷!!



NYHCファンに絶大なる人気と高い評価を誇る91年2ndアルバムに、同年オランダでのライブをボーナスで加えた18曲入りCDです。





Tracks 1-10 : "Desperate Measures" LP (1991年)

Tracks 11-18 : Live at JC Staddijk, The NETHERLANDS (1991年)





基本路線は全く1stと変わってませんが、エモーショナルなフィーリングが少しこっちの2ndの方が強調されています。のっけからグル―ヴィンなパートでスタートしますが、メタル・ヘッズの方たちに誤解してほしくないのは、これはミクスチャー・ファンキーという薄っぺらいトレンドに流されたのではなくて、BAD BRAINSウォーシップを完璧に表していたという点です。CRO-MAGSの1stの遅いパートもまるでBAD BRAINSでした。そういえばBAD BRAINSのQuicknessでドラムを担当したCRO-MAGSのMackie氏も、このLEEWAYの初期に参加していたそうです。ここまでの解説だとクロスオーバー・テイストは後退したように思われるスラッシャーの方もいるかも知れませんが、2曲目 All About Dopeなどは1stアルバムからカットしたような直線的疾走スラッシュですし、4曲目のStand Forなんて2ビートじゃないのに驚異的な刻みまくりで、しかも曲調はDCエモみたいだから、このバンドの想像力とミュージシャンシップの高さには改めて恐れ入ってしまいます。ちなみに、このアルバムは1stとは比べ物にならないほどめったにお目にかからない幻リリースだったため、1stでノックアウトされた熱心なNYHCファンとクロスオーバー・ファンにのみ絶賛されて姿を消し、スラッシュ・メタル・ファンには存在もなかなか知られてない激レア盤です。



今回の再発は25周年アニバーサリー・エディションと銘打ったスペシャルなリリースで、ジャケ・ブックレットにはNYHCシーンを彩った名だたるミュージシャンらによるライナー・ノートを掲載。1stには、Craig Setari (NYC MAYHEM, STRAIGHT AHEAD, REST IN PIECES, SICK OF IT ALL, etc)や、BAD BRAINSのDarryl Jenniferなどが、この2ndには、Dan Lilker氏(NUCLEAR ASSAULT, BRUTAL TRUTH, S.O.D., etc)などが寄稿しています。もちろん写真やフライヤーなど貴重な資料もたくさん載ってますし、帯とステッカーまで付けて、Marquee Recordsもかなり気合いを入れて臨んだデラックスなバージョンです。NO MERCYを当店でイチ早くチェックしていただいた筋金入りハードコア・スラッシャーの方々からは以前からけっこうお問い合わせいただいてましたのでガッツリ入れましたが、ここ数年はMarquee Recordsも以前ほど流通は良くないですし、カナディアンSACRIFICEのリイシューがスリップケース付きが初回のみだったことを考えると、帯やステッカーも付いたこの仕様での確保は早めの方がいいかと思います。何より、80'sクロスオーバーを代表するバンドの名作ですので、ファンも未聴の方も必須のグレート・リイシューです!!!

Metal DeaThrashing Mad Punk!!



・ABSCESS - Bourbon, Blood and Butchery CD 税込1,728円 (Aphelion prod.)



USデス・メタル・シーンの兄貴分的存在で、業界関係者や若手からも慕われるスカム・パンク・デス・メタル・ドラマー&ボーカル Chris Reifert氏が、90年代中期からAUTOPSYと並行して続けるABSCESSの、Split音源, ライブ, リハ・デモを収録した24曲入りコンピレーションCDです。





Tracks 1, 2, 5, 13, 14, 17, 23, 24 : Split w/ POPULATION REDUCTION (2009年)

Tracks 3, 8, 9, 22 : Split w/ BONESAW (2008年)

Track 4 : Split w/ AT MY FUK (2007年)

Track 18 : Live (May 13, 2005)

Tracks 15, 16 : Live (May 9, 2009)

Tracks 7, 10, 11, 12, 21 : Live (May 24, 2009)

Tracks 6, 19, 20 : Tormentedアルバム リハーサル・デモ (Sep 7, 1999)





AUTOPSYのデス・メタルに備わっているスカム要素と、GG ALLINに代表されるアメリカン・パンクのスカム・バイオレンスを融合して、そこに西海岸ハードコア・パンクの狂気を導入した、クレイジーなアグリー・パンク・デス・メタルの最高峰です。ハードコアのスラッシュな疾走感はもちろん、カバーもやってるBLACK FLAGから受け継いだUSHC特有の狂気も内包してるフトコロの闇深さとドス黒さは、いつ聴いても脱帽級に激渋デス!!AUTOSPYはUSデス・メタルに於いてスウェディッシュ・デス・メタルと共鳴するグルームを表現してたワケだけど、ABSCESSのデス・メタル・パンクはBASTARD PRIESTやMIASMALなどとは全く異質であることを体感してください。USHCを通ってなくて、昨今のハードコア・デス・メタルにも否定的なダイハード・デス・メタラーの方々だって、ABSECESSは90年代からパンク・デス・メタルとしてリアルだったのは、ヒシヒシと感じてたハズです。まぁ、このバンドは別格なのでしょうけど、とにかく最凶に激渋なんデス!!!







・VIOLATION WOUND / BLIZZARD - Antimusic Missile SPLIT 7" 税込1,080円 (Doomentia)



AUTOPSY, ABSCESS, etcで止まることなく精力的に活動を続けるChris Reifert氏によるパンク・プロジェクト VIOLATION WOUNDと、復活後はパンク色を強めてきたジャーマン・ドランク・スピード・メタル BLIZZARDがSplit 7”をリリース。数年前からレーベルを探してると聞いましたが、チェコのDoomentiaからめでたくリリースとなりました。



Chris Reifert氏による本格派パンク・バンドと言うと、ABSCESSメンバーらとやってたEATMYFUKを思い出しますが、このVIOLATION WOUNDがEATMYFUKと決定的に違う点は、Reifert氏がドラムではなく、ギター&Vo.を担当しているという点です。1stアルバムでも感じさせた、NEGATIVE APPROACHやボストン・ハードコア系のロウ&バイオレントなパンク・スラッシュを連射して、ブルータルでブルージーなReifert氏の極悪デス・ブルージーVo.もカッコいいです。



BLIZZARDは、キャッチーなリフ&フレーズを駆使して疾走する曲調に、このバンド最大の特徴の独特の酒ヤケ超ダミ声Vo.が乗ったBLIZZARD節が今回も全開しまくってます。アルバムで聴くと胃液が逆流しかねないくらいの極悪なドランクさだけど、7”の片面で収まってると、すこぶるイイ調子で渋いです。







・POWERTHRONE - Shadow Knights 7" 税込1,080円 (Ripping Storm)



USカリフォルニアで活動するブラック・パンク・メタル・スラッシュの、2013年にデモとして発表した音源を、GBHのカバーも追加して7" vinyl化したモノです。ZOLDIER NOIZの2nd LPなどもリリースしたイタリアのRipping Stormからのリリースですが、限定カラー・ビニールは存在しません。



CELTIC FROST型のパンキッシュ・ブラック・スピード・メタルです。プリミティブなこのテのバンドの特徴であるHELLHAMMER ~ CELTIC FROSTリフと、ちゃんとドラムもCELTIC FROSTをコピーしてるところが良くて、こういう感覚はパンク寄りのバンドならではのセンスかと思います。しかし演奏が粗く、特にその要となるドラムが一番不安定なので、他パートがドラムに合わせてるのか、それともそういう曲なのか、1曲の中でスピードが1.2倍速く(または遅く)感じるような部分があったりします。最終的に、なんだか鈍臭いスウェディッシュD-BeatとCELTIC FROST型イーヴィル・スピード・メタルのミックスみたいなことになってますが、ブラック・スピード・メタル・パンクとか言ってMIDNIGHTの丸パクリなだけのバンドなんかより全然面白いと思います。







・IRON FIST - We Are Motorpunks LP 税込2,484円 (Doomentia)



MPDSカリフォルニア支部を宣言するLAのメタル・パンクス IRON FISTが1st LPをリリース。発起人in NYがぐうたらだから、MPDSも今では存在自体もあやふやで、最近ではMetal Punk Death Squadに喜んで共鳴したり、または槍玉にあげたりするような輩もずいぶん減り、「MPDSって何?」なんて言うコも少なくありません。そんな中でいまだ積極的にMPDSを高らかに掲げてる数少ないバンドが、このLAのIRON FISTです。ジャケ・デザインはINEPSYのChany氏によるものです。



チューニングが合ってなくてもロッキンなフレーズを自信満々に連発してた過去作品に表れてるとおり、このバンドはちょっとイタイくらいのガッツ空回りメタル・パンクスだったけど、演奏はまだ不安定でも、曲に工夫と幅の広さが生まれて、ようやく好感が抱けるようなバンドになってきました。ギターは下手なロッキン・フレーズの押し売りは控えて、より曲調に合ったソロやフレーズで彩り、パンクスらしい思い切りの良さで疾走しています。WHIPSTRIKERファンにオススメです!!







・MILITARIS-TIC - Curse of Weapons LP LTD. 100 GREEN VINYL 税込2,916円 / LTD. 250 BLACK VINYL 税込2,592円 (Bestial Burst)



フィンランドでまたおかしなメタル・パンク発見!!カルト・ブラック・メタル・バンド GOATMOONのサポート・メンバーも経験のある2人によるバンドで、うち1人はあのSIVILIMURHAやIRRITATE, INCRIMINATEDもやってた奴らしいので、ここらへんは恐らく日本ではメタルヘッズよりも、90年代フィンコア・パンク最下層のゴミ・カルト・ノイズ・スラッシュ好きマニアにビンビンくる人脈かと思います。これは、大阪のあの人も気になるんじゃなかろーか!?(もうチェック済みかな?)PYOVELIのLPや、GONKULATOR / OLD PAGAN Split LPなども出してる流通激悪レーベル Bestial Burstからリリースの350枚プレスで、そのうちのレーベル直販限定ltd.100枚グリーン・ビニールと、ltd.250枚ブラック・ビニールの2種入荷しました!!



フィンランド・ゴミ・ノイズ・パンク人脈でご覧の通りのナイス・バカ・ルックスですから、とりあえずもうこれでOKで聴かないでおこうかと思いましたが、聴いてみたらこれがけっこう好みのタイプで嬉しくなってしまいました。若干ナスティーなノリもあるCELTIC FROSTリフ全開のメタル・パンクで、SAULTEの大傑作アルバム The Undergroundが好きな人には是非聴いてもらいたいです。リフのCELTIC FROSTっぷりがかなりカッコよく、リフ・ワークやフレーズでCELTIC FROSTウォーシップを表現するバンドは多いけど、ザラザラしたあのロウな感触も再現したバンドは、世界で最初のCELTIC FROSTウォーシップを実践したNY極悪メタルコア・スキンズ・パンク・スラッシュ SHEER TERRORの1st以来、なんて言ったら怒られるでしょうが、とにかく好きな感じの音なんです。この汚いCELTIC FROSTギターの上に乗る、DESTRUCTIONシュミーアみたいなVo.もナイスですし、クラスト・パンクに接近していた頃のノイジーなABIGAILが好きな人にもオススメです。

Extreme Japan!!



・CORRUPTED - 喪失 : Loss 7" 税込1,080円 (Crust War)



エクストリーム・ドゥーム・コア世界最高峰、大阪のCORRUPTEDの1曲入り7"EPがCrust Warからリリース!!今回は女性ヴォーカリスト Mother Siiを迎えて、伝説の女性怪物メデューサと現代社会の歪みと照らし合わせたテーマとなっています。



音楽はテキストにするのが不可能だからこそ音楽なのですが、パーティー・バンドを横目に、仙人のごとく常にクリエイティブな音楽を追及し続けるCORRUPTEDこそ、レビューが最も無意味なバンドの一つです。しかし笑われるのを覚悟でこのサウンドのテキスト化にチャレンジしてみますと、バンドの中心であるchew氏のドラムは、敢えてフロント・メンバーより一歩退いて全体を見据えているかのような音のバランスだと思いました。以上です。あとは、CORRUPTEDというバンドが、アナログ盤7"というフォーマットを選択して表現した闇と激しさを、肌で感じてください。絶対的なCORRUPTEDワールドが炸裂しています!!!







・SOBBED / W.D.L.K. - Split CD 税込700円 (Bloodbath)



京都のエクストリーム・ハードコア/メタル2バンドによるSplit CDがBloodbathからリリース。シールドされたスリムケースCDで、限定300枚です。



関西以外でも知名度のあるグラインド・コア・バンド SOBBEDは、疾走感と切れ味バツグンのlowグラインドで、デス・メタル・ファンにも人気の高いASSUCKのようなハードコア・グラインド好きにオススメ。全6曲、あっという間に駆け抜けます!



W.D.L.K.は圧殺デス・メタリック・リフをリミティブな反復で叩き出していて、パワー・バイオレンス黎明期のスラッジ・ドゥーム・バンドのような生々しい重遅轟音が痛快で爽快ですらあります!!音響系ではない、パンク上がりの殺伐としたエクストリーム・サウンド好きは必聴です。







・COFFINS / BUTCHER ABC - Split 7" 税込1,080円 (Obliteration)



東京アンダーグラウンド・エクストリーム・メタル・シーンの中心的存在2バンドによるSplit 7"!!



世界を股にかけて活動するCOFFINSは、相変わらずの鈍走ドゥーム・グラインド・デス・メタル・ナンバーですが、今回はいつもよりさらに、D-Beatクラスト・パンクの45回転盤レコードを33回転で聴いてるように錯覚させる曲調デス!!



BUTCHER ABCはデス・ロール的パートも聴かせるlowデス・メタル・ナンバーで、中心メンバーのNaru氏が以前やっていたCSSO(昔はREPUGNANTも機材にCSSOのステッカー貼ってました)も少し脳裏をよぎりました。BUTCHER ABCらしい、キャッチーなグラインド・デス・メタルで、Razorback Recs系の海外バンドが好きな人にもぜひ聴いてもらいたいです。







・UNHOLY GRAVE / BUTCHER ABC - Nuke'em All SPLIT CD 税込864円 (Obliteration)



日本を代表するグラインド・コア・バンド UNHOLY GRAVEと、東京のグラインド・デス・メタル BUTCHER ABCによる限定500枚Split CDです。



核廃絶をテーマにしたSplitだからか、両バンドともいつもよりハードコアな部分を前に出したようなキャッチーな曲調が新鮮です。特にBUTCHER ABCはかなり90'sグラインド・パンクっぽい!!!オールドスクールなグラインド・ファンには懐かしい感覚も楽しめるSplitです。

IMPURITY/SEX MESSIAH VOMITING BLASPHEMIES OVER JAPAN MMXV split CD



* High Society Satanic Recordsからお知らせです!







・IMPURITY/SEX MESSIAH VOMITING BLASPHEMIES OVER JAPAN MMXV split CD 2000円(会場販売プライス) JAPAN TOUR EDITION



High Society Satanic RecordsのNEWリリースはimpurity/sex messiah splitの来日記念盤CDです。無事に出来ました!!IMPURITYメガ渋です。ブラジルdeathrash好きはこれ聞いて悶絶して下さい。決して日本人には出せない音です、これは!SEX MESSIAHも新たな展開を見せていまして、こちらも今、日本では珍しいタイプの仕上がりを見せています。各メンバーが基本をしっかり押さえているからこそ出せるサウンドに仕上がってます!

初めて限定のCDを作りました。基本、大阪、東京各会場での販売になります。(各会場で100枚づつ売れて全部無くなってくれ!!)というような製作枚数です。当日はこのほかにもツアーシャツやらpatch+badgeセット何かも販売されるようです。Tシャツの写真見たけどすげーかっこよかった!正直split cd売れ残ったらボーイとかにお世話になるつもりです(そうなったらお願いします!)が当日にしかつかないメモリアルなおまけ何かも考えておりますのでこぞってお買い上げいただけますようよろしくお願い致します。ノイズではない本場のノイズ音をご堪能あれ!!(HSSR futatsugi)



split cdインフォメーション

Sarcofago,Sepultura,Sex Trash,Mutilator等の伝説的バンドを生んだブラジリアンブラックメタルの悪名高き聖地・ベロオリゾンテの邪悪な血を守り続け、結成25周年を迎えた今もなお留まることなく狂気の呪いを放ち続けるIMPURITYが、神戸発ブラック/デスメタルバンドSEX MESSIAHの招聘で奇跡の来日!大阪・東京で開催される2公演を記念したスプリットCDがHigh Society Satanic Recordsより発売!両バンドともに2014年新録音源。IMPURITYは最新曲3曲を収録。メンバーチェンジ後の作品であるが、今作もSarcofagoの強い影響下にありながらも決してスラッシュサウンドには寄らず、禍々しく仕上がっている。SamaelやRootをリスペクトしているRam Priestの悪魔の吐息のような咆哮が、キャッチーなリフワーク、Sarcofagoスタイルのドラムと絡み合い、その絶妙なバランスが”聴きやすいのに禍々しくオカルト”というIMPURITYの持ち味を生み出している。

SEX MESSIAHは新曲2曲と再録2曲の計4曲を収録。新メンバー加入後初の録音となった今作は、2ndEPの重々しい世界観から一新しRAWでSAVAGEな音と実験性の両立がテーマとなった作風であるが、Vocalist Sadistic Blasphemerの存在感を中心に各パート共、音芯を失わせることは無く、”オールドスクール”、”アンダーグラウンド”を貫きながら、Beheritのように常にチャレンジングであることを意図している。再録の2曲も同アレンジで以前よりもプリミティブで邪悪な仕上がりを見せている。



IMPURITYインフォメーション

ブラジル、ベロ・オリゾンテ・・・SARCOFAGO, SEPULTURA, HOLOCAUSTO, MUTILATOR, SEX TRASH等、数々のブラジリアンBLACK/DEATH METALバンドを生んだこの都市で、IMPURITYは誕生した。ブラジルの伝説的レーベルCOGUMELO Recordsからレコードを発表し、20年以上にわたり野蛮なサウンドでその名を南米中に轟かせてきた。入れ替わりの激しいこのシーンであるが、彼らはブラックメタルの信念を貫き、今や世界中から尊敬を集めている。IMPURITYは1988年結成。その当時はブラジル国外での認知は低かったが、ブラジル国内のBLACK/DEATH METALシーンのアイデンティティーの発展に貢献してきた。今や世界中で最も人気のあるブラジルのブラックメタルバンドの一つであり、至上の暗黒芸術として、また初期SODOM, VULCANO, MYSTIFIER, BLASPHEMY, BEHERIT, ABHORRER, CONQUEROR, BLACK WITCHERY, GOATPENIS, ARCHGOAT, ROTTING CHRIST, VARATHRON, REVENGE, SAMAEL, MAYHEM, PENTAGRAM, CHAINSAW, GRAVE DESECRATOR, HADEZ, EKRON KULT, MORTUARY DRAPE, NIFELHEIM, BLACK FEAST…その他たくさんのアンダーグラウンドの深淵にいるバンドのようなエクストリームなバンドどして認知されている。(世界的なアンダーグラウンドムーブメントは決して止まることなく生き続け、進み続けるだろう!)IMPURITYは多くのベテランバンドと違い、長い年月にわたり冒涜的なサウンドを追求し続けた希有なバンドの一つであり(特にブラジルにおいて)、彼らのショーは邪悪で不気味、グロテスクな音の壁と空気を放っている。HAIL SATANAS!



SEX MESSIAHインフォメーション

SEX MESSIAHは2008年神戸にて、ギタリストMoenosを中心に結成された。結成当初はHellhammer、Sarcofago、Beherit、そして日本のハードコアパンクの影響を強く受けており、2008年のdemo tapeはメタルよりもハードコアパンクに近いといえる。 2009年に発売された1st EP “Wish You Were Dead”(Criminal Trap Records)は、デモテープの路線を引き継ぎながらもより90年前後のUNDERGROUND DEATH METAL接近した、呪術的で禍々しいものとなった。結成当時のSEX MESSIAHの表現したかったことがそのまま克明に刻まれた作品となっている。ここで、Moenos以外のメンバーは脱退。事実上、第一期SEX MESSIAHは空中分解を遂げる。その後、幾度のメンバーチェンジを経て、Terror SquadやAnother DimensionでもVocalを担当しているSadistic Blasphemerが加入。2011年には復活後第一回目のライブがEPとしてリリースされた。 Thrash Metalバンドで活動するのメンバーの加入により、SEX MESSIAHは禍々しさを深めつつも疾走感を取り入れた作風に変化していく。この時期にレコーディングされた3曲は、2nd EP “Hymn Of The Apocalypse"(Me Saco Un Ojo)、ANATOMIA/SEX MESSIAH split EP(Doomentia Records)に収録されている。 メンバーの脱退により、しばらくライブ活動を休止していたが、2012年より、RevoltのベーシストであるSodom Survivorが正式加入。2014年初頭にはドラマーALUCARD KÄMPFER も正式加入し、いよいよ本格的に再始動となった。2014年に初期から現在までのdiscography CDをリリース。2015年3月にはブラジルメタルの聖地ベロ・オリゾンテよりIMPURITYを召喚。来日記念盤としてsplit CDをリリースする。





* This is the special limited version for Impurity japan tour and will be sold at the clubs where they play. Leftovers will be available at Record BOY or some other shops in japan later. NWN! will put out the internetional version on both LP and CD format in the future but the differnt specification.







THINK AGAIN - A Dope Communication ep CD+DVD



* 本日水曜は定休日ですが、THINK AGAINの新作が到着しましたので、先ほどカートアップしました。受注メール返信対応は明日木曜日以降になります。







・THINK AGAIN - A Dope Communication ep CD+DVD 税込1,620円 (Bloodsucker)



サブ・ジャンルの壁を越えて多方面に出没し、今や東京ハードコア・パンク・シーンの起爆剤のような目の離せない存在感となっているTHINK AGAINの、Bloodsucker Recordsから発表した4曲入りCDです。2012年ヨーロッパ・ツアー時のライブ映像を収めたDVDとの2枚組セットで、ジャケットはBloodsucker Records / ORIGIN OF [M]のGuy氏によるデザインです。



伝統的なジャパニーズ・ハードコア、メロディック・パンク、エモコアなど、彼らのハードコア・サウンドの肥やしになったであろう全ての要素を凝縮しながら、最終的には日本人にしか出せない、情熱的で激しいブッチギリのレイジング・パンク・スラッシュで駆け抜けています。所謂ジャパコアと呼ばれる伝統的ハードコア・サウンドにのめり込むきっかけになったのが、このTHINK AGAINだった若者も多いことでしょう。

GOAT SEMEN - Ego Svm Satana CD



・GOAT SEMEN - Ego Svm Satana CD 税込1,944円 (Kvlt)



すみません、昨日アップ忘れてました!



ここ数年は自身のレーベル Austral Holocaust prod.の活動に専念していたErick Neyra率いるぺルヴィアン・デス・メタル GOAT SEMENが遂に本格的復活。アングラ・メタル業界では指名手配のような時期もあったErickの悪名が轟いていたせいで、リリースが少ないのに既にカルトな存在となっていますが、良く考えたら単独アルバムはコレが初となります。



日本のDeathrash Armageddonや、辺境の地メタル発掘レーベルのフランス Legion Of Deathがイチ早くこのバンドに目をつけて、デモやSplit EPがアンダーグラウンド・シーンで絶賛されました。2000年初頭はいずれの作品も非常に入手困難で、世界中の業界関係者やレーベルもこぞってバンドにコンタクトしましたが、Vo.のErick Neyraはそれをあざわらうかのように、リップオフの烙印を押されるほど不誠実に対応して、多くのレーベルやディストロを敵に回しました。その後、2010年代頃からようやくErickは各レーベル/ディストロとの問題をクリアにして、2013年に新作デモを発表して、GOAT SEMENのバンド活動を再開します。



SARCOFAGOが切り開いた南米ベスチャル・デス・ブラックを激烈に進化させた従来のスタイルと基本的には変わっていませんが、やはりこのバンドはセンスが違うのでしょう。Erickに痛い目にあわされたこともある者としてちょっと悔しい気もするけど、カッコいいです!!SARCOFAGOルーツのオールドスクールな曲調と、2000年代以降ブラック/デス・メタルのカオティックな激烈さを、嫌味ったらしくプログレッシブにすることなく、原始的に表現していて、文句なしの内容です。MORBOSIDADやBLASPHEMOPHAGHERなどのファンも必聴ですが、健在!とまではまだちょっと言えないけど、Erickのあの超ハイトーンも飛び出して、やっぱりこれはあのGOAT SEMENです!!

Black Metal Legions!!



・GONKULATOR / OLD PAGAN - Split LP 税込2,592円 (Bestial Burst)



ボストン・ハードコア・パンク・スラッシュ PSYCHOのドラマーであり、Ax/ction Records / Fudgeworthy RecordsオーナーのCharlie Infection氏率いるカルト・ブラック・メタル GONKULATORが、前作以来13年ぶりとなる超待望の新作を発表。90年代から活動を続けるジャーマン・ブラック・メタル OLD PAGANとのSplit LPで、GONKULATORの1stアルバム Satan's Burial Groundを2010年にカセット再発していた、流通極悪ブラック・メタル・レーベル Bestial Burst Recordsからの限定300枚リリースです。



GONKULATORは、信者にとっては10年以上待った甲斐があった雑黒野蛮鋼鉄が相変わらず最凶です。ノイズ・コアとブラック・メタルを融合し、極度にチューニングを落としてドゥーム・スラッジやグラインディングな形態で表現したようなサウンドだけど、グッシャリとブッ潰れたギターと弦ダラダラ状態のベースのせいで何やってるかわかんないノイズの壁の向こう側では、案外分かりやすい単純な曲を真剣にやってます。DISCHARGEのHell On Earthのカバーも、Charlie氏らしい選曲です。日本を代表するドゥーマーやノイズ・ミュージシャン、デス・メタル/グラインド・レーベルのオーナー氏など、当時からバンド関係者の極一部に熱狂的に支持される、リアル・カルト・ブラック・メタル・バンドの一つです。もちろん、BOYも引き続きHail toチャーリー&GONKULATOR!!!ですので、再生して最初は回転数がどっちが正しいのかわからなくて不安になるでしょうが(33回転で正解です)頑張って最後まで聴いてください。



OLD PAGANは、活動歴は長いけど一般的には特に人気もないバンドで、GONKULATORのSplit相手にふさわしい、こちらもリアル・カルトなブラック・メタルです。でもこのSplitで聴く限り、北欧のロウ・ブラック・メタル・ファンにはなかなかオススメのフリージング・メランコリック・ノイジー・ブラックが炸裂していて、SATANIC WARMASTERタイプが好きな人にオススメです。しかしこっちのOLD PAGAN面は、某アーカイブ・サイトでは39回転で再生、などというアホな補足説明があったので、やっぱりGONKULATORの対戦相手らしい連中なのかも知れません。もちろん、33回転でなんら違和感なく聴けます。







・MOONBLOOD - The Winter Falls Over The Land LP 税込2,484円 (Iron Bonehead prod.)



DEATHSPELL OMEGA, KATAHRSIS, MUTIILATIONなどとともに、90年代後期~2000年代のユーロ・アンダーグラウンド・カルト・ブラック・メタル・シーンを盛り上げたバンドの一つで、2013年にはFrom Hell LPx5枚組ボックス・セットでレア音源を遂に正規再発して、世界中の真性ブラック・メタル・ファンを熱狂させたジャーマン・ブラック・メタル・レジェンド MOONBLOODの95年デモが、Iron Boneheadから初LP化再発。リマスタリングされて、ホワイト・ビニールでのリリースです。もちろん、前述の5枚組LPボックスには収録されていません。



後に確立される荒涼とした旋律のたそがれ哀愁プリミティブなブラック・メタル・サウンドの核の部分を剥き出しにしたような、非常に凶暴性の高い音源で、ダイハードなカルト・ブラック・メタル・マニアには大変人気の高い初期MOONBLOODを代表する名作デモです。しかし、極限までぜい肉を落とした粗野で原始的なスタイルなのに、明らかに他者のフォロワー留まりなプリミティブ・ブラック・メタルとはセンスとスキルが違いすぎていて、このロウ&プリミティブなノイジー・サウンドからでも素晴らしい独創性を感じ取ることは充分にできます。カルト・ブラック・メタル・マニア以外の、全ロウ・ブラック・メタル・ファン必聴のキラー・デモ・クラシックです。







・MOONBLOOD - ...Of Lunar Passion And Sombre Blood CD 税込2,484円 (Misanthrophia Discos)



こちらはFrom Hell LPx5枚組ボックス・セットの目玉音源LPだった98年録音未発表ミックス Of Lunar Passion and Sombre Bloodを、同じくFrom Hell 5xLP BOXSETに含まれていた96年音源 Fullmoon Witchery 7" EPの2曲も追加して9曲入りでCD化したものです。Iron BoneheadとMOONBLOODによる一連の共同再発シリーズは、CDがメンバー自身のレーベルからのリリースで、以前に入荷したBlut & Krieg / Sob A Lua Do BodeのCDは早々にレーベルで完売して再入荷できませんでしたので、このCDもお買い逃しのないように注意してください。





Tracks 1-7 : Of Lunar Passion and Sombre Blood LP (98年録音未発表ミックス)

Tracks 8-9 : Fullmoon Witchery (96年録音)





サウンドはこれぞユーロ・ブラックな荒涼とした旋律のプリミティブ・ブラックメタルで、ザックリ分類すればSATANIC WARMASTERに代表される北欧ブラック・メタルの凍えるような悲哀メロディック・ノイジー・ブラック・メタル好きにもオススメできますが、MOONBLOODにはヨーロッパの田舎町のたそがれや牧歌的な旋律も感じさせて、フレンチ・ブラックの狂気&絶望とは微妙に違う哀愁が素晴らしいです。







・VASSAFOR / TEMPLE NIGHTSIDE - Split LP 税込2,484円 (Iron Bonehead prod.)



ex. DIOCLETIANで、BLASPHEMYにもライブでのサポート・メンバーとして参加しているVK氏によるニュージーランドのVASSAFORと、そして同じくVK氏が参加しているTEMPLE NIGHTSIDEによるSplit LPです。以前にVASSAFORとSINISTROUS DIABOLUSという組み合わせのSplit LPがありましたが、SINISTROUS DIABOLUSもVK氏が参加してるバンドだったので、どうもこの人は独りバトルロイヤルみたいなことが好きみたいです。しかし、今回VK氏は、TEMPLE NIGHTSIDEにはマスタリング・エンジニアとしてのみの参加みたいです。



まずはそろそろ当店でもおなじみになってきたVASSAFORなんですが、今回はかなり胃にズカズカ来るパワフルなlowデス・メタルでアグレッシブに迫ってきて、これがカッコいい!!VARATHRONの激渋カバーを披露してたSplit w/ SINISTROUS DIABOLUS以降、最近はちょっとエピックなドゥーム・デス要素が印象強くて、それもまた凄く渋かったけど、今回はDIOCLETIANスタイルのウォー・デス・メタルを、VASSAFORならではのドス黒さで激烈に叩きつけています。



対するTEMPLE NIGHTSIDEも今回は不穏さが増幅していて、ENCOFFINATION系のドローン要素も呑み込んだようなINCANTATION影響下冒涜暗黒デス・メタル・ナンバー2曲を披露しています。確かANTEDILUVIANとのSplitが良い印象だったけど、こういうバンドは単独フルでアルバム作ると、オーバープロデュースに走って昨今のサウンドスケープ・メタル・トレンドすれすれになっちゃうきらいがあるので、このSplitのように極悪に決めてくれる方が個人的には絶対いいです。ENCOFFINATION, FATHER BEFOULED, VASAELETHファンにはかなりオススメの内容デス!!







・SPEAR OF LONGINUS - The Yoga of National Socialism DIGIPACK CD 税込1,728円 (Darker Than Black)



LUSTRATIONにも在籍したCamazotz氏が率いるオーストラリアのブラック・メタル・バンドの、2002年2ndアルバムがDarker Than BlackからデジパックCDで再発。



手に入れれば世界を制する力が与えられるとされ、数々の歴史上の英雄や征服者達の元を渡り歩いた伝説の聖槍をバンド名にしているように、キリスト教社会で生活してない私達日本人には、ちょっと馴染みにくい思想をテーマとしたブラック・メタルです。サウンドは、前身バンドのEQUIMANTHORNから深化したロウ・ノイジー・ブラック・メタルと、同じオーストラリアのCAULDRON BLACK RAMにも通じる神話をコンセプトしたようなミステリアスな曲調の2面性があって、この作品は特に後者の神話コンセプトのミステリアスな呪術的ブラック要素の強い作風です。Darker Than Blackからの再発と言うこともあって、ちょっとABSURDの土着的フォークみたいに感じる部分もあります。CAULDRON BLACK RAMや、メキシコのXIBALBAなんかが好きな人にオススメです。







・SWAMP - Underground Manifesto LP 税込2,484円 (Stygian Black Hand)



Electric Assault Recordsからのブラック/デス・メタル・オムニバス Evil Spells Vol.1に参加してたギリシャのバンドの、2014年発表1stアルバムの限定300枚アナログ盤です。MYSTIFIERのBeelzeebubth氏が歌詞を提供して、VARATHRONのStefan Necroabyssious氏がゲストVo.で参加してるという、かなり豪華な人脈を駆使した1stアルバムとなっています。



構成するパーツは変則デスラッシュ・リフを多様しながらも、サタニックなブラック風味を漂わせる、かなりデス・メタル風味の鈍さが強いブラック・スラッシュ・メタルです。KREATORやVADERのような曲調を、スラッシュの切れ味は強調せずにプリミティブに叩き出すスタイルは、NIFELHEIM系統のユーロ・ブラック・スピード・メタルと、コロンビアやペルーあたりの鈍い南米デスラッシュの中間のような感じもあって、Iron PegasusやIron Boneheadリリースの南米ブラッケンド・デスラッシュ・メタル好きにおすすめデス!!

Scandinavian Metal Jawbreakers!!



・NIFELHEIM - Satanatas 12" 税込3,996円 (TPL)



Regain Recordsにクビを切られた、と思ってたら、Regain自体がせっぱつまってたみたいで結局廃業してしまいましたが、NIFELHEIMもTyrant & Hellbutcher以外は全てメンバーが入れ替わって、いよいよ彼らもNIFELHEIM イコール Tyrant & Hellbutcherプラスα、といった形態にする方向で腹を決めたようです。ここ最近のラインナップは、ハンガリアンTORMENTORのギタリスト Tamas Buday氏を迎え入れたことでも話題を呼んでいます。ドラマーはex. NECROMANCYで現DIE HARDのEric Ljung氏。あと、このレコードのBestial Ritesという曲でベースを弾いてるのは、Scandinavian Metal AttackオムニバスのBATHORYでベースを担当したFrederick Melanderなる人物です。この2014年末発表のMLPは、大手レーベルとは契約せず、地元の老舗レーベル&ショップのTPL Recordsからのリリースで、ライブ会場販売オンリーで流通には乗せていませんが、TPL Recordsに交渉して、今回は特別に複数枚仕入れることで了承をもらいました。ジャケ掲載のデータを見るとイントロ含む8曲入りのようなクレジットだけど、実はB面はA面収録曲の逆回転バージョンですので、正味イントロ+3曲の内容です。こういったジョークからも、地元の馴染みのレーベルに作ってもらった、自主リリースEPの延長のような色合いの濃いレコードです。



しかも内容が今までのNIFELHEIMとちょっと違った感触が強いので、ダイハードなファンで動揺を隠せない人もチラホラいるようです。NIFELHEIM特有の、あのスピード・メタルでもブラック・メタルでも、どっちに転んでも実に中途半端で、しかし最凶に個性的な鈍さが持ち味だったNIFELHEIM節が後退して、BATHORY直系北欧イーヴィル・ブラック・スラッシュがかなり切れ味良く、且つノイジーに爆発しています。これは、過去のNIFELHEIMに愛着がない人には、まったく問題ないカッコよさでしょう!!正直、自分はそのタイプですので、このNIFELHEIMも全然OKです。これ聴いて、以前のNIFELHEIMを継承してるのは、やっぱり今はNECROCURSEなんだと実感しました。とりあえず、NIFEHEIM信者は逃して後から泣かないようにしてください。あと、北欧ブラック・スラッシュ・メタルが好きならチャレンジし甲斐のある内容だと思います。







・JUMALATION - The Church of Isaac CD 税込1,944円 (Metal Warning)



MAGNESIUMのCDやフィンランド・ハードコア・パンク MASSACREのCDボックスセットなども出していたMetal Warningからリリースされた、フィンランド・スラッシュ・メタルの1stアルバムCDです。元々2011年にCDRで発表して入手不可能な状態だったものが、今回はプレスCDで再発されました。MAGNESIUMとMASSACREを同じレーベルで出してしまうMetal Warningの人脈にはちょっと興味深いものがありますが、実はこのJUMALATIONもサウンドは怒涛のピュア・オールドスクール・スラッシュ・メタルながら、ギター2人とVo.は日本のハードコア・パンク・ファンにもおなじみのフィンランド産ブラジルish Ataqueスラッシュ・コア FORCA MACABRAメンバーで、再生前から期待に胸がふくらむバンドです。



そしてこれがまた凄まじい獰猛スラッシュで文句なし!!DEATHROW好きの大阪メタル業界人の間でも以前から話題になっていたのも十分納得の内容で、DEATHROW型リフで直進するゴリゴリのジャーマン・スタイルですが、1曲目の構成とブレイク部分などからもちょっと感じさせるDarkness Descends時代のDARK ANGEL要素も随所に盛り込んでますし、進行していくとあちらこちらにどっかで聴いたようなリフやフレーズが顔を出してきて、このへんはいかにもFORCA MACABRAの連中がやってるトータル80'sスラッシュ・メタル・ウォーシップな感覚です。ラストにSACRILEGEのLife Lineカバーをやってまして、そこでは誰かわかりませんが女性Vo.を迎えてちゃんとSACRILEGEらしくまとめてます。でも、このカバーは正直いらないかな。本編がとにかく激烈すぎます。DEATHROW, DARK ANGEL, DARKNESS, ASSASSIN, etcのゴリゴリ・スラッシュ・メタル・ファン必聴&首骨ムチ打ち必至のスカル・スマッシング・サウンドです!!







・PYOVELI - The New Renaissance of Speed & Thrash Metal LP 税込2,808円 (Bestial Burst)



待望のヴィニール化!!!!!



スラッシュ/ブラック系を中心に、愛すべきナイス・キャラクターなクサレ・メタル・バンドをリリースする一方、SAURON, DEATHHAMMER, SALUTEなど、当店でも大好評のグレート・バンドも輩出してきた、"現代のNew Renaissance Records" とBOYでは捉えて勝手に応援しているレーベル Witches Brew Recordsの看板バンドと言っても過言ではない現代バカ・カルト・メタル最高峰 フィンランドのPYOVELIの2005年1stアルバムが、母国フィンランドの流通極悪ブラック・メタル・レーベルから遂にLPもリリースされました。けっこう前からLPが出るとメンバーはアナウンスしてましたが、別に誰にも話題にしてもらうこともなく、自分もすっかりそんな情報忘れてましたが、我が愛すべきボストン・スカム・ノイズ・ドラマー Charlie Infection氏率いるGONKULATORの新作Splitを出した地下レーベル Bestial Burstからのリリースだったことに気付いて、張り切ってオーダーしてしまいました。



アルバム・タイトルと、ジャケに堂々と登場する、英チャールズ皇太子がパッチGジャンを着たようなルックスからして既に何かとてつもないモノを聴く前から予感させるハズです。そして飛び出すサウンドは予想通りのプリミティブ・ロウ・スラッシュでグレート!!グレートと言っても世間一般的な賞賛ではもちろんなく、ポンコツなスラッシュ・メタルが聴きたい人には申し分ないという意味でグレートです。SODOMのObsessed By CrueltyがCogumeloからリリースされたような、ロウ・デストロイ・スラッシュのオンパレードで最高すぎます!!!特にドラムは確信犯で、おサルのおもちゃみたいなトットコトットコした軽高音が混ざるタム回しがケッサクです。ウィッチハンターがおもちゃのタイコたたいてるみたいです。あんまりギャグっぽく言い過ぎると敬遠されるかもしれないのでこのへんまでにしておきますが、突撃!!と言うよりは激突!!と言いたい原始的スラッシュ・メタルの究極です。このLPはホントうれしい!!!







・RANGER - Where Evil Dwells CD 税込2,160円 (Spinefarm)



日本でも人気急上昇中のフィンランド・スピード・メタル RANGERがSpinefarmと契約して発表した2015年7曲入りフル・アルバムCDです。Spinefarmって言ったら、今のBOY商品で関わってくるところだとBEHERITくらいなのであまりピンと来ませんが、メタルの盛んな北欧の中でも各サブ・ジャンルで突出したバンドを生み出すフィンランドのシーン随一のレーベルですので、このRANGERもいよいよフィンランドを代表するへヴィメタル・バンドの仲間入りを果たすべく意気込みを感じさせる入魂のアルバムに仕上がっています。



のっけからRANGER節炸裂のスピード・メタル・チューンでスタートしますが、再生した瞬間に過去作品とは感触がかなり違うのがわかります。Shock Skull EPまで在籍したツイン・ギターの片割れ Jaakko氏 (SPEEDTRAP, ex. SWALLOWED)も脱退して、オリジナル・メンバーで残ってるのはベースのDimi氏とドラムのMiko氏のみとなっての初作品ですので、この変化は致し方ないとは思いますが、ラストまで聴くと、サウンドはクリーンになっても、RANGERのへヴィメタル・スピリッツは変わってないのがヒシヒシと伝わってくる内容です。4曲目あたりで、「あぁ・・・、遂にRANGERもNWOTHM症候群に呑み込まれたか・・・」と思いそうになった(そのテのスタイルとしてはバツグンのカッコよさでしょう)けど、続く5曲目のドラマチックな展開と熱血の鋼鉄リフは、RANGERの正統派へヴィメタルとしての側面を検証するうえで欠かせないIRON MAIDEN影響下の80'sパワー・メタル的で、しかもスピード・アップして最高潮に盛り上がる後半のスピード・メタル・パートのテクニカルなツイン・ギターは、まるでHOLY TERRORやPARADOXのようで絶品すぎる!!さらに続く10分超の大作でもメイデン型80'sスピード・メタルのお手本のように畳み掛ける展開で、そしてラストのStorm of PowerもRANGER節と言い切ってしまいたい、迷いのない一直線刻みのWHIPLASH型スピード・メタル全開です。この曲はビデオ・クリップも制作されていて、こういう曲を重要視してる限り、また汚い音のロウ・スピード・メタル作品をいつ作ってもおかしくありません。

True Thrash Fest!!



・DREADED MORTUARY - Vulgar Way To Die CD 税込2,160円 (Rock Stakk)



True Thrash Fest 2013出演で来日もしているフィリピン出身女性Vo.スラッシュ・メタルの新作CDが、大阪のRock Stakk Recordsからリリース。



かなり速い刻みで直線的に突き進むスラッシュ・リフと、単調にならずに起伏をつけてダイナミックに展開する、なかなか潔い猛速スラッシュ・メタルです。昨今のパーティー・スラッシュよりも、ポリティカルな雰囲気を持っていた80年代後期のスラッシュ・メタルにも似た雰囲気と感じるのは、この実直な熱血シャウトの女性のもたらす効果でしょうか。そしてこのVo.が、ちょっとチトセさんにも似た声と言葉の乗せ方で、これは伝説の東京スラッシュ・メタル the WRETCHEDを思い出さずにはいられない!!日本人にとっても、なんだか懐かしい雰囲気のあるスラッシュ・メタルです。







・V.A. - True Thrash Fest 2014 CD 税込2,500円 (Rock Stakk)



恒例の大阪スラッシュ・メタル・フェスの2014年ライブから抜粋したライブ・コンピレーションCDです。DVDパッケージに収納された、限定500枚リリース。POSSESSEDは往年の名曲3連発で燃えます!!





RIVERGE(1曲)

DEFLOCK(2曲)

BUTCHER ABC(2曲)

JURASSIC JADE(1曲)

REMAINS(1曲)

NUCLEAR WARFARE(2曲)

AT WAR(3曲)

EVIL INVADERS(2曲)

POSSESSED(3曲)
02 | 2015/03 | 04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR