RECORD BOY

UKHC Holocaust in Your Head!!



・DISORDER - Distort Bristol LP ¥2800 (Uncompromising Bastard)



CHAOS UKと並んでノイズコアというスタイルを確立したUKブリストルのパンク・バンド DISORDERの80年デモ音源9曲をA面に、81年のリハーサル音源8曲+1曲をB面に収録した限定500枚LPです。



まずはなぜDISORDERのLPを現在のBOYが真っ先に入荷させたかと言いますと、これはDestroyファンジンでTardis Recordsもやってるブリストルの大将 Staff氏が数年前から構想を練りに練って遂に実現させたリリースでして、現在はSOLSTICEなどの活動でUKへヴィメタル・シーンの重要人物でもあるex. SORE THROATのRich Walker氏の全面協力のもと(と言うか、ほぼその2人で)起ち上げた新レーベル Uncompromising Bastard Recordsの第1弾作品なのです。Staff氏のTardis Recordsのリリースは、最近のBOYではTIGER JUNKIESの入荷くらいになっていましたが、このDISORDERのLPは数年前から構想を教えてくれてて、リリースの際にはBOYでもしっかりプッシュしていこうと考えていましたので、先にリリースされたAntisociety RecordsからのCDバージョンにも80年デモの方の音源は収録されていますが、BOY的には待望のリリースということになるのです。そしてRich Walker氏との共同でデザインやレイアウトされたジャケットは、Staff氏の過去リリースと比べるとダントツで素晴らしい仕上がりでして、開いた中央に盤の収納口があるタイプのゲートフォルド・スリーブです。当時の未公開写真も多く掲載した両面インナー・シートも付いてます。



内容については、一足先にCDバージョンがリリースされて、DISORDER信者やノイズコア・ファンの間で話題となっていた通り、実は81年にリリースされた代表的名作7" EP Complete Disorderは、この80年デモの中から4曲を選んでリミックスされてリリースしたもので、これはいわば Complete Disorder EPの完全収録版オリジナル・バージョンということになるのです。しかもそのComplete Disorder EPには収録されなかった曲がまた興味深く、未発表曲も、後にComplete Disorder以外の作品でも演奏される曲でも、ここではよりSEX PISTOLSの影響を丸出しにしたバイオレンス・ロウ・パンク・ナンバーで表現されています。B面の81年リハーサルは、Steve Curtis, Steve Allen, Virus, Steve Robinsonの4人によるオリジナル・ラインナップでのセッションで、恐らくこれが初公開音源かと思われます。



昨今の円安も影響はしていますが、それ以前に割高なリリースでして、本来ならば3000円以上じゃないと厳しい値段設定なのですが、Staff氏の心遣いに感謝の意味も込めて、今回はこの値段で頑張ります。しかし、本当に見事に出来上がったレコードですし、UKパンクの歴史を検証するうえでも貴重な資料的音源でもありますので、ロウ・パンク・ファン / UKHCファン / ノイズコア・ファンは必聴必須でお願いします!!







・DUMBSTRUCK - It's Still Broke.. The First Two Records CD ¥1700 (Boss Tuneage)



ex.RIPCORD, HERESYのメンバー等が90年代後半に結成したUKHCバンドの、99年発表1st EP, 2000年発表唯一のアルバム, オムニバス提供曲をまとめたCDです。ギタリストBazへのインタビューと帯/ライナー対訳付きの日本流通CDです。



RIPCORDのBazがハードコア・シーンにカムバック!!と、DISCLOSEのKawakami氏などの間でその頃少しは話題になったモノですが、飽和状態を迎えつつあった当時のシーンではアッという間に忘れ去られてしまい、今やアナログ盤は中古盤特価品コーナーの主のような存在感を放ってるバンドです。しかし、このCDで聴いてもらえればおわかりのように、内容はファンにとっては申し分ないもので、パワー・バイオレンスも作用したVOORHEESのような当時のUKHCスラッシュを、後期RIPCORDのボストン風味ストロングなテイストで表現した、爆走ピュア・レイジング・パンク・スラッシュコア!!







・HDQ - Lost in Translation CD ¥1700 (Boss Tuneage)



LEATHERFACEメンバーが在籍したことで日本でも知名度が上がり、その後はUKメロディック・パンクを代表するバンドとして人気と地位を確立したHDQが復活。先にシングルもリリースしていたようですが、この2013年アルバムもその筋で非常に評判の良い、話題の復活作です。CDはボーナス・トラック収録で、帯/歌詞対訳付き日本流通盤になります。



当時のUKHCシーンを席巻したというDAG NASTY影響下のUKメロディック・パンクの最高峰サウンドは見事なまでに健在で、名作とされる89年アルバム Sinkingと、ハードコア・パンクのフィールドを飛び出して可能性を広げていった90年アルバム Soul Finderの中間のような感じではないでしょうか。LEATHERFACEそっくりな曲調などもあって、往年のUKメロディック・パンク・ファン大満足という評判も納得の力作です!!

Come to the Sabbat!!!666!!!





・SABBAT - Sabbatical EarlyslaughT-Shirt Series 2013 OCT ¥2200 (Nuclear War Now!)



ご予約を受けることが出来なかったS / M / Lサイズが入荷しました!!!この10月バージョンはサンフランシスコでのライブ会場販売でほぼ売り切ったということで、LサイズとXLサイズしか受注できませんでしたが、最後のストックをなんとかかき集めてもらいました。Lサイズはアーミー・グリーンのみになります。



Nuclear War Now!から、SABBAT30周年記念シャツが発売!!!666!!!2013年5月から毎月1作品ずつ、今年いっぱい12月まで続々とリリースされ、NWN!, ドイツのIron Bonehead productions, そして当店 RECORD BOYでの販売になります。しかも全て、Elizaveat氏によるアートワークですから、これは世界中のSABBATウォーシッパーズ狂喜の必須アイテム・リリース地獄です!!!



ボディは緑ボディ/白ボディともにGildanです。SABBATウォーシッパーはお買い逃しなく!!







・SABBAT - 1984 Logo RINGER SHIRT ¥2200 (Nuclear War Now!)



Nuclear War Now!からのSABBAT30周年記念シャツ・シリーズ番外編、ゲリラ・リリースその3!!!Elizaveat氏によるデザインではなく、Gezol氏によるデザインで最初期のフライヤーなどで使われていたという、幻旧型ロゴ・デザインです!!!666!!!



色はグレイで、襟と袖口が黒のリブになってる、リンガー・シャツと呼ばれてるらしいボディです。Port And Companyというメーカーで、サイズはS/M/Lの3種。ちょっと変わったボディですが、RIP Records製ツアー・ラグラン・シャツと並んで、凄まじい勢いで売り切れたそうで、当店も今回のみの入荷になります。SABBATウォーシッパーの方はお買い逃しなく!!









・SABBAT - Splattered with Evil Blood RAGLAN SHIRT ¥4500 (R.I.P.)



Nuclear War Now!からのSABBAT30周年記念シャツ・シリーズ番外編、ゲリラ・リリースその4!!!ではなくて、これはUSでSABBAT関連のリリースを長年サポートしてきたR.I.P. Records製作による、ベースボール・タイプの2013年ツアー・ラグラン・シャツです!!!666!!!



Nuclear War Now!を通しての限定入荷でして、色も多く使ったプリントで卸売値での仕入れではないので、NWN!製のベースボール・シャツよりかなり値段は高いけど、ご覧のとおりの素晴らしい仕上がりです。このオールドスクール・テイストにはアッパレです!!ボディはAnvilで、サイズはMとLの2種。Sサイズはすみません、無理でした。SABBATウォーシッパーの方はお買い逃しなく!!

Iron Metal!!



・METAL KING - The Beginnings of this Metal War CD ¥1600 (Iron Goat Commando)



コロンビアからスペインに移住して活動を続ける哀愁の鋼鉄王 METAL KINGの、2000年1st 7", 2001年2nd 7", 98年 Manos de Hierroデモをまとめた8曲入りコンピレーションCDです。



コレを待っていました・・・。Iron Pegasusからリリースされた2nd 7"が素晴らしい号泣シケシケ・スピードメタルだったので、その後も当店は動向を追い続けてるわけですが、その2nd 7"と、そして1st 7"も遂にコレで聴くことができたのです。しかし、1st 7"もあの名曲 Metal RulesをA面に収録して、B面の曲もフル・アルバムで良く知ってるいい歌でした。あと、98年デモも、どれだったかのCDで聴いたことあるような気がします。しかし、全く問題ありません。内容は素晴らしいの一言に尽きます。だいたい、METAL KINGのCDはどれも流通極悪なんです。このCDも少量入荷です。



Metal Rulesは確かにスピードメタル調の代表的名曲ですが、特筆すべきは必殺級のシケシケ・メロディック・ギター・ソロでして、80年代の哀愁、しかも昭和を体験した日本人の心の琴線を強烈に刺激します!!METAL KINGは最高です!!







・IRON CURTAIN - Jaguar Spirit CD ¥2000 (Dying Victims prod.)



1stアルバムが痛快な内容だったスパニッシュNWOTHMの2ndアルバムCDです。先に到着してたHeavy Forces Recordsからのアナログ・バージョンは、予想通り早々に品切れとなりまして、相変わらず人気の高さがうかがい知れます。CDにはスリップ・ケースが付いてます。



スタイルのいい、BULLETやENFORCERなんか好きそうなモテるヤング・メタルヘッズを起用してるこのジャケが、個人的にはちょっと面白くない気分でしたが、ブックレットを見るとジャケのコは女の子みたいです。本人達はムッチリしたヒゲ面長髪なので、世の中的にはこっちのジャケの方が正解でしょうが、サウンドもかなりヤングにアピールできるスタイルになってきました。MOTORHEAD系、と言われた80年代のスピードメタルを彷彿させる2バス疾走型に、ちょっとRUNNING WILDなんかを彷彿させる男臭い哀愁が漂ってるのが以前はカッコ良かったけど、今回はTANKを筆頭とする、KILLERやVULCAINあたりにも通じる軽めのサウンドでロッキンなドライビング・リフが冴えわたるMOTORHEAD系統NWOTHMとなっています。後半が哀愁NWOTHM色が濃くなってくるので、ノリノリ・ロッキンなサウンドがお好みの人は前半、シケたメロディック路線に期待する人は後半が聴きものです。



アナログ盤とCDとでラストのボーナス曲が違ってますので、ダイハードなファンはぜひとも両バージョンお買い求めください。CDのボーナスがまたナイスな選曲で、NWOBHMを代表する名曲の一つ、WEAPONのSet the Stage Alightのカバーをやってます!!







・IRON DOGS - Free & Wild DIGIPACK CD ¥2000 (Dying Victims prod.)



前作1stアルバムが凄くカッコよかったカナダ・パンク・メタルの新作2ndアルバム・デジパックCDです。アナログ盤も好調に売れていて、1st聴いて気に入ってしまった方たちの期待の大きさがうかがい知れます。



前作は元祖UKメタル・パンク the BLOODの1stアルバム以前の7"あたりに入ってそうな曲調が最高にクールなパンキー・メタル作品で、the BLOODが好きだったパンク・ファンにも、the BLOODを知らない若いメタル・パンク好きにも、そしてメタル・ヘッズにも大好評でした、と思います。今回も基本路線は変わらず、キャッチーなパンク・メタル・チューンのオンパレードだけど、メロディーが前作のようなシケた感じとはちょっと違って、もっとエピック・メタルっぽいクサレ具合が強い気がします。METALUCIFERのような曲調もありますが、簡単に言いますと、NWOBHM的な郷愁も感じさせた前作1stから、USエピック・メタルの絶妙な脱力感を備えた、たそがれクサレ・メタルへと変化、といった感じがします。が、でもまたこうしてCDで何度もリピートしてますと、前作でBLOODテイストに隠れてちょっと目立たなかった、Forward in Battle時のENGLISH DOGS要素もやっぱり強いと思います。



シングル・コイル・アサルト!なんてJo氏は言ってますが、とにかく90年代以降のエクストリーム・サウンドに浸食される以前のへヴィメタルとパンクへの強い愛情が感じられる作品です。アカ抜けないのが味だったJo氏のパンク・ファッションはドンドンかっこよくなってきてますが、このキメキメなルックスで、このクサレ・メタル・サウンドというアンバランスさもIRON DOGSの魅力の一つかと思います。外見から興味を抱いたパンクスにもぜひ聴いてみてもらいたい、ちゃんと中身のある貴重なメタル・パンクスです!!
11 | 2013/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR