RECORD BOY

ショッピング・カートご注文メールのブロックについて



このところ、yahooメール・アドレスをご利用のお客様へ、ショッピング・カートでのご注文の際の受注メールが届かないケースが多く見られます。当店のhotmailアカウントとは問題なくメール送受信ができていますので、受注メールが届かない方は、大変お手数ですがメールやお電話などでご連絡ください。宜しくお願いします。

Japanese Hardcore Punx!!



・RAW DISTRACTIONS - Raw Fight E.P. 7" ¥800 (Hardcore Survives)



本作が1stレコードですが、既に東京ロウ・パンク・シーン代表格のような存在感を放っているRAW DISTRACTIONSが、Hardcore Survivesから3曲入り7"EPをリリース。ボケた写真やドーナツ盤など、至るところにこだわりを感じさせるレコードだけど、内容はそれ以上に80年代ハードコア・パンクへの愛情と探求がにじみ出た、素晴らしい作品です。



80年代のドイツや北欧などのハードコア・パンクを思わせる、若者の焦燥感と哀愁が完璧なバランスでマッチしています。デモも話題を呼んで、結成当初から注目されていましたが、この1st 7"を聴けば、前作デモのクォリティーがもどかしく感じられるでしょう。オススメです!!







・DISGUSTING VOID - 1989-1999 Trajectory CD ¥1575 (Not Very Nice)



栃木の万引チョコレイトのLPや、金沢のDAMNABLE EXCITE ZOMBIESのCDなど、通すぎるジャパニーズ・ハードコア・パンクの再発盤をリリースしてきたUSのマニアック・レーベル Not Very Niceから、横浜のハードコア・パンク・バンド DISGUSTING VOIDの27曲入りディスコグラフィーCDがリリース。





1-6 "Walk The Way" demo, 1997

7 "Patrick" compilation 7", 1999

8-10 "Hottest Blood Of Youth" compilation CD, 1999

11-12 "Bondage Maniac vol 2" compilation tape, 1994

13 "Outlast" compilation tape, 1994

14-15 unreleased, 1994

16 "Hilt To Hilt~Yokohama City HC" compilation 7", 1993

17-20 1st demo, 1989

21-27 live at Headpower, Shinjuku, 1991





RAISE CAIN, TOXIC NOISE, VIOLENT PAINなどとともに、90's横浜ハードコア・シーンの中心に居たバンドで、90年代ジャパコアのアグレッシブなテンションと、MAD CONFLUX系統京浜スラッシュコアの融合は、まさしく90'sスタイルなジャパニーズ・ハードコア・サウンドの典型です。音楽性もバラエティー豊かな横浜/横須賀ハードコア・シーンの熱さが垣間見える当時の貴重なフライヤーの数々やカラー写真も嬉しい、ジャパニーズ・ハードコア・マニアならば押さえておきたいCDです。

価格表記変更のお知らせ



2014年4月1日の消費税率変更に伴いまして、当店も4月1日以降は全ての商品が現在の価格に3%上乗せされた新消費税率の価格に変更する旨を、かねてからお知らせしてきましたが、定休日の本日3月26日(水)、ショッピング・カートの販売価格表記を、今までの税込金額のみの表記から、税抜の本体価格も表記する形式に変更致しました。長年、簡潔に税込の販売価格のみでお客様にはご利用いただきましたので、この税抜本体価格も表記した形式に、戸惑いや混乱も生じさせてしまうかもしれませんが、2014年4月1日を境にしての販売価格(実際にお客様にお支払いいただく金額)の変更の際には、この表記の方が税率の違いがわかりやすいというご意見が多いので、このように変更致しました。



しかし、たとえば昨晩ご紹介しましたSTRANA OFFICINAのCDのように、ショッピング・カート・システムの上では、税率計算が端数まで正確に対応できないケースが生じてしまいます。STRANA OFFICINAのCDは税込1,900円ですが、ショッピング・カート上では税込1,901円と表記されてしまいます。今後もこういったケースは発生する可能性がございますので、その際は受注メール返信の際に訂正して対応致します。



その他にも、今までとは勝手が違って不便に感じる箇所もあるかと思いますが、何卒ご理解願います。不明な点などがございましたら、お尋ねください。今後とも宜しくお願いします。

Epicus Doomicus Metallicus!!



*本日水曜日は定休日ですので、受注メール対応は明日木曜日以降になります。







・SACRILEGE (Italy) - Demon Woman LP ¥2400 (Jolly Rojer)



80年代イタリアにも居たSACRILEGE!!!もう、それだけで持ってたくなるレコードですが、これが内容も実にイタリアンらしいカルト・ムード全開で、素晴らしいオブスキュア・メタルの再発盤です。女性キーボード奏者を含む5人編成のオカルト・ドゥーム・メタル・バンドで、ドラムとギターはBLACK HOLEのメンバーだった人です。BLACK HOLEが活動を停止してた、86年~87年の1年間程度しか活動しなかったようで、残した音源は87年のデモ1本のみ。今回その音源が限定500枚ナンバリング入りのアナログ盤で初リイシューされました。カラー写真も軽鎖のインナースリーブの他に、バイオグラフィー・シートと、写真も多く掲載した歌詞ブックレット付きです。



サウンドはPAUL CHAINの影響を強く感じさせるオカルト・ドゥーム・メタルで、ヨレヨレなギター・プレイまでPaul Chainを崇拝してるかのようです。ヴィンテージな哀愁はあまり出さずに、BLACK SABBATHの方法論で一番盗みやすい部分のみを抽出してるようなプリミティブさが素晴らしく、オカルト/ドゥーム・メタル・ファン以外のカルト・メタル・マニアも絶対必聴ですし、バンド名にこじつけてパンク・ファン向けにムチャクチャ言いますと、演奏力と表現力と退廃ダークネスが奇跡的なバランスを生み出していた初期AMEBIXもなぜか思い出しました。音楽が素晴らしいへヴィメタルも大好きだけど、音楽はどうしようもないけどカッコいいへヴィメタルも大好きだ!!もっと入れればよかった・・・。







SABOTAGEと並ぶイタリアン正統派メタルの重鎮バンド STRANA OFFICINAの初期名作各種が待望の再発。94年にバンドの自主リリースでコレクションCDがリリースされて以来、長らく入手不可能だったので、80'sメタル・マニアとっては待ち焦がれた再発盤です。単独でのCD化は今回が初で、いずれもボーナスを加えてリマスタリングもされています。



DEATH SS, PAUL CHAIN関連の再発ラッシュで改めてジックリいろいろ聴いてみて、今頃になってようやくイタリアン・メタルの魅力と面白さが理解できそうに感じてきたのと、先日入荷して大好評だったRUN AFTER TOやDARK QUARETRRERなどの、地中海のイメージからは想像しがたい南欧鋼鉄の号泣シケシケ叙情にも完全に虜になってしまいましたので、このSTRANA OFFICINAの再発盤も到着を楽しみにしていました。よくSABOTAGEと並べて語られてきたようですが、長らく入手困難な状態だったせいか、SABOTAGEほど日本では知名度はなく、真性鋼鉄信者のみに熱狂的に支持される存在みたいです。そしてこのたび初めて聴きましたが、これが予想してた通りのサウンドで素晴らしい・・・。号泣ガッツポーズです。







・STRANA OFFICINA - S/T CD ¥1900 (Jolly Rojer)



こちらはMinotauro Recordsから84年に発表した1st MLPに、82年デモ / 85年セッション / 83年ライブを追加収録した8曲入りCDです。やはり音楽性も初期のSABOTAGEとの共通項は多く、ブリティッシュ・へヴィメタル・スタイルの鋼鉄ハード・ドライビングな楽曲と、南欧エピック・メタル特有の、あのぼやけた感触による必殺級の哀愁が見事に溶け込んでいます。当店入荷の作品で言えば、DARK QUARTERRERや、NWOBHMのRITUALみたいなシケっぷりが好きな方はぜひ聴いていただきたい、イタリアン・メタル最重要バンドの1つです!!







・STRANA OFFICINA - Ritual CD ¥1900 (Jolly Rojer)



こちらは87年に発表した2nd MLPに、85年/88年ライブを追加収録した8曲入りCDです。いきなり号泣のスロウ・ナンバーでスタートするこの作品は、タイトルのせいもあって、Shadow Kingdomが再発していたNWOBHMのRITUALもちょっと思い出させる叙情が炸裂しています。2曲目はこのバンドのもう一つの特徴であるJUDAS PRIESTタイプのスピード・メタル・ナンバーでヘッド・バンギング必至。そしてまたその後は80年代鋼鉄の切なすぎる宿命とも言えるハードポップ・メタル路線のナンバーで号泣させ、ラストはまたしてもJUDAS PRIEST影響下スピード・メタルがさらに加速して、まるでViolence & ForceまんまなEXCITERのようなパワー・スピード・メタルで、とにかくもー、最後まで全部カッコいい!!ちょっと鼻にかかったVo.は、デイブ・メニケッティとかジョー・リン・ターナーのような哀愁ソウルフル・スタイルで、これも完全にドツボです。全員革ジャンの黒いファッション、マリオひげ、極上のクサレ・ジャケなど、80年代クサレ・メタルの神髄を叩きつける名作です。







・STRANA OFFICINA - Rock & Roll Prisoners CD ¥1900 (Jolly Rojer)



こちらはBULLDOZERやDEATH SSなどのリリースでも知られる名門 Metal Masterから89年に発表した1stフルアルバムに88年ライブを追加収録した10曲入りCDです。楽曲も音質も欧米の一線級へヴィメタルに引けを取らないレベルにまで達していて、デイブ・メニケッティ風の哀愁ソウルフル・スタイルなVo.は、楽曲によってはちょっとカル・スワン的でもある絶品ウェットな歌声で泣かせてくれます。過去作品でも素晴らしいプレイを聴かせていたギター・ソロも熱いです。全体的にキーボードの比率が増した叙情ハードロッキン・へヴィメタルな印象も強まってますが、タイトル曲はまるでシェンカー時代のUFOのようなブルーズ・ナンバーだし、スピード・メタル・ナンバーは3曲目のみになるのですが、これが天を仰いで涙目ガッツポーズ必至の疾走チューンで、叙情性、楽曲の完成度、そしてVo.のソウルフルな哀愁など、全てにおいて初期から貫いてきた STRANA OFFICINA流へヴィメタルの完成型と言って過言ではない名作だと思います。素晴らしい!!







・STRANA OFFICINA - Rare & Unreleased CD ¥1900 (Jolly Rojer)



こちらはタイトル通りのレア未発表音源集です。





1. Vai Vai (Demo 1979)

2. Non C'e Piu' Mondo (Demo 1979)

3. Amore E Fuoco (Demo 1979)

4. Viaggio in Inghilterra (Demo 1979)

5. Officina (Demo 1979)

6. Profumo di Puttana (Demo 1979)

7. Non Sei Normale (Demo 1979)

8. Difendi la Fede (1985)

9. Guerra Triste (1981)

10. Sole Mare Cuore (1989)





このCDは、今回一緒に再発された極上シケシケ哀愁鋼鉄クラシック3作品以前の、79年音源が大半を占めていますが、これがまた予想外のド渋さで、完全にイタリア語Vo.のNWOBHM状態です!!後のソウルフルな叙情スタイルと言うよりも、ブリティッシュ・ロック・ルーツを強烈に打ち出したキャッチーなハード・ドライビングR&Rなので、URCHINに代表されるNWOBHMとパンク・ロックのクロスオーバーR&Rバンドが好きな方は必聴級のキラー音源です。パンク・ロック・ファン向けの例えで恐縮ですが、COCK SPARRER並みの曲の良さに仰天します。81年 / 85年 / 89年音源は後に他作品で再録音されて披露される名曲のオリジナル・バージョンで、あのEXCITERみたいな曲のイタリア語バージョンも最高です。







・DARK QUARTERER - The Etruscan Prophecy CD ¥1800 (My Graveyard prod.)



エピック・メタル・マニアに熱狂的に支持されているというイタリアのへヴィメタル・バンドの、88年発表2ndアルバムに2009年ライブ1曲と85年のライブ映像もボーナス収録した、2009年版再発CDです。



Shadow Kingdomから再発された1st CDで初めてこのバンドを聴いた時と同じ衝撃を、この2ndアルバムを聴いてまたしても受けてしまいました。素晴らしぎます・・・。良識ある本物の日本のメタルヘッズ全員が敬意をこめて「シケシケ」と表現するであろう、まるで日本人のために演奏してくれてるような、究極のシケシケ鋼鉄がここでも大爆発しまくりです。USや北欧とも明らかに違う、SCORPIONSやシェンカー的な魂を削った叙情にすら共通する、恐るべき地中海エピック・メタルです。PAGAN ALTARの哀愁が、ジプシー・キングスのような情熱と出会ったらこうなるでしょうか?PAGAN ALTARと言えば、このCDを再発しているMy Graveyard Productionが主催するエピック・ドゥーム・メタル・フェスティバル Play It Doomの2014年ヘッドライナーは、PAGAN ALTARにも在籍してたRich Walker氏率いるSOLSTICEと、このDARK QUARTERERでした。とにかく、1st CDでノックアウトされた方はこれも聴かないと嘘つきです。







・REGIME - Demo Anthology CD ¥1400 (StormSpell)



PARADOXの2枚組デモCD(再入荷手配済みですので、ご予約希望の方は「プレ・オーダー」からカートに進んでください)が当店でも大好評だったUSのへヴィメタル・レーベル StormSpell Recordsからリリースされた、テキサス産正統派メタルの91年デモと同年リハーサルを収録した7曲入りCDです。



FATES WARNING, CRIMSON GLORY, HEIR APPARENTあたりを彷彿させる、QUEENSRYCHE影響下のインテリジェントな冷たさが魅力の正統派へヴィメタル・サウンドで、ハイ・トーンVo.も含めて、テキサスらしいカルト・オブスキュア・メタル・バンドです。80年代へヴィメタルの鉄則とも言える、1曲目でいきなり持てる力を100%注ぎ込んだような、全開すぎる出だしに聴く側ものっけからテンションが上がります。超絶メロディックなギター・ソロは美しくもアグレッシブだし、パワー・メタル並みのソリッドなリフ攻撃による硬質さもあるので、CHASTAINなどのファンにも勧めたくなるくらい、この1曲目は素晴らしくカッコいいです。Vo.はGeoff Tateタイプで、この伸びやかなハイ・トーンも完璧ではないでしょうか。エピック且つクールな80年代合衆国産鋼鉄の叙情が好きな方には間違いなくオススメのカルト・オブスキュア・メタル発掘音源です。

SABBAT - Sabbatical Earlyearslaught BOXSET







・SABBAT - Sabbatical Earlyearslaught 10xLP DIEHARD BOXSET (ご予約受付商品)

・SABBAT - Sabbatical Earlyearslaught 6xLP REGULAR BOXSET (ご予約受付商品)





昨年から多くのお問い合わせをいただいていましたが、いよいよ発売間近のようですので、遂に受注解禁致します。Nuclear War Now!からリリースされる、SABBAT30周年記念リリースの究極完全版ボックスセット!!!666!!!





LP1 - Sabbat 7" (85年) / Born by Evil Blood 7" (87年) / Desecration 7" (88年)



A1: Black Fire1

A2: Mion's Hill1

A3: Satanic Rites - Curdle the Blood2

B1: Poison Child2

B2: Welcome to Sabbat - Crest of Satan3

B3: Children of Hell3

B4: Darkness and Evil3





LP 2 - The Devil's Sperm is Cold 7" (89年) / The Seven Deadly Sins 7" (90年) / Sabbatical Demon DEMO (90年)



A1: Immortality of the Soul4

A2: Hellfire4

A3: Possessed the Room (Kanashibari)5

A4: Sacrifice of Angel5

B1: Crying in Last5

B2: Witch's Mill6

B3: Black Fire6

B4: Rage of Mountains6

B5: Mion's Hill6





LP 3 - Bloody Countess DEMO (86年)



A1: Splatter

A2: Bring me the Head of Satan

A3: Bloody Countess

A4: Panic in the Head

A5: Poison Child

B1: Madara No Tamago

B2: Children of Hell

B3: Kanashibari

B4: Bloody Countess





LP 4 - Envenom Rough Mix (91年)



A1: Satan Bless You

A2: Reek of Cremation

A3: Devil Worship

A4: Eviler

A5: Deathtemptation

B1: The Sixth Candle

B2: King of Hell

B3: Carcassvoice

B4: Dead March

B5: Evil Nations





LP 5 - Asai Cleaning 2F Rehearsal



A1: Welcome to Sabbat

A2: Panic in the Head

A3: Bring me the Head of Satan

A4: Wolfman

A5: Children of Hell

B1: Black Fire

B2: Mion's Hill

B3: Headbanging

B4: C.D.E.

B5: C.D.E. (Take 2)

B6: Welcome to Sabbat





LP 6 - Unreleased and Alternate Takes



A1: Headbanging (Version 1 Mix 4)7

A2: Headbanging (Version 2 Mix 2)7

A3: Madara No Tamago (Mix 3)7

A4: Kanashibari7

B1: Satan Bless You (Mix 2)8

B2: Evil Nations (Fade Out)8

B3: Satan Bless You (Fade Out)8

B4: Lady Lust9

B5: Welcome to Hell9

B6: Panic in the Head9





LP 7 - HOT ROD ~ The Kuwana City Tapes



A1: Iron Maiden

A2: Sanctuary

A3: Prowler

A4: Remember Tomorrow

A5: Another Life

B1: Killers

B2: Prowler

B3: Transilvania

B4: Iron Maiden

B5: Sanctuary





LP 8 - EVIL ~ Welcome to Sabbat



A1: Black Metal

A2: To Hell and Back

A3: Countess Bathory

B1: Sacrifice

B2: Welcome to Hell

B3: In League With Satan





LP 9 SK Hall Rehearsals



A1: Panic in the Head

A2: Kanashibari

A3: Immortality of the Soul

A4: Splatter

B1: Welcome to Sabbat

B2: Immortality of the Soul - Sound Check

B3: Panic in the Head

B4: Splatter

B5: Kanashibari





LP 10 - Death Live Geion June 8th 1986



A1:Opening

A2: Welcome to Sabbat

A3: Splatter

A4: Bloody Countess

B1: Intro of C.O.H.

B2: Kanashibari

B3: Black Fire

B4: Mion's Hill





SABBAT "Sabbatical Earlyearslaught" DVD 1

SABBAT "Sabbatical Earlyearslaught" DVD 2



140ページ ハードカバー・ブック

両面A2サイズ・ポスター





91年1stアルバム Envenom発表までの1st ~ 5th 7"とデモ、幻のBloody Countessなど、まさしくタイトルに偽りなしの初期集大成ボックスセットです。ダイハード・バージョンはレギュラー・バージョンより多いLP10枚組で、livEvilとして先に発売されたDVD2枚も付きます。レギュラー・バージョンはLP1~LP6までの6枚組セット。両バージョンに共通して付属する、膨大な量の写真/ジャケ/インサートなどが掲載されたハードカバー・ブックも凄そうです。



これだけの内容ですから値段ももちろんですが、送料が相当恐ろしいことになります。Envenom BOXSETの比ではないことは確かで、このボックス1個送ってもらう送料だけで、いつものNWN!ダイハード・バージョンLPくらいは余裕で買えるくらい掛かります。高額品ですから、関税もエラいことになるでしょう。ザックリ見積もって、ダイハード・バージョンのお値段は、税込30,000円以下に、レギュラー・バージョンは25,000円以下に収めたいと考えています。今のところ、これ以上の細かな値段の予測はまだつきませんので、ご了承下さい。



明確にご予約の締めきり期日は設けていませんが、体力、精神力、そして財力ともに、BOYのような店ではとてもハードな仕事ですので、色んな意味でキツくなった時点でご予約はクローズします。大変ありがたいことに、BOYのお客さんで、予約してトンズラするような日本人の方は一人もいなかったので特に言ってませんでしたが、ご予約商品のキャンセルだけはご勘弁願います。



ご希望の方は通常のカート購入と同じように、ご清算方法もあらかじめ指定してカートに入れてください。到着は4月以降になりますので、他商品とのまとめてのご精算は現時点ではお受けできません。必ずこの商品のみでカート購入手順を進めてください。



何卒宜しくお願いします!!!666!!!

Hardcore Punk Holocaust!!



・DOOM - Corrupt Fucking System T-SHIRT ¥2000



20年以上ぶりの来日を果たしたUKクラスト・コア・レジェンド DOOMの2014年来日記念Tシャツ!!会場販売分の残りが入荷しました。



ボディはUnited Athle、サイズはS / M / L / XLの4種あります。







・UNBROKEN BONES - The Last Weapon 7" ¥900 (Drunk with Power)



バンド名通りのBROKEN BONESクローン・バンドとしてスタートしたロシアのクロスオーバー・パンク・スラッシャーが、待望のアナログ盤7"ビニールをリリース。限定500枚プレスです。



このEPで遂にBBクローンから脱却しています。しかし、恥も外聞も捨てて前作カセットのご紹介とまるで正反対の解説をしますが、それが見事に成功していて、過去曲の再録以外はNobbyみたいな歌い回しを控えながら、よりピュアなハードコアを強調したクロスオーバー・スラッシュ・サウンドで疾走しています。でも、モノマネはやめてもBROKEN BONESウォーシップに揺らぎはなく、EXIT CONDITIONのカバーをやってるのにも、やはりBROKEN BONESへの憧れがにじみ出ているように思います。派手さはないバンドだけど、80年代後期のハードコア・パンク・スラッシュの雰囲気を再現した、1st 7"にふさわしい、彼らの最高傑作だと言いきってしまいましょう!!







・1981 - Solution / Dancing 7" ¥900 (Profiteer / Passing Bells)



6月に日本ツアーを控えたフィンランドのアナーコ・パンク・バンド、過去に単独シングルを4枚とスプリット・シングルをリリースしていて、本作は5th EPとなります。



クリーンなギターサウンドを中心に据えて奏でられるフレーズからはポスト・パンク的なアプローチも感じさせ、そこに所謂アナーコ・パンクの哀愁メロディーが絡むスタイルで、疾走感や甘いメロディーに重きを置くバンドとは違う退廃的な雰囲気が漂っています。男女ボーカルの掛け合いにも曇りがかった儚さが感じられる2曲入りで、80年代UKポリティカル・パンクから東欧アナーコ・パンク・ファンにもおススメです!


Legit Punk Tour 2014 DVD



・V.A. - Legit Punk Tour 2014 DVD ¥699 (Pogo 77)



3月27日から30日にかけて行われるLEGIT PUNK TOUR 2014に参加する4バンドの映像を集めた低価格DVD!



東京ハードコア・パンク・シーンの兄貴的存在として長年シーンを引っ張り続けているEXTINCT GOVERNMENT、先日復活作の2nd EPをリリースした大阪ハードコア・パンクPOIKKEUS、ジャパニーズ・スパイキー/ポゴ・パンク・シーンを象徴するバンドの一つであるTOM AND BOOT BOYS、そしてその勢いを受け継ぐ東京ポゴ・パンクスTHE ERECTiONS のミュージックビデオやライブ映像、コマーシャル映像なんかも含め約60分収録!



*LEGIT PUNK TOUR 2014 各会場へのお客様へは中身が同じDVDが無料配布されます

Metal Deadness!!



Dark Descent Records関連リリースを中心に、デス/スラッシュ系の良質作品がまとめて到着しました。何度も言いますが、こういう激烈な作品は、良質なモノほどカート・アップに体力を要するのデス!!時間が掛かってしまってすみません。





・BACKYARD MORTUARY - Lure of the Occult CD ¥1600 (Dark Descent)



オーストラリア・シドニーのデス・メタル・バンドが、2012年に自主制作CDで発表した1stアルバムを、USのDark Descentが再発。DIYリリースながら、マニアックなデス・メタル・ファンには高い評価を得ていた注目作品です。



INCANTATION起源の冒涜デス・メタルに分類されるタイプだとは思いますが、プリミティブ・デス・メタルとでも呼びたい雰囲気がカッコよくて、VONウォーシップなNUCLEARHAMMERとは表現の方法は違うけど、あんな感じの鈍い感触が好きな人にもチェックしてもらいたいところもあります。全体的にドゥーミーな退廃感が強いですが、一般的なINCANTATION系統のバンドよりも重厚リフやオールドスクールな疾走感も印象的で、GRAVEみたいなスウェディッシュ・デス・メタルのルーツも匂わせます。LIE IN RUINSと並んで、Dark Descentに拾われて然るべき内容です。原始的冒涜デス・メタル・ファン必聴デス!!







・CORPSESSED - Abysmal Thresholds CD ¥1600 (Dark Descent)



フィンランド産INCANTATIONウォーシッパー・デスメタル CORPSESSEDの初のフルアルバムが、Dark Descentからリリース。過去作品はいずれも好評でしたが、今回も圧倒的に荘厳で激烈な作品に仕上がっていますので、ファンには大満足の1stフルアルバムだと思います。



王道フィンデス特有のグルーム感からクリプティックなジメジメさを後退させ、同じ陰鬱要素でもスウェディッシュ・デス的でもある荘厳さと、INCANTATIONやFUNEBRARUMなどのabyssicなテイストを強調しています。このバンドは特に北欧ならではの荘厳さが強い印象を与えていて、このテのフィンデス・スタイルではMAVETHと双璧を成してトップに君臨する存在と言い切っていいでしょう。US東海岸深淵デスメタルと北欧オールドスクール・デスメタルが出会って、冒涜さと荘厳なムードが同時に増幅したような激烈退廃鋼鉄世界デス!!







・LIE IN RUINS - Towards Divine Death CD ¥1600 (Dark Descent)



90年代前半にDISSECTEDという名前で活動を開始したバンドで、2002年に現在のLIE IN RUINSに改名してからようやく活動が軌道に乗り、2008年にTemple of Darknessから1st EPを発表。その後、2009年には、1stアルバムをSpinefarmからリリースしています。今回の2ndアルバムは、USのDark Descentから発表していますが、これは満場一致でDark Descentが適任だと納得してもらえるであろう、アポカリプティック・デス・メタル・シーン最前線で張り合える、聴き応え超満点の力作です。



HOODED MENACEやKRYPTSに代表される、abyssicなスタイルの近年型フィン・デス・サウンドで、Unending Degradationアルバムの深化したKRYPTSは、もしかしたらこの先輩バンドを教科書にしてるのかも?とも思えるくらいです。KRYPTSファンは必聴のダークネス渦巻く内容ですが、ミドル・テンポの2バス連打重戦車パートにたそがれが漂うところはBOLT THROWERっぽいですし、ギター・サウンドやリフ・ワークはスウェディッシュ・デスにも通じるところもあって、基礎にはデス・メタルの古典がしっかり感じられます。速いパートにもエピックなダークネスが充満してるあたりは、Sepulchral Voiceを中心としたジャーマン・デス・メタルの漆黒さとも共通する要素があると思います。とにかく、フィンランド、ドイツ、US東海岸などで充実するダーク・デス・メタルの虜になってる人は必ずチェックしてください!!







・RITUAL NECROMANCY - Oath of the Abyss LP ¥2200 (Dark Descent)



USポートランド産デス・メタルの2011年にDark Descent Recordsから発表した1stアルバムが、待望のアナログ盤もリリース。500枚プレスで、カラー盤などの限定バージョンは存在しません。



INCANTATION影響下暗黒デス・メタルながら、SEPULTURAのカバーもやったりするオールドスクール風味がカッコ良かったバンドですが、ブラック・メタル風の寒々としたフレーズも相変わらず多く飛び出して、曲によってはVONみたいな黒い不穏音階も聴かせます。暗黒の荘厳デス・メタル・サウンドは、GRAVE MIASMAやVASAELETHなどのファンはもちろん必聴だけど、やはり今回もオールドスクール・デスメタル・テイストがしっかりあって、ジャリジャリの暗黒デスメタル・リフで爆裂するパートが、ちょっとIGNIVOMOUSみたいでもあってカッコいい!!この激烈黒音塊はなかなかインパクトありますから、店頭で聴いてても反響の多い作品です。暗黒激烈鋼鉄好きには間違いナシおすすめデス!!







・LVCIFYRE - Svn Eater LP RED VINYL ¥2400 (Dark Descent)



先にCDで入荷して好評だったUKデスメタルの新作2ndアルバムが、アナログ盤もリリース。限定レッド・ビニールでの入荷になります。



前作まではスウェーデンのBlood Harvestからリリースしてきましたが、今回はUSのDark Desecentからのリリースで、作風もDark Descentらしいムードへと劇的に深化した、過去作品のファンはちょっとビックリするであろう圧巻な内容です。昨今のデスメタル・シーンの傾向を象徴するような、一言で言いまして、INCANTATIONウォーシップな混沌激烈暗黒デス・メタル・サウンドで、以前はMORBID ANGEL系統として捉えることができるような、冒涜的な雰囲気のテクニカルでブルータルなデスメタルだったけど、今回は再生した瞬間にドス黒い空気に覆われます。しかし、このバンド本来のテクニカルな爆裂感と圧倒的な荘厳さも増強してるので、同じUKのGRAVE MIASMAなどよりは、DIOCLETIANのようなアポカリプティックな激烈さと、フィンランドのMAVETHやCORPSESSEDのような冷たい金属質の暗黒デスメタルと化しています。オールドスクールな疾走感やリフ・ワークも健在なので、IGNIVOMOUS的にも聴こえます。意地悪な言い方をすれば、INCANTATIONウォーシップ・スタイルのバンドの良いトコどりとも言えなくもないけど、過去作品を聴いてきた人ならお分かりの通り、もともとデスメタルのスキルが十二分に備わっていたバンドだから、完成度は並みじゃない!!冒涜系激烈漆黒デスメタル・ファンには間違いなくオススメです。







・NUCLEAR WINTER - S/T ONE-SIDED MLP ¥2900 (Necroterror)



DEAD CONGREGATIONでギター&Vo.を担当して、レーベルのNuclear Winter Recordsの運営も長年続ける、ギリシャ・デス・メタル・シーンの顔役とも言えるAnastasis氏が90年代中期~2000年台前半までやっていたデス・メタル・バンド NUCLEAR WINTERの、97年発表5曲入り1stデモが初LP化で待望の再発。ずいぶん前から情報が流れていたこともありましたが、これは当店にとって待ち望んだ再発です。とてもカッコ悪いアートだけど、Better Off Dead LPみたいなエンボス・ジャケで、盤面はB面がエッジング加工されていて、手抜きはない作りです。限定300枚アナログ盤で、CDでの再発情報は今のところ聞いていません。



この作品は97年にNuclear Winter Recordsの記念すべきファースト・リリースとしてプロCDとして発表されて、当時はハードコア・パンク界隈でも流通していました。ギリシャのポリティカル・パンクで、CHAOTIC ENDやFORGOTTEN PROPHECYといったバンドがいましたが、今思えばそれらのパンク・バンドも、ギリシャ・デス / ブラック・メタルの特徴と共通する、あのぼやけた感触の叙情が漂っていて、それらの作品に紛れて入荷してきたこのNUCLEAR WINTERのCDは、当時から非常に強いインパクトを放っていました。Anastasis氏が、「NUCLEAR WINTERは、BOLT THROWERとAMEBIXに強くインスパイアされた、クラスト・デス・メタルだった」と言っている通りで、ほとんどのAMEBIXフォロワー・バンドがメタリックな重厚ダイナミズムを追求する中、NUCLEAR WINTERは初期AMEBIXの灰色のたそがれを、BOLT THROWERのリフ&パーツで構成して完璧に再現していました。今改めて聴いても、アッパレとしか言いようのないド渋さです。メタル・クラスティーズから、ROTTING CHRISTに代表されるギリシャのアトモスフェリックなデス / ブラック・メタル・ファンにまで完全にオススメの素晴らしいリイシュー・デス!!!







・TRENCHROT - Necronomic Warfare CD ¥1600 (Unspeakable Axe)



当店でもファンの多いUSデス・メタル・レーベル Dark Descent Recordsが別名義で運営するUnspeakable Axeからリリースされた、USペンシルヴァ二ア出身デス・メタル・バンドの1stアルバムです。このUnspeakable Axe recsは、コンテンポラリーな傾向の強まるDark Descentの主力作品よりも、もっとオールドスクールなスタイルの新人や無名バンドを中心にリリースしています。



先日、Duplicate recsの生きのいいノルウェー産若手デス / スラッシュ・メタル良質作品が入荷していましたが、このTRENCHROTの1stアルバムも、伝統的スタイルを若々しいアグレッションとセンスで表現していて、今後注目に値する素晴らしい作品に仕上がっています。まずはなんと言っても、1曲目が爆発的にカッコいいという、へヴィメタル・アルバムの定石に完全に乗っ取った出だしにノックアウトされます。POSSESSEDやフロリダDEATHが不穏なダークネスよりもWHIPLASH的な熱血漢スラッシュになったようなこの曲はホントカッコいい!!こういう若い感性は、NEKROMANTHEONやスウェディッシュANTICHRISTが開拓した、新世代ダーク・スラッシュ・メタルの素晴らしい手法だと思います。しかしこのTRENCHROTの核はあくまでデス・メタルで、初期フロリダDEATHのようにへヴィ・メタルの叙情とガッツみなぎるメロディックなギター・ソロもガンガン絡みながら突進していて、スウェディッシュ・デス・メタル・ファンにもオススメです。USデス・メタル・シーンからは、HORRENDOUSやこういうバンドがもっとたくさん出てきてほしいです。







・OMNIVORE - S/T CD ¥1600 (Unspeakable Axe)



当店でもファンの多いUSデス・メタル・レーベル Dark Descent Recordsが別名義で運営するUnspeakable Axeからリリースされた、イタリアン・デスラッシュ・メタル・バンドの1stアルバムです。このUnspeakable Axe recsは、コンテンポラリーな傾向の強まるDark Descentの主力作品よりも、もっとオールドスクールなスタイルの新人や無名バンドを中心にリリースしています。



Unspeakable Axe recsリリースではBESIEGEDがお好みだった人にはオススメのタイプで、日本だとヤング・スラッシャ―にも人気の出そうな猪突猛進デスラッシュ・サウンドです。KREATORやSADUSを彷彿させるせわしないリフ・ワークと、手数も足数も多いタイトなドラミングの超絶バトルが素晴らしく、回転数を上げたような畳みかけるスピード感は、まさしく高速という表現がピッタリです。コーラスを多用するところなど、キャッチーな雰囲気も強いですし、GAMMACIDEのようなUS超絶暴走ノンストップ・スラッシュ・メタル・ファンには確実にオススメです!!クサレ雰囲気のあるジャケも良い感じです。

Total Steel!!



・RAPID TERROR - Speed Metal Bastard 7" YELLOW VINYL ¥1200 / BLACK VINYL w/ PATCH ¥1900 (To The Death)



NECROCURSEやRUNEMAGICKのギターをやってる人が始めたスウェディッシュ・スピード・メタルの1st 7"が、To The Death Recordsからリリース。限定300枚リリースで、そのうちのltd.200枚イエロー・ビニール 1,200円と、ltd.100枚パッチ付きブラック・ビニール 1,900円の2種入荷しています。



なーんとなく、勝手にまたヴィンテージ志向の原点回帰メタルかな?なんて思いこんでいて、あまり期待してなかったんですが、バリバリのスピード・メタルで、これはカッコいいです。初期SLAYERタイプのリフと疾走感のダークなスピード・メタルで、こういうSLAYER起源の不穏リフ・ワークは、NIFELHEIMやMORDANTなどのスウェディッシュ・バンドに共通する味わいですし、へヴィメタルの土台がガッチリ強固なスピード・メタルは、DEATHWISH的でもある、なんて言うとホメすぎかな?でも、とにかく渋いです!!







・OBLONG BOX - Demo TAPE ¥800 (Dark Descent)



ZUULのギタリストで、HIGH SPIRITSのライブ・サポート・メンバーでもあるMike Bushur氏率いるイリノイのへヴィ・メタル・バンドの1stデモです。2003年から活動してるようですが、作品はまだこのデモ1つだけで、これも2011年にバンドがCDRで自主リリースしていたものを、このたびDark Descent Recordsがカセットで再発したものです。



シカゴを中心とするイリノイのへヴィメタル・バンドは、本当にどれも個性的なバンドばかりだと改めて思わせる、とても面白いバンドです。スラッシュであり、デスであり、へヴィメタルな、なんとも形容しがたいサウンドで、タイプは違うけど、エクストリーム・メタルを通過したへヴィメタルと言う意味では、DAWNBRINGERにも共通する感覚があると思います。インストを含む全3曲、どれもスピードと感情を押し殺したように淡々と進行するダーク・へヴィメタル・ナンバーで、SLAYERリフで構成されたUS版MASTER'S HAMMERを、サンディエゴGEHENNAのような殺伐としたアメリカン・バイオレンス・ムードで表現しています。エピックなラストのインストゥルメンタルも素晴らしい。こういう冷徹アメリカン・サイコなタイプにBOYはめっぽう弱いんです。一発でコロっといってしまいました。激渋です!!!







・CRYPT SERMON - Demo MMXIII TAPE ¥800 (Dark Descent)



Unspeakable Axe Recordsからの1st CDが一緒に入荷してきたデスラッシュ・メタル・バンド TRENCHROTのメンバーなど、デス / ブラック・メタル系バンド・ミュージシャンによるUSペンシルヴァ二アのドゥーム・メタルの3曲入り1stデモ・テープです。当初はバンドがデジタル・ダウンロード・リリースしていたものを、Dark Descentが限定300本カセットでリリースしました。



SOLITUDE AETURNUSやCANDLEMASSタイプのドゥーム・メタルを、パワフルなグルーブと泥臭く熱唱するアメリカン・スタイルで表現した、USエピック・ドゥーム・メタル・ファンならば要注目の新鋭です。ギターもVo.に負けないエモーショナルなメロディック・ソロを聴かせていて、I Hate Recordsリリースのドゥーム・メタル・ファンにもオススメです。







・LADY BEAST - S/T CD ¥1600 (Inferno)



USペンシルヴァ二アで活動する女性Vo.へヴィメタル・バンドの、JUDAS PRIESTカバー含む9曲入り1st CDです。



アメリカン・バンドらしい華やかさが特徴で、楽曲は硬質な欧州系へヴィメタルだけど、女性Vo.も演奏も爽やかすら感じさせます。ただ、コブシを効かせて歌い上げる女性Vo.のせいか、WOTHMヤングのようなハシャギっぷりはなくて、要するにちょっとオバサンくさい歌い回しがオッサンには妙にキュンときます。一言で言いますと、SUPERCHRIST周辺へヴィメタルの女性Vo.版と説明すると的確ではないかなと思います。女性Vo.に盲目な方以外のメタル・ヘッズにも十分アピールできる作品です。









・COBRA - To Hell LONGBOX CD ¥2900 / REGULAR CD w/ PATCH ¥1900 (Austral Holocaust)



無事届きました!!!ペルー産へヴィメタルの2ndアルバムCDが、GOAT SEMENのVo.のレーベルからリリース。今回もダイハード・バージョンは昔のロングボックスのような作りでポスター付き。シールド開封したくなかったので確認していませんが、振るとカチャカチャ音がするので、たぶんバッチやらも入ってるとは思うけど、オフィシャルな付属品が何なのかが公表されてませんし、付属内容がランダムな可能性もあります。そういうレーベルですので。ちょっと小さいけど昔のプロモ用プレスキットのようなカッコいいフォト・シートも一緒に送ってきたので、こちらも今回販売分には付けてお渡しします。レギュラーCDにはアー写シートの他にパッチも付きます。



既に日本の業界関係者の間でも絶賛の声が飛んでいる話題作です。スマートなNWOTHMバンドには出せない、敬意を持って"クサレ・メタル"と呼びたい、80'sスピリッツを現代に再現できる、数少ない現代のへヴィメタル・バンドではないでしょうか。熱い旋律は80年代ユーロ・へヴィメタルを彷彿させる汗臭い哀愁ガッツがみなぎっていて、Vo.のシャウトも素晴らしすぎます。血管ブチ切れ寸前のようなハイトーンでスクリームする、情熱的ドラマチックな1曲目の壮絶なハイ・クォリティー&ハイ・テンションに、ヘッドバンガーはドギモを抜かれながらも涙目ガッツポーズ必至でしょう。これはホントカッコいい!!

the 幻覚 NEONS - First Single 3" CDEP!!



・the 幻覚 NEONS - First Single 3" CDEP ¥600 (Hydro-Phonic)



ex. EYESOREメンバーも在籍する東京の女性ボーカルNWOTHMバンドの2曲入り3" CDシングルが、限定500枚プレスで自主リリース。



パンクのフィルターも通過したハード・ロッキン・メタル・サウンドは、まさしく現代の海外NWOTHMなヤング・ヘッドバンガーズと同じ熱気を感じさせて、SKULL FIST周辺のカナディアン・バンドや、High Roller Recordsから続々出現するNWOTHMバンド、スペインのIRON CURTAINなんかの若々しさを堪能してるへヴィ・メタル・ファンならば要チェックです。MIDNIGHTやBOULDERにも影響されたというのもうなずけるハードロッキンな1曲目と、結成当初はACIDなスタイルもヴィジョンにあったという言葉通りの、RAINBOWベースのスピード・メタルな2曲目とも、あたまデッカチになりすぎてない、新世代ならではへヴィ・メタル解釈で、とても興味ぶかいです。日本語詩の女性Vo.はゴキゲン&ワイルドで、PLASTIC NINE ~ VELVET WORMなどのファンにもオススメです!!
02 | 2014/03 | 04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR