RECORD BOY

Thrash till Death!!





・ZOLDIER NOIZ - Regression Process CD w/ WOVEN PATCH 税込1,728円 (Unspeakable Axe)



お待たせしましたーーー!!!と言っても、待ってるファンがそんなに居るようなバンドではないんですが、それでも、過去作品はBOYではかなり売れてくれたし、信頼できるプロのお客さん達にとっても、コレクション性など全くなくても楽しめる数少ないバンドだと聞きました。USデス・メタル・レーベル Dark Descent Recordsが別名義で運営するUnspeakable Axeからリリースされた、フランス出身スラッシュ・メタル・バンド ZOLDIER NOIZの新作2ndアルバムですが、今回のリリースはBOYが間に入って実現した、というところを声を大にして言わせてください。レコーディングが終わったバンドがレーベルを探してるということで、Dark Descentを紹介したところ意気投合してくれたみたいで、紹介したBOYはすっかり置いてけぼりをくらって、知らない間にトントン拍子で制作が進んでいましたが、BOY限定用としてWOVEN PATCH付きで提供してもらいました。このパッチ付き販売は、レーベルでもやっていません。バンドは少しパッチ持ってるはずなので、メンバー直かBOYのみでの特典になります。同時期に某有名モーター・チャージド・メタル・パンクの日本独占流通をオファーされましたが、本作のサンプルを聴かせてもらって、迷うことなくZOLDIER NOIZに専念しようと決意させられた、素晴らしい傑作です。



VOIVODはフォロワー・バンドの生まれにくいスラッシュ・メタルだけど、VOIVODチルドレンな個性的バンドは昔から時々出没してきました。そして、このZOLDIER NOIZは、2010年代に生息する数少ないVOIVODチルドレンなスラッシュ・メタルだと思います。VOIVODがMOTORHEADに強く影響されながらも独自のスタイルでスラッシュ・メタルをやっていたように、ZOLDIER NOIZにもMOTORHEAD要素はありますが、決して焼き直しなどではなく、MASTER, ORDER FROM CHAOS, CARNIVORE, etcのようなゴリゴリの男臭さでそれは現れています。前作1stにあった、Rrroooaaarrrrみたいなキャッチーさは今回はなく、よりMASTER的な感触が強まりました。そういう意味では、シカゴのBONESにも共通する点があるのかも知れませんが、BONESにはVOIVODの要素は無いし、、、う~ん、、、上手く説明できないのですが、サウンドも雰囲気も、とにかくカッコいいとしか言えないバンドなのです。まるで日本のビジュアル・スラッシュみたいなクレイジー・テクニカル・リフなども飛び出して、現代では数少ない非英語圏メタルの醍醐味みたいなのもあるし、とりあえず聴いてみてください。財力があればBOYでリリースしたいとちょっと本気で考えたくらい、激烈にカッコいいスラッシュ・メタルです!!!







・KORGULL THE EXTERMINATOR - War of the Voivodes 2LP LTD.100 GREEN VINYL 税込2,916円 / LTD.400 BLACK VINYL 税込2,700円 (Doomentia)



スペイン出身スラッシュメタル・バンドの、2010年に老舗デス・メタル・レーベル Xtreem MusicからCDで発表した2ndアルバムが、チェコのDoomentia Recordsから初ヴィニール化。IMPALED NAZARENEとNAPALM DEATHのカバーと、さらにGRAVEYARDメンバーがエンジニアを担当した2011年セッション3曲を収録したボーナスLP付き2枚組で、CDより5曲多くなっています!!



Vo.とベースは女性の4人編成。このバンド名でVOIVOD色皆無、さらにVo.が女性なんて、なんかちょっとイメージ違うなー、と思ってましたが、これが想像をはるかに超えるムチャクチャさで、SODOMのObsessed by Crueltyをベスチャル・デス/ウォー・ブラック系のようなノイズの壁のごとき黒いサウンドで突進させたみたいなフィルシー・イーヴィル・ウォー・スラッシュ・メタルが圧巻!!やっぱりVOIVODさは全然感じないけど、冷たい質感の黒いウォール・オブ・ノイズ・ギターは、VOIVODウォーシップだったUKのVIRUSとか、カナダのSLAUGHTERあたりに通じる感触だと思います。女性Vo.もかなり良くなってて、Wendy O. Williams (PLASMATICSのカバーもやってます)がSchmierっぽく歌ってるみたいです。



ゲートフォルド・スリーブの内側のカラー写真も嬉しいけど、実は表ジャケがエンボス加工されていて、周りを囲ってる弾丸部分がエンボスになった、素晴らしい出来栄えのLPです。限定500枚プレスで、そのうちのltd.100枚グリーン・ビニールも入荷してます!!







・GRAVEYARD (Spain) / KORGULL THE EXTERMINATOR - La Gernandat De La Nit Profunda SPLIT LP 税込2,376円 (Doomentia)



日本のアンダーグラウンド・エクストリーム・メタル・ファンにも人気の高いスペインのデス&スラッシュ・メタル2バンドによるSplit LPが、チェコのDoomentia Recordsからリリース。各バンド4曲の全8曲入りで、お互いの曲を1曲ずつカバーもしていますが、両バンドともオリジナル曲は未発表の新曲を披露しています。



GRAVEYARDはPARADISE LOSTのカバーも披露しているので、オリジナルは2曲になりますが、パーツと感触はスウェディッシュ・スタイルのデス・メタルを、スピード・パートとエピック・パートで構成して起承転結を含んだドラマチックな展開で表現した、もはやGRAVEYARD節とも言える聴き応え満点大満足の新曲2曲です。



KORGULL THE EXTERMINATORは絶対名前で損してる!と、このSplitで改めて思いました。このバンド名で女性Vo.というのが最初はどうしても許せなかったのですが、汚いリフ・ワークとSLAUGHTER型雪崩込みロウ・スラッシュをSODOM風にムチャクチャな演奏でたたきだしていて、こっちもまたKTE節と言ってもいいような素晴らしく個性的なフィルシー・スラッシュが爆裂しています。



どっちのバンドも新曲のクォリティーが素晴らしいし、カバーも理屈抜きに楽しめるので、オススメのSplit LPです!!







・BUNKER 66 - Out of the Bunker LP 税込2,376円 / CD 税込1,620円 (Doomentia)



High Rollerからの1stフル・アルバムが当店でもけっこう反響のあったイタリアン・パンク・メタル BUNKER 66の2009年発表6曲入りデビュー作が、チェコのDoomentiaから再発。アナログ盤はレーベルでは既に完売していますので、今回のみの入荷になります。



1stフル・アルバム聴いた時は、ヨレヨレにドランクなじじいVo.とCELTIC FROST型ブラック・スラッシュ・チューンの融合ががなかなか面白かったけど、なんでFenrizさん (DARKTHRONE)はそんなにこのバンドが好きなのかな?と、ちょっと疑問に思うところもありました。しかし今回再発されたデビュー作を聴きますと納得で、単調ながらもよりCELTIC FROSTウォーシップ・スタイルに近い曲調はメタル・パンクっぽさが既に漂っていて、あとVo.のじじいもクォーソンやデス・メタル系Vo.っぽい邪悪lowスタイルで終始していて、ジャケから漂うような凶悪さが音からも感じ取れます。ブラック・メタル時代からCELTIC FROSTウォーシップは一貫していたDARKTHRONEのFenritz氏がシンパシーを感じたのも十分に考えられます。







・BARBARIAN - Faith Extinguisher CD 税込1,728円 (Doomentia)



ギター&Vo.が現CHILDREN OF TECHNOLOGY, ドラムがNOIAメンバーでもあるイタリアン・ブラック・へヴィメタル・バンド BARBARIANの、Split w/ BUNKER 66に続く新作2ndアルバムCDです。



メンバー構成と前作Split相手から推測して、イタリアで盛んなメタル・パンク系スラッシュだろうと思って聴いてみたら、これが全然違っててビックリしました。疾走感のある曲はスラッシュの直線的なスピードではなくて正統派系スピード・メタル、いや、もうほとんどエピック・メタルのシケシケさで、一番近いのはSUPERCHRISTあたりではないでしょうか。ただ、Vo.がクリス・ブラック氏のようなソフトなタイプではなく、汗臭くもイーヴィルなメタル・シャウトなので、METAL KINGなんかにも近い気もします。牧歌系エピック・メタルのようなフォーキーなリフもあって、CIRITH UNGOLやMANILLA LORDなどからの影響もかなりあると思います。これは良い意味で裏切られました。Shadow Kingdom Recordsのリリースが好きな人なんかにぜひ聴いてもらいたいタイプです!!







・ANTICHRIST HOOLIGANS - We Will Piss on Your Grave CD 税込1,620円 (Hammer of Damnation)



ex.NECROBUTCHERのドラマーが現在やってるブラジリアン・スラッシュ・メタルの12曲入り1stアルバムです。



"Nuclear Metal Punk Necro Thrash Metal"と本人達は言ってまして、VENOMのカバーではなく、Metal Punkというオリジナル曲もやってます。ただ、確かにその曲はかなりパンキッシュだけど、全体的にはもっとスラッシュ・メタルしていて、初期TOXIC HOLOCAUSTっぽいパンク要素の取り入れ方をしています。刺青のムキムキ・マッチョがガスマスクかぶって夜の墓場でチェーンソー持ってる写真はなかなかのインパクトで、メタル・パンク・ファンにもスラッシュ・メタル・ファンにも強くアピールするサウンドとキャラクターです!!







・CARCARA / ETERNAL VIOLENCE - Resistencia Do Metal Sanico SPLIT CD 税込1,512円 (Vomito Sangrento)



ブラジルの若手スラッシュ・メタル2バンドによるSplit CDです。



CARCARAは実直なハードコアっぽいシャウトのせいか、曲調もちょっとSLAYER影響下の80'sメタルコアみたいなスラッシュ・メタルに聴こえます。Sodomy and Lustをポルトガル語?でカバーしてて、この曲だけ別の人がVo.やってるのか、急にしゃべってるだけみたいなVo.でパワーダウンしています。でも次の曲から、またさっきの人がVo.に戻ります。7曲目からのETERNAL VIOLENCEも、いきなりD-Beatと2バス連打をミックスしたDead City風ドライビング・スラッシュがかなりハードコアっぽくて、バイオレントなVo.がまたカッコいい!!ノイジーなギターも良い感じで、こっちのバンドはなかなかオススメです。







・POWER FROM HELL - The True Metal CD 税込1,512円 (Soul Erazer Distribution)



再入荷!厳密に言うと前回はltd.333枚コロンビア盤で入荷してましたが、今回はブラジル盤2014年バージョンなので、この仕様は初入荷と言うことになります。ジャケ・ブックレットがCross stab Analなどのエロ写真掲載の6ページになってて、たぶん以前のバージョンと写真が変わってるような気がします。間違ってたらすみません。



発表当時、アンダーグラウンド・マニアの間で話題を呼んだブラジリアン・ブラック・スラッシュメタル POWER FROM HELLの2004年デビュー・アルバムです。まだ情報やウワサも全く流れてなかった時に突如LPのみでリリースされて、その極悪なブラック・スラッシュ・メタル・サウンドで多くのヘッドバンガーを虜にしました。VENOMや初期BATHORYを髣髴とさせるドライビング・ノイジー・イーヴィル・スラッシュメタルが強烈なインパクトで、その流通の悪さから、TOXIC HOLOCAUST初来日時にジョエル氏にもお買い上げいただいた大ヒット作品です!!







・BLOODLUST (Colombia) - Sex, Violence and Blasphemy CD 税込1,512円 (Fucking Death Division)



南米コロンビア出身スラッシュ・メタル・バンドの8曲入り1st CDです。#/200とナンバリングを書き込む箇所がジャケ・ブックレットにありますが、数字は入ってないので、たぶん200枚以上あるんだと思います。



ドライブ感のある曲調で疾走するスピード・メタル寄りのスラッシュで、INFERNOにシケたドラマチック?な展開を導入しようとしたような、クソださいセンスが泣けてきます。Vo.の吐き捨てシャウトもなぜかカッコ悪くて、かなりWitche's Brewっぽいクサレ・スラッシュ・メタルではないでしょうか。CRANIUMをカバーするセンスがあるので、もしかしたら確信犯かも知れません。熱きクサレ・スラッシュ好きは要チェック!!







・SICK VIOLENCE - March Of Victory CD 税込1,404円 (Iron Goat Commando)



MISERYCOREのメンバーも在籍する南米チリのスラッシュ・メタル・バンドの、2009年発表5曲入りデモを限定300枚でCD化再発したものです。



テンポが変わったのか、勢い余って1.2倍くらい速くなったのか(または疲れて0.8倍くらいに失速したか)わからない、全盛期KREATOR的なデコボコ・パワー爆発で、「ぅぁあーー!!」を多用する吐き捨てVo.もガムシャラな演奏にピッタリ合ってます。オリジナルのカセット・バージョンに習ったからみたいですが、赤地の安い紙質にプリントされた字もとても読みづらくて、目も耳も疲れさせるほどに猪突猛進なポンコツ・パワーが爆発!!ジャーマン・スラッシュ影響下の南米ロウ・スラッシュ・メタルにはオススメの内容です。
07 | 2014/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR