RECORD BOY

Japanese!!



・HOLLYWOOD MASSAGE VIBRATION (HMV) - The Great Adventure of Heroic Mind Voyager 7" + CD ¥1050 (Love Over Voltage)



Breeding Recordsからの1st CDが当店にも以前入荷してた、京都パンク・バンドの7"シングルです。7"EP収録曲+3曲追加したCDも付いています。



ODDBALLの疾走感に、Breeding Records系のAlternative Tentacles, SSTなどの変態性もミックスしたようなストレンジ・パンクです。ex. OUTO, RISE FROM THE DEADのモツ氏などもゲストで参加していて、ハードコア性を失わず、尚且つただストレンジな雰囲気を作ってるようなヤツじゃない、しっかりとした音楽性を感じさせるフリーキー・パンク!!







・PECKINGPAH (ペキンパー) - 第四号 August 2013 Vol.4 BOOK + DVD ¥1575 (オルタナパブリッシング)



以前にMOTORHEADレミーが表紙の第1号が入荷してたサブカル・ムック、ペキンパーの最新号です。ブラック・メタルとは関係ありませんが、SIGHの川嶋未来氏によるテキストなどもあります。以下、インフォメーションからの転載になります。





何でもいいからブチ壊せ! 爆走するバニッシングマガジン!

※DVD版(印刷物+DVDトールケース付き)



☆総合特集:パンクっていったい何?カルチャーとしてのパンク論。日本のパンク。



●スターリン写真館

鬼才・石垣 章の撮った貴重なスターリン写真を大公開 !!

● 遠藤ミチロウロングインタビュー

●遠藤ミチロウ名言集

●HIKAGE インタビュー

王道じゃないところに凄い快感が走るんだよ

●中川 敬インタビュー

パンクは DIY 的な、自主的芸能、自決の芸芸能っていうかそれがパンクやで!

●イマイアキノブインタビュー

「パンク?」音楽聞いてスカッとしたいじゃない?そういう音楽だったんじゃないの?

●トマホーク鈴木と座談会

●ZIGZAG/ ヒロシインタビュー

ZIGZAG は早すぎてブレイクのないバンドって言われてた、けど当時、オレらはブレイクしてると思っていた

●東京・高円寺」のゴッドマザー『松下弘子』インタビュー

● 『松下おばちゃん』写真館

● 『稲葉”さとべぇ”里美』写真館

●日本のグラインドコア特集『グラインドが来たぞ!』

●高円寺 SHOP 探訪

●「 STANCE PUNKS TSURU に質問する、ペキンパーからの 69( ロック ) な質問 !! 」

●ペキンパー的偉人伝# 01 『ジャン=ジャック・バーネル』

●[ PUNK 漫画]はなくそ腫瘍・ザ・ワールド

●ギリシャトランス紀行

●[映画論評]死、恍惚、パニックフェルナンド・アラバール

●AV でしかなしえない表現の極致!『バクシーシ山下』論 by SIGH 川嶋未来氏

●重厚音楽考察 怖い音楽は何故怖いのか by SIGH 川嶋未来氏

●鶴岡法斎実験工房

●男の墓場プロダクション Presents男のアニメ研究所



DVDコンテンツ(140分超!)

?遠藤ミチロウライブ映像

?ギリシャトランス紀行

?日本のグラインドコア

?トマホークナイト

?STANCE PUNKS

?アシッド13

?予告編

Hardcore Bangers!!



・IRON DOGS - Free & Wild LP ¥2600 (Iron Bonehead prod.)



前作1stアルバムが凄くカッコよかったカナダ・パンク・メタルの新作2ndアルバムが、ゲートフォルド・スリーブのポスター付きLPでリリース。CDもデジパックで追って発売となりまして、そちらは順調に進めば年内には届くかと思います。



前作は元祖UKメタル・パンク the BLOODの1stアルバム以前の7"あたりに入ってそうな曲調が最高にクールなパンキー・メタル作品で、the BLOODが好きだったパンク・ファンにも、the BLOODを知らない若いメタル・パンク好きにも、そしてメタル・ヘッズにも大好評でした、と思います。今回も基本路線は変わらず、キャッチーなパンク・メタル・チューンのオンパレードだけど、メロディーが前作のようなシケた感じとはちょっと違って、もっとエピック・メタルっぽいクサレ具合が強い気がします。METALUCIFERのような曲調もありますが、簡単に言いますと、NWOBHM的な郷愁も感じさせた前作1stから、USエピック・メタルの絶妙な脱力感を備えた、たそがれクサレ・メタルへと変化、といった感じがします。



アカ抜けないのが味だったJo氏のパンク・ファッションはドンドンかっこよくなってきて、このキメキメなルックスで、このクサレ・メタル・サウンドというアンバランスさもIRON DOGSの魅力の一つかと思います。外見から興味を抱いたパンクスにもぜひ聴いてみてもらいたい、ちゃんと中身のある貴重なメタル・パンクスです!!







・IRON DOGS - Cold Bitch LP RED VINYL ¥2600 (Iron Bonehead prod.)



大傑作1stアルバムもレッド・ビニールでアナログ盤再プレスされました!!







・IRON DOGS - Wild & Free WOVEN PATCH ¥800 (Iron Bonehead prod.)



カナディアン・パンク・へヴィメタル IRON DOGSの、2ndアルバム Free & Wildアルバムに合わせて製作された、直系約10cmの円形Wild & Freeパッチです。







・KNIVAD - Sakta ruttnar vi 7" BLACK VINYL w/ PATCH ¥1800 / GREY VINYL

¥1200 (To The Death)



本日ご紹介商品の中では唯一のハードコア・パンク作品ですが、リリースしたのはなんとスウェディッシュ・デスメタル老舗レーベル To The Deathデス!!限定300枚リリースで、ltd.100枚のナンバリング入りブラック・ビニール+パッチ付きと、ltd.200枚グレイ・ビニールの2種入荷してます。



To The Deathがリリースするスウェディッシュ・ハードコア・パンクとなると期待は高まりますが、サウンドはまさしくスウェディッシュ・クラスト以外の何物でもない純正ハードコアで、WOLFBRIGADEファンは必聴の絶対注目バンドです。叙情リフをジョジョージョ!!ジョジョージョ!!と切なく奏でて疾走してるけど、この鉛のような鈍い重厚さが、デスメタル業界関係者の耳にも刺激的だったのがうかがい知れます。昨今のクラスト・パンクの傾向はあまり把握できていませんが、恐らくこのスタイルは完全に時代錯誤だと思います。しかし、と言うか、だからこそ、To The Deathがリリースするのも妙に納得できる個性を感じます。



SONIC RITUALやREPUGNANTがBOMBSTRIKEだったり、LEGION 666やABSOLUTがSLAUGHTER STRIKEやRAMMERだったりと、そういう本質的なクロスオーバー現象を探って検証するのが好きな方なら、ぜひ今のうちにチェックしておいてください!!









・VIRUS - Lunacy / Raped by Mutants CD ¥1600 (Marquee)



1st + 2ndの初オフィシャル再発CD化以降、にわかに活動が表立ってきたUKハードコア・スラッシュメタル VIRUSの、89年にMetalworksから発表した3rdアルバム Lunacyも遂に再発です。2009年にダウンロード/MP3フォーマットでリリースした4曲入り EP Raped by Mutantsもカップリングして、さらにライブも4曲追加した全16曲入り。



当時の多くのUKスラッシュ・メタル・バンドの特徴でもあった、ハードコア・テイストを強く感じさせるスラッシュ・メタルで、近未来宇宙戦争と原始的崩壊が合体したような驚愕のロウ・スラッシュメタル・カルト・クラシック 1stアルバム Pray for Warから、真っ当なクサレ・ドカドカ突進ロウ・スラッシュメタルへと進化した2ndアルバム Force Reconへと着実に成長していたバンドの、89年3rdアルバム。当時のスラッシュ・メタルを体験にした人には、もうこのデータ的な説明だけでだいたい予想がつくような王道の80'sスラッシュメタル末期的症状のサウンドでして、ANTHRAXの影響力が当時は凄まじかったことも改めて再認識させてくれるような内容です。でもラップとかは一切なくて、ANTHRAXのハードコアへの憧れを、イギリスで表現したようなスラッシュ・メタルなので、途中飛び出すパンキッシュなフレーズが、まるでBLITZみたいだったりするのが、とても面白いです。



再結成後の音源はボーナスでもあまり喜ばれないものですが、VIRUSの場合は、ちょっと嬉しいファンの方が多いのではないでしょうか。Raped by MutatnsはダウンロードEPだったわけですし、そもそも復活して活動していたこともまだほとんど知られてなかったと思われる2009年の音源です。そしてこれが、今まで聴いたVIRUSの作品の中でも一番シリアスなクォリティーのスラッシュメタルで、正統派メタル・スラッシャーもスルーできない内容にオドロキです!!まぁ、売り文句ですからホントはたいして驚いてないんですけど、でもこのVIRUSは他のVIRUSとは違うので、やっぱり昔を知る人にはオドロキだと思います。ちょっとギター・オリエンテドな感じもするスラッシュメタルで、でもベイエリア・スラッシュ系バンドの80年代後期~90年代の作品みたく、ミドル・テンポのつまんない曲の上でビロビロビロビローーー!!!って弾きまくるだけのようなヤツじゃなくて、スラッシュメタル本来の疾走感もバツグンなので、正統派ピュア・スラッシュ・メタル・ファンは満足いただけると思います!!

Metal Blackness!!





・CRAVEN IDOL - Towards Eschaton LP FIRE ORANGE VINYL ¥2400 / CD ¥1600 (Dark Descent)



イギリス・ロンドンのブラッケンド・デスラッシュ・メタル・バンドの1stアルバムが、USのDark Descent Recordsからリリース。Rich Walker氏率いる大英帝国産エピック・バトル・メタル SOLSTICEのメンバーも在籍しています。アナログ盤は限定カラー・ビニールでの入荷です!!



まずはメンバーのルックスがカッコいい!!しかもサウンドもこのルックスから期待してみた通りの内容で、これは日本でもファンが付きそうなバンドになるかも知れません。この極悪メタルヘッズなルックスを見た時、アルバムのジャケ・レイアウトなどからも感じたけど、ちょっとスウェーデンのVENOMウォーシップ・ブラック・スラッシュ・メタル DIE HARDを思い出してしまったんですが、このCRAVEN IDOLのサウンドもまさしくそんな感じの、凶暴ブラック・テイストの強いヨーロピアン・スタイルのデスラッシュ・メタルです。リフの刻みっぷりも爽快だし、疾走感も80'sオールドスクールです。そこにドラマチックな展開とキャッチーなフレーズもふんだんに盛り込んで、1stアルバムにして既に完成された感すらあります。DIE HARD, URN, FLAMEなどの北欧ブラック・スラッシュ・メタル・ファンにはど真ん中でしょうし、ペイガン系にも通じる勇壮トラッドな展開もある極悪ブラッケンド・デスラッシュと言う事で、DESASTERやDESTROYER 666のファンにもオススメしたくなります。いつものDark Descent Recordsリリースと微妙に違った雰囲気ではありますが、ブラック・スラッシュ・メタル・ファンはぜひチェックお願いします!!







・ISENBLAST - Forest of Frost TAPE ¥700 (In Satan's Custody)



BORROWED TIME周辺ミシガン・メタル・バンドをまた一つ紹介していただきました。ちょっと前にデモが入荷してたDEMON BITCHメンバー3人+黒人ドラマーによる本格派ブラック・メタル・バンドで、el zine #14のBitchy Witch Recordsインタビューで、Alejandra姐さんもオススメよぉ、と言ってたバンドです。限定250本ナンバリング入りの、2曲入りデモ・テープです。



凍えるような旋律をブラック・スラッシィなソリッド・リフも組み込みながら爆発させた、完全な北欧スタイルのブラック・メタル・サウンドです。と言うか、これはかなりWATAINではないでしょうか!!ノルウェジアン風な掻きむしりリフも時には飛び出しますが、プリミティブな曲調にはならず、スラッシュ~デス基盤の激烈なリフ・ワークと起伏も含んだ展開を、北欧の突き刺すような極寒メロディーで、感傷的になることなく激情的に叩きつけてきます。立ち上がって叩いているように見える、ガタイのいい黒人ドラマーもポイント高いです。ミシガン・メタル・ファン以外のデス/ブラック・メタル・ファンの方にもぜひチェックしていただきたいです!!







・JOINT CUSTODY - Before the Altars TAPE ¥800 (In Satan's Custody)



DEMON BITCHメンバー2名(うち1名はISENBLASTメンバーでもあります)によるパンキ―・ブラック・メタル(と、メンバー自ら言ってます)バンドの、イントロ+4曲収録のデモ・テープです。



DEMON BITCHを入荷させた時に、JOINT CUSTODYというバンドもやってる、とサンプルで1本いただいて聴いてみて、ぜひ入荷させたいと思っていましたが、2012年に発表したものの、ほとんどプロモ―ションもしてなかったようです。もっとも、プロモーションしない方が世のためになるかと思うくらい、かなり凶悪なサウンドで凄いです!同じデトロイトのパンク・メタルと言えば、1stアルバムを発表したばかりのSHITFUCKERが居ますが、ちょっとエンターテイメント性を強めてきてシンプル&ファニーですらある現在のSHITFUCKERではなく、ギラギラしながらもくすぶっていた1st EPの頃のSHITFUCKERのような、あぁいう凶悪パワーが充満しています。演奏はムッチャクチャ。リキみまくりでパワーをセーブできないようなアグレッションで、CELTIC FROST影響下のブラック・スラッシュと、ジャパニーズ・メタルコアを掛け合わせたようなことをやってます。原始的なのに、わかりやすさや乗りやすさを感じさせない、デコボコなパワーがとにかく最凶で最高です。恐るべしデトロイト・メタル!!凶暴メタルコア・ファン必聴の、崩壊ロウ・パワー・ブラック・パンク・メタルです!!!666!!!

Scandinavian Metal Jawbreakers!!



・ANGUISH (Sweden) / BELOW - Split 7" CLEAR VINYL ¥1000 (Dark Descent)



VETERNUSやGRAVELESSなどのスウェディッシュ・デスメタル・ミュージシャンらによるドゥーム・メタル・バンドで、デモと1stアルバムが好評だったANGUISHと、同じくスウェーデンから登場した注目の新鋭ドゥーム・メタル BELOWによるSplit 7"が、Dark Descent Recordsからリリース。



ANGUISHは、Quorthon on CANDLEMASS!などと言って大興奮した過去作品よりも、このSplitではVo.がQuorthonテイストを抑えていますが、それでもアグリーなデスメタル・スタイルのシャウトに変わりありません。邪悪度よりもガッツが前に出たような感じなんですが、何よりもそのVo.とのミスマッチが奇跡的なアンバランスを生み出している、叙情に満ちたたそがれドゥーム・メタル・チューンが今回は極上級に素晴らしい!!完全にCANDLEMASSの1stを彷彿させる、あの泣き崩れてしまいそうな北欧エピック・ドゥーム・ナンバーで、デスメタルに免疫のないドゥーマーにもぜひ聴いてほしいです。



本作Splitがデビュー作となるBELOWは、本格派エピック・メタル・ドゥーマーが期待を寄せてるバンドで、このデビューSplitの発売を待たずして、既にMetal Bladeとの契約が成立したという、何者が集結したバンドなのか全くの新人なのか知りませんが、とにかくいきなり快挙を成し遂げてしまっているバンドです。ANGUISHよりもトラディショナル・エピックな要素の強いドゥーム・メタルで、REVEREND BIZARREやSOLITUDE AETURNUSなどのファンにもオススメだけど、やっぱりこちらもまた、CANDLEMASSからの影響が超モロ出しです。まるで2ndの頃のCANDLEMASSみたいな荘厳さの曲調だし、Vo.がオペラ風味の無くなったMessiah Marcolinっぽくもあります。



退廃的な叙情性の強い1stの頃の黒いCANDLEMASSを目指すANGUISHと、Messiah Marcolin加入後の荘厳な北欧エピック・ドゥーム・メタル・サウンドを表現するBELOWと、どちらがお好みのタイプかを聴き比べるのも面白い、トータルCANDLEMASSウォーシップなSplit対決です。今回は限定クリア・ビニールで入荷しました!!







・OBLITERATION - Black Death Horizon CD ¥2200 (Indie Recordings)



DARKTHRONEのホームタウンであるオスローのKolbotnという町から続々と登場する個性的な若手スラッシュ/デス・メタル一派、コルボン・スラッシャーズ・ユニオンをNEKROMANTHEONと共に引っ張るOBLITERATIONの3rdアルバムCDです。



今やノルウェーのみならず北欧スラッシュメタルを代表するまでの存在となったNEKROMANTHEONメンバーが在籍するバンドで、サウンドにもNEKROMANTHEONとの共通性は随所にうかがえます。ザックリ言いますとNEKROMANTHEONがデスメタル寄りになったような感じで、この例えこそだけでも本作の素晴らしさが容易に想像できるかと思います。BLACK SABBATH風味の暗黒混沌ドゥームなオープニングでスタートしますが、この漆黒のデスメタル・サウンドを強靭に支えるドラミングが、まるでAUTOPSYとVOIVODのミックスのような感触の極上のドカドカlowボトムで素晴らしいです。POSSESSEDやSLAYER系のリフ・ワークはNEKROMANTHEONにも通じるけど、OBLITERATIONの個性としてとても印象的なのが、90'sスウェディッシュDistortion Recs系、もっと言えばかなりANTI CIMEXなdisリフも飛び出して、これがまた凄くカッコいい!!



POSSESSED系テクニカル・リフとVOIVOD的でもある独創的フレーズ&ドラマ性は、VEKTORなどのファンにもアピールできる要素もあるでしょうし、disリフとのマッチが絶妙な結果、AUTOPSYの独特の間を表現したようでもあるドカドカlowドラミングも素晴らしくて、ちょっとMORBUS CHRONがスラッシュ寄りになったようでもあります。とにかくカッコいい!!Hail to Kolbotn Thrashers Union!!!







・OBLITERATION - Goat Skull Crown 7" ¥1500 (Indie Recordings)



こちらはBlack Death Horizonアルバム発売に先駆けてリリースされていた限定500枚EPです。ベルゲンで行われたBeyond the Gatesフェスティバルで先行販売されて、その後のライブ会場販売やメールオーダーに対応した後、余った分が限定で流通に乗ったようです。



A面のタイトル曲はBlack Death Horizonアルバムからのカット。POSSESSEDやSLAYER系のリフ・ワークと、AUTOPSYとVOIVODのミックスのような感触のドカドカしたlowボトムで疾走するナンバーがカッコいいんですが、終盤にさしかかるところのdisリフ疾走がやっぱりまたカッコいい!!そしてB面は、VON "Devil Pig"とNECROPHAGIA "Reincarnation"という、最凶カルト・クラシック・ナンバーのカバー2連発!!Black Death Horizonアルバムの内容が素晴らしすぎるだけに、ファンにはコレクターズ・アイテム的企画盤EP以上の価値があるレコードと言えます。

Rock Hard!!Ride FreeDoom!!



・IRON MAN - South of Earth CD ¥2200 (Rise Above)



BAD BRAINSやCATHEDRALにも誘われたという、"黒いアイオミ"こと、Al Morris三世率いるUSドゥーム・メタル代表格バンドの一つ IRON MANが、2009年のI Have Returnedアルバム以来4年ぶりとなるアルバムを、Rise Aboveから発表。CDはスリップケース付きです。



I Have Returnedアルバム発表後にVo.がチェンジして、その後は自主リリースのデモCDRなどのリリースばかりでしたので、ファンには待ちに待ったアルバムだと思います。近年のIRON MANの特徴である、モサモサの黒さと重厚ドライビンな感触が同居した極上のギター・リフは今回もギラギラに全開で、このギター・サウンドはいつの時代でも極黒渋な輝きを放っています。熱く歌い上げるVo.も前任者と似たスタイルで、エモーショナルなドゥーム・へヴィロックを表現した、王道のアダルト路線アメリカン・ドゥームメタルを聴かせてくれてますが、やはりAl Morris三世のブリブリのサウンドによるソウルフルなギター・プレイが素晴らしすぎます。Hellhound Records全盛の90年代初期ドゥーム・メタル黄金時代がよみがえる、入魂の力作です!!







・REALMBUILDER - Blue Flame Cavalry CD ¥1800 (I Hate)



物凄く地味な存在なのに過去2作品もかなり出足の早かった、アメリカNYのエピック・メタル・バンドの新作3rdアルバムが、今回もスウェーデンのI Hate Recordsからリリース。



ジャケからMANILLA ROADやBROCAS HELMに代表されるUSエピック・メタル・ウォーシップなのは一応理解していたつもりだったけど、過去作品の解説を改めて読み返すと、恥ずかしいくらいに何もわかってなかったことを痛感しています。それでも苦労なく売れていたのは、私達よりもこのバンドの楽しみ方を良くわかってるお客さんがいてくださったからだと思うのですが、この3rdの素晴らしさは今のBOYならわかります。いや、全然わかってないようなバカみたいな例えをまたしますが、これはエピック・メタル版のU2ではないでしょうか!!USエピックメタルの叙情とドラマ性が深化を極めて、プログレッシブな作風になっているのですが、Vo.がへヴィメタルの仰々しいファンタジーとは正反対の、でもちゃんと説得力のあるエモーショナルな歌唱法で、なんかちょっとおかしくなる前のボノみたいにも聴こえちゃったんです。しかしこのエピック・プログレッシブな楽曲と、このVo.のマッチが、ちょっとトラッド/フォークなテイストも生み出してて、これが凄くいんです!!



この新しい感覚は、CORSAIRなどとともに、へヴィメタルにまた新しい波が生まれ出してるような期待も抱かせます。全4曲/30分超のアルバムですが、サンプル・トラック聴いて魅かれた人は、アルバム全編満喫できるハズです。USエピック・メタル・ファンも、そうでない人にもぜひ聴いていただきたい、シケシケ・エピック・メタルのニュー・ウェイブ!!













・ATLANTIC TIDE - Aeons Of Hell 7" BLACK VINYL w/ PATCH ¥1800 / ORANGE VINYL ¥1200 (Night Tripper)



ギター&Vo.がUNLEASHEDの初代ギタリストで、BORN OF FIREやTERRA FIRMAなどもやってたFredrik Lindgren氏。ベースもTERRA FIRMAメンバーで、ドラムはWITCHCRAFTやNOCTUMなどにも在籍する、スウェディッシュ・メタル・シーンの渋い方々が集まって始めたドゥーム・メタル・バンドが、老舗デスメタル・レーベル To The Deathのサブ・レーベル Night Tripper Recordsから2曲入り7"EPをリリース。限定500枚で、そのうちのltd.100枚パッチ付きナンバリング入りブラック・ビニール 1,800円と、ltd.400枚オレンジ・ビニール 1,200円の2種入荷しています。



サイケデリックなメロディーも散りばめた、Man's Ruin系ストーナー・ロックに燃えた方には絶対オススメのサウンドなのですが、この2曲入りEPは特にキラーな傑作だと思います。重厚だけどSPIRITUAL BEGGARSのような泥臭さとムサくるしいグルーブではなく、アダルトなメロディックVo.が絶品で、しかもこのEPは(特にB面が)ギター・フレーズがちょっとKYUSSっぽいフレーズも連発してます。特に後半の盛り上がりが素晴らしくて、現行バンドで言えばCORSAIRやBIBLE OF THE DEVILなどにも共通する点があるように感じました。地味です。でもこれは渋過ぎる!!







・ATLANTIC TIDE - Psychic Vampire 7" ¥1500 (Freedoom)



こちらは現時点での最新リリースです。Night Trippersからの7"EPよりちょっと後に出たこのEPは、Freedoom Recordsという、90年代にTERRA FIRMAやRISE AND SHINEのEP、あとCHURCH OF MISERYも参加してたTROUBLEカバー集CDもリリースしていた、ちょっとカルトなスウェディッシュ・ドゥーム・メタル・レーベルで、いわば、Primitive Art Recordsのドゥーム・メタル版みたいな存在でしょうか。もちろん流通激悪ですし、そもそも作品のリリース自体がおよそ15年弱ぶりくらいなハズの、化石級カルト・レーベルです。限定500枚リリースで、パープル・ビニールでの入荷です。



サイケデリックなメロディーも散りばめた、WinoやVictor Griffin系の泥臭さとは異質の、北欧ヴィンテージなエモーショナルが渋すぎるアダルト・ストーナー・メタルです。BLACK SABBATHルーツと言うよりも、へヴィメタルのドライブ感とへヴィネスを備えたストーナー・ハードロックと言った感じのサウンドで、Man's Ruin系ストーナー・ロックに燃えた方なら、この機会に確実に押さえておくことをオススメします。







・CC COMPANY - S/T 7" ¥1500 (Bad Omen)



Rise Aboveの元スタッフで現ANGEL WITCHベーシストのWill Palmer氏が新たに始めた話題の新興UKメタル・レーベル Bad Omen Recordsからリリースされた、スウェディッシュ・ハードロック・メタル・バンドの3曲入り1st 7"です。



メンバーはBLACK TRIP, CORRUPT, ENFORCERなどで幅広く活躍するJoseph Tholl氏がギター&Vo,ベースもCORRUPTとENFORCERメンバーでDEAD LORDもやってるTobias Lindqvist氏,ドラムがTRIBULATIONでベースを担当してるJonkka Andersson氏の3人編成。またヴィンテージ系ですか・・・と、正直あまり期待してなかったけど、これは違う!!THIN LIZZYテイストもあると聞いて、もうDEAD LORDみたいなのはカンベンしてほしいと思ってましたが、確かにB面の1曲目はサビにちょっとTHIN LIZZYっぽさもあるけど、粘っこいブラックな歌い方なんかしないで、もっとBIBLE OF THE DEVILみたいにワイルドに表現していまして、それよりも土台は完全にMOTORHEADで、これはカッコいいんじゃないんでしょうか!!A面とB面ラストのスピード・ハードロッキン・メタル・ナンバーは、ヴィンテージ・ロック・ファンよりも、IRON LAMBファンなどのファンにオススメでしょう。背伸びしたアダルト・テイストはほとんど無しの痛快爆走ハードロッキン・メタル!!









・SATAN'S SATYRS - Wild Beyond Belief! LP SILVER VINYL ¥3000 / DIGIPACK CD ¥2200 (Bad Omen)



話題の新興UKメタル・レーベル Bad Omen Records盤到着!!2012年の心中覚悟大推薦盤として決死の大プッシュをしたUSヴァージニアのパンクメタル、サタンズ・サテュロスの8曲入り1stアルバムが、Rise Aboveの元スタッフで現ANGEL WITCHベーシストのWill Palmer氏が新たに始めたBad Omen Recordsから再発されました。LPはシルバーに配色が変わってゲートフォルド・スリーブ、CDはオリジナルUS盤の赤白配色ですがデジパックになっています。しかし一番の注目ポイントは外観ではありません。あの、極悪すぎるraw & lowノイズ・サウンドを殺すことなく、見事にリミックスされていて、これはオリジナル音源を持ってる方もぜひ聴いてほしいです。もちろん好き嫌いはそれぞれあるでしょうが、よくある失敗リミックスになってないのが素晴らしい!!やっぱりあの殺人的なオリジナル・ミックス音源は、バーコード付いて管理流通されるべきではないということです。LPは今回はシルバー・ビニールでの入荷です。



2010年の1st EP Lucifer Lives!が本当に衝撃的なカッコよさだったので、このバンドのアルバムは、私達以外にも待ち望んでいた人は多かったと思います。そしてこの作品も、とにかく激烈にカッコいいです!!!EPの時と同じく、やっぱりVENOM!!かなりVENOM!!!しかし完全にVENOM!という一歩手前の激渋さがEPの時と違ってまして、BLACK FLAGの神経衰弱フレーズ, まるでStay CleanなMOTORHEADパーツ, BLACK SABBATHのオカルティック・サイケ・ドゥームなどを、曲調によって使い分け、完璧なバランスでミックスされています。これらのレジェンド・バンドを、よくぞここまで同一線上で表現できたものです。ありそうでなかったタイプ、とよく言ったりしますが、このSATAN'S SATYRSの1stアルバムこそ、まさしくその素晴らしい成功例ではないでしょうか。BLACK FLAGがBLACK SABBATHのパブリック・イメージに惑わされずサバスの真の狂気を感じとってインスパイアされていたことや、「VENOMはBLACK FLAGの痛烈なヴァイオレンスも強く匂うし、古典的サバスを猛スピードで回転させたとも言える」と見事に指摘した、Lords of Chaos~ブラックメタルの血塗られた歴史~著者の的確すぎる発言なども、この作品を聴くことによって、再確認できてしまうはずです。もちろん、USHCの狂気を内包したVENOM影響下パンク・メタルということで、NMEファンも絶対に必聴。オープニング・ナンバー Sadist 69の、極悪VENOMousエネミー・ロウ・パンクメタル・ナンバーがスタートした瞬間に、EP聴いてノックアウトされた人は間違いなく地獄に落とされることでしょう!!とにかく、アシッドでヴァイレンスでブラックなロウネスが、今回も並みじゃない極悪っぷりで文句なし!!!









・ASOMVEL - Knuckle Duster LP ¥2800 / CD ¥2200 (Bad Omen)



現ANGEL WITCHギタリスト Will Palmer氏が立ち上げた注目のレーベル Bad Omen Recordsからリリースされた、ブリティッシュ・へヴィメタル・バンドの11曲入り2ndアルバムです。LPはゲートフォルド・スリーブ、CDはスリップケース付きです。



SOLSTICE / ex. SORE THROATのRich Walker氏のレーベル Miskatonic Foundationからの1stアルバムが以前に入荷していましたが、その時はイマイチな印象を持った人も多かったと思います。ORANGE GOBLINみたいなノッペリしたVo.のせいよりも、MOTORHEAD直系とうたいながら、ANTiSEENのような激シンプルなロックンロールをガラ悪くドライビンにしたようなドランク・メタルは、Rich Walker周辺やさぐれダイハード・メタルのキャラクターを理解してないとキツかったと思います。そんな厄介な連中をBad Omenがリリースして大丈夫か?と思いましたが、この2ndは完全に一皮むけたチンピラ・ドランクMOTORHEADishへヴィメタルが炸裂していて、見事に化けています!!楽曲がバラエティ豊かになって、MOTORHEADタイプを名乗るバンドが陥る単調さから脱しました。あのANTiSEENみたいな単純明快ドランク・メタルもちょっと今となっては愛おしく想えるけど、ヘンな例えですが、GUNSLINGERとかもちゃんと聴いて真剣にMOTORHEADタイプの曲を作ったような感じがあって、やっぱりBad Omenから出すにはこの路線で行くべきでしょう。Bad Omen Records一番の問題児チンピラ・メタル・バンド!!









・GUNSLINGER - Unlawful Odds CD ¥2200 (Flicknife)



UKイプスウィッチ出身MOTORHEADウォーシップ最高峰バンドの2011年発表の15曲入りライブ・アルバムです。カート掲載は初の商品ですが、今年初め頃に本作の存在に気付いて入荷させて、店頭で飾ってたところ、Earthquake in E Minorアルバムでノックアウトされたヘッドバンガーズ&バンド関係者の方々の間で大好評となりまして、このたびようやく再入荷させたCDです。



70年代後期~80年代中期に活動したCHAINSAWというバンドを母体にしてるようで、STALLION ~ STORMBRINGERというバンド名の時代もあったらしいです。2007年から活動を再開して、2008年に Earthquake in E Minorアルバムを発表。このアルバムはCDでの自主リリースでしたが、Rock Saviour Recordsがアナログ化して、日本のヘッドバンガーズの間でも注目されました。ベースVo.のAlan Davey氏は、日本のアンダーグラウンド・メタル業界の一部でもちょっと馴染みのある方で、WARFAREのEvo氏とTANKのAlgy Ward氏によるプロジェクトの EVO ALGYが参加して話題を呼んだ Swine of Hades comp. CDを企画したり、SIGHのMirai氏との親交の深さや、AMEBIXのRob "The Barron" Miller氏もゲスト参加していたプログレッシブ・ブラックメタル MEADS OF ASPHODELでも精力的に活動しています。しかし、Alan氏のデビューは実はHAWKWINDで、アンダーグラウンド・メタル・シーンに根差したミュージシャンだけど、けっこうな重鎮なのであります。



ライブ・アルバムですが、Earthquake in E Minorアルバムで度胆をぬかされた人は全員必聴&die決定の素晴らしい作品です。ライブ盤紹介の殺し文句に毎度使わせてもらう、「ライブ盤だからスルー、なんて人は絶対に後悔する」内容ですし、そんな方は人生の数パーセントを損したも同然、と断言したいくらいカッコいいです。音質は完璧に問題なし。写真からもけっこうデカい会場でやってるのがわかりますが、80年代メタルのライブ・アルバムのようなサウンド・クォリティーです。Alan氏のブリブリにぶっといドライビング・ベースとVo.の歌い回しは、見事にLemmyになりきってて最高なんですが、GUNSLINGERの素晴らしいところはなんといっても楽曲のクォリティーの高さに尽きます。この楽曲の前には、オリジナリティーがないなんて意見など出てこないでしょうし、このベースの音とVo.がLemmyスタイルじゃなければ、極上のヴィンテージ・ロックンロール・サウンドとして、むしろもっと正当な評価を受けるのかも知れません。Louis Davey氏のギター・ワークもFast Eddie Clarkeスタイルを継承しつつも、Another Perfecct Day以降のキャッチーな楽曲との夢のようなマッチが最高にスリリングですし、そしてセクシー・ドラマー Cat Bothwellさんの控えめなバックVo.がもうーーー、ほれぼれするくらい素晴らしい!!!ドラムが女性で3ピースという、ロックンロールの究極の理想型が凝縮されています。絶対にオススメです!!!

Metal by Satan!!!666!!!





・SATAN'S WRATH - Aeons of Satan's Reign LP ¥2900 / CD ¥2200 (Metal Blade)



1stアルバムが大好評だったサタニック・スラッシュメタル SATAN'S WRATHの2ndアルバムです。ex. ELECTRIC WIZARDの、あの顔面総刺青ベーシスト Tas氏率いるバンドで、前作1stの時はTas氏がギター以外の全パートも担当して2人編成での録音でしたが、今回は5人編成となって、内容もパワーアップ且つ深化しています。アナログ盤はピクチャーLPも存在するとのことで、随分前からツバつけといたつもりでしたが、やはり既に相当反響があるようで、確保お願いしてたBOY分、全部使われちゃった・・・。でも黒盤も今回も限定500枚プレスで、あまり多くは入ってきていません。



前作では、POSSESSEDがSLAYER系統のスピード・メタルっぽくルーツをさかのぼって、そこにMERCYFUL FATE要素もミックスしたような内容が痛快でしたが、今回も基本路線は変わらないけど、よりMERCYFUL FATEテイストが増強した感があります。まるでCARNIVOREなオープニングでいきなりテンション上がりますし、元気いっぱいな若々しいモッシュ・スラッシャーも目をひん剥くであろう刻みまくりリフがキラーなレイジング・スラッシュメタル・ナンバーもあるけど、完全に個性を確立しきっているTas氏の極悪呪文lowヴォーカルに合わせたようなサタニック・メタル・ナンバーの比率が増していて、しかもこれがいやらしいヴィンテージ・メタル臭皆無でありながら、必殺のドラマチックな展開もバッチリ決まった、KING DIAMOND的でもあるオカルト・ドラマチックな後半の盛り上がりが素晴らしく素晴らしい!!極悪なルックスに腰が引ける方もいるかもですが、今回はIN SOLITUDEなんかのファンにもかなりオススメです!!







・RITUAL REAPER - Plague-Ridden Kingdom MLP ¥2200 (Night Tripper)



スウェーデンにデスメタルのシーンが形成され始めた頃から、ファンジンやレコードのリリースでシーンをサポートし続けているTo The Deathが、サブ・レーベル Night Tripper Recordsからまたしても興味深いバンドをリリースしました。ジャケもメンバーのルックスもかなり激渋で、絶対にブラックメタル・バンドと思って疑わないフォト・セッションもありますが、ジャケの警告ステッカーにもあるとおり、これが実にアダルトな渋さのオカルト・ゴシック・ロックでして、その筋でも注目されているようです。デビュー作となる5曲入りMLPです。



こういったタイプの作品で当店で一番近いのはSIXXになるのかと思いますが、RITUAL REAPERのサウンドはよりヨーロピアン・ゴシックの伝統を強く打ち出しています。しかしゴシック・メタルのそれとは違い、シンセの入れ方や音色、メロディーが凄く古臭くて、SISTERS OF MERCYを引き合いに出して、本格派オールドスクール(?)なゴス・ロック・ファンも高く評価しているようです。Vo.はちょっとPeter Steele氏も彷彿させるド渋アダルトな低音の魅惑ボイスで、このVo.のメロディーが、レトロなゴス・ロックのバックに完璧にマッチしてて、見事なまでに80年代しています!!このテは全く詳しくないですが、これもまた、商品解説で良く使う、"初めて聴くのに懐かしい"のど真ん中な作品でしょう。40代以上限定ではありますが。







・PAGAN RITES - S/T CD ¥1600 (Ultra Metal prod. / Iron Goat Commando)



Devil Lee Rotらによるスウェディッシュ・ブラック・へヴィメタルの、オリジナルは97年に伝説のカルト・コロンビア・デス/ブラックメタル・レーベル Warmaster RecordsからリリースされていたコンピレーションCDが、限定300枚で再発。今回は少量のみの入荷です





Tracks 1-5 当時の新録音源

Tracks 6-8 Pagan Rites Demo (1992年)

Tracks 9-10 Hail Victory! EP (1994年)

Tracks 11-17 Pagan Metal Demo (1993年)





DEVIL LEE ROTプロジェクトよりも少しブラックメタル要素が濃い、やはりカルトという称号がこれ以上なくハマるバンドです。この、拷問並みに脱力した邪悪ブラック・メタルなのに、荒涼とした中になぜかたそがれすら感じてしまうのは、思い込みが強すぎるのでしょうか?素晴らしいです。初期のCARPATHIAN FORESTやSAMAELやなどのファンにもオススメしたい気もしますが、PAGAN RITESの場合、HELLHAMMER要素はほとんどなくて、BATHORYやVENOMベースの極悪ペイガン・メタル、といった感じの楽曲とムードが最凶です。まさに地獄の全70分超!!







・MORDANT - Black Evil Master T-SHIRT ¥2400 (To The Death)



NIFELHEIM近辺のスウェディッシュ・ダイハード・メタル・ファンに人気の高いブラック・スピード・メタル・バンドの、To The Death製オフィシャルTシャツです。



ボディはFruit Of The Loomで、サイズはS / M / Lの3種入荷しています。







・MIDNIGHT - Bell Logo TURNTABLE SLIPMAT ¥2200 (Hells Headbangers)



Hells Headbangersのマーチャンダイズは安くないんですが、個人的に欲しかったので試しにもう数枚入れてみました。MIDNIGHTのターンテーブル・スリップマットです。

SABBAT - Sabbatical EarlyslaughT-Shirt Series 2013 DEC







・SABBAT - Sabbatical EarlyslaughT-Shirt Series 2013 DEC ご予約受付中



Nuclear War Now!から、SABBAT30周年記念シャツが発売決定!!!666!!!2013年5月から毎月1作品ずつ、今年いっぱい12月まで続々とリリースされ、NWN!, ドイツのIron Bonehead productions, そして当店 RECORD BOYでの販売になるそうです。しかも全て、Elizaveat氏によるアートワークですから、これは世界中のSABBATウォーシッパーズ狂喜の必須アイテム・リリース地獄です!!!



November Tシャツが未着ですが、ようやく発送されましたので年内には届く予定です。すみませんがもうしばらくお待ちください!そして12月バージョンも進行してるということなので、ただ今からDecember Tシャツのご予約を受け付け開始します。非公開だった最終月12月のデザインは、記念すべき85年1st EPジャケ・デザインでした!!!666!!!



またしてもボディ・カラーは二通り作るそうで、白ボディとヘザー・グレイ(HEATHER GREY)ボディの2種と言ってます。ボディはGildan、サイズはS / M / L / XL / XXLの5種。値段は恐らく、2000円台中半くらいになるかと思います。ご希望の方は通常のカート購入と同じように、色/サイズとご清算方法もあらかじめ指定してカートに入れていただきたいのですが、他商品とのまとめてのご精算は現時点ではお受けできませんので、この商品のみでカートを進めてください。毎度タイトなスケジュールで恐縮ですが、次の定休日の12月4日(水)の20時締切で、宜しくお願いします!!
11 | 2013/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR