RECORD BOY

Metal Driving Mad!!





*毎週水曜日は定休日ですが、明日の4月30日と、来週の5月7日の水曜は、休まず営業致します。







・EWIG FROST - Dirty Tales CD 税込1,512円 (Dead Center prod.)



オーストリアのメタル・パンク・バンドの9曲入りCDです。メタル・パンクも世界中で盛り上がって、今までもおかしな奴はいろいろ出てきましたが、このバンドもストレンジなメタル・パンク好きにはぜひ聴いていただきたいです。



バンド名とロゴ、タイトルからは、CELTIC FROSTとMOTORHEADが好きそうな感じですが、実際そんなところです。しかしこれがとても変わった感触で、まずはベースの音が凄い。メタルが好きなら絶対に出さないような、キンキンしたアコースティックに近い音で、ギターも箱型だし、西部劇っぽい哀愁メロディーもあったりして、リーゼント系とかカントリー方面の人がMOTORHEADっぽくやってる感じがあります。無理してメタル・パンクっぽくやる必要ないのに、と思ってしまいましたが、でも時々CELTIC FROSTっぽいギター・ワークも有り。結果、なぜかINEPSYっぽいメタル・パンクにまとまってます。WHIPSTRIKERとSplit 7"が出てたようです。







・BASTARDIZER - Enforcers of Evil CD 税込1,620円 (Hells Vomit prod.)



オーストラリア出身スラッシュ・メタルの1stアルバムCDです。ミックスをTOXIC HOLOCAUSTのJoel Grind氏が担当しています。



BATHORYやTOXIC HOLOCAUSTに影響されたような、サタニックな雰囲気でドライビンな要素もあるブラック・スピード・メタルです。でも、疾走一直線というわけでもなく、途中にCELTIC FROSTみたいなビートダウンもあったりします。新人らしからぬなかなかの貫録のルックスがかっこよくて、大味なイーヴィルさが、いかにもOZバンドらしい感触でしょうか。TURBOCHARGEDなどが好きな方にオススメです。







・MANIAC - Black Legion CD 税込1,620円 (BlackSeed prod.)



先に限定500枚のアナログ盤でリリースされて当店でもヒットしたスペイン産サタニック・スピード・メタルのミニアルバムが、MLPの5曲にライブ4曲を追加した9曲入りでCDも出ました。



スパニッシュ・メタルパンク代表格 DISHAMMERが活動を停止して、中心メンバーだったInaki氏が現在力を入れてやってるバンドがこのMANIACです。ドラマーがTamさんという綺麗な女性ということもあって、メタル・パンク方面のファンにも注目を集めていますが、実際サウンドもメタル・パンクスにも十分オススメできるもので、DISHAMMERとの共通点もけっこうあります。1stの頃のTOXIC HOLOCAUSTも彷彿させるロッキンなBATHORYっぽさや、BASTARDATORなんかが好きだった人にオススメできるキャッチーさがあります。どうせ時間埋める用のボートラだろう、と思って期待してなかったライブ録音も予想以上にカッコいい!!直線的な黒い刻みのこっちのライブ・テイクの方が好きな人も少なくないかもです。

Death Cult Reigns!!



・KRISIUN - Black Force Domain LP 税込2,592円 / CD 税込1,944円 (Century Media)



ブラジルを代表するデス・メタル・バンドの95年1stアルバムが、Century Mediaから再発。LP化は今回が初めてらしく、やはり残念ながらあまり充分な枚数が確保出来ませんでした。オリジナルの10曲にSODOMとKREATORのカバーを加えた12曲入りです。



確か10年以上前にも何か作品を入荷させたことがあって、その時はブルータルな超絶デス・メタル・バンドという印象でしたが、2012年にCentury Mediaがリリースしていた初期音源集アルバム Arise from Blacknessの馬力全開&全壊デス・メタル・サウンドを聴いて、まるで印象が変わりました。この1stアルバムも名作の呼び声多い作品で、恥ずかしながらこの度初めて聴きましたが、、、これは凄い、、、凄いデス、とにかく凄すぎる!!まずはなんと言っても驚異的なパワーのドラミングが凄すぎで、エクストリーム・メタルのブラストは、スティックの先に全パワーを集中するような感じじゃなくて、むしろ無駄な力を抜いてズバズバズバズバ!!って叩いてるように、VADERなんか聴いて感じていましたが、このKRISIUNのドラミングはまるでその逆で、スティックが折れまくって何本あっても足りないような、有り余る馬力を全てスティックにぶちまけたみたいな、力みまくりドラミングが本当に凄い、そして素晴らしい。しかも楽曲はまるでDARK ANGELとKREATORが乗り移ったSARCOFAGOのようで、KREATORとSODOMのカバーにも表れている通り、スラッシュのルーツを激烈に表現しているグラインディング・デス・メタルです。再発盤が大好評だったカルト・ジャーマン・グラインディング・デス・メタル BLOODのような極悪音塊が好きな人も必聴の南米デス壮絶クラシック!!オススメです。







・KRISIUN - Apocalyptic Revelation LP 税込2,592円 / CD 税込1,944円 (Century Media)



こちらは98年2ndアルバムです。やはりLP化は今回が初めてらしく、残念ながらあまり充分な枚数が確保出来ませんでしたが、ブラック・ビニールの他に、オレンジ・ビニールも極少量入荷出来ました。オリジナルの9曲にMORBID ANGELとSLAYERのカバーなどを加えた12曲入りで、Century Mediaの2001年版再発以来のリリースのようですので、南米デス・メタル・ファンはぜひこの機会に入手してほしい名作です。



確か10年以上前にも何か作品を入荷させたことがあって、その時はブルータルな超絶デス・メタル・バンドという印象でしたが、2012年にCentury Mediaがリリースしていた初期音源集アルバム Arise from Blacknessの馬力全開&全壊デス・メタル・サウンドを聴いて、まるで印象が変わりました。この2ndアルバムも高く評価されている傑作で、基本は1stアルバムと同じ路線ですが、パワーの制御ができるようになったので、スラッシュ・ルーツのグラインディング・デス・メタルとしての完成度は格段に高まっています。そのおかげで、1stアルバムでのクレイジーなギター・ソロや、ボーナスで収録のカバー曲にも表れている通り、土台を形成しているSLAYER型デスラッシュの輪郭が浮き彫りになっていて、整合感すら身についています。しかし、パワーをコントロールできるようになったとは言え、ドラミングはやはり鬼神のごとき凄まじさで、MORBID ANGEL系の狂ったテクニカル・フレーズと相まった時のカオスっぷりはホント凄い!!1stはジャーマンBLOODのような凶暴な音の塊が好きな方にもオススメですが、この2ndはANGEL CORPSEなどのブルータル・デス・メタルがスラッシュへと原点回帰したようなカッコよさが魅力かと思います。









待ちに待たされまくったSSP / Deathangle Absolutionのニューリリース最凶3作品が遂に到着してしまいました。オーダー募ってプレス代金をかき集めるという手法はわかりきっていたけど、送金して1年半も経っていたので、さすがに今回はマズイかな・・・と、いつも以上にドキドキしていましたが、奇しくもレコード・ストア・デーで盛り上がってるこの時期に販売開始です。届かなかった方が良かったのかも・・・と思わせるほど今回はどれも毒性の強いリリースでして、例えジョークでもレコード・ストア・デー云々なんて言って売ったりできまないモノですが、SSP / Deathangle Absolutionというレーベルの体質についてご存じの国内外の方からは既に多く問い合わせいただいてましたので、ぜひお早目のご購入をお願いします。海外発送はできるだけ避けたいんです。上のDeathangle Absolution Records画像をクリックすると、SSP / Deathangle Absolution商品一覧にリンクしますので、漏らしてたのがある方は、買える時に買っといてください。









・SPEAR OF LONGINUS - Nazi Occult Metal LP 税込2,592円 (Deathangle Absolution)



LUSTRATIONにも在籍したCamazotz氏が率いるオーストラリアのブラック・メタル・バンドで、デモ音源が2013年にvinyl化されていたEQUIMANTHORNを前身とします。VOMITORの巨漢ドラマー Big Lee Griffiths氏もオリジナル・メンバーでEQUIMANTHORN時代から初期S.O.L.にかけて在籍して、本作はその2人で制作された95年1stデモ音源です。過去にイタリアのBlack Sun SocietyというレーベルからCDと、Death To Mankind RecordsからのコンピレーションLPにも収録されて再発されていましたが、それらもまた要注意なレーベルだったため、ほとんど流通していませんでした。もちろん、本音源の当店入荷は、今回が初めてになります。オリジナルのデモ・カセットは、A面とB面に同じ曲が収録して、5曲目のラストに被さってるあの有名な演説部分に少し手を加えてバージョンを変えていましたが、今回のLPもA面 / B面をオリジナル・カセット同様に再現しています。歌詞インナーとブックレット付きで、限定500枚カラー・ビニールでのリリースです。



手に入れれば世界を制する力が与えられるとされ、数々の歴史上の英雄や征服者達の元を渡り歩いた伝説の聖槍をバンド名にしているように、キリスト教社会で生活してない私達日本人には、ちょっと馴染みにくい思想をテーマとしたブラック・メタルです。サウンドは前身バンドのEQUIMANTHORNから深化したロウ・ノイジー・ブラック・メタルなんですが、これがかなり初期ABIGAILみたいでビックリ!!MAYHEMから冷たさを除いたようでもありますが、初期ABIGAILのキャッチーさを殺伐さに置き換えたようなロウ・ブラック・メタルは、文句なしにカッコいいです。実はABIGAILのYasuyuki氏は、このSPEAR OF LONGINUSと以前から親交が深かったそうですが、93年に1st EP, 96年に1stアルバムを発表したABIGAILを真似たとかいうことではなく、恐らくお互いがリスペクトし合って触発されたであろう、初期ブラック・メタルの伝説的バンド周辺で多く聞かれる逸話と似たシンパシーがあったのではないでしょうか。音楽的スタイルは様々でも、一貫した極悪性が魅力のOZブラック・メタルの歴史を振り返るうえでも、大変重要なクラシック音源です。







・the TRUE WERWOLF - Vampyric Magick 10" 税込2,376円 (Deathangle Absolution)



SATANIC WARMASTERのWerwolf氏によるブラックメタル・プロジェクト THE TRUE WERWOLFの4曲入り限定500枚10"ミニ・アルバムです。このアナログ盤の発売が大幅に遅れてしまったため、先にWerwolf Recordsからリリースされた既発音源集 Death Music CDで世に発表済みの4曲ですが、真性ブラック・メタル・アナログ・ファンにはそんなことなんら問題ありません。待ち望んでいたリリースであり、待たされた甲斐のある内容です。



ここ数年はARMOURで多忙だったでしょうが、へヴィメタル・シーンで日の光を浴びる現在でも、ここまで凶悪なピュア・ブラック・メタルを表現してしまうWerwolf氏のアーチストとして表現力には恐れすら抱いてしまいます。90年代のカルト・ブラックメタルを意識したような、ヌケの悪いカビ臭い音質で演奏した極寒メロディーのロウ・ブラックメタル・サウンドは、意地悪な言い方をしてしまうと、SATANIC WARMASTERの近年作品よりも凶裂な地下暗黒ムードが漂っています。スロウ~ミドル・テンポの不穏オカルティックなナンバーや、シンセサイザーでのアンビエント・エピックなインストゥルメンタルなど、どれも極黒で凶悪、且つ悲哀に満ちてますが、一辺倒ではないアプローチで、全パートをこなすWerwolfのブラックメタル・ミュージシャンとしての完璧な才能が満喫できます。もちろん、ドカドカな凶悪フリージング・ブラックメタル・ナンバーは言うことナシに最高!!







・VAGINAL JESUS - Affirmative Apartheid LP 税込2,592円 (Deathangle Absolution)



グラインドコア/パワーバイオレンス・シーンの歴史からは完全に黙殺された、知る人ぞ知るハードコア・バンドのディスコグラフィーが、遂にアナログ盤も登場しました。AxCxの故Seth Putnam氏がやってたバンドということで、もう少し話題となって然るべきとも思えますが、臭いものにはフタをすべく、完全にUSパンク史の闇に葬られた存在です。しかしサウンドは文句なしにカッコいい!!USHCのロウ・アングリーなテイストと、初期パワー・バイオレンス/グラインド・コアのエクストリーム・スラッシュが融合して、まるでNEGATIVE APPROACHやボストン・ハードコアにNAKED WHIPPERのようなグラインド要素をミックスしたみたいな感じです。



VAGINAL JESUSは、ニュールネッサンス・スラッシュメタル EXECUTIONERを脱退したSeth氏がコネチカットで88年に結成し、90年代に入ってまたボストンに活動の拠点を移したとされています。93年に7"EPを1枚発表。このLPはその93年EPの他に、90年/95年/99年マテリアルを収録した28曲入りで、2002年にUnholy RecordsからCDでリリースされていたモノを、ブラック・メタル危険レーベル SSPが再発したモノです。USに逃亡したABSURDのHendrik Mobus氏を支援したとされる団体の傘下にあったUnholy Recordsからオリジナル盤はリリースされていたことからもわかるように、VAGINAL JESUSのテーマは一貫しています。しかし、これが一切迷いのないと言いますか、あまりにも直球すぎるダイレクトなメッセージ連発で、Seth氏のニヒリスティックなキャラクターから考察すると、どうしてもUSパンク特有のヘイト・アティチュードの極北を、ジョークを入り混ぜて表現してたように思えてなりません。KKK頭巾姿で挑発し男のセックス願望を表現したMENTORSや、マイノリティーを攻撃対象にすることによってハードコア・パンクの暴力性をダブらせたボストンのVILEと、根っこはさして変わらないように思えますが、これを緊張感なく聴いてしまうところが、日本人の平和ボケということになるのでしょうか。Seth氏らしく、ポルノ・ネタで包んでありますし。

Japanese New Releases



・V.A. - Trisected Strangulating Sermons and Black Mastication CD 税込1,000円 (K.O.D)



日本のデス・メタル3バンド参加のSplit CDが仙台のレーベルからリリース。当店のお客様にも人気の高い関東デス・メタル DEADLY SPAWN, 広島から東京に拠点を移して活動するNEUROTICOS, BloodbathからCDをリリースしていた仙台 TASTEの3バンドです。



正直に言いますと、サンプルがなかったので未聴です。しかし、DEADLY SPAWNの新録(ですよね?)、まだ無名ながら業界関係者に高く評価されている日系ブラジル人メンバー在籍のNEUROTICOS, そして変態テクニカル・デス・メタル・サウンドが爆発するTASTE、いずれもオールドスクールなデス・メタル好きな方ならば存分に楽しめるであろう、和製デス・メタル3バンドです。値段も安いので、ぜひチェックしてみてください。







・DISTURD - Inside 7" 税込800円 (Hardcore Survives)



現在は神戸で活動するメタル・クラスティーズの、Hardcore Survivesからリリースされた3rd 7" EPです。ドラムにex.AXEWIELDのKakuda氏を加えて、ここ最近の精力的な活動状況がそのままパックされたような、勢いのある作品に仕上がっています。



相変わらずブリブリにダークなサウンドで、リフもメタリックに刻みまくってますが、今回は疾走パート中心のメタルコア・スラッシュを連射して、過去2作品のハードコア・パンクな面をより一層強調したような作風です。SACRILEGE, 後期ANTISECT, SDS, AGEなどのファンにオススメの、現行メタル・クラスト・パンク・シーンを代表するジャパニーズ・バンドです。







・DISCOCKS - Fast's Discocks Demo 1991 7" 税込864円 (Pogo 77)



90年代のジャパニーズ・ポゴ・スパイキー・パンク / ストリート・パンク・ムーブメントを代表する東京のDISCOCKSの、91年デモ音源が限定500枚で7" vinyl化再発。



中心メンバーであるベース&Vo.の大橋氏と、TOM & BOOT BOYS / Pogo 77 Recordsの今村氏がギター、当時D.S.B.で現VESPERAのエイジ氏がドラムの3人編成で、リミックスもされてないので本当にカセットを再生したような、レベルも低くてモコモコした音質ですが、逆にキャッチーな楽曲とラウドな演奏がマッチしていて荒っぽさ満点!!

ゴールデンウィーク中の営業



本日水曜は定休日ですが、昨晩間に合わなかった商品を少しカート・アップしました。受注メール返信は、明日木曜日以降になります。



来週から突入するゴールデンウィーク中は、4月30日と5月7日の水曜日も休まず営業致します。遠方の方もぜひご来店ください。

IDORA / STUPID BABIES GO MAD - Between The Screaming And Scumbag SPLIT 7"



・IDORA / STUPID BABIES GO MAD - Between The Screaming And Scumbag SPLIT 7" 税込800円 (Hello From The Gutter)



マイペースに活動を続けてきたベテラン・ハードコア・パンク2バンドによるSplit 7"が、IDORAの過去作品もリリースしてきたHello From The Gutterから発売。



IDORAは昔のヒステリックなドライビン・スラッシュ・パンクとは違う表情の、無機質なヘヴィ・ナンバーを披露しています。エモーショナルなロック・フィーリングが土台にあるイメージが強いけど、張りつめた緊張感は相変わらず。Split w/ FALSE INSIGHTがかっこよかった静岡のSBGMは、今回も相変わらずのロッキン・ハードコア・パンク・チューンを3連発で終始爆走!!

Satan's Metal from Hell!!!666!!!



・SABBAT - Envenom CD BOXSET 税込9,504円 (Evil Dead prod.)



NWN!からのLPボックス・セットが到着する前に(ちなみにLP10枚組ダイハード・バージョンの店頭販売分はありません。ご予約分のみで完売しました。LP6枚組レギュラー・バージョンは引き続き受注可能です)、限定500枚で初デジパック化されて絶賛発売中のマレーシア盤 Envenom CDが、ltd.100セット・ボックス・セット入荷です!!!666!!!





・DIGIPACK CD

・JEWEL CASE CD

・PHOTOS GALLERY BOOKLET

・ENVENOM T-Shirt

・ENVENOM WOVEN PATCH RED

・ENVENOM WOVEN PATCH WHITE

・SABBAT LOGO EMBROIDERED ROUND PATCH

・ENVENOM LOGO EMBROIDERED DIECUT PATCH

・SABBAT SPERM LOGO EMBROIDERED PATCH





先に発売中の赤プリント・デジパック・バージョンと、ジャケが白プリントでブックレットのレイアウトも違うジュエル・ケース(いわゆる普通のクリア・ケース)のCDも付いた2枚セット。さらにそれらのジャケ・ブックレットとは違うCDサイズの写真集ブックレットも付いてます。レーベルの公開している画像にはなぜか4枚しか写ってませんが、円形のパッチもあるのでパッチは全部で5枚入ってます。Tシャツは今回の赤プリントを再現したものですので、今までのEnvenom Tシャツとはやはり異なります。TシャツはSサイズとMサイズでしか入荷しませんでしたが、サイズに問題ない方はぜひこの機会に確保してください!!



日本を代表するブラック・スラッシュ・へヴィメタル SABBATの91年発表1stアルバムです。ここ数年はR.I.P. Recsの2004年版CDもすっかり入荷しなくなってしまい、Iron Pegasusの2011年版再発アナログでしか入手できませんでしたが、このたび、2012年に本作をこっそりカセットで再発していたマレーシアのレーベルからデジパックでCDが再発されました。若かりし頃の写真を多数掲載したブックレット付きで、限定500枚リリース。2012年版カセット・バージョンを例に考えてわかるとおり、日本では極一部のショップのみで、ほとんど流通しないレーベルだけど、東南アジアでの絶大なSABBAT人気を考えると、500枚という枚数もウカウカしていられません。過去のエディションを持ってる人も持ってない人も、必須の初デジパック・バージョンです。





1 Bewitch

2 Satan Bless You

3 Evil Nations

4 Devil Worship

5 Reek Of Cremation

6 Deathtemptation (Kanashibari Part 2)

7 King Of Hell

8 The Sixth Candle/Eviler

9 Carcass Voice

10 Dead March

11 Black Fire

12 Reminiscent Bells

13 Black Fire

14 Intro

15 Envenom Into The Witch's Hole

16 Total Necro

17 Metamorphosis

18 Evoke The Evil





日本スラッシュ・メタル黎明期特有の黒い雰囲気が強く出た名作であるのは言うまでもありませんが。Elizaveat氏のDxRxIxのTシャツ姿にも現れているように、ハードコアなスラッシュにも触発された当時の海外の初期デスラッシュ / ブラック・スラッシュ・レジェンド・バンドと同じベクトルでサタニックなスラッシュ・メタルを追及した、プレ・ブラックな作品としても重要視すべき名盤です。90年の Sabbaticla Demonから"Black Fire"と、93年5月のライブ5曲を追加収録した全18曲入り。ブックレットに多数掲載の若かりし頃の写真の数々も眩しすぎます!!





*上のボックスセット画像をクリックするとSABBAT / METALUCIFER関連商品一覧にリンクします。再入荷した商品もありますので、ぜひチェックしてみてください!









・SATAN'S HOST - Metal From Hell / Midnight Mind CD 税込2,052円 (Skol)



LPもCDもこれまでブートレグとグレーなライセンスで出まくっていた80's USカルト・メタルを代表する名作、コロラド出身 SATAN'S HOSTの86年発表1stアルバムが、レーベルの倒産で正規発売されなかったため、こちらもブートレグが出回った87年未発表作 Midnight Wind ミニアルバムもボーナス収録した15曲入りで待望のオフィシャルCD再発。直近リリースでは2000年代中期にチリのKeltic RecordsがCD再発していましたが、そこもブートのリリースがあったレーベルだったし、先にSATAN'S HOSTをグレーな再発でリリースしていたOld Metalからのライセンスという、到底純正のオフィシャル・リリースとは思えないリイシューでした。今回はS.A.SLAYERをオフィシャル再発したポーランドのSkol Recordsからのリリースで、もちろんバンドからライセンスを得て、このたび初めてオリジナル・マスター・テープからリマスタリングがされています。S.A.SLAYERのCD同様、写真満載のブックレットは素晴らしい作りで、この作品は写真が無いと魅力が半減するくらいメンバーがメガ激渋カッコいいので、過去の再発盤を一蹴する完璧なオフィシャル・リイシュー盤登場と言えるでしょう。



合衆国産正統派サタニック・パワーメタルとでも言いたくなる、とにかくゴリ押し一直線オンリーで演奏した最高のUSカルト・メタル・クラシックです。空回りしたスッカスカでボロッボロな演奏力なんだけど、強烈なガッツとパワーに満ち溢れていて、これが涙ぐましいまでのカッコよさ!!!これをカッコいいと言うな!と良識あるメタル・ファンの方には怒られるかも知れませんが、怒りのパワーと反比例したかのような隙間だらけのあのサウンドが、今回はオリジナル・マスター・テープからのリマスタリングによってだいぶバランスが改善されているので、もちろんゴツゴツしたロウな演奏に変わりないから、この再発CDは本当にカッコいいぞ!!!アメリカ人のバカバカしいくらいまでの馬力とガッツ満点の演奏の裏に、実は80年代USメタル特有の叙情をチョッピリ備えていた楽曲の輝きが増しているんです。アルバム・タイトル曲 Metal From Hellでのデコボコに突進する直角D-Beatドラムから、終始けたたましく笑ってて曲の半分以上笑い声(ってのは大袈裟ですが、そんな印象が残る)King Of Terrorへと続く展開は、泣きながらモノをぶっ壊してるような気分になるほど激烈に燃えてきます。Vo.はJAG PANZERで男泣きメタルを切々と歌い上げているHarry Conklin氏ですが、このSATAN'S HOSTではロウ・パワー全開で、これまたカッコいいです。



そしてSATAN'S HOSTと言えばなんと言っても激渋へヴィメタル・ファッションで、皮ジャン/皮パンでスタッズだらけの激烈なヘヴィメタル・ファッションにも、SATAN'S HOSTのゴリ押し精神がよく現れてると思います。写真満載のブックレットは、もーー、とにかく全ページかっこいい!!最高にオススメです!!


DISASTER - The 1990 Demo 7"



・DISASTER - The 1990 Demo 7" 税込1,728円 (Tardis)



DISCHARGEウォーシップ・パンク最高峰バンドの90年デモ2曲と91年ライブ3曲を収録した7"EPです。UKブリストルのTardis Records名義でのリリースですが、昨年末にDISORDERのデモLPをリリースしたUncompromising Bastard Records同様、SOLSTICE / ex. SORE THROATのRich氏も全面的にバックアップしたリリースです。イギリス・ポンドの高さによる送料などのハイ・コストのせいもあるけど、厚手でグロッシーな紙質のゲートフォルド・スリーブも素晴らしい出来映えなので値段は高くなってしまいましたが、レーベルでは発売後即完売していますので、UKHCファンやd-beatマニアは躊躇せずこの機会に必ず確保してください。ちなみに前述のDISORDERのデモLPも完売していますので、再入荷はしません。



A面の90年デモは、その昔、テープ・トレードで入手したDISCLOSEの川上氏が大興奮して、友人や交流のあったバンド関係者などにも回して広まった音源として、日本のマニアにも有名な音源です。音質の悪さも有名でしたが、このたびRich氏によるマスタリングで甦りました。B面のライブは以前にカセットで出回ったりもした音源で、DOOMのBriによってバーミンガムの1 in 12でリマスタリングされています。DISASTERのサウンドやバイオ的な説明は、もう必要ないでしょう。Rich氏とBri氏の、当時DISASTERを実体験した現役レジェンド・ミュージシャンがバックアップして実現した、d-beatデモ・クラシックの限定再発盤!!

el zine - Vol.15



・el zine - Vol.15 ZINE 税込400円



Doll MAGAZINEの編集者だった山路氏によるパンク・ファンジンの、2014年最新号となる#15です。今回はA5サイズ/ホチキス留めのモノクロで、DIY系パンク・ジンらしい外装に変わっています。お値段は少し安くなって、リトル・メジャーな業界向け雑誌とは違う、よりアンダーグラウンドに根ざしたパンク・ジン・スタイルになっていますので、あまり触れたことのないバンドの掲載が多いかな?なんて思うような方こそ、こういうファンジンから多くのバンドやシーンに触れてみてはいかがでしょうか。今回は特にBOYがタッチしたテキストなどはありませんが、もちろんオススメです!!





*こちらの商品は、ショッピング・カートのシステム上、税込値段が401円と表記されていますが、400円で販売しています。







●1981

(2014年6月に来日予定のフィンランドのメロディック・アナーコ・パンク・ロック・バンドへのインタヴュー)



●2000's FINNISH PUNK/HARDCORE DISC REVIEW

(2000年代に入ってからリリースされたフィンランドのパンク/ハードコア作品のディスク・レヴュー)



●THE T-55'S

(解散したスウェーデン/Umeaのハードコア・バンドAC4のギタリストが新たに始めた女性ヴォーカル・ハードコア・バンドへのインタヴュー)



●SAD BOYS

(2014年5月に来日予定のニューヨークの女性ヴォーカル・ロウ・ハードコア・バンドに関するテキスト&グラビア)



●THISCLOSE

(スコットランドのD-Beat/Calマニア・バンドへのインタヴュー)



●SCUMRAID

(韓国のロウ・クラスト・ハードコア・バンドへのインタヴュー)



●SOW THREAT

(沖縄のステンチ・クラスト・コア・バンドへのインタヴュー)



●INVSN

(ex AC4やex MASSHYSTERIのメンバー等によるバンドINVSNに関するテキスト)



●GIUDA

(イタリアのグラム・ロック・バンドへのインタヴュー)



●LASHING SPEED DEMONS

(ライターの大越よしはるさんによるel zine的グラム・ロック入門編テキスト)



●ES GIBT KEIN WERT

(発行人によるディスク紹介)



●CROSS PUNK WORD

(恐らく本邦初、パンクなクロスワード・パズル)

Tharsh from the Garves!!





・LIVING DEATH - Vengeance of Hell LP SPLATTER VINYL 税込2,808円 / CD 税込2,052円 (High Roller)



初期ジャーマン・スラッシュメタル・グレート・バンドの1つ、LIVING DEATHの84年1stアルバムが、High Rollerから新バージョンで再発。このアルバムは発表されたすぐ翌年にリミックス・バージョンがリリースされていましたが、今回の再発は85年リミックス・バージョンの再現盤となっていますので、これは各種再発盤買ってきたファンにもちょっと嬉しいリイシューです。CDはその84年オリジナル・バージョンもボーナス収録してますので、両バージョンを丸々聴けます。LPは限定500枚で、ltd.350枚スプラッター・ビニールでの入荷になります。



Back To The Weapons 12"で完全無欠の激走カミソリ・スラッシュメタルになる以前のこの1stも、LIVING DEATHファンはもちろん初期西独スラッシャーには必要不可欠な名作。MOTORHEAD影響下のユーロ・スピードメタルをノイジーに粗く演奏して、本人達は全く意図していないのでしょうが、パンクメタルな味すら漂うラフなガレージ・スラッシュメタルと化した初期ジャーマン・スラッシュを代表する作品です。Speed Kills 2にも収録され、日本人スラッシャーなら誰もが「オッパイしょっぱい!」と聞こえて育った、初期名曲 Hellpikeも収録。そしてLIVING DEATHと言えばなんと言ってもこの強烈なスクリーミング・フォー・ヴェンジャンス・ヴォーカルがしびれるくらいカッコイイ!!









・LIVING DEATH - Metal Revolution LP SPLATTER VINYL 税込2,808円 / CD 税込2,052円 (High Roller)



初期ジャーマン・スラッシュメタル・グレート・バンドの1つ、LIVING DEATHの85年2ndアルバムが、83年デモもボーナス収録した新バージョンでHigh Roller Recordsから再発。CDは83年デモに加え、85年発表の Watch Out 12"もボーナス収録した15曲入りになっています。LPは限定500枚で、そのうちのltd.350枚スプラッター・ビニールでの入荷です。



Back To The Weapons 12"で完全無欠の激走カミソリ・スラッシュメタルになる以前の1stとこの2ndも、LIVING DEATHファンはもちろん初期西独スラッシャーには必要不可欠な名作です。1stとは打って変わり、身体に流れる正統的ジャーマン・メタルの血が沸騰したかのようなソリッド・スピードメタルへと劇的に変化。楽曲はムサ苦しいジャーマンメタルを踏襲したパワーメタルを疾走感を失わずに表現したようなスタイルですが、Back To The Weaponsの誕生を予感させるソリッドでダイナミックなサウンドを手に入れてます。そしてLIVING DEATHと言えばなんと言ってもトトのこの強烈なスクリーミング・フォー・ヴェンジャンス・ヴォーカルがしびれるくらいカッコイイ!!ギター・リフの鋭さにも負けないカミソリ・ハイトーン・シャウトがいつ聴いてもカッコよすぎます。バックの演奏同様、Vo.も1stでの単調なヴォーカル・スタイルから格段に進歩しています。









・PARADOX - The Demo Collection 1986-1987 2CD 税込1,944円 (StormSpell)



再入荷!



80年代中期に登場して、日本でも当時から人気の高かったジャーマン・スピード/スラッシュ・メタル・バンドの初期デモ・コレクション・アルバムが、USのStormSpell Recordsから2枚組CDでリリース。既に日本国内の真性鋼鉄ショップ各店で話題騒然の作品ですが、このレーベルはしょっちゅう長期休暇に突入するレーベルでして、このCDも早速完売手前という情報が流れて焦りましたが、無事入荷できました。



87年に1stアルバムを発表する前から業界関係者の間では評判となっていたバンドで、当時はBurrn!誌のレビューで毎月買うモノを全て決めていた田舎モンの私でも、PARADOXの1st LPだけは、レビュー掲載前に通販注文していたのを覚えています。そして届いたProduct of Imagination LPは、なんだか良くわかんないジャケにダサいロゴ、そして極め付けがメンバー全員キョーレツにカッコ悪いルックスで、当時愕然としたのは私だけじゃなかったと思います。しかしサウンドはルックスやジャケ以上に不思議な魅力を放っていて、HELLOWEENやRUNNING WILDなどに代表されるジャーマン・メタルのクサいメロディーと、METALLICA的でもある王道のドラマチックなスラッシュ・メタルのパターンを掛け合わせたみたいなイモくさいシケシケ欧州型スピード・メタルで、これが実に日本人の感性にピッタリなクサレ・スラッシュ・メタルなのです。このデモCDは初めて聴く曲も多いですが、これがまた、なぜ当時オリジナル・アルバムに収録されなかったのかが不思議なくらいウルトラ・キラーなスピード・メタル・ナンバーの応酬で、最高傑作の呼び声も多い89年2ndアルバム Heresyの誕生を予感させるようなAt Night Ever Twiceなんて、PARADOXがHELLOWEEN並みのポテンシャルを秘めていたバンドだったのを証明してるような、アンビリーバボーなカッコよさ!!!これは素晴らしい!!!





CD 1: Demo #1 (1986)



01. Opening Theme

02. Pray to the Godz of Wrath

03. Kill That Beast

04. Paradox

05. Execution

06. Death, Screaming and Pain

07. No Place to Survive

08. Victims of Hell (bonus)

09. Beware the Darkness (bonus)

10. At Night Ever Twice (bonus)

11. The Fox (bonus)

12. Tears of Repentance (bonus)

13. Outro (bonus)



CD 2: Demo Mystery (1987)



01. Asturias / Beyond Space

02. Mystery

03. Execution / Invasion

04. Kill That Beast

05. Product of Imagination

06. Wotan (Der Wahnwitzige)

07. Death, Screaming and Pain (Recorded live on January 2nd, 1987)





そして楽しみだったジャケ・ブックレットの写真の数々も眩しすぎて、あのマリオ・ヒゲ&雷パーマ全開のギター&Vo. Charly Steinhauer氏の、全く若々しくない若かりし頃の垂れサン&たわし状パーマ姿が、震えるほどに素晴らしい!!!全ジャーマン・メタル・ファン/スピード・メタル・ファン必聴の超オススメ盤です!!









・CORONER - Death Cult CD 税込2,469円 (No Remorse)



再入荷!恐らく今回で最後の入荷になります!!



過去に様々な形でブートレグが出回った80'sスラッシュ・メタルの名作デモが、遂に念願の初オフィシャル再発。ギリシャのNo Remorse Recordsからのリリースで、円安の影響もあって高かったけど、これはずいぶん前からインフォメーションが出てて待ち望んでたリリースでしたから、張り切って入れました。限定1500枚のナンバリング入りステッカーが付いてますが、ステッカーが台紙のまま送られてきたので、貼らずに添えてお売りします。



CELTIC FROSTの弟分的存在で、1stアルバムは日本盤LPも発売されて我国でも知名度の高かったスイス・スラッシュ・メタル・バンドだけど、DISCHARGEマニアのUKクラストコア・パンクス HELLKRUSHERが初期からCORONERのパッチを付けていたように、この86年1stデモは、メタル・コア・ファンも驚愕する激渋さです。この音源はCELTIC FROSTのTom G. Warrior氏がVo.を担当してることでも有名で、まずはこのTom G.のVo.が完璧にカッコいいです。しかも曲調が、まるでOut from The Voidの頃のANTISECTをDESTRUCTIONが演奏してるような、ユーロ・テクニカル・スラッシュの冷たいダークネスが完全無欠にカッコよすぎる!!!!!これはいつ聴いてもホント激渋すぎです。しかもTom. GがVo.ですから、CELTIC FROSTミーツANTISECTのようでもあるのです。素晴らしすぎる!!!



オリジナルの86年デモ音源4曲, Noise Recordsの Doomsday News Vol.1 (88年)とDoomsday News Vol.2 (89年)の提供曲, 88年 Punishment For Decadenceデモからアルバム未収録曲も加えた全7曲。ジャケ・ブックレットの写真もカッコいいし、メンバーのセルフ・ライナー・ノートも必読。とにかくコレは絶対確保して聴きまくるべき最上級オススメ&最重要音源です!!!

Evil Deathrashing Mad!!



・NOCTURNAL - Storming Evil CD 税込2,052円 (High Roller)



ジャーマン・アンホリー・スラッシュ・メタル NOCTURNALの、オリジナル・アルバムとしては2009年のViolent Revenge以来となる3rdフル・アルバムCDです。ジャーマン・アンダーグラウンド・スラッシュ・メタル・ヒーローとして、シーンの兄貴分的存在でしたが、High Rollerからリリースの今回は、現行ユーロ・スラッシュ・メタルを代表する存在感を強く印象付ける、いわば出世作的雰囲気すら漂う力作です。既に現地では反響も大きく、アナログ盤の初回プレスは早々に完売しています。今回はCDのみでの入荷になります。



極悪ヘッドバンガーズ・ファッションのバックのメンバーにも見劣りしない激渋なロンジャン・メタルヘッズ姿がカッコイイ、美しすぎるヘッドバンガー、Tyrannizer姐さんのパワーアップっぷりが今回はとても印象的で、あのムサ苦しいメタル・ヘッズの中で美しさを強調していた前作のバランスの悪さがしっくりこなかった硬派スラッシャーも、この作品はイケるでしょう。ハイトーンVo.にイーヴィルな極悪さが加わった結果、シュミーアに良く似たVo.スタイルとなり、ギターのAvenger氏のDESTRUCTIONマニアックぶりが見事花開いたような仕上がりです。個人的には、Tyrannizer姐さんのNOCTURNAL加入は失敗だと実は思っていたので、このシュミーア・スタイルへの進化を見出して彼女をVo.に起用してたとしたら、アッパレ恐れ入ります。ジャーマン・スラッシュ・メタル・ファン必聴作!!







・HELLISH CROSSFIRE - Slaves of the Burning Pentagram CD 税込2,052円 (High Roller)



EXCORIATEや、ALCHMYST, VENENUMなどのデス・メタル・バンドでも活躍するメンバーらによるジャーマン・スラッシュ・メタルの、2006年にI Hate Recordsから発表した1stアルバムCDが、ジャケの配色をちょっと変えて(オリジナル・リリースのアナログ・バージョンは、ジャケ・アートも全く別物でした)High Rollerから再発。ドイツはCRUEL FORCEのような、NOCTURNAL系統のロウ・スラッシュ・メタルの基盤は強固だけど、近年の北欧スラッシュ・メタルの盛り上がりに呼応するかのようなクォリティーの高い作品で深化を見せつけてくれたKETZERのようなスタイルは、思えばこのHELLISH CROSSFIREの1stアルバムあたりが突破口を開いたような気がします。このバンドはここ数年、新しい情報が入ってきてなかったけど、現行北欧スラッシュやKETZERのようなタイプが好きな方は必聴のバンドですから、ぜひこの機会に聴いてみてください。



オリジナル・リリースがI Hateだったからでしょうか、POSSESSEDスタイルのミュートしないデスメタル・リフをふんだんに取り入れたサタニックなデスラッシュ・メタルが、ちょっとNIFELHEIMっぽさもあるカッコよさです。POSSESSED系サタニック・デスラッシュは、整合感が伴わないのがまた味わいだったりしますが、HELLISH CROSSFIREはダイナミックなサウンドながらタイトな演奏で、NEKROMANTHEONやスウェディッシュANTICHRISTが実践しているスタイルを先駆けていたようにも思います。High Rollerが再発するということは、久しぶりに何か動きがあるということでしょう。それを期待して、この作品でぜひ燃えてください!!







・DESASTER - Tyrants of the Netherworld LP 税込2,916円 (Iron Pegasus)



ドイツの極悪メタル集団、Hellbangersの中心的存在でもあるジャーマン・ブラッケンド・デスラッシュ・メタル DESASTERの2000年発表3rdフル・アルバムが新バージョンで再発。CDはロングランなヒット作で当店も過去にチョクチョク入荷してきましたが、アナログ盤はオリジナル・リリース以来の再発で、ボーナス・トラックとして、Gezol氏もVo.で参加したSABBATの名曲 Darkness and Evilのカバーを追加収録!!ゲートフォルド・ジャケで、裏ジャケも含めて、極悪な写真もカッコいいです。今回はltd.350枚ブルー・ビニールでの入荷です。



ブラック・メタル・サウンドから、徐々にオールドスクールなスラッシュ・メタル色を増した独自のブラック・スラッシュ・スタイルで不動の人気を誇る、現代のジャーマン・メタルを代表するバンドの1つです。極悪なルックスがなんと言っても渋いのですが、DESASTERの最大の特徴は、ブラック・メタル上がりらしい壮大なメロディー。ペイガン/バイキング・メタルにも通じる、雄大な情景が目に浮かぶようなメロディーの展開にグッときてしまいますが、この作品はその壮大なペイガン・メタル風パートも大幅に増強して、アンダーグラウンドらしい洗練されきっていない武骨な感触がマニアを虜にする、DESASTER信者にはもっとも人気の高い名作とされています。Hellbangers連中が兄貴と慕う、独逸独豪傑鋼鉄軍団帝王の初期代表作!!







・PENTACLE / MORTEM - Split 7" 税込1,296円 (Iron Pegasus)



Split w/ ETRENAL SOLSTICEで久しぶりに帰ってきたダッチ・デス・メタル PENTACLEと、そしてPENTACLE以上に超久々のリリースで復活したグレート・ぺルビアン・デス・メタル MORTEMという、まさしくダイハード(くたばらない)な素晴らしい対戦のSplit EPが、ドイツのIron Pegasusからリリース。昨今の大作志向コンテンポラリー・デス・メタルの仰々しい重苦しさとは異質の、こういうオールドスクールなデスラッシュはやっぱりIron Pegasusならでは、と実感させてくれるリリースです。レッド・マーブル・ビニールでの入荷になります。



CELTIC FROSTウォーシップなデスメタル・バンドで、John Tardy似の渋いガテラルVo.もカッコいいPENTACLEは、いきなりジャーマン・スラッシュ風な激熱リフでスタートして、「オッ!今回はかなりスラッシュだな!」と思わせた後に、本編がスタートするとCELTIC FROST型のプリミティブなリフ・ワークで鈍走します。ロウな演奏ながら展開は結構起伏に富んでいて、CELTIC FROSTウォーシップなデスラッシュ好きにオススメです。



MORTEMはこれぞ南米デス・メタル!な、バーバリック且つオールドスクールなサウンドが健在で、ファンは針を落とした瞬間にガッツポーズ必至の復活音源です。北欧型とは異なる不穏音階とロウな爆発力が南米デスらしさ全開ですが、MORBID ANGELタイプのテクニカル要素もあるように、確かな演奏力で南米ロウ・デス・メタルを表現しています。







・PENTACLE - Special Logo T-SHIRT 税込2,484円 (Iron Pegasus)



こういうTシャツの入荷を望んでる方も居てくれてるものと信じて、少し入荷させました。ダッチ・デス・メタルの、Split 7" w/ MORTEMリリースを記念してIron Pegasusが製作したオフィシャルTシャツです。



ボディはFruits of the LoomのClassic Heavyweightで、サイズはS/ M / Lの3種です。







・MORTEM - Liquefied Blood of the Saints T-SHIRT 税込2,484円 (Iron Pegasus)



MORTEMのTシャツも少し入荷しました。ボディはFruits of the LoomのClassic Heavyweightで、サイズはSとMの2種。Lサイズはオーダーした時点で売り切れてました。







・FORCE OF DARKNESS - Absolute Verb of Chaos and Darkness LP BLACK VINYL 税込2,592円 / RED VINYL 税込3,024円 / WHITE VINYL 税込3,240円 (Iron Pegasus)



チリを代表するブラック・デスラッシュ・メタルのIron Pegasusからリリースされた6曲入りミニ・アルバムLPです。オリジナル新録音源は2010年の Darkness Revelationアルバム以来ですので、ファンには待望の新作と言えますし、昨今の大作志向コンテンポラリー・デス・メタルの仰々しい重苦しさとは異質の、こういうオールドスクールなデスラッシュはやっぱりIron Pegasusならでは、と実感させてくれるリリースです。レギュラー・ブラック・ビニール, ltd.200枚レッド・ビニール, ltd.150枚ホワイト・ビニールの3種入荷しています。



南米のみならず、もうこのテのオールドスクール・ブラック・デスラッシュ・メタルでは、世界でもトップ・クラスのバンドと言っても過言ではないでしょう。BATHORY型のプリミティブなブラック・スラッシュと、SLAYER系統の整合感も備えたデスラッシュ・サウンドの融合は、GOSPEL OF THE HORNS, DESTROYER 666, NIFELHEIMなどのファンには間違いナシのカッコよさですし、SODOMを南米的且つ正統的に継承したSARCOFAGOスタイルの完成型でもあるかと思います。HellbangersのようなIron Pegasus周辺ダイハード・バンガーズにもビンビン来るイーヴィル・デスラッシュのムードも強くなったので、URNなどのファンも必聴。要するに完璧デス!!







・VAMPIRE - S/T LP BLACK VINYL + PATCH 税込3,024円 / CD 税込2,376円 (Century Media)



デモEPが驚異的な反響だったスウェディッシュ・スラッシュ・デス・メタルが1stアルバムを発表。デモEPを紹介した時から、「これはまたエライ人気が出そうなバンドで出てきました」なんて言いましたが、見事にその通りになりまして、いきなりCentury Mediaと契約してリリースしたLPです。限定カラー・ビニールはレーベルで即完売しまして、パッチ付きのブラック・ビニールになります。



デモEPにも入ってた曲も再録していて、EPを逃してしまってた人には待ちに待ったアルバム・リリースです。基本的にデモEPと同じ路線の、スウェディッシュANTICHRISTやノルウェーのNEKROMANTHEONなどに代表される近年のスカンジナビアン・イーヴィル・スラッシュ・メタルの典型で、REPUGNANTなどのファンにもオススメです。しかしこのバンド、ANTICHRISTやREPUGNANTとちょっと違う感じもありまして、確かに華やかなスター性も垣間見えるけど、もっとNIFELHEIM系統のダークネスが根柢に感じられるので、MORDANTがメジャーになったような感じや、その辺のスウェディッシュ・ダイハード・メタル・ヘッズがリスペクトするSABBATっぽいブラッキング・メタル・ダークネスもあるのが渋いです。CELTIC FROSTウォーシップな曲などもあって、理屈抜きで楽しめるイーヴィル・スラッシュ・メタル作品です。
03 | 2014/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR