RECORD BOY

Metal Deadness!!

*本日水曜は定休日ですが、昨日できなかったメタル系商品をカートアップしました。ちなみにSABBATのLPボックスセットはダイハード・バージョンが1週間ほど延期になりましたので、税関も連休に突入すると、到着はゴールデンウィーク明けになるかも知れません。





・IRKALLIAN ORACLE - Grave Ekstasis DIE HARD LP 税込3,888円 / REGULAR LP 税込2,592円 (Nuclear War Now!)



昨年2013年に限定200本のカセットとして発表されたスウェディッシュ・デス・メタルのデビュー・アルバムが、NWN!からLP化再発。そのカセットは相当話題を呼んだそうで、今回のLPバージョンもかなり売れまくっているらしいです。NWN!も力を入れていて、ダイハード・バージョンはグレイ・ビニールで、ポスター&ステッカーの他に、布製のアウター・スリーブとタペストリー・フラッグが付きます。



DIOCLETIANを聴いた時も思いましたが、へヴィ・メタルはR&Rよりもクラシックを起源とするという説に強い説得力を感じてしまうような、圧倒的な作品です。もちろん、オーケストレーションなどを導入しているデス・メタルではなくて、INCANTATIONが切り開いた世紀末的様相をエクストリーム・メタルで表現したアルバムで、まるで映画のサウンド・トラックのようでもあります。INCANTATIONやDIOCLETIAN、さらにKRYPTやMEVETHなどのフィンランド・デス・メタル勢にもオススメのアポカリプティック・デス・メタルで、そのへんのファンの方は、たぶん早めに押さえておいたほうがいいと思います。トラブルが発生したせいもありますが、実はこのLPはレギュラー・バージョンが既に現在2ndプレスで販売されていて、ダイハード・バージョンもだいぶ残り少なくなっているそうです。







・THANTIFAXATH - Sacred White Noise CD 税込1,620円 (Dark Descent)



昨日2014年4月15日に全世界で一斉に発売が開始された、正体不明カナディアン・ブラック・メタル・バンドの1stアルバムです。Dark Descentには昨日の発売に間に合うよう真っ先に送ってもらいましたが、ちょっと調べてみたら、既に世界中のプレスでこの驚異的な作品がセンセーショナルに取り上げられていて、異様な盛り上がりを見せています。



一世を風靡したDEATHSPELL OMEGAをも凌駕する圧倒的にドラマチックな作品ですが、DEATHSPELL OMEGAとはまるで違う作風です。サウンド・コラージュなどはないけど、もはやCRASSのような空気も漂わす自由な感性で、フレーズや展開など、断片的に音を拾っていくと、けっこうVOIVODのDimension Hatrossや、日本が世界に誇るアヴァンギャルド・メタル DOOMのメジャー以降絶頂期っぽくもある、真にプログレッシブなブラック・メタルです。INCANTATION起源の昨今のデス・メタルのような暗黒の冒涜性などは微塵も感じられず、ブラック・メタルなのにとても真っ白で透明な情景の浮かぶコールド・メタル作品で、そういう意味ではULVERのアヴァンギャルドさにも通じる作品です。WATAIN, TRIBULATION, MORBUS CHRON, VOIVOD, DOOM, CRASS, ULVER, etcのファンにオススメ、なんてことも軽々しく言えない、最後まで息をのみこむことすらできないような張りつめた緊張感がとにかく並みじゃないので、これはもう聴いてもらうしかありません。凄い!!!







・THANTIFAXATH - S/T MCD 税込1,080円 (Dark Descent)



1stアルバムが話題を振りまいているカナダ・トロント出身ブラック・メタルの1stデモをCD化したものです。カセット・バージョンも当時入荷してましたが、1stアルバムでのエクスペリメンタルなコールド・メタル・サウンドを体験した今改めて聴いてみると、また違った感じで捉えることもできます。



教会で懺悔でもしてるかのような錯覚に陥る哀しい女性コーラスから、断末魔のシャウトで激走するブラック・メタル・チューンへとなだれ込みます。ガラスのように透明で澄んだ冷たさはやはり既にありまして、SATANIC WARMASTER系の残忍冷徹メランコリックとはまるで違った感触です。ブラック・メタルのかきむしりリフだけではない、繊細なギタープレイも素晴らしく、特にラストのナンバーは圧巻&号泣です!!







・GRAVEHILL - Death Curse CD 税込1,620円 (Dark Descent)



USカリフォルニア・ベテラン・デス・メタル・バンドの最新3rdアルバムCDです。前作同様、今回もDark Descentからのリリースです。



A389が2011年にアナログ化再発してた1st EPで、GEHENNAのVo.であるMike Apocalypse氏がベースVo.を担当していたデス・メタル・バンドで、サウンドもハードコア・ファンにオススメしたいゴリゴリのデス・メタルが魅力です。まるでREPULSIONが整合感を身に付けたような爆走チューンで一気に全開スタートした後も、ストローク・リフでドカドカに突進するデスラッシュ・ナンバーがMASTERを彷彿させるアメリカン・デス・メタルらしいゴリゴリ・ダイナミズムで、最後までこのバンドらしいバイオレントな疾走感で突き進んでいて爽快デス!!スウェデス・テイストはないけど、BASTARD PRIESTのファンの方にもオススメです。Chris Moyen氏のアートワークによるジャケも素晴らしい!!







・DEATHCULT - Pleading for death... Choking on life 12" 税込2,268円 (Me Saco Un Ojo)



2012年にInvictus prod.からデモを発表してデビューしたスイス出身デス・メタル・バンドが、1st EPをMe Saco Un Ojoからリリース。既にアンダーグラウンドでの評判も上々で、今回は限定レッド・ビニールで入荷できましたが、レーベルではこのレッド・ビニールは早々に完売しています。MORBUS CHRON, MIASMAL, NECROWRETCH, etc、若手デス・メタルの美味しいところは大手にドンドン持っていかれて、MSUOも少々くさりたくもなる気分でしょうが、今回一緒に入荷したKEVERや、こないだのENGULFEDみたいに、無名の若手でもカッコいいデス・メタルはまだまだたくさんいるということを実感させてくれる素晴らしい内容です。



いきなりスウェディッシュ・デス・メタル・バンドがSLAYERのKill Again始めたような出だしがまずはカッコいいですが、重量感を維持した疾走パートはAUTOPSY的な独特のタイム感で、ドゥーム要素やサバス系ナーバス・ブレークダウン風味はないけど、AUTOPSYファンにも心地よい鈍走感もあります。A面 / B面各1曲のみで、正直言って物足りないのですが、B面ナンバーはプログレッシブな展開で構成されていて、雰囲気としては1stの頃のMORBUS CHRONや、スウェーデン Metal of Death系に近いかと思います。Vo.も渋くてカッコいい!!作り込まれた感はないので、大作主義傾向や、ましてや昨今のlowエクスペリメンタルなデス・メタルみたいな過度の音響装飾系デス・メタルのような威圧感でもありません。あくまで、アンダーグラウンドに根差したデス・メタル・バンドらしいムードが頼もしいです。1stデモは一部のファンに非常に高く評価されていたみたいですが、デモからチェックしてる人は今回も必聴のカッコよさです。







・KEVER - Eon of Cycling Death MLP 税込2,268円 (Me Saco Un Ojo)



Me Saco Un Ojoからリリースされた、イスラエル出身デス・メタル・バンドの4曲入り1st MLPで、もともとはデジタル・ダウンロードEPとして発表された音源をアナログ・フォーマット化したモノです。今回は限定クリア・ビニールでの入荷になります。



イスラエル出身と言われてももう別に驚かないし、個人的にはむしろマイナス・イメージが強いですが、これはMSUO / Dark Descentファンならば間違いナシの内容で、ちょっとビックリするくらいカッコいい!!昨今のlowを追及する傾向の重みとは異質の、これぞデス・メタルのlow & rawサウンドで、ASPHYXを彷彿させる重厚スラッジな感触でのソリッドなギター・リフと、布団叩き型の低重ズダズダ・ビートのドラミングがバツグンにカッコいいです。スウェディッシュ・デス・メタル・ファンも唸らせるであろうポイントもあって、ズバリ言いまして、ASPHYXミーツGRAVE!!この一言で十分じゃないでしょうか?オススメ・デス!!







・MORBUS CHRON - Sweven CD 税込2,376円 (Century Media)



ギタリストのEdvin Aftonfalk氏が、ENTOMBEDやHELLACOPTERSなどで活躍してきたNicke Andersson氏の弟ということでデモ発表の時点で注目を浴び、その後のリリースで話題性だけではない新人バンドであることを証明してきた若手実力派スウェディッシュ・デス・メタルの筆頭、MORBUS CHRONの2ndアルバムがCentury Mediaからリリース。前作10"もなんとかなったので、今回も大丈夫だろう、と余裕かましてたら見事にアナログ盤を入手し損ねてしまいました。すみません・・・。深化を極めたその内容は既にデス・メタル・ファンの間で物議を醸しだしていますが、セールスに反映されている通り、デス・メタルの未来に可能性を信じるファンの間で大絶賛されている、壮絶なデス・メタル・アルバムです。



前作 A Saunter Through the Shroudの時点で既に賛否両論あって、Me Saco Un Ojoオーナー氏などは「あれは俺はもういいや」なんて言ってたけど、個人的には1stアルバム Sleepers in the Riftの延長線上で到達した素晴らしい傑作だと思ってました。本作のジャケ・アートも前作 A Saunter Through the Shroudに似たタッチなので、期待に胸をふくらましていましたが、これが予想以上の深化でして、もはやプログレッシブ・メタルと言うべき凄い内容です。AUTOPSY型のグルーミーな神経衰弱デス・メタル基盤の鬱要素を増幅して、それをグルーム感ではなくアトモスフィカルなソフト・タッチで表現しているので、感触としてはCORSAIRみたいな新世代プログレッシブ・ハードロックに近い感じです。TRIBULATIONの The Formulas of Deathアルバムと同じベクトルでの深化なんでしょうが、アトモスフィカルで優しさすら感じさせるほどの叙情がとにかくビックリで、同時に入荷してきたDark Descent RecordsのTHANTIFAXATHにも通じるエクストリーム・メタルによるプログレッシブなスタイルの究極です。確かにこれはもうMe Saco Un Ojoでは絶対に似合わないサウンドだけど、Dark Descentリリースのコンテンポラリーなデス・メタル・ファンには大推薦盤デス!!

Rock Hard!Ride Free!!



・HEAVY TIGER - Saigon Kiss LP RED VINYL 税込2,592円 / BLACK VINYL (税込2,376円 / DIGIPACK CD 税込2,052円 (High Roller)



スウェーデン・ストックホルムから登場した女性3人組R&Rバンドの1stアルバムが、High Rollerからリリース。アナログ盤は早々に初回プレス完売間近みたいで、既に2ndプレスが進行している、今後もかなり人気の出そうな注目バンドです。今回は初回プレスのうちのレッド・ビニールとブラック・ビニールの2種で入荷しました。



当店でもずいぶん前に情報通の方からお問い合わせいただいてたバンドで、日本のマニアにも早くから注目されていたようです。RUNAWAYSとGIRLSCHOOLが好きでDONNASみたいになっちやった、BGMにちょうどいいくらいのガールズ・ハードロックなんだろな、と思ったら、これがチョーーTHIN LIZZYでビックリ!!DEAD LORDみたいなアリバイ系のヤツじゃなくて、もっと土着的且つキャッチーな、脱獄系のTHIN LIZZYスタイルです。もちろんRUNAWAYSやJOAN JETTなどのファンにもオススメですが、ガールズR&R好き以外にも聴いてもらいたいです。







・THOR - Thunderstryke Part II CD 税込2,052円 (Rock Saviour)



BOYではほとんど売れないのに、またしてもTHOR入れてしまいました。もちろん、レーベルのご機嫌伺い的な意味でオーダーしたというのもゼロではないのですが、それを抜きにしても、私達の世代にはなんか心惹かれるものがあるバンドなのです。へヴィメタル・ミュージシャンや業界関係者に多くの信者を持つカナディアン・マッチョ・ハード・ロックのコンピレーション・アルバムです。



今回も「昔の曲と新曲を収録」ぐらいの情報しか出てこなくて、いつの録音だかもわかりません。商品としてプロモーションするのに最低限の情報は必須な現代に於いて、たぶんあえて詳細を公表してないんじゃないかと思うのですが、聴けばそんな情報は必要ないと実感していただけるハズです。これが仮に2010年以降の、いや、1990年代の録音だとしても、驚異的なくらい70'sヴィンテージなテイスト大爆発のサウンドで、あまりにも売れないから誇大広告だろ!という批判を真っ向から受ける覚悟で張り切って言わせてもらいますが、もはやPAGAN ALATR並みに思えるほど、70年代から進化を拒絶したような姿が美しすぎる!!スペース・ロック風味のキーボードの音色も素晴らしく、このキーボードが暴走した奇怪でクールなナンバーなどは、STRANGLERSすら彷彿させる曲もあります。ただ、このバンドはアメコミの実写版みたいな感覚が重要な要素だから、ハードロック特有の緊張感が希薄なのがミソであって、そこがたぶん日本では受け入れられにくいんではないでしょうか。しかし素晴らしい!!







・THOR - Energy 7" BLACK VINYL 税込972円 / RED VINYL 税込1,188円 / BLUE VINYL 税込1,188円 (Rock Saviour)



こちらはThunderstryke Part IIの先行発売3曲入りシングルで、タイトル曲以外の2曲はこのEPでしか聴けないエクスクルッシブ・トラックのようです。限定550枚プレスで、そのうちのltd.300枚ブラック・ビニール, ltd.100枚レッド・ビニール, ltd.100枚ブルー・ビニールの3種入荷しています。







・BLITZKRIEG - Back from Hell 2LP 税込3,132円 (High Roller)



NWOBHMを代表するバンドの一つ BLITZKRIEGの最新アルバム・アナログ盤がHigh Rollerからリリース。昨年末に、あのNeat RecordsオーナーでありTYGERS OF PAN TANGのVo.だったJess Cox氏の現行レーベル Metal Nation RecordsがebayオンリーでCDの受注を開始して話題を呼び、SATANの復活作とともにNWOBHMファンを喜ばせた作品です。今回のアナログ・バージョンはそのCDよりも6曲もボーナスを加えた2枚組のボリューム満点の内容で、限定500枚プレス。そのうちのltd.150枚ブラック・ビニールと、ltd.350枚レッド・ビニールの2種入荷しています。



言うまでもなくNWOBHMの代名詞的バンドの一つだけど、90年代から2000年代もコンスタントに作品を発表していて、しかもその内容がどれも円熟味をさらに増しながらも、あの80年代のBLITZKRIEGらしさを全く失っていなくて、各作品でことごとくファンをうならせている、バリバリの現役ブリティッシュ・へヴィ・メタルです。重厚なリフの連打攻撃は、METALLICAがカバーするまでもなく、後のパワー・メタル・バンドにも影響を与えたわけですが、そこに乗る、熱さと郷愁を完璧に兼ね備えたBrian Ross氏のVo.が見事にあのまんまウェットで号泣です!!例えバックの演奏が激しくても、その声質とコブシだけで完全に空気を変えてしまう、所謂ブリティッシュ・へヴィ・メタル特有の "湿り気" という感覚を伝道する、まさしくへヴィ・メタル界の至宝と言えるVo.の一人でしょう。しっとりした叙情的なナンバーも絶品です。



METALLICAのSeek & Destroyのカバーが話題となっていますが、JUDAS PRIESTにささげた "Call for the Priest"がまた面白く&カッコよくて、MAGNESIUMで例えると "Magnesium"、TERROR SQUADで言うと "Disco Bloody Disco"みたいなヤツのプリースト版で、JUDAS PRIESTへの愛情をさらけ出した最高の曲です。デビュー曲であり代表的名曲 "Buried Alive"の再録もやってます!!







・WYTCH HAZEL - The Truth CD 税込1,296円 (Sarlacc prod.)



ようやく出ました・・・。デモ・テープが当店でも大きな反響を呼び、その後BORROWED TIMEとのSplit 7"を発表して、より多くのへヴィメタル・ファンに注目を浴びたブリティッシュ・へヴィメタル・バンド WYTCH HAZELが、2012年に限定100枚自主制作CDRで発表した幻の4曲入り1st CDEPの再発盤です。既にHigh Rollerからの既発音源集LPが大ヒットしてるので、幻と言ってもあまり説得力ないかも知れないけど、こっちの初プレスCD化再発EPの方がずいぶん前からアナウンスされていて、当店も半年以上前に送金していたので、またしてもオーダー募ってプレス代金を集めるという、このアンダーグラウンド業界の古典的なレーベル運営にすっかり乗せられちゃってたみたいです。BORROWED TIMEのデモを再発CD化していたアイルランドのSarlacc Prodcutionからのリリースなので、流通激悪です。CDでのリリースを待ち望んでいた方は、この機会にぜひどうぞ。



そしてこれがまぁ、とても2000年代に生きる若者がやってるとは信じがたいサウンドで、機材とか全然知らない素人なのでカッコいい説明はできませんが、曲調はもちろん、音の感触が完全に70年代後期の温もりに包まれていて、英国の湿り気とか、ヨーロッパの古城沿いの夕暮れ時たそがれとか、そういう理屈抜きの切なさをハードロックに求めてる人は絶対に聴かねばなりません。個人的にはPAGAN ALTARを初めて聴いた時とWISHBORN ASHの郷愁を真っ先に思い起こしましたが, 70年代JUDAS PRIESTや、NWOBHMファンも完全に必聴です。若者らしいひたむきさがにじみ出ているので、GHOSTに代表される確信犯的ビンテージ・ロック臭は感じられません。現行へヴィメタルで、もっともアナログ・フォーマットが似合うバンドは、このWYTCH HAZELだと断言致します!!だから、今までCD出てなかったのかも知れません。

RIPCORD - Fast'n' Furious The Complete Demos



・RIPCORD - Fast'n' Furious The Complete Demos 2LP+CD 税込3,240円 / CD 税込1,944円 (Boss Tuneage / Break The Connection)



クラスト・ファンからクロスオーバー系好きにまで幅広い層に人気の高い 80's UKHCパンク RIPCORDのデモ・コレクション・アルバムです。デモ音源の再発は過去にもありましたが、2ndデモとDamage is Done FLEXIレコーディング時のお蔵入りミックスは初の正規再発となります。アナログ盤には同内容のCDも付属で、今回はカラー・ビニールでの入荷になります。





1 - 9 : Demo 1. In Search Of A Future 29/6/85

10 - 16 : Demo 2. 9/85

17 -25 : Demo 3. Westcoast Thrash 23/2/86

26 - 34 : Flexi 7" Rejected First Mix 25/5/86

35 - 42 : Demo 4. Fast N Furious 30/11 & 7/12/86





1st FLEXIと1stアルバムのメタルコア・スラッシュは、UKHCならではの荒々しさと、スラッシュ・メタルからの影響を強く出したギター・リフが素晴らしいバランスで融合した名作なので、中盤あたりからは、CONCRETE SOXもイケるスラッシュ・メタル・ファンにもオススメのクロスオーバー・サウンドですが、再生してしょっぱなの1stデモの内容が凄まじく、ライナー・ノートにもある通り、RIPCORD音源の中で最もプロフェッショナルなスタジオを使用して録音してしまった初録音なので、高音質とバラバラな演奏のミスマッチがモノスゴイことになってます!!明らかに超初心者なギタリストと、粗いプレイの中に既にセンスが光るドラミングのアンバランス具合は、崩壊ロウ・スラッシュ好きにもぜひ聴いていただきたいです。

UKHC / Punk Used LPs



アナログ盤のカラー・ビニールが発売早々完売間近なのと、デモ音源の初CDリリースということもあって、RIPCORD "Fast'n' Furious The Complete Demos"はパンク・ショップ各店で話題を振りまいていますが、当店もカート・アップ前に既にお問い合わせやご注文もいただいて、好評発売中です。



もう一つ発売を待っているハードコア・パンク商品が到着してからRIPCORDをカート・アップしようと思ってましたが、どうやらまだ届く気配がないので、UKHC / パンク系の中古盤をこの機会に少しまとめてカート・アップしてみました。それと、カート・アップする時間がなかなかないのですが、USパンク系の新着中古LPも少し店頭に出しました。現在の当店レギュラー・アイテムとはちょっと違うけど定番クラシックなものが多いので、かなりお安く出してますが、見る人が見ればどれもかなり安めのお値段だと思います。来日中の某レーベル・オーナー氏も「安いな!」と言ってました。結局何が言いたいかと言うと、とにかく金持ってBOY来てくれ、ということです。金が必要なんです!上の画像をクリックすると、中古商品一覧のカートにリンクします。ご注文が入って売り切れるとショッピングカートから消えるようになっています。

Sabbaticalucifers!!!666!!!



* SABBATニュー・リリース各種到着!!ジャケ画像をクリックすると、SABBAT / METALUCIFER関連商品一覧にリンクします。再入荷した商品もありますので、ぜひまとめてチェックしてください!!





・SABBAT - Envenom DIGIPACK CD 税込1,620円 (Evil Dead prod.)



遂にこの歴史的最重要作品もCD再発です!!日本を代表するブラック・スラッシュ・へヴィメタル SABBATの91年発表1stアルバムです。ここ数年はR.I.P. Recsの2004年版CDもすっかり入荷しなくなってしまい、Iron Pegasusの2011年版再発アナログでしか入手できませんでしたが、このたび、2012年に本作をこっそりカセットで再発していたマレーシアのレーベルからデジパックでCDが再発されました。若かりし頃の写真を多数掲載したブックレット付きで、限定500枚リリース。2012年版カセット・バージョンを例に考えてわかるとおり、日本では極一部のショップのみで、ほとんど流通しないレーベルだけど、東南アジアでの絶大なSABBAT人気を考えると、500枚という枚数もウカウカしていられません。過去のエディションを持ってる人も持ってない人も、必須の初デジパック・バージョンです。





1 Bewitch

2 Satan Bless You

3 Evil Nations

4 Devil Worship

5 Reek Of Cremation

6 Deathtemptation (Kanashibari Part 2)

7 King Of Hell

8 The Sixth Candle/Eviler

9 Carcass Voice

10 Dead March

11 Black Fire

12 Reminiscent Bells

13 Black Fire

14 Intro

15 Envenom Into The Witch's Hole

16 Total Necro

17 Metamorphosis

18 Evoke The Evil





日本スラッシュ・メタル黎明期特有の黒い雰囲気が強く出た名作であるのは言うまでもありませんが。Elizaveat氏のDxRxIxのTシャツ姿にも現れているように、ハードコアなスラッシュにも触発された当時の海外の初期デスラッシュ / ブラック・スラッシュ・レジェンド・バンドと同じベクトルでサタニックなスラッシュ・メタルを追及した、プレ・ブラックな作品としても重要視すべき名盤です。90年の Sabbaticla Demonから"Black Fire"と、93年5月のライブ5曲を追加収録した全18曲入り。ブックレットに多数掲載の若かりし頃の写真の数々も眩しすぎます!!









・SABBAT - ...For Satan and Sacrifice LP LTD.150 COLORED VINYL 税込3,024円 / BLACK VINYL w/ STICKER 税込1,512円 / CD 税込1,543円 (Iron Pegasus)



アナログ盤到着お待たせしました!先にIron Pegasusからアナログ再発された Black Up Your Soul... LPとEvoke LP同様、ゲートフォルド・スリーブでこのコレクション・アルバムも遂に初LP化です。今回も日本語帯風ルッキングになるエクストラ・シートが付きで、イエロー・ビニールとレッド・ビニールのカラー盤2種は各150枚限定。ブラック・ビニールは今回も初回入荷分のみ激安プライス、そしてステッカ―付きで販売致します!!ステッカーはSatan Bless You!!とSatanic Crcleのどちらかをお選びください。ステッカー付きは当店独自のセットで、カラー・ビニールにはステッカーは付きません。Black Up Your Soul... LPとEvoke LPのブラック・ビニールには、カラー盤に付属するエクストラ・シートは付いてなかったけど、この...For Satan and Sacrifice LPはブラック・ビニールにも日本語帯風ルッキングになるエクストラ・シートが付きます!!





先に再発されてるBlack Up Your Soul...と同様のコンセプトで、Temis氏, Zorugelion氏, Gezol氏のラインナップで初期の名曲を再録した、95年にEvil Recordsからリリースされた結成10周年記念アルバムが、ジャケ色を変えてドイツのIron Boneheadから再発。オリジナル盤にはボーナス的な感覚で、後半に1st~3rdアルバムから抜粋した4曲が収録されていましたが、今回は純粋に93~94年録音テイクのみの9曲入りとなっています。





1. Witch's Mill / Curdle the Blood

2. Satanic Rites / Crest of Satan

3. The Egg of Dapple

4. Acid Angel

5. Immortality of the Soul

6. Gideon

7. Kiss of Death (Satan cover)

8. Mion's Hill (10th Gezol version)

9. Sodoomed / Disembody to the Abyss





この音源もEvokeアルバムやBlack Up Your Soul...同様、デスメタル的なロウ・ダークネスを強く放っていた頃のSABBATが堪能できます。Gezol氏のVo.もlowなスタイルでほぼ統一していて、最初期の名曲の数々が、デスラッシュなraw & lowな表情に生まれ変わって爆裂しています。また、ジャケ・ブックレットに掲載のGezol氏のライナー・ノートにもあるように、ちょっとSABBATのカラーと違ってるため、オリジナル・アルバムに収録するにはいたらなかった、VENOM調のSABBAT流R&RナンバーのAcid Angelや、当時のSABBATとしては正統派メタル・アプローチのナンバーでしたが、後のThe Dwellingアルバムで表現する叙情性を先駆けていたようなGideonなど、興味深い楽曲も目白押しです。さらに面白いのがSATANの代表的名曲 Kiss of Deathカバーで、これが今聴くとまるでMIDNIGHT!!Athenar氏がこのカバーをヒントにMIDNIGHTを始めたわけではないのは明白ですが、ドランクなシャウトとサタニック・ダークに表現されたNWOBHMを代表する名曲の融合は、まさしくMIDNIGHTが現代に実践している要素の一つと合致します。SABBATファンは絶対もちろん、そしてこれからもっとSABBATの各種音源に触れて、その時代ならではのSABBATを楽しみたい人には、とても便利で奥の深い作品だと思います!!







・SABBAT - Sabbat Nekromantic Sabbat DIE HARD 2CD 税込3,564円 / REGULAR 2CD 税込2,484円 (Austral Holocaust)



2013年のアメリカ大陸縦断ツアーに合わせて、なんとあのペルーの悪名高きAustral HolocaustからリリースされたSABBATのCDです!!ヒジョーーーに悩みぬきまくりましたが、その2013年SABBATツアーも大々的にサポートしたという話と、このところの改心ぶりを信じて、レーベル直ルートで今回も無事入荷できました。再入荷できるか確証できませんので、Sabbaticalucifersの方々はぜひ今回入手してください。お得意のロングボックス・タイプのバージョンも入荷できました!!!ご覧のような付属品となっています。





DISC 1:



1-5 Live Tightrope – 16th, July, 2005./Japan

6-11 Live Club Chaos – 25th, Nov, 2005/Japan



DISC 2:



1-4 Live Huck Finn- 3rd, Mar, 2005/Japan

*Bonus Multimedia video:

Live Tiny 7 – Nagoya / Japan - Oct.31.2010

Black Metal Scythe

Witchflight

Witch Hammers

Northern Satanism

Ravens Tell





2枚組ライブ・アルバムで、ディスク2はボーナス映像も収録という、普通の中南米人が絶対に考え付かない抜け目ないセンスが光るCDなので、スルーするにはもったいないと思います。もちろんGezol氏指示のもとで作られたわけですけ、ジャケや帯も見事な仕上がりで、Austral Holocaustアッパレです!!







・SABBAT / MORDANT - Swedish Demonslaught SPLIT 7" LTD.200 GREY VINYL 税込1,296円 / LTD.200 RED VINYL 税込1,296円 / LTD.100 BLACK VINYL w/ PATCH 税込1,944円 (To The Death)



当店でデス・メタルをチェックしてくださってる方にはおなじみのスウェディッシュ・レーベル To The DeathからリリースのSABBAT新作Splitですが、予想以上にてこずりまして、ようやく販売開始です!!スウェーデンのMORDANTとのSplit EPで、ltd.200枚グレー・ビニール / ltd.200枚レッド・ビニール / ltd.100枚ブラック・ビニールの合計500枚プレス。各バージョンに、Gezol氏デザインの日本語帯が付いて、一番プレス枚数の少ないブラック・ビニールにはパッチも付きます。ブラック・ビニールはプレ・オーダーの時点で完売。グレーとレッドも発売後早々にレーベルでは完売したそうですので、SABBATファンはこの機会に必ず確保してください!!



SABBATは2012年7月のライブ音源で、WitchflightとRoot of Ultimate Evilの2曲を提供。NIFELHEIMミーツSABBATのような愛すべきブラック・ヘヴィメタル・サウンドで日本の一部のダイハード・バンガーズにも人気のMORDANTは、このリリースに掛ける気合いがヒシヒシと伝わってくる新録2曲を提供。Satanuraiなる、恐らくサタン+サムライな曲名からジャケ・アートまで、SABBATウォーシップな姿勢を強調した気迫満点の内容です!!







・SABBAT - Envenom into the Witch's Hole T-SHIRT 税込2,484円 (Iron Pegasus)



少なからずお問い合わせいただいてました、Iron Pegasus製のSABBATオフィシャルTシャツの新作です。画像ではわかりにくいですがフロントはシルバー・プリントで、以前入荷したEvil Dead prod.製とはバック・プリントが違います。



ボディはFruit of the Loomのclassic valuweightで、サイズはS / M / Lの3種あります。







・SABBAT - Evoke T-SHIRT 税込2,484円 (Iron Pegasus)



こちらはIron Pegasus製SABBATのEvoke Tシャツのニュー・バージョンです。オリジナル・ジャケの配色を再現したゴールド・プリントで、以前入荷したEvoke the Evilとバック・プリントも違います。



ボディはFruit of the Loomのclassic valuweightで、サイズはS / M / Lの3種あります。

Death Cult from the Graves!!

*本日水曜は定休日ですが、到着品が山盛りですので、昨日できなかったメタル系商品をカートアップしました。先日の正統派系に続いて、デス/スラッシュ系のオブスキュア/カルト系作品の再発盤各種です。年度末の駆け込みご注文などといううらやましい忙しなさなど一切なく、これだけ極上のタマが揃いながら、桜満開の極寒氷河期に突入していますので、もういい加減ガマンはやめて買ってください。





・INFAMOUS SINPHONY - Manipulation CD 税込1,620円 (Xtreem Music)



New Renaiisanceと並ぶカルト・メタル・レーベル Wild Ragsから89年に発表されたカリフォルニア・サンディエゴ出身スラッシュ・メタル・バンドの1stアルバムが念願のCD化再発。BLOODCUM, NATAS, OUTCASTSとの4 Way Split DBL.LP "Wild Rags Limited Edition"提供曲もボーナス収録した19曲入りです。



個人的には、初期Wild Ragsリリースの中でもあまり見かけない印象だったし、ジャケも素晴らしいので、待ち望んでいた再発盤です。クロスオーバー・テイストの強いスラッシュで、激速な曲もあるので、WEHRMACHTやCRYPTIC SLAUGHTERのファンなどは絶対に気に入るタイプですが、ハードコアな楽曲とVo.のキャラが強くて隠れがちなバックの演奏はなかなかしっかりしています。しかし聴くたびにWEHRMACHTそっくりに感じてしまいます。当時のフライヤーやカラー写真の数々も見てて楽しくて、BEOWULF, L7, INFAMOUS SINPHONYなんていう最高のラインナップのフライヤーもあります。80'sスピードコア・メタル・ファン、カルト・スラッシュ・ファン必須のグレート・リイシューです!!







・OLD FUNERAL - Our Condolences (1988 - 1992) PICTURE 2LP 税込4,104円 (Soulseller)



2ndプレス・ホワイト・ビニールも完売して、今度はピクチャー盤でアナログ盤が限定500枚再々プレスです!!これは絶対欲しくなるッスよ・・・。こうなると、しばらく泳がしていたホワイト・ビニールだけ欠けてるのが非常に気持ち悪くなる性分なので、やっぱり白盤も買おう!というような、私と似たような性格の方もいらしゃることでしょう。しかしこのピクチャー盤LP、1stプレス黒盤 / 2ndプレス白盤同様にゲートフォルド・スリーブでインナースリーブも付いて、さらにまだあどけなさが残る凄いメタル・ファッションの最初期フォトもあしらったピクチャー・ディスクですから、絶対に買って後悔はしません。



世界中のデス/ブラック・メタル・マニアが待ち望んだ、初期デスメタルの幻封印音源が、20年以上の歳月を経て遂に解禁!!!666!!!IMMORTALメンバーらが80年代後期に始めたノルウェーのベルゲン出身デスメタル・バンドで、BURZUMのVarg Vikerness氏もギターで一時参加したことでも知られています。90年2ndデモ / 91年EP / 92年音源を収録したコレクション・アルバム "The Older Ones" CDが、99年にHammerheart Recordsからリリースされてましたが、長らく廃盤で、その後はブートCDも出回っていました。今回、コンテンツを増量してオフィシャル再発された、このオランダ Soulseller Records盤の一番のセールス・ポイントは、何と言っても、50本のみ製作された89年オリジナル・リリースのカセット・テープ以降、一切世に出ることのなかった1stデモ音源7曲を収録していることです!!!





- 89年1stデモ

- 91年未発表ライブ

- 90年 "Abduction Of Limbs" 2ndデモ

- 91年 "Devoured Carcass" 7" EP

- 91年録音 "Forced To Be Lost"

- 92年9月録音アドバンス・テープ

- 91年ライブ





遂に姿を現した89年1stデモは、ジャーマンPOISONあたりと同じ匂いがする、ロウ・ノイジーなスピード・デスラッシュで、いかにもこの時代のユーロ・ローカルなデスメタルではありますが、演奏や楽曲は、既にけっこうしっかりしてます。今回の再発盤はあえてリミックスはしてないそうですが、この1stデモはそれでも十分に良好と言える音質で、待ち望んだデスメタル・マニアを十分に満足させてくれる内容です。90年2ndデモもまだスラッシュメタルのルーツが見え隠れするサウンドで、めまぐるしい展開を突進力失わず猛烈なスピードで繰り出すファスト・デスメタルは、初期DEICIDEがちょっとデスラッシュっぽい直線的なスピードになったようにも聴こえてきます。Vikerness氏が参加した91年EPは、リリースしたバンド/作品がことごとくカルトな素晴らしい作品ばかりで後に高い評価を得たフランスの伝説デスメタル・レーベル Thrash Recordsから発表。この頃になると、CARCASS影響下のスカンジ・デスメタル、といった感じのサウンドへと深化。Vikernss氏は当時、「OLD FUNERALのスラッシュなサウンドに興味があったのに、どんどんデスメタルな方向に進んだので面白くなくて辞めた」とLord of Chaosの中で語ってましたが、Vikernss氏在籍時のこの頃のゴリゴリのraw & lowデスメタル・サウンドも、やっぱり激渋にカッコイいいです。そしてHammerheart Recordsが発掘再発した当時、スカンジナビアン・メタル・ファンを唸らせた92年マテリアルは、ブラックメタル的スタイルへと進んだ、BATHORY影響下デスメタルといった感じのサウンドでこれがまたカッコいい!!



他にも、初公開の91年ライブでは、AGATHOCLESのカバーをやってるし、NAPALM DEATHやDOOMはまだしも、M.O.D.やTOY DOLLSまで登場する、"好きなバンド・サンクス・リスト"や、恥ずかしいくらい衝動大暴走のパッチ・デニム武装メタル・ファッションなど、釘付けになる興味深いポイントが至るところにちりばめられた、凄い再発盤です。だって、CountがAGATHOCLESカバーしてたんですよ!!!他力本願レジェンド化byマイセルフが得意のAGATHOCLESが、またしても伝説に一歩近づいた衝撃的事実です。ノルウェー・ブラックメタル、スカンジナビアン・デスメタル他、そして全てのカルト・アンダーグラウンド・エクストリーム・スラッシュ・ファン必聴の再発盤!!CDも発売中です!!







・MORTAL MUTILATION - Demon's Lust 1991-1994 DIGIPACK CD 税込1,728円 (From the Grave prod.)



Xtreme Musicの前身で初期スパニッシュ・デス・メタルを代表するレーベルのDrowned productionsから1stデモを発表していたスペイン・バルセロナのデス・メタル・バンドのディスコグラフィーCDが、チリのレーベルからリリース。小っちゃいポスターやステッカーなど、インナーのブックレット以外の付属も充実していて嬉しいCDです。





1-3 Demon's Lust EP (1993)

4-6 Katie King EP (1993)

7-9 Death Metal Party compation (1994)

10-15 Dawn of the Dead demo (1992)

16-17 Rehearsal





かなりスウェディッシュ・デス・メタルのスタイルに肉迫したサウンドで、初期オブスキュア・デス・メタルを掘ってる人には申し分ないCDだと思います。倦怠感漂う鈍走重厚パートから陰鬱パートへビート・ダウンする王道の展開が見事に決まっていて、エピックなスカンジ・ドゥーム・デス・メタル・ファンも楽しめるパートも多く、CARNAGEやGOD MACABREタイプのグルーミーな初期デス・メタル・ファンはぜひチェックしてみてください。未発表の音源が、Seraphic Decayからリリースされる予定だったという逸話も面白いです。







・FERETRUM - From Far Beyond CD 税込1,620円 (Memento Mori)



Me Saco Un Ojoからのアナログ盤が大好評だった、スペイン産オブスキュア・デスメタルの発掘音源アルバムが、CDも入荷しました。Drowned productionからアルバムをリリースしていたNECROPHILIACや、バルセロナに存在した知る人ぞ知るAGGRESSOR (このバンドも近々再発盤がリリースされます)と共に、80年代後期スペイン・へヴィメタル・シーンでイチ早くデスメタルを実践したとされる伝説的バンドが、92年に限定100本のカセットのみでリリースした唯一のアルバムを再発したものです。



DEAD ZONEという名前で活動していたスラッシュメタル・バンドが、89年のメンバー・チェンジに伴ってFERETRUMと改名。インナー・シートに掲載のライナー・ノートを読むと、POSSESSED, KREATOR, DESTRUCTION, SLAYER, etcに影響されたスラッシュメタルが過激化して必然とデスメタルに進化したそうで、当時の典型的なパターンではありますが、だからこそ素晴らしいクォリティーに仕上がった、デスラッシャーも首振必至&必死の、暴走ネック・ブレイカ―・スピード・デスメタルで、これは文句なしでしょう!!!NIHILIST / ENTOMBEDやUNLEASHEDなどのスウェディッシュ・デスが、PESTILENCE的にスラッシュの名残もあるゴリゴリさになったような感じ、なんて言ったら興奮しすぎでしょうか。カルト・デスメタル・ファンから、オブスキュア・デスラッシュ・ファンにまで激烈おすすめデス!!







・THOU ART LORD - Eosforos / Apollyon CD 税込1,620円 (Dying Music prod.)



Nuclear Winter Recordsからのデモ再発LPに始まり、NWN!からの新作発表でも話題を呼んだギリシャ・ブラック/デス・メタル・バンドの初期名作が遂にオフィシャル再発。母国ギリシャのレーベル Floga Recordsによる再発盤が日本にも入ってきてメタル・ショップ各店で話題を呼びましたが、今回入荷したのはブラジル Dying Musicからのライセンス盤CDで、94年1stアルバム Eosforosと96年2ndアルバム Appolyonのカップリング再発です。もちろんオフィシャル・リリースで、この2 in 1体裁でのCDはおそらくこのブラジル盤のみではないかと思います。ジャケもうまいこと1stと2ndをミックスした独自のレイアウトにしていて、ライセンス盤の魅力となる要点をしっかり踏まえた、マニアにはとても嬉しいCDですし、初期作品に触れてみたかった人にもとても便利なリリースです。



ROTTING CHRIST, NECROMANTIA, MORTIFY のメンバーによるギリシャを代表するブラック/デス・メタル・バンドの一つで、1stアルバム Eosforosは、ギリシャ・ブラックメタル特有のぼやけたモノ哀しさと、ブラック・メタルの持つ原始性が奇跡の融合を生み出した名作として、長い間再発が望まれていた名作です。全て同じリズムの単調さが、キーボードによるエピックでアトモスフィカルな空気となぜか見事にハマっていて、チェコのROOTの初期のようなインチキくさいドラマ性にも通じる独特の世界観が最高です。絡みつく叙情的リード・ギターも素晴らしい。2ndアルバムは Appolyonはブラック・メタルとして洗練されてきて、ガリガリ刻みスラッシュなドカドカ・デスラッシュ・ナンバーもあったりするので、初期のあのジメジメさを求めるダイハード野郎には物足りない作品かも知れませんが、そのガリガリ・スラッシュな曲とかがまたかなり極悪カッコいいので、北欧ブラック・スラッシュ・ファンにもオススメできる作品だと思います。







・ROOT - Kargeras CD 税込1,620円 (Paragon)



MASTER'S HAMMERと並んでチェコを代表するカルト・ブラック・へヴィメタル・バンドの96年4thアルバムがUSのレーベルからCD再発。この作品は、2ndアルバム Hell Symphonyとセットにした、ちょっとデコボコなカップリングの2枚組CDで99年に再発されてたようですが、ようやくこのたび再々発されました。他作品はさまざまなレーベルが競って再発していたけど、これは隠れた名作と呼ぶべき、モノ凄い内容です。



2ndアルバム以降の劇的な深化を理解して楽しんできた方でも、この作品の凄まじい完成度には驚くことでしょう。オリジナル・リリースのサウンド・クォリティーについては知りませんが、この再発盤で聴く限り、音の隅々まで情景としてまぶたに浮かんでくるような、クリーンでドラマチックなサウンドがS級へヴィ・メタル作品並みで、しかも楽曲はゴシック・メタルからゴス要素を薄めた、なんて言うとおかしいけど、チェコ・メタルの最大の魅力の一つであるフォーク基盤のプログレッシブな展開で聴かせるTYPE O NEGATIVE, またはMASTER'S HAMMERミーツPINK FLOYDのような、とにかく完璧なヨーロピアン・エピック・メタルで素晴らしすぎる!!Petr "Blackie" Hosek氏の繊細なギターも、DAVID BOWIEすら彷彿させるBig Boss氏のVo.も本当に凄い。失笑ポイントなんて一切ありません。ドラマチックなへヴィメタルが好きな人には必殺級の壮絶作品です。







・ABHORER - Cenotaphical Tri-Memoriumyths DIGIPACK CD ¥1800 (Thrashingfist prod.)



東京デスメタル・レジェンド NECROPHILEとのSplitリリースや、1st EPの人気の高さから、日本でもカルト・デスメタル好きの間では知名度の高い伝説のシンガポール・サタニック・デスメタル ABHORERのコレクションCDが、母国シンガポールのレーベルからリリース。Xtreem MusicからのCDはとっくに廃盤ですし、Hells Headbangersからの再発盤はCDは出なかったので、待望のCDバージョンとなります。収録内容は以下の通りで、Split w/ NECROPHILEは89年デモ音源のLP化だったので、恐らくコンプリート・ディスコグラフィーな決定盤CDです。





1-9 "Zygotical Sabbatory Anabapt" Album (1996年)

10-14 "Rumpus of the Undead" Demo (1989年)

15-16 "Upheaval of Blasphemy" EP (1993年)





キョーレツな全身五寸釘だらけファッションで登場してマニアの注目を浴びたわけですが、改めてしっかり聴けば、Rumpus of the Undeadデモの時点で既に極上のデスメタル・フレーバーを醸し出していました。Upheaval of Blasphemy EPは、完全にSARCOFAGOの東南アジア版といった感じの、全身クギ!くぎ!釘!だらけのファッションで、世界中のカルト・ブラック・デスラッシュ・マニアに永遠の人気を誇る名盤。そして Zygotical Sabbatory Anabaptアルバムは、よりデスメタル色を強く全面に打ち出して、重厚な整合感のある冒涜サタニック・デスメタルに仕上げた大傑作。冒涜的な激烈さは同じ国のIMPIETYを例えに挙げて説明できなくもないけど、ベスチャル系の混沌さはなく、王道のデスメタル・リフとジョリジョリした質感の黒い重厚さが、まるでサタニックな初期スウェディッシュ・デスメタル・バンドのような、荘厳と言ってもおかしくない絶品のロウ・ダーク ・デスメタルで本当にカッコいいです。辺境の地やロック発展途上国バンドの色眼鏡で接すると痛い目にあうカッコよさです。限定300枚!!

SABBAT - The Devil's Sperm is Cold... T-SHIRT & The Seven Deadly Sins T-SHIRT pre-order





・SABBAT - The Devil's Sperm is Cold... T-SHIRT ご予約受付商品 (Nuclear War Now!)

・SABBAT - The Seven Deadly Sins T-SHIRT ご予約受付商品 (Nuclear War Now!)



Nuclear War Now!製SABBATオフィシャルTシャツ The Devil's Sperm is Cold... (89年発表EPジャケ・デザイン)と、The Seven Deadly Sins (90年発表EPジャケ・デザイン)のご予約を受け付けます。



サイズはS / M / L / XL の4種で、いつものNWN!製Tシャツと同じく、Gildanボディです。値段は2000円台中半くらいになるかと思います。ご希望の方は通常のカート購入と同じように、サイズとご清算方法もあらかじめ指定してカートに入れていただきたいのですが、他商品とのまとめてのご精算は現時点ではお受けできませんので、この商品のみでカートを進めてください。宜しくお願いします!!


Hardcore Punk Holocaust!!



・COMMUNICATES - Reason To Pain, Take It All Back ep 7" 税込864円 (Crew for Life)



Split w/ SQUARE THE CIRCLE CDが両バンドとも好内容で当店でも好評だった東京のハードコア・パンク・バンドの1st 7"がCrew for Lifeからリリース。



今回もかなりLate 80's京浜ハードコアを思わせる痛快な内容です。USHCに影響されたジャパニーズ・スラッシュ・パンク、と言うより、そのタイプのバンドがひしめき合った80年代後期の西東京 / 横浜 / 横須賀などのハードコア全般に影響されたようなサウンドで、メタリックなギターもナイスです。オススメです!







・BLANK - Suspiria 12" ¥0 (This Charming Man)



メンバーのご厚意で、希望する人にあげてくださいと預かりました。ご希望の方は、他商品購入の際の備考欄にご希望の旨を追記してください。



ドイツの5人組ダークネス・ハードコア・バンドの昨年末にリリースされた12"シングル。TRAGEDYの流れを汲んだエモーショナルなファスト・パートと、ミドル、スローパートではHIS HERO IS GONEのグルーミーな要素をエモーショナルでアトモスフィカルに表現しています。

Deathrash Armageddon!!



・NACHT - Memories CD 税込1,500円 (Deathrash Armageddon)



Deathrash Armageddonからリリースされた、ドイツのブラック・メタル・バンドの、全3曲でトータル50分に及ぶアルバムです。



Deathrash ArmageddonよりもWeird Truthファンにオススメしたくなる、デプレッシブ・ブラック・メタル・サウンドです。自虐的な鬱ブラックではなく、アトモスフェリックなパートもあるドゥーム・ブラックは、KATATONIAやBURZUMのFilosofemアルバムなどが好きな方にかなりオススメです!







・EXHUMATION - Hymn to Your God CD 税込1,600円 (Dunkelheit prod.)



Deathrash Armageddonのリリースではありませんが、Deathrash Armageddonによる日本流通ですので、合わせてご紹介致します。インドネシア出身デス・メタル・バンドの、2012年にバンドの自主リリースで発表した1stアルバムCDを、ドイツのレーベルが再発したものです。オリジナル6曲とBLASPHEMYのカバーを収録した全7曲入り。



派手な装飾のない淡々としたデス・メタルで、ちょっとエピックなムードすら漂いますが、曲調は完全にオールドスクールなデス・メタルです。アーティスティックな激烈さを追及する昨今のコンテンポラリーなデス・メタルばかり聴いてると、裸で勝負しているようなこういうデス・メタルにホッとします。



こちらはカートでは税込1,601円と表示されてしまいますが、1,600円になります。

Cult Metal from the Graves!!

スピード・メタル, 正統派エピック,ドゥーム, NWOBHM, そしてメタル・パンク系まで、極上オブスキュア・カルトなメタル・リイシュー作品一挙到着です!!





・TACTICS - The Re-Mastered Plan 2CD+DVD BOXSET 税込4,536円 (Minotauro)



ABATTOIRの1stアルバムとBLOODLUSTの2nd MLPでVo.を務めたSteve Gaines氏がやっていた、知る人ぞ知るLAスピード・パワー・メタル・バンドのディスコグラフィーCD+DVD限定ボックス・セットが、MOX NIXのペーパー・スリーブ再発CDをリリースしたMinotauro Recordsから発売。DVDは1ステージのフル・ライブではなくて、クレジットはないけど曲によって時期の異なるライブを全16曲収録しています。





DISC 1 :

The Master Plan (1991年)



DISC 2 :

Prey Upon The Weak part 1 (1993年)

Prey Upon The Weak part 2 (1993年)

The A & M Sessions (1995年)

Morping Evolving (1996年)



DISC 3 :

Tactics in Your Home, in Your Head DVD





好みの作品は人によって違うでしょうけど、ABATTOIRのVicious Attackと、BLOODLUSTのTerminal Velocityと言えば、それぞれのバンドの最高傑作ですから、そこでVo.を務めたSteve Gaines氏がやってたバンドと聞いただけで、期待せずにいられないスラッシュ/パワー・メタル・ファンの方も多いのではないでしょうか。Metal Massacre VIIIに入ってたみたいですが、全然覚えていませんでした。しかしこれが予想通りのカッコよさで、80'sスピード・メタル・ファンKO必至の素晴らしい内容です。91年に自主リリースで唯一発表したアルバム(カセットのみのリリースかも知れません)は、BLOODLUSTがABATTOIRの1stみたいなMOTORHEAD影響下アメリカン・スピード・メタルになったような硬派なサウンドで、思わずコブシを握りしめてしまう80年代USパワー・メタル特有の男臭い哀愁も見事に漂っていて、これは文句なしカッコいいです!!ABATTOIR, BLOODLUSTのファンはもちろん、SAVAGE GRACE, MOX NIX, WARNING S.F.のような男泣きガッツ・スピード・メタル・ファンは必聴の、まさに隠れた名作と言えるでしょう。ディスク2で聴ける音源は時代の波に呑まれてスピード・ダウンしてますが、へヴィ・メタル・バンドの骨格を維持してる点が泣けてくるので、WARGASMの2nd的にも捉えて支持したいです。DVDでは、Steve Gaines氏の、レコード通りのあの熱唱ハイトーンVo.に感激。作品用に手直ししてない音源だとしたら、完璧なベース兼任Vo.だと思います。



3枚の各ディスクは専用のスリーブに収納されていて、フルカラー写真満載のミニ・ポスター状ライナー・ノート付き。残した音源だけで考えると90年代のバンドと思いがちですが、Steve Gaines氏はBLOODLUSTのTerminal Velocity MLP制作に参加する以前に既にこのTACTICSもスタートさせていたそうで、80年代の若かりし頃のMOTORHEADレミーとの記念写真も全員カッコいいです。Minotauro Recordsリイシューお得意の、昔のプロモ用プレスキットにあったフォト・シートみたいなカードも5枚付いて、さらにこの写真では写ってませんが、ボックス開いた内側まで写真がプリントされた、素晴らしい出来栄えです。値段が高くて躊躇しましたが、セット内容の写真見せてもらって迷いは吹っ飛んでオーダーしました。そして、頑張って入れて良かったと大満足のボックス・セットです!!











・the FURY - Sex PAPER SLEEVE CD 税込2,484円 (Minotauro)



80年代後期~90年代に活動したNY産へヴィメタルのディスコグラフィーCDが、MOX NIXのCDを再発していたイタリアのMinotauro Recordsから帯付きペーパー・フォルド・スリーブCDでリリース。このレーベルが再発するイタリア国外のバンドは本当にオブスキュアで情報の少ないバンドが多いのですが、このバンドもMANOWARのツアーをサポートしたことがあるという情報だけを頼りにオーダーしました。そしたらジャケの雰囲気は思ってたのとなんか違うし、中のメンバー写真には短パンの黒人ベーシスト他、完全にグランジに浸食された90年代のアカ抜けないハード・ロック・バンドみたいな感じで、「コレは失敗したな・・・」と思ったら、予想を覆すハイクォリティーなスピード・メタル・サウンドにビックリです!!





"Sex" (1992年)



The Institution

The Outcast

Fate

High Plains Drifter

Little Miss Metal

Dance of the Sun

Jakque-Hammer

Mannequin Boys

Sex

Remembrances, Pt 3

Sunrise (The Awakening)





"Reflections of the Wasted Youth" (1989年)



The Institution

Dance of the Sun

Sex

Degeneration

Animals (from the Reflections demo sessions)





Live 1990



Fate

The Institution

Dance of the Sun





唯一のフルアルバムの"Sex"は、まるで初期RIOTなカッコよさで素晴らしいです。疾走感はスピード・メタルを通過したへヴィメタルの感覚ですが、初期RIOTっぽいハード・ロック・テイストや、MOTORHEADの影響もかなり匂わせていて、Orgasmatron的なアプローチもあるのが面白いです。Vo.もガイ・スぺランザに似ていて渋いです。"Reflections of the Wasted Youth"デモはRIOT的ハード・ロック・テイストよりも、MOTORHEAD影響下スピード・メタルの硬質感を強めていて、これまたカッコいい。とりあえず、このダサすぎるメンバーのルックスと素晴らしいメロディックなスピード・メタル・サウンドのギャップを動画で体験してみてください。恐るべしNYオブスキュア・メタル!!











・CRAVING ANGEL - Dark Horse PAPER SLEEVE CD 税込2,484円 (Minotauro)



80年代に活動したUSミネソタ出身へヴィメタルの13曲入りCDが、MOX NIXのCDを再発していたMinotauro Recordsから帯付きペーパー・フォルド・スリーブCDで登場。情報の少ないバンドだし、このCDはリリースされたばかりでイチ早く入荷してきたので、内容の詳細がよくわからないんですが、レーベルは未発表音源だと言ってます。しかし、このCDの前半部分は恐らく87年デモ音源ではないかと思われる曲が続いていて、その87年のデモは80's USメタル・マニアの間でカルト的に高く評価されてるようです。いずれにしろ、バンドは80年代の幻的知る人ぞ知る存在ですので、80'sオブスキュア・メタル・マニアには嬉しい初CD化に違いはありません。ジャケ・センスは酷いけど、WジャケットのLPを5"サイズに縮小したような厚手のペーパー・フォルド・ジャケ、昔のプロモ用プレス・キットみたいなフォト・カード、CD収納用スリーブまで手の込んだ素晴らしい仕上がりです。



レーベルはMOTEY CRUEタイプだと言ってましたが、正統派系の叙情を備えたLAメタルっぽい部分は、MALICEなどに近いと思います。恐らくデモ音源と思われるCD前半が、Vo.のパワーと楽曲の激しさ&叙情性のバランスが完璧にきまっていて、パワー・メタルと言い切って差し支えない内容の素晴らしさです。特に、ロニー・ジェイムス・ディオがゴリゴリになったみたいなVo.はホントかっこいい!!OMEN, DOKKEN, ROUGH CUTTの1stなどに漂っていたLAメタルの哀愁が好きな人は絶対に聴いてもらいたい極上発掘デモ音源です。CD中盤からの、ゴリゴリ度を抑えて80'sアメリカン・ヘアー・メタル的オーバー・プロデュースなダイナミズムを強調したサウンドもなかなかいいです。で、その正統派鋼鉄な側面とLAメタルのバカっぷりを1曲の中で見事に凝縮したビデオ・クリップがコレ!!このビデオは素晴らしい・・・。曲構成と演出が見事に合致しています。このPVも収録したエンハンスドCDです!!







・DEVIL CHILDE - S/T PAPER SLEEVE CD 税込2,484円 (Minotauro)



VIRGIN STEELEの結成時中心メンバーだったギタリストのJack Starr氏が、PENTAGRAMやDEATH ROWなどで活躍していたJoe Hasselvander氏らとともに短期間やっていたプロジェクト・バンドの唯一の音源である85年アルバムが、Paul Chain氏関連作品などの再発でおなじみのMinotauro Recordsから、帯付きペーパー・フォルド・スリーブCDで、オリジナル盤以来、約30年近く経って遂に初オフィシャル再発されました(ブート再発は過去にあったみたいです)。



オリジナルはPENTAGRAMのRelentlessなどをリリースしていたPentagram Recordsからリリース。ケツを持っていた当時のインディー・レーベル配給会社大手 Dutch EastがJack Starr氏に、超低予算&超短期間で何か作品作ってくれと依頼して制作されたという説がありますけど、このCDに掲載のJack Starr氏のセルフ・ライナー・ノートを読むと、VIRGIN STEELEを抜けて、当時もっとサタニックでアグレッシブなサウンドに飢えていたJack氏が何かレコーディングしたくてDutch Eastのボスに相談した、みたいなことが書いてます。で、面白いのはここからで、この作品はPENTAGRAMファン悶絶の超PENTAGRAMウォーシップなドゥーム・メタル・オブスキュア・クラシックとしてカルトな人気を誇りますが、Jack氏のライナーではドゥームはおろか、BLACK SABBATHも例として一切使ってなくて、Ace of Spadesみたいなスラッシュがやりたかったし、Dutch Eastのボスも「スラッシュやれや」と言ってきた、と書いてあります。ホントか??この、まるで初期PENTAGRAMまんまな呪術的ドゥーム・メタル・サウンドで、しかもJoe Hasselvander氏まで借り出してて、なぜPENTAGRAMやドゥーム・メタルについて一切触れず、サタニックなスラッシュがどーのこーの言ってるんだ!?しかし、このJack氏のライナー、まるで日本の中学生の英語の教科書に出てくるような文面でなんかおかしいので、このバンドの存在同様、ちょっとジョークを交えてるような気がします。



しかしサウンドは本当に面白いです。しかもちゃんと聴いてみると、なるほど、雰囲気は超不気味だけど、1曲目はメイデンのKillersパクリみたいだし、ANGEL WITCHのSweet Danger的な疾走感のナンバーも2つあるし、確かにドロドロ・オカルト・ドゥーム・メタルのサウンドでNWOBHM調のナンバーやってる風な感じが強いです。2曲目なんか、かなりNWOBHMなキラー・ナンバーでスゲー激渋!!でもこの曲も、どっかで聴いたことあるような感じはあるけど・・・。ただ、お遊びプロジェクトだったからでしょうか、無意味に曲を長くしたり、ドラム・ソロで時間稼いだり、PENTAGRAMのボツ曲みたいな適当な曲も後半飛び出したり、Jackさん達のテンションが最後まで維持できなかったのはヒシヒシと伝わってきます。しかし、このジャケで、この超ド不気味サウンドはやっぱり凄い!!オリジナルが欲しいです。







・STEEL CROWN - Sunset Warriors / Night Walk CD 税込1,836円 (Metal Master)



イタリアン・へヴィメタルを語る上で外せないダンス・ミュージック・レーベル、Discomagicから86年にリリースされた1stアルバム Sunset Warriorsと、同じくDiscomagicから89年にリリースされた2ndミニアルバム Night Walkをカップリングした、グレート80'sイタリアン・メタル・クラシックの2 in 1再発オフィシャルCDです。



このモノ凄いジャケで「グレート」とか言って、またBOYはふざけてやがるな、と思われるかも知れませんが、80'sメタル・マニアには有名な素晴らしい名作なのです。最近BOYが頑張って勉強してる初期イタリアン・メタルの哀愁に同調して一緒に号泣してくれてる方は、これは絶対にはずせません。DARK QUARTERERがDEEP PURPLE, SCORPIONS, PAGAN ALTARあたりの哀愁を踏襲しているとするならば、このSTEEL CROWNは同じイタリアで言えば初期SABOTAGEに通じる、見事なまでにNWOBHMに触発された80年代ヨーロピアン・メタルの究極形で、あのスウェーデンのJONAH QUIZZに匹敵する必殺名盤と言いきれます。そしてこの恐ろしいジャケ・センス!!!裏ジャケも完璧なんです。隅から隅まで素晴らしいすぎる!!!







・PAUL CHAIN - Mirror PAPER SLEEVE CD 税込2,484円 (Minotauro)



イタリアン・オカルト・ホラー・メタル総本山 DEATH SSの初代ギタリスト Paul Chain氏がDEATH SS脱退後に始動したソロ・プロジェクト・バンド PAUL CHAIN VIOLET THEATREは、87年2ndアルバム Opera 4thを最後に~VIOLET THEATRE名義から簡潔にPAUL CHAINへと改名。母国イタリアでは知らない人はいないほどのビッグ・ネームとなっていくDEATH SSを離れ、オカルト・ドゥーム・メタルの裏街道を歩き、2003年の活動停止まで孤高のカリスマとしてアンダーグラウンドに君臨したPAUL CHAINの、1997年にリリースされたコンピレーション・アルバムが超待望の再発。恐らく、オリジナル・リリース以来初の再発ではないかと思います。





Track 1 : "Punto Zero Numero 13/14" compilation LP提供曲 (1993年)

Track 2 : "Punto Zero Numero 5/6" compilation LP提供曲 (1991年

Tracks 3 & 4 : "Les Temps du Grand Frère" 7" (1991年)

Tracks 5 & 6 : "Mirror" 7" (1989年)

Track 7 : Split 7" w/ EVERSOR (1993年)

Track 8 : Split 7" w/ DER TOD (1993年)

Track 9 : Split 7" w/ CIRCUS (1991年)

Track 10 : "Supporto italiano evoluzione sonora" TAPE提供曲 (1992年)

Track 11 : "Eighties Colours" compilation LP提供曲 (1985年)

Track 12 : "Yellow Acid / Needful" 7" (1996年)

Track 13 : リリース当時の未発表曲





80年代初期から活動するMinotauro Recordsは、~VIOLET THEATRE時代からPAUL CHAIN作品をリリースし続けていますが、不思議なことに2010年代の今でも流通は激悪で、PAUL CHAIN関連作品も現在の日本ではなかなか入手しずらい状況ですので、ぜひこの機会に、この念願の再発レア音源集を入手してください。、後にメロディック・パンクへと転身して日本のレーベルからもリリースのあったスラッシュ・メタル・バンドのEVEROSR(1stアルバムのプロデュースはPaul Chain氏でした)など、興味深い作品からの音源も多いです。









・the BOOHOOS - Rocks for Real PAPER SLEEVE CD 税込2,484円 (Minotauro)



85年~89年の短期間に活動したイタリアの5人編成グラム・ハードロック・バンドの89年作品が、Paul Chain氏関連作品他、イタリアン・オールド・ロック・クラシックのリリースでおなじみの、Minotauro Recordsから帯付きペーパー・フォルド・スリーブCDで再発。そのスジでカルト的存在なのかシカト同然のバンドなのかもわからないけど、特筆すべきはベースを担当してるのが、多くのPAUL CHAIN作品に参加してきたバカボンことBaka Bomb氏!!一時、Paul Chain氏も第6のメンバーとしてオルガンで参加してたということで、試しにちょっと入れてみました。確かに1人おかしなのがまぎれてるフォト・セッションも見つけましたので、参考までに添えておきます。



"HANOI ROCKSに対するイタリアからの回答"なんて当時は言われたらしく、グラム・パンキッシュなR&Rは確かにHANOI ROCKSからの影響を強く感じさせます。、"Bangkok"なんて曲はChinese RockやHANOI ROCKSみたいな感覚で名付けた曲でしょう。そこに、当時世界中を席巻したGUNS N' ROSES症候群なナスティー&ブルージーな曲調や、どー聴いても "Whole Lotta Love"な曲などもあって、このテのグラム・ハード・パンクR&Rとしては、なかなか洗練された作品だと思うけど、Paul Chain氏が参加してたのも納得のうさんくささと浅はかさも魅力です。"Bangkok"は、気合い入れて、良い曲できたぜ!ってテンションが伝わってくる、いい曲です。"Catwoman"って曲も、HANOI ROCKS系哀愁グラム・パンクみたいで渋いです。でも、あとは正直、DAVID BOWIEの"Suffragette City"カバーが完全にズバ抜けてます。こういうバンドがこういう曲やると、やっぱりDEAD BOYSルーツのHANOI ROCKSみたいなナスティー&ワイルドなハード・パンクR&Rになってカッコいいです。カッコいいのは原曲なんでしょうけど。



ちょっと前に、パワー・ポップ・ファンも取り込んだナスティー/グラム・ハードロック・バンドの再発が盛り上がってたけど、BOYがやるにはこれくらいがちょうどいいと納得できる、スイートな甘さ控えめのオブスキュア・ナスティー・ハードR&Rサウンドです。あとビューティフルなので気付きにくいですが、オッパイ・ジャケもナイスです。Baka Bomb氏もカッコいいけど、かなりカッコいいVo.とのオッパイ・フォト・セッションもインナーには満載です。







・ORAL - Sex CD 税込1,944円 (Bootleg)



遂にコレがブートで出てしまいました。メタル・パンク・クラシックでまだ再発されてないのは、アレとコレとソレがまだ残ってるな、と常々悶々と考えていたうちの1つ、UKブライトン出身ガールズ・メタル・バンド ORALの85年発表唯一の作品だった6曲入りミニ・アルバムのブートレグ再発CDです。



VENOMのCronosのプロデュースで、TANKのMark Brabbsも数曲参加した元祖UKメタル・パンク THE BLOODの85年発表大傑作MLP Se Parare NexをリリースしていたConquest Recordsからリリースされたこの作品は、当時Burrn!誌で伊藤正則氏がコケにしまくっていたことで、海外よりも日本での方がちょっとだけ知名度のあるカルト・オブスキュア・バンドです。バンド名とタイトルとジャケとサウンド、つまりORALの全てに大興奮した伊藤正則氏は、レビュー上の字面は一見叩きまくっていたように見えたけど、この作品に愛をこめてコキおろしてたように感じたのは私だけでしょうか?とにかく、内容は文句なしのメタル・パンク・サウンドで、1曲目はMOTORHEAD影響下女性Vo.スピード・メタルのACIDタイプのように聴こえますが、2曲目以降を聴けばVICE SQUADやTHE EXPELLED(プロイテッドじゃないよ)をも超越した、もはやBOW WOW WOWのナスティー・メタル・パンク版のような底抜けセクシーな純正ブリット・パンクで素晴らしい!!!SEX PISTOLS / Steve JonesのBlack Leatherのカバーもガンズより先にやってます。昨今の繊細気取った女性Vo.モノ聴いてパンクで癒されようとなんて考えているフヌケ野郎は、この、さいとうたかをの劇画から飛び出してきた女スパイみたいなガニ股オネエに吸いつくされて干からびてしまえばいいんです!!!必聴&dieeeggghhh!!!







・RADIUM - Through The Smoke / Live in Nottingham ORANGE VINYL LP + 7" 税込4,104円 (Buried by Time and Dust)



RACE AGAINST TIME, HELL, PARALEXの盟友バンドとしのぎを削り、"East Midlands Band Co-Operative"と名付けたその4バンドによる同盟はNWOBHMマニアに伝説として語り継がれているという、ノッティンガム出身ヘヴィメタル・バンドのレア音源収録アルバムがBBTADからリリース。活動時に残した唯一の作品だった81年発表 Through the Smoke 7"をジャケも再現して復刻し、81年ライブ収録のLPとセットにしていまして、インタビューやカラー写真を多数掲載した8ページ・ブックレットと、7"発売当時の販促ポスター復刻版も付きます。ブラック・ビニールとオレンジ・ビニール各250枚プレスの限定500枚リリースですが、ブラック・ビニールがカート・アップ前に店頭ですぐに売り切れてしまいました。なかなかインパクトのあるカッコいいジャケットですので、見た瞬間にビビッ!と来た人も多いようです。



なんと言っても、このプレ・クラストなズタボロのヒッピー・メタル・ファッションに目を奪われますが、サウンドはハードロックの伝統を継承しつつ激しく演奏したNWOBHMの典型とも言えるタイプで、RUSHなどに影響されたプログレッシブな静寂パートや70年代JUDAS PRIEST的ドラマチックな展開と、NWOBHM特有のタテノリの激しいビートのマッチがカッコいいです。7"もライブっぽい録音なので、もしかして今回のライブLP音源も同じ時の録音だったりするのでしょうか?とにかく、NWOBHMファンならば聴いて損はない内容です。BBTADのNWOBHM再発盤をチェックしてきた人は、これも必ずやいっといてください。
03 | 2014/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR