RECORD BOY

RANGER - Skull Splitting Metal! CD



・RANGER - Skull Splitting Metal! CD 税込2,160円 (Ektro)



たくさんのお問い合わせとご予約もいただいてましたRANGERのディスコグラフィーCDが到着しました!!サンプル聴いて一撃ノックアウトを食らい、Combat Metalデモのジャパニーズ・エディションの販売を当店からかって出て大プッシュしたフィンランド・スピード・メタル・バンドで、今まで入荷させることができたCombat Metalデモ, Knights of Darkness 1st MLP, Shock Skull 7”の各作品での盛り上がりを、遂にCDでも体験していただけます。その3作品はもちろん、未入荷だった最初期2種デモと名曲Touch of Deathの未発表バージョンも収録した、完璧な初期音源コレクションCD!!





Tracks 1-2 : Shock Skull 7"EP (2014年)

Tracks 3-7 : Knights of Darkness MLP (2013年)

Tracks 8-10 : Combat Metal DEMO (2013年)

Track 11 : Touch of Death 2012年未発表デモ・テイク

Tracks 12-14 : Metal Gear DEMO (2012年)

Tracks 15-16 : Enter the Zone DEMO (2009年)





猛速スピード・メタル版BATHORYのような必殺の名曲 Touch of Deathに代表されるように、ヘヴィメタル土台が強固なスピード・メタルとスラッシュの理想的な融合を実践しているバンドで、衝撃的なまでのカッコよさだった再傑作デモ Combat Metalでは、WHIPLASHの1stミーツKREATORの2ndみたい、なんて言って大プッシュしてきました。HALLOW'S EVEやSAVAGE GRACEみたいなメイデン型パワー/スピード・メタル・ナンバーもふんだんに盛り込まれたKnights of Darkness 1st MLPは、スラッシャーのみならず正統派メタル・ヘッズをも唸らせる緊張感あふれる構成に脱帽。そしてこのCDの目玉音源でもある最初期のデモはやはり荒削りながら、デストラクティブなジャーマン・スタイルのスラッシュ・メタルを求めるヘッドバンガーには最も発狂できる音源でしょう。革ジャン&スリム・ジーンズ、そしてバッシューのスラッシュ・ファッションもカッコいいし、BOYにとってはやはり2010年代のスピード/スラッシュ・メタル最高峰バンドの一つです!!!

Necro Metal!!



・KRATHERION - Mantra Lucifer Flagelantes CD 税込1,620円 (Old Temple)



AMMIT, SENDEROS DEL MAL, SLAUGHTBBATHメンバーらによる南米チリのブラック・デス・メタル KRATHERIONの新作2ndアルバムです。新作と言っても2013年に現地の流通激悪レーベルからひっそり出ていたものを、2014年にポーランドのレーベルが再発したもので、ようやく真っ当に流通してくれました。ハンド・ナンバリング入りです。



AMMITやSENDEROS DEL MALと同様に、VENOMやSODOMの精神を南米流に表現したようなプリミティブ・ブラックが特徴だったバンドですが、この作品ではFORCE OF DARKNESS的なオールドスクール・デスラッシュ・テイストや、MORBOSIDADのようなraw warベスチャル系の激烈さ、さらにスペイン語Vo.の語感を強調したブラスト・デス・メタル・ナンバーではThugrindなチンピラ臭さも増しながら、しかも各パートがテクもかなりのものなので、非常に個性的な独特の南米ブラック・デス・メタル作品に仕上がっています。LA~メキシコのグラインドやパワー・バイオレンスのようなチンピラ臭さと、VENOMルーツのプリミティブなブラック・メタルの融合というのも、斬新かも知れません。前とけっこう雰囲気変わりましたが、相変わらずに凶劣なバンドです!!







・NECROMUTILATOR - Eucharistic Mutilations CD 税込2,160円 (Terror From Hell)



2014年のNIFELHEIM & VULCANOツアーでのイタリア公演でサポートも務めた期待の新鋭イタリアン・ブラック・スラッシュ・メタル・バンド NECROMUTILATORの1stアルバムです。



イタリアン・ブラック・スラッシュの特徴であり魅力となっているパンキッシュなドライブ感も備えたネクロ・スラッシュで、NECROMESSIAHのファンなどは絶対にチェックしていただきたい作品です。しかしハードコアな疾走感だけでなく、BLASPHEMOPHAGHERのようなオールドスクール・デスラッシュ的なキャッチーさもありますので、これはもうちょっと流通の良いレーベルから出てれば、日本でかなり人気が出るタイプではないでしょうか!!要注目デス。







・BESTIAL EVIL - Reborn in Bestiality 7" 税込1,296円 (Blasphemous Art prod.)



Blasphemous Art prod.オーナーのNecrogoat氏と、活動休止中のBLASPHEMOPHAGHERの中心人物である Necrovomitterror氏(レミーひげの奴)とR.R. Bastard氏(スキンヘッドの奴)らによるイタリアン・デス・ブラック・メタルのデビュー作となる限定250枚1st 7"です。BATHORYカバー含む4曲入り。



黒くひずんだマーシレスなベスチャル・デス・ブラック・メタルで、BATHORYカバー以外のオリジナル3曲で判断すると、BLASPHEMOPHAGHERよりもBLASPHEMY直系スタイルのraw war系に近い雰囲気です。しかしリフ・ワークや構成、そしてNecrogoat氏のドラミングもカッチリ決まっているので骨格が非常にしっかりしていて、カオティックにとっ散らかったりしてなく、まるで初期NUCLEARHAMMERのようなカッコよさ!!VONウォーシップなバンド好きにはぜひチェックしておいてほしいデビューEPです。これはBATHORYカバーは要らなかったですね。

Witches Brew Records!!



PYOVELIやDEVIL LEE ROT, etc,スラッシュ/ブラック系を中心に、愛すべきナイス・キャラクターなクサレ・メタル・バンドをリリースする一方、SAURON, DEATHHAMMER, SALUTEなど、当店でも大好評のグレート・バンドも輩出している、"現代のNew Renaissance Records" とBOYでは捉えて勝手に応援しているレーベル Witches Brew Recordsの新作リリースが2種到着しました。



* 明日水曜は定休日ですので、受注メール対応は木曜日以降になります。









・SABOTER - S/T CD 税込1,620円 (Witches Brew)



ギリシャ出身パワー・メタル・バンドのデビュー作品となる5曲入りCDです。限定700枚ナンバリング入りです。



長髪メンバーが1人もいなくて「モダンなヤツか?」と不安にさせられますが、ところがこれが現代に於いては地味と捉えられかねないくらい硬派なオールドスクール・へヴィメタルで、スラッシュの硬質なサウンドで正統派メタルを熱く演奏するスタイルは、MELIAH RAGE, REVEREND, SANCTUARY, etcの感触の80年代アメリカン・パワー・メタル好きにはぜひチェックしておいていただきたいバンドです。個性的な面々が揃ったWitches Brewリリースを集めてる人にもスルーしてほしくない、ひたむきさを一番のセールス・ポイントとしたい好印象メタルです!!







・HILLBILLY REVENGE / HUMAN SLAUGHTER - Hillbilly Slaughter SPLIT CD 税込1,836円 (Witches Brew)



ギリシャ出身クロスオーバー・スラッシュ2バンドによるSplit CDです。フォールド・ジャケが各バンド1枚ずつあって計2枚、つまり写真や歌詞などのデータを掲載したジャケが各バンドごと単独で作られていて、そしてケースに入れるとジャケの表面になるべき"HILLBILLY SLAUGHTER"と書かれたシートも入ってます。うまく説明できてないので、写真を見てご理解ください。限定700枚ナンバリング入りです。



HILLBILLY REVENGEはパーティー・スラッシュ的なアティチュードですが曲調はファニーではなく、しかもテクが大変しっかりしてるので、オープニングの正統派スラッシュ・メタル・インストに反応してしまったなら、ベイエリア・スラッシュ系のピュア・スラッシュ・メタル好きも最後まで楽しめると思います。HUMAN SLAUGHTERもほぼ同じスタイルで演奏も安定してますが、こっちはパーティー・スラッシュ的なチャラさではなく、ポリティカル・ハードコアのような直線的クロスオーバー・スラッシュで、R.D.P.やLOBOTOMIAなどのファンにオススメ!!

Metal Hard!!Thrash Free!!





・BARBATOS - Let's Fucking Die! CD 税込1,620円 (Area Death prod.)



ABIGAILのYasuyuki氏によるパンクメタル・スラッシュ・プロジェクトの、2006年にオランダのFrom Beyondから発表した3rdアルバムが、1st, 2ndに続いてArea Deathから待望の再発。From Beyondが今は活動していないため、長らく廃盤状態でした。デザインは変わってますが、オリジナルのポルノ・ジャケに敬意を表したようなジャケ・ブックレットになっています。Yasuyuki氏の日本語ライナー・ノートも掲載。さらに今回のボーナス・トラックは、2013年9月のカナダでのライブ10曲と、そしてSplit 7"EP用に2010年に録音していた未発表スタジオ録音新曲2曲!!全28曲入りで帯付きです。



ABIGAILでプレイするにはパンクすぎるため始めたBARBATOSの作品の中でも、このアルバムはほぼ全てYasuyuki氏が独りで録音してるので、ロウ&ダーティーなサウンドも魅力の一つとなっています。今も人気の高い名曲も多く、あの、My Girlfriend with Other Guyも収録。DISCHARGEタイプの曲やRAMONESスタイルの曲など、いずれもシンプルながらバラエティーある構成で、未発表新曲のウルトラ・キャッチーなナンバーもBARBATOSならではです。当時はSUPERCHARGERやTHE HELLACOPTERSなどのパンクを良く聴いていたという、Yasuyuki氏のセルフ・ライナー・ノートもとても面白いので必読です!!







・WHIPSTRIKER - Seven Inches of Hell CD 税込1,944円 (Dying Victims prod.)



おなじみブラジリアン・メタル・パンクの7"EP音源をまとめた26曲入りCDが、ドイツのDying Victims prod.からリリース。10曲目はTribute to Venom LP提供曲のようです。





"Black Rose Killz" EP

1. Her Fire, Hell Fire

2. Cruel Savagery

3. Balck Rose Killz



Four Way Split w/ NUCLEAR FROST, INFAMOUS GLORY, STENCH OF DEATH

4. Viver E Morrer No Subterraneo



Split w/ SLAUGHTER COMMANDO

5. Queen Of The Iron Whip



Split w/ APOKALYPTIC RAIDS

6. Denied Messiah

7. Seeds Of Torments



Split w/ BULLDOZING BASTARD

8. Born To Spread The Mayhemic Loudness



Split w/ EXTIRPATION

9. Start The Warcollapse



Tribute to VENOM LP

10. Stand Up And Be Counted



Split w/ SKULL AND BULLETS

11. Burried Alive

12. Worshippers Of Death



Split w/ GERM BOMB

13. Bombstorm

14. Outlaw Rules



Split w/ IRON FIST

15. The Excess

16. Loudman

17. Dead On Arrival



Split w/ LOS REZIOS

18. Cop's Victim

19. No Surrender, No Surrender



20. Dead Future



"Never Leave This War" EP

21. Fast Rape Before The War

22. Skill To Destroy

23. Never Leave This War

24. Ripping Corpses In The Way



25. Sweet Torment

26. Anguish Of War





初期からメタル・パンクという姿勢は一貫してるけど、やはりこうして聴いてみると初期と現在のクォリティーは雲泥の差があるだけでなく、けっこうスラッシュなドカドカなナンバーもやってたのが意外です。あと、ジャケ・ブックレットには各EPのジャケも掲載してまして、BOYではほとんど入荷してなかったのも改めて実感しました。







・BULLDOZING BASTARD / WHIPSTRIKER - Split TAPE 税込972円 (Dying Victims prod.)



1stアルバムが大好評だったジャーマン・スピード・メタル BULLDOZING BASTARDと、おなじみブラジリアン・メタル・パンク WHIPSTRIKERによるSplitカセットです。Evil Spell Recordsから7"バージョンが先に出ていましたが、このDying Victims prod.からのカセット・バージョンは、VENOMなどのカバー・ソングを両バンドとも多数追加した全10曲入りカセット・アルバムとなっています。





Side A

1. BULLDOZING BASTARD - Motorized Metal

2. BULLDOZING BASTARD - Whitechapel Ripper

3. BULLDOZING BASTARD - Die Hard (VENOM カバー)

4. BULLDOZING BASTARD - Whiskey Time (BULLDOZER カバー)

5. BULLDOZING BASTARD - Let the Blood Run Red (THOR カバー)



Side B

6. WHIPSTRIKER - Born to Spread the Mayhemic Loudness

7. WHIPSTRIKER - Angel Dust (VENOM カバー)

8. WHIPSTRIKER - Armageddon (BATHORY カバー)

9. WHIPSTRIKER - The Impaler (APOKALYPTIC RAIDS カバー)

10. WHIPSTRIKER - Infernal Tempest (WARHAMMER カバー)





BULLDOZING BASTARDは今回も荒くれドランク・スピード・メタルが炸裂していて、バイオレンス・テイストは傑作1stアルバム以上かも知れません。熱血スラッシュ・リフは後退させてますが、Split相手のWHIPSSTRIKERのお株を奪うWARFAREウォーシップなドライビン・パンキッシュ・スピード・メタルが痛快で、Die Hardのカバーもかなりハマってます。オリジナル・ナンバー Whitechapel Ripperの後半はSALUTEそっくり!!この極悪っぷりは、パンク・アプローチを強めているスウェディッシュGEHENNAHやジャーマンBLLIZARDの極悪諸先輩復活組もたじろぐほどではないでしょうか。WHIPSTRIKERは、安易なmotorchargedスタイルから脱してから本当に良くなってきてると思います。今回も中心メンバーのWhipstriker氏が在籍するATOMIC ROAR譲りのWARFARE直系メタル・パンク・ナンバーを披露していて、Angel Dustのカバーも上手いことやっています。VENOMカバーでも、これだけ両者違った表現方法になってるのは面白いし、どっちのバンドも自身の特徴をしっかり理解したうえで演奏してるのが良いと思います。







・PROMISCUITY - Basic Instinct TAPE 税込756円 (Dying Victims prod.)



Me Saco Un Ojo, Dark Descentからの1stリリースが素晴らしかったデス・メタル・バンド KEVERのギターVo.がやってるイスラエルのメタル・パンクが、2013年にCDで自主リリースしていた4曲入りEPを、ドイツのDying Victims prod.がカセットで再発したものです。



KEVERのデビュー作は大穴ヒットだったのでこれも期待していましたが、思ってたのとは違っていまして、ドランクなパンク・スラッシュ・メタルです。BATHORYの影響が強かった初期TOXIC HOLOCAUSTタイプのパンキッシュ・ドライビング・スラッシュは、メキシコのROTTENなどのファンにオススメできるポンコチック・パンク・メタルです。CELTIC FROSTカバーがとても不愉快なアレンジでやっていて、なまじデス・メタルもプレイできるメンバーがいても、全体の技量とセンスのバランスが成ってないと最悪な結果を産んでしまう典型的なカバーとなっています。あー、気持ち悪い、このカバー!!







・CHOKE THIRST DIE - Demonstration Desolation TAPE 税込972円 (Dying Victims prod.)



既に解散しているドイツのブラック・スピード・メタル・バンドが残した唯一の音源だった2008年デモをDying Victims prod.が再発。来日経験もあるハードコア・パンク・バンド BURIALの元メンバーで、現在はドゥーム・スラッジ・メタル・バンド NIGHTSLUGもやってる人がベース&Vo.で参加していたバンドです。この人はBURIALやってる頃からMIDNIGHTが大好きだった印象が強かった人ですが、これは世界中にゴマンと居るMIDNIGHTウォーシップ・バンドの中では、かなり良い内容の隠れたヒット作で、Iron Boneheadがリリースする予定もあったそうです。



MIDNIGHTの雰囲気だけ真似て、BATHORYやCELTIC FROST系のドライブ感をドランクに演奏したような薄っぺらいブラック・スピード・パンク・メタルなどではなくて、ゴロンゴロンしたlowなベースを柱にしてデス・メタリックに疾走するところなどは、BASTARD PRISETとMIDNIGHTのミックスみたいな感じもあってカッコいいです。2曲目の超VENOMなナンバーや、初期SLAYER的スピード・メタル風ドライビンな4曲目など、スラッシュ・ファンも楽しめる箇所も多いです。このテのバンドで期待できるのはほとんど居なかっただけに、解散がちょっと惜しいバンドです。







・POWER TRIP - Manifest Decimation LP 税込2,376円 / CD 税込1,944円 (Southern Lord)



ETERNAL CHAMPION, HATRED SURGE, etcのメンバーが在籍するUSテキサス出身クロスオーバー・スラッシュ・メタルの2013年1stアルバムです。発表当初からスラッシュ・メタルとハードコア双方のシーンで大絶賛されていてウワサは耳にしていましたが、遅ればせながら当店は初入荷になります。



80年代のハードコア界隈からはオーバー・プロデュースと嫌われた、あの独特のダイナミックなサウンドが現代では逆に実にレトロな雰囲気を醸し出していて、CRO-MAGSの2ndやLEEWAYの1stみたいな感触です。曲調と演奏は気迫のこもった熱血スラッシュで、これがまるでCRO-MAGSの2ndからエモーショナルなメロディーを除いて直線的疾走ナンバーを連射してるようで、なるほどNYHC寄りオッサン・クロスオーバー・スラッシャーも燃えてくるようなカッコよさです!!ちなみにドラムの人は、VAASKAなどにも参加するハードコア・パンク・シーンでも広く活躍してる人です。







・CADAVERIC POISON - Fight for Evil 7" 税込1,080円 (Dying Victims prod.)



老いてますます盛んと言った感じで精力的に活動するPaul Speckmann氏 (MASTER, DEATH STRIKE, etc)が、またしても新たなプロジェクトを始動。今度は日本でもファンの多いジャーマン・スラッシュ・メタル WITCHBURNERのメンバー2人を従えてのデスラッシュ・メタルで、これがデビュー音源となります。



MASTERもDEATH STRIKEも、エクストリーム・メタルの原点となったMOTORHEADとBLACK SABBATHの2大巨頭の要素を強くアピールしたデス・メタルですが、このCADAVERIC POISONでSpeckmann氏が表現するサウンドも、MOTORHEAD的ドライブ感が特徴です。重厚な感触とSpeckmann氏のVo.がデス・メタルそのもののような感じなので、言うまでもなくMASTER / DEATH STRIKEファンは必聴だけど、B面の曲なんかは、もうちょっとSLAYERルーツのスウェディッシュ・デス・メタルの疾走感に近いような気がしますので、TORMENTEDなどのファンにもおすすめデス!!







・IRON FORCE - Dungeon Breaker CD 税込1,944円 (Dying Victims prod.)



1stアルバムと7"がカッコ良かったデス・メタル・バンド MUTANT SUPREMACYのメンバーが在籍するNY出身スラッシュ・メタルの5曲入り1st CDです。NIFELHEIMがARES KINGDOMと今年3月に行うNYでのライブに出演も決まっているバンドで、本作の痛快な内容とともに、注目度の高まってるバンドです。



デス・メタル・バンドのメンバーがいることが良い方向に作用している理想的なスラッシュですが、これは確実にハードコアからのインスパイアも多分にある(一応、ウラもとってるので的外れな推測ではないはずです)激烈スラッシュです。WHIPLASHやHOLY TERROR系のスピード・メタル基盤の熱血リフと直線的な疾走感を、DARK ANGELのような凄まじいゴリ押しパワーで爆発させていて、このパワーはかなり凄まじい!!昨今のノルウェー・スラッシュにも通じるWHIPLASH型リフ・ワークも多くて、ジャーマン・スラッシュの猪突猛進型と違う大味さは、やはりこのアメリカンならではの馬力ではないでしょうか。ゴリゴリなスラッシュが好きな人は絶対にチェックです!!







・CONDOR / TOXIK DEATH - Split 7" 税込1,080円 (Dying Victims prod.)



1stアルバムが入荷していたTOXIK DEATHと、MION'S HILL, MABUSE, etcのメンバーらによるコルボン・スラッシャーズ・ユニオン若手構成員 CONDORによる、ノルウェー・スラッシュ・メタルSplit 7"です。



CONDORは近年盛り上がるノルウェー・オールド・スクール・スラッシュらしいスタイルで、これを聴けば2010年代型ノルウェー・スラッシュの特徴がだいたいわかるようなサウンドです。SLAYERやPOSSESSEDに代表されるミュートしない邪悪音階とDESTRUCTIONスタイルの指数の多いテクニカルの中間のようなリフ・ワークを、整合感のある直線的スラッシュに乗せて、WHIPLASHにも通じるスピード・メタリックなスラッシュに仕上げています。TOXIK DEATHはよりロウ&ノイジーなサウンドが魅力で、WHIPLASHと初期KREATORの中間のような質感は、Vo.も似てるせいか、やはり同じくノルウェーのDEATHHAMMERに近いダーティーさです。どっちもノルウェー・スラッシュ好きなら絶対に間違いなしの内容!!







・WITCHTRAP - Dark Millenium TAPE 税込756円 (Dying Victims prod.)



2000年代初期に日本での大ブレークをきっかけにして世界中で旋風を巻き起こしたコロンビアン・スラッシュ・メタル WITCHTRAPの、限定500枚CDで2013年にバンドが自主リリースした6曲入りミニ・アルバムが、ドイツのDying Victims prod.からカセットで再発。前半の3曲はWITCHTRAPの前身バンドとして90年代初頭にやっていた幻のバンド DARK MILLENIUMの2013年再録バージョンで、後半3曲は現行コロンビアン・スラッシュ・メタル・シーンをともに支える盟友バンドのカバーとなっています。





1. Serial Aggressor (DARK MILLENIUM / pre. WITCHTRAP セルフ・カバー)

2. Death Pain (DARK MILLENIUM / pre. WITCHTRAP セルフ・カバー)

3. Dark Millenium (DARK MILLENIUM / pre. WITCHTRAP セルフ・カバー)

4. Thrash Metal Attack (SAVAGE AGGRESSION カバー)

5. Vestigios de Guerra (DIRGES カバー)

6. Epitafio (Grito sepulcral) (SOBIBOR カバー)





DESTRUCTION直系のリフ・ワークで疾走するスタイルが日本のヘッドバンガーズに熱狂的に支持されていた初期のWITCHTRAPですが、DARK MILLENIUMの曲調はもっとダークネスを強調したサウンドです。しかしデス/ブラック・メタルのようなエクストリームな手法でないところが実にpre. WITCHTRAPらしくて、抑揚のないダークなスピード・メタルを淡々と演奏する様は、恐らく初期SLAYERの影響が強かったのでは?と思います。Heavy Artilleryからのリリースが地味だったけど渋かったPHANTOMWITCHみたいなスピード・メタルが好きな人にもオススメですし、WITCHTRAPファンももちろん興味深く堪能できるセルフ・カバーでしょう。後半の3曲は、オリジナルのバンドがいずれも当店でも入荷していたのでお馴染みかと思いますが、WITCHTRAPがやるとやはり西独スラッシュっぽさが倍増するのが面白いです。







・SPEEDBREAKER - Built for Speed DIGIPACK CD 税込1,944円 (Dying Victims prod.)



IRON CURTAINとSplit 7"をリリースしていたジャーマン・へヴィメタル・バンドの1stアルバム・デジパックCDです。Split 7"をリリースする以前からデモが日本でもマニアックなメタル・ファンに好評だったバンドで、当店でもチャレンジしようと試みましたが全く話が進まないレーベルからのリリースだったので、BOYにとっては念願の初入荷バンドです。



IRON MAIDEN的なギター・ハーモニーをふんだんに盛り込みながら疾走するスピード・メタルで、RAVENやJAGUARっぽいテクニカル・リフでスピード・メタル調に疾走するナンバーが中心だけど、このバンドの特長と魅力はヨーロピアンならではのクサレた感覚と、SUPERCHRIST周辺のUSメタルにも通じるシケた哀愁です。仰々しい熱血漢メタルではなく、等身大のメタル・スピリッツを感じさせるところも、SUPERCHRSITと似たものを感じさせます。地味だけど、オススメです!!







・DEMON BITCH - Death Is Hanging.. TAPE 税込972円 (Dying Victims prod.)



Arcane Metal Artsからの1stデモが入荷していたミシガン・デトロイトのへヴィメタル・バンド DEMON BITCHの4曲入り2ndデモ・カセットです。なぜかインドネシアの名も無い極小レーベルから限定100本でリリースされて即完売してましたが、ドイツのDying Victims prod.からヨーロッパ・バージョンがリリースされました。



ブラック・メタル・バンドをやってるメンバーも参加してるせいか、1stデモはデスラッシュ並みのドカドカ疾走パートも飛び出したりしてましたが、基本は合衆国産エピック・メタルを継承するスタイルでも、BORROWED TIMEのようなシケシケまで到達できてないビミョーさも面白い味でした。しかしこの新作はその叙情性がバッチリこなれてきて、これはBORROWED TIMEファンも思わずコブシを握りしめるシケっぷりでしょう!!MANILLA ROAD, CIRITH UNGOL系統のアメリカン・エピック・メタル好きはぜひチェックしてください。もっとオーダーすればよかった・・・。

True Thrash Fest 2015!!



True Thrash Fest 2015



2015年2月21日 (土) 大阪 Esaka Muse Hall

Open/15:00 Start/16:00

前売りチケット 6,000円 当店で発売中です



EXCITER(Canada)

BLOOD FEAST (US)

HOBBS ANGEL OF DEATH (Australia)

GAME OVER (Italy)

UNITED (Tokyo)

SATANICA (Tochigi)

RIVERGE (Osaka)





2015年2月22日 (日) 大阪 Esaka Muse Hall

Open/14:00 Start/15:00

前売りチケット 6,000円 当店で発売中です



EXCITER(Canada)

BLOOD FEAST (US)

HOBBS ANGEL OF DEATH (Australia)

GAME OVER (Italy)

EXPLOSICUM (China)

DEMOLITION (Nagoya)

IMPALER (Kagawa)

RIVERGE (Osaka)

Southern Death Cult Metal!!



* 本日水曜は定休日ですが、昨晩完了できなかったメタル系新着商品とWaterslide Records新作を先ほどカートアップしました。受注メール対応は明日木曜日以降になります。







・IMPALEMENT - Ceremonial Torment CD 税込1,728円 (Demonic War Cult prod.)



GOAT SEMEN, EVIL DAMN, BLACK ANGEL, ANAL VOMIT, etcの名だたるぺルビアン・デス・メタルに参加してきたドラマーのJulio Satyricon Campos氏が在籍するデス・メタル・バンドのディスコグラフィーCDです。92年から活動を始めて、前身バンド時代も含めると結成は80年代だったようですが、発表作品はデモ2本のみで、このCDはそのデモ2本にライブも加えた16曲入りです。





Tracks 1-5 : DEMO 1 (1999年)

Tracks 6-8 : No Edited DEMO (2004年)

Tracks 9-13 : "Metal Bastardo de Guerra" (Live 2004)

Tracks 14-16 : "Death Throne Omen" (Live 1997)





ゴアリーな感触のソリッド・リフがカッコいいCARCASS影響下グラインディング・デス・メタルっぽさもあるサウンドは、メキシカン・デス・メタル・ファンにかなりオススメです。そこにDARKTHRONE系ブラック・メタルっぽいカキむしり・リフやフレーズも交えて、XIBALBAみたいなアンシエント・ブラックっぽさはますますメキシカン・バンドを彷彿させてきます。カラー写真や当時のフライヤーも満載のブックレットも充実。FACEBOOKも持たない、入荷に大変難儀する流通激悪レーベルからのリリースですので、南米オブスキュア・デス・メタル・マニアはぜひこの機会に確保してください!!







・GRAF SPEE - Reincarnation CD 税込1,944円



南米ウルグアイのデス/スラッシュ・メタル・バンドが89年に発表した唯一のアルバムがブートレグでCD化再発。2000年代初めにCDRブートが出回りましたが、これはプレスCDで、92年デモなどもボーナス収録した14曲入りとなっています。オリジナル盤LPは南米カルト・メタル・コレクターの鬼門的必殺最上級レア盤で、近年の中古市場相場は$500前後というモンスター級カルト・クラシック・デス!!!666!!!





TRACKS 1-8 : Reincarnation LP (1989年)

TRACKS 9-13 : Mother Fucker DEMO (1992年)

TRACK 14 : El lugar de los Asuras (データ不明)





もともとは正統派へヴィメタルとして80年代中期から活動を始めたバンドが、スラッシュ/デス・メタル・ムーブメントに触発されて過激化したそうですが、このバンドの凄いところは、フレーズや演奏は確かにスラッシュやへヴィメタルのそれなのに、一体何を目指してたこうなったのかが推測できないカオス・メタルと化してるいうところです。展開が複雑なのはヨーロピアン・プログレッシブ・スラッシュ?カッコつけてライドで不穏な雰囲気を煽ってるところはSLAYERのJesus Saves?など、断片的には元ネタが推測できなくもないけど、それらを個々が思い思いにただやってるだけで、曲作りの段階で浮かんできた何百何千というアイデアを1個もボツにしないで何も考えずに全部やってしまったようなムチャクチャさが本当に凄い。REENCARNACIONみたいなアナーキーとは違いますが、再生してしばらくは何が起こってるのか理解できないでしょう。少なくとも自分にはしばらく何が何だかサッパリわかりませんでした。そしてバッキングとは全く関係のないような音階をアホみたいに熱唱する5曲目のVo.あたりでようやく我に返ることができました。そしてもう一つ大事なことは、それらのカオスが隅々までモノ凄いパワーにみなぎっているという点です。それはこのカッコいいジャケの雰囲気からも感じとれることでしょう。92年デモは、一瞬CELTIC FROSTみたいなパートもあったりして数ミリ成長していますが、それでもやはり基本は変わりません。とにかく、こんなへヴィメタル、初めて聴きました。凄すぎる!!!!!







・C.R.Y. - Phsicofonia CD 税込1,836円 (Tanatofobia prod.)



89年に結成されて90年代にデモを3本残した南米エクアドルのデス・メタル・バンドの91年1stデモがCD化。全9曲入りで、限定300枚リリースです。



ジャケの雰囲気からも匂わせる通りの非常にハードコアな内容で、デス・メタルと言うよりはデスラッシュやスラッシュ、またはロウ・ノイジーなハードコア・スラッシュ好きに大推薦のかなりの掘り出し物です。ファニーなムードは全然なくて、カナディアンSACRIFICE, ミシガンGENOCIDE (pre. REPULSION), ハンガリアンTORMENTOR, SLAUGHTERLORD, BLOODSPILL, SAVAGE DEATHなどの、SLAYERをよりハードコアにしていったような初期デスラッシュが好きならば聴いて絶対に間違いなしの極上ロウ・スラッシュ・デス。演奏と曲構成のセンスも完璧。91年音源なら確かにそんなに早い方のデビューじゃないけど、これだけアメリカン・ハードコア・デスラッシュに肉迫したバンドが、グランジでバブリーな当時のアンダーグラウンド・メタル・シーンにはそう居なかったはずです。予想外の大ヒット発掘盤!!オススメです。







・PYPHOMGERTUM / DAWN - The Dark Light / The Eternal Forest SPLIT CD 税込1,944円 (Bellphegot)



2012年にAmerican LineからコレクションCDがリリースされて話題となったメキシコのPYPHOMGERTUMと、スウェディッシュ・デス・ブラック・メタル DAWNによる94年発表Split CDが、オリジナル・リリースのBellphegot Recordsから掟破りの再発!!!数多い初期デス・メタルCD作品の中でも5本の指に入るというキング・オブ・メガトン・レアなSplit CDで、メロディックなスウェディッシュ・ブラック・メタルの代表的なバンドの一つであるDAWNの、ピュア・デス・メタル時代初期デモ音源の公式再発盤だったという点が、このSplit CDのカルトな人気を高める要因の一つなかも知れませんが、今になってこのCDを堂々とオリジナルを模して再発出来てしまうのがメキシコらしいところで、ブートのレッテルを貼って紹介してる記事やショップが全然見つからないのです。2000年代に入ってからは作品を全くリリースしていなかったレーベルが、2014年末に自社リリースの最もレアなタイトルを突如再発するなんて、だれが考えても怪しいけど、恐らくメキシコ製リイシューによくある、レーベル・オーナー本人や当時の関係者が、バンド・メンバーの意向などお構いなしに再発してるんだと思います。ディスクのプリント面と裏ジャケのレイアウトがマイナー・チェンジしていまして、裏ジャケには何やら黒く塗りつぶした箇所がありますので知られてはマズイことがプリントされてるかと思いきや、全く意味なく透かして見えてしまってます。とりあえず、メガレアだのグレイな再発だの抜きにというか、そういう怪しさをひっくるめても、デス・メタル・コレクターには非常に魅力的なリイシュー盤だと思います。



PYPHOMGERTUMのサウンドは、American Lineだからこそ再発がなしえたと言える非常に激烈なスタイルで、メキシカン・ゴア・デス・メタルの始祖的にも崇められてるけど、鈍さと切れ味が同居した感触は、完全に初期デス・メタルの極上raw & lowなそれですし、曲調もスカンジナビアン・グラインディング・デス・メタル系に近くて、スウェーデンのCREMATORYとフィンランドのDEMILICHのミックスのような凶裂カルト・デスです!!片やDAWNは文句なしのキラー・スウェディッシュ・デス・メタル・サウンドが大爆発していて、パワフル&タイトな最強のドラミングがグイグイ引っ張るデス・メタルが疾走感バツグンで、ダイナミックでエピックな展開や必殺のスウェデス・リフも満載だけど、TERRORIZERファンまで燃えてくるであろうカッコよさデス!!







・R'LYEH - Back to the Cult CD 税込1,836円 (Dark Recollection)



THE CHASMの中心メンバーのDaniel Corchado氏が運営するLux Inframundis Productionsから2013年に1stアルバムを発表していたメキシカン・デス・メタルの初期レア・コレクション・アルバムが、Dark Recollectionからリリース。限定1000枚ハンド・ナンバリング入りです。





"Ancestral Terrors" Demo (1992年)



1. Intro

2. The Art Of The Gore

3. Cthulhu Dead Dream

4. Frozen In Life

5. R'lyeh





"The Black Island" EP (1999年)



6. Psalmody

7. Infernal Greene Flame

8. Spheres Conjuration

9. Diabolic Warning

10. Ancient Primordials





やはりDark Reccollectionがコレクション・アルバムをリリース(予定?既に出ているのか不明です)するDEVOURMENTを母体とするバンドで、90年代初期~中期に活動していましたが、2009年から活動を再開。ここで聴ける初期音源は、スウェディッシュや・デスに影響されたような重厚グルーミーなデス・メタル・サウンドを、メキシカンらしいロウ・ステンチな感触とアンシエントなエピック風味もプラスして、中南米初期デス・メタル・ファンには申し分ないカルト・オブスキュア音源が楽しめます。少量のみの入荷デスが・・・。







・NOCTAMBULISM - Resurrection of the Dead CD 税込1,728円 (Dark Recollection)



メキシコのデス・メタル・レーベル Dark Recollectionからリリースされたオブスキュア・メキシカン・デス・メタル・バンドのデモ3種をまとめた13曲入りCDです。88年のPutrefact Deathデモは、母体となったNECROPHILIACという名義で発表した音源です。限定1000枚ハンド・ナンバリング入り。





Tracks 1-4 : Worship in the Domain of Grave (1990年)

Tracks 5-8 : Putrefact Death (1988年)

Tracks 9-14 : Mournful Sculpture (1995年)





カルト・スラッシュ好きにもオススメできるロウ・ノイジーなデスラッシュ・スタイルで、NECROPHILIAC時代のデモはDARKNESSやPROTECTORなどのジャーマン・スラッシュ好きも大満足でしょう。収録順から解説すると、90年デモはSLAYERリフで構成した80年代後期USのローカル・ハードコア・メタル・デスラッシュ風、88年デモは西独型突貫スラッシュ、95年デモがちょっと色気も出して構成や展開も気にしだしたデスラッシュ、といった感じで、最初から最後までロウ・ノイジーなサウンドとスラッシュ土台のスタイルは維持しています。中南米発掘モノとしては申し分ないのですが、いかんせん入荷枚数が少ないです。





* 当店のプレイヤーで問題なく再生確認しましたが、ディスクにスリキズがあります。ご了承ください。

Waterslide Records!!



・DOCTOR AND THE CRIPPENS - Raphanadosis 2LP+CD 税込3,240円 / CD 税込2,160円 (Boss Tuneage)



DISCHARGEの“Why”1st MLPでドラムを担当したDave Ellemere aka Bambiが在籍したことで当時話題を呼んだUKHCパンク・バンド DOCTOR AND THE CRIPPENSの89年発表2ndアルバムが再発。同じく89年に発表したAvant Gardening 12"や、今までに正規リリースされてなかった89年録音の2回目のPeel Sessionなどのボーナスも追加した37曲入りで、アナログ盤は2枚組+同内容のCDもセット。Waterslide Recordsさんによる日本流通仕様で、日本語帯&ライナー対訳と、89年のバーミンガムBarrel Organでのライブ収録のCDRも付きます。LPは初回はカラー・ビニールです!!





Tracks 1-22 : Raphanadosis LP (1989年)

Tracks 23-29 : John Peel Session (1989年)

Tracks 30-33 : North Atlantic Noise Attack comp. LP (1989年)

Tracks 34-37 : Avant Gardening 12" (1989年)





奇抜なファッションやジャケ・センスなどで、USHCに触発された当時のLate 80's UKHCルネッサンスを代表するHERESY, RIPCORD, INTENSE DEGREE, JAILCELL RECIPES, etcのようなバンドとはちょっと違ったキャラクターのバンドでした。簡単に言うとルックスが良くないので、敬遠してた人もいただろうけど、その荒々しくもメロディーのあるロウ・パンク・スラッシュに魅了された人も多く、個人的には東京ハードコア・パンク・シーンのバンド関係者の多くにファンが多かった印象があります。もともとはRAMONESウォーシッパ―だった連中が、BAD BRAINS, POISON IDEA, SUICIDAL TENDENCIES, etcのUSHCに大きく触発された、ということですが、この2ndアルバムはさらに加速して、メロディック・グラインドのような猛速パンク・スラッシュに磨きがかかっています。1stよりもこちらの2ndを最高傑作と評価する声も多いようです。Peel Sessionも素晴らしいサウンドで文句なし!!







・LOVEMEN - 1993-2000 CH.1 2CD 税込2,160円 (Waterslide)



東京ハードコア・パンク・シーンから生まれて、日本のメロディック・パンク黎明期を支えたバンドのディスコグラフィーがWaterslide Recordsから2種連続でリリース。第1弾となるこのCDは、1996年にSnuffy Smileから発表した1stアルバムにオムニバス曲やSplit曲をプラスしたディスク1と、1stデモを収録したボーナスCDの2枚組。初回限定デジパックです。



メンバーの意向で歌詞は未掲載ですが、4人が集まって当時を振り返ったライナー・ノートがとても面白くて、SICメンバーがやってたD.O.F.の最後のボーカルだったギター&Vo.のブン氏を筆頭に、ASBESTOSにも参加していたベースの横井氏など、当時の西東京/京浜ハードコア・パンク・シーンや、NUKEY PIKESによる三軒茶屋Heavens Doorでのネオ・ハードコア・テイルに代表される関東ハードコア・パンク・シーンのUSスタイルのバンドが発展して、SNUFFが切り開いたUKメロディックに強く触発されていった日本の初期メロディック・パンクの歩みがうかがい知れる必読のライナーです。





(収録曲)

<CD1>

-december CD (1996)-

1. belive in me

2. dear

3. our rule

4. gray

5. crowd

6. still in time

7. at 25 a.m

8. walk

9. superstar

10. inst

11. how lonely



-V.A. NOT SUPERSTITIOUS “WE CAN LiVE WiTH iNDECiSiON” 7″ (1994)-

12. my girl



-split w/EXIT CONDITION 7″ (1994)-

13. empty things

14. walk



-V.A. SCUM CD (1995)

15. true smile



-V.A. ULTIMATE SLOW BEATS CD(V.A. PEACE AND LOVE CD) (1996)-

16. fadin’ light



-V.A. BULLSHIT DETECTOR CD (1997)-

17. upside down world

18. flower



<CD2>

-1st DEMO cassete-

1. fadin’ light

2. happy enough

3. rucy

4. my girl

Thrash Legends from the Graves!!





・LEEWAY - Born To Expire 25th Anniversary Edition CD 税込1,944円 (Marquee)



NO MERCYに続いて死ぬ気でオーダーしてたクロスオーバー・スラッシャー待望のリイシュー盤CDが届きました!!!NYHCシーンから登場したバンドでは、スラッシュ・メタル・ファンに最も評価の高かったLEEWAYの初期名作2作品が、ブラジルのスラッシュ・メタル・レーベル Marquee Recordsからオフィシャル再発。オリジナル・リリースは、ハードコア・ファンにはCRO-MAGSやMURPHY'S LAWなど、そしてスラッシュ・メタル・ファンにとってはWARGASMの1stなどで馴染みのあったProfile Recordsから発表されていて、当時から日本でも割と入手しやすいレーベルでしたが、近年はアナログ盤よりもCDの方が非常に入手が困難で、作品によってはかなりの高額で取引されています。特にWARGASMとこのLEEWAYは、CDのオリジナル・バージョンがマニアに大人気のレア・アイテムと化しています。



当時のNYHCはAGNOSTIC FRONTとCRO-MAGSの2大バンドが頂点に君臨していて、そのどちらのバンドもメタルから強く影響されたクロスオーバーな時期が絶頂期だったと評価される一方、NYHCシーンでのアンチ・メタルな空気も根強く、Profileがジャーマン・スラッシュ・メタル DESTRUCTIONのRelease from AgonyアルバムをUSでライセンス・リリースして、USツアーのサポートにCRO-MAGSをブッキングした時は、ダイハードなNYHC信者にはかなりのブーイングだったそうです。そんな中でもLEEWAYは最もメタルに接近していたハードコア・スラッシュでしたが、AGNOSTIC FRONT, CRO-MAGS, CARNIVORE, SHEER TERRORに代表されるスキンズ・スラッシュと呼ばれる先輩極悪NYバンドのメタル・アプローチやキャラクターとは一線を画した存在感で、当時からハードコア・ファンにもスラッシュ・メタル・ファンにも、比較的好意的に受け入れられていた印象があります。





Tracks 1-12 : "Born to Expire" LP (1988年)

Tracks 13-21 : Live at The Ritz, New York (1986年)





こちらはメタル・スラッシャーも狂喜する驚異の1stアルバムに、86年のライブもボーナス収録した21曲入りです。C.O.C., D.R.I., SUICIDAL TENDENCIES, ATTITUDE ADJUSTMENT, etcの代表的なUSクロスオーバー・バンドの魅力でもあったガサツな荒っぽさがLEEWAYには全く無く、完全にハードコア・パンクの域を越えた素晴らしい構成力と演奏力が爆発していますが、そのLEEWAYサウンドの要だったのは、やはりギターのA.J. Novello氏とVo.のEddie Sutton氏の2人のブレインだったと思います。ソリッドな切れ味はスラッシュ・メタリックだったけど、ハード・ロックやソウルも下地にあるようなA.J. Novello氏のギター・プレイと、それにも負けないほど感情豊かでエモ―ショナルなEddie Sutton氏のVo.のコンビネーションが素晴らしく完璧で、緊張感に満ちたメタルコア・スラッシュで疾走しています。ボーナスの86年ライブでのEddie SuttonのVo.なんて、神掛かっています!!!疾走ナンバーはこっちの1stアルバムの方が多いのですが、ゴリゴリでバッキバキのスラッシュ・タッチのまま緊迫したグルーヴを突き詰めた2ndアルバムの方が、NYHCファンには評価が高いので、ぜひ聴き比べてみてほしいです。





* Marquee RecordsのCDによくある、ジャケ・ブックレットとステッカー(余白部分にですが)にツメ噛み跡がついてるものがありましたので、キレイなモノからお売りしていきます。









・LEEWAY - Desperate Measures CD CD 税込1,944円 (Marquee)



こちらはNYHCファンに絶大なる人気と高い評価を誇る91年2ndアルバムに、同年オランダでのライブをボーナスで加えた18曲入りCDです。





Tracks 1-10 : "Desperate Measures" LP (1991年)

Tracks 11-18 : Live at JC Staddijk, The NETHERLANDS (1991年)





基本路線は全く1stと変わってませんが、エモーショナルなフィーリングが少しこっちの2ndの方が強調されています。のっけからグル―ヴィンなパートでスタートしますが、メタル・ヘッズの方たちに誤解してほしくないのは、これはミクスチャー・ファンキーという薄っぺらいトレンドに流されたのではなくて、BAD BRAINSウォーシップを完璧に表していたという点です。CRO-MAGSの1stの遅いパートもまるでBAD BRAINSでした。そういえばBAD BRAINSのQuicknessでドラムを担当したCRO-MAGSのMackie氏も、このLEEWAYの初期に参加していたそうです。ここまでの解説だとクロスオーバー・テイストは後退したように思われるスラッシャーの方もいるかも知れませんが、2曲目 All About Dopeなどは1stアルバムからカットしたような直線的疾走スラッシュですし、4曲目のStand Forなんて2ビートじゃないのに驚異的な刻みまくりで、しかも曲調はDCエモみたいだから、このバンドの想像力とミュージシャンシップの高さには改めて恐れ入ってしまいます。ちなみに、このアルバムは1stとは比べ物にならないほどめったにお目にかからない幻リリースだったため、1stでノックアウトされた熱心なNYHCファンとクロスオーバー・ファンにのみ絶賛されて姿を消し、スラッシュ・メタル・ファンには存在もなかなか知られてない激レア盤です。



今回の再発は25周年アニバーサリー・エディションと銘打ったスペシャルなリリースで、ジャケ・ブックレットにはNYHCシーンを彩った名だたるミュージシャンらによるライナー・ノートを掲載。1stには、Craig Setari (NYC MAYHEM, STRAIGHT AHEAD, REST IN PIECES, SICK OF IT ALL, etc)や、BAD BRAINSのDarryl Jenniferなどが、この2ndには、Dan Lilker氏(NUCLEAR ASSAULT, BRUTAL TRUTH, S.O.D., etc)などが寄稿しています。もちろん写真やフライヤーなど貴重な資料もたくさん載ってますし、帯とステッカーまで付けて、Marquee Recordsもかなり気合いを入れて臨んだデラックスなバージョンです。NO MERCYを当店でイチ早くチェックしていただいた筋金入りハードコア・スラッシャーの方々からは以前からけっこうお問い合わせいただいてましたのでガッツリ入れましたが、ここ数年はMarquee Recordsも以前ほど流通は良くないですし、カナディアンSACRIFICEのリイシューがスリップケース付きが初回のみだったことを考えると、帯やステッカーも付いたこの仕様での確保は早めの方がいいかと思います。何より、80'sクロスオーバーを代表するバンドの名作ですので、ファンも未聴の方も必須のグレート・リイシューです!!!









・FINGERNAILS - Heavy Night 1984 CD 税込1,728円 (Blasphemous Art prod.)



イタリアンMOTORHEADウォーシップ・メタル FINGERNAILSの84年録音未発表デモ9曲に84年/85年ライブも加えた17曲入りCDが、限定500枚でリリース。中心メンバーであるギター&Vo.のMaurizio "Angus" Bidoli氏のライナー・ノートが掲載されていますが、このCDは女性Vo.の故Adele Sperati在籍時の数少ない音源をかき集めたモノです。



実はこのAdele Speratiは、Sara Speratiという名で70年代に活躍したイタリアのポルノ女優で、メタル・フェスで見かけたAngus氏が彼女の素晴らしいキャラクターと歌声に惚れ込んでFINGERNAILSに誘ったそうです。で、実際このAdele Speratiさんのヴォーカルが本当に素晴らしい!!ジャニス・ジョップリンのカバーもやってるけど、もともとブルーズ・ミュージックを好んでいたようで、大橋純子みたいなショートヘアーのルックス(Sara Speratiで検索すると、もっと綺麗な方だったみたいです)からは想像もつかない、どっちかと言うと曽我町子みたいなパワフルでソウルフルなスタイルです。それをへヴィメタル向けにして、より迫力のあるコブシで歌い上げてるので、まるでCHASRAINのLeather Leoneのようなロニ―・ジェイムス・ディオ・タイプの女性Vo.となっています。Angus氏のギターも既にあのブルージーでエモ―ショナルなフレーズ全開で、やっぱりFINGERNAILSは世界的に見てもMOTORHEADウォーシップの最高峰バンドだったのが実感できます。それにしても故Adele Speratiさん、ホントかっこいいな!!ライブ録り(リハっぽいヤツです)の音源の方もマジで素晴らしすぎます。カルト・ムービーで活躍した方だったみたいですが、映画も見てみたくなってしまいました。ACID, VULCAIN, ベルギーKILLERなどのファンも絶対に必聴です!!

Thunder Metal!!



・DEFLAGRATOR - Raising Weapons for the Beast CD 税込1,500円 (Deathrash Armageddon)



以前にペルーの要注意レーベル Austral HolocaustからSplit CDが出ていたイタリア産スラッシュ・メタルの1stフル・アルバムが、日本のDeathrash Armageddonからリリース。初回入荷分にはパッチが付いています。



NOCTURNALなどのHellganbers周辺ジャーマン・スラッシュや、DIE HARDやVORNTHなどの北欧ブラック・スラッシュにも通じるスタイルに、イタリアンらしいドライブ感もあるキャッチーな要素も導入しています。デス・メタルのlowヴォーカルと言うより、男臭くワイルドなドスの効いたVo.もイタリアンらしい味わいで、パンク要素はありませんがNECROMESSIAHなどのファンもチェックしてほしいバンドです!!







・DESTROYER - Dark City Hunter CD 税込1,500円 (Deathrash Armageddon)



Deathrash Armageddonからリリースされたコロンビア産スラッシュ・メタルの2ndアルバムCDです。こちらも初回入荷分にはパッチが付いています。



前作同様、ジャーマン・スラッシュ・メタル直系のスタイルは、南米ファンはもちろん、ユーロ型スラッシュ・メタル好きにぜひ聴いてもらいたい内容です。南米らしいロウなドラミングが音もパワーもテクも最高で、疾走パートはちょっと危ういくらいに他パートより独り先を行く暴走っぷりですが、手数も多くアグレッシブでカッコいいです。曲調は西ドイツ・タイプだけどドラマチックな展開などもある、へヴィメタルの基盤がしっかりあるガムシャラ・スラッシュなので、DEATHROWなどのファンにオススメです!!







・AXE BATTLER - S/T CD 税込1,836円 (Evil Confrontation)



デビューEPが各種フォーマットで大ヒットしたチリ産へヴィメタル・バンドの1stフル・アルバムです。今回もドイツのHeavy Forcesからアナログ・バージョンがリリースされていますが、こちらはより流通の薄い母国チリ盤CDです。



IRON MAIDEN影響下のピュアすぎる正統派へヴィメタルですが、必殺の3連リフ攻撃などのアグレッシブな面以上にこのバンドの大きな魅力となっているのが、哀愁のメロディーです。前作でWITCH CROSSのカバーもやってたけど、WITCH CROSS型のほろ苦い青春系シケシケ熱血へヴィメタルから、より男臭い哀愁が強まって、Harry Conklinにも似た曇った激渋ボイスなので、JAG PANZERファンにはたまらない男泣きガッツ・メタルに仕上がっています。目を見張るものがある最近の南米産正統派へヴィメタルの素晴らしい充実ぶりを堪能してる方は、絶対に聴くべき秀作です!!







・LIGHTNING - Demo 2013 TAPE 税込972円 (Ejecuciones Ventbanger)



2012年結成ペルー出身へヴィメタル・バンドの3曲入り1stデモです。CDRバージョンの存在しますが、今回入荷したのはプロ仕様のカセット・バージョンです。



ジャケのメンバー写真から期待させてくれる通りの内容で、現地ではCOBRAに続いて今後世界的にも注目を集めるだろうと、メタルヘッズや業界関係者に高い評価を得ているようです。なにぶん2012年結成バンドのデビュー・デモですから粗さもありますが、逆にこの粗さをどこまで維持しながら今後成長できるかが楽しみです。つまり、楽曲や演奏力は既に全く問題ないレベルに達しているということです。とにかく、COBRAのような若々しい熱さとシケシケ具合いのバランスがバツグン!!BORROWED TIMEやWYTCH HAZELなどを発掘した流通激悪アイリッシュ・メタル・レーベル Sarlacc prod.からのライセンス・バージョンも瞬殺で完売していた(教えてくれよ!)という事実が、なによりもこのバンドの注目度を物語っています。こちらの母国ペルー・バージョンももちろんもう再入荷しないでしょうから、お早目に確保してください。

Brazilian Death Cult from the Graves!!



* 本日水曜は定休日ですが、昨晩完了できなかったメタル系新着商品を先ほどカートアップしました。受注メール対応は明日木曜日以降になります。







・IMPURITY - Necro Infamists of Tumulus Return CD 税込2,484円 (Cogumelo)



MYSTIFIERと並ぶ本場ブラジル2大SARCOFAGOウォーシッパー・ブラック・メタル IMUPRITYの2006年発表4thアルバムです。



SEX MESSIAHの招聘で奇跡の来日を果たすIMUPRITYの現行入手が可能な作品をストックしようとしてみたところ、このアルバムは過去に入荷が漏れていたことに気づきました。恥ずかしながらこの度初めて聴きましたが、コレがIMUPRITYファンのみならず崩壊マニアならばスルーは厳禁の凶裂作で凄いです。1stアルバムのムチャクチャさはコロンビアのバンドにも匹敵していますが、このアルバムも基本は同じで、演奏力がちょっとだけマシになっても発想が完全に原始人なので、コレ本当に2006年の音源?と疑いたくなるような内容です。同じブラジルで言えば、EXTERMINATORが一番近いでしょうか。BLASPHEMIAやGENOCIDIOなどのファンは確実に必聴&death!!









・MYSTIFIER - Wicca LP BLUE VINYL 税込3,672円 / DIGIPACK CD+DVD 税込3,240円 (Greyhaze)



SARCOFAGOに次ぐキングス・オブ・ブラジリアン・カルト・ブラック・メタル、MYSTIFIERの92年発表代表的名作1stアルバムLPが、CogumeloのUSライセンス・リリースでおなじみのGreyhazeから再発。アナログ盤はltd.700枚ブラック・ビニールとltd.300枚ブルー・ビニールの限定1000枚プレスで、今回はブルー・ビニールで入荷。CDはブ厚い6パネル・デジパックで、ボーナスDVD付きです!!!666!!!





Wicca CD TRACK LISTING :



1. Our Gloat (Intro)

2. Osculum Obscenum

3. Tormentum Aeternu

4. Cursed Excruciation

5. Defloration (The Antichrist Lives)

6. (Invocacione) The Almighty Satanas

7. The Dark Kingdom (T.E.A.R)

8. An Elizabethan Devil-Worshiper's Prayer Book

9. Hyoscyamus Niger

10. Mystifier (Satan's Messengers)

11. Ancient Prediction (My Eternal Nightmare)*

12. The Sign of the Unholy Cross *

* Bonus tracks





DVD TRACK LISTING :



* Nuclear War Now Fest

1. (Invocacione) The Almighty Satanas

2. Osculum Obscenum

3. An Elizabethan Devil Worshiper's Prayer Book

4. Cursed Excruciation

5. Defloration

6. Nightmare

7. Aleister Crowley

8. The Realm of Antichristus



* Live in Salvador

1. (Invocacione) The Almighty Satanas

2. Osculum Obscenum

3. An Elizabethan Devil Worshiper's Prayer Book

4. Demystifier

5. The True Story About Doctor Faust's Pact With Mephystopheles

6. Defloration

7. Beelzebub

8. Nightmare

9. Aleister Crowley





IMPURITYと並ぶSARCOFAGOウォーシップではありますが、MYSTIFIERの場合はそこにBEHERITやBLASPHEMYのようなウォーブラックのテイストも導入してしまったのが最大の特長です。真っ黒けの極悪ブラック(黒人)メタル・ルックスも、まるでSARCOFAGOとBLASPHEMYの中間でした。南米らしい呪術的な原始性と、BEHERITも試みた宇宙的感覚もミックスされて、まるで宇宙に飛び出した原始人のようなオカルト・ブラック・メタルが極狂素晴らしい!!恐らくMYSTIFIERの目指したモノを完成させているのが、IQUISITIONやCHASMなどではないでしょうか。アヴァンギャルドに暴走すると、ROOTのような世界感になるかと思います。とにかく凄い!!全南米暗黒鋼鉄信者必須の重要名盤です。LPに付属のまぶしすぎるカラー写真掲載のフォールド・インサートもご覧の通り素晴らしいですし、CDに付くDVDももちろん必見に決まってます!!









・SEXTRASH - Sexual Carnage LP RED FLSH VINYL 税込3,996円 / DIGIPACK CD 税込2,592円 (Greyhaze / Cogumelo)



INSULTER, EXTERMINATOR, SARCOFAGOメンバーらによって80年代後期に結成された伝説のブラジリアン・サタニック・デスラッシュ・メタル SEXTRASHの90年発表代表的名作1stアルバムが、USのGreyhaze Recordsから待望の再発。LPは今回は限定カラー・ビニールでの入荷。89年にMaggot Recordsから発表した同じく初期の代表的名作1st 7" XXX EPと未発表デモをボーナス収録した全16曲で、6パネル・デジパック・ジャケになっています。



初期SAROFAGO時代にはDISCHARGEのTシャツを着た五寸釘モヒカン・ファッションでひときわ強烈な印象を放っていたドラマーのD.D.Crazy氏が在籍したこの初期2作品は、SARCOFAGOファンならば問答無用の必須作品ですが、SARCOFAGO同様SODOMウォーシップを貫きながらも、よりもスラッシュな切れ味を強調したサウンドで、カルト・デスラッシュ・マニア全員必聴の名盤です。RottingアルバムのSARCOFAGOに非常に近い感触の、耳障りの悪い金属質でジャキジャキにソリッドなスラッシュ・リフを刻みまくり、そしてD.D.Crazy氏のドラミングが相変わらずの崩壊寸前雪崩式暴走2ビートでのたうちまわります。SADUS, MERCILESS, SLAUGHTERLORD, etcの南米崩壊版とも捉えて楽しめるカルト・クラシックです。



近年、Cogmelo Recordsリリースの名作はOsmoseが積極的にヴィニール化再発して、ヨーロッパ流通のライセンス盤で入手しやすくなりましたが、本家Cogmeloはと言うと、相変わらずブラジル国外の流通はライセンス契約したレーベルに丸投げ状態で、現在日本ではCogumeloとGreyhazeバージョンの方が非常に流通が薄い状況が続いています。このSEXTRASHは初期デス/ブラック・メタルを代表するエロ・ジャケをはじめ、ゆうたろう並みにデカいブランデー・グラスを持つD.D.Crazy氏など、サウンド以外にもクサレ・メタル・ファンにはたまらない要素が隅々にまで充満した、強者ぞろいの初期Cogumelo作品の中でも高い人気を誇る最凶カルト・クラシックですので、ぜひこの機会に入手してください!!
12 | 2015/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR