RECORD BOY

Metal Punk Holocaust!!



・CHILDREN OF TECHNOLOGY - Future Decay LP 税込2,592円 (Ripping Storm)



イタリアは先進国有数の郵便事情最悪の国で、遅れまくっていた先週のF.O.A.D.商品に続いて、C.O.T.の新作LPもようやく到着しました。送料も卸値もバカ高なのでまいってしまいましたが、ロゴがフォイル・スタンプになってたり、メンバー・フォトも生写真みたいなプリントで、確かにこれは相当金の掛かった仕上がりです。限定500枚リリース。



メンバーチェンジがあって、ギターはBARBARIANというスラッシュ・メタル・バンドの人が担当して、ベースが女性になっています。しかし中心メンバーのVo.とドラムは不動なので、サウンド・スタイルには一切ブレはありません。いきなりBLACK UNIFORMS完全丸パクリのナンバーからスタートし、Goddessちゃんの信じがたいセンスが爆発したD-Beatナンバーや、BATHORYリフのブラック・スピード・メタル・パンク・チューンなど、メッキがはがれようが全く動じることなっく突き進むメタル・パンクのオンパレードにアッパレです!!Goddessちゃんは相変わらずド下手なドラム全開だし、BARBARIANについては良く知りませんが、新加入のギタリストもスラッシュ・メタル・バンドのギタリストとは思えないロウ・テク&音痴フレーズ炸裂なので、このバンドのレベルに合わせてギター弾いてるのかも知れません。そしてそれら全てをコントロールするVo.が全然迷いがないので、このスキルとセンスで、圧倒的な自信に満ち溢れているのがホント凄い。BLUDWULFと双璧を成した2000年代初期メタルパンク・ムーブメントの立役者らしい、見事なまでのヴィジュアル先攻型メタルパンクです。これぞ俺達の思っていた通りのC.O.T.だ!!







・BLACK ROCK - S/T TAPE 税込972円 (Me Saco Un Ojo)



Me Saco Un Ojoからリリースされたフィンランド出身ブラック・メタル・バンドの1stデモ・テープです。もともとはバンド自身が自主制作CDRで発表したものが即完売して、MSUOがカセット・バージョンでリリースしたようです。



とりあえず、バンド名聞いて期待してはいけないのはわかりますが、ゴミと言われれば強く反論もできないけど、ちょっと面白いと言えば面白い、ゲテモノ好きなBOYにとっては厄介な存在感を放っているリリースです。初めて聴いたときは、IRSTASやSVART PARADがVENOMっぽくやったような、全く覇気のないパンキッシュなブラック・メタル・サウンドに面食らって「なんでこんなのリリースしたの?」とMSUOオーナー氏を問い詰めたところ、しばらくは言葉を濁してましたが、実はフィンランド・デス・メタル GOREOPHILIAのメンバーがやってるバンドだと暴露してくれました。そうと知って聴くと、この作為的なプリミティブ・ブラック・スピード・メタルが渋く聴こえてくるから不思議なもので、HELLHAMMERウォーシップなスタイルなんですが、ギターのロウな演奏などは本家に肉迫していて、かなりHELLHAMMERを研究してるのがうかがえます。HELLHAMMERクローン・バンドに多いズルズル感をドゥーム寄りに表現したりなどはしていなく、HELLHAMMERが本来目指していたであろう、MOTORHEADやVENOMっぽい疾走感で演奏していますが、あくまでもHELLHAMMER基準でのMOTORHEADやVENOM路線なので、モッサリした感じのドンくささが、10回くらいヘッドフォンで聴くと妙にハマってきます。キャッチーさゼロで、HELLHAMMERウォーシップ・ブラック・マニアは必聴の超本格派ですが、バンド名で興味をもったようなメタルパンク・キッズは手を出さないほうがいいでしょう。所謂、中級者以上向けってヤツです。







・ABSOLUT - Punk Survival MLP 税込2,052円 (Electric Assault)



デモが目の覚めるような素晴らしい内容で、BLUDWULFの1stデモEPを初めて聴いたとき以来に、「BOYはこのバンドに掛けるしかない!!」とまで意気込んでプッシュしたカナダ・モントリオール出身D-Beatメタルパンクスが、SONIC RITUALのEPなどをリリースしていたNYのElectric AssaultからMLPを発表。もちろん、この作品には期待度マキシマムでしたが、Electric Assault Recordsが早速息切れジリ貧状態で、当初の予定とは違って細々とひっそりリリースされてしまいました。CRUCIFIXカバー含む9曲入りで、特に限定バージョンなども存在しません。



カナディアン・ハードコア・パンク LEFT FOR DEADをはじめ、ゴリゴリ・ソリッドなリフに殺られた日本のスラッシャーも多かったスラッシュメタル・バンド RAMMER, 短命だったけどデスメタル・クラスト・ファンに高く評価されたハードコア・デスメタル SLAUGHTER STRIKEなど多くのバンドと、MIDNIGHTのサポート・メンバーとしてもギターを担当していたJoel F.氏が参加するモントリオールのD-Beatパンク・バンドです。バンド名から予想できる通りの、Country of SwedenあたりのANTI CIMEX型D-Beatスラッシュに、Joel F.氏のエキセントリックなまでにエモーショナルなセンス抜群のメロディック・ギターがガンガン絡まってきて、とにかくデモは衝撃的なまでにカッコよかった!!今回のMLPは、そのJoel F.氏のギターが遠慮がちで、メタルパンク・テイストはかなり後退しているので、正直残念。クソつまんない海外のモーター・チャージド・メタル・パンクとかにはいい加減ウンザリだったので、ABSOLUTには大きな期待をよせていましたが、彼らはよりD-Beatパンクに傾倒した道を選択したようです(もっとも、Joel F.氏は以前から「今はD-Beatバンドやってる」って言ってましたが)。とは言っても、Joel F.氏のギター・プレイはへヴィメタルも通過したフィーリングを備えているので、冷徹無慈悲な落下型突貫クラスト・スラッシュとメタル・タッチの融合は、HUMPTY DUMPTYなどのスタイルとの共通性もうかがえるので、今後も要注意の存在として注目していきたいと思います。







・HELLSHOCK - Low Men In Yellow Cloaks 7" 税込1,080円 (Black Water)



日本のハードコア・パンク・ファンにもおなじみのUSポートランド・メタルパンク・クラストの、2009年のThey Wait For You Stillアルバム以来5年ぶりとなる2曲入り新作7"EPです。BBTADとかのメタル系LPで時々あるような、普通7"では使われない超分厚い紙質のジャケットで、ズッシリ重量感のある7"EPです。



トレンドの移り変わりが激しいアンダーグラウンド・シーンの中では、時代遅れとも言われかねない、初期から一貫したメタル・クラスト・サウンドが今回も炸裂していて、変わり身が早いか短命で終わるバンドがほとんどのシーンでは、頼もしさすら感じさせます。デス・メタリックな重厚サウンドで演奏する、SACRILEGE影響下のスラッシュ・パートに、AXEGRINDER系のドラマチックな要素も盛り込んで、ファンを絶対にガッカリさせない内容です。

S.H.I. - Lucifer Rising 7"



・S.H.I. - Lucifer Rising 7" 税込1,080円 (Crust War)



新メンバーとしてZOUOのギタリストであったDebaso氏と、ex. OUTO, 現R.F.D.のドラムのMitchingが加入して7人編成で制作された、ex. ZOUO, ex. DANSE MACABREのNishida氏率いるS.H.I.の2nd 7"です。



より重厚さと鋭さを増した強靭な演奏によるハードコア・パンク・サウンドと、ノイズ/エレクトロのエフェクトが融合した非常にソリッドな感触で、S.H.I.流のダークネスが爆発しています。タイトル曲ではサンプリング担当のAkii氏もVo.のほぼ半分を担当していて、予測がつかないこの先のS.H.I.の深化を占ううえでも、やはり今回も必聴としか言いようのない緊張感が充満しています。

Black Metal from Far East!!



・KOOZAR - Koozar / Bangi Vanz Abdul CD 税込1,500円 (Zero Dimensional)



ジャパニーズ・ブラックメタル黎明期の徳島県に存在した伝説のブラックメタル GORUGOTHが形を変えて復活。GORUGOTHのKojima氏によるKOOZAR名義でのリリースですが、現代魔術実践家Bangi V. Abdul氏とタッグを組んで制作された異色作です。



GORUGOTHで聴かせてきた激烈フリージング・ブラック・メタルはさらに壮烈さを増していて、このKOOZARもまるで北欧バンドのような突き刺さるメロディーと攻撃性のバランスが見事です。その合間にアンビエント・アプローチを挟みこんで、魔術的サウンド・スケープを聴かせていますので、自ずとKOOZARの楽曲の完成度も際立っています。画期的な試みという意味を抜きにしても、ジャパニーズ・ブラック・メタル・ファン必聴の内容と言えるでしょう。







・KANASHIMI / HAPPY DAYS - The Great Depression II SPLIT CD 税込1,500円 (Zero Dimensional)



日本のKANASHIMIとアメリカのHAPPY DAYSによるデプレッシブ/スーサイダル・ブラック・メタルSplit CDが、大阪のZero Dimensionalからリリース。



一貫して絶望的で美しい暗黒世界を表現してきたKANASHIMIは、今回もファンの期待を裏切らない内容の4曲を提供しています。スロウ・パートのみで構成された、フューネラル・ドゥーム・メタルにも非常に近いスタイルは、NORTTやXASTHURなどの影響を感じさせますが、そこに鍵盤を乗せて女性的でもある哀しさをプラスしています。HAPPY DAYSは所謂デプレッシブ/スーサイダル系のブラック・メタル的メランコリーと言うよりも、叙情的な激情ブラック・メタルなので、絶望系ブラック好き以外の方にもオススメの好内容です。







・YVONXHE - Multicolored Libricide CD 税込1,200円 (Zero Dimensional)



前作が素晴らしい内容で好評だった東京のブラック・メタル・バンド YVONXHEの5曲入りMCDです。



ハードコア並みの潔さショート・チューンを連射していて、叙情クラスト以降の要素もあるけど、バツグンのセンスと演奏力で見事にまとめあげています。タイプは違いますが、なんかカナダのABSOLUTを初めて聴いた時も思ったように、このYVONXHEもメタルとハードコアのエッセンスを現代的に表現した成功例の一つではないでしょうか。ヴァイオレンスなVo.もカッコいい!!オススメです。

THE C-3'S - Wild Wind 7"



・THE C-3'S - Wild Wind 7" 税込1,080円 (self release)



1st 7"をOverthrow Recordsからリリースしていた三重県四日市市の女性パンク・ロック・バンドの2nd 7"が、バンドの自主制作でリリース。明日、6月14日から始まる1981の日本ツアー・サポートを前にリリースされました。



ジャングル・ビートとか聴くとBOW WOW WOWくらいしか思い浮かばないような私でも、まるで70年代後期のポスト・パンクまんまな空気を感じ取れるくらい痛快ですし、また当時のパンク・ロックへの情熱と真摯な姿勢が凄く伝わってくる内容です。アナーコ・パンク・ファンもいけるでしょうし、UKの前衛的パンクに夢中になった全ての人達を唸らせるレコードだと思います。


Metal Deadness!!



*本日水曜は定休日ですが、昨日できなかったメタル系商品をカートアップしました。受注メールの返信は、明日木曜日以降になります。







・CORPSESSED - Abysmal Thresholds LP 税込2,376円 (Me Saco Un Ojo)



Dark Descentから先にCDでリリースされて好評発売中の、フィンランド産INCANTATIONウォーシッパー・デスメタル CORPSESSEDの初のフルアルバムが、Me Saco Un Ojoからアナログ盤もリリース。ツヤツヤの光沢あるグロッシーな紙質のジャケットで、今回は限定シルバー・ビニールで入荷しました。



過去作品もいずれも好評でしたが、今回も圧倒的に荘厳で激烈な作品に仕上がっていますので、ファンには大満足の1stフルアルバムだと思います。王道フィンデス特有のグルーム感からクリプティックなジメジメさを後退させ、同じ陰鬱要素でもスウェディッシュ・デス的でもある荘厳さと、INCANTATIONやFUNEBRARUMなどのabyssicなテイストを強調しています。このバンドは特に北欧ならではの荘厳さが強い印象を与えていて、このテのフィンデス・スタイルではMAVETHと双璧を成してトップに君臨する存在と言い切っていいでしょう。US東海岸深淵デスメタルと北欧オールドスクール・デスメタルが出会って、冒涜さと荘厳なムードが同時に増幅したような激烈退廃鋼鉄世界デス!!







・BINAH - A Triad of Plagues 7" 税込1,296円 (Me Saco Un Ojo)



ドゥーム・デス・メタルのINDESINENCEメンバーらによるUKデス・メタルの、2014年新作3曲入りEPです。Me Saco Un OjoとDark Descentによる共同リリースで、今回は限定パープル・ビニールでの入荷になります。



メンバーのうちの1人はESOTERICのサポート・メンバーも経験したことのあるミュージシャンのようですが、1stアルバムを聴いたときの印象は、ESOTERICのアトモスフィカルなムードも導入した激しいオールドスクール・デス・メタル、と言った感じでした。今回も同じ路線で、A面ナンバーはASPHYXやスウェディッシュ・デスにも通じるアグレッシブな疾走チューンで、そこにESOTERIC的な浮遊感も交えてきます。B面はINDESINENCEで表現しているフューネラル・デス・メタル・テイストを強めていて、A面とB面では曲調は対照的だけど、完璧に一本筋の通った、BINAHらしさ満点の充実した内容です。非常に洗練されたデス・メタルなのに、へヴィメタル・プライドも感じさせて、アルバムでエクスペリメンタルな大作傾向を強められるより、これくらいのオールドスクールなアプローチの方が、当店のお客さんでは好まれると思います。前作1stアルバムとともに、オススメです。









・SACRIFICIO - S/T TAPE 税込972円 (Down With the Most High)



海外のアンダーグラウンド・デス/ブラック・メタル・マニアの間で話題を呼んでいる、スペイン・マドリード出身3人組の6曲入りデビュー・デモが、スペインのDown with the Most Highからリリース。レーベルはもとより、オフィシャル・ディストリビューターのMe Saco Un Ojo、そして早速この作品のLP & CDでの再発も公表して大プッシュしているNWN!など、世界各国の取扱いディストロでも軒並み即完売して、既にかなりの盛り上がりを見せているリリースです。



確かにインパクト最強激渋なメンバーのルックスだけど、それだけでここまで盛り上がるわけがありません。どのディストロも公表してないので言わないでおきますが、あのスペインのベスチャル・ウォー・デス・ブラック・メタル・バンドの猛者どもによる新バンドのようです。しかもこれが、プレ・ブラックな初期スラッシュのルーツ回帰型オールドスクール・ブラック・メタルで、ルックス同様のインパクトのデカすぎるサウンドでカッコいい!!チリあたりの南米バンドがノルウェーINFERNOっぽくなったみたいな感じで、どこかで聴いたことのあるリフやフレーズがポンポン飛び出しながら、VENOM, CELTIC FROST, DESTRCTIONの影響を強く感じさせるブラック・メタルを、初期スラッシュ回帰なのにスラッシュの切れ味を排除し、鈍くプリミティブでドランクにブチまけています。オススメ&大注目デス!!

Death from the Graves!!



・ABSU - Origin : War And Magic(k) 2LP BOXSET 税込6,912円 (The Crypt)



The CryptによるUSブラック・メタル・レジェンド ABSUの初期名作豪華ボックスセット再発シリーズ、ようやくコレでラストです!!あー、よかった。あとは発売時に予約で一瞬にして売り切れたためほとんど流通しなかった、1stアルバム Barathrum: V.I.T.R.I.O.L.の2ndエディション(現状ではこれはもう入荷させるか、いよいよ微妙なところです)を残してますが、このOrigin : War And Magic(k)は、ABSU再発地獄でもがいてきた人以外の初期オブスキュア・デス・メタル・マニアにも嬉しいナイス・リイシューです。ゲートフォルド・ジャケに収まったLPが2枚収納されたボックス・セットでポスター付きの、ナンバリング入り限定500個リリース。ltd.200枚ブラック・ビニールと、ltd.300枚ゴールド/シルバー分割ビニールの2種入荷しています。





MAGUS "Ruination Of Debauchery" Original Mix (1992年)



A1 Debauchery

A2 Icons Of Gods

A3 Ruminations (...Of Nature)

A4 The Magus





MAGUS "Lines That Formed Hexagrams" Original Mix (1992年)



B1 Ruminations

B2 Reflections Of The Dark (CARBONIZED Cover)

B3 The Magus

B4 Dataquest

B5 Hexacles (Outro)





DOLMEN "On The Eve Of War" Original Mono Mix (1989年)



C1 Conjuration (Intro)

C2 The Ritual Night

C3 Dolmen (Living In Fear)

C4 On The Eve Of War

D1 The Battle

D2 Denigration

D3 Infernal Attack

D4 The Summoning (Outro)

D5 Black Magic (Slayer Cover)





上記の通り、ABSU名義でリリースはされましたが、実際はABSUの前身と捉えることのできる2バンドのレア音源をまとめたものです。MAGUSはABSUのドラム&Vo.のProscriptor McGovern氏が在籍したバンドで、90年代初頭に短期間活動し、92年にデモとEPを発表しています。畳み掛けるようなドラミングと目まぐるしい展開が素晴らしいグラインディング・デス・メタルで、SADISTIC INTETNTのVo.のやってた(Dwell Recordsなども同じ人がやってたみたいです)Gothic Recordsから発表したEPは、テクニカル・デス・マニアも唸らせるであろう速攻ブラスト・デス・メタルに、バイオリンなども導入したドゥーミーなパートも交えたカルト・デス・メタル・クラシック。MORGIONやTHOU SHALT SUFFERのような個性的でミステリアスなデス・メタル・ファンは必聴です。一方のDOLMENは、94年に発表した唯一のデモ音源が2002年にIron Pegasusからヴィニール化されて、当店でもデスラッシュ・ファンの方々に大好評だったキラー・デモ・クラシックです。KREATOR系の金属質リフになったSLAYER影響下アメリカン・デスラッシュといった感じで、サタニック&クレイジーに突進するノイジー・スラッシュがいつ聴いてもやかましくてカッコいい!!ジャーマンPOISONのような、イーヴィル・スラッシュ・メタル・ファンにもかなりオススメです。







・SACRIFICIAL - Forever Entangled + Demos 2LP 税込3,996円 (The Crypt)



有名無名に関わらずデス/ブラック・メタルの良質作品をヴィニール再発するThe Cryptからリリースされた、90'sデンマーク産デスラッシュ・メタルの93年発表1stアルバムに、デモもプラスした2枚組LPです。トリプル・ゲートフォルド・スリーブでポスター付きの限定500枚プレス。ltd.200枚ブラック・ビニールと、ltd.300枚マーブル・ビニールの2種入荷しています。





Forever Entangled LP (1993年)



A1 Edmund, A Butler's Tale

A2 I Fall In Temptation

A3 Contents Of Logical Disbelief

B1 Destitude Of Compassion

B2 Acknowledged By Life

B3 Thus I Cry

B4 Conducted Strain





Sacrificial Combustion Demo (1991年)



C1 Enshrined Illusions

C2 Wall Of Resentment

C3 Falling Into Oblivion

C4 Sacrificial Combustion





Lords Of Torment Demo (1992年)



D1 Intro

D2 Lords Of Torment

D3 Final Burial

D4 Ray Of Obscenity

D5 Seasons Of The Reaper





今までのThe Cryptシリーズの中で一番スラッシュ・テイストの強い再発で、80'sクロスオーバーとも違う、90'sエクストリーム・メタルらしいハードコア要素の導入も微かに漂うデスラッシュは、例えばDivebomb Recordsの90'sオブスキュア・スラッシュ再発が好きなような人にはドンズバなタイプです。CANNIBAL CORPSE系アメリカン・デス・メタルのダイナミズムをちょっとスカンジ・デス的なファットなギター・サウンドにして、尚且つDARK ANGEL以降のアメリカン・スラッシュ系の大味な爆裂感で疾走しています。いかにもスラッシュ衰退期の90年代に埋もれたデスラッシュ・サウンドは、US SOLSTICE, DEMOLITION HAMMERなどのファンは必聴でしょう。とにかく、この「大味で何が悪い!!」と言うような有無を言わさない怒涛のダイナミズムは圧巻に尽きます。今回のLP化リイシューがオリジナル・リリース以来初の再発で、CDは1万円以上で取引される超レア・アイテムとのことです。







・MESSIAH PARATROOPS - The Past 7" 税込1,944円 (Seraphic Decay)



デッドストック入荷!!



リップオフのウワサもあった初期USデス・メタル・カルト・レーベル Seraphic Decayから92年にリリースされた、フィンランド・デス・メタル唯一のレコード作品となった4曲入りEPです。10年くらいまでは割とデッドストック残ってたレコードですが、さすがに最近はもう見なくなってきました。あと、ビニールのカラーとジャケの色も数種類あって、だいたい青ジャケと白黒ジャケばっかり残ってたものですが、赤ジャケ/レッド・ビニールで数枚発見しました。掘り当てた人に聞いて残ってるヤツ全部もらいましたが、ほんの数枚だけですので、その人が嘘ついてなければ再入荷はしません。とりあえずアレコレ考える前に買っておいたほうがいいと思います。







・AUTOPSY - Ridden With Disease CD 税込2,052円 (Necroharmonic)



デッドストック入荷!!



ベイエリア・アンダーグラウンド・エクストリーム・メタル・ヒーロー AUTOPSYの、2000年に悪名高きレーベル NecroharmonicからリリースされたコンピレーションCDです。内容は87年1st / 88年2ndデモとライブ音源を収録したもので、のちにNWN!がAwakened by Goreのタイトルで、リハーサル音源を追加して再発したもののオリジナル・バージョンです。



ストローク型リフによる疾走パートと沈み込むようなスロウ・パートで構成されるAUTOPSYの楽曲からは、スウェディッシュ・デスにも共鳴していたことがうかがえますが、この初期デモはChris Reifert氏も参加していたDEATHの1stにも良く似たアメリカン・デス・メタル・サウンドが堪能できます。AUTOPSYの最大の特徴である倦怠感に満ちた質感よりも、ドカドカなつんのめり具合い疾走パートの気持ちよさが印象的で、とにかくこの音源も素晴らしくカッコいいです。







・DOOMSTONE - Satanavoid CD 税込2,052円 (Tirade)



デッドストック入荷!!



スウェーデンの老舗デスメタル・レーベル To The Death Recordsが1stアルバムをアナログ再発したりと、業界関係者には信者の多い、DECEASEDメンバーによるUSヴァージニア産カルト・ドゥーム・デスメタルの2000年発表2ndアルバムです。恐らく1度も再発されてない作品だと思いますが、再発されないのも納得の、信者以外は手出し無用の摩訶不思議なカルト・メタル・ワールド爆発作品。とは言っても、基本は1stアルバムと同じスタイルなので、他作品聴いて妙にハマった方は押さえておいても損はないかも知れません。



Without Prayer comp.CD入荷の解説でもちょっと言いましたが、このアルバムは、DISCHARGEで言えばMassacre Divine的な酷い迷作だと思います。ツブの粗いソリッドなデスメタル・リフでサタニック・オカルト・メタルを演奏したような独特のスタイルに変わりないけど、なんか中途半端なヤル気が前に出ちゃってて、弾けるオカルト・メタル!みたいな、いらない躍動感が生まれてしまっているように思います。sickなデスメタル・テイストを残したまま切れ味が生まれたNECROPHAGIAがへヴィメタルのルーツにさかのぼったような、はたまたCELTIC FROST要素のなくなったDREAM DEATHがDEATH S.S.系オカルト・メタルと出会ったような、など、どう言っていいかわからないけど、とにかく唯一無二のカルト・ブラック・ドゥーム・へヴィメタルが大爆発!!NECROPHAGIAとDEATH S.S.を例えに挙げてフと思ったけど、ちょっと初期SIGHにも通じるアヴァンギャルドなオカルト・ブラック・デスラッシュ・メタルにも聴こえます。へヴィメタル, スラッシュメタル, ドゥームメタル, デス/ブラックメタルの全てが凝縮された、異形のアングラ最凶メタル・カルト!!

Total Doom!!



・V.A. - All The Withces' Day CD+DVD 税込4,104円 / CD 税込1,944円 (Trip Thru)



梵天レコード内のレーベル Trip Thru Recordsが、様々なスタイルのドゥーム/ストーナー/スラッジ・バンド10組を集めたコンピレーション。



日本からはex.CHURCH OF MISERY、ex.ASSAULTの根岸氏がVo.を務めるNEPENTHES、HELL AND HELLのVo.率いる名古屋のドゥーム・スラッジ AMBER VIAL、ex. COFFINSのVo. Ryo氏と、ex.マグダラ呪念のMamiさん在籍の東京スラッジ・メタルで、フランスのAGUIRREとのスプリットも好評だったGUEVNNA、図太いシンセ音も組み込んだアシッド・スラッジで東京アンダーグラウンド・シーンで注目を集める ZOTHIQUEが参加!海外勢として現行ドゥーム・シーンで話題の存在となっているUKのCONAN、ex.SOURVEINやex.PENTAGRAMメンバーによるTHE ORACLE、妖艶な響きの女性ボーカルを擁するドゥーミー・サイケデリック・バンド IDES OF GEMINI、タイ発のストーナー・ロックということでも興味深い ROYAL MERCY、オランダからはデス/グラインド・バンド出身のエクストリームなアプローチも見せる ACID DEATHTRIP、若手らしいオルタナティブな展開を見せる STARVEの全10バンド収録!



DVD付きトールケースバージョンも入荷、DVDにはそれぞれのバンドが1トラックづつビデオ・クリップやライブ映像を収録!DVDもCDと同じく約70分収録です!







・BLIND WITCH - Burn Witch Burn CD 税込1,836円 (R.I.P.)



大反響につき、俊敏に再入荷手配しました!



ずいぶん前から情報は流れてましたので気になっていた方は少なくなかったと思いますが、Elizaveat氏のfacebookでの告知から、ここ1~2週間は当店にもかなりのお問い合わせをいただいてました、三重県桑名市のドゥーム・メタル・バンド BLIND WITCHの1stアルバムCDが到着しました。USでSABBATを初期から強力サポートしてきた、R.I.P.Recordsからのリリースです。



現METALUCIFERでex.SABBATのギタリスト Elizaveat氏と、同じくMETALUCIFERのElizabigore氏のAsai兄弟による弦楽隊、さらにex.SABBATで現在は復活SACRIFICEのギタリストでもあるTemis氏が専任ボーカル、そしてその昔、大阪でIRONWAVEというスラッジ・バンドをやっていたドラマーで元アマチュア・レスリング選手だというKoyatsu氏の4人編成。



BLACK SABBATH, WITCHFINDER GENERALなどのドゥーム・メタル先人バンドはもちろん、ELECTRIC WIZARDなどの90年代以降のドゥーム・バンドからも貪欲に要素を吸収したというドゥーム・メタル。しかし、重苦しいスロウネスに、哀愁というよりどこか荒涼としたモノ悲しさが漂ったドゥーム・メタル・サウンドは、まるでHellhoundあたりからリリースされた90年代ドゥーム・メタル・ルネサンス作品のようで、とにかく渋い、ド渋過ぎる!!!日本で本物の純正へヴィメタルを追求してきたアンダーグラウンド・メタルの偉大なる方々による重みを無意識に感じて身を引き締めて解説してしまってるのもそりゃあるでしょうけど、メンバー編成などの情報を事前に知らずに聴いたって、エクストリーム・メタルを中心に聴いてきた人なら誰もが驚愕するのは、このKoyatsu氏の恐るべきドラミングでしょう。これがマジで凄まじすぎる!!!情緒あるドゥーム・メタルに合うとか合わないとかいう次元の話ではなく、生音のバカデカさという、ハードロック/へヴィメタルの基本中の基本に立ち返った(わけでは御本人達は特に意識してないのでしょうが)ような怒重黒鋼鉄は、ヴィンテージな機材のこととかなんも知らない私のような素人にとっては、最もリアルに70~80年代へヴィメタルに近いドゥーム・メタルだと思うのです。Temis氏のVo.がまた素晴らしい。屋台骨がぐらつきかねないくらいまでに、これだけボトムからガッツンガッツン突きあげられたら、邪念など芽生えず、ここまでエモーショナル&ソウルフルにへヴィメタルを歌えるのかも知れません。弦楽隊のお二人は敢えてクールに各々のパートに没頭してるかのようですが、しかしElizaveat氏の抒情的なプレイは、やはりNWOBHM時代のへヴィメタルを感じてしまいます。あらゆるエクストリーム・メタル・ファンに聴いてもらいたい、とにかくブッ飛ばされるドゥーム・メタルです。モノ凄い!!!そして素晴らしくカッコいい!!!

Punk Potere!!



・WRETCHED - Mai Arrendersi 7" 税込1,944円 (Chaos Produzioni)



活動時のレーベル名義 Chaos Produzioniで2012年に各種LPが再発リリースされたイタリアン・ハードコア・パンク・ゴッズ WRETCHEDが、またしてもレア音源レコードをオフィシャル・リリース。"Mai Arrendersi"のリマスタリング・バージョン, "Finira Mai"と"Nelle Loro Mani"の2曲のデモ・バージョンを収録した、さしずめ、84年名作2nd EP "Finira Mai" 7"の別バージョンのような、WRECTHEDマニアならずとも興味をそそられる面白いレコードです。2012年の各種LPはFOAD Recordsがバックアップしていましたが、このEPはFOADのたぶん宿敵 Love/Hate 80やSOA Records界隈のサポートでオフィシャル・リリースされました。お値段が高くなってしまいましたが、卸売なしで、レーベルも残りわずかだと言ってましたので、お早めに確保お願いします。限定500枚プレスでレッドビニールです。



内容については、もはや説明する必要もないかと思います。全パートが凄まじいけど、この初期EPの頃は、やっぱりなんと言っても、Vo.のムチャクチャさが突出しています。世界初、いや、世界で唯一の早口言葉コアとでも言うべき、言葉をギュウギュウに詰め込んだVo.はいつ聴いても狂ってる!!速弾きギターや激速ブラスト・ビート・ドラマーはいても、速口Vo.は、このWRETCHEDのGian Mario氏くらいでしょう。もちろん、焦燥感に満ちた猛スピードの演奏も最高にカッコよくて、字余りでわめき散らすVo.と重なり、唯一無比のカオス・スラッシュを生み出しています。本物のクレイジーなロウ・スラッシュを求めてるのなら、メタル度ゼロだけど、スラッシャーにもぜひ聴いてもらって、仰天してほしいです!!







・EU'S ARSE - Attacca Le Menti : Discografia 1981 / 1985 LP + CD DIE HARD SPLATTER VINYL 税込3,456円 / BLACK VINYL 税込3,024円 (F.O.A.D.)



これまでも内容の異なる音源集アルバムがLPとCDでリリースされてきた、イタリアン・ハードコア・パンク EU'S ARSEのディスコグラフィーLPが、このたびFOAD Recordsからリリース。過去のディスコグラフィー・アルバムはいずれも入手できない状況でしたし、今回は未発表デモ音源なども収録し、さらにライブCDもボーナスで付いていて、今までのディスコグラフィーよりボリュームがアップしています。限定100枚のダイハード・スプラッター・カラーLPはレーベルで即完売して、当店も少なからず問い合わせをいただいてました。お待たせしてすみませんでした!





Discografia 1981 / 1985 LP:



Lo Stato Ha Bisogno Di Te? Bene, Fottilo. 7" (1982年)

Questa ? La Loro Speculazione Di Morte! Split 7" W/ IMPACT (1983年)

Demo 1981 (Unreleased)

Demo 1983 (Unreleased)

December 1984 Rehearsal Demo





Live 1982 / 1983 CD:



Feltre (Belluno, 31.07.1982)

Torviscosa (Udine, 2.10.1982)

Via Asquini (Udine, 26.03.1983)





WRETCHEDやUNDERAGEがUKHCから影響されながら個性的なロウ・パンク・ノイジー・スラッシュを表現していたのにたいして、EU'S ARSEは当時のイタリアン・ハードコア・パンクの中で最もDISCHARGEの影響をダイレクトに打ち出していたバンドだったと思います。ANTI-CIMEXに代表されるスウェーデンのDISCHARGE影響下ハードコアにも通じるバイオレントなロウ・スラッシュから、ドイツのVORKRIEGSPHASEやオランダのPANDEMONIUMのようなノイズコア・スラッシュまで、汚くて暴力的なハードコア・ファン必聴のグレート・バンドです。

Total Charlie!!



・CANCEROUS GROWTH - Cancer Causing Agents CD + DVD 税込2,052円 (Beer City)



こんなリリースまでもRecord Store Day云々でプロモーションしてしまうという現地での盛り上がりというかお祭り騒ぎにはビックリしましたが、これはBOYも便乗したい!!なぜなら、あのAx/ction Recordsオーナーで、ボストン・グラインド・パンク・スラッシュ PSYCHOや、カルト・ブラック・スラッジ・パンク・ノイズ・メタル GONKULATORも率いるミスター・インフェクションこと、Charlie Infection氏が昔やってたボストン・ハードコア・パンク・バンドだからです。DVDも付いた2枚組コンプリート・ディスコグラフィーです。





Tracks 1-12 "Hmmlmmlum..." LP (1987年)

Tracks 13-23 "Late For The Grave" LP (1985年)

Tracks 24-28 "Today's Society" 7" (1986年)

Tracks 29-31 "Live at Last" 7" (1987年)

Tracks 32-34 Compilation Tracks

Tracks 35-38 "Hmmlmmlum..." LP GERMAN BONUS TRACKS

Tracks 39-41 "Late For The Grave" LP GERMAN BONUS TRACKS

Tracks 42-46 DEMO TAPE





ブックレットに掲載のライナー・ノートでも触れていますが、所謂CREW系の当時のボストン・ハードコア表舞台のシーンにはなじめなかったそうで、JERRY'S KIDS, THE FREEZE, SIEGE, DEEP WOUND, OUTPATIENTS, etcのようなロウ・スラッシュなボストン・ハードコアをリスペクトして共に活動したオブスキュア・バンドです。初期のNuclear Balstは多くのハードコア・パンク作品をライセンス・リリースしていたけど、このCANCEROUS GROWTHもドイツ盤はNuclear Blastから出ていて、このディスコグラフィーにはドイツ盤ボーナス・トラック用だった曲もちゃんと収録しています。2ndアルバムなんか、今聴くとまるでLate 80's UKHCのちょっと爽やかメロディックなスラッシュ・パンクみたいですし、初期はやはりチャーリー氏関連バンドらしいロウ・アングリーなドタバタ・スピードコアで、PSYCHO崇拝者はもちろん、それ以外の80's USHCファンにもこの機会になんとしても聴いていただいて、GONKULATOR同様、チャーリー氏を生涯応援し続けてほしいです。つまんないDVDも素晴らしい!!ジャケにチャーリー氏のサインが入っちゃってるのが数枚ありましたので、サインのない綺麗なヤツからお売りしていきます。







・PSYCHO - Logo EMBROIDERED PATCH 税込756円



サイコのオフィシャル刺繍パッチ!!アイロンでもくっつくヤツです。トラッカー・ハットに付けたりすると、アメリカの田舎のシリアル・キラー親父みたいな感じになるかと思います。







・GONKULATOR - CAP 税込1,620円



ゴンクレーターのキャップ!!GG ALLINがかぶってそうな形のヤツです。







・GOAT FELCH - S/T Demo TAPE 税込864円 (Fudgeworthy)



お待たせしました・・・。ミスター・インフェクションの再来襲です。ボストン・ハードコア異端児スピード・スラッシュ・ゴア PSYCHOと、リアル・カルト・ドゥーム・グラインド・ブラック・ノイズ・メタル GONKULATORのドラマーであり、また、Ax/ction RecordsとFudgeworthy Recordsでのレーベル活動で、90年代~2000年代には当時まだ地下に潜伏中だった今をときめく多くの世界中のグラインドとブラック・メタルのカルト・バンドをサポートしてリリースしてきた、ミスター・インフェクションこと、Charlie Infection氏が新たなバンドを始動してくれました。ギターは同じくボストン裏ハードコア・シーン出身で、SLEEPやEYEHATEGODと並んでパンク・サイドからUSスラッジ/ドゥーム・シーンの底上げに大いに貢献した、GRIEF / ex. DISRUPTのレフティーの方のギタリスト Terry Savastano氏です。



やってることはGONKULATORとさして変わりません。だから素晴らしい!!グラインドコアとブラック・メタルとドゥーム・メタルとノイズコアのミックスで、GONKULATORのグッシャリとブッ潰れたようなスラッジ・ノイズ・サウンドで演奏したドゥーム・グラインド・パンク・ブラック・メタル・ノイズです。ロゴの元ネタは明らかにBEHERITですが、グラインド・ノイズコアとブラック・メタルがリンクしていた初期BEHERITとNuclear Holocaust Vengeance氏の志向には、Charlie氏も当時からシンパシーを感じてたはずです。SODのジミヘン最短カバー Ballad of Jimi Hendrixも鈍くやってます。「GONKULATORってギャグでしょ」って、応援するたびに失笑されてきたけど、こういうカバーを聴くと、やっぱりこのGOAT FELCHもGONKULATORもギャグなのかな?とちょっと戸惑ったフリをしてみようかとも思いましたが、ギャグだろうが別に最初から気にしてなかったので問題ありません。総数2ケタに達するかどうかの日本全国のGONKULATOR崇拝者は必聴&Dieeegghh DEATH!!!

Punk Death Sickness!!



*本日水曜は定休日ですが、昨日できなかったメタル系商品をカートアップしました。受注メールの返信は、明日木曜日以降になります。







・VIOLATION WOUND - S/T CD 税込1,728円 (Vic)



ABSCESSも活動を停止して、ここ数年はAUTOPSYに専念していたChris Reifert氏が、またもやパンク・プロジェクトを始めた!!某ドランク・スラッシュ・パンク・メタルとSplit EPをリリースしたくて、レーベルを探している、という情報を昨年末くらいに聞いて、またパンク始めたのか~、とちょっと気になっていましたが、いきなりアルバム・デビューしてしまいました。UTUMNOやFURBOWL、最近ではETERNAL SOLSTICEやTHE CHASMの各種作品や、今回一緒に届いた極上初期スウェデス・リイシュー EXPULSIONなど、素晴らしいデス・メタル名盤の多くを再発する、オランダのVic Recordsからのリリースです。



Chris Reifert氏によるパンク・バンドと言うと、ABSCESSメンバーらとやってたEATMYFUKを思い出しますが、このVIOLATION WOUNDがEATMYFUKと決定的に違う点は、Reifert氏がギター&Vo.を担当しているという点です。正直言って、最初はあのAUTOPSYの曲調にも劣らないロウでパワフルなReifert氏のドラミングではないと思うと、それほど期待はしていませんでしたが、聴いていてCDが進行していくうちに、キャッチーなパンク・ロックの中にも、やはりEATMYFUKにも通じるスカム・バイオレンスなテイストがどんどん出てきて、これもやっぱり最凶です。



GG ALLINウォーシップだったセックス&ドラッグなバイオレンス・パンクのEATMYFUKよりももっとRAMONES寄りにキャッチーになって、尚且つUSHC的なパンク・スラッシュ・チューンもけっこうあって、疾走ナンバーはボストン・ハードコアやNEGATIVE APPROACHなどのアングリー・スラッシュに通じるノリです。しかしなんと言っても痛快なのは、ANTiSEEN ジェフ・クレイトンそっくりにコブシを効かせたブルータルでブルージーなReifert氏のVo.で、ウルトラ・キャッチーなナンバーにこの極悪デス・ブルージーVo.が乗ると、まるでANTiSEENまんまで激渋!!やっぱりEATMYFUKっぽいMURDER JUNKIES風バイオレント・パンク・チューンも時々あって、これまたカッコいい。これぞリアル・アメリカン・スカム・デス・パンクです!!Danny Coralles氏とEric Cutler氏の、ともにAUTOPSYを支えてきたお二人もゲスト参加しています。







・ACID WITCH / NUNSLAUGHTER - Spooky SPLIT 7" 税込1,080円 (Hells Headbangers)



SHITFUCKERメンバーも在籍するUSデトロイト・パンク・ドゥーム・メタル ACID WITCHと、ご存じオハイオ・デヴィル・メタル NUNSLAUGHTERによるSplit EPです。グロッシーな紙質のゲートフォルド・スリーブの内側もサイケデリック・デスな妖しいド派手さで、見た目は文句なしのレコードです。片面に各バンドをまとめて収録しているのではなくて、交互に曲を収録しています。



見た目と収録方法も面白いですが、このレコードは内容もとても良いです。ACID WITCHは傑作1stアルバム路線のヴィンテージ・オカルト・ドゥーム・ナンバーでスタートして、DEATH SSとKING DIAMONDとNECROPHAGIAのミックスみたいでかなり引き込まれます。ラストのACID WITCHナンバーはスラッシーな疾走パートもあるけど起伏を持たせた展開で、こっちはもうNECROPHAGIA要素はなく、まるでDEATH SSとKING DIAMONDを掛け合わせてアシッドにいかがわしく表現したみたいなオカルト・メタル・サウンドでカッコいい!!これはちょっと新しいかも知れません。片や新鮮さ皆無のNUNSLAUGHTERは、毎度のごとく切れ味を備えたNECROPHAGIAのようなデス・メタル・チューン2曲を収録。これでいいんです。余計なことやる必要など一切ありません。



いつかどっちかのバンドのコレクション・アルバム出たら、その時にまとめて聴けばいいや、なんて考えてると、こういう企画盤の趣旨を完全に無視した聴き方になるので、ぜひこのレコードで聴いてください。だいたい、こんな曲をCDで何十分と本気で聴く方がしんどいハズです。なかなかオススメのSplitです。







・SHITFUCKER - Suck Cocks in Hell TAPE 税込1,080円 (Hells Headbangers)



デトロイト・メタルパンクの1stアルバムが、カセット・バージョンも入荷。ユーロ・バージョン・ジャケ・アートのスリーブに、USバージョンのジャケ・アートのスリップ・ケースが付いています。



前作2nd EPの延長戦上にある、聴く者に有無を言わせない強烈なバイオレンス・パワーとエンターテイメント性が同居した、SF節が炸裂しています。ノイジー度は以前より控えめながらも、VENOMやBATHORYなどのサタニック・スラッシュメタルと、ABIGAILや日本のメタルコアなどをミックスしたような、凶暴サタニック・ドランク・メタルパンクが大爆発!!メンバー写真も極悪です。







・WYRDFORGE - Her Wings Unfold War CD 税込1,728円 (Mosh Tuneage)



UKオブスキュア・スラッシュ・メタル再発シリーズが大好評のレーベル Mosh Tuneage Recordsがサポートしてリリースされた、イギリス・ブライトン出身クラスト・パンク・バンドの1stアルバムです。



デス/スラッシュ・メタルにも適度に影響されたクラスト・スラッシュで、例えばMIASMALがMARTYRDODやAGRIMONIAなどのポリティカル/クラスト・パンク・メンバーもいたり、REPUGNANTにBOMBSTRIKEメンバーもいたりするスウェーデンのシーンに居そうな感じのクラスト・パンクスです。曲調は叙情クラストよりも、もっとパワーバイオレンスとクラストの中間みたいなタイプで、そう考えると、やっぱりスウェーデンよりもUSのメタリック・パンク・クラストのバンドに近いかも知れません。
05 | 2014/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR