RECORD BOY

Metal from the Graves!!

*本日水曜は定休日ですが、昨日できなかったメタル系商品をカートアップしました。受注メールの返信は、明日木曜日以降になります。









・HIRAX / SODOM - Hellion Rising / Water Boarding SPLIT 7" 税込2,052円 (Steamhammer)



めちゃくちゃ高かったけど、こんな組み合わせのSplitシングル、買ってなかったら後から絶対に後悔するので頑張って入れてしまいました。USカリフォルニア・アフロ・スラッシュ・メタル Katon氏率いるHIRAXと、ジャーマン・スラッシュ・メタル・ゴッド Tom Angelripper氏率いるSODOMによる対戦です。SPVの30周年を記念してリリースされたもので、限定1000枚手書きナンバリング入り。シールドされたジャケ上にステッカーが貼ってあるとおり、カラー・ビニールです。



SODOMは昨年2013年に発表したアルバム Epitome Of Tortureの限定デジパックCDとアナログ盤にボーナスで入ってた Water Boardingを収録。HIRAXは2013年シングル曲を収録しています。それぞれのオリジナル・リリースを上手く合わせたジャケもカッコいいし、なんと言ってもこんな組み合わせのSplit、オリジナルのスラッシャーは持ってるだけで充分ありがたいはずです。







・SARCOFAGO - Rotting LP 税込3,132円 (Osmose prod.)



冒涜精神を全面に打ち出し、後のブラックメタルのステレオタイプとなるスタイルをイチ早く実践して、世界中のアンダーグラウンド・ハードコア・メタル・マニア達を震撼させた伝説のブラジリアン・カルト・サタニック・デスラッシュメタルの89年2ndミニ・アルバムが、フランスのデス/ブラック系エクストリーム・メタル老舗レーベル Osmoseから重量盤でLP再発。



SODOM影響下のサタニック・スラッシュを、ハードコアからも強く影響された激速ビートで爆裂させた、前作1stでの南米極悪イーヴィル・デスラッシュの基盤は揺るぎませんが、この作品ではスラッシュ色を増したジャキジャキな刻みリフが強烈です。楽曲アレンジには多少成長が見られるけど、激速ビートは相変わらず崩壊寸前。名曲 Sex, Drinks & Metalは明らかに Sodomy and Lustをパクリまくった曲構成なので、成長してるのか進歩してないのかよくわからなくなるけど、結局のところSARCOFAGOはSARCOFAGO以外何者でもないと痛感させられる、南米プリミティブ・デスラッシュの名盤です。I.N.R.I.の頃とは違った方向に暴走したメンバーのファッションもサイコーで、これより後の作品になるとまた黒で統一した渋いファッションになるので、この時代がルックス的には一番ブッ飛んでるとも言えます。とにかくこの作品も必聴& dieegghh!!です!!!







・SARCOFAGO - The Laws of Scorge LP 税込3,132円 (Osmose prod.)



今も尚カルトな人気を誇るブラック・メタルの始祖的最重要バンド、ブラジルのSARCOFAGOの92年3rdアルバムが、フランスのデス/ブラック系エクストリーム・メタル老舗レーベル Osmoseからアナログ盤も待望の再発。当時のイギリス Under One Flagライセンス盤と同じく、92年のCrush, Kill, Destroy 12"から2曲をボーナス収録した9曲入りです。



前作 Rottingから更に正統派デス・メタル路線に踏み込んだ、南米デスラッシュの名盤です。構成が非常に練られていて、80'sスラッシュ・メタルの延長線上にあるデス・メタルを、南米特有のジャキジャキな鋭さと硬質さが同居した質感でドラマチックに表現しているので、シカゴのSINDROMEなどが好きな人にもオススメしたくなります。ジャーマン系のテクニカルなスラッシュ・リフも随所に決まり、当時多かった、KREATOR影響下デスラッシュ・バンドのような爆裂感もあります。I.N.R.I.のようなサウンドだけを求める人にはオススメしませんが、デスラッシュ/デス・メタル・マニアに高い評価を得ているように、初期デスラッシュ・ファンにはぜひ聴いていただきたい名作です。







・V.A. - Warfare Noise 2LP 税込3,996円 (Osmose prod.)



Cogumelo Recordsの86年名作オムニバス・アルバムが、フランスのデス/ブラック系エクストリーム・メタル老舗レーベル Osmoseからアナログ盤も再発。ここ数年、USでのCogumeloライセンス・リリースをしているGreyhaze Recordsからもアナログ盤再発されましたが、こちらのヨーロッパ盤はCDバージョンをLPで再現したものなので、90年にリリースされたThe Lost Tapes Of Cogumelo LPの曲も追加収録した全15曲入り2枚組のボリューム満点な内容となっています。ゲートフォルド・ジャケもうれしいです。



このWarfare Noise Comp.は後にシリーズ化してますが、このVol.1は初期ブラジル・デスラッシュ・ファンなら避けては通れない名作で、参加バンド名を挙げただけで内容の充実ぶりがわかると思います。CHAKAL, MUTILATOR, SARCOFAGO, HOLOCAUSTOの4バンドによる凄絶殴り合いバトルComp!!今更説明も不要でしょうが、全4バンド最凶にダーティーな南米ロウ・スラッシュメタルを炸裂させています。同じくCogumeloがリリースした The Lost Tapes Of Cogumelo LPは、各バンドのデモ音源をまとめてLP化したものだったので、これまた凶烈な音源が楽しめます。

South America of Hell Metal!!



・SENDEROS DEL MAL - Oscuras Creencias CD 税込1,620円 (Veins Full of Wrath)



2006年の1st CDが凄い内容だったチリのブラック・メタル・バンドが、11曲入りのフル・アルバムCDをリリース。1stは衝撃的だったし、AMMITとKRATHERIONのメンバーもやってるってことで、もっと騒いでも喜ばれそうなんですが、BOYは1st CD出してたレーベルに金払ったままドロンされて5年も経ってたので、もうこの近辺はカンベンしてほしい感じでスルーしてました。チリの関係者はもちろん、付き合いのある世界各地のレーベルに協力を要請してもうまくいかずに5年も経過してしまいましたが、昨日、突如完全解決!!FACEBOOKってすごい!!



以前は、MAYHEMのDeathcrushをSODOMルーツではなくBATHORYルーツにして、南米ハードコアは原始性で表現したようなサウンドでしたが、今回も基本的には変わってないけど、もっとAMMITに近づいたようなプリミティブ・ブラック・デスラッシュになっています。でも曲によっては、Fome Nuclearの頃のOLHO SECOとかBRIGADA DO ODIOみたいな、崩壊南米スピード・チューンもやっぱりあります。ここ数年、チリ・サタニック・デス・メタルは、FORCE OF DARKNESSが築きあげた正統的にかっこいいオールドスクール・ベスチャル・デスラッシュ勢が充実してますが、その前のチリと言えばAMMITみたいなこういう原始的なバンドの印象が強かったのです。しかしこの際そんなことはどうでもよくて、とにかく金が戻ってきてよかった!!あとは指名手配中のあいつだけだ!!







・DOOMORTALIS - The Unknown Somber Magnetism TAPE 税込864円 (Bloodmonk Rite prod.)



Blood Harvestなどからの素晴らしい作品が過去に入荷していたNECROCCULTUSのメンバーが新たに始めたメキシカン・デス・メタル・バンドです。リハ・テイク5曲収録のデビュー・デモです。



メンバー構成を頼りにチェックした方の期待を裏切らない内容で、ちょっと大げさに言いますと、今後のデス・メタル・シーンの動向を占えるのでは?と思えるほどカッコいいです。昨今の大作主義的サウンドスケープ・デス・メタルや、エクスペリメンタル要素も導入したコンテンポラリーなデス・メタルとは無縁のダークネスで、必殺のデス・メタル・リフで構築されたダーク・デス・メタルは、現代のデス・メタルのドローン化傾向に真っ向から張り合ってように感じられるほど、手法が古典的且つ冷徹なデス・メタルです。リハ音源だからか、90'sデス・メタルのオブスキュアなデモ音源を聴いてるようにも錯覚するほど王道のパターンの応酬で、激情して暴走するパートも少なく感情を押し殺したように淡々と突き進む様は、スウェディッシュ・デスのグルーミィーなタイプや、BOLT THROWERフォロワー・バンドにも通じるところがあります。Vo.の呪術的なムードも、メキシカン・デスならではの原始的なカッコよさを増強させています。



今後のデス・メタル・シーンの動向を占える、ってのはやっぱり大げさですが、数年前のAUTOPSYトレンドから、FATHER BEFOULEDに端を発してENOCOFFINATIONが開拓した、INCANTATION起源lowデス・メタルを極端に解釈したタイプや、Raw War系とドローン系がリンクしたようなここ最近のNWN!やDark Descent系など、デス/ブラック・メタル・シーンでもトレンドは移り変わってるけど、そんな激しい状況の中に常にいると、こういうスタイルには安堵感すら感じてしまいます。このバンドにはぜひアルバムを発表して、ガツンとシーンの動向を変えてもらいたいです。







・GOAT SEMEN - Holocausto TAPE 税込756円 (Austral Holocaust)



ここ数年は自身のレーベル Austral Holocaust prod.での活動で全世界に悪名を轟かせていたErick Neyraが、遂に本業のバンド GOAT SEMENを再始動。近年は改心して精力的にレーベル活動や地元シーンの発展に貢献していて、最近ではSABBATの初南米ツアーを大々的にバックアップしたのも有名です。当店は2度と関わりあいたくなかったけど、結局まだ付き合いは続いちゃっていますし、Neyraバッシングの先陣を切っていたNWN!とも遂に和解して、ペルーでのNWN!オフィシャル・ディストリビューターの座まで得てしまいました。



で、久しぶりのリリースとなるGOAT SEMENですが、SARCOFAGOが切り開いた南米ベスチャル・デス・ブラックを激烈に進化させた従来のスタイルと基本的には変わっていません。でも、3曲しか入ってないからだろうけど、Neyraの超絶ハイトーン・シャウトはだいぶ減っていて、KULTO MALDITOと似た、BRUJERIAタイプの殺人的ヴォーカルでアジっています。とりあえずファンにとってはあきらめかけてたであろうGOAT SEMENの再始動ですから、ベスチャル・デス・ブラック・メタル・マニアは問答無用で必聴です。







・BLACK ANGEL - The Black Truth CD 税込1,512円 (Warhemic prod.)



ペルー・ブラックメタル・シーンの裏番的存在ともいえるBLACK ANGELの、2011年に発表された現時点での最新アルバムのCDバージョンです。



いろんな意味で、極悪バンドの宝庫ペルー・メタル・シーンの中でもかなり酷い部類に属してるバンドだと思いますが、NWN!がヴィニール化再発した1stデモは非常にカッコよくてビックリしました。このアルバムは、だいぶよくなってきたと言われればそう思えるし、かと言って別にどうでもいい程度と言われれば完全にその通りの、つまりBLACK ANGELらしさは失ってないように思えます。HELLHAMMER系プリミティブ・リフでスタートした後は、SARCOFAGOに代表される南米デスラッシュ, NECROPHAGIA的シックネス, 2バス連打, 極寒でなくてちょっとだけ寒い、つまり涼しくてちょうどいいくらいのコールド・フレーズ等々、このシーンでバンドやってれば誰でも1度はやろうとするパーツを組み合わせて、アルバム1枚作り上げています。しかし、ゴミみたいなことやってゴミのままなバンドがほとんどなのに、このバンドは違うんです!!なぜかはわかりません。
04 | 2014/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR