RECORD BOY

Punk Crossover!!



・BROKEN BONES - Dead And Gone ONE-SIDED DIE HARD LP 税込2,592円 (F.O.A.D.)



HG Factからジャパニーズ・バージョン2枚組CDがリリースされた2010年アルバム Fuck You And All You Stand For!以来4年ぶりとなるBROKEN BONESの新作が、イタリアのF.O.A.D. Recordsから片面のみ収録の4曲入りMLPでリリース。



Vo.がQuivからJJなる人物に代わってるのも驚きますが、ベースがOddyからまたTezzに戻っていて、ドラムが現DISCHARGEでも叩くオッサンのDaveなので、バック全員が現DISCHARGEそのままです。UKHCオリジエーターでありながら、クロスオーバー・パンクとして80年代スラッシュ・メタル・ミュージシャンの多くにもリスペクトされたBBだけど、ここまでクロスオーバーを自ら強く意識したようなジャケ・アートは初めてではないでしょうか。しかし針を落とすとまたドンデン返しで、今回はソリッドな刻みメタル・リフよりも、Tezzが参加してチンピラ度が増していた絶頂期BATTALION OF SAINTS A.D.にも似たロッキンなキャッチーさでドライブしています!!一番メタル・クロスオーバーしてるのは、初期のパンク色が強かった頃の名曲 City Fodderの再録バージョンです。



無音面はBOYも拝借させてもらってたスカルがシルク・プリントされててるので、これは写真見た瞬間から興奮してしまい、張り切ってオーダーしちゃいました。昔のAggressive Rockproduktionenから出てたEP集LPみたく、激渋なスカル・アートのせいで後々人気が上がるかも!?と思いまして、限定500枚プレスのうちのltd.100枚ホワイト・ビニールをけっこうな枚数入荷させたけど、白黒並んでる写真見ると、やっぱりレギュラーの黒盤も取ればよかった!!







・RATOS DE PORAO - Feijoada Acidente?-Brasil DIE HARD LP 税込2,808円 (F.O.A.D.)



ブラジル・クロスオーバーを代表するR.D.P.の、95年にRoadrunnerからリリースしたブラジリアン・パンク・カバー集アルバムが、F.O.A.D.から初LP化で再発。限定500枚プレスで、そのうちのltd.100枚ダイハード・カラー・ビニールで入荷しました。



ウルトラ・セブンのカバーなんかやってたこの頃のR.D.P.が、果たしてRoadrunnerが満足するほど欧米でセールスがあったのかは知りませんが、当時日本ではスケーターやクラブ・キッズなどにかなり人気があって、そして1stアルバムも再発されたりしたので、ノイズコア・マニアや80'sオブスキュア・ハードコア・マニアの間でもこのカバー集はけっこう話題になったのを覚えています。同時期にパンク・カバー・アルバムのインターナショナル・バージョンも発表して、そっちではSHITLICERS, ANTI-CIMEX, KAAOS, RATTUS, EU'S ARSEなどもカバーしていました。





A1. Cancer (Hino Mortal Cover)

A2. Olho de gato (Olho Seco Cover)

A3. Lobotomia (Lobotomia Cover)

A4. John Travolta (AI-5 Cover)

A5. Nao podemos falar (R.D.P. Cover)

A6. Desemprego (Fogo Cruzado Cover)

A7. Capitalismo (Psychic Possessor Cover)

A8. A bomba (R.D.P. Cover)

A9. Falsa liberdade (Olho Seco Cover)

A10. To tenso (Patife Band Cover)

A11. Buracos suburbanos (Psykoze Cover)

A12. Yeah, Yeah, Yeah (The Vibrators Cover)

A13. Catholic Boy (The Dead Boys Cover)

A14. Big Women (G.B.H. Cover)



B1. Corrupçao (R.D.P. Cover)

B2. Papai Noel (Garotos Podres Cover)

B3. Medo de morrer (Inocentes Cover)

B4. O Dotadao deve morrer (Cascavelletes Cover)

B5. So pensa em matar (R.D.P. Cover)

B6. Os ratos (Anarkolatras Cover)

B7. Classe dominante (Restos de Nada Cover)

B8. Direito de fumar (R.D.P. Cover)

B9. Nos somos a turma (D.P. Cover)

B10. Sprackta Snutskallar (Shitlickers Cover)

B11. Raped Ass (Anti Cimex Cover)

B12. O Dotado Deve Morrer (Cascavelletes Cover)





今回の初LP化再発は、インターナショナルなカバーのライブ・バージョン6曲を追加した全26曲入り。タイトでキレ味鋭く畳みかける演奏力では定評のあったR.D.P.による、ブラジル・ハードコア・クラシック・ナンバーの連打は、理屈抜きにカッコいいので、現行のブラジリアン・スラッシュ・メタルが好きな人にもぜひ聴いてほしいです。このダイハード・カラー盤は早々にレーベルで完売してます!!

Japanese Hardcore Punks!!



・LIFE - Proof of Survival 7" 税込972円 (Heart First)



東京ノイズコア・パンク・クラスティーズ LIFEが、この2014年11月に敢行したヨーロッパ・ツアーに合わせて、ドイツのHeart Firstから4曲入り7"をリリース。



95年発表の1st EP "Freedom And Liberation"に収録されていたVictimsの再録を含む怒涛のレイジング・パンク・スラッシュ・ノイズコア3曲がAサイドを駆け巡ります。非常にLIFEらしいブチ切れっぷりで、彼らのルーツであるMOB 47, PANDEMONIUM, VORKRIEGSPHASEなどの影響が強く出たこの3曲は、初期からのファンも大満足でしょう。本作のタイトルにもなっているB面収録のProof of Survivalは、メタルコア・クラストへと接近していた頃とも違った雰囲気のSACRILEGEリフのミドル・テンポ・ナンバーで、こちらもまたLIFEらしい楽曲と言えるでしょう!!







・EIEFITS - Genetic Memory CD 税込2,160円 (Mangrove)



Saho (ex. HECK), Minoru (ex. COLORED RICEMEN), T.T (ex. FORWARD / KGS), Tamazoh (ex. FAMILYMAN)の個性的な4名による東京ハードコア・パンク、アイフィッツの14曲入り2ndアルバムCDです。



ジャパニーズ・ハードコア・パンク・ファンならば「LIP CREAM?!」と思ってしまうような、出音一発でMinoruさんとわかるbuzzsawベースが唸りを上げてスタートして、再生した瞬間からテンション・マキシマムです。FAMILYMAN加入以前から関東ハードコア・シーンでは定評のあった、男性ドラマーにもまったく劣らないTamazohさんのパワフルなドラミングと、ベースのMinoruさんによる強靭なリズム隊。ロック・フィーリングのみならず、KGSでは怒涛のブルータル・ハードコア・ナンバーも震えるほどカッコよかったことはあまり知られていないT.Tさんのアグレッシブなギター。そしてSahoさんの真にソウルフルなパンク・シャウトが一体となって迫ってきて、非常に攻撃的なカッコよさです。しかし、そのメンバー4人がみなさん自然体のアグレッションなので、無理にロック・フィーリングを出そうとしているハードコアにはない、ピュアなサウンドが素晴らしいです。文句なしの傑作!!


Nuclear War Now! pre-orders!!!666!!!









・NWN FEST VOLUME IV - 8 x PICTURE LP + TOTE BAG COMBO SET ご予約受付商品 (Nuclear War Now!)



NWN!主催でドイツで行われる一大アンダーグラウンド・エクストリーム・メタル・イベント NUCLEAR WAR NOW! FESTが、今年2014年の11月7日と8日に開催されました。昨年行われなかったうっぷんを晴らすような最凶に濃厚な内容だったそうで、今までで一番素晴らしかったと、NWNオーナー氏は言ってました。今年のフェスは、嫌味な言い方をすれば過去に比べてバラエティーに乏しかったとも言えますけど、しかし暗黒デス・ブラック・メタル・ヘッズにとっては今までで最も極悪なドス黒さが際立つメンツでしたので、トレンド野郎の入り込む隙は無かったのでしょう。今年もSEX MESSIAHギタリストのMoenosさんが行ってきて、2015年3月にSEX MESSIAHが招聘して奇跡の来日を果たす伝説のブラジリアン・カルト・ブラック・メタル IMPURITYと親交を深め、そして強靭な本場地下シーンの層の厚さを体感してきたそうですが、今年は日本のバンドは参加してませんし、現在は円安も厳しいので、例年必ずチラホラ居る日本人の姿はほとんど見られなかったそうです。



と言うことで、例年リリースされるフェス会場限定販売ピクチャー盤LPは、情けないですが厳しい店の現状も考慮して、今回はBOYで取り扱えるか当初は非常に微妙な状況だったのですが、少人数でも日本にも存在するダイハードなマニアのためにと、NWN!と協議して入荷させてもらえることとなしました。しかし、全種類とも同じ枚数でのオーダーという条件を今回はNWN!から提示されましたので、日本では思い切って全8種のコンボ・セットでやってみようということで、NWN!と意見が一致しました。前回のフェス限定ピクチャーLPの時にあった、SABBATのような国内のカルト信者が多いリリースが含まれると、このコンボ・セットはただの抱き合わせ商法にしかなりませんが、今回のような顔ぶれであれば、過去の売れ方を踏まえても、恐らく全種買いを検討する人は稀ではないと思います。このコンボ・セットのために、今年のフェス会場で販売されたトート・バッグを提供してもらいました。LPは各限定100枚で、各種共通のChris Moyen氏アートによるジャケットとインナー付き。トート・バッグも100個のみの生産で、BOYでのコンボ用セットに確保してもらった数以外は、全てフェス会場で完売したそうなので、ヨーロッパで独占流通を担当するIron Boneheadと、そしてNWN!でもこのバッグは販売はされません。







・VARATHRON "Walpurgisnacht" (ANTIGOTH266)



ギリシャ・カルト・ブラック・メタルの95年発表傑作2ndアルバム。NWN!の崇拝するギリシャ・レジェンド・バンドで、アナログ盤はオリジナル・リリース以来の念願のリイシューとなります。





・DEATH COURIER "Demise" (ANTIGOTH267)



今回の目玉リリースの中の一つ、ギリシャ・デス・メタルの92年発表1stアルバム。オリジナル・リリースはLPのみで過去に1度も再発されたことがなく、中古市場でも人気の高い初期デスラッシュ・レア作品です。





・NOCTURNUS "The Science of Horror" (ANTIGOTH257)



今回の目玉リリースその2。フロリダ・デス・メタルの87年1stデモと88年2ndデモをカップリングした8曲入り。





・IMPURITY "The Lamb's Fury MMXIV" (ANTIGOTH268)



2015年3月にSEX MESSIAHが招聘して奇跡の来日を果たす伝説のブラジリアン・カルト・ブラック・メタル。93年名作1stアルバムの2014年再録バージョンです。





・EMBRACE OF THORNS "Darkness Impenetrable" (ANTIGOTH270)



現行ギリシャ・ベスチャル・デス・メタル・シーンのトップに君臨するバンドの、2014年発表10曲入り新作アルバムです。





・BESTIAL RAIDS "Prime Evil Damnation" (ANTIGOTH197)



ポーランド・ブラック・デス・メタルの2011年発表傑作2ndアルバム。オリジナルLPは、ダイハード/レギュラーの両バージョンともに廃盤です。





・IRKALLIAN ORACLE "Grave Ekstasis" (ANTIGOTH253)



NWN!によるリイシュー以前から地下シーンで話題を呼んでいたスウェーデン・ヨーテボリ出身ブラック・デス・メタルの2013年デモ・アルバムです。





・KATECHON "Demo/Rehershal Collection" (ANTIGOTH269)



1stアルバムが好評だったノルウェー・ブラック・デス・メタルの、2011年リハ/2012年デモ/2012年リハ/2014年デモを収録した10曲入り。KREATOR, VON, IRON MAIDENカバーもやってて、1stに魅了された人には、かなり興味深い音源集です。





お値段は税込3万円台中盤を予定しています。ご希望の方は通常のカート購入と同じように、ご清算方法もあらかじめ指定してカートに入れてください。年内には入荷予定ですが、現時点では他商品とのまとめてのご注文/ご精算はお受けできません。ご了承願います。



何卒宜しくお願いします!!!666!!!













・ORDER FROM CHAOS - Frozen in Steel DIEHARD BOXSET / REGULAR BOXSET ご予約受付商品 (Nuclear War Now!)



のちにANGELCORPSE, KERASPHORUS, REVENGEなどでも活躍したPete Helmkamp氏, そして現ARES KINGDOMのChuck Keller氏とMike Miller氏が80年代後期から90年代にかけてやっていた伝説のUSカンザス・シティー・ブラック・デス・メタル ORDER FROM CHAOSの究極のLPボックス・セットがNWN!からリリース。



VONやNECROVOREなどと同様に、USでブラック・メタルの基礎を築いたと言ってもいいバンドの一つで、Pete氏がSAMAELのTシャツを着用してBEHERITロゴをペイントしてたように、当時USエクストリーム・メタルの中心だったメイン・ストリームのデス・メタルとは違う志向の、ヨーロッパのよりオカルティックでノイズにまみれたロウ・ブラック・デス・メタルに近いサウンドは、ヨーロッパや本場北欧のブラック・メタル・バンド・ミュージシャンにも支持されていました。この圧倒的に黒いノイズ・メタル・サウンドは、初めて聴く者だれもがブッ飛ばされたはずです。



カルト・レーベル Wild Ragsからのオリジナル・リリース作品はもちろん、NWN!による2008年再発LPも入手不可能な状態が続いてましたが、よりによって円安のこのタイミングでモノ凄い高額商品の発売となってしまいました。ダイハード・バージョンはLP12枚組、レギュラー・バージョンは未発表音源収録ディスクが3枚少ない9枚組。激渋な写真も多く掲載したハードカバーのブック, 両面A2ポスター, さらにダイハード・バージョンにはタペストリー, パッチ2枚, ステッカーも付いて、SABBATダイハード・ボックスの2ndエディションと同型のボックスも豪華な仕上がりです。お値段はダイハード・バージョンが税込4万円越え、レギュラー・バージョンでも税込3万円超えは覚悟しておいたほうがいいでしょう。



ご希望の方は通常のカート購入と同じように、ご清算方法もあらかじめ指定してカートに入れてください。正直言って、さすがにコレは日本ではそう売れないと思いますが、海外ではダイハード・バージョンの方の売れ行きが凄いということなので、急で申し訳ございませんが、今月いっぱい、11月30日(日)の24時でご予約は締め切らせてもらいます。年内には入荷できると思います。現時点では他商品とのまとめてのご注文/ご精算はお受けできません。ご了承願います。



宜しくお願いします!





Tracks A1 to A3 : Demo 1 cassette

Tracks A4 to B3 : Inhumanities cassette

Tracks C1 to C5 : Crushed Infamy cassette

Tracks D1 and D2 : Will To Power 7"/cassette

Tracks D3 and D4 : Alienus Sum cassette

Tracks E1 and E2 : Live Into Distant Fears 7"

Tracks F1 and F2 : bonus tracks on the Dawn Bringer CD

Tracks F3 to F5 : unreleased

Tracks G1 to H3 : Stillbirth Machine CD/cassette/LP

Tracks I1 to I3 : Plateau Of Invincibility 10"/CD

Tracks J1, J3, J4 : And I Saw Eternity CD

Tracks J2 : Jericho Trumpet 7"

Tracks K1, K2, L1, L2, L3 : Dawn Bringer CD

Tracks K3 : Jericho Trumpet 7"

Tracks M1 to M4 : previously unreleased

Tracks N1 to N4 : Imperium - The Apocalyptic Visions CD/double LP

Tracks O1 to P4 : An Ending In Fire CD/LP

Tracks Q1 to R4 : Imperium - The Apocalyptic Visions CD/double LP

Tracks S1 to X5 : previously unreleased







・ORDER FROM CHAOS - Frozen in Steel T-SHIRT ご予約受付商品 (Nuclear War Now!)



Frozen in Steel BOXSETの発売に合わせて、ORDER FROM CHAOSのオフィシャル・マーチャンダイズを一緒6種類発売!!ご予約受注販売の形で入荷させたいと思います。



こちらはボックスセット付属のブックレット表紙と同じデザインのTシャツです。ボディはGildanで、サイズはS / M / L / XL / XXLの5種。







・ORDER FROM CHAOS - 1988 Design T-SHIRT ご予約受付商品 (Nuclear War Now!)



こちらは88年デモ・ジャケ・デザインのTシャツです。ボディはGildanで、サイズはS / M / L / XL / XXLの5種。







・ORDER FROM CHAOS - Will to Power T-SHIRT ご予約受付商品 (Nuclear War Now!)



こちらは90年作品ジャケ・デザインのTシャツです。ボディはGildanで、サイズはS / M / L / XL / XXLの5種。







・ORDER FROM CHAOS - Stillbirth Machine T-SHIRT ご予約受付商品 (Nuclear War Now!)



こちらは92年作品ジャケ・デザインのTシャツです。ボディはGildanで、サイズはS / M / L / XL / XXLの5種。







・ORDER FROM CHAOS - Dawn Bringer T-SHIRT ご予約受付商品 (Nuclear War Now!)



こちらは95年作品ジャケ・デザインのTシャツです。ボディはGildanで、サイズはS / M / L / XL / XXLの5種。







・ORDER FROM CHAOS - And I Saw Eternity T-SHIRT ご予約受付商品 (Nuclear War Now!)



こちらは96年作品ジャケ・デザインのTシャツです。ボディはGildanで、サイズはS / M / L / XL / XXLの5種。







・ORDER FROM CHAOS - Grip and Pommel ZIP HOODED SWEAT SHIRT ご予約受付商品 (Nuclear War Now!)



こちらはジップ・パーカーです。ボディはノン・ブランドで、サイズはS / M / L / XL / XXLの5種。



REVENGE同様、やはり他のNWN!バンドよりローヤルティー(つまりギャラ)が高いのと、さらに円安の影響で、今までのNWN!マーチャンダイズよりお値段は高くなります。Tシャツはいずれも3000円台前半くらい、このパーカーは、頑張っても7000円後半くらいになってしまいそうです。売り切れの場合は、ご容赦ください。



ご希望の方は通常のカート購入と同じように、ご清算方法もあらかじめ指定してカートに入れてください。具体的な入荷予定日はまだ決まっていませんので、申し訳ございませんが現時点では他商品とのまとめてのご注文/ご精算はお受けできません。ご了承願います。ご予約商品のみでカート購入手順を進めてください。



宜しくお願いします!

Thrash till Death!!



* 本日水曜は定休日ですが、昨晩完了できなかった新着商品を先ほどカートアップしました。受注メール対応は明日木曜日以降になります。ご覧の通り、かなり強力なヤツが多いです!!







・WARGASM - Satan Stole My Lunch Money (Deluxe Expanded Edition) CD 税込1,728円 (StormSpell)



ボストン・スラッシュ・メタル WARGASMの各種デモをまとめたCDがStormSpellからリリース。先にバンドのオフィシャル・サイトでダウンロード販売されてたようで、このCDは限定1000枚プレスです。スラッシュ・メタル好きのお客さんと日頃から話題に上がる、自分も大好きなバンドなので、今年暮れの楽しみにしてたビッグ・リリースの一つであります。





Tracks 1-4 : Satan Stole My Lunch Money (Demo 1986)

Tracs 5-7 : Your Dog's Teeth (Demo 1990)

Track 8 : Spirit in Decay (Demo 1990)

Tracks : 9-11 : Gasm It (Demo 1991)





88年にProfileからリリースされた1stアルバムが何と言っても最強メガ激渋なんですけど、ZOETROPEとこのWARGASMは、アメリカのスラッシュ・メタル・バンドで1番大好きなのに、一体どういうところがカッコいいのか自分にはなかなか上手く説明できません。とにかくキャラと雰囲気と曲と演奏と、全てがメガ渋いとしか言いようがないのです。全パートが堅実な素晴らしい演奏力で、後期になると若干その演奏力がウザいパートもあるけど、多くのバンドがやりたいことに演奏力が追いついてなかったのが当時のスラッシュ・メタルの良さでもあったわけですが、WARGASMの場合は出来ることを全てやってしまわないような渋さが当時から感じられました。WARGASMの特徴に速くない曲が超激渋だという点がありますけど、ベイエリア・スラッシュ・メタル・バンドのつまんないミドル・テンポの曲だけになった2ndアルバムとはまるで違う話で、確かにWARGASMの速い曲の爆発力はモノ凄いんですが、最強のアンサンブルで一見地味だけど難易度の高い曲を淡々と演奏する様は、やっぱり速くない曲の方がメガ渋で最高にカッコいいです。CARNIVOREとは違った表現方法で、MOTORHEADのような男臭い3ピース・メタル・バンドの理想的な極悪スタイルを確立していたと思います。もちろん、WARGASMのサウンドにはMOTORHEADの要素はほとんどありませんが。バッキバキのソリッドなサウンドがモダン・スラッシュ好きにも受けている反面、リアル・タイムで体験したアラフォーにも熱狂的に支持されているのはそういう男臭さと、あと今回のデモCDには未収録だけど、MERCYFUL FATEみたいな曲のBullets & Bladesのように、へヴィメタルの古典がしっかり土台にあるのがヒシヒシと伝わってくるからだと思います。



PARADOXのデモに続いて、StormSpellによる凄いリリースです。WARGASMはCDがどれもレアになってきましたが、そんなことはこのCDを買うにあたっては一切関係ありません。むしろ、このダサいジャケの方が問題ですが、でもWARGASMなので全然OKです。絶対に買いましょう!!!!!







・GRINDER - Sirens CD 税込1,728円 (Metal Race)



ジャーマン・スラッシュ・メタルの87年2ndデモがロシアの新興レーベルから突如のオフィシャルCD化。2ndアルバム Dead Endのオリジナル盤CDが大人気のレア盤で、悪質なイミテーションが横行していたため、昨年Divebombから遂にオフィシャル再発されて話題を呼びました。そのDead Endアルバム再発は、う~ん、どうしようかなー、とまごまごしてるうちに逃してちょっと後悔してますが、このデモCDはより魅力的なリリースなので、なんとか入荷にこぎつけることができました。



たぶんジャーマン・スラッシュと聞いて多くの人が思い浮かべるタイプとはちょっと違って、より正統派メタルの土台が強いスピード・メタルを、スラッシュの重厚リフで演奏するバンドで、速い曲はANGEL DUSTにも匹敵するカッコよさです。Vo.は仰々しいタイプではなく、実直でひたむきな熱いシャウトで、合衆国産のパワー/スラッシュ/スピード・メタルの硬派なバンドが好きな人にもオススメ。これ聴いてたら、やっぱりDead Endアルバムも入れるべきだった・・・と、また後悔してしまいました。このMetal Raceってところはちゃんとしたレーベルみたいですが、80'sスラッシュ・メタル・ファンはあるうちに確保しといたほうがいいでしょう!!







・HYPERTENSION - Distant Thunders Call CD 税込1,512円 (StormSpell)



スウェーデン出身スピード・メタルの8曲入り新作2ndアルバムが、USのStormSpellからリリース。Road RacerのPrice Killersシリーズを真似たジャケ・デザインで、StormSpellが現行バンドを発掘して紹介している、Trend Killersシリーズでのリリースです。



痛いバンド名でこのジャケなので非常に悩みましたが、痛いセンスを逆に武器にできるタイプであることを願って、少し入れてみました。解説前からしつこいけど、ハイパーテンションって・・・個人的には信じられないセンスの名前です。サウンドはちょっとロッキンなフレーズもある刻みまくりスピード・メタルなんですが、この刻みが相当速い!!ロッキンと言ってもモーターチャージド系の軟派なヤツじゃないので、RAZORみたいな鬼刻みスピード・メタルです。けっこうハードコアっぽい曲調もあって、北欧のメロディック・ハードコアとスピード・メタルの中間みたいなところが面白いです。スラッシュ・メタル・ファンより、メタル・パンク・ファンにオススメです!!







・FORESEEN - Helsinki Savagery CD 税込2,484円 (20 Buck Spin)



7"EPが大好評だったフィンランド・クロスオーバー・スラッシャー FORESEENが、USエクストリーム・メタル・レーベル 20 Buck Spinから1stアルバムを発表。ここは昔はパンク寄りのレーベルだったけど、近年は立派なエクストリーム・メタル・レーベルになってしまってチョットやりにくいうえ、円安も加速してるので、これでもギリギリの値段なんですが、内容は素晴らしい爆走っぷりで文句なしの痛快スラッシュ・アルバムなので、EPを逃してた人も、そしてEPを入手できて虜になってた人も間違いなく必聴です。



大プッシュしたスピード・メタル・バンド RANGERのベースVo.のDimi氏がクロスオーバー・バンドもやってると言うので、試しに入れてみた7"EPが、クロスオーバー系では近年まれに見るカッコよさで大反響だったバンドです。現在はDimi氏はRANGERに専念していて、このFORESEENには参加していませんが、前作以上にスラッシュ・メタルとして完璧なサウンドで、しかもハードコア上がりのスピードは全く失速してないどころか、さらに加速した感もあります。ぶっちぎりの直線刻みリフは相変わらず速いし、そしてドラムが素晴らしくパワフルで音もバカデカく、重厚且つソリッドなリフとラウドなボトムのコンビネーションが非常に暴力的です。ハードコア・スラッシュな刻みまくりリフとスピード・メタルの熱血さを同時に兼ね備えたWHIPLASHタイプのバンドが好きならば絶対に聴いてほしいですし、Heavy Artilleryからのアルバムが素晴らしかったのにダサいルックスのせいか地味な存在だったAVENGER OF BLOODなんかも思い出してしまいました。あんまし面白くない現行スラッシュ・メタルのリリースは最近は積極的には入れてません(ポンコツ系はどうしてもガマンできません)が、こういうのならBOYもスルーするつもりはありません。ZOLDOER NOIZと並んで、久々に激烈オススメの現行スラッシャーです!!

Metal Deadness!!



・EPITAPH - Seeming Salvation CD 税込1,836円 (Konqueror)



数々のデス・メタル名盤をリリースしていたフランスのカルト・レーベル Thrash Recordsから92年に発表されたスウェディッシュ・デス・メタルの1stアルバムCDバージョンがKonqueror Recordsから待望の再発。2010年のThe Cryptからのディスコグラフィー2枚組LPはもちろん即完売、そして2008年版のKonqueror Records再発CDも近年はエライ値段で取引されているため、多くのリクエストの声に応える形で再発されました。限定500枚プレスですので、逃してた方は今回こそ確保してください!!



これぞSunlightスタジオ録音!な王道のジョリジョリ・スウェディッシュ・デス・メタル感触が極上で、メロディックになりすぎない陰鬱音階のビートダウンと、ベッタリした2ビートの疾走パートとの相性が最高にマッチしています。DISMSMBERやCARNAGEあたりの一線級スウェディッシュ・デス・メタルの陰に隠れるのも致し方ない、ピュアすぎるほどのスウェデス・サウンドだけど、デス・メタル・バンドでは非常に珍しいVo.兼任だったドラマーのタイム感がバツグンで、ミドル・テンポから疾走パート、さらにブラストまでも切れ味鋭く全体を引き締めています。The Cryptでのアナログ再発の際に、オリジナル・ミックスに満足していなかったメンバー自身によってリミックスが施されていましたが、今回のCDも完璧なスウェデス・サウンドが満喫できます!!







・MEFISTO - The Megalomania Puzzle CD 税込1,836円 (Vic)



BATHORYに次いでスウェーデンでブラック・メタルのルーツとなったサタニック・スピード・メタルをイチ早く実践されたとされるカルト・バンドのディスコグラフィーが、オランダのVic Recordsから再発。もう・・・待ちに待たされまくって、ようやくBOYにも届きました・・・。情けないけどカッコ悪いこと言わせてもらいますが、今回のVic Recordsによる再発の情報は、BOYはエライ前から知ってたんですよ!!!!!なぜなら、「スウェーデンのバンドで再発すべきモノはいくつもあるが、MEFISTOもその一つだ!」と、To The Deathに何年も前からBOYは主張してたからです。そしたら1年以上前に、「MEFISTOはVic Recordsが再発することに決まったよ」とTo The Deathから教えてもらったので、Vic Recordsにはずいぶん前からオーダーしてましたが、荷物がキレイサッパリ紛失しまして、次にVicからリリースされた商品のオーダーの時には入れ忘れられて、「BOYはRegain Recordsの再発の時はMEFISTOは入れてたのに、なんで今回の再発盤は入らないのかな?」と、不思議に思ってた人も多かったと思います。



86年にデモを2種制作して消滅したバンドで、99年にRegain RecordsがThe Truthというタイトルでそのデモ2種をまとめたアルバムをリリースしていました。残された音源がデモ2本のみなので、今回の再発も収録内容は同じです。しかし今回は、メンバー自身によるセルフ・ライナー・ノートがジャケ・ブックレットに掲載されていて、Quorthonと初めて会った時のことなども触れてて、かなり面白いです。やはりBlack MarkはMEFISTOにリリースのオファーをしてたらしいですが、それはかなわず解散したそうです。あと、今回のライナーでは触れてないけど、99年のRegain Records再発の時も解説しましたが、BLACK UNIFORMS, DRILER KILLER, ANTI-CIMEX, MODERAT LIKVIDATIONなどで活躍した極悪メタル・パンクス Cliff Lundberg氏が、BLACK UNIFORMS時代にこのMEFISTOのTシャツを着ています。



MEFISTOのサウンドはBATHORYよりもスラッシーで、特に1stデモは、VENOMなどの影響よりも、METALLICA影響下のユーロ・スラッシュみたいな感じで、スイスのMESSIAHなんかが近いように思います。ちなみに、MEFISTOのメンバーがQuorthonと初めて会った時に、CELTIC FROSTのTシャツを着てたらQuorthonに凄いイヤな顔された、とライナーに書いてあります(Quorthonが同世代のスラッシュ・メタルを嫌っていた逸話は数多くあります)。MEFISTOはスラッシュとしては未熟だったかもしれないけど、2ndデモではエピックなパートも導入したサタニックなデスラッシュ・メタルを確立して、後のスウェディッシュ・デス・メタルの多くのバンドに影響を与えました。この2ndデモが86年11月録音というのはちょっと凄いことで、BATHORYのUnder The Sign~が86年9月の録音ですから、ほぼ同時期です。しかもBATHORYはUnder The Signでブラック・メタルのスタイルを完成させましたが、MEFISTOの場合は後のデス・メタルのプロト・タイプのような起伏に富んだ展開のエピック・オカルト・スラッシュ・メタルを実践していたのが、とても興味深いです。これはMERCYFUL FATEからの影響が大きかったようで、当時King Diamondの電話番号を入手したMEFISTOメンバーは、Kingに電話をかけまくっていろいろアドバイスもらった、とライナーに書いてあります。



こういうエピソードやトリビアを挙げだしたらキリがないくらい、カルトで魅力的で、そしてスウェディッシュ・デス/ブラック・メタルのレジェンド・バンドに影響を与えたバンドですので、未聴の方はぜひこの機会に聴いてみてください!!







・HORRID - Evil’s Birth CD 税込1,620円 (More Hate prod.)



80年代後期から活動するイタリアン・デス・メタルの、98年1st MCD, 94年デモ, ライブを収録した編集盤CDです。





Tracks 1-4 : Blasphemic Creatures MCD (1998年)

Tracks 5-9 : Your Are Mine DEMO (1994年)

Tracks 10-13 : Live in Turin Italy





1st MCD音源は、前に入荷してたThe Final MassacreというタイトルのコンピレーションCDにも収録されてましたが、これがとにかくビックリ級のカッコよさで、このCDで久しぶりに聴いたけどやっぱりカッコいい!!Sunlightスタジオ録音で、ロウなドラミングと起伏が激しく突進する曲調はダッチ・デス・メタル好きにもオススメです。メロディックなギター・ソロもしっかり入ってて、当時のスウェディッシュ・デス・メタル作品にも全く引けをとっていません。94年デモはSunlight録音のMCDと比べたらやっぱり音質は劣るけど、ギターはもっと金属質なノイジー・デスラッシュ系で、これまたロウなデス・メタル好きには絶対にたまらないサウンドです!!このスラッジな窒息感もあるノイジー・サウンドで、スロウ~ミドル・テンポ中心の構成というのもたまりません。おすすめデス!!







・CENOTAPH (Mexico) - Riding Our Black Oceans CD 税込1,728円 (Chaos)



メガレア1stアルバムの再発が世界中のダイハード・デス・メタラーを熱狂させたメキシコのCENOTAPHの、94年にオランダのCyber Musicから発表した2ndアルバムがChaos Recordsから再発。2000年版以来の再発で、今回はリマスタリング&ニュー・レイアウトで、限定1000枚プレスです。



中米産デス・メタルの鈍さ, スウェディッシュ・デス・メタル的不穏音階, テクニカル・デスのリフ・ワークなど、デス・メタル先進国のクォリティーにメキシカンならではの味も加えた1stアルバムから飛躍的に深化したこの作品も、マニアには高く評価されています。前作1stアルバムからメンバー・チェンジがあって、Vo.とセカンド・ギタリストが変わっていますが、これが大きく作用したのか、メロディック・パートとフレーズがアトモスフェリックなまでに叙情的で、めまぐるしい展開と相まって素晴らしく個性的なプログレッシブ・デス・メタル作品となっています。ちょっとややこしいのですが、1stでVo.だった人は前作発表後にthe CHASMを結成し、そしてこの作品からギターで参加した人も後the CHASMメンバーなので、the CHASMの独特のエピック・デス・メタルとの共通性も指摘されている名盤です。激しくドラマチックな展開とメロディーは、ラフな演奏を完全にカバーする独創性で、1stの印象だけで接すると面食らいますが、これはthe CHASMファンに絶対オススメの傑作デス!!







・PYRE - Human Hecatomb CD 税込1,728円 (Chaos)



2012年にBlood Harvestから1st MLPをリリースしていたロシアン・デスメタル・バンドの9曲入りCDが、メキシコのChaos Recordsからデジパックでリリース。1st MLPの後にベルギーのENTRAPMENTともSplit 7"が出ていますが、本作が初のフル・アルバムとなります。



勝手な思い込みだけど、東欧メタルの持ち味がデス・メタルにはあまり良い方向に作用しない気がしてたので、1st MLPを聴いた時も予想外のカッコよさにビックリしましたが、今回も予想を上回るカッコよさのピュア・オールドスクール・デス・メタルで文句なしの内容です。NIHILIST型のスウェディッシュ・デス・メタル的感触で演奏したUSデス・メタル系のオールドスクール・タイプで、2バス連打の硬いサウンドのドラミングはMASTERを彷彿させますし、フロリダDEATHやNIHILISTタイプの疾走ナンバーになると、パンク要素の無いBASTARD PRIESTみたいでもあってカッコいい!!オススメなんですけど、この素晴らしい内容じゃ、今回も入荷枚数少なすぎたかも知れません・・・。

Epicus Doomicus Metallicus Blackus!!



・GOATBAPHOMET - Ritual Goat Molestor 7" 税込1,000円 (Deathrash Armageddon)



南米エクアドル出身ブラック・メタルの2012年1stデモが、日本のDeathrash Armageddonから7"EPでヴィニール化再発。Deathrash ArmageddonがNuclear War Now!と共同で1stアルバムのLPバージョンをリリースしていた、NIHIL DOMINATIONメンバーによるプロジェクトです。



NIHIL DOMINATIONファンはもちろん、BEHERIT, ARCHGOAT, SADOMATORなどのファンにもオススメのグラインディング・カオスなウォー・ブラック・メタルで、ゴート&ガスマスクなアートのラベルもピッタリのサウンドです。しょっちゅう言ってますが、こういうタイプは5年くらい前はたくさん居たけど、最近めっきり減っちゃいました。そんなタイミングでこういうのをリリースするところが、また実にDeathrash Armageddonらしいです。南米産らしいバーバリックな暗黒汚濁鋼鉄は、タイトルにはリチュアルとあるけど、昨今の雰囲気重視リチュアル・デス・メタル・ムーブメントに食傷気味なマニアのうっぷんを激烈に晴らしてくれることでしょう!!







・XERBETH - S/T CD 税込1,620円 (Warkult prod.)



南米ボリビア出身ブラック・メタルの、2010年デモをCD化再発したものです。ジャケ裏に#/1000のナンバリング入れる場所がありますが、今回入荷した分は#部分が空いています。こういう場合、たいていは公表してるプレス枚数より多く作ってるインチキ商法なわけですが、こんなCDは1000枚以上作られてるわけないので、たぶん何も考えずにナンバリングをやってみたかっただけで、でも出来上がったらめんどくさくなったっていう、聴く前からグダグダさがにじみ出てるCDです。全世界で、せいぜい100枚も売れてないでしょう。



サウンドもグダグダです。一応本気度は伝わってきますが音質はもちろんスカスカで、TYPHONやNEBIROSなどのコロンビアのカルト・バンドが好きな方にはなかなかオススメのゴミ・カルトです。ボーナスでCELTIC FROSTやDARKTHRONEカバーも収録した12曲入りです。







・KATHGOR - The Lord of Infernal Blasphemy TAPE 税込972円 (Basement)



ANTACID, LOBOTOMYのメンバーが参加しているマレーシアのデス・メタル・バンドの2011年発表3曲入りデモです。オリジナルは、DEATH STRIKEのカセット・バージョン再発などもリリースしているイタリアのTerror from Hellから出ていましたが、ジャケがフォイルド・レタリングのちょっと豪華な仕様となって、母国レーベルから再発となりました。ミニ・ポスターも付いています。



ANTACIDとLOBOTOMYの印象だけで接するとドギモを抜かされる、ショボさ無しのゴリゴリ・デス・メタルで、これはちょっとビックリのカッコよさです。スラッシュ・リフとメロディックなソロもこなすギターと、若干ブルデス的でもあるけど、かなりパワフルなドラムで、演奏のアグレッションは申し分無し。曲調はPROTECTOR系のゴリゴリ・デスラッシュ。そしてVo.は、言われないと気付かないほど気合の入ってるシャウトがカッコいい女性!!女性Vo.モノ好きはスルーしてかまいませんが、ゴリゴリのデスラッシュ好きにはぜひ聴いてもらいたいデス!!







・EVIL WRATH - A Pact with Satan... The Fall of Man CD 税込1,620円 (Warkult prod.)



Nuclear War Now!からPAGAN RITESとSplit 10"をリリースしていたカナディアン・ブラック・メタルの、1st, 2ndデモ音源などを収録した9曲入りCDです。





Tracks 1-3 : "Chaotical Invasion"アルバム・デモ・バージョン (2009年)

Tracks 4-5 : "A.M.S.G." DEMO (2006年2ndデモ)

Tracks 6-9 : "L'essence Du Mal" DEMO (2005年1stデモ)





2009年アルバムのデモ・バージョンではMAYHEMタイプのコールド・ブラック・メタル、初期のデモ2種ではよりアンダーグラウンドなロウ・ノイジー・ブラック・メタル・サウンドです。初期デモのロウネスはかなりのもので、恐らくドラムはサンプリングなんですが、打ち込みっぽさをあえて隠そうとしてないのが面白いし、不思議とロウ・ノイジーなサウンドとも相性が悪くない気がします。1stデモでのプリミティブさとサンプリングの最悪なミスマッチは、一般的にはゴミとされるほどのものですが、これも腐った耳と心で聴くと全然悪くない。サンプリングでVONのカバーやる度胸は、大胆不敵というよりも、どうもブッ飛んでるような感じですが、このバンド、現在はダン・リルカも参加してるみたいで、なるほど、といったクレイジー・ブラック・メタル・バンドです。







・ESKHATON - Worship Death CD 税込1,620円 (Chaos)



2011年にNuclear Winter Recordsからいきなりアルバム・デビューしたオーストラリア・メルボルン出身デス・メタル ESKHATONが、メキシコのChaos Recordsから2ndアルバムCDをリリース。前作でノックアウトされたファンには今回も間違いなしの内容ですし、また、昨今のオーバー・プロデュースなリチュアル・デス・メタル・トレンドにフラストレーションが溜まってるようなエクストリーム・メタル・ファンにもぜひ聴いていただきたい、素晴らしく野蛮なデス・メタル作品です。



とにかく終始ひたすら原始的なベスチャル・デス・メタルの応酬に徹していて、メルボルン・ヴィクトリアが生んだウォー・ブラック・メタル・レジェンド BESTIAL WARLUSTへのウォーシップも強烈に放出しています。デス・メタルの重厚リフを圧倒的な音壁か土石流のごとくブチまける様は、MORBOSIDADやDEIPHAGOのようなタイプの野蛮さにも通じますが、テクニカルなギター・フレーズやキレ味と整合感すら備わってるので、IGNIVOMOUSの最高傑作1stアルバムを始めて聴いた時の衝撃にも似ています。これは前作以上にノックアウトされました。素晴らしい!!極悪にオススメの必殺メガトン級ウォー・デス・メタル大傑作デス!!!







・ENCOFFINATION - III-Hear Me, O’ Death (Sing Thou Wretched Choirs) CD 税込1,512円 (Selfmadegod)



2010年に発表した1stアルバム Ritual Ascension Beyond Fleshで表現した究極の遅さが話題を呼びカルトな存在となった、USドゥーム・デス・メタル ENCOFFINATIONの新作3rdアルバムです。



もちろんスロウなドゥーム・デス・メタルという基本姿勢に揺らぎはないけど、Ritual Ascension Beyond Fleshアルバム以降は遅さの記録更新のようなことはせずに、abySickでリチュアルなブラック・デス・ドゥームを追求してきました。そしてその方法論だけで言えば、本作が一番実を結んだ内容となっているように思います。WORSHIP, THERGOTHON, dISEMBOWELMENTなどのフューネラル・ドゥーム・ファンには今までで一番オススメです!!









・MAJESTIC DOWNFALL / the SLOW DEATH - Split CD 税込1,620円 (Chaos)



メキシコのMAJESTIC DOWNFALLと、オーストラリアのthe SLOW DEATHによる、エピック・ドゥーム・デス・メタルSplitアルバムCDです。CENOTAPHなどを再発してきたメキシカン・デス・メタル・レーベル Chaos Recordsからのリリースですが、このCDはProfound Loreあたりのフューネラル・デス・ドゥーム・メタル好きにぜひ聴いてほしい作品で、特にthe SLOW DEATHは、過去作品がマニアに絶賛されている、ドゥーム・メタル・ファン要注目のバンド。各バンド3曲の全6曲入りで、収録時間1時間を越える聴き応え満点のSplit CDです。



MAJESTIC DOWNFALLはChaos Recordsがプッシュしているドゥーム・デス・メタルで、KATATONIAを頂点としてISOLEなどが継承してる、北欧の正統派エピック・メタルがデス寄りにスロウになったようなタイプです。Weird Truthリリースのヨーロピアン・ドゥーム・デス・メタルや、MOURNFUL CONGREGATION周辺のOZバンドにも非常に近い雰囲気で、STONE WINGSのようなMY DYING BRIDE影響下デス・メタル・ファンは必聴です。とてもメキシコのバンドとは思えない完成度!!



MAJESTIC WINGSの解説でSTONE WINGSの名前を出したのにはワケがありまして、the SLOW DEATHのギタリストはSTONE WINGSメンバーだった人で現MOURNFUL CONGREGATION, さらにはBACKYARD MORTUARYにも在籍していたデス・メタル・ミュージシャンでもありますし、他メンバーにはTEMPLE NIGHTSIDEに参加していた人もいます。サウンドはモーンフルなドゥーム・デス・メタルで、エピック・メタルとドゥーム・メタルの中間に位置する素晴らしくディープなスロウネスは、ESOTERICが好きならば確実に必聴です。この作品からPALLBEARERのギタリストも参加していて、PALLBEARERにも通じるウェットな叙情も絶品です。そしてなんと言ってもこのバンドをより魅力的に引き立たせているのが、クリーン・トーンで歌うキーボード兼任の女性ヴォーカル。激lowな男性Vo.も時折挟みますが、この女性Vo.の澄んだ歌声には、日常の邪念を全て洗い流されるような優しさと切なさがあります。しかもジャケに写真がないのでちょっと調べてみたら、SADISTIK EXEKUTIONのTシャツをカッコよく来たかなりのカワイコちゃんでビックリ!!これは応援しましょう!!

Japanese Punx!!



・DEMOLITION - Bombenhagel CD 税込2,160円 (Duel)



名古屋重鎮メタルコア DEMOLITIONが、2005年発表 Mob of Wolves以来となる待望の新作アルバムを、自主レーベルからリリース。発売前からメタル方面でも注目度の高まっている作品で、昨今のメタル・パンク・ムーブメントとは切り離して聴くべき、ジャパニーズ・ハードコア・ファンからスラッシュ・メタル・ファンまで必聴のアルバムです。



単独音源デビューは2000年発表の大傑作 Road is Free MCDでしたが、それ以前から地元名古屋では圧倒的な存在感で重鎮として君臨していました。スラッシュ・メタリックなリフと小細工なしの疾走感が爽快なまでにカッコよく、そこに乗るバイオレントなシャウトのVo.も迫力満点で、男臭さを強調するバンドのほとんどが、MOTORHEADというキーワードを盾にして、逆に軟派なR&R崩れと化してるのに対し、DEMOLITIONは徹底的にバイオレンスな硬派を追求してきました。その結果、今回は以前にも増してへヴィメタルの男臭さに接近して、ドラマチックな展開やサウンドの重厚さ、そしてDEMOLITION一番の魅力である爆発力のある疾走感が完璧なバランスで完成しています!!







・ORGANISM / CROSSFACE - Split 7" 税込1,080円 (self release)



大阪のORGANISMと東京のCROSSFACEによるSplit 7"が自主制作リリース。両バンドともに2007年作品以来久々の新音源で、さらにどちらも新メンバー編成での初音源でもあって、気合がヒシヒシと伝わってくる両者一歩も引かないテンション充満のSplit EPです。



ジャパニーズ・ハードコア本来の攻撃的なサウンドを信条としているORGANISMは、クラスト系にも通じるロウ・ノイジーなサウンドで、今回も獰猛に襲いかかります!!ORGANISMサウンドの特徴の一つでもあったスピードはドライブ感も備えて、激しさと疾走感はよりダイナミックになっています。



CROSSFACEは女性Vo.も導入していた前作での実験的な混沌エモーショナル・ハードコアから、ロウ・ハードコア・テイストを非常に強めたスタイルへと深化していて、オオサカ氏のリアル激情Vo.が生み出す混沌とした世界観と見事にマッチした、怒涛のレイジング・ダーク・ハードコアが圧巻!!







・INTO THE GREY - S/T CD 税込1,080円 (Crew For Life)



Vo.シイノ(ex.SCREMING NOISE)、Ba.カシワ(ex.PROTECT, ex.GARPIKE)、Gu.モチヅキ(FALLING DOWN, ex.SET POINT)、Dr.ウチヤマの4人で結成された東京のハードコア・バンドのデビュー作となる9曲入りCDが、Crew For Lifeからリリース。



メンバーは90年代後期東京ハードコア・シーンの、スパイキー・パンク・ノイズコアとNYHC系オールドスクール・ハードコア・バンドで活躍していた面々ですが、このINTO THE GREYのサウンドは、Late 80's UKHCスタイルのスピードコア・スラッシュ・スタイルです。ロウ・メタリックなRIPCORDタイプのギターリフを、HERESYのような猛速スラッシュで畳みかけながら、日本のスラッシュコアっぽさもあって、バンドとしては新鋭ですが、各メンバーのキャリアが見事に生きている、さすがのデビュー作!!クロスオーバー・ファンにもオススメの感触もあって、今後はかなり注目されそうな期待のバンドです!!







・VOLT VALIDATION - Crush & Build CD 税込1,080円 (Crew For Life)



Crew For Lifeからリリースされた、岐阜で活動する若手ハードコア・パンクの7曲入りCDです。



まだ全国区では知名度は低いものの、県内外のバンドが岐阜でツアーする際はサポートしてきたバンドで、熱く実直な彼らの活動を応援するために、Crew For LifeがこのCDをリリースしました。サウンドにも真摯な姿勢が表れていて、オールドスクールなファスト・スラッシュを、展開やブレイクなども上手く組み込んで単調にならないように工夫して、畳みかけるような焦燥感を生み出しています。若々しい勢いと向上心が強く感じられる、今後も注目に値する新鋭です!

Pre-Order for NO MERCY!!



* たくさんのお問い合わせをいただいていますNO MERCYの再発盤ですが、Suicidal Recordsでも大反響だそうで、追加オーダー分はようやく来週初めにも発送できる準備が整ったそうです。ブラック・ビニールLPとCDのご予約を希望されていた方には、再入荷時期がまだ見えてなかったのでしばらくお待ち願います、と回答してきましたが、12月の第2週目くらいには届くかな?と、大まかですがようやく推測できる段階になりましたので、今からブラック・ビニールLPとCDのご予約を受け付けます。お問い合わせが多いので、既にメールなどでご予約のお問い合わせいただいてた方も、お手数ですがカートから改めてご注文いただけますと、こちらも管理ミスを回避できて助かります。画像をクリックすると、ご予約カートにリンクします。SUICIDAL TENDENCIESステッカーも付属で、お値段もなんとか前回と同じでいきたいと考えていますので、何卒宜しくお願いします!!









・NO MERCY - Widespread Bloodshed Love Runs Red LP PICTURE VINYL 税込3,780円 発売中 / BLACK VINYL LP 予価 税込3,240円 ご予約受付中 / CD 予価 税込2,592円 ご予約受付中 (Suicidal)



「イヴォ―――ォォォggghhh!!!!!」が一番きまってたこの最凶レア・クロスオーバー・クラシックが、遂に再発ゥァaaarrrggghhh!!!!!SUICIDAL TENDENCIESの3rdアルバムから参加するギタリスト Mike Clarkが率いたLAヴェニスのスラッシュ・バンドの、Suicidal Recordsから87年に発表した1stアルバムです。まだUSHC然とした頃の最初期音源集 OG No Mercyが2008年にリリースされましたが、この1stアルバムは永遠に値崩れしない人気のレア盤なのに、なぜか過去にブートの類でも再発されたことは1度もありませんでしたので、この再発のニュースを聞いてから、しばらくソワソワして仕方ありませんでした。毎年暮れになると同じようなこと言ってますが、今年も果たして無事に年を越せるか微妙なくらい綱渡り状態の経営だけど、これは死ぬ気でオーダーしました。さすがにNO MERCYでズッコケることはないでしょう。もう1つか2つ死ぬ気でオーダーしてるヤツあるけど、まずはこのNO MERCYで死んでください!!!



クロスオーバー全盛期にリリースされたこのアルバムは、当時Burrn!でもかなり絶賛されたので、BOYでもスラッシュ・メタル好きのお客さんとよく話題にあがります。大手ディストリビューターのCarolineがケツ持つ前の初期Suicidal Records作品はやはりプレス枚数が少なかったせいか、85年発表大傑作オムニバス Welcome to Venice comp, 86年発表のBEOWULF 1st, そしてこの87年発表のNO MERCYは、中古市場でも常に高い人気と相場価格を維持していて、最近Southern Lordから再発されたEXCELの1stも87年発表ですが、EXCELからはCarolineによる流通で広く世界各地で入手できるようになりました。NO MERCYまでのSuicidal Records自主流通時代は、スケボー・ブランドのDogtown商品とSuicidal Recsリリース作品&マーチャンダイズが一緒に掲載されたフライヤーがインナーとともに入ってるものもありました。



初期Suicidal Recordsのバンドはどれも非常に個性的なスラッシュ・サウンドで、アメハ―土台を貫いたキャッチーなEXCEL, 西海岸ハードコア版MOTORHEADのようなワイルドさが激渋だったBEOWULF, そしてこのNO MERCYはSUICIDAL TENDENCIESと並んで一番メタルに接近したスラッシュでした。後にSUICIDAL TENDENCIESでも演奏される曲も既にこのアルバムでやってますし、88年に発表する構想がありながら実現しなかったNO MERCYの2ndアルバムに収録予定だった曲は、NO MERCYが解散したことによって、SUICIDAL TENDENCIESの同年発表3rdアルバム How will I Laugh Tomorrowで録音されて陽の目を見たそうです。DISCHARGE大好きキッズだったパンクスがスラッシュ・メタルに出会ったことによって、DISCHARGEの曲構成を全部SLAYER型のブリブリ刻みにしてしまったUKブリストルのONSLAUGHTの1stアルバム Power from Hellは、ブリティッシュ・クロスオーバー・スラッシュの初歩中の初歩的方法論であり究極だったわけですが、NO MERCYの場合はBLACK FLAG, GERMS, FEARなどのLAパンクに夢中だったスケボー・キッズが、83年に発表されたSUICIDAL TENDENCIESの1stを聴いて衝撃を受け、さらにMETALLICAやEXCITERなどのスピード・メタルにのめりこんでいったと、Mike Clark氏がセルフ・ライナー・ノートで解説してる通りのサウンドで、SUICIDAL TENDENCIESの1stみたいな曲調をずーっと直線的なズグズグ刻みで演奏してしまっているのが素晴らしく最凶メガ激渋です。黒人ギタリスト Rocky Georgeが加入してスラッシュ・メタルへ接近した2ndのSUICIDAL TENDENCIESよりもガサツで粗いし、バックの演奏がどんなにメタリックに進化しても、線の細いUSHCスタイルのVo.を貫いたMike Muirとのミスマッチも最高にスリリングです。



そしてなんと言っても当時モノ凄いインパクトだったのが、Suicidalファミリーの多くの名作を手掛けていたMichael Seiff氏による、この渾身のウルトラ・グレートなジャケ・アート!!!ワタクシは四十過ぎてもこのジャケが、全世界中のレコード(を知り尽くしてるわけないけど)の中で絶対に1番好きなデザインです。真ん中の「ウガーッ!!」って感じの超おっかねー奴と、怨念がこもったようなロゴなんか、狂気の沙汰のカッコよさです。Michael Seiff氏はどうやら亡くなられてるようですが、間違いなく彼の最高傑作アートの一つでしょう。



今回の再発はLPがブラック・ビニールとピクチャー盤、そして初CD化の3種フォーマット。オリジナルLPの歌詞インナーは両面シートでしたが、今回のブラック・ビニールはインナー・スリーブになっていて、Mike Clark氏によるライナー・ノートも掲載しています。CDももちろんフォールド・ジャケに歌詞とNike Clark氏のライナー・ノート掲載。そしてピクチャー盤はステッカーが貼られた専用のクリア・スリーブに収納されてます。ピクチャー盤とCDの初フォーマット2種は買うの当たり前だけど、これはやっぱり黒盤も絶対に買う。円安以前に、Suicidal Recordsリリースはもともと割高なのでお値段はお安くはないですが、オリジナル盤の相場価格考えれば、今回のピクチャー盤LPの倍くらいはしてますから。





さらに今回は、舞い上がってしまってSUICIDAL TENDENCIESのオフィシャル・ステッカー3種も大量に買い付けたので、デザインの指定はご勘弁願いますが、黒盤LP / ピクチャー盤LP / CDのどれをお買い上げでも対1でお付けます!!!興奮しすぎてテレビ・ショッピングみたいな解説になってますが、届いた現物見てまた興奮してきて、売り出し前にしてさっき追加オーダーしてしまったので、これは絶対に宜しくお願いします!!!!!

Punk Zines!!

* 昨晩ブログ・アップ途中にメンテナンスに入ってしまいましたが、昨日からEL ZINE最新号、発売開始しています!





・EL ZINE - Vol.16 ZINE 税込600円



Doll MAGAZINEの編集者だった山路氏によるパンク・ファンジンの、最新号となる#16です。DIYパンクZINEらしいシンプルなルックスだった前号から180度変わって、これまでで一番大きいA4サイズとなり、そして表紙はTOM AND BOOT BOYSのUSツアー写真もバッチリ映える初のフルカラー!!今回はワタクシBOYの大倉が行ったZEXインタビューや、大分のKNAVEインタビュー、EL ZINE的NWOBHM再検証なんていうのもありまして、当店のメタル系のお客様にも喜んでもらえると思います。そして何よりも、おっきいのはやっぱりすごくイイ!!エラそうなこと言わせてもらいますと、ビジュアルも重要なバンドが多く掲載された号ですから、このサイズは大正解だと思います。ZEXの写真もカッコいいので、ぜひ読んでみてください!!





●TOM AND BOOT BOYS USA TOUR REPORT

(TOM AND BOOT BOYSの今村紀康氏による、笑いあり涙ありのUSAツアー・レポート&ディスク・レヴュー)



●GENERACION SUICIDA

(ex RAYOS Xメンバーらによる、アメリカLAのラティーノ・パンク・ロック・バンドへのインタヴュー)



●ZEX

(ex GERM ATTAK etcのJoらによるカナダの女性ヴォーカル・メタル・パンク・バンドへのインタヴュー by 大倉 了氏/RECORD BOY)



●KNAVE

(今夏に『Regeneration Of Darkcore』をリリースした大分のダークコア・バンドへのロング・インタヴュー by 行川和彦氏)



●TOM AND BOOT BOYS VS BEER BELLY

(お馴染みTOM AND BOOT BOYSの今村紀康氏と、先日自主で7インチをリリースした期待の新星BEER

BELLYのきづく氏による新旧ポゴ対談〜合同インタヴュー)



●センレコ

(発行人による、千円札一枚でどんな中古レコードが買えるかな?というレポート&ディスク・レヴュー)



●DORNATA

(旧ユーゴスラビア連邦の一国、スロヴェニアのロウ・ハードコア・バンドへのインタヴュー)



●HYSTERESE

(ドイツの男女ツイン・ヴォーカル・メロディック・パンク・バンドへのインタヴュー)



●4490 RECORDS

(シンガポールのダーク・クラスト・コア・バンド、PAZAHORAのギタリストでもあるZhafranが主宰するレーベルへのインタヴュー)



●行川和彦VS大越よしはる〜実録!二〇〇〇〇文字対談

(ライターの行川和彦氏と大越よしはる氏による、3時間以上に渡る長い長い長い対談)



●LASHING SPEED DEMONS

(ライターの大越よしはる氏によるEL ZINE的NWOBHM再検証)



●ES GIBT KEIN WERT

(発行人によるディスク・レヴュー)







・EL ZINE - The International Kvlt Conspiracy 76mm BADGE 税込300円



前回も好評だったEL ZINEデカ・バッジの新作です。前のはポリティカルな雰囲気だったけど、今度のデザインはちょっとリチュアルな感じです。













・NEGATIVE INSIGHT - issue #2 ZINE + 7" 税込2,592円



USのSocial Napalmというレーベルが発刊するハードコア・パンクZINEの第2号です。2010年に発刊された第1号もUKHC一色の濃厚な内容で、DISASTERとSACRILEGEのライブ音源カセット or CDRが付いてましたが、今回はブリストル・パンクに的を絞って、しかも付属音源がCHAOS U.K.のレア・トラック7"EP!!ZINEのクォリティーも付属品もグレードアップしています。



CHAOS U.K.の初代(で間違ってないかな?)ギターのAndy FarrierとGabbaの両ギタリスト, DISORDERのTaf, Riot City RecordsのSimon Edwardsへのインタビューや、貴重な当時の写真など、UKHCファンならずとも80年代のパンクが好きなら、見ているだけでもワクワクしてくる本です。そしてCHAOS U.K. - Studio Outtakes '81-83 7"には、Burning Britain 1st 7"録音時1981年8月15日のセッション "Maggie"と、83年の1st LP録音時セッション "Police Protection"の2曲を収録。ジャケ&ディスクもバッチリで完璧です!!

Metal Deadness!!

* SADISTIC INTETNT超待望の新作他、Iron Pegasus商品が入荷しましたので、昨晩カート・アップしました。本日水曜は定休日ですので、受注メール対応は明日木曜日以降になります。







・AFTER DEATH / UNAUSSPRECHLICHEN KULTEN - Split LP GREEN MARBLE VINYL 税込3,024円 / BLUE MARBLE VINYL 税込3,024円 / REGULAR BLACK VINYL 税込2,916円 (Iron Pegasus)



NOCTURNUSのオリジナル・メンバーによって90年代後期に結成されたNOCTURNUS A.D.を母体とするフロリダ・デス・メタル AFTER DEATHと、これまで入荷してきた作品がいずれも大好評のチリ・サンチアゴのデス・メタル・バンド UNAUSSPRECHLICHEN KULTENのSplit LPが、ドイツのIron Pegasusからリリース。両バンドとも個性的なキャラクターのオールドスクール・デス・メタル・バンドで、マニアに熱狂的に支持されていますが、ちょっと異色な組み合わせとも思えます。実はこのSplitは、チリの流通激悪レーベル ProselytismからCDバージョンが2012年に限定500枚でリリースされていた作品で、ProselytismとIron Pegasusがタッグを組んで実現したモノでした。当店は2013年末に数年ぶりにProselytism作品CD数種をまとめて直ルートで入荷することができましたが、このSplitだけは残念ながら入手できませんでした。世界中に数多く存在するメタル・ディストロ・ショップの中でも、このCDバージョンを当時しっかりディストリビューションできたのは、恐らくIron Pegasusくらいだったはずです。



EaracheからのリリースでもおなじみのNOCTURNUSは、デス・メタルにキーボードを導入した斬新なスタイルを確立したバンドとされています。AFTER DEATHもやはりキーボードがサウンドの要ではありますが、シンフォニックやクラシカルといったものとは別次元で、だいぶデス・メタルの分別もつくようになった耳で聴きますと、これがかなりNEGATIVE PLANEと共通する要素が多いことに気付きます。事実、NEGATIVE PLANEギタリストのNameless Void氏はこのAFTER DEATHにも一時参加していました。NEGATIVE PLANEの妖艶な旋律の代わりに、カバーもやってるMORBID ANGEL系のテクニカル・ギターを前面に出してますが、邪悪要素は無く、NEGATIVE PLANEのようなサイケなアトモスフィカル・ダークネスが全体を覆っています。PORTALの怪奇な変態さを、ぼやけたような叙情に置き換えたみたいにも感じられて、とにかく圧巻の激渋アトモスフィカル・デス!!このSplitは初期レア・トラックの再録やMORBID ANGELカバー含む全6曲ですが、ぜひともフル・アルバムを発表してほしいバンドの1つです。



UNAUSSPRECHLICHEN KULTENは、MORBID ANGEL系のテクニカルなクトゥルー・デス・メタルを、SUFFOCATIONやIMMOLATIONなどのUS東海岸ノリのソリッドなブルタリティーで表現したようなバンドですが、この作品は一味違うアプローチの曲もあって、他作品では皆無だったと言ってもいいアトモスフェリックなムードも少し漂わせています。しかもこれが、対戦相手のAFTER DEATHからキーボードを除いたような感じもあって、このバンドのフトコロの深さが垣間見えるカッコよさ!!Profound Lore系バンドや、MARTIRE周辺のOZアヴァンギャルド・デス・メタル好きにもオススメですが、ラストはMORTEMのカバーで締めくくっていて、このバンドの魅力である南米デスのガラの悪さは失せていません。



両バンドとも念願の入荷作品にふさわしい素晴らしい内容です。今回はltd.100枚グリーン・マーブル / ltd.100枚ブルー・マーブル / レギュラー・ブラック・ビニールの3種で入荷!!







・MORTEM - De Natura Daemonum CD 税込2,268円 (Iron Pegasus)



オランダのPENTACLEとのSplit 7"で遂に復活した、HADEZと並ぶぺルビアン・デス・メタル帝王 MORTEMの2005年発表傑作アルバムが、復活を祝してジャケを変えた新装版で再リリース。フルアルバムとしては現時点ではこれが直近の作品となります。



Split w/ PENTACLEは、北欧型とは異なる不穏音階とロウな爆発力が南米デスらしさ全開で、ファンは針を落とした瞬間にガッツポーズ必至の復活音源でした。しかしこのアルバムは、南米デス・マニア以外の多くのデス・メタル・ファンにも聴いてもらいたい内容で、初期DEICIDE的な暴走テクニカル・オールドスクール・デス・メタルを、メロディックな超絶ギター・プレイも随所に絡めながら爆発させています。ロウなドラミングと、かなりスラッシュなリフワークも飛び出すSEPULTURAやSARCOFAGO系のデスラッシュ・ルーツを感じさせるところとが、南米デスらしいところでしょうか。初期デス・メタル・ファン/南米デスラッシュ・ファンともに必聴の名作デス!!







・PENTACLE - ...Rides the Moonstorm CD 税込2,268円 (Iron Pegasus)



ASPHYXメンバーも在籍するオランダ・デス・メタルの98年傑作1stアルバムが、Iron Pegasusから新装2014年版で再リリース。USツアーに合わせてリリースされたモノで、ジャケ・ブックレットがメンバー自身による各曲解説や写真なども追加した全24ページに増量されています。



イントロにTom G. WarriorのライブMCを拝借してるところからもうかがえるように、CELTIC FROSTの影響が大きいデス・メタル・バンドです。しかしOBITUARYやWINTERとも違うCLETIC FROSTチルドレンで、カバーもやってるチリPENTAGRAMのような黒く鈍い重さで叩き出すデスラッシュ・サウンドが特徴です。CELTIC FROSTリフがあちこちに顔を出しながら、ダッチ・デスらしい爆裂さで暴走したデス・メタルは、パートによっては、KREATORやDESTRUCTION型のジャーマン・スラッシュっぽさもあって、スラッシャーにもオススメの名作デス!!







・PENTACLE - Five Candles Burning Red CD 税込2,268円 (Iron Pegasus)



ETERNAL SOLSTICEとのSplitを皮切りに2013年から本格的に再始動したベテラン・ダッチ・デスラッシュ・メタル PENTACLEの、復活後のSplit EP音源3種をまとめた5曲入りCDです。3種だっけ?と疑問に思った方は鋭くて、2013年に同じオランダのETERNAL SOLSTICE, そしてぺルビアン・デス・レジェンド MORTEMと、いずれも対戦した相手バンドも長らく眠っていたベテラン・カルト・バンドとのSplit EPを2作品発表してきましたが、このレジェンド対決Splitシリーズで次に控えている相手は、LAデス・メタル裏番 SADISTIC INTENT!!そのSplit EP w/ SADISTIC INTENTの詳細についてはまだ明かされていませんが、PENTACLEの提供曲はこのCDで一足先に聴くことができます。





Track 1 : Split 7" w/ MORTEM

Tracks 3, 5 : Split 7" w/ ETERNAL SOLSTICE

Tracks 2, 4 : Split w/ SADISTIC INTENT (未発表)





ジャーマン・ダイハード・メタル周辺にも通じる渋いキャラクターのデス・メタル・バンドで、CELTIC FROSTウォーシップなバンドでもあります。John Tardy似の渋いガテラルVo.はOBITUARY的だけど、楽曲はチリのPENTAGRAMのような黒く鈍い重さで叩き出すデスラッシュ・サウンドが特徴です。これでドラムがリズム感バツグンだったら完璧に近いのですが、復活後のPENTACLEは初期より演奏がロウなのがポイント。故にカルトな存在なのでしょう!!







・SADISTIC INTENT - Reawakening Horrid Thoughts ONE-SIDED MLP EUROPEAN VERSION RED VINYL 税込3,024円 / US VERSION BLUE VINYL 税込3,024円 / REGULAR BLACK VINYL 税込2,916円 (Iron Pegasus)



LAデス/グラインド・シーンの草分け的存在の表の顔がTERRORIZERならば、LAデス・メタル裏番長と呼ぶにふさわしい伝説的デス・メタル・バンド SADISTIC INTENTが、前作以来12年ぶりとなるまさしく超待望の新作を遂に発表。今回もドイツIron Pegasusからのリリースで、新曲2曲+DARKTHRONE "F.O.A.D."のカバーというビックリな内容ですが、新生SADISTIC INTENTの方向性が見えてくるとても興味深い新録3曲で、ファンは絶対に聴き逃すことは許されません。今回はヨーロピアン・バージョン・レッド・ビニール / USバージョン・ブルー・ビニール / レギュラー・ブラック・ビニールの3種での入荷で、片面にはロゴがプリントされています。既にレーベルでも飛ぶように売れているみたいです。



熱狂的な信者を持つカルト・デス・メタル・バンドとして恐れられている存在で、メンバー全員が一時はPOSSESSEDに参加して、唯一残ったPOSSESSEDオリジナル・メンバーのJeff Becerra氏のバックを支えていたのも話題となりました。サウンドもまさにPOSSESSEDの申し子のようなUSデス・メタルですが、以前のようなMORBID ANGEL的な邪悪テクニカル要素は薄れて、オールドスクール・テイストのより強まったPOSSESSED型デスラッシュ路線へと変わってきています。特に1曲目がモロで、最初は正直面食らったけど、これがやっぱり激渋カッコいいデス!!聴けば聴くほどPOSSESSEDで、親が子を真似てるようなこういう例えはおかしいけど、SADISTIC INTETNT舎弟デスラッシュの、UNHLOY RUSTとかが好きなデスラッシャーも必聴です。2曲目はCELTIC FROST調のダーク・デス・メタルで、次にカバーやってるDARKTHRONEとオランダPENTACLEの中間のようなデス・メタル・ナンバーです。パンク・メタルへ進化したDARKTHRONEに共鳴しているのかはわかりませんが、確かにこの西海岸のギャングのりのダイナミズムは、ハードコアの潔さに通じるかも知れません。







・MEGIDDO - The Heretic / Hymns to the Apocalypse LP 税込2,808円 (Iron Pegasus)



2000年発表の1stアルバムがずいぶん前に入荷していたカナダ・トロントのブラック・メタルの、98年1stデモと99年2ndデモをカップリングしたLPが、ドイツIron Pegasusからリリース。地味な存在ですが地下ブラック・メタル・ファンには高く評価されてるカルト・バンドで、この名作デモ2種のアナログ盤再発は確か今回が初めてだったかと思います。今回は限定166枚アンバー・カラー・ビニールでの入荷です!!



1stアルバムは、プレ・ブラックなブラック・スラッシュ系バンドが、HELLHAMMER系ドゥーミー・ブラックを、へヴィメタルのルーツも強く打ち出して表現したような、独特の味わいのあるロウ・ブラックの名作ですが、このデモ音源では、やはり速い曲を連発したりはしませんが、もっとBATHORYスタイルのロウ・ブラック・テイストが強くて、ペイガン・ブラックのたそがれと似てるようでやっぱりどこか違うメロディーとのマッチが、まるでドカドカ・ロウ悲哀ブラックのままミドル・テンポになったSATANIC WARMASTERみたいだったりして、地下ブラック・メタル・マニアに根強い人気があるのが完全に納得できるカルト・デモ・クラシックです。ギリシャ・エピック・ブラックとユーロ・カルト・ブラックの中間っぽくもあって、ロウ・ブラック好きは必聴!!
10 | 2014/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR