RECORD BOY

South America of Hell Metal!!



・SENDEROS DEL MAL - Oscuras Creencias CD 税込1,620円 (Veins Full of Wrath)



2006年の1st CDが凄い内容だったチリのブラック・メタル・バンドが、11曲入りのフル・アルバムCDをリリース。1stは衝撃的だったし、AMMITとKRATHERIONのメンバーもやってるってことで、もっと騒いでも喜ばれそうなんですが、BOYは1st CD出してたレーベルに金払ったままドロンされて5年も経ってたので、もうこの近辺はカンベンしてほしい感じでスルーしてました。チリの関係者はもちろん、付き合いのある世界各地のレーベルに協力を要請してもうまくいかずに5年も経過してしまいましたが、昨日、突如完全解決!!FACEBOOKってすごい!!



以前は、MAYHEMのDeathcrushをSODOMルーツではなくBATHORYルーツにして、南米ハードコアは原始性で表現したようなサウンドでしたが、今回も基本的には変わってないけど、もっとAMMITに近づいたようなプリミティブ・ブラック・デスラッシュになっています。でも曲によっては、Fome Nuclearの頃のOLHO SECOとかBRIGADA DO ODIOみたいな、崩壊南米スピード・チューンもやっぱりあります。ここ数年、チリ・サタニック・デス・メタルは、FORCE OF DARKNESSが築きあげた正統的にかっこいいオールドスクール・ベスチャル・デスラッシュ勢が充実してますが、その前のチリと言えばAMMITみたいなこういう原始的なバンドの印象が強かったのです。しかしこの際そんなことはどうでもよくて、とにかく金が戻ってきてよかった!!あとは指名手配中のあいつだけだ!!







・DOOMORTALIS - The Unknown Somber Magnetism TAPE 税込864円 (Bloodmonk Rite prod.)



Blood Harvestなどからの素晴らしい作品が過去に入荷していたNECROCCULTUSのメンバーが新たに始めたメキシカン・デス・メタル・バンドです。リハ・テイク5曲収録のデビュー・デモです。



メンバー構成を頼りにチェックした方の期待を裏切らない内容で、ちょっと大げさに言いますと、今後のデス・メタル・シーンの動向を占えるのでは?と思えるほどカッコいいです。昨今の大作主義的サウンドスケープ・デス・メタルや、エクスペリメンタル要素も導入したコンテンポラリーなデス・メタルとは無縁のダークネスで、必殺のデス・メタル・リフで構築されたダーク・デス・メタルは、現代のデス・メタルのドローン化傾向に真っ向から張り合ってように感じられるほど、手法が古典的且つ冷徹なデス・メタルです。リハ音源だからか、90'sデス・メタルのオブスキュアなデモ音源を聴いてるようにも錯覚するほど王道のパターンの応酬で、激情して暴走するパートも少なく感情を押し殺したように淡々と突き進む様は、スウェディッシュ・デスのグルーミィーなタイプや、BOLT THROWERフォロワー・バンドにも通じるところがあります。Vo.の呪術的なムードも、メキシカン・デスならではの原始的なカッコよさを増強させています。



今後のデス・メタル・シーンの動向を占える、ってのはやっぱり大げさですが、数年前のAUTOPSYトレンドから、FATHER BEFOULEDに端を発してENOCOFFINATIONが開拓した、INCANTATION起源lowデス・メタルを極端に解釈したタイプや、Raw War系とドローン系がリンクしたようなここ最近のNWN!やDark Descent系など、デス/ブラック・メタル・シーンでもトレンドは移り変わってるけど、そんな激しい状況の中に常にいると、こういうスタイルには安堵感すら感じてしまいます。このバンドにはぜひアルバムを発表して、ガツンとシーンの動向を変えてもらいたいです。







・GOAT SEMEN - Holocausto TAPE 税込756円 (Austral Holocaust)



ここ数年は自身のレーベル Austral Holocaust prod.での活動で全世界に悪名を轟かせていたErick Neyraが、遂に本業のバンド GOAT SEMENを再始動。近年は改心して精力的にレーベル活動や地元シーンの発展に貢献していて、最近ではSABBATの初南米ツアーを大々的にバックアップしたのも有名です。当店は2度と関わりあいたくなかったけど、結局まだ付き合いは続いちゃっていますし、Neyraバッシングの先陣を切っていたNWN!とも遂に和解して、ペルーでのNWN!オフィシャル・ディストリビューターの座まで得てしまいました。



で、久しぶりのリリースとなるGOAT SEMENですが、SARCOFAGOが切り開いた南米ベスチャル・デス・ブラックを激烈に進化させた従来のスタイルと基本的には変わっていません。でも、3曲しか入ってないからだろうけど、Neyraの超絶ハイトーン・シャウトはだいぶ減っていて、KULTO MALDITOと似た、BRUJERIAタイプの殺人的ヴォーカルでアジっています。とりあえずファンにとってはあきらめかけてたであろうGOAT SEMENの再始動ですから、ベスチャル・デス・ブラック・メタル・マニアは問答無用で必聴です。







・BLACK ANGEL - The Black Truth CD 税込1,512円 (Warhemic prod.)



ペルー・ブラックメタル・シーンの裏番的存在ともいえるBLACK ANGELの、2011年に発表された現時点での最新アルバムのCDバージョンです。



いろんな意味で、極悪バンドの宝庫ペルー・メタル・シーンの中でもかなり酷い部類に属してるバンドだと思いますが、NWN!がヴィニール化再発した1stデモは非常にカッコよくてビックリしました。このアルバムは、だいぶよくなってきたと言われればそう思えるし、かと言って別にどうでもいい程度と言われれば完全にその通りの、つまりBLACK ANGELらしさは失ってないように思えます。HELLHAMMER系プリミティブ・リフでスタートした後は、SARCOFAGOに代表される南米デスラッシュ, NECROPHAGIA的シックネス, 2バス連打, 極寒でなくてちょっとだけ寒い、つまり涼しくてちょうどいいくらいのコールド・フレーズ等々、このシーンでバンドやってれば誰でも1度はやろうとするパーツを組み合わせて、アルバム1枚作り上げています。しかし、ゴミみたいなことやってゴミのままなバンドがほとんどなのに、このバンドは違うんです!!なぜかはわかりません。

Land of The Rising Sun!!



・SAD BOYS / RAW DISTRACTIONS / STAGNATION - Land of the Crying Sun 3way comp 7" 税込800円 (Hardcore Survives)



NYからやってきた男女4人組パンク・バンド SAD BOYSの2014年日本ツアーに合わせてHardcore Survivesからリリースされた3 Way Split EPです。日本からはツアーをサポートするSTAGNATIONとRAW DISTRACTIONSの東京2バンドが参加しています。



SAD BOYSは90年代~2000年代のポゴ・スパイキー・パンク・ムーブメントが懐かしく思い出されるサウンドで、甲高い女性Vo.が特徴です。



NYでSAD BOYSとも共演したというSTAGNATIONは、アシッド&ロウな原始的電波系ノイズコア・ナンバーを提供。ノイズコア以外にも精通する、というか相当突っ込んで聴いてる方々ならではの、狂ったノイズコアが痛快です。



1st 7"が素晴らしい内容だったRAW DISTRATIONSは目の覚めるようなロウ・パンク・アタックでぶっちぎっていて、文句なしの内容!!1st 7"にやられた人は、この1曲のために買っても充分満足できるでしょう。







・the SHINING - Rise of the Degenerates CD 税込1,080円 (Crew for Life)



7月にCRUCIAL SECTIONと日本ツアーを行うオランダのクロスオーバー・スラッシュ・バンドの2012年アルバムが、ボーナスも加えてCRUCIAL SECTIONのCrew for LifeからCD化リリース。日本語対訳詞付きで、限定300枚です。



活動歴は10年を超えるベテランのようですが、全然知りませんでした。しかし、サウンドはベテランらしい完璧な演奏で、しかもかなりソリッド&タイトな暴走クロスオーバー・スラッシュで、これはスラッシュ・メタル・ファンもチェックに値する爽快スラッシュ・コアです。RDPを頂点とするブラジリアン・クロスオーバーの爽快さが好きな人には絶対おススメです。

Metal Deadness!!



・CENDRES DE HAINE - Nihil Mirari CD 税込1,500円 (Deathrash Armageddon)



2010年の1stアルバムもDeathrash Armageddonからリリースしていたスイス出身ブラック・メタル・バンドの2ndアルバムです。



URGEHALなどのような冷たく激烈なブラック・メタルで今回も押しまくっています。極寒メロディーを軸に不協和音的リフも交えていますが、全体的には粗野なブラックではなくカッチリまとまった感がありまして、ラストにちょっとビックリのAGENT STEELのカバーをやってるけど、こういう80'sへヴィ・メタルの土台がしっかり根付いてるから、整合館すらある激烈ブラックにまとまってるのでしょう。そして、そのカバーが案外カッコいい!!ちょっと、VAMPIREとかANTICHRISTみたいな近年のスウェディッシュ・スラッシュっぽくなっています。







・YETNA APMASKEMA - Ancestral Manifest Of Evil Poison CD 税込1,500円 (Deathrash Armageddon)



Deathrash Armageddonからリリースした1stアルバムが好評だったMASTER OF CRUELTYのメンバーなどが参加してる、南米パラグアイ産ブラック・メタル・バンドの1stアルバムです。



ノーマークながらチリのデスラッシュにも通じるスタイルで好評だったMASTER OF CRUELTYよりも、ユーロ/北欧のブラック・メタルに近い音で、Deathrash Armageddonさんが解説してる通り、CELTIC FROSTのリフ・ワークも駆使した、De Mysteriis Dom Sathanasの頃のMAYHEM、みたいな感じです。南米バンドの粗雑さはほとんどなくて、つめたい旋律も見事に表現できています。Iron Pegasusリリースなんかのスラッシュ・ルーツのオールドスクールなブラッケンド・デス・メタル好きならば、聴いて損無しのクォリティーです。







・PERVERSION - Storm of Evil CD 税込1,512円 (Utterly Somber Creations)



先にBitchy WitchからLPで発表されて好評だったUSデトロイト・デスラッシュ・メタルの1stアルバムが、シカゴのダイハード・メタル・メキシカン野郎 Utterly Somber CreationsからCDバージョンもリリースされました。



濃厚なメタル・パンク・キャラがひしめき合うデトロイトでは、ちょっと地味な存在でしたが、この1stアルバムのサウンドはなかなかキョーレツです。以前から南米テイストが特徴のバンドだったけど、SLAYER影響下ジャーマン・スラッシュ・メタルの南米版、または初期SEPULTURAが、ヨレヨレの音痴ギターを絡めながら、スカスカに暴発した南米デスラッシュみたいな感じで、最近ジャーマン・スラッシュ色を強めてきた東京ブラック・スラッシャー RETURNにも通じます。どうもメンバーはヴェネズエラ出身メンバーなどで構成されているようです。南米デスラッシュ・ファンにかなりオススメの、全開で空振りしてるような力作です!!







・MALAS - Conquest CD 税込1,620円 (Sempiternal prod.)



Paul Speckmann氏関連バンドの相次ぐ再発や、高まるCIANIDEの再評価、FUNERAL NATIONの再発、CHASMやBONESなどの活躍など、近年盛り上がりを見せるシカゴ・デスメタル・シーンの中で、いまだ地味でダイハードな存在感を死守しているMALASの、2005年発表1stアルバムです。



マニアックなスラッシャーにも好評だった2013年2ndアルバム Path to Holocaustは、KREATORやDARK ANGEL系の破壊的なガムシャラ突進デスラッシュがカッコよかったけど、この1stは音質の悪さもあって、まだ消化不良なUSデスメタルな感じが強く、先に2nd聴いちゃうと物足りなく感じるかと思います。しかし、シカゴ・デスらしさはこっちの方が断然に上で、割と起伏に富んでるのに2バスを踏みっぱなしに強引な力技で展開していく様は、完全にPaul Speckmannスタイルの正統的継承者といった感じで、やっぱりこのアルバムもカッコいいデス。スラッシュ・ルーツの主張も強く感じさせるフレーズや楽曲も随所に飛び出して、SLAYER型ギター・ワークのABOMINATION、またはCELTIC FROST調ストローク・リフのMASTER、みたいな曲もあります。シカゴ・デス・メタル・ファンなら、絶対にハズしたりしてほしくないバンドです。

Japanese Deadness!!



・SLUDGE - Conduct LP 税込1,944円 (Crust War)



デモCDRが関西で話題となっていた和歌山のハードコア・パンク・バンドが、Crust Warから1st LPをリリース。



見事な演奏を聴かせるギターと、関西パンクらしいダークネスを表現したVo.の強烈なアンバランスで、これぞlate 80'sジャパニーズ・メタルコアな凄いサウンドを聴かせてくれます。これはJacky Crust War氏も衝撃を受けたのは納得です。バラエティ豊かな楽曲に、地獄の説教のようなVo.を乗せて、地方パンクならではの醍醐味が満喫できる作品ですので、メタル・パンク・ファンはもちろん、スケルトン・レコードやDiscrete Recordsなどのジャパニーズ・ハードコア・パンク・ファンにもオススメです!!







・RETURN - Rehearsal Demo 2011 TAPE 税込864円 (Witchhammer prod.)



東京アンホリー・スラッシュメタル RETURNの2011年にCDRで配布されたデモ音源が、タイWhitchhammer prod.から限定66本ナンバリング入りカセットで再発。



ハードコア好きでもあるのがプレイにも表れているロウなドラミングの爆発力と、オールドスクール・スラッシュ・メタル土台を強調した直線的な楽曲が上手く合致していて、確かにリハ音源らしい粗い音質ですが、このバンドの魅力がとても良く伝わってくるオススメ音源です。アンホリー・スラッシュ・メタル代表格 NOCTURNALや、スウェーデンのTERRORAMAなどのようなユーロ・イーヴィル・スラッシュ・メタル・ファン要チェックです。今回はメンバーさんのご厚意で、バッジが2個付きます!!


Rebel Youth Punk!!



・ACTIVES - Street Warfare 2CD 税込3,024円 (F.F.T.Label)



MOBSPROOFの発刊する松原氏が90年代~2000年代初頭にやっていたポリティカル・パンク・レーベル F.F.T. Labelが復活して、80'sスコットランド・ハードコア・パンク ACTIVESの35曲入りディスコグラフィーを2枚組CDでリリース。ペーパー・フォールド・スリーブで、解説/対訳/レア写真を掲載したブックレットも充実の出来栄えです。





Riot 7" (1983年)

Kick it Down LP (1983年)

Wait & See! 12" (1984年)

Demo (1982年9月)

Demo (1982年3月)

Demo (1982年6月)

Live (1985年7月 at Provans bar KIRKLISTON)





これぞUK82アタック・パンク!な、直線的な疾走感とドタバタ感、そこにアグレッシブ且つキャッチーなVo.を乗せたサウンドで、どの作品も、数多い80年代のUKHCパンク・レコードの中では上位に位置する高額レア盤として人気があります。UKパンク・ファン、80'sハードコア・ファンには、不意を打たれたように突如リリースされた待望のディスコグラフィーです。限定500枚!!







・1981 - Anthems for Doomed Youth-Singles and EP's CD 税込1,500円 (Vox Populi)



SKIZOPHRENIAとTHE C-3'sのサポートで6月に日本ツアーを控えているフィンランドのアナーコ・パンク・バンドの、単独 / Split 7"音源などをまとめたディスコグラフィーCDが、SKIZPHRENIAメンバーの運営するVox Populiからリリース。





S/T 7" (2010年 1st EP)

Decay 7" (2011年 2nd EP)

Split 7" w/ SURRENDER (2011年)

Cycle / Symptom 7" (2012年 3rd EP)

In the Dead of the Night 7" (2013年 4th EP)

Solutions / Dancing 7" (2014年 5th EP)





Crass Records関連のポリティカル・パンクや、その近辺に多く存在したポスト・パンク的なアプローチもあって、バンド名通り、まるで80年代初期のUKアナーコ・パンクの音源を聴いてるかのように錯覚させる、たそがれたメロディーが心にしみます。男女のツインVo.も当時の雰囲気満点で、THE MOB, POLITICAL ASYLUM, INDIAN DREAM, etcのファンは絶対に必聴だと思います。有名無名や話題性などにとらわれず、Vox Populiが真摯にサポートするのが100%納得できるサウンドです。







1981 "No Hope Ahead Japan Tour 2014"



6/14(sat) 東京 ANTIKNOCK w/SKIZOPHRENIA

6/15(sun) 名古屋 RED DRAGON w/SKIZOPHRENIA

6/16(mon) 大阪 KING COBRA SQUAT w/SKIZOPHRENIA

6/17(tue) 広島 AGIT

6/18(wed) 津山 K2 w/SKIZOPHRENIA

6/19(thu) 四日市 VORTEX w/THE C-3's

6/20(fri) 水戸 90east w/THE C-3's

6/21(sat) 郡山 STUDIO TISSUE★BOX w/THE C-3's

6/22(sun)東京 EARTHDOM w/THE C-3's

Satan's Riders of Doom!!



・SATAN'S SATYRS - Black Souls 7" YELLOW VINYL 税込1,404円 (Bad Omen)



先に到着したUS盤も大反響のSATAN'S SATYRS新作が、UK盤も各種到着!!SSについては当店に問合せが本当に多くて、新作をリリースすると公式には発表になった時から、「またBOYのジャパニーズ・エディションはあるのか?」などと、気の早い海外のマニアから少なからずメールをいただいてました。今回はBOYエディションはございません。el zine #14に掲載のElectric Assault Recordsオーナー Henry氏の意見にBOYも完全に同意してまして、Bad Omen Recordsと契約して、このバンドはもっと多くのメタル&パンク・ファンにアピールする存在へと大きくなっているのは明らかですので、今後より日の当たる場所での活動が望ましいでしょう。



この2曲入り7"は、2ndアルバム Die Screamingの先行で発売されたシングルで、A面にアルバムからのカット Black Soulsを、B面にアルバム未収録曲ナンバーを収録しています。しかもこれが小憎らしいリリースでして、USがTrash King prod.から、そしてヨーロッパはUKの注目新興レーベル Bad Omen Recordsからリリースされていますが、アルバム未収録サイドのB面曲がUS盤とUK盤と別内容になっています。US盤のオレンジとは違う、イエロー・ビニールで入荷しました!!









・SATAN'S SATYRS - Die Screaming LP RED VINYL (Bad Omen Records) 税込2,916円 / SLIPCASE CD 税込2,376円 (Bad Omen)



イギリスBad Omen Records盤のDie Screaming LPもレッド・ビニールで入荷しました!!このUK盤は、レギュラー・ブラック・ビニールの他に、ホワイト・ビニールとレッド・ビニールが存在しまして、白盤はltd.80枚というマイクロ・プレスでしたので、予約オーダー受付開始直後に完売。これは買えなかった日本のファンの方も多いと思います。こちらは重量盤になっています。イギリスの大手流通品は値段が本当に厳しくて、本当は3,000円切ってはとても販売できませんが、今回はアメリカTrash King prod.盤と合わせた値段で統一しましたので、まだSSコレクションに喰らいついてる方は、ぜひこの機会に入手してください。US盤を既にお買い上げの方で、UK盤も入荷を待ってた当店お客様はやはり少なからずいらっしゃいましたが、コレクタブルなリリースが憎いほど上手いバンドなので、今回も手の届く限りはがんばりましょう!!CDはUS盤よりちょっとお値段高いけど、スリップ・ケース付きです!



USヴァージニア出身のSATAN'S SATYRSは、2010年に発表した1stデモが話題となって当店にも入荷。続く1st EP "Lucifer Lives!"は、以前からBOYでもやりとりしていた現代フィンランド最凶悪スロウest・ドゥーム・デス・メタル SWALLOWEDメンバーのレーベル Emptiness prod.からリリースされるとあって、張り切って入荷させたところ、これが全SS作品の中でもダントツに極悪なVENOMっぷりで、いまだに最高傑作の呼び声多い大ヒット作となりました。ニュージーランドのレーベルからリリースした限定ライブ・アルバムも、カセット・バージョンでなんとか入荷させることができて、この頃から既にアンダーグラウンドでは動向から目が離せない存在となり、その後は1stアルバム "Wild Beyond Belief!"で全世界にSS旋風を巻き起こしたわけです。この2ndアルバムは、Wild Beyond Belief!アルバムでまだ残していたVENOM要素はほぼ排除しています。BOYのお客さんであれば、その兆候は充分感じ取れていたと思いますので、さほど驚かない人の方が多いと思いますが、それでも実際にアドバンスを聴かせてもらった時にちょっとビックリしたのは、あの最凶VENOMousスピードR&Rナンバー Lucifer Lives!の再録バージョンで、これが実にアダルトなたそがれ哀愁ハードロック・ナンバーに変貌しています。このリメイクに表れている通り、もともとSSが備えていたBLACK SABBATHやELECTRIC WIZARDのドゥーム・メタル土台の哀愁ハードロッキン・ドゥーム・パンクへと、完全な転身がこの作品で成功しています。







・the OATH - S/T LP 税込3,456円 / SLIPCASE CD 税込2,376円 (Rise Above)



SONIC RITUALの美人ギタリスト Linneaさんと、スウェーデンやドイツのデス/ブラックメタル系バンドにも多く参加してきたJohannaさんという女性Vo.を中心に結成されたへヴィメタル・バンド THE OATHが、Rise Aboveと契約して発表した1stアルバムです。発売前から各国のメタル専門誌でも取り上げられていて、デビュー7"の時もそうでしたが、リリース早々大反響のようです。UK盤は値段が高くて本当に苦労するけど、ゲートフォルド・ジャケはまるで2枚組LPのような重量感で、アナログ・ファンの期待に完璧に応えたような素晴らしい仕上がりに大満足です。今回はltd.400枚ホワイト・ビニールでの入荷です。



オカルティックなムード漂うへヴィメタル・バンドで、華やかスター性とアングラな妖しさが絶妙に同居した雰囲気は、デビューEPの頃から既に完成されている感がありました。しかしこのバンド、前途洋々かと思ったらなんと本作発表後早々に解散しちゃったそうです。ジャケでも表れてる通り、気の強そうな女性2人が一歩も譲らず張り合ってたんでしょうからあまり驚きませんが、彼女達の個性がぶつかりあって生まれたこのサウンドは、EPで気に入ってた方も未聴の方もやはり必聴に値すると思います。el zine #14掲載のElectric Assault Recordsオーナー氏のインタビューで、「Linneaは、THE OATHはMERCYFUL FATEとSCORPIONSをミックスしたような感じだと言ってたけど、いくらなんでもそれは良く言い過ぎだろ、と思ったが、でもサウンドは本当に素晴らしかった」という発言を思い出させる内容で、2曲入りのEPでは感じられなかったMERCYFUL FATEの影響が、1曲目からいきなり感じられます。しかし、やはりなんと言っても素晴らしいのはJohannaさんの妖しく哀しすぎるヴォーカルで、これぞまさしくウィッチング・メタルと言ったオカルティックな妖艶さが全開です。別に女が歌わなくても、むしろ男がVo.の方がカッコいいだろ?と思わせる女性Vo.バンドはメタルでもパンクでもたくさんいるけど、このTHE OATHの歌は、男Vo.がこのままのメロディーで歌っても全くダメでしょう。Vo.じゃないけどELECTRIC WIZARDのLiz姐さんのような妖しさ、あと全然へヴィメタルじゃないけど、范文雀や梶芽衣子のような70年代昭和の哀愁漂う大人の女性好きにたまらない雰囲気です!!

Death Punk Sickness!!





・BLOODY F. MESS & THE BLOODY MESS ROCK CIRCUS - Mountain Rock CD 税込1,620円 (SSP / Deathangle Absolution)



いろんな意味で曰く付きのレーベルである旧SSP / 限Deathangle Absolutionが、いかにエクストリームな志向の下で探求心旺盛かがよく表れている興味深いリリースが入荷しました。古くはGG Allinとのコラボや、IMPETIGOの1stアルバムでの歌詞提供やゲスト参加、さらにはジョン・ゲイシー, ケネス・ビアンキ, チャールズ・マンソンなどの有名シリアル・キラーのアートを自身のリリース作品に使用するなど、ロック界最後のクレイジー・アウトロウ・アーティストと呼ばれるBloody F. Mess氏の、活動30周年記念を記念したアルバムです。



もう、ルックスからして完全にイカレてるのがわかるオッサンですが、このアルバムでは、Richie Ramone ( the RAMONES), Rikk Agnew (the ADOLESCENTS, SOCIAL DISTORTION, D.I., CHRISTIAN DEATH), Don Bolles (the GERMS, 45 GRAVE), Paul Roessler (the SCREAMERS, 45 GRAVE)などの名だたるUSパンク・バンド・ミュージシャンが参加していています。R&Rの古典的フレーズも多く飛び出して、グラマラスな要素もあるけど、Iggy Popの毒々しさをANTiSEEN系のアメリカン・スカム・バイオレンスで増幅したような、キャッチー且つアグレッシブなパンク・ロックが堪能できます。ちょっと、SLIP HEAD BUTTも思い出してしまいました。あと、全然気付かなかったけど、Slap A Hamのショート・チューン64曲連発の歴史的名作オムニバス7" EP "Bllleeeeaaauuurrrrgghhh!"にも、BLOODY F. MESS & the SKABSとして参加してましたので、GG ALLINやMENTORSと同じく、ジャンル問わずスカム・ミュージックを愛するエクストリーム系バンドに慕われるミュージシャンのようです。







・SIEGE - Lost Session '91 7" LTD.100 GOLD/BLACK HAZE VINYL 税込1,620円 (Patac)



RECORD STORE DAY 2014はいろいろ魅力的なUSHCの再発盤が多くて、BOYもPOISON IDEAとFIXくらいはやりたかったんですが、なかなか上手くいきませんでした。しかしそれらの名盤再発とは次元の違う、歴史を揺るがしかねない凄いUSHC発掘音源が出てしまいました。SIEGEの91年未発表!!!しかもVo.は、AxCxの故Seth Putnam!!!!!Seth氏とSIEGEのつながりと言えば、ドラムのRobert Williams氏とSeth氏によるデス・シック・スラッジ・パンク FULL BLOWN A.I.D.S.や、Rob氏のAxCxゲスト参加などはあったけど、まさかSeth氏がSIEGE名義のセッションに参加していたとは、全然知りませんでした。もちろんギターはKurt Habelt, ベースはHenry McNameeの不動の面々。SIEGEオリジナルVo. Kevin Mahoney氏もSeth Putnam氏も、2011年にこの世を去ったわけですから、秘蔵音源が出てきてもおかしくない状況ではあるけど、しかしそれにしても衝撃の真実です。



これでドキドキしない80'sハードコア・ファンなんていないでしょうから、サウンドについて説明する必要もない気もしますけど、やはりちょっとくらい触れさせてください。NAPALM DEATHなどのグラインド・パンク始祖バンドに大きな影響を与えた、スピード・スラッシュの原点とされるボストンのハードコア・パンク・バンドですが、この音源の91年と言えば、エクストリームなサウンドを表現するシーンはもはや確立されていましたから、このセッションではもっとボストン・ハードコアの異端的なノイジー・ロウ・スラッシュを強く表現したような内容で、USHCらしいアングリー・スラッシュ・パンク・ナンバー以外にも、バックの3人が後に始めたサイコ・アシッド・スラッジ・ドゥーム・パンク NIGHTSTICK的なアプローチもB面では聴かせてくれます。Seth氏のクレイジーVo.も、王道のボストン・ハードコアっぽいストロングさも若干あって、これは音源の貴重さ抜きにしても非常に興味深く、そして凶裂なサイコ・スラッシュ・コアで、100%カッコいいと断言しちゃいましょう!!!



このリリースの情報が流れた時から注意して狙ってたので逃すことなく入荷できたけど、初回は1000枚プレスで、レーベルでは既に全て完売しています。そのうちのレギュラー・バージョン・ブラック・ビニールは750枚ですから、恐らくこれから流通に乗って各地で販売されていくものと思いますが、他にパッチ付きゴールド・ビニールが150枚、そしてゴールド/ブラック・ヘイズ・カラーのビニールが一番少なくて100枚プレスありました。そして今回はめでたく全てltd.100枚のゴールド/ブラック・ヘイズ・ビニールで入荷できましたので、絶対にゲットしてください!!

Japanese Extreme!!



・ORGASM GRIND DISRUPTION - Offensive Grind Dude CD 税込1,200円 (Bloodbath / Till Your Death)



2011年に自主制作で発表した1stアルバムも好評だった東京のグラインド・コア・バンド O.G.D.が、Bloodbath RecordsとTill Your Deathの共同リリースで2ndアルバムを発表。スタジオ・トラック23曲とライブ・テイク15曲という変則的な構成で、帯のコメントはAUTO-MODのジュネ氏が担当しています。



PHOBIA, TERRORIZER, EXCRUCIATING TERROR, etcのUSポリティカル・グラインダーズを彷彿させる、ハードコア要素もかなり強いグラインド・コアが激烈で、そこに今回はBRUTAL TRUTHっぽい畳み掛けるようなめまぐるしい切れ味も加速させています。1stアルバムでの緊張感もそのまま持続したような、本作も充実した内容となっています。







・AGUIRRE / GUEVNNA - Split CD 税込1,080円 (Bones Brigade)



ex. COFFINSのVo. Ryo氏と、ex.マグダラ呪念で、その前は大阪のSECOND TO NONEに在籍していたMamiさんが在籍する東京のドゥーム・スラッジ・メタル・ニュー・バンド GUEVNNAが、フランスのストーナー・ドゥーム・メタル AGUIRREとのSplit CDを、USのパンク系レーベル Bones Brigade Recordsからリリース。



先攻のフランス AGUIRREは、GRIEFのようなハードコアからアプローチした荒涼感が特徴のストーナー・ドゥームで、重量感よりも若々しいノリの良さが特徴。と言っても、活動歴は既に10年にもなるみたいですが。対するGUEVNNAは、日本の重量級バンドで活躍してきたメンバーが在籍するだけの説得力が既にサウンドににじみでていて、切れ味すら感じさせる殺人級の重量ソリッド・リフと、Ryo氏のアグリー&アグレッシブなVo.のマッチがカッコいいです。来週からヨーロッパ・ツアーを予定してるそうで、今後も要注目のバンドです。

Come to the Sabbat Again!!



・SABBAT - Black Fire T-SHIRT (ご予約受付商品)



Nuclear War Now!製SABBATオフィシャルTシャツ新作のご予約を受け付けます。



今回のTシャツは、スウェーデンのOBSESSED BY CRUELTYマーチャンダイズによるVENOMウォーシップな別注デザインで、ここは過去にいろいろブートTシャツを作ってたところなんですが、最近はTEITANBLOODやRAW HIDEなどのオフィシャルTシャツから、さまざまなバンドのツアー・ポスターまで担当する、ひっぱりだこの人気デザイナーです。以前にVENOMのブート・シャツも作ってて、このSABBATシャツはそのデザインを元にしてるので、バック・プリントのSwedenの箇所はNipponに変えて製作されるそうです。



ボディはGildanで、色は黒、サイズはS / M / L / XLの4種。今回は別注デザインのためいつもより製作コストが掛かるようなので、今までのNWN!製SABBAT Tシャツより少し値段が上がりそうですが、税込3,000円以下には収まると思います。



ご希望の方は通常のカート購入と同じように、サイズとご清算方法もあらかじめ指定してカートに入れていただきたいのですが、他商品とのまとめてのご精算は現時点ではお受けできませんので、この商品のみでカートを進めてください。宜しくお願いします!!













・SABBAT - Sabbatical Earlyearslaught 6xLP REGULAR BOXSET (ご予約受付商品)



おかげさまでダイハード・バージョン・ボックスセットは予約分で完売しましたが、レギュラー・バージョンの受注を再チャレンジしてほしいとNuclear War Now!から依頼されましたので、再度ご案内致します。レーベルでは輸送の際の事故でボックスが180個ほど破損したそうですので、梱包は相当頑丈に送ってもらいますから、送料は相当恐ろしいことになります。初回にレギュラー・バージョンをご予約いただいた方にはスペシャル・プライスでご提供できましたが、今回はお値段を税込2万円前後くらいになんとかできればと考えています。





LP1 - Sabbat 7" (85年) / Born by Evil Blood 7" (87年) / Desecration 7" (88年)



A1: Black Fire1

A2: Mion's Hill1

A3: Satanic Rites - Curdle the Blood2

B1: Poison Child2

B2: Welcome to Sabbat - Crest of Satan3

B3: Children of Hell3

B4: Darkness and Evil3





LP 2 - The Devil's Sperm is Cold 7" (89年) / The Seven Deadly Sins 7" (90年) / Sabbatical Demon DEMO (90年)



A1: Immortality of the Soul4

A2: Hellfire4

A3: Possessed the Room (Kanashibari)5

A4: Sacrifice of Angel5

B1: Crying in Last5

B2: Witch's Mill6

B3: Black Fire6

B4: Rage of Mountains6

B5: Mion's Hill6





LP 3 - Bloody Countess DEMO (86年)



A1: Splatter

A2: Bring me the Head of Satan

A3: Bloody Countess

A4: Panic in the Head

A5: Poison Child

B1: Madara No Tamago

B2: Children of Hell

B3: Kanashibari

B4: Bloody Countess





LP 4 - Envenom Rough Mix (91年)



A1: Satan Bless You

A2: Reek of Cremation

A3: Devil Worship

A4: Eviler

A5: Deathtemptation

B1: The Sixth Candle

B2: King of Hell

B3: Carcassvoice

B4: Dead March

B5: Evil Nations





LP 5 - Asai Cleaning 2F Rehearsal



A1: Welcome to Sabbat

A2: Panic in the Head

A3: Bring me the Head of Satan

A4: Wolfman

A5: Children of Hell

B1: Black Fire

B2: Mion's Hill

B3: Headbanging

B4: C.D.E.

B5: C.D.E. (Take 2)

B6: Welcome to Sabbat





LP 6 - Unreleased and Alternate Takes



A1: Headbanging (Version 1 Mix 4)7

A2: Headbanging (Version 2 Mix 2)7

A3: Madara No Tamago (Mix 3)7

A4: Kanashibari7

B1: Satan Bless You (Mix 2)8

B2: Evil Nations (Fade Out)8

B3: Satan Bless You (Fade Out)8

B4: Lady Lust9

B5: Welcome to Hell9

B6: Panic in the Head9





140ページ ハードカバー・ブック

両面A2サイズ・ポスター





昨年から多くのお問い合わせをいただいていた、Nuclear War Now!リリースのSABBAT30周年記念究極完全版ボックスセット!!!666!!!91年1stアルバム Envenom発表までの1st ~ 5th 7"とデモ、幻のBloody Countessなど、まさしくタイトルに偽りなしの初期集大成ボックスセットで、レギュラー・バージョンはLP6枚組です。膨大な量の写真/ジャケ/インサートなどが掲載されたハードカバー・ブックも凄い出来栄えです。



ご希望の方は通常のカート購入と同じように、ご清算方法もあらかじめ指定してカートに入れてください。このボックスセットだけで発送してもらうと、卸値以外に1個当たりに掛かる送料/関税/送金手数料などのコストがふくらむことになりますので、それらのコストを少しでも抑えるため、申し訳ございませんがレーベルからの発送のタイミングや到着予定日などは現時点ではお約束できません。したがって、他商品とのまとめてのご注文/ご精算はお受けできませんので、ご了承願います。必ずこの商品のみでカート購入手順を進めてください。



何卒宜しくお願いします!!!666!!!

Anti-Goth!!

* Nuclear War Now!新作到着!!ジャケ画像をクリックするとNuclear War Now!商品一覧にリンクしますので、他商品も合わせてチェックしてみてください!







・NUCLEARHAMMER - Serpentine Hermetic Lucifer CD 税込1,728円 (Nuclear War Now!)



これを待ってた方は多いと思います。1stアルバム Obliteration Ritualが日本でもマニアックなベスチャル・デス/ウォー・ブラック系のファンに熱狂的に支持され、その壮絶な内容と流通の悪さも手伝って局地的に人気が過熱しているカナダ・トロント出身バンド NUCLEARHAMMERが、待望の2ndアルバムをNuclear War Now!から発表。もちろんアナログ盤も追って発売されますが、一足先にCDがリリースされました。レコード出たらCDとまとめて発送してもらおうかと思ったけど、やっぱりガマンならずにCDを先に入荷させました。アナログ・ファンの方はしばしお待ちください。



2009年1stアルバム Obliteration Ritual以降のリリースがSplitだったりカバーだったりしたせいか、どうもあの1stでの無慈悲なまでに激烈な印象が弱まっていたような気がしていましたが、本作品の1つ前のリリースだったSplit w/ SICKRITESで感じさせた、VONウォーシップなスタイルから確実に深化した姿が確認できる素晴らしい内容となっています。1stアルバム以降にメンバー・チェンジがあって、ADVERSARIALメンバーも参加した4人編成になったという説明だけでは片づけられない化学反応で、まず驚くのは各曲の合間に挟んだ完全なインダストリアル・ショート・トラックです。SSP / Deathangle Absolution作品などでインダストリアルを勉強してる程度の者ですので、わかったようなことは言えませんが、このバンドの魅力である激烈なサウンドの根底にあるオールドスクールな核が、インダストリアル・アプローチにも現れてるような気がします。KNELT ROTEのようなパワー・エレクトロなノイズではなく、もっと古典的なインダストリアル・アプローチに感じてしまうのですが、いかがでしょうか?あまり深く言及するとトンチンカンな解説で墓穴を掘りかねのでこのへんでやめますが、本質はインダストリアル・アプローチ以外の驚くべき深化で、アポカリプティックな大作主義的サウンドスケープ傾向が加速する昨今のトレンドとは真逆の、オールドスクールな曲調が最高カッコよくて、これは文句なしの傑作でしょう!!!1stアルバムのサウンドを期待するとスッキリ聴きやすくてヤワになったなんて思われるかもしれないけど、このバンドのバツグンのセンスが楽曲にもにじみ出ています。ラスト手前の10秒に満たないショート・カット・グラインドコア・チューンなんか、そのオールドスクール土台を極端に表現したナンバーではないでしょうか。その後の12分に及ぶラスト・トラックでは、インダストリアル・アプローチを大胆にも曲中の山場で導入してるけど、やっぱり基礎の楽曲は完璧にオールドスクール・ブラック・メタルで、これはズバリ言いまして、NWN!から2005年に発表されたRITES OF THY DEGRINGOLADEの最高傑作 An Ode to Sinの現代版でしょう。これぞカナディアン・デス・ブラック!!超素晴らしいデス!!!







・RITUAL CHAMBER - The Pits of Tentacled Screams TAPE DIE HARD VERSION 税込1,188円 / REGULAR VERSION 税込864円 (Nuclear War Now!)



EVOKEN, FUNEBRARUM, DRAWN AND QUARTERED, MEAT SHITS, etcにも在籍していたDario J. Derna (aka Numinas)氏が始めたプロジェクト・バンドのデビュー・デモ・カセットがNWN!からリリース。ダイハード・バージョンはパッチ付きで、布製アウター・バッグに入っています。



過去に参加してきたバンドの一部を挙げてもお分かりのように、Dario J. Derna氏のエクストリーム・メタル・シーンでの多彩な活動を集約したようなアポカリプティック・デス・メタル・サウンドで、NWN!, Dark Descent, Profound Loreなどが得意とする昨今のINCANTATION起源タイプのバンドがお好みの方は確実に要チェックです。IGNIVOMOUSのContragenesisアルバムやFUNEBRARUMを彷彿させるabyssicなスタイルを土台にして、デモならではのバランスの悪さか、またはあえてlowを強調したバランスなのかはわかりませんが、真っ黒な音塊の中で時折流れる、サイケデリックな混沌且つ叙情的フレーズも効果的ですので、NEGATIVE PLANE影響下の北米バンド・ファンにもオススメです。







・IRKALLIAN ORACLE - Grave Ekstasis CD 税込1,728円 (Nuclear War Now!)



昨年2013年に限定200本のカセットとして発表されたスウェディッシュ・デス・メタルのデビュー・アルバムが、NWN!からCDバージョンもリリース。オリジナル・カセットに続き、アナログ盤も大ヒットして話題を呼んでいますので、CDでのリリースを待ってた方もいるかと思います。恐らくNWN!のCDリリースで初?だと思われる、スリップケースも付いています。



DIOCLETIANを聴いた時も思いましたが、へヴィ・メタルはR&Rよりもクラシックを起源とするという説に強い説得力を感じてしまうような、圧倒的な作品です。もちろん、オーケストレーションなどを導入しているデス・メタルではなくて、INCANTATIONが切り開いた世紀末的様相をエクストリーム・メタルで表現したアルバムで、まるで映画のサウンド・トラックのようでもあります。INCANTATIONやDIOCLETIAN、さらにKRYPTやMEVETHなどのフィンランド・デス・メタル勢にもオススメのアポカリプティック・デス・メタルで、そのへんのファンの方は必聴の話題作です。







・MORBOSIDAD - S/T CD 税込1,728円 (Nuclear War Now!)



USカリフォルニア産ヒスパニック・ウォーブラック・メタルの、2000年に発表した記念すべき1stアルバムが単独CD化再発。単独でのCD再発は2003年のEvil Morgre Entertainment盤以来で、インレイ・バックのレイアウトなども変わってます。



BLASPHEMYやBEHERIT系のモコモコ・グラインディング・ノイズ・ブラックにスペイン語Vo.が融合した、ヒスパニック・プリミティブ・ウォー・ブラックの名作です。近年のMORBOSIDADしか体験したことがなかった人は、これを聴いて、より原始的な暗黒鋼鉄音塊に打ちのめされてください!!
04 | 2014/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR