RECORD BOY

AMEBIX - Arise! 2014 REMASTER REISSUE







・AMEBIX - Arise! LP 税込3,240円 / 2CD 税込2,700円 (Amebix / Easy Action)



クラストコア・パンクスはもちろん、ex. SEPULTURAのMax Cavaleraを筆頭にメタル系ミュージシャンの多くにもリスペクトされる、UKブリストル出身メタル・クラスト・パンク・レジェンド AMEBIXの、85年にAlternative Tentaclesから発表した1stフルアルバムがリマスタリング再発。ご覧の通り、オリジナルのコンセプトを残しながらジャケット・デザインを新装して、LPは重量盤、CDはペーパー・フォールド・スリーブです。さらにCDは、1985年2月2日ロンドンでのライブ11曲を収録したボーナス・ディスクも付いて、2枚組となっています!!





Disc One: Remastered 2014



1) the moor

2) axeman

3) fear of god

4) largactyl

5) drink and be merry

6) spoils of victory

7) arise !

8) slave

9) the darkest hour

10) right to ride (Bonus track )

11) beyond the sun (Bonus track )



Disc Two: “The Ambulance Station” Live in London 2nd



1. The Moor

2. Largactyl

3. Axeman

4. Spoils of Victory

5. The Fear of God

6. Fallen from Grace

7. Slave

8. Arise!

9. Drink and be Merry

10. The Darkest Hour

11. Largactyl





インナーに掲載のセルフ・ライナーノートでBaron氏が自ら分析しているように、明らかにAMEBIXのターニング・ポイントとなった作品で、KILLING JOKE系ダーク・ニューウェーブ・パンクのエッヂをメタリックに表現したような初期のサウンドから、より大胆にヘヴィメタルの輪郭を際立たせています。Baron氏が当時入れ込んで聴いていたメタル・バンドでいつも名前の挙がるのがMERCYFUL FATEとACCEPTだけど、Heavy Metal Recordsから87年に発表した2ndアルバム MonolithでVENOMとの類似性を指摘した評論をBaron氏は否定してきましたが、やはり近くに存在する同世代バンドから強くインスパイアされることをミュージシャンは隠したがるもので、実はまだモヒカン・ヘアーだった若かりしパンクス時代のBaron氏が、VENOMのレコードを手にしてる写真が最近ネットで流出しています。確かにVENOMやWARFAREなどと似た独特の空気を産み出しているけど、音楽性自体はVENOMとは全く似てないので、本作やMonolithの頃のAMEBIXを聴いてVENOMを感じた人の指摘は、むしろ鋭かったと言えますが、AMEBIXの凄いところはまさしくそこで、ACCEPTもMERCYFUL FATEもVENOMも、そしてそれら以外のへヴィメタルやパンクからの影響がほとんど曲調には表れていません。演奏力が乏しかったのも要因だったかも知れませんが、一体何に影響されたら、85年にこんな世紀末的なメタルコアを作れたのか?と、いつ聴いても不思議に思います。2000年版再発のボーナス・トラックで初公開されたRight to Rideは、ギターのStig氏が後に始めるZYGOTEでも演奏されたThe Man in The Crowdの原曲で、この曲でのBaron氏のVo.は完全にレミーを意識していて、OrgasmatronあたりのMOTORHEADからの影響がモロに出ていますが、これはMonolithアルバムが出た頃の87年の録音です。たそがれが絶品のZYGOTEバージョンともに、AMEBIXでもZYGOTEでもどっちでもメガ激渋なキラー・チューンです。



あまりにもプリミティブで、そして黙示録的な暗黒が支配する、こういう音楽こそ、唯一無比と呼ぶにふさわしいと思います。整合感と演奏力が伴ってきたMonolithアルバムの方が取っ付きやすいのでメタル・クラストの教科書とされていますが、Baron氏が(権利関係が面倒なのもあるだろうけど)MonolithではなくArise!を再発のたびに力を入れて仕様を変えてきているところに、AMEBIX自身にとってもこのアルバムを重要作と位置付けているのが表れていると思います。ライナーノートや写真なども必読/必見なので、過去バージョンを買い続けてきた人も未聴の人も、絶対に買いましょう。

Japanese Assault Fest 14



*いよいよ本日初日です!今年もBOYはこじんまりとですがブースを出店致しますので、ぜひおこし下さい。





昨年はGRILSCHOOLが来たJapanese Assault Fest、今年も高円寺でやります!!ヘッドライナーはSATAN!!!



前売りチケット2日間通し券(特典ラミネート・パス付き) 13,500円 当店で発売中です。(当店では通し券のみの販売です)





2014年11月1日 (土) 高円寺HIGH

Open : 15:30 Start : 16:30



SATAN (UK)

MIDNIGHT MALICE (Canada)

HEAVY TIGER (Sweden)

CAUSE FOR PAUSE (Japan)

SERENITY IN MURDER (japan)





2014年11月2日 (日) 高円寺HIGH

Open : 14:15 Start : 15:00



SATAN (UK)

MIDNIGHT MALICE (Canada)

HEAVY TIGER (Sweden)

ETERNAL ELYSIUM (Japan)

SOLITUDE (Japan)

SILVERBACK (Japan)

Metalic Patches!!



種類は少なめですが、Japanese Assault fest 2014に合わせるかのようにメタル・パッチが入荷しましたので、高円寺HIGHに入場する前に、BOYにもぜひお立ち寄りください。VENOMは前回の反省点を踏まえた改良型です。上の画像をクリックするとグッズ一覧にリンクします。



Japanese Assault fest 2014会場では、ささやかな規模ですがBOYもブース出店致します。ショッピング・カートに未掲載のバック・パッチも持って行きますので、会場でもぜひブース覗いてみてください!!
10 | 2014/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR