RECORD BOY

Sabbaticalucifers!!!666!!!



・SABBAT / AGRESSOR - Sabbatical Agressor Bloodlust SPLIT 7" BLACK VINYL ¥800 / YELOOW VINYL ¥1000 (Headless Cross)



初の南米遠征も大成功に終わらせたSABBATと、コロンビアのデスメタル・バンド AGRESSORによるSplit 7"です。以前入荷したコロンビアのカルト・ブラックメタル・レジェンド TYPHONをピクチャー盤LPで再発したフランス在住コロンビア人のレーベルからのリリースで、プレス枚数も多くないltd.300枚なので、かなり前からお問い合わせも多くいただいてましたが、ようやく到着しました。ブラック・ビニール 800円と、イエロー・ビニール 1000円の2種でのリリースで、各150枚プレスです。



SABBATは2013年名古屋でのライブ "Witch Hammers"を収録。音質も良好で、コレクタブルなレコードではありますが、SABBAT信者はコレクションに欠かせない魅力があるレコードです。対するコロンビアのAGRESSORも2012年のライブ音源ではありますが、86年から活動を続ける、デストロイ・メタル王国 コロンビアの重鎮カルトです。BLASFEMIA, SACRILEGIOのメンバーが在籍するバンドで、過去にはTYPHONメンバーで、MAYHEMのThe Dawn of the Black Heartsをリリースしたことでも有名な伝説の初期ブラック・メタル・レーベル Warmaster RecordsオーナーのBull Metal氏も在籍していました。このEPで聴ける曲は、ファストでもスロウでもない、盛り上がりもないままに淡々と進行してあっさり終わる、鈍器で殴りながらも一気にトドメを刺さないような、まさしくキラーなトーチャー・デスメタルデス!!











・SABBAT - Black Metal Night SF.CA 10.11.13 Gig T-SHIRT ¥2200 (Nuclear War Now!)



Nuclear War Now!からのSABBAT30周年記念シャツ・シリーズ番外編、ゲリラ・リリースその1!!!2013年10月11日のサンフランシスコでのライブ会場限定販売Tシャツです!!!666!!!



ボディはGildanのへヴィ・コットンで、プリントの色がパープル/グリーン/イエローの3種で、サイズはMとLの2種があります(グリーンのプリントの画像はバックプリントを掲載しました)。SABBATウォーシッパーの方はお買い逃しなきように、お願いします!!









・BLACK BEAST - The Shadow of Darkness T-SHIRT ¥2200 (Nuclear War Now!)



Nuclear War Now!からのSABBAT30周年記念シャツ・シリーズ番外編、ゲリラ・リリースその2!!!Gezol氏が高校生の時に参加していたという、SABBATからさかのぼって数えると、pre-pre-pre. SABBATということになる、知る人ぞ知るバンドのTシャツです!!!666!!!



ボディはGildanのへヴィ・コットンで、サイズはS/M/Lの3種。これは本当にダイハードなSABBATマニア・オンリーなグッズということで、XL以上のサイズはどうやら最初から作ってないみたいです。トータルの製作枚数も、他のTシャツと比べて格段に少ないそうです。




Chicago Death Street Metal!!



* 昨晩中に今回の一連の強力デスメタル商品をカートアップして、今日のPORTAL東京初日を迎えたかったのですが、今頃ようやくカート・アップ完了しました。明日の予定だったUNARMのLPも急遽本日発売となりましたが、今日はSABBATまでですみません、PORTAL行かせてもらいます!!









・BONES - Sons of Sleaze CD ¥1400 (Planet Metal)



2011年にいきなりアルバムをリリースして鮮烈なデビューを飾ったシカゴのデス・メタル・バンド BONESが、今回もPlanet Metalから2ndアルバムCDをリリース。



これぞシカゴ・デス!!なゴリゴリのデス・メタル・サウンドで、1st聴いた時はそのあまりの痛快っぷりに、"偉大なるシカゴの伝説的バンドへの崇拝を表したオールドスクール・デスメタル!!"なんて言って大興奮してしまいましたら、なんとメンバー3人とも、元USURPERじゃないっすか・・・。クリス・ブラックさんも最初から教えてくれれば、さらにもっと興奮してたのに・・・などと思いながらこのCDを再生した瞬間、本当に誰もいない店内で声をあげてしまいました。スゴい・・・、これはちょっと凄すぎる・・・、いや、ちょっとどころじゃない、恐ろしいまでにコレはスゴいデスよ!!!!!もう屁理屈並べるのやめて、"当店をご利用のお客様は、まずはこちらの商品を必ずお買い求めいただきますよう、お願いします"と、トップ・ページに書きたいくらい、BOYのお客さん全員に聴いてもらいたいです。もちろん基本路線は変わらない、破壊力満点のデスメタルなんですが、メンバー編成を知ってから聴くと、、、



これが完全にMASTERの1985 Unreleased AlbumとUSURPERの融合まんまなんデス!!!!!!!!!!



MASTERはピュア・ファッキン・デスメタル・バンドだけど、サウンドの基礎となったのはMOTORHEADやBLACK SABBATHだったのは明らかです。それらのへヴィメタル/ハードロックの古典的フレーズや、そしてMASTER的なハードコアな要素もしっかりあって、クラスティーな曲調だけではなく、ドゥーム・スラッジ系パワーバイオレンス方面のエクストリームに向かって爆発したような感もあります。オールドスクールに根ざしたシカゴ・デスメタル特有の起伏の激しさと、へヴィメタル・ルーツのヘッドバンギング・リフが本作でも必殺級に炸裂しているわけです。ハードロックの伝統芸も踏襲したような展開は、シカゴと聞いたら私はどうしても名前を出して大好きだとアピールしたくなる、ZOETROPEとの共通性とまたしても勝手に理論付けてしまいたくなります。で、これらの要素を爆発させてる演奏してるのが、完全にあのUSURPERなんです!!!コレほんと、どう聴いてもデスメタル版USURPERにしか聴こえなくなってきました。もちろん、全員がex. USURPERなので、CELTIC FROSTリフも随所にまぎれてますし、Vo.は分担してるようなので気付かなかったけど、Tom G. WarriorウォーシップVo.の最高峰 Jon Necromancer氏のあのウルトラ・メガ激渋ヴォイスもちゃんとあるじゃないですか!!!なんで今まで気付かなかったんだ・・・。



BONESの新作ですから、もちろんガッツリ入荷させて、目の前に山盛り在庫がありますが、もう既にこれじゃモノ足りない気分ですので、販売前にして早速追加分のオーダーしました。例年、年末には何かしらその年の目玉となるようなリリースが飛び込んでくるもんですが、今年の年末のBOYはBONESで決まりじゃないでしょうか。即死as soon as再生はまぬがれたので、これで厄が吹っ飛んだような気がします。ウルトラ・メガトン・オススメ必聴& dieeeggghhhデス!!!!!







・FUNERAL NATION - After the Battle CD ¥1600 (self release)



ABOMINATIONとFUNERAL BITCHのメンバーが始めたシカゴのデスラッシュ・メタル・バンド FUNERAL NATIONの、伝説的カルト・リリースを多く生み出したTurbo Musicから91年に発表した1stアルバムが、バンド自身によるCD再発盤も目出度く入荷。ドイツのレーベルからのアナログ・リイシューが先に入荷していましたが、CDも再発されていると言うことで、少なからずお問い合わせいただいてました。オリジナルのTurbo Music盤同様、アナログ盤より3曲多い13曲入りです。



MASTERがパワー・メタル要素を強めた、もしくはABOMINATIONがスラッシュ・メタル色を強めたような起伏に富んだデスラッシュで、実にMASTER人脈らしいサウンドであると同時に、オーソドックスながらも渋いシカゴのスラッシュメタル独特の味わいが本当にカッコいいバンドです。FUNERAL BITCHのVo.で、2ndアルバム以降のUSURPERにドラムで参加していたDave氏がこの作品ではドラムを担当しているのですが、いかにもMASTER一派デスメタルらしい無機質なマシンのごとく硬いドラミングが素晴らしくて、テンポ・チェンジも多用しながら突き進む様は、同じシカゴの激渋ハードコア・ストリート・メタル ZOETROPEにも通じるものを感じます。LPの再発盤が入荷した時は、CRUMBSUCKERSの1stとMASTERの融合みたいでもある、なんてアホみたいに興奮して言いましたが、まぁそれもBOYらしいムチャクチャな例えで自分として悪くないと思ってますけど、CDでじっくり聴くとこれはZOETROPEを引き合いに出すべき激渋さだ再認識致しました。まぁーーー、とにかくマジで最高カッコいい!!!SLAYERリフの多さにも改めて聴いて気づいたし、5曲目なんかBEOWULF系モーターヘッドish疾走ナンバーみたいでメガ渋だけど、これはやっぱりMASTERミーツZOETROPEなシカゴ・デスラッシュメタルの大傑作でしょう。Hail to シカゴ・メタル!!!激メガおすすめデス!!!







・FUNERAL NATION - Second Coming CD ¥1600 (RK prod.)



こちらは97年未発表曲, 94年7"EPのA面曲, 92年2ndデモをまとめた11曲入り初期レア音源種CDです。バンドは2010年から再始動していて、このCDも2012年にバンド自身によってこっそりとリリースされていました。



このCDの目玉音源は何と言っても92年2ndデモ The Benedictionです。C.C.G. Undergroundでもアナログ化された1stデモ State of Insanity (後にTurbo Musicからもアナログ再発されています)と、先にアナログでも再発されてマニアを喜ばせた1stアルバム After the Battleの激渋なシカゴ・デスラッシュ・メタル・サウンドにノックアウトされてたので、聴いたことのなかったこの2ndデモ音源は凄く楽しみにしていましたが、これが別の意味で期待を裏切られたロウ・デスラッシュ・メタル音源で、やはりカルト・キラーな内容です。ドラムがFUNERAL BITCHのVo. / USURPERのDave氏から、Dean Olson氏という人に変わってるんですが、これがPOSSESSEDのMike Sus氏にも匹敵するデコボコ・ドラミングでモノ凄い!!前任のDave氏のあのマシンのような冷徹ドラミングから、よくぞここまでポンコツ・パワー爆発のドラマーまで他メンバーはハードルを下げたものです。楽曲は、パワー・メタル・テイストもあるMASTERみたいなスタイルが激渋だった1stアルバムよりもさらにパワー・スラッシュ・テイストが増してて、しかもシカゴ・デスメタルの魅力であるゴリゴリのパワーは全く失せていなくて、1stでも時々飛び出していた、WITCHES HAMMERみたいなクレイジー・リフもあります。この2ndデモも、ぜひともC.C.G. Undergroundでアナログ・リリースして欲しかった!!あと、94年EPや97年未発表音源のドラミングも相当凄いデス!!







・FUNERAL NATION - Wicked CDR ¥1200 (RK prod.)



FUNERAL NATIONの現時点での最新作 2013年6曲入りデモCDRです。今回一緒に入荷したSecond ComingコレクションCDの目玉音源である、92年2ndデモ The Benedictionでドラムを担当していたDean Olson氏, ATHEISTにも参加していたChris Baker氏, そして中心メンバーであるChaz Baker氏の3人編成による録音です。



メンバーは変わってもやはり3ピースで、このへんにもFUNERAL NATIONの基本姿勢が表れてるような気がします。ここで聴ける現在のFUNERAL NATIONは、シカゴ・デスメタル流にロックンロールを表現したような、ハードロックとデスメタルをミックスしたサウンドが独特であり、またFUNERAL NATIONらしさも満点だと思います。間違ってもデス・ロールなどを期待してはダメだけど、ANTISEEN的なパンク・テイストを導入したデスメタルみたいな感じもあって、スカム・テイストはありませんが、EATMYFUKなどとも通じるものがあるように感じます。それにしても、顔が怖いDean Olson氏は、2013年の現在も顔面よりドラミングの方が数倍怖い!!冒頭のキメ部分は耳を疑って何度もリピートしましたが、ベースも一緒に入ってるキメなので、これでいいんだと思います。シカゴ・デスメタルは奥深いなー!!

Fuckin' Death Masters!!





・MASSACRA - Day of the Massacra LP + PATCH ¥2900 / CD ¥2200 (Century Media)



フロリダのマサカー、コロンビアのマサクレと並ぶ世界3大Massacreデス・メタル、フランスのマサクラのデモ音源集アルバムが、Century Mediaからリリース。アナログ盤はブックレット形インナーとロゴ・パッチが封入されています。



New RenaissanceやWild Ragsほどキワモノ・カルトではなかったけど、当時のアンダーグラウンド・スラッシュメタルの熱さを実体験したファンには人気の高かったドイツのレーベル Shark Recordsから作品をリリースしていたので、当時の日本でもわりと知名度のあったデスラッシュ・メタル・バンドです。過去にも各種アルバムの再発CDが入荷して好評でしたが、それらのボーナスで聴くことができたデモ音源がひとまとめになってますので、ファンには嬉しいコレクション・アルバムと言えます。





tracks 1-3 - Nearer from Death (1989)

tracks 4-9 - Final Holocaust (1988)

tracks 10-13 - Legion of Torture (1987)





この1st~3rdのデモはいずれも1stアルバム以前の音源ですので、アルバムで聴かせていたいかにもユーロ・デスラッシュらしい、KREATOR, MERCILESS, SADUS(はアメリカですけど)などにも通じる暴走レイジング・サウンドよりも、さらに粗くて荒いロウ・デスラッシュが楽しめます。つんのめるような勢いがあるのに疾走感が抹殺されてるリフとドラミングのマッチが最高で、そういえば近年はチリのレーベルからアルバムがCD再発されてましたが、中南米のプリミティブ・デスラッシュ好きにも大スイセンです。前半に収録の3rdデモなどはまるでデモ時代のINQUISITION, そして後半の1stデモになると工夫はないけどモノ凄い速さのズグズグ刻みがまさしく暴走していて、TRANS METALのようなメヒコ・デスラッシュ・ファンも悶絶でしょう!!カッコいい当時の写真やフライヤーなどを掲載したブックレットも充実です。







・TREBLINKA - Shrine of the Pentagram 5LP WHITE VINYL ¥9800 / 3CD ¥3500 (Century Media)



後にTIAMATへと進化して、エクストリーム・メタルの表舞台で花開いた初期スウェディッシュ・デス・メタルのカルト・バンドのディスコグラフィー・アルバムが、Century Mediaからリリース。CDは3枚組で、MORBID "Year of the Goat"と同じ作りの豪華なパッケージです。





Disc 1:

Tracks 1-4: Taken from "Crawling in Vomits" demo (1988)

Tracks 5-8: Taken from "The Sign of the Pentagram" demo (1989)

Tracks 9-10: Taken from "Severe Abominations" 7" (1989)

Tracks 11-14: Rehearsal 1989

Track 15: Rehearsal 2008



Disc 2:

Tracks 1-4: Live at Roy, November 20th, 1988

Tracks 5-12: Live at Vita Huset, February 25th, 1989



Disc 3:

Tracks 1-7: Live somewhere in Stockholm, April 7th, 1989

Tracks 8-15: Instrumental studio outtakes





Century Mediaのアーリー・デス・メタル・リイシュー・シリーズも、思い切ったバンドをとんでもないボリュームでリリースするもんだ、と、発売がアナウンスされてから話題となっていた再発盤です。後にTIAMATやる連中とは信じがたい、このTREBLINKA時代のスーパー・アグリー・ロウ・プリミティブ・ブラック・デスメタル・サウンドは、とにかくいつ聴いても凄まじい!!!HELLHAMMAERがルーツと思われるズルズルしたドゥーム・ブラック・テイストが強烈なデス・メタルは、スイスのSAMAELの最初期にも近い感触で、スウェディッシュ・デスメタル黎明期バンド群の中でも間違いなく極北に位置したはずです。バンド名はヨーロッパではタブーとされるところから取ったもののようで、"Swedish Death Metal" BOOK発売記念で2008年に1回限りの再結成ライブを行った際も、ギターVo.の Johan Edlund氏は、"TREBLINKAには今後一切かかわりあいたくない" と声明を出して参加を拒み、NIFELHEIMのTyrant氏 & Hellbutcher氏が代役を務めたという逸話もあります。他メンバーは現在、MR.DEATHを始動させてデス・メタル・シーンに返り咲いてます。2ndデモには当時NIHILISTのニッケもゲスト参加していたそうです。



スウェディッシュ・デスメタル・ファンはもちろん必聴!と言いたいところですが、良識あるスウェデス・ファンはむしろ避けて通ったほうが賢明であろう、極悪カルト・デス・リイシュー!!!666!!!







・ABSURD (Sweden) - Discography '91-'92 LP ¥2600 (Black Vomit)



先にCDで発売されて大好評だったスウェディッシュ・デスメタル・バンドのディスコグラフィー・アルバムが、アナログ盤もリリース。伝説のカルト・リップオフ・デスメタル・レーベル Seraphic Decayから7"EP化もされてた91年デモ3曲と、データ不明ですがタイトルから察すると91~92年頃と思われるライブ音源を収録した10曲入りです。このギリシャのBlack Vomit Recordsは梱包の悪さでは現行レーベルでワーストの称号を得ているところでして、過去に中身が剥き出しで届いたレコードもありましたが、今回は奇跡的に無傷での到着です。LPは限定333枚プレスですので、アナログを待っていた方はこの機会にぜひどうぞ。



まずはデモEP音源からスタート。ブラスト・ビートでなだれ込むグラインディング・デスメタル・サウンドで、これは今まで語られなかったのがもったいないくらいにカッコいい!!REPULSIONやTERRORIZERの影響や共通点も感じられる、ロウでちょっとゴアリーなUSグラインディング・デス影響下のスウェディッシュ・デスメタルといった感じで、SunlightスタジオでThomas Skogsbergによる録音という、初期スウェデスの教科書に習って制作された、オブスキュア・デスメタルとして申し分ない内容だと思います。ライブもなかなか凄まじく、曲調はデモよりもう少し王道のスウェディッシュ・デス要素が強いものも多くあって、ギタリストのプレイもたいしたものです。ラストはPUNGENT STENCHカバーですが、これもまた凄くカッコいい。ジャケ・アートも激渋だし、これは全スウェデス・ファン&オブスキュア・デスメタル・マニア必聴と言い切ってかまわないでしょう!!



カラー写真やメンバーへのインタビューも掲載したインナー・スリーブも充実で、TREBLINKAと親交が深かった話など(ABSURDギタリストは後にTREBLINKAメンバーが結成したEXPULSIONというバンドに参加もしてたようです)、インタビュー内容もなかなか面白いです。







・CEMETARY - Incarnation of Morbidity 7" RED VINYL ¥1500 (To The Death)



後にBlack Markからアルバムをリリースして、その後はゴシック・テイストを強めたサウンドへと進化していったスウェディッシュ・ダーク・デスメタル CEMETARYの91年1stデモ音源が、To The DeathとBlood Harvestの共同でリリース。発売まで紆余曲折のあったレコードで、限定500枚のうちのltd.100枚ブラック・ビニールは予約で即完売で、400枚プレスのレッドビニールでの入荷になります。スウェーデン・クローナが高い以前に、ロング・インタビュー掲載のブックレットが素晴らしい作りなので値段は安くないですが、初期スウェディッシュ・デスメタル・ファンは絶対に押さえておいた方がいいレコードだと思います。



後のゴシックな片鱗を既にのぞかせながらも、初期のスカンジナビアン・デスメタルらしいクリプティックなジメジメ・ダークネスが極上の、スウェディッシュ・デスメタルの名作デモ音源です。初期KATATONIAが退廃美を後退させてオカルティックなムードを強めたようなエピック・ドゥーム・デスメタル・ナンバーのA面も、そして溜めを効かせたストローク・リフで鈍走する様が、GRAVE, NIHILIST, NIRVANA 2002, GOD MACABRE, etcのファンも必聴のB面も、どちらも叙情と郷愁が漂っていて、初期デスメタル・ファンのみならず、北欧メタルの陰鬱エピックなダークネスが好きな方にはぜひ聴いていただきたい音源です!!







・GRAVE - Necropsy-The Complete Demo Recordings 1986-1991 2CD ¥2200 (Century Media)



2011年に豪華3枚組LPセットでリリースされて話題を呼んだ、初期スウェディッシュ・デスメタルを代表するGRAVEのオフィシャル・デモ音源集完全版が、待望のCDバージョンもリリース。前身バンド CORPSE時代の86年デモ、GRAVEメンバーのサイド・プロジェクト・バンド PUTREFACTIONの89年デモから始まり、GRAVEとして89年1st/89年2nd/89年3rd/89年4th/91年5thの5種デモ、DEVIATED INSTINCTとDEVOLUTIONとの3 Way Split CDとしてリリースしたGRAVEの91年1stリリース作、そして91年1stフルアルバムのデモ・バージョンを収録した31曲入りの2枚組です。



最初期のGRAVEは、後のジャリジャリ重厚グルーミー且つ突進する王道のスウェデス・サウンドへと深化する前の、スラッシーなテイストが強い極上デスラッシュ・サウンドが聴きものかと思います。ダウンチューニングで刻む斧の切れ味のようなリフで、起伏に富みながらもドカドカに爆走するデスラッシュ・サウンドが激渋カッコいいです。初期DEATHやSEPULTURAなどの、スラッシュメタルから派生した初期デスラッシュなバンドも彷彿させるサウンドで、80'sスラッシュメタル・ファンも絶対に聴いて欲しい音源です。3rdデモ辺りからGRAVEスタイルを確立して、ズルズルにスロウなパートも聴かせるスウェデス・サウンドがまた渋すぎデス。初期デスメタル・ファンはもちろん、オブスキュアなロウ・デスメタル・サウンドが好きにも完全にオススメです!!







・UNLEASHED - Where No Life Dwells LIMITED 2CD EDITION ¥2200 (Century Media)



NIHILSTを脱退したJohnny Hedlund氏が、北欧のヴァイキング・ルーツを強く打ち出すべく結成したスウェディッシュ・デスメタル・バンド UNLEASHEDの91年1stアルバムです。今回は、93年発表(後にKneel Before The Master's Throneからもアナログ化されました)の初期名作ライブ・アルバム Live in Viennaもカップリングした、スリップ・ケース付き2枚組の2012年12月31日発売スペシャル・エディションでの入荷です。



スウェディッシュ・デスメタルの殿堂スタジオ Sunlightでの録音ではなくドイツでレコーディングされた本作は、あのスウェディッシュ・デス特有のジャリっとした重厚な感触ではないせいか、当時は日本ではあまり話題にのぼることなかったですが、海外では初期スウェディッシュ・デスメタルを語るうえで決して外せない名作とされています。サウンドはとにかく硬くてタイトで、これが最高に激渋です。ズンズグズグズグ、ズンズグズグズグ、、、と刻むリフで疾走するナンバーなどは、スラッシュメタルよりもMOTORHEADのIronfist的ですらあるメガ渋なカッコよさ!!しかし、北欧の誇り高き伝統を表現したようなオープニングの美しいアコースティック・ギター・イントロから始まり、スロウ・ダウンする陰鬱パートも交えて構成された楽曲は、やはり当時のスウェディッシュ・デスメタルらしさは十分に感じられます。初期スウェディッシュ・デスメタルの王道と異端が完璧な形で混ざり合った、言うまでもなく必聴の名盤です。







・SORCERY - Unholy Creations 2CD ¥1800 (Hells Headbangers)



2011年にTo The Deathから3枚組LPセットでリリースされていた、スウェディッシュ・デスメタルのデモ/リハ/オムニバス提供曲をまとめた音源集が、Hells Headbangersから2枚組でCDバージョンがリリースされました。





The Arrival (Demo 1987)

1-1 Halloween

1-2 Witches Dance / Infernal Return

1-3 Satan's Return

1-4 Narration...

1-5 Master Of Evil

1-6 [Silence]

1-7 March Of The Mountain King

1-8 Satanic Birth

1-9 The Light Of The Midnight Sun

1-10 Flight Of The Sorceress

1-11 Epilogue (Midnight Sundown)

1-12 [Silence]



Ancient Creation (Demo 1988)

1-13 Ancient Creation (Intro)

1-14 In The Sign Of Evil

1-15 Black Wizard

1-16 Lucifers Legions

1-17 Holocaust

1-18 Mausoleum

1-19 Aggression (Outro)



Unholy Creation (Demo 1989)

2-1 Unholy Crusade

2-2 Death

2-3 Dragons Of The Burning Twilight

2-4 Descends To The Ashes

2-5 Count Of Hades



Maculated Life (1992)

2-6 Maculated Life

2-7 Mass Murder

2-8 Insanity Arise



Ancient Creation (1988)

2-9 Pandemonium



Rehearsal 1989

2-10 At The Rainbow's End

2-11 Kill, Kill, Kill And Kill Again

2-12 Obscure Beauty



Voice Of Death (Compilation 1997)

2-13 Inhabitants





復活後も活躍目覚ましいので、今年発表されて好評だったArrival of Sixアルバムの印象でこの音源に始めて触れた方は、きっと度胆をぬかされることでしょう。最初期は80'sデスラッシュの名残があるサタニックなアティチュードのスウェディッシュ・デスメタルで、しかもMERCILESS系ではなく、MORBIDが陰湿になったようなズグズグ刻みデスラッシュが最凶!!!1曲目 Halloweenのカルト・オーラは並みではありません。この呪文のようなVo.は本当に激渋です。「ハロウィン!!」



2ndデモ以降は徐々に王道のスウェデス的冒涜腐臭を強めますが、やはりクリプティックな暗黒の闇をスラッシイーなリフで切り裂くアーリー・ロウ・デスメタル・サウンドが極上に渋いと思います。そして92年4thデモは蔵出し未発表デモなのですが、これがまたスウェデス meets ダッチ・デスな爆裂疾走デスメタルで破壊的にカッコいいんですが、ここらへんのスタイルが、今のSORCERYの基礎になってると思います。



歌詞/ライナーノート/デモのカバー・アート/写真を多数掲載した24ページのブックレットも文句なしの出来栄え。初期スウェディッシュ・デスメタル・ファンのみならず、1stデモ音源はPOISONやDESEXULTなどのカルト・サタニック・スラッシュ・メタル・ファンにも凶烈にオススメです!!

Japanese!!



・CITY INDIAN - Howling on Fire CD ¥2625 (Time Bomb)



伝説の大阪ハードコア・パンク CITY INDIANの91年名作アルバムが、未発表ライブ3曲と、Katsumi氏脱退後、W.P.C.I.時代のサポート・ドラマーだったGezi氏がギターで参加して録音されたスタジオ・デモ6曲を加えた全21曲入りCDで再発。





01. HOWLING

02. SHAKE YOUR BOOTS

03. MAGIC LIPS

04. YOU BRINGIN' OUT MY SOUL

05. LUST MONKEY ROAR

06. VIVIANT ROCK

07. SATURDAY NIGHT TRAP

08. I DON'T THINK 'BOUT ANYTHING

09. TERROR BOOGIE

10. DESPAIRED COWARD

11. DRUNKY BOXER

12. MAD SISTER (CRAZY TO SEX)



■BONUS TRACK - UNRELEASED LIVE

13. YOU BRINGIN' OUT MY SOUL

14. LET ME GO

15. KICK OUT THE JAMS



■BONUS TRACK - UNRELEASED STUDIO DEMO

16. VIVIANT ROCK 

17. STAY HIGH  

18. BABY CALLING

19. GOOD TIME ROLL

20. LAST (LUST) SWORD

21. IRON HORSE





初回盤はロゴ・ステッカーが封入されてます!!







・CITY INDIAN - Howling Years 2DVD ¥3990 (Time Bomb)



こちらはCITY INDIANとして再結成した直後から94年の解散ライブまでのライブ映像を集めた2枚組DVDです。レアな写真やフライヤー画像もボーナスで収録しています。





(DISC 1) 約72分 + 映像特典

(Vo.) SIN、(Bs.) FUNNYARA、(G.) KATSUMI、(Ds.) KUDO TOSHI



■'91.9.14:大阪FANDANGO

01.HOWLING

02.YOU BRINGIN' OUT MY SOUL

03.LUST MONKEY ROAR

04.SHAKE YOUR BOOTS

05.DESPAIRED COWARD



■'91.10.26:大阪FANDANGO

06.HOWLING

07.VIVIANT ROCK

08.NO CLASS ※Cover Of Motörhead

09.YOU BRINGIN' OUT MY SOUL

10.LET ME GO

11.KICK OUT THE JAMS ※Cover Of MC5

12.MAD SISTER



■'91.11.6:千葉ROUTE 14

13.MAGIC LIPS

14.SATURDAY NIGHT TRAP

15.TERROR BOOGIE

16.I DON'T THINK 'BOUT ANYTHING



■'91.11.23:京都福知山SOUND RATT

17.LET ME GO

18.I DON'T THINK 'BOUT ANYTHING

19.DRUNKY BOXER

20.MAD SISTER

映像特典 OH! MORO #2

映像特典 OH! MORO #3

映像特典 フォトギャラリー



(DISC 2) 約120分

(Vo.) SIN、(Bs.) FUNNYARA、(G.) KATSUMI、(Ds.) SITTING' BULL



■'90.1.28:大阪FANDANGO

01.HOWLING

02.SHAKE YOUR BOOTS

03.LUST MONKEY ROAR

04.I DON'T THINK 'BOUT ANYTHING



■ '90.9.16:新潟WOODY

05.SATURDAY NIGHT TRAP

06.LET ME GO ON YOU

07.I DID U NO WRONG ※Cover Of Steve Jones



■'91.1.12:大阪FANDANGO

08.MAGIC LIPS

09.YOU BRINGIN' OUT MY SOUL

10.VIVIANT ROCK

11.LET ME GO ON YOU

12.TERROR BOOGIE

13.LETS HOT



■'90.1.28:大阪FANDANGO

14.DESPAIRED COWARD

15.DRUNKY BOXER

16.MAD SISTER



(Vo.) SIN、(Bs.) FUNNYARA、(G.) GEZI、(Ds.) KUDO TOSHI

■'92.7.4:大阪FANDANGO

18.EAT THE RICH ※Cover Of Motörhead

19.VIVIANT ROCK

20.IRON HORSE ※Cover Of Motörhead

21.BEER DRINKERS & HELL RAISERS ※Cover Of ZZ Top



■'93.11.19:市川CLUB-GIO

22.LAST SWORD

23.GOOD TIME ROLL



■'94.10.9:解散ライブ 大阪FANDANGO

24.HOWLING

25.SHAKE YOUR BOOTS

26.STAY HIGH

27.MAGIC LIPS

28.DANCE OF RAVEN

29.START TO YOUR R&R

30.DRUNKY BOXER

31.MAD SISTER

32.YOU BRINGIN' OUT MY SOUL

33.WPCI WARNING





元FREEDOMのBelley氏(現ラフィンノーズ)、元MOBSのSin氏、THE BONESのFunnyara氏等の関西ハードコア界の錚々たるメンバーによって85年に結成されたWAR PAINTED CITY INDIANは、元OUTOのギタリスト Katsumi氏と、ドラマーにSitting' Bull氏を迎え、バンド名もCITY INDIANと改めて89年に再始動。MOTORHEADスタイルの男臭い疾走ドライビン・チューンに、これまたハードボイルドな男のカッコよさを実践したSin氏のワイルド且つバツグンにキャッチーなメロディー・ラインのVo.が乗った、これぞ男のロックンロール・ハイウェイ・トゥ・ヘル!!メタルヘッズで聴いたことのない人がいるなら、ぜひ1度聴いてみてほしいハードコア・パンク・バンドです。



初回盤はPusheadが今回のリリースのために描きおろしたステッカーが封入されてます!!







・FLAGITIOUS IDIOSYNCRASY IN THE DILAPIDATION - Wallow LP ¥1800 / CD ¥1500 (Six Weeks)



東京の女性4人組グラインドコア・バンドの2ndアルバムが、USのSix Weeksからリリース。



ギタリストが変わってから初のアルバムで、メタリックなリフではありますが、以前よりも偏屈なフレーズも印象的で、カオティックなパワーバイオレンス感触が強まったような感じもします。しかし、ブルタリティーは相変わらずで、全世界的に見ても貴重な存在と言える、本格派グラインドコア・ガールズ・バンドです!!







・「....」 - スタァ、ゲイザァ CDR ¥700



愛知県の独りブラックメタルの6曲収録ナンバリング入りデモCDRです。



"季節の移り変わりの切なさと宇宙の広大さを表したシューゲイザー/プリミティブブラックメタル"とのことで、プリミティブ・ブラックとシューゲイザ―風味のメロディーを、即興的且つ前衛的にミックスしています。

IMPETIGO - Faceless TAPE + ZINE PACK



・IMPETIGO - Faceless TAPE + ZINE PACK + LIMITED T-SHIRT SET ¥5500 ご予約受付商品 (Obliteration)

・IMPETIGO - Faceless TAPE + ZINE PACK ¥1500 ご予約受付商品 (Obliteration)





USイリノイ・カルト・スプラッター・グラインド・デスメタル IMPETIGOが、1991年に伝説のレーベル Wild Ragsから発表した "Faceless" EPのカセット・バージョンを、オリジナルに限りなく近く再現して、日本のObliteration Recordsが復刻再発します。



本体カセットの他に、A5 / 16ページのZINE, 缶バッジ, マグネットが付いた限定500セットのZINE PACKでの再発で、さらにTシャツも付いた豪華セットも発売。Tシャツ・ボディはGildanで、サイズはS/M/L/XLの4種。



12月下旬発売予定で、他商品とのまとめてのご精算は現時点ではお受けできませんので、ご予約ご希望の方は、通常のカート購入と同じように、Tシャツのサイズとご清算方法もあらかじめ指定して、他商品とは分けてこの商品のみでカートを進めてください。11/26(火)20時締切です。宜しくお願いします!!

Metal Punk till Death!!



・PARASITE - Proof of the Existence 7" YELLOW VINYL ¥1200 (Holy Terror)



愛知メタルパンク代表 PARASITEの新作2曲入り7"が、VERMAPYREとのsplitもリリースしていたINTEGRITYのボーカル Dwid氏のHoly Terrorから発売。イエロー・ビニールでの入荷になります。



メロディックなギターリフに邪悪極まりない日本語ボーカルが乗るA面のEndless Tragedyは、PARASITEの曲の中でも一際メロディーが際立った曲調ですが、PARASITEらしい攻撃性もバツグンです。B面のDespairは、3 Way Splitでも垣間見せたドゥームな感覚を80年代日本のハード・パンク的なダークネスもミックスして表現した新境地。留まることなく深化する現在のPARASITEサウンドが凝縮されています!!







・SHITFUCKER - Suck Cocks in Hell CD AMERICAN VERSION / EUROPEAN VERSION 各¥1600 (Hells Headbangers)



デトロイト・メタルパンク、SHITFUCKERの1stアルバムがHells Headbangersからリリース。ジャケが2種類ありまして、デンジャラスなジャケのUSバージョンとCensored Editionとされているユーロ・バージョン、それぞれ入荷しました。



前作2nd EPの延長戦上にある、聴く者に有無を言わせない強烈なバイオレンス・パワーが充満してます。ノイジー度は以前より控えめながらも、VENOMやBATHORYなどのサタニック・スラッシュメタルと、ABIGAILや日本のメタルコアなどをミックスしたような、凶暴サタニック・ドランク・メタルパンクが大爆発!!メンバー写真も極悪です。





・TIGER JUNKIES - D-Beat Street Rock 'N' Rollers CD ¥1600 (Hells Headbangers)



ABIGAIL / BARBATOSのYasuyuki氏とTOXIC HOLOCAUSTのJoelによるD-Beatパンクメタル・プロジェクトの2008年1stアルバムが、Sick of Tiger 1st 7"と3 Way Split LP w/ BLUDWULF, CHILDREN OF TECHNOLOGYの音源もボーナスで収録した16曲入りでCD化。オリジナルLPはUKのDESTROYファンジンのオーナーのレーベル Turdis Recordsからでしたが、CDはHells Headbangersからのリリースです。



1曲目の Sex, Sex, Sexは、どう聴いてもTOXIC HOLOCAUSTのアノ曲をミドルテンポのdisパンク風にしただけのようでなりませんが、この現代の日米パンクメタル・スラッシュ代表選手2人によるD-Beatパンクの解釈はやはり興味深いものがあります。1stシングルと同じ路線の平坦なペッタリしたビートにDisリフを乗せたロウ・スラッシュ・パンクや、プーチ時代のロッキンDisパンク調の曲もあったりして、クラスト・パンク・バンドが表現するベタなDisパンクとは違うベタさが新鮮です。たまにABIGAIL節とも言えるBULLDOZERゆずりのロッキン・スラッシュ・リフも交えるところもポイントでしょう。ABIGAILやEXPLOITEDのカバーもやってます!!

Metal Deadness!!



・NB-604 - One Day of Psychopatmetal in Hell LP ¥2000 (Deathrash Armageddon)



エクアドル・スラッシュメタル ALCOHOLIC RITESメンバーが90年代後期からやってるブラックメタル・バンドの2000年1stデモが、Deathrash ArmaggedonからLP化再発。日本でリマスタリングして、新ロゴをB面にエッチングした、渾身の出来栄えです。



以前にディスコグラフィー・カセットが入荷してましたし、Legion of Deathの南米オムニバス Southern Storm of Evil comp. LPにも参加してたバンドですが、Deathrash Armageddon最初のリリースは、フィリピンのKORIHORか、タイのSURRENDER OF DIVINITYか、それかこのエクアドルのNB-604のデモ音源かと、その3候補の中のどれかにしたかったと思ってたくらい、Deathrash Armageddonオーナー氏にとってブラックメタル・ミュージックの核となる作品で、念願のリリースと言えます。KORIHOR, SURRENDER OF DIVINITYと同等に扱われるのも実に納得の、灼熱の地で表現されたフリージング・ロウ・ブラックメタル・サウンドで、アートワークからも共通性を感じさせる、初期SATANIC WARMASTERの極寒旋律を薄めたようなサウンドは、ロウ・ブラックメタル・ファンならば予備知識抜きに聴いてノックアウトされることでしょう!!





・NOCTURNAL DAMNATION - Desecration, Crucifixion, Perversion CD ¥1600 (Dunkelheit prod.)



韓国から登場したウォー・ブラックメタル・バンドの、2012年にカセットで発表した1stアルバムに、2011年の1stデモも追加収録した9曲入りCDバージョンです。



今まで存在しなかったのか?と思うくらいベタベタな名前ですが、こういうのはベタな方が勝ちなのです。サウンドもなかなか本格的で、タイトなドラミングでブラストするブラック・デスメタルは鉛のような重さと黒さではなく、MORBOSIDADやBLASPHEMOPHAGHERなどの現行ベスチャル・デス最前線バンドのキャッチーに、カナディアンの爆裂感をプラスした感じ。なんて言うとホメすぎでしょうか。東南アジア以外からはなかなか出現しないRaw War系メタルですので、ファンはぜひチェックしてみてください!!





・NOCTURNAL GRAVES - ...From the Bloodline of Cain CD ¥1600 (Hells Headbangers)



NWN!からの傑作1stアルバムとSplitアルバムが当店でも地味ながら人気のあったオーストラリアン・ブラッケンド・デスラッシュメタル NOCTURNAL GRAVESの2ndアルバムCDがHells Headbangersからリリース。前作Splitアルバム以来3年ぶりの作品ですが、実は活動を停止していたので、これはめでたい復帰作ということになります。



IMPIOUS BAPTISM, TRENCH HELL, DESTROYER 666などで活躍してきたJarro氏率いるバンドで、氏のオールドスクール・デスラッシュ・スピリットを炸裂させたような、今回も期待通りの内容です。DESTROYER 666やGOSPEL OF THE HORNSなどのOZブラック・デスラッシャー代表格のルーツ部分に焦点を定めたようなサウンドで、BATHORY影響化ブラック・スラッシュの冷たさをOZ特有のバイオレンス・アグレッションに変え、SLAYER系ギター・ワークをガンガンぶちこみ、そして時々DESTRUCTIONみたいなフレーズやKREATOR的なリフのジャーマン・テイストも少し顔を出す、激烈で爽快なブルータル・イーヴィル・デスラッシュ!!前作までのファンは間違いなく必聴です。





・NECROMESSIAH - The Last Hope of Humanity... CD ¥1700 (Punishment 18)



Hells Headbangersからアナログ化もされてた2007年2ndアルバム Antiklerical Terroristik Death Squadが好評だったイタリアン・ブラック・スラッシャーの新作3rdアルバムです。その2ndアルバムが評判になってきた頃には既に活動を停止していましたが、昨年2012年あたりからまた活動を再開したようです。



CELTIC FROSTやVENOMなどのプレ・ブラックな初期スラッシュメタルのドライブ感を強く打ち出したサウンドで、日本のファンにも非常にキャッチーな好印象を与えるサウンドでしたが、本作ではそのドライブ感がさらに爆裂していまして、もはやMOTORHEAD系統のスピードR&Rブラック・スラッシュでイケイケ・ノリノリです!!MASTERも思わせるブルータルな2バス連打の突進力に、ドライブ感重視のストローク・リフ・チューンを乗せた爆走ライディング・スラッシュメタルは、パンク・メタル・スラッシュ・ファンにもオススメです!!





・NECROWRETCH - Bestial Rites 2009-2012 CD ¥2000 (Century Media)



Century Mediaと契約して今年2013年に1stフル・アルバム Putred Death Sorceryを発表したフレンチ・デスメタル NECROWRETCHの過去の音源をまとめた17曲入りCDです。





"Putrefactive Infestation" 12" MLP (2011年)

"Now You're In Hell" 7" EP (2012年)

"Pure Hate" (2012年録音未発表のMERCILESSカバー)

"Necrollections" デモ (2010年)

"Rising From Purulence" デモ (2009年)





未発表のMERCILESSカバーとデモも収録しているので、ファンには見逃せないコンピレーション・アルバムです。MERCILESS, MORBID, BLOODSTONEなどを彷彿させるレイジング・サタニック・デスラッシュ・サウンドがカッコいいバンドだけど、アンダーグラウンド・デスメタル・マニアに注目されるきっかけとなったデモ音源は、音質のせいかもっとモッサリしたグルーミィーな感触でレイジングなスウェディッシュ・スタイルのデスメタルを演奏してて、これがまたカッコいい!!このスタイルでももういくつか音源をリリースしてほしかった気がします。オススメです!!

Japanese!!



・OOZE - Dansing on the Edge with the Times CD ¥1575 (Hardcore Kitchen)



現TECHNOCRACYメンバーやNIGHTMAREに一時在籍したメンバーなどから成る大阪のハードコア・パンク・バンド OOZE (ウーズ) の、Hardcore Kitchenからリリースされた8曲入り1stアルバムCDです。



ヘヴィなサウンドでドライブ感満点に疾走するハードコア・サウンドが素晴らしいの一言に尽きます。雰囲気まかせの適当さも、確信犯的なあざとさもない、真剣に曲作りして各パートがぶつかり合ったような爆発的テンションとスピード感に圧倒されました。メンバーのバンド遍歴と、MIDNIGHT RESURRECTORのKid氏がゲストで参加という点にも、この強靭で硬派なピュア・ハードコア・サウンドの性質がよく表れてるのではないでしょうか。オススメです!!





・GOTHVULDICH - S/T CDR ¥500



東京の新鋭ブラックメタル・バンド GOTHVULDICH (ゴスヴァルディヒ)の3曲入りデモCDRです。



バンド形態ですがエレクトロ要素を積極的に導入したエクスペリメンタル・ブラックメタル・サウンドです。パフォーマンスありきのノイズ・ミュージックや、ハーシュ系のパワー・エレクトロ的手法とは違い、攻撃的且つメランコリックな楽曲と電子音のミスマッチが非常に個性的で面白いです。Drawning Down the Moon ~ Electric Doom Synthesisまでの試行錯誤してた頃のBEHERITの深化を楽しめる人はぜひチェックしてみてください!

Metal Traditions!!



到着商品がいくつかあったのですが、昨晩カートアップができなかったので、本日水曜は定休日ですがいくつかアップしました。受注メールの返信は明日木曜になります。







・IRON CURTAIN - Jaguar Spirit LP SPECIAL EDITION ¥3200 (Heavy Forces)



1stアルバムが痛快な内容だったスパニッシュNWOTHMの2ndアルバムです。アナログ盤はその仕上がりに定評があるドイツのHeavy Forces Recordsからのリリースで、インナーシート / 昔のプロモ・キット風バンド・フォト・シート / ポスター / ステッカー付きでゲートフォルド・スリーブ。ボリューム満点で重量もあるので送料も高くなって割高ですが、現物を見れば大満足なレコードだと思います。さらに限定150枚のスペシャル・エディションは、ロゴパッチも付いてカラービニールです!!



ジャケのデザインがアカ抜けました。スタイルのいい、BULLETやENFORCERなんか好きそうなモテるヤング・メタルヘッズを起用してるこのジャケは、個人的にはちょっと面白くない気分ですが、本人達はムッチリしたヒゲ面長髪なので、世の中的にはこっちのジャケの方が正解でしょう。サウンドもかなりヤングにアピールできるスタイルになってきました。MOTORHEAD系、と言われた80年代のスピードメタルを彷彿させる2バス疾走型に、ちょっとRUNNING WILDなんかを彷彿させる男臭い哀愁が漂ってるのが以前はカッコ良かったけど、今回はTANKを筆頭とする、KILLERやVULCAINあたりにも通じる軽めのサウンドでロッキンなドライビング・リフが冴えわたるMOTORHEAD系統NWOTHMとなっています。後半が哀愁NWOTHM色が濃くなってくるので、ノリノリ・ロッキンなサウンドがお好みの人は前半、シケたメロディック路線に期待する人は後半が聴きものです。



追ってCDがリリースされますが、アナログ盤とCDとでラストのボーナス曲が違ってるようですので、ファンは両方とも買わねばなりません。そしてアナログ・ファンの方は、前回の1stアルバムの時はスペシャル・バージョンが即ソールドアウトになったことを思い出して、今回は油断しないようにお願いします!







・VIRTUE - We Stand to Fight WOVEN PATCH ¥800



遂にオフィシャル・リリースされた再発盤が話題を呼んだNWOBHMバンドの、縦/横ともに約9cmのサイズのパッチ。これはブルーのデニムにはドンピシャなサイズとカラーでしょう。







・STORMWITCH - Walpurgis Night PICTURE LP ¥2600 (Heavy Forces)



2004年のBattle CryからのCD再発が当店でもなかなか好評だった、必殺のB級ジャーマン・メタル STORMWITCHの84年1stアルバムが、仕上がりには定評があるドイツのHeavy Forces Recordsからピクチャー盤でアナログ再発。ジャケも付いたピクチャーLPで、インナー・シートとポスター付きの限定333枚。STORMWITCHですから、ピクチャー盤のメンバー写真も激渋カッコいいです!!



これぞシケシケのジャーマン・メタル王道サウンド、と言った感じの素晴らしい哀愁で、日本のヘッドバンガーには人気の高い作品です。感触で言えばRUNNING WILDやIRON ANGELなどのスピードメタル勢にも引けを取らない、JUDAS PRIESTルーツの重厚ソリッドなタッチ。しかしリフからソロからVo.のメロディーのいたる所まで、ジャーマン・メタルの郷愁が充満しています。アー・ユー・レディー!?のシャウトからソリッドなカミソリ・リフでスタートし、サビ後のギター・フレーズで昇天するオープニング・ナンバー以降、SCORPIONS直系ナンバーから牧歌的スピード・メタル調まで、これぞジャーマン・メタルとしか言いようのないキラー・チューンのオンパレード。シケシケ鋼鉄ファン絶対必須の名作です!!







・STORMWITCH - Tales of Terror PICTURE LP ¥2600 (Heavy Forces)



こちらは85年2ndアルバムです。1stアルバム同様、ジャケも付いたピクチャーLPで、インナー・シートとポスター付きの限定333枚です。



この2ndはいきなりWrathchild(メイデンの方です)のパクリみたいな曲でスタートしますが、英国でも北欧でもない、ドイッチェランド特有のモノ悲しさはやはり完璧です。曲によっては、1stよりも気持ちSCORPIONS的な大衆向けハードロック・メロディーもだいぶこなれてきてて、これもまた絶品!!1stとともに、シケシケ鋼鉄ファン必須の名作です。







・TYRANT - Live and Crazy SPECIAL LP ¥3200 (Heavy Forces)



Heavy Forcesの快挙的衝撃再発!!!!!恐らくヤングの間では今回のHeavy Forcesリリースの人気作品はIRON CURTAIN 2ndアルバム。しかしダイハード鋼鉄コレクターが目をひんむいたのが、このTYRANTのLive and Crazyです。この作品はウルトラ・レア・ルバムで、アナログ盤はその存在が疑われるほどのメガ幻の珍品。実際、画像検索してもオリジナルLPの画像は全くヒットしませんし、「オークションでも見たことないけど、本当にLPあるのかよ!」なんて書き込みも見かけるので、今回が初アナログ化、なんて誤情報がながれてもいたしかたない、メタル・コレクター鬼門のキング・オブ・レア・ヴァイナルなのです。仕上がりには定評があるドイツのHeavy Forces Recordsからの再発で、ポスターと激渋メンバー写真のステッカーが付いて、ゲートフォルド・スリーブです。今回はパッチ付きでレッド・ビニールの、限定150枚のスペシャル・バージョンでの入荷です!!



日本のジャーマン・メタル・ファンにも高い人気を誇るバンドで、内容はBattle Cryからの各種一挙CD再発の際に、ボーナス・ライブとして各CDに振り分けられてたトラックです。Ruling The Worldアルバム時のツアーの89年ライブ音源で、音質は完璧。この時代のライブ盤お決まりの、疑似アリーナ超満員大歓声でスタートした途端に、レコードとCDに埋もれたあなたのお部屋もアリーナに変わります。ムサくるしいパワーと疾走感にメロディックなギターとクサいVo.メロディーを乗せた、ACCEPT直系のジャーマン・メタルで、クサレ・メタル・マニアに熱狂的に支持されるのも納得の熱血ライブを、ぜひこの機会に体験しときましょう!!







・INSANIAC - Terminal Madness 2CD ¥1900 (Area Death prod.)



2009年に日本のH.M.S.S. Recordsから87年のライブ・カセット・アルバムがLP化されて、オブスキュア・スラッシュメタル・マニアに注目を浴びた、USニュージャージーのスラッシュメタル・バンドのディスコグラフィーがArea Death prod.からリリース。活動時にレコード・リリースは一切なく、85年1stデモ / 87年2ndデモ / 88年カセットEP /90年デモ2種 /未発表など全26曲を収録した2枚組CDです。



80'sアメリカン・パワー・メタルの醍醐味である、正統派へヴィメタルをゴリゴリ硬質にしてアグレッシブに演奏したようなサウンドで、カルト・オブスキュア・メタル・マニアはもちろん、80年代パワー・スラッシュメタル好きに広くオススメしたい内容です。CHAOS HORDEのクロスオーバー風味を除いて、HAVE MERCYあたりにも通じる正統派要素を強めたような、これぞ80's USパワー・スラッシュ!!両面ポスターが付いてます。


Cult of Death-troy!!



・ABHORRENT - History to the World's End 2CD ¥1900 (Area Death prod.)



何年か前にコレクションCDが入荷したことのあるNECRODEADのメンバーが在籍した、南米チリのデスラッシュ・メタル・バンドのディスコグラフィー・アルバムが、Area Death prod.から2枚組でリリース。





Disc 1:

Track 1-2 Adv Tape 1992

Track 3-8 Christianicide Demo 1992

Track 9-14 Start Point Demo 1996



Disc 2:

Track 15-24 Live + Comp. track (1989-1999)





"南米デス/スラッシュ・メタルが好きで、ABHORRENTを知らないなんて、恥ずかしいぞ!"と、レーベルの人が言っていますが、これっぽっちも知りませんでした。しかしレーベルが煽るのもまぁ理解できる内容で、中南米デスラッシュ好きは聴いといて損はありません。POSSESSEDみたいなテクニカルなリフをソリッドな刻みとガムシャラなロウ・パワーでブチまけていて、ビートはデスラッシュな猛速ではありますが、曲によってはかなりスピードコアなブラスト・デスラッシュ・ナンバーもあります。ウネるベース・ラインがソリッドなリフとの相性も良くて、大袈裟に言いますと、ジギジギ刻みの暴走スラッシュ時代から、ベース・プレイを核にしたテクニカル・デスメタルへと進化した、SADUSの初期~後期を凝縮した南米ロウ・デスラッシュ・メタル、みたいにも捉える事が出来そうです。POSSESSEDやSADUSなどのUSデスラッシュ系統のサウンドが好きならば、南米マニアではなくてもオススメです。今回は限定100枚のパッチ付きでの入荷デス!!







・NEW YORK AGAINST THE BELZEBU - Esfiha Bombs CD ¥1400 (Thanatopsis)



SORE THROAT, AGATHOCLES, FINAL EXIT, etcともSplitをリリースしていたブラジリアン・カルト・グラインドコア・バンド NYABの、2001年に50枚のみCDRで作られた21曲入りアルバムが、Area Death prod.のデス・グラインド部門レーベルからプレスCDでオフィシャル再発。



FINAL EXITとのSplitや、伝説のカルト・グラインド・レーベル Total Questions Recordsから女性ゴア・デスメタル PURULENCE(ブラジルのヤツです)ともSplit EPを出していたのもあって、当時から日本のグラインドコア・ファンにもそこそこ知名度のあるバンドでした。ポリティカル、且つポンコチカルなグラインダーズで、RAPTなんかの即興スピード・ノイズコア・マニアも巻き込んでカルトな人気を博しました。今聴いても、遠くの方でガムシャラに演奏しているようなサウンドが最高です。カルト・グラインド復興の波も、遂にこのバンドが再発されるまで盛り上がってまいりました!!







・NAUSEA (L.A.) - Crimes Against Humanity DIGIPACK CD ¥1800 (Hammerheart)



CDもデジパックで遂に再発です!!F.O.A.D.からのコレクション・アルバムが好反響だったL.A.初期グラインドコア・デスメタル・レジェンド NAUSEAの91年発表1stアルバムが、Ripping Stormからのアナログ盤に続いて、CDもHammerheartから再発されました。オリジナルはBLASPHEMYの1stでもおなじみの伝説のカルト・ハードコア・メタル・レーベル Wild Ragsからのリリース。NAUSEAは2000年代もポツポツと細かな作品を発表していましたが、このたびヨーロッパ・ツアーを敢行するそうで、それに合わせて再発されたようです。



TERRORIZERのヴォーカル Oscar Garciaが在籍したことで知られるバンドで、当時の日本デスメタル/グラインドコア・シーン黎明期の関係者の間でも話題となった作品ですが、音質がいかにも当時のアングラ・リリースらしいデモ・レベルのクォリティーで損をした悲運の名作デス。なんて今まで何度も言ってきたけど、今回改めて聴いてみると、別にそこまで言うほど酷い音質でもないですね。むしろアラフォーには非常に心地よい生々しさのラウド加減で、スタジオ一発録りみたいな臨場感がカッコよく感じられます。綺麗に分離された作品が普通となった今こそ、再評価される作品かも知れません。それよりもデモやEP時代より深化を模索したような楽曲の変化にこそ焦点を当てるべきで、基本はデスメタルとハードコアが交錯した生々しいグラインドコア・デスメタルなんだけど、当時エクストリーム・メタル・シーンで台頭してきたインダストリアル的な無機質さやドゥーミィーな感覚も取り入れてるところは、日本のMULTIPLEXと同じベクトルでエクストリームを追及したラディカルなグラインドコア・メタルと捉えることもできるかと思います。



当時はNYクラスト・パンクのNAUSEAのLPが欲しくて都内レコード屋を歩いても、こっちのNAUSEAばっかり売ってたから間違って買ってしまったという人の話もけっこう聞きましたし、HELLCCHILDメンバーさんなど、Deathrash Mayhem周辺西東京デスメタル開拓者の方々がこっちのNAUSEAのTシャツをよく着てたりしたのが印象に残っています。当時はスルーしてた人も、ぜひこの機会に聴いてみてほしいです!!







・NIFELHEIM - Devil's Force COFFIN SHAPED WOVEN PATCH ¥800 (Witchhammer prod.)



タイ Witchhammer prod.製棺桶型オフィシャル・パッチ!!



今、自宅でカートアップしてて現物が手元にないので寸法表記できませんが、極端に大きかったり小さかったりしない、ちょうどいいサイズです。青フチと赤フチがあります。
10 | 2013/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR