RECORD BOY

Proselytism!!!



2013年最後の商品ご紹介は、これ以上に"念願"という冠がふさわしいのが、もはやリップオフされて数年経つアソコとアソコのレーベルのリリースくらいしか思いつかないほど待ちに待たされた、南米チリのカルト・レーベル Proselytismリリース一挙5タイトルの新入荷品デス!!!!!



情報通のヘヴィメタル・マニアクスならば、この入荷はBOYをちょっとは褒めてあげてもいいと思っていただけるのではないでしょうか。事実、お客さんからはもちろんのこと、業界関係者の方々からも、問い合わせをけっこういただいてました。それくらいにこのレーベルは、とにかく流通が悪い!!!いつまでたっても悪い!!!デモとCDが最高だったチリアン・ブラック・メタル、COMMUNIONのDeathmessiah氏が運営するレーベルで、流通の悪いレーベルって、だいたいリップオフとかイヤな奴がやってるものだけど、Deathmessiahさんはスゴくいい人でして、ProselytismレーベルとCOMMUNIONでのバンド活動、さらにチリでメタル・ショップもやりながら、海外バンドのツアー・ブッキングや面倒見もする、超多忙な親分肌のナイス・ガイなのです。



1度逃すと次の入荷が1カ月後になるか1年後になるか全く予測が付きませんので、いずれもガッツリ入荷させましたが、INCUBUS以外の全てはレーベルのショップからは既に姿を消していますから、油断せず、買い逃し厳禁でお願いします。INCUBUSも今回のみ入荷になるそうです。しかし今回はDeathmessiah氏のご厚意で、COMMUNIONの最新音源 Demo II 3" CDRと、Proselytism Recordsのサンプラ―CDR "Tu Futuro"をいただきましたので、ご指定なしのランダムにさせていただきますが、Proselytism作品お買い上げの方に先着でお付けいたします!!!数に限りがありますので、配布分終了の際はご容赦ください。







・APOSTASY - Sunset of the End + Fraud in the Name of God GIANT DIGIPACK CD ¥2000 (Proselytism)



オブスキュア・スラッシュメタルを熱心に掘ってる方から、南米カルト・スラッシュ・マニアまで、必聴級の極上発掘再発盤です。チリで80年代後期に結成されたスラッシュ・メタル・バンドの、91年に限定500本のカセットのみでリリースされていた唯一のアルバムに、89年の1stデモもボーナス収録した16曲入り。Proselytismリリースのファンにはおなじみの7"サイズのフォールド・デジパック・ジャケで、ポスターも2枚付いてます。



チリと言えば、当時の日本のアングラ・シーンではチリペンの名で親しまれたPENTAGRAMがなんと言っても有名ですが、このAPOSTASYのサウンドもPENTAGRAM CHILEにも引けをとらないどころか、まるでSchizophreniaとBeneath the Remainsアルバムのちょうど中間時代のSEPULTURAみたいな、文句なしの南米王道ダーク・スラッシュメタル・オブスキュア・カルト・クラシック!!!リマスタリングされているせいもあるからでしょうけど、音質は当時カセットでしかリリースされなかったというのが信じられないほどのクォリティーで、しかも楽曲はSLAYERを頂点とする低音域ズグズグ・リフが這いずりまわるタイプだから、ホントにPENTAGRAM CHILEと絶頂期SEPULTURAのミックスみたいです。さらにポイント高いのが、この時代のダーク・デスラッシュ・メタルに多かったハードコア寄りのアティチュードよりも、へヴィメタル・プライドを感じさせるダークネスで、かなりキラーなSLAYERリフを連発してるけど、Show No Mercy ~ Hell Awaits期のムードも漂わせています。







・THRASH FORWARD - Thrash Forward Alliance GIANT DIGIPACK CD ¥2200 (Proselytism)



APOSTASYと並んで、これはオブスキュア・スラッシュ・メタル・ファン驚愕の凄い再発ではないでしょうか。80年代中期~90年代に活動したUSワシントンのスラッシュ・メタル・バンドで、86年と90年にデモを残したのみのバンドだったようです。今回リリースされたのは90年2ndデモの再発9曲入りCDですが、90年の2ndデモと聴いて心配する必要など一切ありません。私は全然知りませんでしたが、マニアには有名なんでしょうか?本当に誰も知らないウルトラ・オブスキュア・バンドだとしたら、こんな凄い音源を拾ってきたDeathmessiah氏の鋭すぎる着眼点にはもうアッパレ降参です。クラシカルな流麗速弾きメロディック・ソロを連射する暴走ノンストップ・スピードコア・スラッシュメタルが、まるでHOLY TERRORがクロスオーバー化したようで、スピード狂ハードコア・スラッシャーも技巧派ギター・オリエンテド・スラッシュメタル・ファンも即死確実の凄い発掘音源deattthh!!!!!7"サイズのフォールド・デジパック・ジャケで、ポスターも付いてます。







・SLAUGHTBBATH - Hail to Fire GIANT DIGIPACK CD ¥1900 (Proselytism)



過去に単独/Split EPが各種入荷していて地味ながらなかなか好評だった、KRATHERIONメンバーらによるチリ産ブラックメタル・バンドの9曲入り1stアルバムです。7"サイズのフォールド・デジパック・ジャケで、ポスターも付いてます。



南米ベスチャル・デスラッシュと、BATHORY影響下北欧ブラック・スラッシュの理想的な融合、と言ってもさして褒めすぎでもない激烈原始的スピードが炸裂していて、冒涜的リチュアル且つ爽快ですらあります。プリミティブなBATHORY系統スラッシュの冷たさとへヴィメタル・プライドの熱さが同居したNIFELHEIMを、MERCILESSのノ―マーシ―な暴走一直線で叩きつけたような感じに、FORCE OF DARKNESSやEJECUTORなどに代表される近年のチリアン・ベスチャル・デスラッシャーらしい南米ダークネスをプラス。今回のProselytismリリース入荷品は、他が全て極上級カルトな強力再発音源ばかりだったので、正直このSLAUGHTBBATHにはたいして期待してませんでしたが、見事にノックアウトされました。素晴らしい!!!666!!!







・TYPHON - Unholy Trilogy + Demo Rehearsal GIANT DIGIPACK 2CD ¥2200 (Proselytism)



先にピクチャー盤のLPで再発されて話題を呼んだ、コロンビアン・ブラックメタル TYPHONのコレクション・アルバムがProselytismから遂に登場です。初期MAYHEMと南米アングラ・メタル・シーンとの交友録を検証するうえで欠かすことの出来ない96年発表カルト・クラシック・アルバム Unholy Trilogyをディスク1に、デモとしてテープでリリースされていた95年のDemo Rehersalをディスク2に収録した、全23曲入り2枚組CD。Warmaster Recordsを運営してMASACREでドラムを担当し、そしてあの有名なDeadの死体写真をジャケットにしたMAYHEMのブートレグ・クラシック Dawn of the Black Heartsをリリースしたことでも知られる、故Bull Metal氏がやってた、狂気と呪いにとりつかれたウルトラ・カルト・コロンビアン・ブラックメタル・バンドです。オリジナルはBull Metal自身のWarmaser RecordsからCDでリリースされて、その後は粗悪なブートレグのカセットやアナログ盤が出回っていましたが、CDでのオフィシャル再発はオリジナル盤以来、実に15年以上ぶりのリリースになります。7"サイズのフォールド・デジパック・ジャケで、ポスターも2枚付いてます。



そしてこのUnholy Trilogyアルバムは、内容も最高にカルト・デス!!!666!!!ただし、forリアル・カルト・マニアックス・オンリーですが。崩壊系ノイズ・メタルではなく、ズルズルの脱力系オカルト・ブラックメタルで、スラッシーな刻みや暴走パートもありますが、無意味に刺激的なポンコツ・エモーショナル&ソウルフルなKYギターワークを核にした、へヴィメタル土台のダーク・オカルト・ブラックメタル、と言った感じです。それを、Bull Metalの棒読み極悪Vo.を筆頭に、コロンビア・メタル特有の非人間的な鈍鉄タッチで仕上げています。ラスト・ナンバーのアルペジオがどう聴いてもMelissaなので、恐らく、MERCYFUL FATEなどにあこがれていたのかと推測できますし、KISSのカバーまでやってます。EuronymousもKISSが好きだったのは有名ですし、8曲目の Life EternalはDeadがこのバンドに提供した歌詞で、ここらへんの初期ブラックメタル・メタル・ミュージシャンのつながりと、音楽的バックグラウンドを推測するうえでも、大変興味深い作品です。ところが意外なことに、ディスク2のデモがかなり極上のHELLHAMMERウォーシップ・ブラック・メタルで、疾走ナンバーはCELTIC FROSTスタイルとも言えるカッコよさ!!







・INCUBUS - God Died on His Knees GIANT DIGIPACK CD ¥1900 (Proselytism)



そして1年以上待たされましたが、ようやく入荷しました・・・。当店には以前にNECROVOREとのSplit形式でのブートCDが入荷してた、80's USカルト・デスラッシュ・メタル・バンド、USジョージア州のINCUBUSの87年デモ初オフィシャルCD再発です。後にAFTER DEATH, NOCTURNUS, MORBID ANGELなどの伝説的フロリダ・デスメタルの最初期に在籍したメンバーらがやっていたバンドで、残した音源はこの3曲のみとされています。過去にGore RecordsとNuclear Blastから7"EP化再発されていましたが、CDでのオフィシャル・リリースは今回が初。3曲だけか・・・なんてガッカリする人などは、この音源を過去に1度でも体験したことのある方ならまず居ないと思います。初期デモ時代のMORBID ANGELが、POSSESSED, KREATOR, DARK ANGEL, RIPPING CORPSE, etcのクレイジーなテクニカル・リフで暴走するデスラッシュと化したかのような、鬼気迫る怒涛のダーク・ハイ・スピード・デスメタルが本当に壮絶で、いつ聴いてもブチのめされてしまいます!!!この鬼神のごとき激烈さで、暗黒の音塊のような感触と、スラッシュ・ルーツの必殺リフを同時に備えてるのは、本当に奇跡としか思えません。MASTERの1985 Unreleaed Album並みに、この音源が当時もし世に広まっていたら、後のエクストリーム・メタル・シーンの動向も変わっていたかも知れない、と思いたくなるくらい、凄い音源です。



Proselytismリリースのファンにはおなじみの7"サイズのフォールド・デジパック・ジャケには、レアなカラー写真やライナーノートを掲載して、ポスターも付いてます。リマスタリングによって音質もバッチリで、言う事なしの再発ですが、ただ一つの問題は、充分な枚数が確保できなかったこと。今回限りの入荷になります。

BOLT STEIN - Rebirth Of Humanity LP



・BOLT STEIN - Rebirth Of Humanity LP ¥2200 (RSR)



UNHOLY GRAVEとのSplit 7"で知名度を全国区に上げて、その後はUSのINSECT WARFARE, 山形のSTENCH MASS GENOCIDEとSplit EPをこれまでリリースしてきた山形デス・グラインディング・クラスト・パンク BOLT STEINが満を持して発表した1stアルバム。ドイツのグラインド/パワーバイオレンス老舗レーベル Regurgitated Semen Recordsからのリリースです。



2000年代にアメリカからいくつか出現したBolt Throwing Crustとは一線を画すスタイルで、BOLT THROWER云々と言うよりも、初期Earacheに代表されるグラインド・パンク・スラッシュ好きには、ぜひ1度聴いてほしいバンドです。REPULSIONを拝借したイントロの曲などもあるとおり、デス・メタル, スピードコア, クラスト・パンクなどが互いに触発し合ってた、80年代後期~90年代初頭のエクストリーム・スラッシュを彷彿させるサウンドで、A.T.F, FALSE INSIGHT, FILTHMILITIA, MASSGRAVE, etcと並んで今後の活動にも期待大のジャパニーズ・クラスト・グラインド・クラッシャーズです!!

Hardcore Punk Holocaust!!





・SACRILEGE - Its Time to Face the Reaper The Demos 84-86 2LP ¥2400 (Havoc)



DISORDERのデモLPと入れ替わりくらいで到着してくれるはずだったんですが、2013年末ギリギリにやっと届きました・・・。ブートが乱発されてたSACRILEGEのデモ音源を、2009年にブラジルのAbsurd RecordsがCDで遂にオフィシャル初リリース。しかしベースのTony主導の再発だったため、ドラマーのAndyと大揉めに揉めて、その後スペインのデスメタル・レーベル Xtreemからもボリューム満点のデモ集が出ました(現在は廃盤です)。今回のHavoc Recordsによるアナログ盤は、Tonyサイド編集のAbsurd Recordsバージョンを2枚組で初オフィシャルLP化したもので、ラストの85年ライブは、2012年にやはりTonyとAbsurd Recordsのタッグでリリースされた、The Lost Tapes EPからのテイクです。





Demo 1 (November 1984)

A1 : Apartheid

A2 : Bloodlust

A3 : Dig Your Own Grave

A4 : Blind Acceptance



Demo 2 (February 1985)

A5 : Stark Reality

A6 : Out Of Sight, Out Of Mind

B1 : A Violation Of Something Sacred

B2 : Bloodrun



Demo 3 (January 1986)

B3 : Flight Of The Nazgul

B4 : Sight Of The Wise

C1 : The Captive



Demo 4 (August 1986)

C2 : Search Eternal

C3 : The Fear Within

D1 : Winds Of Vengeance

D2 : Spirit Cry

D3 : Insurrection



Live At The Marcus Garvey Center, Nottingham 1985

D4 : Battlefield





ONSLAUGHTの1stがDISCHARGEとSLAYERの融合なら、初期のSACRILEGEはVARUKERSを通過してSLAYERに出会ったようなサウンドと言えます。We Won't Be Your Fucking Poor オムニバス2枚組LPにも収録された "Dig Your Own Grave"や、CONCRETE SOX、HIRAX、EXECUTE、LIP CREAMという信じられないメンツが曲を提供した Anglican Scrape Attic オムニバス・ソノシートにも収録された "Blood Run"でもわかるように、メタルコア重要名作1stミニアルバム Behind the Realms of Madness の路線でありながら、初期のデモでは粗さが際立ったメタルコア・スラッシュがとてもカッコイイです。クラスト・パンク女性Vo.の手本となるスタイルを築いたとも言えるタムのヴォーカルも若々しいです。1stミニアルバムが発表される頃になると、METALLICA的なダイナミックでドラマチックな展開もプラスして、80'sメタルコアの王道を確立。写真満載のポスター・スリーブも必見の、アナログ・ファンが待ち望んだレア・デモ音源集オフィシャルLP!!







・SACRILEGE - Behind the Realms of Madness T-SHIRT ¥3000



成り行きで今回のみ入荷のUS製ブートTシャツです。日本のパンク・ショップ界隈ではけっこう人気のあるシリーズのようですが、なかでもSACRILEGEはやはり人気が高いみたいです。



ボディはGildanのSoft StyleのSと、TultexのTultexのMのみ入荷。Lサイズは入荷してません。もう1回言いますが、成り行きで入荷したので、用意できたサイズも枚数も十分とは言えない数です。袖にもプリントのあるこのシリーズを気に入ってる方は、この機会にぜひどうぞ。







・BATTALION OF SAINTS - Second Coming T-SHIRT ¥3000



こちらも今回のみ入荷のUS製ブートTシャツです。このシリーズのBATTALION OF SAINTSはあまり日本に入ってきてないみたいです。



ボディはTultexで、サイズはSとLの2種のみ入荷。Mサイズは入荷してません。もう1回言いますが、成り行きで入荷したので、用意できたサイズも枚数も十分とは言えない数です。袖にもプリントのあるこのシリーズを気に入ってる方は、この機会にぜひどうぞ。







・FALSE CONFESSION - Out Of The Basement Demo 1983 LP ¥2000 (Queer Pills)



Mystic Recordsから84年にリリースした7"がカッコよかった80's USオックスナード・ハードコア・パンクの、83年デモ音源をリマスターLP化したものです。



CRUCIFIX, FINAL CONFLICT, CHRIST ON PARADE, HALF LIFEなどのファンは絶対に聴くべき、UKHCインスパイアなUSHCの極上サウンドです。どこか憂いの漂うギター・フレーズと払拭しきれない暗いムードで疾走するUSHCサウンドは今聴いても素晴らしいです。袖切りGジャンをアメリカンの革ジャンに重ねたVo.のルックスも激渋カッコいい!!知名度は落ちるのかも知れませんが、FINAL CONFLICTのデモLPにも引けをとらない必聴のオススメ再発盤です。







・REAL ENEMY - Life with the Enemy LP ¥2000 (Mind Cure)



日本にもファンの多い80's USピッツバーグ激渋ハードコア・パンク HALF LIFEのギタリスト Vince氏とベースのMike氏(このバンドではMike氏はVo.を担当)が、HALF LIFE参加以前に短期間やっていた幻のバンドの83年デモ音源がLP化。83年CBGBでのライブ4曲もプラスした全17曲入りで、なんとMind Cure Recordsからのリリース!!HALF LIFEの大傑作86年名盤EP Under the Knife 7"をリリースしてたレーベル名も、Mind Cure Recordsでした。これぞUSHCパンク・レコードな味わい満点の作りも嬉しくて、歌詞掲載インナー・シートの他に、ニュースペーパー型の特大インサート・シートには、当時の写真やフライヤーが満載。ダウンロード・コードも付いてます。



BLACK SABBATHの影響も感じさせるレイジング・スラッシュ・パンクが最高にカッコいいHALF LIFEよりも、やはりこの時代のUSHCらしいサウンドで、疾走パートとキャッチーな楽曲はちょっと初期7 SECONDSっぽく、でもHALF LIFE関連バンドらしい危険な緊張感がもっとあって、さらにヒネったフレーズや起伏を含ませた曲調でダイナミズムも感じさせます。80's USHCファンにとってはとても興味深く、そして堪能できるキラー・オブスキュア・ハードコア発掘音源です!!

Anti-Goth!!



年内の最終営業日12月30日の晩は、2013年最後の商品カートアップをやりたいと考えていますが、29日(日)は店内の掃除をやりたいのでアップの予定はありません。なので、今年中のご清算をお考えの方は、このNuclear War Now! CD入荷を区切りに、ご清算に向けてご連絡いただければ、29日~30日にかけて発送の手配をできるかと思います。







・GRAVE UPHEAVAL - Untitled CD ¥1400 (Nuclear War Now!)



年の瀬に2013年最凶最低作品のCDバージョン到着デス!!!ウルトラ豪華なトゥーマッチなダイハード・バージョンLPでも注目を集めた、オーストラリア産ドゥーム・ブラック・デスメタルの1stアルバムです。アナログ盤買った方で、これはCDでもしっかり聴くべきだろうと思ってた人もいるかも知れません。この作品は何から何までナッシング、つまり"無"がテーマで、アルバム・タイトルも曲名もUNTITLED / 無題。ジャケにもディスクにも一切文字はありません。さらにジャケ・ブックレットの写真も心霊写真級に真っ黒で、被写体を確認するのも困難です。



そして、サウンドも完璧な地獄の暗黒儀式轟音で、アルバムを待ち望んでいたファンの期待を裏切らない内容です。PORTALとIMPETUOUS RITUALもやってるメンバーらによるバンドで、ENCOFFINATIONに代表されるslow & tortureなデス/ドゥーム・メタル・ファンに凶烈にアピールするバンドでしたが、この作品の後にENCOFFINATION聴いても、もう全然たいしたことなく感じるから不思議です。と言うか、それだけコレは凄まじい!!!FATHER BEFOULEDのように、INCANTATIONを原点とするオールドスクールなデスメタル要素もほぼ皆無で、やっぱりIMPETUOUS RITUALやPORTAL、あとポートランドのRITUAL NECROMANCYあたりが一番近いでしょうか。速いパートは、スネアを叩いてる数が多くなった、と言ったほうがもはや的確な感じで、遅いとか速いとかいう観点での議論は無意味な、極黒で最低(最も低いという意味です)、でもなぜか恍惚的な、GRAVE UPHEAVALワールドの完成型!!!これ以上はもう無!!!の境地しかないでしょう。







・SET - Upheaval of Unholy Darkness CD ¥1400 (Nuclear War Now!)



CDもリリースされました!!1stデモ・アルバムもNWN!からカセットで再発されていたUSブラックメタル・バンドの、初の正式なフル・アルバムとなる7曲入りアルバムです。



HOUR OF 13やFATHER BEFOULDなどで幅広く活動する C.Davis氏が全楽器を担当するUS2人組ブラックメタル・バンドで、彼のあふれ出る才能を感じさせる、エクスペリメンタルなブラックメタルです。とは言っても難解な内容ではなく、優しさすら感じさせるオープニングのインスト・ナンバーにも象徴されるように、ブラックメタルの冷淡なコードかき鳴らしリフでドカドカに突進してるのに、とてもアトモスフェリックなムードに包まれたサウンドです。ちょっと前だと、こういうのはAjna Offensive系のスタイル、と言ってたかも知れませんが、今一番近いのはVON GOATの2ndアルバムや、こないだ入荷したアルバムが素晴らしかったTEMPLE NIGHTSIDEとか、ああいう感じだと思います。ラストの12分に及ぶ長尺ナンバー以外は、構成もパーツもブラックメタルらしい原始的な方法で、Vo.もlow-endデス系とブラックメタルの凶暴性をミックスしたような凶低唸り声なのに、この浮遊感すら漂う感触が素晴らしいミスマッチを生み出しています。こういうところにも、NEGATIVE PLANEがアンダーグラウンド・エクストリーム・メタル・シーンに持ち込んだサイケなアトモスフィカルが作用してるように感じます。あと、ラスト2曲目でいきなり極上のデスメタル・サウンド&リフになるのもビックリ!!とにかく、最後までリスナーを惹き付けて離さない、とても面白い作品です!!でもNWN!ファンよりも、Dark Descent系のファンにオススメかも知れません。







・PROSANCTUS INFERI - Noctambulous Jaws Within Sempiternal Night CD ¥1400 (Nuclear War Now!)



CDもリリースされました!!USオハイオを拠点とするバンドで、2010年の1stアルバムは地元Hells Headbangersからリリースしてましたが、続いて2011年に発表したミニアルバム Red Streams of FleshからNWN!に移籍。フルアルバムとしては2ndとなるこの作品も、NWN!からのリリースです。



日本でも人気を確立しているFATHER BEFOULEDメンバーによるバンドなのですが、ENCOFFINATIONやVOMITCHAPELなど比べて、格段に人気がなくて地味な存在です。もっとも、VOMITCHAPELやENCOFFINATIONにはタッチしてない、FATHER BEFOULEDのベーシストがやってるので音楽性が違うのは当然で、VOMITCHAPELやENCOFFINATIONのようなエクストリーム・メタルの極北性のみを求める人はスルーしてもらって構わないと思います。しかし、オールドスクール・デスメタルのリフ/パーツで構成した、テクニカルなコールドネスは、かなり当店好みでカッコいいのです!!昨今のカオティックに暴走する前の、RITES OF THY DEGRINGOLADEを継承していた頃のカナディアン・デス・ブラックや、近年のジャーマン・デスのようなテクニカルにバーストするデスメタル・サウンドが好きならぜひとも聴いてもらいたいのですが、テクニカル・リフが絶妙にキャッチーなところは、アメリカン・オールドスクール・デスメタルの血を受け継いでるからこそだと思います。いろんな要素を盛り込んだコンテンポラリーなデスメタルではあるけど、実はこれこそアメリカン・デスメタル!!なのではないでしょうか?FATHER BEFOULED親類バンドの中ではBOYはコレが一番。渋すぎます!!







・KATECHON - Man, God, Giant CD ¥1400 (Nuclear War Now!)



情報も少なく謎に満ちたバンドだけど、先にLPでリリースされて、そのクォリティーの高さで、当店でも密かに好評だったノルウェーの新鋭ブラック・デスメタルの1stアルバムが、NWN!からCDもリリース。全くの新人なのか、それともこれまでに何か他のバンド経歴を持つメンバー達なのか、素性がよくわかりませんが、ジャケからもにじみ出ているように、ちょっとミステリアスな個性と存在感を持ったバンドです。



De Mysteriis Dom Sathanasを強く彷彿させる曲調のコールド・ブラックメタル・ナンバーでスタートして、いきなり1曲目から非常に惹きつけられますが、その後もブラック・メタリックな冷徹なムードに支配されながらも、デスメタル/スラッシュメタルの整合感を備えたコールド・ブラッケンド・デスメタルを、割と簡潔コンパクトに短めのナンバーを連射していきます。近年のAURA NOIRあたりが一番近いかと思うのですが、オールドスクールなリフワークと疾走感の応酬なのに、デスラッシュのルーツをあまり感じさせず、人間味のない無感情コールドな感覚で表現していて、実にノルウェーのバンドらしい渋さに満ちていてカッコいいです。インテリ臭さもなく、ジャケも不気味でカッコいいし、要注目&オススメです!!







・DEMONOMANCY - Throne of Demonic Proselytism CD ¥1400 (Nuclear War Now!)



CDもリリースされました!ほぼ無名の新人バンドながら、1st MLPをNuclear War Now!からリリースしてブラック・デス・マニアに注目を浴びたイタリアのDEMONOMANCYが、7曲入りの1stフルアルバムを発表。



前作デモは、ちょっとUSポートランド極渋悪ベスチャル・メタル RITUAL NECROMANCYも彷彿させる冷徹な暗黒リチュアル・ウォー・ブラックでしたが、この1stアルバムは初期から感じさせていた彼ら本来の味とも言えるSADOGOAT / SADOMATOR的なプリミティブさと、RITUAL NECROMANCYに代表される北米デス・ブラックやオセアニアのウォー・ブラック・メタル・バンドのような冷徹さが入り乱れていて、要するに今回も地獄のノー・マーシー・ベスチャル・デス・ブラック・メタルが鈍く爆裂しまくっています!!なんか、NWN!オーナー氏がこのバンドを推す意味がようやくわかってきた気がしました。PROCLAMATIONやSADOMATORなどのように、キャッチーなポイントでリスナーを惹き付けようとする下心など一切ない、情け無用のウォー・ブラックです!!!







・MORBOSIDAD - Muerte de Cristo en Golgota CD ¥1400 (Nuclear War Now!)



お待たせしました、CDもようやくリリース!!数か月前にLPで先に発表されて、やはり根強い人気を再認識させられる反響があった、USカリフォルニア産ヒスパニック・ウォーブラック・メタルの、4枚目となるスタジオ・フル・アルバムです。既に今日も店頭で見かけた方がボチボチ買っていかれましたので、日本での人気の高さがうかがい知れます。



もはやモロボシ節とでも呼びたい、鈍いけどタイト、プリミティブだけどキャッチーな、安定したクォリティーの内容となっています。90年代初期南米デスラッシュのような原始的な鈍感デスラッシュと、BLASPHEMY以降の冒涜raw war系ブラック・デスメタルを融合した激烈サウンドに、呪文のごときヒスパニックVo.が極悪に唸ります。路線としては、傑作の呼び声も高い前作フル・アルバム Profana la Cruz del Nazarenoの延長線上の路線かと思います。Moyen氏によるジャケ・アートも一貫したタッチでかっこいいし、ファンは大満足の内容でしょう!!

CHICKEN'S CALL - S/T (2nd) LP



年内にご精算してくださったお客さんへの発送と、年末の駆け込み入荷が溜まってしまいまして、カート・アップの方が滞ってしまいましたが、とりあえず先に到着していた商品から順次アップ始めました。年内の営業は12月30日までで、まだ年内いくつかアップいく予定ですが、精算のご連絡いただいた即日の発送は徐々に困難になっていくかと思いますので、その点をご了解のうえ、ドシドシご注文ください!!







・CHICKEN'S CALL - S/T (2nd) LP ¥2000 (Stonehenge)



2014年に日本と韓国のツアーを行う予定のフレンチ・パンク・バンドの2ndアルバムです。



サウンドからもルックスからも実直という言葉がぴったりのバンドで、ちょっと憂いのあるVo.メロディーを疾走する楽曲で歌いあげた、見事なまでのピュア・オールドスクール・ユーロ・パンクです。実にフランスらしいと言うか、80~90年代ヨーロッパの素朴なパンクそのものなサウンドで、不謹慎なジャケ・アートのアルバムが軒並み在庫切れ状態という、おかしなことになってきたこの2013年末に、こういうひたむきなメロディック・パンクもまだいると思うと、40代にとってはちょっと嬉しい反面、BOYとしては申し訳ない気分にもなるのです。

Japanese!!



・SQUARE THE CIRCLE - Blow Up The Intense Punk Conception CD ¥1500 (Crew for Life)



結成して13年と、もはやベテランとも言える活動歴を重ねてきた東京ハードコア・パンク SQUARE THE CIRCLEが、1stアルバムCDをCrew for Lifeからリリース。



COMMUNICATESとのSplit CDも実は当店でもなかなか好評でしたが、過去作品を満喫してきた方には文句なしの内容と言えるブッチギリ・ハードコア・スラッシュ・ナンバーのオンパレードです。毒気もあるアングリーなボーカル、ロッキンになりすぎない直情型の暴走ハードコアな楽曲、それらの土台を支えながらもアグレッシブに暴れまくる素晴らしいドラミング。全てがピュアな怒りに満ちた壮絶なレイジング・ハードコアの嵐で、満を持しての渾身の爆裂作と言えるでしょう。オススメです!!









・SEX VIRGIN KILLER - Crimson Red EP ♂ CD ¥1050 (Diwphalanx)

・SEX VIRGIN KILLER - Crimson Red EP ♀ CD ¥1050 (Diwphalanx)



東京のヴィジュアル・メタル SEX VIRGIN KILLERが前作から4年振りとなる新作EPを2種同時リリース。業界の事情が生んだ交友なのか、このCDEPはなんとBORISのAtsuo氏がサウンド・プロデュースを担当して、最近はライブも共演しているという、アンビリーバボーな展開となっております。



一時離脱してたDie氏がドラマーとして復帰しています。彼は衝撃的なバンド名で日本中を席巻したDISDOMESTIC VIOLENCEの確かオリジナル・メンバーであり名付け親だったと記憶していますが、間違ってても苦情はご勘弁願います。そしてそのせいでしょうか、今回は曲調が過去にも増してXテイスト・アップで、メタル・ファン(not メタル・ヘッズ)も動揺を隠せないメロディック・スピード・ビジュアル・メタルが炸裂!!



♂盤では、GASTUNKの名曲 Birth of Starsのカバーも収録しています。♀盤と♂盤は全くの別内容ですが、お互いの3曲目を同時再生すると、楽曲が完成するという凄まじい内容ですので、ぜひお試しを!!(先着特典のバッジは、ジャケ同様、それぞれ微妙に違ってデザインとなっております。

Rock Hard!Ride Free!!



・WHIPSTRIKER - Troopers of Mayhem CD ¥1600 (Urubuz)



DIABOLIC FORCE, ATOMIC ROAR, FARSCAPEなどで活動するWhipstriker氏のプロジェクト・バンドの2ndアルバムです。今回はメンバーを従えたバンド編成での作品で、Split w/ POWER FROM HELLでも感じさせた成長が確かなものだったと確信させてくれる力作に仕上がっています。



人それぞれの好みにもよりますが、INEPSYにも触発されたであろう初期のライトなロッキン・メタル・パンクよりも、確実にいい方向に進んできました。基本はATOMIC ROARと同じWARFAREウォーシップ。1曲目などはそこにブラジリアン・ハードコア・パンク周辺連中らしい、ANTI CIMEX要素もプラスしています。しかしVENOM的なダークネスがだいぶ生まれてきて、Vo.もちょっとクロノスっぽさが増しました。つまり、motor-chargedとか言ってる連中のほとんどがパーティー・スラッシュくずれに陥ってるのをしっかり反面教師としているのが感じられます。問い合わせもボチボチいただいてましたが、待ってた人には必ずや満足していただけるであろう内容だと思います!!







・AKTOR - I am the Psychic Wars 7" BLACK VINYL ¥1000 / RED VINYL ¥1200 (Full Contact)



SUPERCHRIST, HIGH SPIRITS, PHARAOH,etcでの活躍で日本でもおなじみのChris Black氏が、また新たなプロジェクトを始動。他メンバーは、フィンランドのエクスペリメンタル・ハードロック・バンド CIRCLEのメンバーで、RANGERの1st MLPをリリースしてたレーベルからの、ltd.350枚ブラック・ビニール 1,000円と、ltd.150枚レッド・ビニール 1,200円の、限定500枚デビューEPです。



Chris氏関連バンドで言えばHIGH SPIRITSファンにオススメのソフト・タッチ・ハード・ポップ・メタルです。キーボードの透明な音色も前面に出しているので、よりAOR/プログレ・ハードなテイストも強いです。そこにChris氏の線の細いVo.が乗ると、プログレに接近したHIGH SPIRITSみたいな感じに仕上がっていて、とにかくChris Black氏関連バンドのファンは必聴です!!







・HIGH SPIRITS - Another Nights T-SHIRT ¥2000



Demo 2013 MCDも絶好調のHIGH SPIRITSのオフィシャルTシャツです!!



大ヒット1stアルバム Another Nightデザイン。アルバムの内容に引けを取らない80'sアダルトでビューティフルな仕上がりで、なんだか、ベストヒットUSAとか、FM STATIONとかを思い出してしまいました。って言ってもわかりませんかね。



Gildan製へヴィコットンで、サイズはSとMが入荷。Lサイズも入れたかったけど、完売したそうです。









・PAUL CHAIN VIOLET THEATRE - Detaching from Satan PAPER SLEEVE CD ¥2400 (Minotauro)



再入荷お待たせしました!イタリアン・オカルト・ホラー・メタル総本山 DEATH SSの初代ギタリスト Paul Chain氏がDEATH SS脱退後に始動したソロ・プロジェクト・バンドの、84年1stミニ・アルバムが、限定ペーパー・スリーブでCDも再発。ジャケとは別にディスク収納のスリーブと、インナー/ステッカー/帯も付いてます。PAUL CHAINのVIOLET THEATRE名義の作品は、High Rollerから他の2種類がアナログ盤で再発されてますが、Vivid Eyes in the DarkというタイトルでHigh Rollerが再発した音源は、この1stミニ・アルバムの2010年版再発CDの隠しトラックを単独でアナログ化したモノでした。今回のペーパー・スリーブCDではしっかりクレジットもされて、もちろんそのトラックを含めた6曲入りです。



演奏力は一流でなくても、ギラついた感性と最高のセンス、そして入魂の演奏で聴く者を惹きこむ、カルト・メタルの醍醐味に満ちた内容です。PENTAGRAM、WITCHFINDER GENERAL、PAGAN ALTARなどのBLACK SABBATHチルドレン・レジェンドに通じる、重く苦しいリフとエモーショナルなメロディーで叙情と呪情が交錯したドゥーム・メタルに、教会コーラスやイタリアン・オカルト・メタルの特徴の一つともなった怪しいキーボードを加えて、ゴシックやプログレっぽさを漂わせながらもカルト臭満点!!2曲で50分弱というボーナスの長尺ナンバーも妖艶リチュアル・ダークで素晴らしいです。







・PAUL CHAIN VIOLET THEATRE - In The Darkness LP BLACK VINYL ¥3000 / VIOLET VINYL ¥3000 / PAPER SLEEVE CD ¥2400 (Minotauro)



先に入荷してたCDご紹介にちょっと触れたら、少なからずお問い合わせもいただいてましたが、アナログ盤も入荷致しました!!イタリアン・オカルト・ホラー・メタル総本山 DEATH SSの初代ギタリスト Paul Chain氏がDEATH SS脱退後に始動したソロ・プロジェクト・バンドの、86年発表1stフルアルバムが念願の再発。PAUL CHAINのVIOLET THEATRE名義の作品は、High Rollerから他の2種類がアナログ盤で再発されてますが、この1stフル・アルバムはオリジナル・リリースの86年以来25年以上ぶりの再発ということになります。ltd.200枚のブラック・ビニールと、ltd.202枚バイオレット・ビニールの2種入荷。ペーパースリーブCDも再入荷しました。



DEATH SSでのドス黒いホラー要素を一身に担っていたのがPaul Chain氏だったと思いますが、DEATH SSのあの吐き気を催すまでの極黒さが苦手な人をも唸らせるであろう極上のオカルト・ドゥームメタルが堪能できます。かなりリチュアルなムードの強いサイケデリックなオカルト・メタルではあるけど、アシッドなだけではないのがこのバンドのカッコよさで、鋼鉄のサバス・リフ・パターンで、サイコティックなホラー・メタルを70年代的なメロウ&ヴィンテージ・ハードロック叙情で熱く表現しています。イタリアン・オカルト・メタル云々抜きに、MERCYFUL FATEや、最近だとTHE OATHのような黒い妖艶さが好きな人に絶対聴いていただきたい内容です。叙情と呪情が交錯した激渋オカルト・ドゥーム・メタル!!







・PAUL CHAIN VIOLET THEATRE - Opera 4th CD ¥2200 (Minotauro)



こちらは87年2ndアルバムで、この作品を最後に~VIOLET THEATRE名義から簡潔にPAUL CHAINへと改名。このCDはスリップケース付きの2010年版ですが、現在の日本ではなかなか入手しずらい状況です。



鋼鉄タッチの強い曲調もあって、BLACK SABBATH影響下のNWOBHMバンドにも似たダークネスも感じさせたりしますが、しかしやはり根柢にあるのはPAUL CHAIN以外の何物でもない、あのサイケデリックな郷愁で、Paul Chain氏は演奏も歌唱もA級ではないかも知れないけど、妖艶で哀愁に満ちたメロディー・センスと表現力は、間違いなくS級(スペシャル級)のアーティストです。切ない鍵盤の旋律など、この作品に限らず、SIGHのサイケデリックな叙情性の形成に強く影響を与えたことがうかがえます。言うまでもなく必聴のオカルト・ハードロック名盤です!!







・PAUL CHAIN - Life and Death PAPER SLEEVE CD ¥2400 (Minotauro)



大好評の~VIOLET THEATRE名義作品ペーパースリーブCD再発に続いて、PAUL CHAIN改名後の再発盤も入荷致しました。87年2ndアルバム Opera 4thを最後に~VIOLET THEATRE名義から簡潔にPAUL CHAINへと改名して89年に発表した作品です。同年に発表したViolet Art of Improvisationアルバムが、Paul Chain関連作品の中で最もアヴァンギャルドなエクスペリメンタル作品だからかでしょうか、こちらの Life and DeathアルバムをPAUL CHAIN改名後の正式な1stアルバムとみるディスコグラフィーが多いようです。89年のオリジナル盤以来のリリースとなるこの限定ペーパー・スリーブ初再発CDは、今年2013年にリリースされながら、まだ日本にはほとんど入ってきてないようです。LPをそのままCDサイズに縮小したような作りで、ジャケとは別にディスクを収納するスリーブもとても良くできています。帯も付いています。



ストーナー・ロック風だったり、アヴァンギャルドなエクスペリメンタル風だったりと、作品によって趣向を変えながらも、殺伐としたオカルティックなムードが一貫として漂っていたのがPAUL CHAINの魅力かと思いますが、この作品はそれらの実験的なアプローチを単体作品の中で見事にまとめて完成させたような、いわばPAUL CHAIN流オカルト・ヴィンテージ・ハードロックのうまみを凝縮した内容ですので、時系列で考えても、そして~VIOLET THEATRE時代のサウンドからの必然的な深化型を体験するうえでも、真っ先に聴くべき重要名作と言えます。妖しくサイケデリックな~VIOLET THEATREベースのダーク・ハードロックを柱に、鍵盤の音色は時に教会風の暗い哀愁や、ヨーロピアン・トラッドな郷愁フォーキーだったりと、60's~70'sブルーズ/フォークの最深部を消化したハードロック・サウンドは、これぞまさしくイタリアン・オカルト・ダークネス!!









・PAUL CHAIN - Alkahest 2LP BLACK VINYL ¥3600 / BLUE VINYL ¥3900 / PAPER SLEEVE CD ¥2400 ¥2400 (Minotauro)



こちらは最高傑作の呼び声も多い95年アルバムです。95年のオリジナル盤以来のリリースとなるこの再発盤も、今年2013年にリリースされながら、まだ日本にはほとんど入ってきてないようです。アナログ盤は硬質なゲートフォルド・スリーブで、High RollerやSvartなどの現在の量産型アナログ盤とは完全に質感が違います。ltd.296枚のブラック・ビニール 3,600円と、ltd.200枚ブルー・ビニール 3,900円の2種入荷。昨今の円安も影響して、アナログ盤を仕入れるのは今は本当に厳しい状況なのですが、前回のVIOLET THEATREペーパースリーブCD入荷の際にLPのご要望も少なからずいただきましたので、がんばってみました。円高に戻らない限り、この値段では2度と販売できませんので、アナログ・ファンの方はこの機会にぜひどうぞ。CDもWジャケットのLPをそのままCDサイズに縮小したような硬質なゲートフォルド・スリーブで、ジャケとは別にディスクを収納するスリーブもとても良くできています。歌詞掲載の両面ミニ・ポスターと帯も付いています。



数多い作品の中には、ストーナー・ロック寄りだったり、エクスペリメンタルな内容だったりするPAUL CHAINですが、この作品はLee Dorianがゲスト参加、と言うか、ガッツリ食い込んでLee氏好みのPAUL CHAIN作品に仕上げたことでも有名で、しかもそれが大成功してる傑作です。PAUL CHAIN本来の妖艶なサイケデリック・オカルト・ドゥーム・テイストを崩すことなく、90年代当時盛り上がっていたドゥーム・メタル・リバイバルに触発された(もしくはLee氏がその路線も見事に取り込んだ)BLACK SABBATHスタイルのソリッドなリフで構成したドゥーム・メタル・チューンが素晴らしいです。ガリガリに黒い刻みリフのドゥーム・メタルなのに、スカスカで妖しくサイケなオカルト・メタルと化してるところなどは、Lee氏の鋭いセンスとPAUL CHAINの天性の才能が完璧に反応して生まれた奇跡と言っても過言ではないと思います。90'sドゥーム・メタルを代表する名作です!!







・PAUL CHAIN - Unreleased Vol.2 CD ¥2200 (Minotauro)



こちらはPAUL CHAINのラスト・リリースとなった、2003年発表の、タイトル通り、未発表音源集第2弾の7曲入りCDです。80年代初期から活動するMinotauro Recordsは、~VIOLET THEATRE時代からPAUL CHAIN作品をリリースし続けていて、他にもREQUIEMのようなオカルト・ドゥーム・メタルや、後にメロディック・パンクへと転身して日本のレーベルからもリリースのあったEVEROSRのスラッシュ・メタル時代1stアルバム(プロデュースはPaul Chain氏)など、イタリアン・メタルのカルト名盤を輩出した重要レーベルですが、不思議なことに2010年代の今でも流通は激悪で、PAUL CHAIN関連作品も現在の日本ではなかなか入手しずらい状況です。この未発表音源集のVol.1は既にレーベルにも在庫がないそうなので、Vol.2のみの入荷になりますが、これがドゥーム・メタル・マニア必聴の素晴らしい内容でして、PAUL CHAIN本来の妖艶なサイケデリック・オカルト・ドゥーム・ナンバーと並んで、USドゥーム・メタル・レジェンド Scott "Wino" Weinrich氏が参加して歌っている曲が2曲収録されています。この、イタリアン・オカルト・サイケ・ドゥームと、Winoのソウルフルでエモーショナルなヴォイスのミスマッチは、なかなかの聴きものだと思います。他の収録曲も、PAUL CHAIN作品で頻繁に出くわすエクスペリメンタル過ぎてアヴァンギャルドな曲は無くて、~VIOLET THEATRE時代も思わせるオカルティック・サイケな曲調から、エモーショナルなストーナー・ドゥームまで、ドゥーム・メタル・ファンならば大満足の内容でしょう!!

Death Masters!!





・BONES - Sons of Sleaze CD ¥1400 (Planet Metal)



なんとか年内再入荷間に合いました!!2011年にいきなりアルバムをリリースして鮮烈なデビューを飾ったシカゴのデス・メタル・バンド BONESの、大プッシュ&大反響の2ndアルバムCDです。



これぞシカゴ・デス!!なゴリゴリのデス・メタル・サウンドで、1st聴いた時はそのあまりの痛快っぷりに、"偉大なるシカゴの伝説的バンドへの崇拝を表したオールドスクール・デスメタル!!"なんて言って大興奮してしまいましたら、なんとメンバー3人とも、元USURPERじゃないっすか・・・。クリス・ブラックさんも最初から教えてくれれば、さらにもっと興奮してたのに・・・などと思いながらこのCDを再生した瞬間、本当に誰もいない店内で声をあげてしまいました。スゴい・・・、これはちょっと凄すぎる・・・、いや、ちょっとどころじゃない、恐ろしいまでにコレはスゴいデスよ!!!!!もう屁理屈並べるのやめて、"当店をご利用のお客様は、まずはこちらの商品を必ずお買い求めいただきますよう、お願いします"と、トップ・ページに書きたいくらい、BOYのお客さん全員に聴いてもらいたいです。もちろん基本路線は変わらない、破壊力満点のデスメタルなんですが、メンバー編成を知ってから聴くと、、、



これが完全にMASTERの1985 Unreleased AlbumとUSURPERの融合まんまなんデス!!!!!!!!!!



MASTERはピュア・ファッキン・デスメタル・バンドだけど、サウンドの基礎となったのはMOTORHEADやBLACK SABBATHだったのは明らかです。それらのへヴィメタル/ハードロックの古典的フレーズや、そしてMASTER的なハードコアな要素もしっかりあって、クラスティーな曲調だけではなく、ドゥーム・スラッジ系パワーバイオレンス方面のエクストリームに向かって爆発したような感もあります。オールドスクールに根ざしたシカゴ・デスメタル特有の起伏の激しさと、へヴィメタル・ルーツのヘッドバンギング・リフが本作でも必殺級に炸裂しているわけです。ハードロックの伝統芸も踏襲したような展開は、シカゴと聞いたら私はどうしても名前を出して大好きだとアピールしたくなる、ZOETROPEとの共通性とまたしても勝手に理論付けてしまいたくなります。で、これらの要素を爆発させてる演奏してるのが、完全にあのUSURPERなんです!!!コレほんと、どう聴いてもデスメタル版USURPERにしか聴こえなくなってきました。もちろん、全員がex. USURPERなので、CELTIC FROSTリフも随所にまぎれてますし、Vo.は分担してるようなので気付かなかったけど、Tom G. WarriorウォーシップVo.の最高峰 Jon Necromancer氏のあのウルトラ・メガ激渋ヴォイスもちゃんとあるじゃないですか!!!なんで今まで気付かなかったんだ・・・。



BONESの新作ですから、もちろん初回オーダーからガッツリ入荷させましたが、目の前に山盛り在庫があっても足りない気分だったので発売開始と同時に追加オーダーして、ギリギリ92013年内の再入荷間に合いました。例年、年末には何かしらその年の目玉となるようなリリースが飛び込んでくるもんですが、今年の年末のBOYはBONESで決まりじゃないでしょうか。即死as soon as再生はまぬがれたので、これで厄が吹っ飛んだような気がします。ウルトラ・メガトン・オススメ必聴& dieeeggghhhデス!!!!!







・MALAS - Path to Holocaust CD ¥1600 (Utterly Somber)



Paul Speckmann氏関連バンドの相次ぐ再発や、高まるCIANIDEの再評価、FUNERAL NATIONの再発、CHASMやBONESなどの活躍など、近年盛り上がりを見せるシカゴ・デスメタル・シーンの中で、いまだ地味でダイハードな存在感を死守しているMALASが、正式単独作としては1stアルバム以来8年ぶりとなる2ndアルバムを、今年2013年夏に発表していました。



ジャケとメンバーのルックスからは相変わらず売れない雰囲気が充満していますが、内容は文句なし!!KREATOR系デスラッシュだけど、デスメタルのプロト・タイプとしてPOSSESSEDの1stとともに最重要作とされるPlessure to Kill路線ではなく、Terrible Certaintyの頃のようなガムシャラな突進力とソリッドな金属質スラッシュ・シフで突進するスタイルで、そのガムシャラな強引さがMASTERにも通じるため、やはり実にシカゴ・デスメタルらしい味わいがあります。2ビートの突進デスラッシュ・ナンバーはKREATORやDARK ANGELファン一撃必殺のネック・ブレーカーっぷりですし、MASTERスタイルのドライビングな疾走ナンバーはバッキバキの感触のせいで、MOTORHEADっぽさすらあります。これぞシカゴ・デス!!人気でないだろうけど、カッコいいデス!!







・IMPETIGO - Faceless TAPE + ZINE PACK ¥1500 (Obliteration)



USイリノイ・カルト・スプラッター・グラインド・デスメタル IMPETIGOが、1991年に伝説のレーベル Wild Ragsから発表した "Faceless" EPのカセット・バージョンを、オリジナルに限りなく近く再現して、日本のObliteration Recordsが復刻再発。本体カセットの他に、A5 / 16ページのZINE, 缶バッジ, マグネットも付いた限定500セットのZINE PACKです。



New Renaissance Recordsから1stアルバムを発表したNECROPHAGIAと、Wild Ragsから作品を発表していたこのIMPETIGOが、USゾンビ・ゴア・デスメタルのパイオニアと言っても過言ではないと思います。ファニーにもとれるネクロ・ゴアなテーマとアートワークの印象からゴア・グラインドの祖とする風潮もありますが、サウンドは極渋の一言に尽きるグラインディング・デスメタルで、REPULSIONがCARCASS的にデスメタル要素を強めたようなグラインド・デスメタルはホントにカッコいいデス!!そこに、NECROPHAGIAやAUTOPSYにも通じる、アメリカン・サイコ・シックネスな狂気を導入しています。REPULSION, CARCASS, NAUSEA L.A, そしてIMPETIGO!!もうこのラインで並べて語られるべき、S級カルト・グラインディング・デスですデス!!!







・INTERMENT / BRUTALLY DECEASED - Glory Days, Festering Years SPLIT CD ¥1600 (Doomentia)



先にアナログ盤でリリースされて、両バンドの内容の良さで密かに好評だったSplitアルバムがCDバージョンもリリースされました。UNCANNYメンバーやDELLAMORTEメンバーなども在籍するスウェディッシュ・デスメタル・レジェンド INTERMENTと、チェコの若手デスメタル有望株 BRUTALLY DECEASEDによる対戦です。



INTERMENTはこのレーベル・リリースの宿命であるダサ・ジャケというハンデをモノともしない、素晴らしい内容のピュア・スウェディッシュ・デスメタル・サウンドが炸裂しています。ギターVo.がUNCURBEDにも在籍していたのも納得の、スウェディッシュ・デスの黒い重厚音壁が、SVART PARADや後期ASOCIALっぽさもあるハードコアにも近い疾走感で突進してきて、復活以前となんら変わらないグレート・スウェディッシュ・デスメタル!!



そして対するBRUTALLY DECEASEDも笑っちゃうくらいのモロにスウェディッシュ・デス・ストライク(ど真ん中)なサウンドでコレは凄い!!ENTOMBED, DISMEMBER, GRAEVE, 最近で言えばUNDER THE CHURCHやイタリアのPROFANALみたいな、スウェディッシュ・デス以外の要素は完全に排除したダウン・チューニングで低く這うように疾走するピュア・デスメタルです。伝説的カルト・バンド INTERMENTの対戦相手という重責を見事に全うしています!!

Japanese!!





・RIVERGE - Back'th'rash CD ¥1500 (Rock Stakk)



復活後も精力的に活動を続ける大阪ベテラン・スラッシュメタル・バンドの、87年2nd 7" Do a Threat for Eyeの現メンバーでの再録と、80年代にライブで演奏されていた未発表曲 Head Lose, さらに新曲も収録した7曲入りCDです。



ジャケ・アートを見た瞬間に、白塗りメイク&鋲で武装した凶悪メタル・ファッションでノイジー・ロウ・スラッシュをブチまけていた、初期のあのセンセーショナルなRIVERGEの虜になった往年のファンも期待が高まっているハズです。Do a Threat for Eye 7"の裏ジャケに掲載されていたこのキャラクターは、初期RIVERGEのイメージ・マスコット的に扱われていて、このジャケ・アートとともに裏ジャケに載っていた、凶暴なキャラがギターを弾いてるアートは、当時Tシャツも作られて販売もされていたので、注文しようか凄くなやんだのを覚えています。サウンドは、SLAYER系のダーティー・スラッシュ・メタルを、ハードコアな潔さとノイジーなサウンドで表現していた80年代から今も基本的に変わりなく、初期曲の再録から新曲まで、違和感なく一気に楽しめる内容です!!







・SLIGHT SLAPPERS - Moonlight 7" ¥1050 (Diwphalanx)



単独作としては6年ぶりとなる東京パワーバイオレンスの新作、先にリリースされたCDの最後に収録されていたS.K.以外の11曲を7"に詰め込んだアナログ・バージョンです!!



日本でイチ早く海外のパワーバイオレンス・ムーブメントに触発されスタートしたSLIGHT SLAPPERSは、近年は各メンバーの音楽的趣向も反映させたような、独自のパワーバイオレンス・ワールドを確立してます。今回も速くてやかましいノイジー・ファストコア・スラッシュを基調に、ポップな感覚とカオティックなヒネリを導入して、それらを圧倒的なテンションと切れ味で畳み掛けるクレイジー・パワーバイオレンスが大爆発!!







・SPANISH FLY - クズレル CD ¥1000



東京ハードコア・パンク・シーンの中でも柔軟且つ都会的な手法でノイズ・パンクを表現するバンド NERVSのメンバーも参加する新バンド、5曲入り自主リリースのCDです。粒の荒いエクストリームなノイズ・サウンドを用いて、現代的でスタイリッシュな音を開拓してきた新世代ノイズ・コア勢の感触ももちろん感じることはできますが、本作はそのスピード感はそのままに、もっと原始的なノイズ・コアを思わせる曲作りも多く見られます。ボーカルはジャパニーズ・スラッシュ・パンクの軽快なテンションでスピードナンバーに乗っかり、全編を通して痛快なノイズコア・スラッシュとして仕上がっています!

REALITIES OF WAR - S/T 7"



・REALITIES OF WAR - S/T 7" ¥850 (Not Very Nice)



FRAMTIDのギタリストであり、日本でクラストコア・パンクのシーンを確立させた最重要人物の一人でもあるJacky Crustwar氏が昔やってたREALITIES OF WARなるバンドの音源が、USレーベルから発掘リリース!!!



後にCrust Warから再発されてたASPHYXIAが解散したため、当時の学友であったNaoki氏がドラムを担当し、Jacky氏はギターとVo.も担当して、ベースレスの2人編成で92年に録音したリハーサル音源だそうです。無料で使える学校のスペースで簡単に録音されたリハ・セッションではありますが、これが当時世界中で猛威を振るった、あの懐かしきD-Beatサウンドまんまで素晴らしい!!特筆すべきはJacky氏のVo.で、今FRAMTIDで聴かせる気合いのシャウト・コーラスとは全然違って、まるでCalなdischargeスタイルでカッコいいのです。このVo.は、Jacky氏が日本流通盤のライナーを担当した、DISASTERに思いっきり触発されたらしいです。



全7曲入りで、600枚限定のワンタイム・オンリー・プレスだそうですので、ぜひ逃すことなく入手してください!!
11 | 2013/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR