RECORD BOY

Total Doom!!



・V.A. - All The Withces' Day CD+DVD 税込4,104円 / CD 税込1,944円 (Trip Thru)



梵天レコード内のレーベル Trip Thru Recordsが、様々なスタイルのドゥーム/ストーナー/スラッジ・バンド10組を集めたコンピレーション。



日本からはex.CHURCH OF MISERY、ex.ASSAULTの根岸氏がVo.を務めるNEPENTHES、HELL AND HELLのVo.率いる名古屋のドゥーム・スラッジ AMBER VIAL、ex. COFFINSのVo. Ryo氏と、ex.マグダラ呪念のMamiさん在籍の東京スラッジ・メタルで、フランスのAGUIRREとのスプリットも好評だったGUEVNNA、図太いシンセ音も組み込んだアシッド・スラッジで東京アンダーグラウンド・シーンで注目を集める ZOTHIQUEが参加!海外勢として現行ドゥーム・シーンで話題の存在となっているUKのCONAN、ex.SOURVEINやex.PENTAGRAMメンバーによるTHE ORACLE、妖艶な響きの女性ボーカルを擁するドゥーミー・サイケデリック・バンド IDES OF GEMINI、タイ発のストーナー・ロックということでも興味深い ROYAL MERCY、オランダからはデス/グラインド・バンド出身のエクストリームなアプローチも見せる ACID DEATHTRIP、若手らしいオルタナティブな展開を見せる STARVEの全10バンド収録!



DVD付きトールケースバージョンも入荷、DVDにはそれぞれのバンドが1トラックづつビデオ・クリップやライブ映像を収録!DVDもCDと同じく約70分収録です!







・BLIND WITCH - Burn Witch Burn CD 税込1,836円 (R.I.P.)



大反響につき、俊敏に再入荷手配しました!



ずいぶん前から情報は流れてましたので気になっていた方は少なくなかったと思いますが、Elizaveat氏のfacebookでの告知から、ここ1~2週間は当店にもかなりのお問い合わせをいただいてました、三重県桑名市のドゥーム・メタル・バンド BLIND WITCHの1stアルバムCDが到着しました。USでSABBATを初期から強力サポートしてきた、R.I.P.Recordsからのリリースです。



現METALUCIFERでex.SABBATのギタリスト Elizaveat氏と、同じくMETALUCIFERのElizabigore氏のAsai兄弟による弦楽隊、さらにex.SABBATで現在は復活SACRIFICEのギタリストでもあるTemis氏が専任ボーカル、そしてその昔、大阪でIRONWAVEというスラッジ・バンドをやっていたドラマーで元アマチュア・レスリング選手だというKoyatsu氏の4人編成。



BLACK SABBATH, WITCHFINDER GENERALなどのドゥーム・メタル先人バンドはもちろん、ELECTRIC WIZARDなどの90年代以降のドゥーム・バンドからも貪欲に要素を吸収したというドゥーム・メタル。しかし、重苦しいスロウネスに、哀愁というよりどこか荒涼としたモノ悲しさが漂ったドゥーム・メタル・サウンドは、まるでHellhoundあたりからリリースされた90年代ドゥーム・メタル・ルネサンス作品のようで、とにかく渋い、ド渋過ぎる!!!日本で本物の純正へヴィメタルを追求してきたアンダーグラウンド・メタルの偉大なる方々による重みを無意識に感じて身を引き締めて解説してしまってるのもそりゃあるでしょうけど、メンバー編成などの情報を事前に知らずに聴いたって、エクストリーム・メタルを中心に聴いてきた人なら誰もが驚愕するのは、このKoyatsu氏の恐るべきドラミングでしょう。これがマジで凄まじすぎる!!!情緒あるドゥーム・メタルに合うとか合わないとかいう次元の話ではなく、生音のバカデカさという、ハードロック/へヴィメタルの基本中の基本に立ち返った(わけでは御本人達は特に意識してないのでしょうが)ような怒重黒鋼鉄は、ヴィンテージな機材のこととかなんも知らない私のような素人にとっては、最もリアルに70~80年代へヴィメタルに近いドゥーム・メタルだと思うのです。Temis氏のVo.がまた素晴らしい。屋台骨がぐらつきかねないくらいまでに、これだけボトムからガッツンガッツン突きあげられたら、邪念など芽生えず、ここまでエモーショナル&ソウルフルにへヴィメタルを歌えるのかも知れません。弦楽隊のお二人は敢えてクールに各々のパートに没頭してるかのようですが、しかしElizaveat氏の抒情的なプレイは、やはりNWOBHM時代のへヴィメタルを感じてしまいます。あらゆるエクストリーム・メタル・ファンに聴いてもらいたい、とにかくブッ飛ばされるドゥーム・メタルです。モノ凄い!!!そして素晴らしくカッコいい!!!

Punk Potere!!



・WRETCHED - Mai Arrendersi 7" 税込1,944円 (Chaos Produzioni)



活動時のレーベル名義 Chaos Produzioniで2012年に各種LPが再発リリースされたイタリアン・ハードコア・パンク・ゴッズ WRETCHEDが、またしてもレア音源レコードをオフィシャル・リリース。"Mai Arrendersi"のリマスタリング・バージョン, "Finira Mai"と"Nelle Loro Mani"の2曲のデモ・バージョンを収録した、さしずめ、84年名作2nd EP "Finira Mai" 7"の別バージョンのような、WRECTHEDマニアならずとも興味をそそられる面白いレコードです。2012年の各種LPはFOAD Recordsがバックアップしていましたが、このEPはFOADのたぶん宿敵 Love/Hate 80やSOA Records界隈のサポートでオフィシャル・リリースされました。お値段が高くなってしまいましたが、卸売なしで、レーベルも残りわずかだと言ってましたので、お早めに確保お願いします。限定500枚プレスでレッドビニールです。



内容については、もはや説明する必要もないかと思います。全パートが凄まじいけど、この初期EPの頃は、やっぱりなんと言っても、Vo.のムチャクチャさが突出しています。世界初、いや、世界で唯一の早口言葉コアとでも言うべき、言葉をギュウギュウに詰め込んだVo.はいつ聴いても狂ってる!!速弾きギターや激速ブラスト・ビート・ドラマーはいても、速口Vo.は、このWRETCHEDのGian Mario氏くらいでしょう。もちろん、焦燥感に満ちた猛スピードの演奏も最高にカッコよくて、字余りでわめき散らすVo.と重なり、唯一無比のカオス・スラッシュを生み出しています。本物のクレイジーなロウ・スラッシュを求めてるのなら、メタル度ゼロだけど、スラッシャーにもぜひ聴いてもらって、仰天してほしいです!!







・EU'S ARSE - Attacca Le Menti : Discografia 1981 / 1985 LP + CD DIE HARD SPLATTER VINYL 税込3,456円 / BLACK VINYL 税込3,024円 (F.O.A.D.)



これまでも内容の異なる音源集アルバムがLPとCDでリリースされてきた、イタリアン・ハードコア・パンク EU'S ARSEのディスコグラフィーLPが、このたびFOAD Recordsからリリース。過去のディスコグラフィー・アルバムはいずれも入手できない状況でしたし、今回は未発表デモ音源なども収録し、さらにライブCDもボーナスで付いていて、今までのディスコグラフィーよりボリュームがアップしています。限定100枚のダイハード・スプラッター・カラーLPはレーベルで即完売して、当店も少なからず問い合わせをいただいてました。お待たせしてすみませんでした!





Discografia 1981 / 1985 LP:



Lo Stato Ha Bisogno Di Te? Bene, Fottilo. 7" (1982年)

Questa ? La Loro Speculazione Di Morte! Split 7" W/ IMPACT (1983年)

Demo 1981 (Unreleased)

Demo 1983 (Unreleased)

December 1984 Rehearsal Demo





Live 1982 / 1983 CD:



Feltre (Belluno, 31.07.1982)

Torviscosa (Udine, 2.10.1982)

Via Asquini (Udine, 26.03.1983)





WRETCHEDやUNDERAGEがUKHCから影響されながら個性的なロウ・パンク・ノイジー・スラッシュを表現していたのにたいして、EU'S ARSEは当時のイタリアン・ハードコア・パンクの中で最もDISCHARGEの影響をダイレクトに打ち出していたバンドだったと思います。ANTI-CIMEXに代表されるスウェーデンのDISCHARGE影響下ハードコアにも通じるバイオレントなロウ・スラッシュから、ドイツのVORKRIEGSPHASEやオランダのPANDEMONIUMのようなノイズコア・スラッシュまで、汚くて暴力的なハードコア・ファン必聴のグレート・バンドです。

Total Charlie!!



・CANCEROUS GROWTH - Cancer Causing Agents CD + DVD 税込2,052円 (Beer City)



こんなリリースまでもRecord Store Day云々でプロモーションしてしまうという現地での盛り上がりというかお祭り騒ぎにはビックリしましたが、これはBOYも便乗したい!!なぜなら、あのAx/ction Recordsオーナーで、ボストン・グラインド・パンク・スラッシュ PSYCHOや、カルト・ブラック・スラッジ・パンク・ノイズ・メタル GONKULATORも率いるミスター・インフェクションこと、Charlie Infection氏が昔やってたボストン・ハードコア・パンク・バンドだからです。DVDも付いた2枚組コンプリート・ディスコグラフィーです。





Tracks 1-12 "Hmmlmmlum..." LP (1987年)

Tracks 13-23 "Late For The Grave" LP (1985年)

Tracks 24-28 "Today's Society" 7" (1986年)

Tracks 29-31 "Live at Last" 7" (1987年)

Tracks 32-34 Compilation Tracks

Tracks 35-38 "Hmmlmmlum..." LP GERMAN BONUS TRACKS

Tracks 39-41 "Late For The Grave" LP GERMAN BONUS TRACKS

Tracks 42-46 DEMO TAPE





ブックレットに掲載のライナー・ノートでも触れていますが、所謂CREW系の当時のボストン・ハードコア表舞台のシーンにはなじめなかったそうで、JERRY'S KIDS, THE FREEZE, SIEGE, DEEP WOUND, OUTPATIENTS, etcのようなロウ・スラッシュなボストン・ハードコアをリスペクトして共に活動したオブスキュア・バンドです。初期のNuclear Balstは多くのハードコア・パンク作品をライセンス・リリースしていたけど、このCANCEROUS GROWTHもドイツ盤はNuclear Blastから出ていて、このディスコグラフィーにはドイツ盤ボーナス・トラック用だった曲もちゃんと収録しています。2ndアルバムなんか、今聴くとまるでLate 80's UKHCのちょっと爽やかメロディックなスラッシュ・パンクみたいですし、初期はやはりチャーリー氏関連バンドらしいロウ・アングリーなドタバタ・スピードコアで、PSYCHO崇拝者はもちろん、それ以外の80's USHCファンにもこの機会になんとしても聴いていただいて、GONKULATOR同様、チャーリー氏を生涯応援し続けてほしいです。つまんないDVDも素晴らしい!!ジャケにチャーリー氏のサインが入っちゃってるのが数枚ありましたので、サインのない綺麗なヤツからお売りしていきます。







・PSYCHO - Logo EMBROIDERED PATCH 税込756円



サイコのオフィシャル刺繍パッチ!!アイロンでもくっつくヤツです。トラッカー・ハットに付けたりすると、アメリカの田舎のシリアル・キラー親父みたいな感じになるかと思います。







・GONKULATOR - CAP 税込1,620円



ゴンクレーターのキャップ!!GG ALLINがかぶってそうな形のヤツです。







・GOAT FELCH - S/T Demo TAPE 税込864円 (Fudgeworthy)



お待たせしました・・・。ミスター・インフェクションの再来襲です。ボストン・ハードコア異端児スピード・スラッシュ・ゴア PSYCHOと、リアル・カルト・ドゥーム・グラインド・ブラック・ノイズ・メタル GONKULATORのドラマーであり、また、Ax/ction RecordsとFudgeworthy Recordsでのレーベル活動で、90年代~2000年代には当時まだ地下に潜伏中だった今をときめく多くの世界中のグラインドとブラック・メタルのカルト・バンドをサポートしてリリースしてきた、ミスター・インフェクションこと、Charlie Infection氏が新たなバンドを始動してくれました。ギターは同じくボストン裏ハードコア・シーン出身で、SLEEPやEYEHATEGODと並んでパンク・サイドからUSスラッジ/ドゥーム・シーンの底上げに大いに貢献した、GRIEF / ex. DISRUPTのレフティーの方のギタリスト Terry Savastano氏です。



やってることはGONKULATORとさして変わりません。だから素晴らしい!!グラインドコアとブラック・メタルとドゥーム・メタルとノイズコアのミックスで、GONKULATORのグッシャリとブッ潰れたようなスラッジ・ノイズ・サウンドで演奏したドゥーム・グラインド・パンク・ブラック・メタル・ノイズです。ロゴの元ネタは明らかにBEHERITですが、グラインド・ノイズコアとブラック・メタルがリンクしていた初期BEHERITとNuclear Holocaust Vengeance氏の志向には、Charlie氏も当時からシンパシーを感じてたはずです。SODのジミヘン最短カバー Ballad of Jimi Hendrixも鈍くやってます。「GONKULATORってギャグでしょ」って、応援するたびに失笑されてきたけど、こういうカバーを聴くと、やっぱりこのGOAT FELCHもGONKULATORもギャグなのかな?とちょっと戸惑ったフリをしてみようかとも思いましたが、ギャグだろうが別に最初から気にしてなかったので問題ありません。総数2ケタに達するかどうかの日本全国のGONKULATOR崇拝者は必聴&Dieeegghh DEATH!!!
05 | 2014/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR