RECORD BOY

Anti-Goth vs HSSR!!

* 昨日12月30日がBOYの仕事納めでしたので、すっかり今年最後の商品カートアップが遅れてしまいましたが、2014年の最後を飾るにふさわしいスペシャル・リリースが超ギリギリすべりこみで到着してしまったのです!!!本日2014年12月31日から2015年1月3日までは休業させていただきますので、ご注文対応は新年1月4日(日)からになります。ご了承願います。今年も大変お世話になりました。来年も宜しくお願いします!!!







・SATANAS - Live Rehearsal 1988 MLP 税込2,484円 (Nuclear War Now! / High Society Satanic)



SABBAT30周年記念と言うことで2013~2014年にかけ怒涛のリリースを行ってきたNWN!と、私のHSSRの協同リリースという形で遂に明かされる三重県桑名METAL最後の秘宝“SATANAS”!!!!



このSATANASはSABBATの二代目ドラマー SAMM(現MAGNESIUM、G.A.T.E.S、SACRIFICE)と三代目ドラマーであり今も尚SABBATのリズムを支え続けるZORUGELIONが在籍していたTHRASH METALバンドなのだ!!今までの世間への露出はコンテスト出場のLIVE数回、そしてロゴ(SAMMの実兄、SABBATのGEZOL氏作)とバンド紹介が日本のメタルファンジン.等に載ったのみだ。DEMOの類のリリースもなし。SATANASのリーダーだったSAMMによると当時のレパートリーはSODOMのカバーを含む4曲であったという。今回はそのすべての音源を網羅。押入れの片隅で忘れられていたカセットテープを救い出しリマスタリング!当時を良くも悪くも、完全に甦らせたのである(その真意は自身でレコード聞いて確かめてくれ!! 笑)



先日、BURIED ALIVE DEMO LPを発売時に発売したヒストリーオブSAMMバッチセットにロゴのバッチが含まれていたので少しは世間でも馴染みがでたか?!、、、いや、無いだろう。正直、SABBATマニアと探究心の強いメタルマニア、VINYLマニア以外に全く需要が無いであろうこのリリースはLTD250枚プレスでアメリカNWN!、ドイツのIRON BONE HEADそして日本はBOYのみの販売!しかもBOY分にはご存知ゲゾル氏もコメントを寄せる大爆笑インタビューの日本語対訳インサート付なのだ!(英語版は全てのコピーに付きます)当時高校在学中にSABBATに参加したSAMMがいかに後の人生をSABBATに狂わされたのか?!そして、今尚、なぜにZORUGELIONはSABBATでドラムを叩きバンドを支え続けるのか?!このSATANASがそれらを証明するかのごとく、何処かしらSABBATを連想させる曲作り、我々第三者から言わせると120%の桑名フィーリング等(今回、連絡は取れなかったがギタリスト谷崎氏、叉の名をZakingtaama(ザ・キングターマ)のギタープレイセンスにも着目して頂きたい!)アナザーSABBATヒストリーとして需要なリリースになるだろう。是非ともこの機会を逃さず聞いてもらいたい。



(text by futatsugi/HSSR,G.A.T.E.S)



* RECORD BOY Distribution Copies have Japanese translated extra innersheet.









・SATANAS - Logo T-SHIRT 税込2,484円 (Nuclear War Now!)



NWN!制作のオフィシャルTシャツも当店で販売致します。プリントがイエローとレッドの2種、ボディはGildanでサイズがS / M / Lの3種ですが、赤プリントのMとLのみウルトラ・コットン、他はすべてへヴィ・コットンです。







・SATANAS - Logo WOVEN PATCH 税込648円 (Nuclear War Now!)



こちらはNWN!制作のオフィシャル・ロゴ・パッチです。





* 今回はMLP, Tシャツ, WOVEN PATCHのSATANAS商品3点をまとめてお買い上げいただいた方は、税込5,616円のところ、税込5,000円のコンボ・セットでご提供致します!!(for Domestic customers only regarding combo price) LPはたっぷりNWN!と山分けしましたが、Tシャツとパッチのグッズは数に限りがありますので、どれか在庫が切れましたら終了になります。ぜひこの機会にまとめてお買い上げください!!!







・SATANAS - Logo BUTTON 税込216円



The history of Samm BUTTONS PACKに含まれていた英国タイプのコーティング仕様じゃないですが、パックのヤツよりロゴがくっきり出ています。こちらはコンボ・セットには含まれませんが、合わせてどうぞ!!







・SABBAT - Sabbatical Earlyearslaught 4CD 税込3,240円 (Nuclear War Now!)



世界中のSABBATマニアックスを狂乱させたNuclear War Now!リリースのSABBAT30周年記念究極完全版ボックスセットが、4枚組でCDバージョンもリリース!!!666!!!初期EPを網羅して伝説的セッションも収録した、今までのSABBAT初期レア・コレクション・アルバムの中でも完璧に近い内容です。





CD 1 :

Sabbat 7" (85年)

Born by Evil Blood 7" (87年)

Desecration 7" (88年)

The Devil's Sperm is Cold 7" (89年)

The Seven Deadly Sins 7" (90年)



CD 2 :

Sabbatical Demon DEMO (90年)

Bloody Countess DEMO (86年)



CD 3 :

Envenom Rough Mix (91年)



CD 4 :

Asai Cleaning 2F Rehearsal

Unreleased 80′s Recordings

Alternate Envenom Mix

Live Aug 19th 1984 Kuwana City Hall













・NWN FEST VOLUME IV - 8 x PICTURE LP + TOTE BAG COMBO SET 税込33,804円 (Nuclear War Now!)



到着しました!!!666!!!



NWN!主催でドイツで行われる一大アンダーグラウンド・エクストリーム・メタル・イベント NUCLEAR WAR NOW! FESTが、今年2014年の11月7日と8日に開催されました。昨年行われなかったうっぷんを晴らすような最凶に濃厚な内容だったそうで、今までで一番素晴らしかったと、NWNオーナー氏は言ってました。今年のフェスは、嫌味な言い方をすれば過去に比べてバラエティーに乏しかったとも言えますけど、しかし暗黒デス・ブラック・メタル・ヘッズにとっては今までで最も極悪なドス黒さが際立つメンツでしたので、トレンド野郎の入り込む隙は無かったのでしょう。今年もSEX MESSIAHギタリストのMoenosさんが行ってきて、2015年3月にSEX MESSIAHが招聘して奇跡の来日を果たす伝説のブラジリアン・カルト・ブラック・メタル IMPURITYと親交を深め、そして強靭な本場地下シーンの層の厚さを体感してきたそうですが、今年は日本のバンドは参加してませんし、現在は円安も厳しいので、例年必ずチラホラ居る日本人の姿はほとんど見られなかったそうです。



と言うことで、例年リリースされるフェス会場限定販売ピクチャー盤LPは、情けないですが厳しい店の現状も考慮して、今回はBOYで取り扱えるか当初は非常に微妙な状況だったのですが、少人数でも日本にも存在するダイハードなマニアのためにと、NWN!と協議して入荷させてもらえることとなしました。しかし、全種類とも同じ枚数でのオーダーという条件を今回はNWN!から提示されましたので、日本では思い切って全8種のコンボ・セットでやってみようということで、NWN!と意見が一致しました。前回のフェス限定ピクチャーLPの時にあった、SABBATのような国内のカルト信者が多いリリースが含まれると、このコンボ・セットはただの抱き合わせ商法にしかなりませんが、今回のような顔ぶれであれば、過去の売れ方を踏まえても、恐らく全種買いを検討する人は稀ではないと思います。このコンボ・セットのために、今年のフェス会場で販売されたトート・バッグを提供してもらいました。LPは各限定100枚で、各種共通のChris Moyen氏アートによるジャケットとインナー付き。トート・バッグも100個のみの生産で、BOYでのコンボ用セットに確保してもらった数以外は、全てフェス会場で完売したそうなので、ヨーロッパで独占流通を担当するIron Boneheadと、そしてNWN!でもこのバッグは販売はされません。







・VARATHRON "Walpurgisnacht" (ANTIGOTH266)



ギリシャ・カルト・ブラック・メタルの95年発表傑作2ndアルバム。NWN!の崇拝するギリシャ・レジェンド・バンドで、アナログ盤はオリジナル・リリース以来の念願のリイシューとなります。





・DEATH COURIER "Demise" (ANTIGOTH267)



今回の目玉リリースの中の一つ、ギリシャ・デス・メタルの92年発表1stアルバム。オリジナル・リリースはLPのみで過去に1度も再発されたことがなく、中古市場でも人気の高い初期デスラッシュ・レア作品です。





・NOCTURNUS "The Science of Horror" (ANTIGOTH257)



今回の目玉リリースその2。フロリダ・デス・メタルの87年1stデモと88年2ndデモをカップリングした8曲入り。





・IMPURITY "The Lamb's Fury MMXIV" (ANTIGOTH268)



2015年3月にSEX MESSIAHが招聘して奇跡の来日を果たす伝説のブラジリアン・カルト・ブラック・メタル。93年名作1stアルバムの2014年再録バージョンです。





・EMBRACE OF THORNS "Darkness Impenetrable" (ANTIGOTH270)



現行ギリシャ・ベスチャル・デス・メタル・シーンのトップに君臨するバンドの、2014年発表10曲入り新作アルバムです。





・BESTIAL RAIDS "Prime Evil Damnation" (ANTIGOTH197)



ポーランド・ブラック・デス・メタルの2011年発表傑作2ndアルバム。オリジナルLPは、ダイハード/レギュラーの両バージョンともに廃盤です。





・IRKALLIAN ORACLE "Grave Ekstasis" (ANTIGOTH253)



NWN!によるリイシュー以前から地下シーンで話題を呼んでいたスウェーデン・ヨーテボリ出身ブラック・デス・メタルの2013年デモ・アルバムです。





・KATECHON "Demo/Rehershal Collection" (ANTIGOTH269)



1stアルバムが好評だったノルウェー・ブラック・デス・メタルの、2011年リハ/2012年デモ/2012年リハ/2014年デモを収録した10曲入り。KREATOR, VON, IRON MAIDENカバーもやってて、1stに魅了された人には、かなり興味深い音源集です。

Metal from the Graves!!



・HELSTAR - Nosferatu LP 税込2,592円 (The Crypt)



カルトなオブスキュア作品を発掘してきたThe Cryptリリースにとっては最も異色な再発であり、しかし80年代アメリカン・へヴィメタルを検証するうえではガッツポーズ抜きでは語れない信者も多いであろう、USテキサス・パワー・メタルの傑作 89年11曲入りアルバムが限定400枚でLP再発。今回はltd.200枚レッド・ビニールで入荷しました。



これぞまさにアメリカン・パワー・メタル、といった教科書的名盤なので、デスやスラッシュじゃなくても再発してしまったThe CryptのHELSTARに対する思い入れに共感してしまうアラフォーも多いのではないでしょうか。IRON MAIDEN影響下のプログレッシブなパワー・メタルを、80年代合衆国産鋼鉄の冷徹な叙情で包んでいて、さらにこのバンド特有の暗さが個性的な正統派メタルに仕上げています。このアルバムに熱狂したファンは本当に多かったので、例えばNASTY SAVAGEがフロリダ・デス・メタル・バンドに強い影響力を与えたように、HELSTARのダークなクラシカル・メタル・サウンドもサブ・ジャンル関係なく多くのメタル・ミュージシャンに影響を与え続けているのでしょう。







・HYDRA VEIN - Rather Death Than False of Faith 2LP 税込3,996円 (The Crypt)



C.M.F.T.からのUK Thrash Assault comp.LPにも参加していたUKスラッシュ・メタルの88年1stアルバムが、2枚組でThe CryptからLP再発。2008年にCD化再発された時も驚きましたが、あのCDも最近は入荷しなくなりましたし、ましてやオリジナルのLPも今ではけっこうなプレミアが付いてますから、このLP再発はちょっといいかも知れません。限定500枚プレスで、ltd.200枚ブラック・ビニールとltd.300枚マゼンタ・カラー・ビニールの2種入荷しています。



スラッシュ・メタル生誕の地でありながら、他国に比べてスラッシュ・メタルの勢いが弱かった、この不遇の時代のLate 80's UKスラッシュ・メタル発掘は、Mosh Tuneageによって近年ようやく盛り上がってきましたが、このHAYDRA VEINも2ndアルバムをR.K.T.からリリースしていたバンドで、Late 80's UKスラッシュが好きな人は絶対にチェックしなければならない必須バンドです。Reign In Blood時代のSLAYERに強く影響されたようなスラッシュで、1曲目からいきなりReign In Bloodアルバムから拝借したようなフレーズで爆裂しています。モロにS.O.D.みたいなリフもあったりしますので、志向としては日本のCASBAH (初期CASBAHはSLAYER ミーツ S.O.D.の最高峰だ!)に近かったのかも知れません。ハードコアなスラッシュながらアレンジも練られた整合感のあるスラッシュメタル・チューンで、ハッキリ言って成長したようでまるっきり単調だったONSLAUGHTの2ndなどよりも全然上手く仕上げてると思います。しかしHYDRA VEINと言えばなんといっても、この歴史に残る最凶のクサレ・ジャケ!!!ディスコグラフィーCDはこの素晴らしいジャケを使ってくれなかったので、これは嬉しいです。







・HAZAEL - Thor 2LP 税込4,428円 / CD 税込1,728円 (The Crypt / Dark Descent)



オリジナル盤CDは信じられない高額で取引される初期デス・メタル必殺の最強ウルトラ・レア盤、ポーランドで現在も活動するHAZAELの94年発表10曲入り1stアルバムが遂に再発。The Cryptからのアナログ盤は限定500枚プレスで、ltd.200枚ブラック・ビニールと、ltd.200枚ゴールド/レッド・マーブル・ビニールの2種入荷しています。



仮りのこのCDを中古で見つけたって、数万円で取引されるモノなんて思いもよらず絶対にスルーしてしまいそうな冴えないジャケですが、内容はなるほど、USや北欧などのバンドから強くインスパイアされながらも独自のセンスで、しかも非常に高いクォリティーでまとめあげたデス・メタル・アルバムです。叙情的な旋律はスウェディッシュ・デスの一線級バンドにも近いけど、フォーキーでドラマチックなメロディーは東欧らしい味わいかと思います。後半なんて、ちょっとVARATHRONみたいなアトモスフェリックな曲もあります。所謂カルトとされる名盤のほとんどは衝動が暴走したようなものですが、この作品は演奏も音質も西欧のバンドに引けをとってなくて、ハードコアなリフワークと疾走感のNIHILISTタイプ (ちょっとANTISECTみたいでもあるけど) の2曲目や、ENTOMBED, DISMEMBERに代表される王道スウェディッシュ・デス・スタイルのアグレッションを、USバンド並みの整合感で構成しています。マイナー臭さと高い音楽性が同居していて、この1枚で初期オブスキュア・デス・メタルの魅力を語りつくせるようなカルト・クラシック・デス!!







・AUTHORIZE - The Source of Dominion CD 税込2,052円 (The Crypt)



オムニバス提供曲と前身バンド MORBID FEARの音源も加えたディスコグラフィー2枚組LPでThe Cyprtが2010年に発売して即売り切れた初期スウェディッシュ・デス・メタル名盤 AUTHORIZEの91年発表唯一のアルバムが、CDも待望のオフィシャル再発。ノルウェーのMORTEMやARCTURUSの1st EPなどもリリースしてたフランスのPutrefaction Recordsから91年にリリースされたオリジナル盤CDは超メガ・レア、そしてVOMITORやMEGA SLAUGHTERなども再発してたけどグレーな権利関係とリップオフの噂もあった曰くつきレーベル Arsenal Of Gloryからの2006年版CDも今やプレミアが付いてますので、念願のオフィシャルCD再発です。海外ではLPでリリースされてないと作品自体に興味を持たないという、本当にそのバンドや音楽が好きなのかどうなのかわからん連中が驚くほど居ますので、これまでアナログ盤専門の再発レーベルとしてやってきたThe Cryptによる初のCDリリースとなるこの再発は、とても興味深いです。CDは今やデジタルなソフトなんかじゃなくて、アナログな楽しみ方でコレクションするフォーマットだということが、DLコード付きLP再発とか喜んで買ってる海外の連中にも浸透する日が来るかも知れません。





TRACKS 1-11 : "The Source of Dominion" ALBUM (1991年)

TRACKS 12-16 : MORBID FEAR "Darkest Age" DEMO (1990年)

TRACK 17 : 4 Way Split 7" with APPENDIX, NIRVANA 2002 & FALLEN ANGEL (1991年)





クリプティックなジョリジョリ・リフと硬質でパワフルなドラミングのマッチがバツグンにカッコよくて、起伏を含みながらもうつむき加減に冷淡に突き進んで行くようなlowスウェディッシュ・デス・メタル・サウンドは、EPITAPHやWOMBBATHなんかのファンは確実に必聴だと思います。時折顔を出す、暗く美しい旋律も効果的です。前身バンドのMORBID DEARはもう少しアグレッションが強調された初期デス・メタル・サウンドで、こちらはスウェディッシュ・ファン以外の90'sデス・メタル好きに広くオススメできるカッコよさ。ラストに収録された曲は、NIRVANA 2002らととも参加した幻の名作4 Way Split 7" EPに提供されたモノです。限定1000枚!!







・DECOLLATION - Cursed Lands LP 税込3,564円 (The Crypt)



LIERS IN WAITとGROTESQUEのメンバーが中心となって90年代初めに短期間活動したスウェーデン・ヨーテボリのデス・メタル・バンドが93年に残した音源を、The CryptがLP化して再発。限定500枚プレスで、ltd.200枚ブラック・ビニールとltd.200枚レッド・ビニールの2種入荷しています。



オリジナル・リリース以来初の再発のようで、カルト・デス・メタル・マニアには待望のリイシューみたいですが、内容はまさにカルトと呼ぶに相応しくも、当時のスウェディッシュ・デス・メタルのミュージシャン・シップの高さを象徴する素晴らしいものです。デス・メタルにキーボードを導入した最初のバンドとされるNOCTURNUSに強く触発されたと思われるスタイルなのですが、これが悪く言えば消化不良、しかし獰猛な暴力性とプログレッシブな志向を同時に試みたような唯一無比のストレンジ・デス・メタルで、コレは最狂デス!!構成するパーツがかなりデスラッシュ寄りテクニカルなので、土台はシカゴのSINDROMEみたいな感じもあるけど、オリエンタルなフレーズやサイケな妖しさ、メロディックなソロ、NAPALM DEATHみたいなブラストなど、ブチ込んだあらゆる要素が容赦なく全開で、まとまりなんてあったもんじゃありません。だから最高なのです。NOCTURNUS / AFTER DEATH, あと、SIGHのファンの方なんかにもトライしてほしいデス。オススメ!!







・MACERATION - A Serenade of Agony LP 税込3,564円 (The Crypt)



Black Markからアルバムを発表していたデンマークのデス・メタル・バンド INVOCATORのメンバーによるプロジェクト・バンドの92年発表唯一のアルバムが、The Cryptから初ヴィニール化再発。限定500枚プレスで、ltd.200枚ブラック・ビニール / ltd.200枚レッド・ビニール / ltd.100枚クリア・ビニールの3種入荷しています。



中心メンバーが本業でやってたINVOCATORもBlack Markからのオリジナル盤がレア盤として人気の高いバンドですが、実はDay Disyraahという名前でこのMACERATIONに参加しているVo.がEDGE OF SANITYのDan Swanoということもあって、話題性を高めた作品です。サウンドはオーソドックスなデス・メタルで、MASSACREやDEATHなどのUSデス・メタルからの影響を感じさせますし、スラッシュ・ルーツのリフワークやフレーズからは、Roadracer時代のSEPULTURAに似たものも感じさせます。しかし、これが北欧独特の情緒を帯びたベッタリlowな感触で表現されるとUSデス・メタルとはまるで異質で、Dan Swano云々を抜きにしても、90年代スウェディッシュ・デスに魅了された人ならばたまらないであろうオブスキュア・デス・メタル作品デス!!地味だけど、スラッシュの延長でデス・メタルへと深化していった当時のファンには、こういうのが一番好きな人が多いのではないでしょうか。

Japanese Hardcore Punks!!



・LIFE - The World Lies Across Them LP 税込2,484円 (La Vida Es Un Mus)



日本を代表する東京クラストコア・パンク LIFEの99年録音1stアルバムが、UKのLa Vida Es Un Musから限定500枚で再発。2014年の秋に行われたヨーロッパ・ツアーに合わせて発売されたもので、海外ではものすごい売れ行きのようですから、売り切れたらまた再プレスされるかも知れないけど、オリジナル盤を入手してなかった人はこの機会を逃さないようにしてください。キノコ雲デザインのステッカー付きです。



ex. ANTI-AUTHORIZE / 現G.A.T.E.Sのフタツギ氏在籍時の作品で、LIFEの基盤であったスカンジナビアン・スタイルのノイジー・ステンチ・クラスト・スラッシュにメタルコア要素をプラスして、ネコもシャクシもメタルパンク最高!とか言ってる現代ではちょっと想像しずらいでしょうけど、当時は非常に斬新な深化としてファンを驚かせました。ロウな演奏でAMEBIX, ANTISECT, AXEGRINDER, SACRILEGEなどのUKメタル・クラスト・テイストの導入を試みた意欲作です!!







・TRIKORONA / STUBBORN FATHER - Split DIGIPACK CD 税込1,600円 (Hello from the Gutter)



東京のTRIKORONAと大阪のSTUBBORN FATHERによる、カオティック・パワー・バイオレンスSplitアルバムがHello from the GutterからデジパックCDでリリース。



Split w/ NO-YARD, 1st CDも壮絶な内容だったTRIKORONAは、プログレッシブなパワー・バイオレンスとでも言うべきスタイルで、激しい曲展開はもちろん、シンプルなロック的フレーズのキャッチーな部分やノイズ・アプローチなどの多彩な手法を、終始圧倒的なハードコアのアグレッションで表現しています。アヴァンギャルドなUSHCをルーツとした、90~2000年代のカオティック・ハードコア・ファンは必聴の圧巻の内容です。STUBBORN FATHERも同様のスタイルですが、こちらはより激情的なメロディーと残虐性を強くアピールしたエモ・バイオレンスで、海外のスクリーモ系や、日本だと屍やSWARRRMなどのファンにオススメです!!



*こちらの商品は、ショッピング・カートのシステム上、税込値段が1,601円と表記されていますが、1,600円で販売しています。







・WARHEAD - S/T REGULAR CD 税込2,160円 / LIMITED VERSION w/ BANDANA 税込3,780円 (Bloodsucker)



海外でも絶大な人気を誇る京都のハードコア・パンク・バンド、京都のWARHEADの2014年発表新作アルバムです。60cm x 60cmのバンダナとの限定セットも入荷しました。初回入荷分は両バージョンともにポスターが付きます。



アルバムとしては21年ぶりの作品となる今回も、怒りが爆発したようなハードコア・パンク・サウンドは全く変わることなく、スピード・ナンバーもミドル・テンポのナンバーも常にマキシマムな怒涛のテンションで押し寄せます。ジャケ・デザインはSugi氏、そして限定バージョン付属のバンダナはex. KATHABUTAのもっさん氏によるデザインで、Bloodsuckerファンにとっても隅々まで大満足であろう力作です!!

Metal DeathSent!!



・SWALLOWED - Lunarterial 2LP 税込3,996円 / CD 税込1,728円 (Me Saco Un Ojo / Dark Descent)



SATAN'S SATYRSの1st 7"などもリリースしていたEmptiness Productionsから7"EPを発表して、世界中のデス・ドゥーマーから熱い注目を浴びていたフィンランド・ヘルシンキのSWALLOWEDが、待望の1stアルバムを発表。先にDark DescentからのCDバージョンが入荷して大反響でしたが、お問い合わせも多くいただいてたMe Saco Un Ojoからの2枚組LPも限定ホワイト・ビニールで到着しました。 EPもデモも過去作品は毎度即完売してきたので、気にはなっていても入手できずにいた方も少なくなかったと思います。初めて聴く方も、そして過去作品も楽しんできた方も大満足であろう壮絶な内容のフル・アルバムです。



Emptiness prod.も運営するギタリストのSamu氏を中心に結成され、現在はRANGERのオリジナル・メンバーも2人在籍しています。当初はNIHILISTとAUTOPSYの2大バンドに強く影響されたスタイルでしたが、徐々にドゥーミーなテイストが増強し、2010年に発表した1st 7"ではマキシマムにスロウなデス・メタルへと到達。もはやリズムには聴こえずに、全編、キメ部分のブレイクのようなウルトラ・スロウネス全開でしたが、エクストリーム・メタルの果てにゲテモノと化すようなバンドではないことを、この1stアルバムは実証しています。まず、今までほとんど無かった速いパートがあります。それも、ドゥーム・デス・バンド特有の鈍走感ではなく、爆発力と切れ味を備えたブラスト・パートです。KRYPTSとも近い位置に居るバンドだけど(1stデモ当時はKRYPTSメンバーも参加してました)、KRYPTSがINCANTATION型デス・メタルの発展型で近年のモダン・デス・メタルの傾向に乗っ取っているのに対し、このSWALLOWEDは初期からデス・メタルのアグリーさが一貫しているのが素晴らしい。ギター・サウンドには、デス・メタル本来の粗野な味わいと同時に、パワー・バイオレンス系の窒息しそうな重圧感も感じられます。サイケデリックなスロウ・パートも、ブラストするカオティック・パートも、デス・メタル・トレンドなリチュアルよりも、プリミティブさを感じてしまいます。そしてその野蛮なデス・メタルとしてのカッコよさを増幅してるのが、オカルティックでバイオレンスなムード満点のヴォーカルです。アルバム・ラストの曲はかなりサイケな混沌さで、TRIBULATIONやNEGATIVE PLANEにも通じる志向も感じますが、妖艶さなどなく、やはりもっと呪術的です。MORBUS CHRONなどのファンもチェックしてもらいたい作品ですが、パワー・バイオレンス・ファンにも聴いてもらいたいです。とにかくモノ凄い!!ぜひブッ飛んでもらいたいデス!!!







・ZOM - Flesh Assimilation CD 税込1,728円 (Dark Descent)



Me Saco Un OjoからLPが出てるFUIL NA SEANCHOILLEのサポート・メンバーも在籍するアイルランド・ダブリン出身デス・メタル・バンドの1stアルバムです。



FUIL NA SEANCHOILLEはブラック・メタルだけどクラスト・パンクのNUCLEAR DEATH TERRORメンバーによるプロジェクトですが、このZOMもクラスト・ファンに猛アピールしそうな爆裂具合で、理屈抜きにデス・メタルを楽しみたい人にはもってこいの内容です。スペインのATARAXYやGRAVEYARDなどにも通じる、BOLT THROWERやASPHYXのような感触で突き進む重厚デス・メタルなんだけど、とにかく疾走感が素晴らしく爽快デス!!イスラエルのKEVERや、ex. BURIAL INVOCATIONメンバーによるENGULFEDなんかが好きな方は絶対にチェックしてもらいたいですが、そのテの中でも爽快さはコレが一番のような気がします。







・DIRE OMEN - Wresting the Revelation of Futility DIGIPACK CD 税込1,620円 (Dark Descent)



カナダ・エドモントン出身デス・メタルの1stアルバムがDark DescentからデジパックCDでリリース。このバンドもRITES OF THY DEGRINGOLADEを頂点とする近年のカナディアン・エクストリーム・メタル・シーン人脈の流れに位置するメンバーが在籍していて、カナディアン・デス・ブラック・メタル・ファンにはもちろんオススメの作品ですが、昨今の過度なエクスペリメンタル傾向よりもオールドスクール色の強いタイプです。



MORBID ANGEL系統のテクニカル・デスを、邪悪サタニック・テイストは薄めて、IMMOLATIONタイプの切れ味と爆発力を増強したようなスタイルは、最近だとチリのUNAUSSPRECHLICHEN KULTENに代表されるような部類に当てはまるかと思います。そこにカナディアン特有の冷たさを加えてるので、ADVERSARIALにも近いですが、馬力もありますので、DIOCLETIANのような圧倒的なサウンドが好きな方にもオススメです!!







・PHOBOCOSM - Deprived LP 税込2,376円 / CD 税込1,620円 (Dark Descent)



VENGEFULというデス・メタル・バンドのメンバーを中心に結成された、カナダ・モントリオール出身デス・メタル・バンドが、Dark Descentからいきなりボリューム満点のフル・アルバムでデビュー作を発表。先にCDが入荷していましたが、アナログ盤もリリースされました。限定カラー盤などは存在しません。



INCANTATIONとEVOKENあたりの影響も感じさせるデス・メタルで、重苦しく混沌とした感触は近年のデス・メタルの傾向を表してるけど、デス・メタルの古典的リフをメインに楽曲が構成されているところも特長です。しかし、DEAD CONGREGATIONのようにタイトな切れ味を強調するのではなく、絶望的叙情を高めるためだと思いますが、激速ドラムは埋もれがちにして、重量級暗黒音の中に、かすかな叙情が漂っている点も重要なポイントです。ドラマチックに締める直前のラスト2曲目 Awaken Unconsciousなどは、かなりキラーなINCANTATION型激烈デス・メタル・チューンで、IGNIVOMOUSなどのファンも思わずガッツ・ポーズではないでしょうか。この、叙情と獰猛さのバランスが絶妙です。FUNEBRARUMなどのファンにはぜひ注目していただきたい新鋭デス!!







・SEMPITERNAL DUSK - S/T LP 税込2,376円 / CD 税込1,620円 (Dark Descent)



2012年にParasitic Recordsから発表した1stデモが地下デス・メタル・シーンのマニアに絶賛されたUSポートランドのバンドが、Dark Descentから1stアルバムをリリース。先にCDが入荷してましたが、アナログ盤もリリースされました。限定カラー盤などは存在しません。



メンバーは同じくParasitic RecordsからDISHAMMERとのSplit 7"を発表していたWARWOLVESや、以前入荷した作品も好評だったWEREGOAT, Blood Harvestから1st LPを発表していたSHROUD OF THE HERETICなどでも活躍する面々で、Parasitic RecordsやAjna Offensiveを中心とした北米エクストリーム・メタル・シーンの充実ぶり満喫してる人には絶対にチェックしてもらいたい作品です。



FATHER BEFOULEDなどを彷彿させるlowデス・メタルだけど、ENCOFFINATIONやGRAVE UPHEAVALなどのような、体力も精神力も消耗させられる拷問リチュアルなタイプではなくて、荒涼としたlow-endダークネスが叙情とは別次元の荘厳さを生み出していて、やはり凄く北米らしい味わいがあります。2曲目なんか、中盤は完全にCELTIC FROST型lowドゥーム・デスに展開していて、非常に渋いデス。サウンド・スケープ・モダン・デス・メタルならば各曲を独立して聴かせるのではなく、嫌味な言い方をすれば雰囲気でリスナーを呑み込むわけですから、このSEMPITERNAL DUSKのlowドゥーム・デス・メタルは、rawな古典的な手法であるとも言えます。VASAELETHのファンにもかなりおすすめデス!!







・VASSAFOR - Elegy of the Archeonaut 2LP 税込3,240円 (Dark Descent)



ex. DIOCLETIANで、現在はBLASPHEMYにもライブでのサポート・メンバーとして参加しているVK氏によるニュージーランドのバンドの、97年の1stデモから2007年のMLPまでの音源をランダムに収録したコンピレーション・アルバムが、2枚組でアナログ盤もリリース。CDとはジャケを変えたゲートフォルド・スリーブで、限定カラー盤などは存在しません。



DIOLETIANを始める10年も前の90年代中期に結成されたバンドで、DIOCLETIANを脱退したVK氏は、今後はこのバンドを中心に活動していくようです。このバンドも、やはり極悪に黒いブラック・デスメタルで、ベスチャル・デス/ウォー・ブラック系の激烈鋼鉄を、混沌と構成力とを同時に表現したようなスタイルです。DIOCLETIANよりも幅広い音楽性を反映させていて、ドラマチックな展開は、私のようにベスト盤で初めて聴く者でも十分に引き込ませるスキルの高さを感じさせます。BATHORYのカバーもやってますし、HELLHAMMER ~ CELTIC FROST的リフワークのスロウ・パートに、スーサイダル・ドゥーム系の絶望をトッピングしたり、ESOTERICあたりのディープなドゥーム・パートも聴かせたりと、多彩に攻めますが、インテリジェンスなど一切感じさせない圧巻の黒い突進力がとてもカッコいい!!ザックリ言いまして、DIOCLETIANがORDER FROM CHAOS的にオールドスクール要素を導入したような感じ、とでも言えますでしょうか。VK氏の圧倒的なルックスも完璧に激渋デス!!







・TRENCHROT - Necronomic Warfare LP 税込2,700円 / CD 税込1,728円 (Me Saco Un Ojo / Unspeakable Axe)



Dark Descent Recordsが別名義で運営するUnspeakable Axeから先にCDでリリースされて好評だった、USペンシルヴァ二ア出身デス・メタル・バンドの1stアルバムが、UKのMe Saco Un Ojoからアナログ盤もリリース。コレ、言おうか迷いましたが、情けないけどこういうトコロにすがらないと、円安で値段も上がってしまったLPはより厳しい状況なので暴露しちゃいますと、今回入荷したレッド・ビニール、実は世に20枚以下しか現存しないウルトラ限定バージョン!!!当初は限定100枚カラー盤をこのレッド・ビニールにする予定で進めていたのですが、トラブルで80%以上が廃棄になってしまったそうです。レーベルでは急遽クリア・ビニールもプレスして対応しましたが、今回はほぼすべてBOYに提供してもらいました。当店のお客さんでMSUOのホームページやfacebookをチェックしてる方は多いので、先にCDが出て大反響のSWALLOWEDのアナログ盤のお問い合わせは多くいただいてましたが、このTRENCHROTのレッド・ビニールについての記述や画像は恐らくインターネット上で見つからないはずです。こういうボーナス・アイテムだけピンポイントでヒットするハンターの方々、この2度とない機会にどうぞゲットしてください!!



伝統的スタイルを若々しいアグレッションとセンスで表現していて、今後注目に値する素晴らしい作品に仕上がっています。まずはなんと言っても、1曲目が爆発的にカッコいいという、へヴィメタル・アルバムの定石に完全に乗っ取った出だしにノックアウトされます。POSSESSEDやフロリダDEATHが不穏なダークネスよりもWHIPLASH的な熱血漢スラッシュになったようなこの曲はホントカッコいい!!こういう若い感性は、NEKROMANTHEONやスウェディッシュANTICHRISTが開拓した、新世代ダーク・スラッシュ・メタルの素晴らしい手法だと思います。しかしこのTRENCHROTの核はあくまでデス・メタルで、初期フロリダDEATHのようにへヴィ・メタルの叙情とガッツみなぎるメロディックなギター・ソロもガンガン絡みながら突進していて、スウェディッシュ・デス・メタル・ファンにもオススメです。USデス・メタル・シーンからは、HORRENDOUSやこういうバンドがもっとたくさん出てきてほしいです。







・HORRENDOUS - Ecdysis LP 税込2,700円 (Dark Descent)



無名な新人ながら、2009年デモ, 2012年1stアルバムともに大きな反響があったUSデス・メタル・バンド HORRENDOUSが10曲入り2ndアルバムです。先にCDで入荷していましたが、アナログ盤も入荷しました。このスプラッター盤は発売開始直後に即完売していますので、待っていた方は逃さないようにお願いします!



過去2作品でノックアウトされたファンの予想を上回る内容となっていて、のっけから劇的なメロディーで幕を開ける本作は、前作よりもさらにエモーショナルなギター・プレイに重点を置いた音作りに進化しています。曲調は1stと同じスタイルで疾走しながらも、泣きまくるギターを随所に挟み込んでいますし、ドラマチックにスロウ・ダウンする展開やアコースティック・パートは、IN FLAMESなどにも匹敵する必殺の叙情メランコリーが大爆発で、もうこれはアメリカン・バンドとは信じがたい繊細号泣デス!!しかし、メロデスに成り下がっているわけではなく、フューネラル・ドゥーミーな叙情性であったり、前作の土台になっていたDEATHとENTOMBEDの中間的なドカドカのデス・メタルらしい疾走感の上に美旋律を乗せたりと、ドラマチックでエクスペリメンタルなデス・メタル・アルバムに仕上がっています。全叙情派メタラー必聴&仰天の号泣哀愁デス・メタル!!







・BURIAL INVOCATION - Rituals of the Grotesque CD 税込1,512円 (Dark Descent)



トルコ・イスタンブール出身デス・メタルの傑作1stミニアルバムがCDで再プレス。この2014年バージョンには、ANATOMIAとのSplit 7"に提供した曲もボーナス収録されています。



暗黒ムードを強く放出したグルーミーな感触で、荘厳さすら漂う印象的な陰鬱メロディーを絡めながら、スロウ~ミッド~そして暴走パートと緩急をつけた展開のデス・メタルをプレイしています。曲調自体は、スペインのATARAXYのような爆裂感もありますが、なんと言っても最大の特徴は、このモサーッ!としたカビ臭いダークネスで、お隣の国ギリシャのデス/ブラック系バンドにも共通する感覚も持っています。INACANTATIONタイプやAUTOPSYスタイルとも違う、この倦怠感が凄くクセになります!!久しぶりに聴いたら、Me Saco Un OjoのLPで始めた聴いた時より数倍カッコよく感じました。







・ANGUISH (Sweden) - Mountain CD 税込1,728円 (Dark Descent)



1stデモ, 1stアルバムともに好評だったスウェディッシュ・ドゥーム・メタル ANGUISHの2014年発表2ndアルバムです。今回もDark Descentからリリースされてます。



GRAVELESS, VETERNUSの連中も参加という事で、デス・メタル方面でも当初かなり注目されていましたが、1stアルバムは同じくスウェーデンのデス・メタル上がりドゥーム SATURNALIA TEMPLEのような異端ドゥーム好きに強くアピールする傑作でした。まるでQuorthon on CANDLEMASSのような、正統派ドゥーム・メタルをバックにしたBATHORYみたいな殺伐エピック・ドゥームが実に個性的でカッコよく、まさしくスウェディッシュ・ドゥームとデス・メタルの交配から生まれた暗黒退廃美が充満する作品でした。今回も基本路線は全く同じでありながら、前作とかなり違った印象を与えてるのがVo.で、クォーソンからトムGウォリアーかエンジェルリッパーになったような渋いスタイルへと進化してます。メンバーのルックスも、以前のPetroff & Jofamaで全員きめた革ジャン姿から、Uppsalaのバンドらしい、Metal Of Death一派のアダルトなド渋ブラック・メタル・ファッションに変わりました。楽曲に関しては、もう文句なしに素晴らしい!!重苦しさの中に退廃的な美しさが漂う北欧スタイルの荘厳ドゥームは、SOLITUDE AETURNUSやCOUNT RAVENなどのサバス影響下正統派鋼鉄ドゥーム・ファンも必聴です。

Psychedelic Lotus Order Releases!!

*ドゥーム系を中心にリリースする中国のPsychedelic Lotus Orderのリリースが、久しぶりに各種まとめて入荷しました。ファースト・リリースだったスペインのOF DARKNESSは真っ先に入荷してましたが、それ以降はほとんど上手くいかず、逃してたモノも多かったので、念願の取引再開です。ENCOFFINATION関連のリリースが多かったように、ドゥーム系デス・メタルの極悪音源の濃黒さでは現存するレーベルではトップ・クラスで、その流通の悪さからも、あのベルギーのカルト・ドゥーム・レーベル Painiac Recordsを彷彿させるレーベル・カラーの印象が強いけど、知名度の高いバンドばかりではなく、新鋭バンドも積極的に発掘してますし、また、NECROMANCYのように、エクストリームなスタイルではなくても、アンダーグラウンドの個性的なバンドをリリースしています。







・NECROMANCY (Sweden) - Ananta Aradhana LP 税込2,592円 (Psychedelic Lotus Order)



以前にデモが入荷してたスウェーデン・ストックホルム出身ブラック・メタル・バンドの8曲入り1stアルバムです。デモもとても魅力的な内容だったので、2012年に本作がこのP.L.O.からリリースされると聞いた時は、半ばあきらめてCD化をひそかに待っていましたが、いまだにその情報もないので、これは個人的にも凄く嬉しい入荷です。やはり過去にデモが入荷していたLAMENTATIONというデス・メタル・バンドを母体とした、トラディショナルなへヴィメタル・スピリッツを強く打ち出すオカルト・メタルで、昨今のスウェディッシュ・メタル・シーンに多く見られる、デス/ブラック・メタル系ミュージシャンによるへヴィメタル・ルーツへの原点回帰的バンドの一つと捉えて問題ないかと思います。しかし、IN SOLITUDEなどUppsalaのMetal Of Death一派や、MORBUS CHRON, TRIBULATIONなどのデス・メタル・バンドよりも圧倒的にアンダーグラウンドなムードが強く、クサレ・メタル・プライドを貫く姿勢がとても頼もしいです。意地悪な言い方をすると、このアングラ・ムードが、前述のバンドほどブレイクできない要素となってるのかも知れませんが、デス・メタル・シーンで慣らした荒々しい演奏は、絶対にこのバンドの最大の武器となっていると思います。疾走するブラック・スピード・メタル・ナンバーも印象的で、初期PORTRAITがMERCYFUL FATEのスピードメタル版だったとすれば、このNECROMANCYはスピード・メタル・パートも聴かせる初期MASTER'S HAMMER影響下オカルト・メタル、といった感じです。パーツはBATHORYやCELTIC FROSTも思わせるプリミティブなリフでもあるし、Vo.がブラック・メタルらしいイーヴィルな吐き捨てタイプなので、同じくスウェーデンのANGUISHとは違った表現方法の、エクストリーム・メタルを通過したサタニック・メタルとも言えます。



PORTRAITは、HELVETETS PORTのハゲかけたベースの人がVo.だった1stアルバムまでがいつまでも忘れられなくて、Metal Blade移籍後に魅力を感じないような人は、ぜひこのNECROMANCYにチャレンジしてみてください。サタニックな雰囲気を醸し出しながらも現代の若者らしいスマートなルックスだけど、MASTER'S HAMMERのTシャツにマント、VONのロゴのペイント、BLACK FLAGのTシャツに袖をまくったスウェディッシュ革ジャンなど、要所要所がいちいちセンス抜群なのが、サウンドにも見事に反映されていると思います。世の中では人気ないですが、BOYは自信をもってオススメします。限定300枚プレスで、今回は残ってるのが見つかったltd.100枚パープル・ビニールで入荷しました!!











・GRAVE UPHEAVAL / ENCOFFINATION - Split 7" 税込1,296円 (Psychedelic Lotus Order)



1stアルバムで世界最遅記録を樹立したUSドゥーム・デス・メタル ENCOFFINATIONと、PORTALやIMPETUOUS RITUALもやってるメンバーらによるGRAVE UPHEAVALによるSplit EPが、7"サイズになって再発。このリリースは限定250枚の12"で2011年に発表されてましたが、当初はこっちの7"サイズでリリースする予定だったそうです。これは逃してた方も多かったと思いますので、嬉しい再発です。



当時はまだENCOFFINATIONの話題だけで持ちきりで、デモを発表しただけだったGRAVE UPHEAVALの方は耳の早い真性地下マニア以外には全然知られてなかったので、このSplitは衝撃的でした。A面はGRAVE UPHEAVALから始まりますが、遅いんだか速いんだか、そもそもリズムの概念がないハーシュな音塊なのか、針を落とした瞬間には何事が起ったのか理解できない極低最黒にブチのめされます。しかし地獄の真っ黒けドローンな中にも恍惚な荒涼や、デス・メタル然とした構成があるところが見事です。ENCOFFINATIONは1stアルバムの遅さが究極だったので、このSplitでの邪悪Vo.を際立たせたような荘厳退廃美ブラック・デス・メタルは、ロゴからもにじみ出てる彼らの基盤であろうINCANTATIONウォーシップの原点に立ち返ったモノと思われます。そしてコレが素晴らしく素晴らしい!!!1曲だけだからかも知れないけど、個人的にはENCOFFINATIONはこれくらいが実にちょうど良くてカッコいい。NECROS CHRISTOS, VASAELETHなどの荘厳さにも通じますが、コレはやはりINCANTATIONウォーシップの最高峰レベルではないでしょうか。再発されて然るべき、名作Split EPです。







・PLANET AIDS - Apokalyptik AIDS LP 税込3,996円 (Psychedelic Lotus Order)



BARBATOSとSplit EPをリリースしていたパンク・ブラック・メタル HERETICメンバーと、1stアルバムを日本のウルトラ・カルト・レーベルから発表して後にNWN!がアナログ化したBUNKURのメンバー2人による、オランダ産インダストリアル・ドゥーム・メタルの2004年発表アルバムです。オリジナルはCDでリリースされていましたが、2013年に限定100枚レッド・ビニールでLP化されました。



現在も活動していますが、発表作品はまだこの1枚のみです。しかし、この1枚で完結したほうが世の中のためには良いのでは、と思うくらい、壮絶な凶悪ドローン・ドゥーム・アルバムで、カルト・エクストリーム・メタル・マニアに狂信的に支持される超危険名盤です。後のアトモスフィカルなフューネラル・ドゥーム・サウンドからは信じられないウルトラ・アシッド・ドゥーム・クラシックだったESOTERICの1stと、肉親を殺害した精神異常者をレコーディングに参加させたという噂もあったサイコ・インダストリアル STALAGGHをミックスしたような殺伐ドローン・ドゥームで、BUNKURが好きなら絶対に必超&発狂のマーダ―・バイオレンス・ドゥーム・デス!!







・LAMPADES / BLEAKWOOD - Split 7" 税込1,296円 (Psychedelic Lotus Order)



オーストラリア出身という以外は正体を明かさずに、NWN!からのデモで2012年にデビューしたLAMPADESと、同じくオーストラリアでシドニー出身のブラック・デス・メタル BLEAKWOODによる、2013年発表限定300枚Split 7"です。両バンドともオーストラリアンン・デス・メタルらしい個性が大爆発していて、OZアンダーグラウンド・エクストリーム・メタル・ファンには大満足のEPではないでしょうか。



デモが素晴らしかったLAMPADESは、PORTALにも似た冷徹さですが、アヴァンギャルドな雰囲気はなく、今回はブラスト・ビートもスピード感も一切ないスラッジな重量音塊を暴力的にブン投げていて、なんだかデス・メタルっぽくやってる初期CORRUPTEDみたいな感じもあって渋いデス。BLEAKWOODもPORTALに似た感覚があって、こっちはアヴァンギャルドな冷たさとブラック・メタルのコールドネスをミックスしたようなサウンドが、カナダのプログレッシブ・ブラック・メタル THANTIFAXATHにも通じます。







・EATEN ALIVE - Transfiguration of the Macabre 7" 税込1,296円 (Psychedelic Lotus Order)



PERVERSORや現ATOMIC AGGRESSORメンバーも在籍するチリのデス・メタル・バンドの限定300枚1st 7”です。メンバー構成も納得のオールドスクールなドゥーム・デス・メタル・サウンドで、ANATOMIAのようなAUTOPSY直系スタイルに、GRAVEのようなスウェディッシュ・デス的陰鬱さもプラスし、さらにはHELLHAMMER系鈍走感もあって、初期ドゥーミー・デスの微妙に異なるスタイルを上手くミックスしたようなバンドですが、感触も現代的な重量感でないズルズル感が90年代臭いのが最高です。カジュアルなデス・メタル・ファッションにコープス・ペイントを施す感覚はフィンランドのバンドっぽくも見えてきますが、デモ時代のSWALLOWEDなんかが好きな人にもぜひチェックしておいてもらいたい新鋭デス!!







・EVILTHORN - S/T 7" 税込1,080円 (Psychedelic Lotus Order)



中国でイチ早くブラック・メタルをプレイしたの一つとされるEVILTHORNの、2002年に録音した未発表1stデモを限定300枚で7"EP化したものです。アジアン・ブラック・メタル黎明期バンドに多い、オリエンタルなメロディーが身に付いたようなモノと全然違う、DARKTHRONE直系タイプで、冷たい悲哀旋律のロウ・ノイジーなブラック・メタルが好きなら間違いなく楽しめると思います。アートワークもカッコいいですし、Legion of Deathの辺境地メタル発掘を堪能してるような方には嬉しくなるようなシングルです。

鉄アレイ - IV CD



・鉄アレイ (TETSU ARRAYI) - IV CD 税込2,484円 (Break the Records)



度重なるメンバー・チェンジなどもあって、軌道に乗った活動が続きにくかったにも関わらず、80年代から日本のリアル・ハードコア・パンク・シーンの精神的支柱のような存在感で、全国のハードコア・パンクス/バンド・マンにとって大きな目標となってきた鉄アレイが、結成30周年目に発表した新作11曲入りCDです。先着限定で缶バッジが付きます。



多くのハードコア・パンク・バンドが年輪を重ねていくとともにR&Rアプローチを取り入れてきたのは、スラッシュ全盛の80年代から、鉄アレイが猛烈な爆走ドライビング・ハードコア・サウンドの中にナチュラルにR&Rを充満させて、間近に偉大すぎるお手本を提示してきたからだと思うのですが、若く新しい血を導入した現在の鉄アレイにも、やはり圧倒的な風格とソウルフルなR&Rが全開で、初レコーディング化の曲でも、既にライブでおなじみの曲などもあります。ジャケ・アートはもちろん今回も格闘王 荒野氏によるデザインで、待ち望んだファンは間違いなく必聴の入魂作品です!!

Hardcore Punk Classics from the Graves!!





・NO MERCY - Widespread Bloodshed Love Runs Red LP PICTURE VINYL 税込3,780円 / BLACK VINYL LP 税込3,240円 / CD 税込2,592円 (Suicidal)



再入荷お待たせしました!!!しかし、お問い合わせがひっきりなしで、今回の再入荷分も既に残りはあまり多くありません。もちろん、また再入荷させますが、次はこの値段ではいけそうにないので、ぜひこの機会に確保してください。



「イヴォ―――ォォォggghhh!!!!!」が一番きまってたこの最凶レア・クロスオーバー・クラシックが、遂に再発ゥァaaarrrggghhh!!!!!SUICIDAL TENDENCIESの3rdアルバムから参加するギタリスト Mike Clarkが率いたLAヴェニスのスラッシュ・バンドの、Suicidal Recordsから87年に発表した1stアルバムです。まだUSHC然とした頃の最初期音源集 OG No Mercyが2008年にリリースされましたが、この1stアルバムは永遠に値崩れしない人気のレア盤なのに、なぜか過去にブートの類でも再発されたことは1度もありませんでしたので、この再発のニュースを聞いてから、しばらくソワソワして仕方ありませんでした。毎年暮れになると同じようなこと言ってますが、今年も果たして無事に年を越せるか微妙なくらい綱渡り状態の経営だけど、これは死ぬ気でオーダーしました。さすがにNO MERCYでズッコケることはないでしょう。もう1つか2つ死ぬ気でオーダーしてるヤツあるけど、まずはこのNO MERCYで死んでください!!!



クロスオーバー全盛期にリリースされたこのアルバムは、当時Burrn!でもかなり絶賛されたので、BOYでもスラッシュ・メタル好きのお客さんとよく話題にあがります。大手ディストリビューターのCarolineがケツ持つ前の初期Suicidal Records作品はやはりプレス枚数が少なかったせいか、85年発表大傑作オムニバス Welcome to Venice comp, 86年発表のBEOWULF 1st, そしてこの87年発表のNO MERCYは、中古市場でも常に高い人気と相場価格を維持していて、最近Southern Lordから再発されたEXCELの1stも87年発表ですが、EXCELからはCarolineによる流通で広く世界各地で入手できるようになりました。NO MERCYまでのSuicidal Records自主流通時代は、スケボー・ブランドのDogtown商品とSuicidal Recsリリース作品&マーチャンダイズが一緒に掲載されたフライヤーがインナーとともに入ってるものもありました。



初期Suicidal Recordsのバンドはどれも非常に個性的なスラッシュ・サウンドで、アメハ―土台を貫いたキャッチーなEXCEL, 西海岸ハードコア版MOTORHEADのようなワイルドさが激渋だったBEOWULF, そしてこのNO MERCYはSUICIDAL TENDENCIESと並んで一番メタルに接近したスラッシュでした。後にSUICIDAL TENDENCIESでも演奏される曲も既にこのアルバムでやってますし、88年に発表する構想がありながら実現しなかったNO MERCYの2ndアルバムに収録予定だった曲は、NO MERCYが解散したことによって、SUICIDAL TENDENCIESの同年発表3rdアルバム How will I Laugh Tomorrowで録音されて陽の目を見たそうです。DISCHARGE大好きキッズだったパンクスがスラッシュ・メタルに出会ったことによって、DISCHARGEの曲構成を全部SLAYER型のブリブリ刻みにしてしまったUKブリストルのONSLAUGHTの1stアルバム Power from Hellは、ブリティッシュ・クロスオーバー・スラッシュの初歩中の初歩的方法論であり究極だったわけですが、NO MERCYの場合はBLACK FLAG, GERMS, FEARなどのLAパンクに夢中だったスケボー・キッズが、83年に発表されたSUICIDAL TENDENCIESの1stを聴いて衝撃を受け、さらにMETALLICAやEXCITERなどのスピード・メタルにのめりこんでいったと、Mike Clark氏がセルフ・ライナー・ノートで解説してる通りのサウンドで、SUICIDAL TENDENCIESの1stみたいな曲調をずーっと直線的なズグズグ刻みで演奏してしまっているのが素晴らしく最凶メガ激渋です。黒人ギタリスト Rocky Georgeが加入してスラッシュ・メタルへ接近した2ndのSUICIDAL TENDENCIESよりもガサツで粗いし、バックの演奏がどんなにメタリックに進化しても、線の細いUSHCスタイルのVo.を貫いたMike Muirとのミスマッチも最高にスリリングです。



そしてなんと言っても当時モノ凄いインパクトだったのが、Suicidalファミリーの多くの名作を手掛けていたMichael Seiff氏による、この渾身のウルトラ・グレートなジャケ・アート!!!ワタクシは四十過ぎてもこのジャケが、全世界中のレコード(を知り尽くしてるわけないけど)の中で絶対に1番好きなデザインです。真ん中の「ウガーッ!!」って感じの超おっかねー奴と、怨念がこもったようなロゴなんか、狂気の沙汰のカッコよさです。Michael Seiff氏はどうやら亡くなられてるようですが、間違いなく彼の最高傑作アートの一つでしょう。



今回の再発はLPがブラック・ビニールとピクチャー盤、そして初CD化の3種フォーマット。オリジナルLPの歌詞インナーは両面シートでしたが(と、永年思いこんでいましたが、オリジナル盤の後期プレスもインナー・スリーブだったことを、こないだ始めて知りました)、今回のブラック・ビニールはインナー・スリーブになっていて、Mike Clark氏によるライナー・ノートも掲載しています。CDももちろんフォールド・ジャケに歌詞とNike Clark氏のライナー・ノート掲載。そしてピクチャー盤はステッカーが貼られた専用のクリア・スリーブに収納されてます。ピクチャー盤とCDの初フォーマット2種は買うの当たり前だけど、これはやっぱり黒盤も絶対に買う。円安以前に、Suicidal Recordsリリースはもともと割高なのでお値段はお安くはないですが、オリジナル盤の相場価格考えれば、今回のピクチャー盤LPの倍くらいはしてますから。



さらに今回は、舞い上がってしまってSUICIDAL TENDENCIESのオフィシャル・ステッカー3種も大量に買い付けたので、デザインの指定はご勘弁願いますが、黒盤LP / ピクチャー盤LP / CDのどれをお買い上げでも対1でお付けます!!!興奮しすぎてテレビ・ショッピングみたいな解説になってますが、これは絶対に宜しくお願いします!!!!!







・EXCEL - Split Image 2LP + 7" 税込3,996円 / CD 税込2,268円 (Southern Lord)



BEOWULF, NO MERCYと並んでSUICIDAL一派第1世代を代表するUSカリフォルニア・ヴェニス出身クロスオーバー・スラッシュ・バンドの87年発表1stアルバムが、85年/86年デモなどもプラスした2枚組LPでSouthern Lordから再発。大反響を呼んでいるNO MERCYもそうですが、初期Suicidal Recordsバンドの名作は未再発だったものが多いので、このEXCELもSuicidalファン / クロスオーバー・スラッシャー / USHCファンには嬉しいリリースです。あとはBEOWULFだ!!





"Split Image" LP

A1. Your Life, My Life

A2. Insecurity

A3. Split Image

A4. Never Look Away

A5. Wreck Your World

B1. Social Security

B2. Set Yourself Apart

B3. The Joke's On You

B4. Looking For You

B5. Spare The Pain



Welcome To Venice / Personal Onslaught (Demo)

C1. Enforcer

C2. Conclusion

C3. Make Up Your Mind

C4. Split Image

C5. Insecurity

C6. Looking For You

C7. Spare The Pain



Refuse To Quit (Demo)

D1. Never Look Away

D2. Gods Of Power

D3. Set Yourself Apart

D4. Blitz In Confinement

D5. Insecurity (Thrasher Skate Rock Version)



7" Demo

E1. Enforcer/Conclusion

E2. Make Up Your Mind

F1. Sonic Decapitation

F2. No Deal





当時はNO MERCYの極悪なインパクトとBEOWULFのモーターヘッドishクロスオーバーに魅了されて、EXCELにはあまりのめり込まなかったけど、実際日本ではSuicidal信者のスケート・スラッシュ好き以外には、クロスオーバー・ファンなんかにもそんなに大人気ってほどアピールしてなかったような印象があります。Vo.が完全なUSHCスタイルなので、個性的なバンドが多かったSuicidalファミリーの中で、ちょっと地味に感じたのかも知れません。しかし改めて聴いてみると、これはATTITUDE ADJUSTMENTの1stなんかよりも、メタル・ギターとハードコア・パンクVo.のミスマッチが見事にきまった、80's USクロスオーバー・スラッシュとして満点に近い内容です。後にINFECTIOUS GROOVES結成時にも抜擢されるギタリストが完全にバンドをリードしている感じで、スピード感と起伏のある展開をダイナミックなメタル・ギターで構成し、テクニカルなリフや流麗なメロディック・ソロも見事です。当時は"スピード・メタル"と呼ばれたスタイルが、メタル・ファンとパンク・ファンの間ではかなり違っていたのは、メタル・ファンにはあまり知られてないようですが、これは80年代US西海岸パンク・シーン界隈で言うところの完全なスピード・メタル・サウンドです。重ねて言いますが、EXCITERやAGENT STEELみたいな本流の鋼鉄スピード・メタルではなく、Thrasher MAGAZINEのレビューやMaximum Rock'n'Roll誌でスピード・メタル特集を組んでいたPusheadが指したようなスピード・メタル・サウンドのど真ん中、という意味です。そして驚いたのがボーナスで収録のデモ音源で、1stアルバムよりも数倍スラッシュ・メタリック・ギター全開な、かなりキラーなロウ・スラッシュ・クロスオーバーで素晴らしいカッコよさ!!確かに、Welcome to Veniceに入ってたEnforcerなんて曲は、かなり(ここでは本流という意味の)スピード・メタルっぽいクロスオーバーだったなー、なんて思ってたら、アナログ盤にはそのWelcome to Veniceの曲まで追加収録されてるじゃないですか!!!これは、少しくらい高くても、アナログ盤をもっと取ればよかった・・・。



LPの今回入荷分はパープル・ビニールとシルバー・ビニールの2種で、ボーナス7"EPも付いた各限定500枚プレスです。NO MERCYと同じタイミングで入れたかったけど、Southern Lordだし無理か・・・と、EXCELに対する当時の自分の思い入れの薄さを理由にしてごまかしてましたが、セレクト・ショップを自負する店の悪い点と反省しています。ぜひ、NO MERCYと一緒に聴いて、個性あふれる80年代Suicidalファミリー・クロスオーバー・スラッシュの魅力を満喫してください!!







・LUDICHRIST - God Is Everywhere-Demos 1985 / Live at CBGB 1986 DIE HARD 2LP 税込3,996円 (F.O.A.D.)



CRUMBSUCKERSの初期デモ集に続いて、またしてもF.O.A.D.がやってくれた80's NYクロスオーバー・スラッシュ・クラシックのレア・コレクション・アルバムです。後にSCATTERBRAINへと発展したスラッシュ・バンドの、1stアルバム発表前にリリースしていたカセット・ライブ・アルバムやデモなどを収録した2枚組LPです。





Demo (June 1985)



A1. Murder Bloody Murder

A2. Government Kids

A3. Tylenol

A4. F.S.S.B.S.

A5. Mengele

A6. Immaculate Deception

A7. Corpse

A8. Big Business

A9. Blown Into The Arms Of Christ

A10. Down With The Ship

A11. God Is Everywhere

A12. Most People Are Dicks





Demo (November 1985)



B1. Young, White And Well Behaved

B2. Most People Are Dicks

B3. Only As Directed

B4. God Is Everywhere





Songs From "Exposure To Conviction" Comp. Tape (1986)



B5. Young, White And Well Behaved

B6. Government Kids

B7. Tylenol





Live At CBGB "Off The Board" (April 6th / May 15th 1986)



C1. God Is Everywhere

C2. Tylenol

C3. Young, White And Well-Behaved

C4. Murder Bloody Murder

C5. Government Kids

C6. Corpse

C7. Big Business

C8. F.S.S.B.S.

C9. Blown Into The Arms Of Chirst

C10. Down With The Ship

C11. Immaculate Deception

C12. Excommunicated

C13. Only As Directed

C14. Mengele

C15. Most People Are Dicks





Ed Repkaのジャケ・アートで87年にCombat Coreから発表した1stアルバム Immaculate Deceptionは、起伏の激しい展開を激速スピードコア・スラッシュでぶっ飛ばすスタイルが、テクニカルでダイナミックなサウンドなのに、当時の日本ではハードコア・パンク系のファンに大好評でした。88年発表2ndアルバム Powertripは、スピードコア並みの猛速パートはそのままに、しかしスラッシュ・メタルの刻みリフをロウなサウンドで鋭利に仕上げた感触がアンチ・メタルなスラッシュ・パンクには不評だったけど、ゴリゴリ・ダーティーにソリッドなSPAZZTIC BLURRのようでもあって、最凶のクロスオーバー・アルバムでした。そしてここで聴けるデモ音源は、1stがちょっとファニーすぎてウザかった硬派クロスオーバー・ファンや、2ndがメタル・ギター過ぎてダメだったパンク・スラッシャーの両者にオススメできる内容で、一言で言ってLUDICHRISTの音源の中で一番カッコいい!!ドカドカのスピード感はもちろんあのままに、ボトムが強調されたraw & lowな激速クロスオーバーで、80's NYHCファンもクロスオーバー・スラッシュ・ファンも絶対に大満足の内容です。



今回入荷したのは限定100枚カラー・ビニールのダイハード・バージョンで、D面にシルク・プリントが施されています。ブックレットには当時の写真やフライヤーはもちろん、オフィシャル・マーチャンダイズとして販売されていたTシャツの数々も掲載してて、NYHCスラッシュ・ファン憧れのSean Taggart画伯の素晴らしいアートも多数登場して大興奮!!だのに、なぜこんなジャケなんだ!?!?CRASSのGee Vaucherさんによるジャケ・デザインだそうですが、なんでSean TaggartやRepkaのような伝説的スラッシュ作品を多く手掛けたアーティストが素晴らしい仕事をしていたバンドのジャケを、CRASSの人がやってるんだ??メンバーさんの意向なら余計なお世話だけど、サッパリ意味がわかりません。でもまぁ、このダイハード・バージョンは既にレーベルで完売してますし、(音もブックレットも)中身は最高文句なしなので、ファンは絶対確保しておきましょう。







・CLOWN ALLEY - Circus of Chaos CD 税込1,728円 (Southern Lord)



後にMELVINSに加入したLori Black (アメリカの有名な大女優 シャーリー・テンプルの娘らしいです)や、ギタリストもLori脱退後のMELVINSに参加していたUSサンフランシスコのクロスオーバー・スラッシュ・バンドが、86年にAlchemy Recordsから発表した唯一のアルバムにボーナスでライブやインタビューも加えた16曲入りCDです。



RKL 1st, NEUROSIS 1st, SACRILEGE B.C., POISON IDEA "War All the Time", そしてMELVINSの1stなど、USHCの個性的な重要名盤を輩出してきたAlchemy作品の中ではひときわ地味なリリースでしたが、内容は文句なしのクロスオーバー・スラッシュでカッコいいです。やはりメンバーのテクとスキルが申し分ないと、クロスオーバーでもこういう個性的なサウンドが生み出せるのでしょう。メタリックとも言えるけどハード・ロックの土台の上で疾走するスタイルは、Death Records時代のC.O.C.にも似てる気がします。何言ってるのかわからないけど、レーベル・メイトのバンド名がポンポン飛び出すインタビューも英語が理解できたらすごく面白そうです。とにかく地味なイメージで損していますが、クロスオーバー・スラッシュ・ファンは絶対に聴いてほしい名盤です!!







・POISON IDEA - Kings of Punk (Bloated Edition) 2CD 税込2,592円 (Southern Lord)



USキングス・オブ・パンク POISON IDEAの、86年にPusmortから発表した1stアルバムにボーナスをたっぷり追加した2枚組CDです。





Kings of Punk LP



1-1. Lifestyles

1-2. Short Fuse

1-3. God Not God

1-4. Ugly American

1-5. Subtract

1-6. Cop An Attitude

1-7. Death Wish Kids

1-8. Made To Be Broken

1-9. Tormented Imp

1-10. One By One

1-11. Out Of The Picture





Kings Of Punk Live: 1984-1986



Live At Pine Street Theatre 84



1-12. Pure Hate

1-13. A.A.

1-14. Self Abuse

1-15. Tormented Imp

1-16. Think Fast

1-17. Legalize Freedom

1-18. Cold Comfort

1-19. Jailhouse Rock

1-20. This Thing Called Progress

1-21. Rubber Husband

1-22. Thorn In My Side

1-23. Rich Get Richer

1-24. Time To Go

1-25. Ugly American



Live At Satyricon 85



2-1. Out Of The Picture

2-2. Cult Band

2-3. Time To Go

2-4. God Not God

2-5. This Thing Called Progress

2-6. Subtract

2-7. Rubber Husband

2-8. Lifestyles

2-9. Laughing Boy

2-10. Made To Be Broken

2-11. Short Fuse

2-12. Tormented Imp

2-13. One By One

2-14. Pure Hate

2-15. Death Wish Kids

2-16. Jailhouse Rock Live

2-17. A.A.



Live At Pine Street Theatre 86



2-18. Short Fuse

2-19. Laughing Boy

2-20. Thorn In My Side

2-21. Out Of The Picture

2-22. Tormented Imp

2-23. Made To Be Broken

2-24. Death Wish Kids

2-25. A.A.

2-26. Rubber Husband

2-27. Time To Go

2-28. Motorhead





ポートランド・スピード・メタル MAYHEMのバック・メンバー、Slayer Hippie, Erick Olsen (復活してた!!!!!), Mondoの3人が加入する以前の初期POISON IDEAは、砂ぼこりが舞い上がるような猛烈なスピード感が最大の魅力だけど、クレイジーなジャケが衝撃的だったこのKings of Punks 1stアルバムでは既にアプローチも多彩になっていて、暴走ドライブしまくるリズム隊、すさんだ暴力的ヴォーカル, 焦燥感と表情豊かなフレーズが同居した驚異のギターが一体と襲いかかるハードコア・サウンドは、後のスラッシュ系ハードコア・パンク・バンドにも大きな影響を与え続けています。USHCを語る上で絶対に欠かせない重要作です!!







・BL'AST - Blood! LP 税込2,484円 (Southern Lord)



伝説のキング・オブBLACK FLAGフォロワー・ハードコア・パンク、BL'ASTの未発表音源がSouthern Lordから発掘リリース。限定500枚クリア・スプラッター・ビニールのアナログ盤も入荷しました。



My Warで頂点に登りつめたBLACK FLAGは、Greg Ginn氏の殺人級ギター・リフよりも、SAINT VITUSにも通じる隙間だらけの神経衰弱サバス・リフを柱にしたスタイルへと深化したけど、My War以降でBLACK FLAGが表現したダイナミズムに焦点を絞ったサウンドが、BL'ASTの特徴かと思います。FOO FIGHTERSのDave Grohl氏が今回のリリースに大きく携わっていて、ミックスなどの作業を指揮していますが、SCREAMにも在籍したDave氏の青春もよみがえったのか、俄然燃えて自ら積極的に仕事したそうです。ダイナミックでパワフルな、速くないアメハー・サウンドの最高峰が、素晴らしいサウンドが再現されていて、これはDave氏ならずとも燃えるカッコよさです!!It's in My Blood!の頃の曲で構成されていて、できればTake the Manic Rideの頃の曲を、このサウンドで聴いてみたかった気もしますが、まぁとにかく80's USHCファン必聴です!!







・BL'AST - The Expression of Power DIGIPACK CD 税込2,268円 (Southern Lord)



こちらは86年発表名作1stアルバム、かと思いきや、タイトルもジャケも間違いさがしのようなこのCDは、1stアルバム The Power of Expressionの未発表テイクを集めたモノです。未発表音源 Blood!をリリースした時も話題を呼びましたが、たぶんバンドとしてはアルバムの権利をSSTから取り戻したいけど、SSTにガッチリ握られてどうしようもなく、こんな音源を発掘リリースしてるんだと思います。しかしファンからすればこういうお蔵入り音源の方がとてもありがたくて、この1stアルバム未発表セッションも、単なるアウトテイク集とは違った印象を与えてくれる非常に興味深い音源です。デジパックで、横帯も付いています。



このCDには、ほぼ曲順通り1stアルバムの未発表録音が2テイク収録されていて、特に後半部分に収録のテイクがBLACK FLAGの病んだバイオレンス・ムードにけっこう肉薄してて素晴らしい!!Take The Manic Rideで狂気がスパークするまでは、単純明快なBLACK FLAGフォロワー・パンク・サウンドが魅力の初期BL'ASTにも、やっぱりこんな一面があったのは意外でもあるし超納得でもあります。とにかく、Blood!アルバムとともに、BL'ASTファンは絶対に1度聴いておきたい音源ではないでしょうか。







・OFFENDERS - Endless Struggle / We Must Rebel / I Hate Myself 2LP 税込3,240円 (Southern Lord)



過去にもいろんな形で再発されてきたUSテキサス・ハードコア・パンク・バンド OFFENDERSの、84年2nd 7" I Hate Myself, 83年1stアルバム We Must Rebel LP, 85年2ndアルバム Endless Struggleを収録した2枚組LPです。EXCEL再発のニュースを聞いてSouthern Lord再コンタクトをしようか本気で悩みだしたのですが、OFFENDERSのこんなアナログ盤が今年2014年に出てたと知って、意を決しました。一応、BOYは今までのOFFENDERS再発盤CDはちゃんと全種入れてきたのです。同世代の海外の人間とやりとりしてても、「お宝音源発掘盤とかじゃないけど、やっぱりSouthern Lordのあの2枚組LPは買ってしまった」という人も多い、世界中の40歳以上のUSHCファンを魅了したUSHCヒーロー・バンドの一つです。We Must Rebel LPがブルー・ビニール, Endless Struggle LPがレッド・ビニールの2色セットで、横帯付きです。



メガ・スーパー・レア・デビューEP Lost Causes 7"を含んでいませんので、ハードコア・スラッシュ期に絞った音源集と言えると思います。そして個人的には、この編集がやっぱりベストです。CLASHに影響されたようなスタイルでスタートした初期は、テキサス・パンクを語るうえでも欠かせない名作ですが、やはり83年にして、あそこまでドラマチックで速いハードコアにチャレンジした1stアルバム以降のOFFENDERSは本当に驚異的でした。初めて盤に針を落とした瞬間、誰もが回転数を間違えたと思ってしまう高速ハードコアの2nd EP, そして衝動が音に出たような整理されきってないサウンドが魅力でもあった1st LP ~ 2nd EPの頃から格段に成長した、円熟のドラマチック・ハードコア・スラッシュへと到達した2ndアルバム。いつ聴いても全てゾクゾクするくらいメガ激渋カッコいいです。クロスオーバー・ファンの方には、D.R.I.の2ndアルバムで、全パート中もっとも猛烈に自己主張してるベースを担当してるのが、このバンドの故Mikey Offendersだったことをぜひ知っておいていただきたいです。最高!!!







・RAW POWER - After Your Brain DIGIPACK CD 税込1,944円 (F.O.A.D.)



イタリアン・ハードコア・パンクを代表するバンドの86年発表2ndフル・アルバムが、F.O.A.D.からデジパックCDで再発。オリジナルのミックスに当時からメンバーは満足してなかったそうで、このたびマスター・リールから起こしなおしてリミックスされています。



世界各国の名だたるハードコア・パンク・バンドが集結したWelcome to 1984 Comp.で、一際クレイジーなスラッシュ・コアを聴かせて、日本でも当時から人気の高かったイタリアン・パンク・バンドです。ジャパニーズ・ハードコア・ファンには、鉄アレイが昔カバーしてた事でも有名です。絶叫スタイルの始祖とされるVo.がクローズアップされる事が多いですが、故Giuseppe氏のギター・プレイがハードロックを土台にしていたのもRAW POWERの魅力でした。しかしこの作品、改めて聴くとリズム隊のコンビネーションが最高に素晴らしくカッコいい!!2バス連打のせいで、当時はメタリックになったなんて意見もありましたが、ドライブしながらも表情豊かでもあるベースとの絡み具合いが絶品で、ギターはやっぱりメタルと言うよりもハードロッキンです。ムチャクチャなことを言わせてもらいますと、POISON IDEAファンにすらオススメです。恐らく、この2ndアルバムがRAW POWERとの付き合いの分岐点になったリスナーは多かったと思いますが、絶対に再検証してほしい傑作です。

SABBAT - Sabbatical Possessitic Hammer T-SHIRT



・SABBAT - Sabbatical Possessitic Hammer T-SHIRT (ご予約受付商品)



しばらく落ち着いてましたが、Nuclear War Now!製SABBATオフィシャル・マーチャンダイズ Sabbatical EarlyearslaughTシャツ・シリーズの新作が発売されましたので、ご予約を受け付けます。



ボディはGildanで、サイズはS / M / L / XLの4種。円安の影響で、今までのNWN!製SABBAT Tシャツより値段が上がりそうですが、税込2,000円台中~後半くらいには収めたいと思います。



ご希望の方は通常のカート購入と同じように、サイズとご清算方法もあらかじめ指定してカートに入れていただきたいのですが、他商品とのまとめてのご精算は現時点ではお受けできませんので、この商品のみでカートを進めてください。特に締切は設けませんが、レーベルで在庫が切れた時点で終了とさせていただきます。



宜しくお願いします!!

NO VALUE - Fight The Power TAPE / CDEP



・NO VALUE - Fight The Power TAPE / CDEP 各税込540円 (Local Punk Foundation)



マイペースな活動を続ける東京ハードコア・パンク・バンド NO VALUEの5曲入りカセットです。ジャケットが違いますが、カセットもCDも収録内容は同じで、カセット・バージョンはダウンロード・コード付きltd.100本ナンバリング入りです。



音楽性を変えることなく、切れ味鋭いファストコア・パワーバイオレンスで今回もぶっちぎっていて、特にドラムの速さは凄まじい!!ジャパニーズ・ハードコアらしいキャッチーな曲調とパワー・バイオレンスの融合で、日本のファストコア・スラッシュ好きは必聴です。

Hardcore Punk Holocaust!!



スウェーデンを代表するハードコア・パンク・バンド ANTI CIMEXが活動時に残した12"サイズの作品全3種が、2013年に7"EPも一気に再発したブラジルのNada Nada Discosからオフィシャル再発。今回はフィンランドのSvart Recordsもヨーロッパ盤をライセンス・リリースしていますが、大阪のPunk And DestroyさんがNada Nada Discos盤を日本国内流通することになったので、ブラジル盤で張り切って販売していこうと思います。ロック全般を取り扱うSvart Records盤の再発LPは、ラベルがいつものVertigoもどきみたいなヤツらしいし(このNada Nada Discos盤はラベルもオリジナル通りに再現)、ブラジル人が果たしてどれだけの仕事できるのか?とタカをくくっていた2013年のNada Nada Discos再発7"EPが大変素晴らしい仕上がりで感動したので、ちょっと流通が弱いNada Nada Discos盤をパンデスさんが扱ってくれてラッキーです。







・ANTI CIMEX - S/T MLP 税込2,500円 (Nada Nada Discos)



86年にイギリスのDistraught Recordsから発表したANTI CIMEXの初12"サイズ作品で、収録曲名から、"Criminal Trap"や"Pain Killer"の通称でも呼ばれている6曲入りMLPです。単独での再発は確かコレが初めてだったと思いますが、今回はジャケが見開きゲートフォルドで豪華さが増して、ドラマーのCharlieによるセルフ・ライナー・ノート/歌詞/写真も掲載したインナー・シートも付いています。Nada Nada Discos盤は再発盤3種ともシュリンク・ラップの上に所謂ハイプ・ステッカーが貼ってありまして(Svart盤にはこのステッカーは貼ってありません)、この1st MLPは本作発表時86年にAGONI (後にUnder One FlagからLPを発表するスウェディッシュ・スラッシュ・メタル・バンド AGONYの前身)と行った伝説のカップリング・ツアー Chainsaw Tour 86のポスター・デザインのステッカーになっています。日本のハードコア・ファンには、DISCLOSEとFRAMTIDが2004年に行ったChainsaw Tour 2004とSplit 7"ジャケでもおなじみの悪魔のいけにえデザインです。



この作品については、もうアレコレ言う必要はないかもしれません。Raped Ass 7"と並んで最高傑作と評価する人が多い、全ハードコア・パンク・ファン必聴の名盤です。クラストコアなどに触発されながらもジャパニーズ・ハードコア・パンク・プライドを頑なに貫いたBASTARDの最高傑作 Wind of Painとある意味同様の深化/進化で、スウェーデン型のDISCHARGE影響下ハードコアの核は揺らぐことなく、続く次世代ハードコア・バンドにとっても完璧すぎるスタイルをもうこの時点で完全に確立してしまっています。USのPOISON IDEAや、スウェーデンのLOUDPIPESなど、たぶんANTI CIMEXとだいたい同じ世代であろう重要ハードコア・パンク・バンドが、メガトン級のアグレッションにR&Rテイストがナチュラルに染み込んできたスタイルを90年代に実践していたような感触が、既にこのANTI CIMEXの86年作品ににじみ出てるのが凄いです。しかも、野獣のごとき獰猛さのDISCHARGE型UKHC直系スタイルのままでです。とにかく、これを聴いてもらわないと話が前に進みません。







・ANTI CIMEX - Absolut Country of Sweden LP 税込2,800円 (Nada Nada Discos)



スウェディッシュ・デス・メタルの名作も多く輩出したCBRから90年に発表した、フル・アルバムとしては1st作品となる10曲入りLPです。2000年にDistortion Recordsが再発した際、ABSOLUTウォッカのラベルを模したオリジナルのジャケ・デザイン復刻に問題があったため新アートでリリースされて、メタル・レーベルのRegain Recordsが2009年に再発した際もこのアートでした。しかし今回は、Distorion Recs & Regain Recsバージョンのアートをスリップケースのアウターに使用して、収納されたジャケ本体はオリジナルと同じくABSOLUTウォッカ・ラベルのゲートフォルド・スリーブになっています。Nada Nada Discos盤は再発盤3種ともシュリンク・ラップの上に所謂ハイプ・ステッカーが貼ってありまして(Svart盤にはこのステッカーは貼ってありません)、このLPではオリジナル盤にも貼ってあった、"NO METAL, NO FUNK, NO DEATH"をアレンジした新バージョンのステッカーになっています。ドラマーのCharlieによるセルフ・ライナー・ノート/歌詞/写真も掲載したインナー・シート付き。



Criminal Trap MLP発表後に1度解散したANTI CIMEXの復活作となったこのLPでは、ギターをBLACK UNIFORMS, MODERAT LIKVIDATION, 現DRILLER KILLERのVo.のCliff氏が担当しています。そしてCliff氏の起用がかなり劇的な化学反応を起こしているため、オリジナルANTI CIMEXに熱狂したファンからは当時けっこうブーイングもあった作品です。ところが今となっては、メタルパンク・ファンにまで必聴される人気作となっているから面白いものです(ハイプ・ステッカーにはNO METAL, NO DEATHとあるにも関わらず、です)。BLACK UNIFORMSの89年発表メタルパンク大傑作 Faces of Deathも、Cliff氏の大胆なメタル・ギターとビッグヘアー・ルックスが日本でも評判が悪く、けっこうずーっと新品で売れ残っていました。Hardcore Holocaust RecordsがBLACK UNIFORMSのレア・コレクション・アルバム Splatter Punx on Acidをリリースした2001年当時だって、日本でたいして話題にもならなかったのです。コレ以上あまり言うとオッサンの愚痴っぽくなるのでやめますが、なぜそこまで当時のBLACK UNIFORMS不当評価をこの作品の解説でクドクド書くかと言いますと、このAbsolut Country of Swedenは、ほぼBLACK UNIFORMSまんまな曲が多い大傑作だからです!!BLACK UNIFORMS好きのメタルパンク・ファンを自負するのなら、A面後半からはコブシを握りしめずにはいられない、ワイルドな男の哀愁が充満した名盤です。







・ANTI CIMEX - Scandinavian Jawbreaker LP 税込2,800円 (Nada Nada Discos)



日本のVinyl Japanから93年に発表した、2ndフル・アルバムにして最終作となった12曲入りLPです。ドラマーのCharlieによるセルフ・ライナー・ノート/歌詞/写真も掲載したインナー・シート付きで、メタル・レーベルのRegain Recordsが2009年にCDで再発した際は、レイアウトと配色が変えられていましたが、今回はオリジナルに忠実なデザインに戻しながらも、スリーブは見開きゲートフォルドで豪華さが増しています。Nada Nada Discos盤は再発盤3種ともシュリンク・ラップの上に所謂ハイプ・ステッカーが貼ってありまして、Svart盤にはこのステッカーは貼ってありません。



ギターは前作 Absolut Contry of Sweden同様に、BLACK UNIFORMS, MODERAT LIKVIDATION, 現DRILLER KILLERのVo.のCliff氏が担当。そしてベースもBLACK UNIFORMSだったLefty氏に変わっています。当時はブーイングの嵐だったAbsolut~アルバムをさらに突き詰めた結果、恐らくBLACK UNIFORMSでCliff氏が成し遂げたかったであろう、ナスティーR&Rフレーバーの導入にまで行きついた名作です。断じて迷作ではありません。その証拠に、安定感を二の次にしてパワーが魅力だったCharlie氏のドラミングは、Lefty氏とのバツグンのコンビネーションでドライブ感が生まれて、作品としてのまとまり具合はAbsolut~アルバムの比ではありません。しかし、まとまりのあるアルバムをANTI CIMEXに求める向きは当時は全くなかったので、スカンジナビアン・ハードコア・ファンやクラスト・パンクスにはブーイングどころか大した話題にもならなかった悲運の名盤です。Massacre Divine以降、ハードコア・シーンで封印されていたファンキーなビートを主体としたタイトル曲パート2のアダルトなメガ渋さを無理に理解しようとしなくとも、Absolut~アルバム路線のドラマチック&ドライビングD-Beatメタル・パンク・ナンバーのカッコよさに触れてもらえれば、後のWOLFPACKやDISFEARなどの原型がANTI CIMEXのこの作品で既に完成していたことがわかってもらえるはずです。そしてScandinavian Jawbreakerと言えば、なんと言ってもJonsson氏の衝撃的なまでにカッコよかったポリス・キャップ・ファッション!!Absolut~アルバムからFreke Johnsと名乗っていたVo.のヨンソン氏以外のバックも全員長髪でグラマラスなバッド・ボーイズ風となっていますが、これが極悪に激渋カッコいいのです。恐ろしくカッコいいとはまさにこの事です。ちなみにオリジナル盤では、ヨンソンとクリフの名前が入れ替わって写真が掲載されるという、世にも恐ろしいエラーがありました。







今回は3種同時にお買い上げいただくと、Jacky Crust War氏デザインによるANTI CIMEXトート・バッグも付きます!!!もちろんANTI CIMEX & Nada Nada Discos公認の日本限定エクストラ・グッズですので、この機会にぜひ3種まとめてお買い上げください。







・ANTI CIMEX - Suck it Nun... T-SHIRT 税込2,376円



LPのオフィシャル再発盤発売に合わせるようなタイミングで、ANTI CIMEXのこんなシャツも入荷しました。85年頃にHardcore Horror Recordsがリリースしていたライブ・カセットのジャケ・デザインです。白と水色のグラデーションっぽいプリントです。



ボディはGildanのへヴィコットンで、サイズはS / M / Lの3種入荷させたんですが、ブログ掲載前にいくつか売れまして、残りはLサイズのみです。







・BROKEN BONES - Hanging T-SHIRT T-SHIRT 税込2,376円



昔はたくさん入れてた80'sハードコア・パンクのTシャツを、なんとかしてまた入れたくてここ数年ウズウズしてたんですが、こんな最高のヤツを見つけました。BROKEN BONESの初期写真の中でも一番カッコよくて有名な、Dem Bones 1st LP見開きジャケ内側の首つりon the grave写真です。オレンジのインクもナイスだと思います。



ボディはGildanのへヴィコットンで、サイズはS / M / Lの3種あります。







・AGRIMONIA - Rites of Separation 2LP 税込2,484円 (Southern Lord)



全5人のメンバー中3人がデス・メタル・バンド MIASMALに在籍して、うち1人は当店で大好評だったスカム・グラインド・デス・メタル・パンク MODORRAドラマー、さらにベーシストはAT THE GATESギタリストという、スウェディッシュ・デス・メタル実力派ミュージシャンから成る女性Vo.クラスト・メタル・ハードコア・バンドの、2013年発表2ndアルバムです。ポリティカル・パンク・シーンから生まれたバンドで、2010年にProfane Existenceから発表した1stフル・アルバムもなかなかの力作で好評でしたが、このアルバムはSouthern Lordからリリースされていて、入荷に手間取ってしまいました。メンバー編成のせいもあって、メタル・シーンでも日に日に注目度が上がり、この作品も発表当初からエクストリーム・メタル・シーンで高く評価されています。



初期から基本路線は全く変わりなく、この作品でもさらに深化を続けています。スロウ~ミドル・テンポ中心のグルーミーなスラッジ・ポスト・クラスト・メタルで、全編モノ哀しいメロディーに包まれた、NEROSISチルドレンの90年代ユーロ・クラストっぽい雰囲気もあります。ちょっと前に再発されたSKAVENやDYSTOPIAに代表される、NEUROSISのお膝元USオークランド・シーンのバンドのような狂気の退廃暗黒ではなく、ポーランド・メタル・クラスト FILTH OF MANKIDメンバーがボストンに移住してGRIEFギタリストと結成し、Profound LoreからアルバムをリリースするまでになったMORNEにも通じる、AMEBIXからAXEGRINDERへと進んで、そのあとNEUROSIS方向へと深化の方向を変えたエクストリーム・ハードコア・バンドの成功例の一つではないかと思います。昨今の北米のプログレッシブ/ポスト・メタル的なダークネスや、極悪lowボイスも共通するのでKYLESAファンにもオススメですが、この冷たい叙情は、やはり欧州のバンドならではの退廃美ではないでしょうか。聴き応え満点です!!







・KROMOSOM - Live Forever CD 税込1,728円 (Southern Lord)



日本のハードコア・ファンにもおなじみ、ex. PISSCHRISTのボーカル Yeap氏率いるオーストラリア産クラストコアの初期作品をまとめた15曲入りCDです。ちょっと意外な感じもしますが、エクストリーム・メタル系と80'sハードコアのリイシューが多いSouthern Lordからリリースされています。





Track 1-5 : "Paranoid" EP (2012年)

Track 6-8 : Split EP w/ ISTERISMO (2011年)

Track 9-15 : "8 Tracks" LP (2011年)





ANTI CIMEXに代表される、スウェディッシュ・ハードコア・パンク影響下のバイオレント・クラスト・サウンドが特徴のバンドでしたが、INTEGRITYのDwid氏のレーベル Holy Terrorからリリースした Paranoid 7"EPからちょっとアプローチを変えてきて、ジャパニーズ・ノイズコア風味のダークネスも強めてました。クラスト, ノイズコア, スカンジ, ジャパニーズ, etc、ハードコアの暴力的な面を吸収し続けて増幅した、ブルータル・ノイズ・パンク・スラッシュ!!
11 | 2014/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR