RECORD BOY

牙-KIBA- - 神風 CD



・牙-KIBA- - 神風 CD ¥2100 (Twisted prod.)



名古屋のベテラン・ハードコア・パンク 牙の10曲入りCDが、Twisted Productionsからリリース。ETERNAL ELYSIUMのOkazaki氏によるレコーディングで、ZILEMMAのKSK氏などもコーラスでゲスト参加。ジャケ・デザインは、Burning Spiritsでお馴染みのNO PROBLEM 中氏によるアートワークです。



結成当初からバンドを支えてきたドラマーの脱退後も活動を留めることなく発表された、気合満点の作品です。ジャパニーズ・ハードコアの熱さと疾走感、そしてメロディが凝縮された、今では数少ない貴重なスタイルとも言える伝統的ジャパコア・サウンド!!

MOONBLOOD - From Hell : The Years Of Heresy 1994-1999 BOXSET



・MOONBLOOD - From Hell : The Years Of Heresy 1994-1999 BOXSET (ご予約受付商品)



昨晩カートアップしましたが時既に遅し・・・。とても卸しに対応できる状態じゃないとレーベルから返答がありまして即カートをクローズしましたが、受注可能な状態だった4時間程の間に大きな反響があったことをレーベルに伝えたところ、日本以外の他ショップからも同様の反響があったそうで、追加プレスを検討しているそうです。アジアからのオーダーに10件も対応できなかったことも考慮していて、再度受注にトライしてほしいとオファーされましたので、ただ今から11月19日(火)の20時締め切りで、再受注致します。





3x 12″LP

1x Picture Disc

1x 7″EP

8 Page Booklet



Disc 1: Of Lunar Passion and Sombre Blood 12" LP (98年未発表)

Disc 2: Taste Our German Steel! 12" picture disc (2000年リリース)

Disc 3: Dusk Woerot 12" LP (2000年デモ+99年リハ―サル)

Disc 4: Templar's Penitence 12" LP (95年録音+99年リハーサル)

Disc 5: Fullmoon Witchery 7" EP (96年録音)





90年代に活動したジャーマン・ブラックメタル・バンドで、過去にブートレグのLPやCDがいくつか入荷したので、当店のお客さんでも覚えてる方はいらっしゃるかと思います。解散後もブートレグが連発されて、DEATHSPELL OMEGA, KATAHRSIS, MUTIILATIONなどとともに、90年代後期~2000年代のユーロ・アンダーグラウンド・カルト・ブラックメタル・シーンを大いに盛り上げたバンドの一つです。サウンドも、これぞユーロ・ブラックな荒涼とした旋律のプリミティブ・ブラックメタルで、当時幸運にも極少数入荷したアナログ盤は、レーベルやバンド関係者からの問い合わせが多かったのも強く印象に残っています。



値段は12,000円 ~ 14,000円くらいに押さえることができればと思ってます。入荷時期未定のため、他商品とのまとめてのご精算は現時点ではお受けできませんので、ご希望の方はご清算方法もあらかじめ指定して、この商品のみでカート購入を進めてください。また、昨晩カート注文していただいた全ての方にはお断りのメールを1度返信してしまいましたので、恐れ入りますが再度こちらのカートからご注文お願いします。再度ボツになる可能性もゼロではないので大変恐縮なのですが、たぶんコレがラスト・チャンスです。カルト・ブラックメタル・ファンの方、なんとかこのチャンスを成就させましょう!!!宜しくお願いします!!!666!!!

NIGHTSLUG - Dismal Fucker + 3 Songs CD



・NIGHTSLUG - Dismal Fucker + 3 Songs CD ¥1300 (Too Circle)



ジャーマン・ハードコア・パンク BURIALやex. NOW-DENIALのメンバーなどが在籍するスラッジ・メタル・バンドの、ドイツのレーベルから出ている1stアルバムにデモの曲もプラスしたジャパニーズ・バージョンが、東京のToo Circle Recordsからリリース。



これはToo Circleの異色リリースですので、ぜひともエクストリーム・メタル・ファンにも注目してほしい作品です。近年はデス・メタル勢のスロウネスが暴走(と言うか爆遅)していて、もはやリズムやビートという概念から逸脱し、low(低さ)の極致を目指すような傾向が強まっていますが、そんな中でこのNIGHTSLUGのスラッジ・コア・メタル・サウンドは物凄く新鮮です。低いではなく重い、そして遅いではなく速くない、なドゥーム・サウンドで、明らかにパンク・ルーツのスラッジ・メタルです。EYEHATEGODやGRIEFなどがハードコア・パンク・ルーツのドゥーム・スラッジの代表格だけど、NIGHTSLUGには引きずるような泥臭さはなくて、WINTERを通過したCELTIC FROSTルーツなリフ・ワークも多用しています。しかし、デスメタルとは似て明らかに非なるサウンドで、一番近いのは、インダストリアル風味のないIT IS I、って感じでしょうか。ハードコア/エクストリーム方面の90年代ドゥーム・スラッジを体験した人には懐かしい感触ですし、現代ではとても貴重なドゥーム・スラッジ・メタルだと思いますので、ちょっとコレは応援したくなります!!

CHRIS MOYEN + INCANTATION / ARCHGOAT - Split LP!!!666!!!



・CHRIS MOYEN - Thorn Cross DIE HARD BOOK + INCANTATION / ARCHGOAT - Split LP ¥8800 (Nuclear War Now!)



予約分のみで終わりそうでしたが、無理言ってダイハード・バージョンのラスト・コピーを入荷させました!!!666!!!タペストリーは4種でリリースされましたが、BEHERITバージョンだけは今回は入荷できませんでした。ご予約でBEHERITタペストリーを選んでた人は、自慢しちゃってください。BLASPHEMY, ARCHGOAT, INCANTATIONのいずれかのタペストリーをお選びください。



デス/ブラック・メタル作品の多くのアートワークを手掛けてきたChris Moyen氏のアート・ブックと、INCANTATION / ARCHGOAT Split LPのセットです。1stプレスのダイハード・バージョンはクリア・ビニールで、タペストリー付き。レーベルでは既に完売して、2ndプレスを進行し始めてるようですので、躊躇して逃してしまってた方はこの機会を絶対に逃さないでください!!







・CHRIS MOYEN - Thorn Cross BOOK + INCANTATION / ARCHGOAT - Split LP REGULAR WHITE VINYL ¥7800 (Nuclear War Now!)



なんとかレギュラー・バージョンも入荷しました!!ltd.100枚のホワイト・ビニールでの入荷です!!レギュラー・バージョンには、タペストリーは付いてません。レギュラー・バージョンもレーベルでは既に完売して、2ndプレスを進行し始めてるようですので、躊躇して逃してしまってた方はこの機会を絶対に逃さないでください。







・CHRIS MOYEN - DIE HARD BOOK + INCANTATION / ARCHGOAT - Split LP 2nd PRESS (ご予約受付商品)



発売後即完売したChris Moyenアート・ブック+INCANTATION / ARCHGOAT Split LPのダイハード・バージョンが、ビニール・カラーを変えて再プレスされますので、ご予約を受け付けます。



お値段は1stプレスと同じくらい、8000円台~9000円台になるかと思います。もちろんダイハード・バージョンにはタペストリーが付きまして、ARCHGOAT, BEHERIT, INCANTATION, BLASPHEMYのジャケ・アートの4パターン発売になりますので、ご希望のタペストリーをお選びください。レギュラー・バージョンはご予約は受付していません。



入荷時期未定のため、他商品とのまとめてのご精算は現時点ではお受けできませんので、ご希望の方はご清算方法もあらかじめ指定して、この商品のみでカート購入を進めてください。



躊躇して1stプレスを逃してしまってた方はこの機会にぜひどうぞ!!

Metal Thrashing Mad Punk!!



・VIRUS - A New Strain of an Old Disease CD ¥1400 (Killer Metal)



1st + 2ndの再発CDが大好評のUKハードコア・スラッシュメタル VIRUSが5曲入りのミニアルバムCDをリリース。2008年の復活以降、ダウンロードEPと、超ミニマムなDIYリリースEPはあったみたいですが、初期作品もようやく再発して、遂に本格的にシーンに復帰ということなのだと思います。ブリティッシュ・ハードコア・スラッシュメタル盟友 ANIHILATEDの復活後もサポートしてるドイツのKiller Metal Recordsからのリリースです。



もちろん1stの頃のようなポンコツさはなくて、ソリッドなリフで暴れまくるバッキバキなスラッシュメタル・サウンドなんですが、曲調に落ち着きさがなく、しかもけっこうデコボコなドラミングが土台を不安定に揺さぶるので、「これ、初期のドラムの人がまだやってるの?」なんて一瞬思ってしまいました(実際は初期のドラマーではありません)。TESTAMENT, LAAZ ROCKIT, OVERKILLにあこがれたNew Renaissanceあたりのバンドみたいな感じで、ちょっとスラッシュ時代の初期INQUISITIONにも共通します。それにしても、このバンドは本当に凄いドラマー探してくるなー!!安定したマシなドラムだと満足できない、ポンコツ・フェチなのかも知れません。







・ANIHILATED - iDeviant CD ¥1400 (Killer Metal)



1stアルバムの再発以降、SACRILEGE, ONSLAUGHTにも迫る勢いでメタルコア・ファンに人気が高まったたUKHCパンク上がりスラッシュメタル ANIHILATEDの復活第2弾アルバムCDです。



前作からサウンドのスタイルに大きな変化はなく、Vo.の声質やリフ・ワークはSLAYERからの影響が今も強いようです。へヴィメタルとしての核を強く打ち出していた Show No Mercyの頃のSLAYERに、大胆にもMETALLICAスタイルのドラマチックな展開も組み込んでいますので、「前作から~」なんて言いましたが、基本的にはメタルコア時代の1stの頃から目指していたところはなんら変わってないのでしょう。VIRUSの新作とは違った形の本気度が凄い感じられて、これだけ実直すぎる正統派スラッシュメタルも今どき珍しいのではないかと思います。もっとわかりやすく言いますと、アルペジオとかエピックなパートの導入とかが、まるでアリーナ・クラスの80年代スラッシュメタルになりきったようなベタベタすぎる手法で、オッサンなのにハイスクール・バンドのような純朴さのままで80'sスラッシュメタルをやってるところが最高です。しかもリフはMETALLICAというよりもPHANTOM WITCHみたいな初期SLAYERスタイル。なので、パンク上がりSLAYER系統スラッシュメタルの出世頭 ONSLAUGHTにも通じます。でもNIHILATEDは、愛すべき永遠のスラッシュメタル・キッズなんです!!







・TURBOCHARGED - Area 666 CD ¥1600 (Chaos)



ノルウェーのINFERNOと並んで、90年代北欧メタル・シーンにオールドスクール・スラッシュメタルのリバイバルをもたらしたスウェディッシュ・ドランク・メタル・スラッシャー GEHENNAHのベーシスト、Ronnie Ripper氏が率いる極悪デス・パンク・メタル TURBOCHARGEDの、前作 Christ Zeroから早いペースで発表された14曲入り2ndフル・アルバムCDです。



とりあえず、Christ Zeroアルバムが気に入った方は間違いなく必聴、そして多くのハードコア・ファンにもぜひ聴いていただきたい内容です。ジャーマンBLIZZARDにも通じる土着的なR&Rルーツを匂わせる手法は完全に取っ払って、メタル本来のブルタリティーで暴走するドライビング・へヴィ・デス・パンク・メタルが今回は完璧で、もうどう聴いてもDISFEARやDRILLER KILLERみたいな90'sスウェディッシュ極悪disコア・メタル・パンクにしか聴こえません!!そしてこれが痛快にカッコいい!!GENOCIDE SSみたいに、若干ロッキンで現在のDISFEARの先駆けみたいなヤツならもっと世の中に理解されるだろうけど、DISFEARで言えば初期みたいな、ベッタリしたブルータルDisコア度が増してて、本当に痛快です。でも、痛快に感じるのは、90年代Distortion Recordsの、あの大味Disコア戦乱の世をかいくぐって生き延びたオッサンだけかも知れません。しかし、CHILDREN OF TECHNOLOGYが本当に好きならば、彼らがリスペクトするTURBOCHARGEDも必聴です、実際、このデス・パンク・メタルの手法は現在では貴重ですし、若いメタル・パンク・ファンにも新鮮に感じてもらえるかも知れません。Distortion Recordsファンはぜひ聴いてください!!







・OBSESSOR - Obsession Collection LP ¥2000 (Tankcrimes)



泣きのギターソロが無いForward into Battleの頃のENGLISH DOGS!!みたいな1stデモがなかなか衝撃的だった、USリッチモンド出身メタルパンク OBSESSORが、連続リリースして注目を浴びた1st~4thデモの音源をまとめたLPをリリース。クリア・ビニールとレッド・ビニールの2種入荷しています。



USリッチモンドのハードコア・パンク GOVERNMENT WARNINGのメンバーで、他にも数々のハードコア・パンク・バンドに参加し、VERBAL ABUSEやUNSEEN FORCEなどの渋い再発もしてきたNo Way Recordsにも関わっている Brandon Ferrell氏によるワンマン・メタルパンク・バンドです。最初の2本はまるで80's UKメタルコア・パンクなサウンドで、1stはENGLISH DOGSモロ, 2ndはもうちょっとANIHILATEDみたいな要素を取り入れてBASTARDATORにも通じるスタイルとなり、3rdと4thがもっと日本のハードコアっぽいストレートな熱血メタルパンクへと変化しました。これで終わってしまうということでしょうか?もうちょっと聴いてみたかった気がします。







・NEKROFILTH - Street Bitch 7" ¥900 (Doomentia)



以前にSPEEDWOLFとのSplit 7"が入荷してた、ex. CRUCIFIED MORTALS / NUNSLAUGHTERメンバーによるオハイオ・クリーブランドのパンク・メタル・バンドの4曲入りEPです。



デスメタルとハードコアのクロスオーバーで、ABSCESSみたいな要素は薄いですが、ノルウェーのデスメタル・パンク LOBOTOMIZEDにも通じるスタイルです。SLAUGHTERやREPULSIONのようなジャリジャリに汚いサウンドでパンキッシュなナンバーをやっていて、2バス・ドコドコ疾走パートはREPULSION的でも、GG ALLIN系スカム要素が強いので、ABSECESSやEATMYFUKみたいな感じになっています。カナディアン・ハードコア・パンク DAYGLOW ABORTIONSと、地元クリーブランドの伝説の黒人メタル BLACK DEATHのカバーもやってて、BLACK DEATHカバーの方がちょっとMIDNIGHTっぽくなってるところが、クリーブランド・メタルの特色が見えてきて凄く面白いです。でも、このレコードの一番いいところは、ジャケットとインナーとラベルです!!







・WAR MASTER - Blood Dawn MLP ¥1600 / CD ¥1200 (Torture Garden Pictures Company)



デモCDRが反響を呼んで、続くEPと1stアルバムも好評だったUSテキサス出身BOLT THROWERウォーシップ・デスメタルの4曲入りミニアルバムです。アナログ盤は裏ジャケがCDには掲載のない極悪デスメタル・ルッキングなカッコいいカラー写真満載で、アナログ・ファンに嬉しい仕上がりになっていますし、若い人に言っても伝わらないかもだけど、CDは3"CDにアダプター付けて5"サイズにして、そこにプリントしたようなディスクがなかなかグッド・ルッキングで嬉しいです。



BLASPHERIANのメンバーでもあったVo.が抜けて、代わりにINSECT WARFAREとHATRED SURGEもやってる人がVo.で入ってますので、これでメンバーはほぼハードコア方面の人達ばかりということになります。しかしサウンドはやはりその名の通りのBOLT THROWER完全崇拝デスメタルに変わりはありません。スウェディッシュ・デスのジャリジャリ感にも通じるギター・リフで、ミドルテンポの重戦車パート中心ながらも疾走パートも効果的に組み込まれています。ハードコア上がりでも、一昔前のBOLT THROWingクラスト・パンクとは違って、爆裂しようがあくまでもBOLT THROWERからブレないのがこのバンドは痛快デス!!







・MAGIC CIRCLE - S/T LP ¥2400 / CD ¥1600 (Armageddon Shop)



アナログ盤も入荷しました!CDで先に入荷して好評の、USボストン・ドゥーム・メタルの1stアルバムです。LPは限定1000枚リリースでダウンロード・カード付き。待ってたアナログ・ファンは、ぜひこの機会にどうぞ。



パンクスとメタルヘッズが入り乱れたアンビリーバブルなメンツを取り揃えて、夏のイベントの話題を毎年総ざらいしていくChaos in Tejasに2012年に参戦する以前から、一部のダイハード・ドゥーマーの間では既に評判となっていたボストンのバンドで、そのChaos in Tejas 2012に合わせて少量プレスされた7" EPによって、一気に世界中のドゥーム・メタルヘッズに脚光を浴びました。そして満を持してリリースされた1stアルバムがこれです。



これはもう、再生した瞬間に、誰もがHOUR OF 13の1stに出会った時を思い出すに違いありません。絶望を激情的に表現したようなパワフルでエモーショナルなバッキングと、オジーとメサイア・マーコリンのコンビネーションと絶賛されるVo.がとにかく素晴らしすぎる!!音源リリース以前から久々の逸材Vo.と評判になるのも完全に納得です。楽曲が似てますから、HOUR OF 13を出たり入ったりしてるPhil Swanson氏も彷彿させるところがありますが、ウェットな部分はスワンソンと同じでも、このMAGIC CIRCLEのBrendan RadiganというVo.は、甘さは抑え目に熱唱するタイプです。録音は生々しくラウドで、欧州の荘厳系ドゥームとはちょっと違った感触の、アメリカン・ドゥーム的荒涼感が漂います。さらに、時折組み込まれる起伏も含んだ疾走パートが合衆国産エピックメタルの伝統的手法も思わせるし、鋼鉄感触で直線的に疾走するパートは初期TROUBLEも思わせるところもあります。4曲目のWITCHFINDER GENERAL丸パクリはご愛嬌としましょう。とにかく、正統派叙情鋼鉄系ドゥーマーは絶対に今からチェックすべきです。



さらにこのバンドの面白いところは、実はメンバーほぼ全員がエクストリーム系やパンク畑のミュージシャン!!ベースはDaryl Kahan氏(FUNEBRARUM, DISMA, ex. CITIZENS ARREST, etc)がやってたグラインドコア・バンド TASTE OF FEARも手伝ったり、独りデスメタル・バンド INNUMERABLE FORMSの人でもあるし、ドラムは来日経験もあるDOOMRIDERSメンバー。そして素晴らしい叙情ウェットなシャウトを聴かせるVo.はMIND ERASER!!!これには、ホント驚きました。そして正統派鋼鉄ファンは、パンク・ミュージシャンによるこの極上エピック・ドゥームメタルを、ぜひ堪能しまくってください!!!

Japanese Hardcore Punx!!



・VAASKA / SKIZOPPHRENIA! - Split 7" ¥1000 (540)



USテキサスのスパニッシュ・パンク VAASKAと、岡山県津山市のSKIZOPHENIA!によるSplit 7"がUSレーベルからリリース。



VAASKAはUSHCのドライなサウンドで演奏されるD-Beatサウンドが新鮮でとても良いです。D-Beatと言えばノイジーなタイプかスカンジ型のどちらかが今はほとんどですが、DISCHGARGE影響下のUSHCにスペイン語のVo.が乗って、D-Beatファンにもスパニッシュ・ハードコア・パンク・ファンにもオススメです!!



SKIZPHRENIA!は生々しい録音のせいか、他作品ではあまり感じさせない切迫した焦燥感が凄く強い気がします。北欧と西独の中間のような、激しく疾走するパンク・スラッシュにどこか郷愁も漂う素晴らしくキラーなナンバーと、よりメロディーを強調したミドル・テンポ・チューンの2曲を収録。発売直後から評判になってたのも納得の、いつも以上にロウ&ノスタルジックな極上音源です!!







・FLIPOUT A.A - Non Fiction 7" ¥900 (625 prod.)



東京ハードコア・パンクの2nd 7"が、過去にCDも出していたUSの625 prod.からリリース。



今回も、まるで80年代後期のAdventure Family周辺三多摩/京浜ハードコアを思わせる、ロッキンでライトなジャパニーズ・スラッシュ・パンクで疾走しています。でも、625 prod.が最もバブリーだった、パワーバイオレンス衰退後の2000年代スラッシュコア・パンクのレコードのような熱さも凝縮していて、バンダナ・パンク・スラッシュ・ファンや、三多摩/京浜ハードコア系オールドスクール・ジャパニーズ・バンドのファンにオススメです!!

Japanese!!



・鬼夜不魅 (KIYOHUMI) - S/T CD ¥1050 (豊後魂)



URBAN HEAD RAWのVo./GuのShuei氏がギター, 大分のKARMA SRのドラマー Shibata氏がベース, 博多adaのTaka氏がドラム, 大分のTRUSTのKiyohumi氏がVo.を務める4人編成九州ハードコア・パンク・バンド 鬼夜不魅の5曲入り1st CDです。



遊びプロジェクト的セッションでも気合いは満点で、本業バンドの傍らでリラックスしてやってるバンド、なんて雰囲気は一切ありません。へヴィにドライブする重厚且つエモーショナルな熱血ハードコア・サウンドで、九狼吽, CRUDE, FORWARD, etcなどのような、ゴリゴリにストロングだけどガッツみなぎるメロディーも備えたジャパニーズ・ハードコア好きは必聴間違いナシです!!







・AVIJJA - Demo #1 CDR ¥500



兵庫/大阪を拠点に活動するアンビエント・スラッジ・バンドの22分1曲入り1stデモCDRです。



ベース, ドラム, メタル・パーカッションによる編成の、インプロビゼーションを積極的に導入したエクスペリメンタル・ドゥームで、メタル・パーカッションを取り入れたプリミティブで非インダストリアルな、人工的ダークネスよりも陶酔感を表現した、メタルでもハードコアでもない独特の暗黒世界です。DEATH COMES ALONGなどのファンはチェックしてみてください。

Southern Death Cult Metal!!



本日水曜日は定休日ですが、中南米のカルトなデス/スラッシュメタル系商品を昨晩カートアップしましたので、ぜひチェックしてみてください!!受注メール返信は明日木曜日以降になります。





・V.A. - Warfare Noise DIGIPACK CD ¥1900 (Greyhaze / Cogumelo)



2007年にデジパックで初CD化再発されるも、しばらくソールドアウト状態だった、Cogumelo Recordsの86年名作オムニバス・アルバムがめでたく再プレス。ここ数年、CogumeloのUSディストリビューションを担当して、HOLOCAUSTOのDVD付きデジパックや、最近ではSARCOFAGOのI.N.R.I.もアナログ再発リリースしていたGreyhaze Recordsによるライセンス・リリースです。



このWarfare Noise Comp.は後にシリーズ化してますが、このVol.1は初期ブラジル・デスラッシュ・ファンなら避けては通れない名作で、参加バンド名を挙げただけで内容の充実ぶりがわかると思います。CHAKAL, MUTILATOR, SARCOFAGO, HOLOCAUSTOの4バンドによる凄絶殴り合いバトルComp!!今更説明も不要でしょうが、全4バンド最凶にダーティーな南米ロウ・スラッシュメタルを炸裂させています。更に同じくCogumeloがリリースした Lost Tapes Of Cogumelo LPに収録されてた4バンドの音源もボーナス収録。Lost Tapes Of Cogumeloは各バンドのデモ音源をまとめてLP化したものだったので、これまた凶烈な音源が楽しめます。



6パネルのトリプル・フォールドのデジパックで、ブックレットを新装して、未公開写真も追加しています。各バンドのカラー写真もカッコよくて、ガンベルト2本タスキがけに五寸釘リスト,上半身裸に斧,ナチヘルにハーケンクロイツの、完全にイカれたファッションのHOLOCAUSTOの写真は、やはり鉤十字が修正されてますが、やはり1度はこのクレイジーな写真を拝んで欲しいです。あと、CHAKALの写真もカッコいい!!もちろん、SARCOFAGOに至っては改めて言うまでもありません。このGreyhazeライセンス再発は、油断してると早々に完売するものも多く、VULCANO 1stデジパックや、SARCOFAGO "I.N.R.I."のアナログ盤も速攻完売だったようです(SARCOFAGOはたぶん再プレスされると思います)。初期南米デスラッシュ・ファン必須の極悪名作Comp.!!







・RAWHIDE (Paraguay) - Caceria Humana / No Esperes Piedad CD ¥1800 (self release)



知る人も存在しないであろう南米パラグアイ最古のスラッシュメタル・バンドの、活動時期に残した全音源である87年と89年のデモをまとめた10曲入りCDです。後にメンバーはCORROSIONというバンドを結成して、パラグアイのへヴィメタル・シーンを牽引する存在にまでなったそうですが、前身バンドと言えるこのRAWHIDEは今回初めて再発されて陽の目を見ました。もっとも、このCDは今から1年前の2012年にリリースされていたようですが、流通激悪のためいまだに誰にも注目されてもらってないのが現状です。実際、BOYももう半年くらい前に数枚だけ入荷して、これはなんとかまとまった枚数を確保してから紹介したい、と思ってましたが、随分時間が掛かってしまいました。



母国語Vo.の語感のせいもあって、やっぱり南米臭は強烈なんだけど、これがけっこうマトモな線行ってるスラッシュメタルで、ちょっとビックリです。ジャケに掲載のバイオグラフィーを読むと、コカコーラ社がスポンサーで主催された当時のロック・フェスなど、数々のメジャー・ロック・フェスにも出演していたそうです。前半に収録の2ndデモは曲展開にも凝ったダーク・スラッシュメタルで、ちょっとシカゴのSINDROMEも彷彿させる、アメリカンとユーロの中間的なテクニカル・ダーク・ロウ・スラッシュメタルで、オブスキュア・スラッシュメタル・ファンならば存分に堪能できる内容です。後半に収録の1stデモの方がやはり未成熟な感じが強く出たロウ・スラッシュ・サウンドですが、目指すはUSの一線級スラッシュメタルな、80年代の中学生バンド、みたいな感じがナイスです。あと、若干ハードコアなテイストが1stにはあるでしょうか。ホント若干ですが。写真が心霊写真みたいに不鮮明なモノばかりだけど、パッチGジャン来てギターにPowellのステッカーらしきものを貼ってるライブ写真なんかも見てて楽しいです。とりあえず、南米&カルト・オブスキュア・スラッシュメタル好きはこの機会に押さえときましょう!!







・MORTUARY - Blackened Images CD ¥1600 (Gates of Hell prod.)



BOYとお付き合いの長いメタル・ファンの方には懐かしいであろう名作が再発されました。TRANSMETALに次いでメキシコを代表するスラッシュメタル・バンドと言っても過言ではない、現在も活動を続けるベテラン・バンド MORTUARYの92年1stアルバムの再発盤です。オリジナル盤CDはAvanzada Metalicaからのリリースで、デッドストックCDが以前入荷して話題を呼びましたが、しかし、先に再発されたDARK HALF同様、2000年代にデッドストックが流れてたのが今ではウソのように近年人気が高まってるレア盤のようですので、これは待望の再発と言えます。Avanzada Metalicaは10年くらい前までデッドストックが溢れてたくせに、権利関係には凄くうるさいようですが、これはBLACKTHORNも再発してたGates of Hell prod.からの限定500枚オフィシャル再発です。でも、ナンバリングのところにイニシャル入れてないのを送ってきやがった!!これはAvanzada Metalicaに知られたらエライことです。なんにせよ、次の入荷は未定ですので(このCDも送金後数か月かかりました)、中南米デスラッシュ・ファンは早めに押さえといてください。



TRANSMETALと共にSLAYERのメキシコ・ライブのオープニングを務めたバンドで、サウンドもSLAYERを頂点とする直線的刻みのダーク・スラッシュ・メタルです。低音域で唸るスタイルのVo.が似てるせいもあって、前に聴いた時は Beneath the Remains ~ Ariseの頃のSEPULTURAに近い印象がありました。疾走感と留めずに絡んでくるメロディックなギター・ソロなんかもその頃のSEPULTURAに近い気がします。しかし!今改めてちゃんと聴くと、絶対にBlackfire在籍時SODOMを手本にしたようなパートが随所に出てきて、これは10年前に聴いた時よりさらに数倍カッコいい!!まるで、Witchhunterみたいなタム回しまでやってます。凄い!最高!!







・STRUENDO - Genocidio CD ¥1600 (Discos Y Cintas DENVER)



今回の中南米再発モノの中で一番カルトな匂い強く放ってるのがこのCDでしょう。メキシカン・デスラッシュ・メタル・バンドが残した唯一の音源である93年発表9曲入りアルバムの再発盤です。オリジナル・レーベルのDiscos Y Cintas DENVERが98年に再発したものの、今年2013年まで陽の目を見なかったという、小学生のウソかギャグとしか思えないイワク付きの再発盤で、限定500枚のようです。



しかし、確かにこの再発盤はちょっとおかしいです。まずはジャケの紙質が、まるで昔の中南米リリースのような感触で、プリントもカラーコピーとシルク・プリントの中間みたいな、安いんだか高いんだかわからない感じです。でも、ディスクのマトリックスを見るとイッパツで最近のプレスだとバレます。つまり、単純に推理しますと、ずいぶん昔に作られたジャケの残ってた分だけ、ディスクは新たにプレスした、ということかな?と思います。



そして内容がまたサイコーで、再発の経緯なんかカッコつけて推測してたのがアホくさくなるくらいの、久々に聴いたゴミ・デスラッシュ!!まるでNew Renaissanceリリースのような意味不明のつまんなさとショッボいサウンドが完璧にマッチしていて感動的です。馬力が取り柄のABOMINATIONが、ANVIL BITCHのようなペラペラに薄っぺらいスラッシュ・リフを備えたような、最高にキラーなポンコチック・デスラッシュ・ナンバーで前半は飛ばして、時々ROOTみたいな意味不明のおっかない展開(またはチューニングがズレただけ)も導入してきます。とにかく、最後までどうでもいいような内容を、この作品に一発勝負を掛けたような本気モード全開で叩きだしています。これぞ、リアル・ドぐされ・ゴミ・メタル。この本気さが、現代には必要だと確信致しました。休憩時間に後ろの工場から出てきた4人、みたいなジャケも素晴らしい。ロゴの雰囲気もいいし、右上のCOMPACT DISCマークも嬉しいです。しかし、ジャケを開くと、タイトル通りのジェノサイド写真。これぞメヒコ・カルト・デスラッシュ!!!

Japanese Hardcore!!



・URBAN HEAD RAW - Human Destruction CD ¥1575 (MCR)



福岡のハードコア・パンク・バンド URBAN HEAD RAWの2ndアルバムが、限定500枚のCDでリリース。地元にしっかりと根を張ったマイペースな活動ながら、全国的にもファンの多いバンドです。



ジャパニーズ・ハードコア・スタイルを核に、メタリック・クラスティーなリフ・ワークとミドル・テンポなども組み込んで、アグレッシブ且つ硬派に迫ります。エモーショナルなギター・プレイも随所にきまっていて、ドラマチックな展開にも引き込まれます。海外のジャパコア好きバンドやメタリック・クラスト・バンドにはなかなか出せないであろう味わいですし、日本国内でも今や貴重なタイプと言えるバンドですので、九州以外のジャパニーズ・ハードコア・ファンにも人気が高いのでしょう。ジャケもカッコいいし、海外のマニアが喜ぶDiscrete Recordsのハードコア・バンドなんかが好きな人は必聴のオススメ盤です!!







・ネメシス (NEMESIS) - 暁鐘 (Gyosyo) 7" ¥700 (Flower of Carnage)



福岡ハードコア・パンク・バンドの2nd 7"が、悪意のシングル集LPをリリースしてたFlower of Carnageを含む、3レーベルの共同でリリース。4曲入りのドーナツ盤で、ダウンロード・コード付きの限定1000枚です。



前作EPよりもVo.のエモーションがより剥き出しになっていて、ギミックのないジャパニーズ・ハードコア・サウンドと、怒りよりも苦悩を吐き出してるかのようなVo.のマッチがバツグンです。CROSSFACE, EVANCE, WARHEADなどのジャパニーズ・ハードコア・パンク・ファンにオススメです!!







・DISGUNDER - Ripping to the Grind CD ¥2000 (Sinzycate)



後期324のギタリストであり、初期西東京メタリック・クラスト ANTI AUTHORIZEや、伝説のブラック・スラッジ・ドゥーム・クラスト GOLEMにも参加していたシンジ氏が率いる東京の女性Vo.グラインディング・ハードコア・バンド DISGUNDERが、自主制作で12曲入り1stアルバムCDをリリース。



精力的な活動で、既に都内では知名度もあるバンドです。ANTI AUTHORIZE時代から定評のあるシンジ氏のメタリックなギターでクラスティーな疾走感を強調したグラインド・スラッシュに、ルックスとは裏腹の男勝りのガールズ・ハードコア系バンドのVo.のような激しいシャウトで獰猛に疾走するジャパコア・グラインド・スラッシュ!!ex. CORRUPTEDのHevi氏, DIE YOU BASTARD!のKimura氏とIRONFIST辰嶋氏, ex. LAST BOMB / ex. GRAVE NEW WORLD / 解剖室などのBondage氏がコーラスでゲスト参加。グラインド・ファン, 女性ヴォーカル・クラスト・ファン, ジャパニーズ・ハードコア・ファンなど、様々なタイプのファンにアピールする内容となっています。

Metal Traditions!!



・BORROWED TIME - S/T LP BLACK VINYL ¥2200 / MUSTARD COLORED VINYL ¥2400 / CD ¥1900 (High Roller)



既にお問い合わせも多くいただいてましたBORROWED TIMEの1stアルバム、到着しました!!アナログ盤は300枚プレスのブラック・ビニール 2,200円と、それよりちょっと多い350枚プレスのマスタード・カラー・ビニール 2,400円の2種で入荷しています。



デモCDが当店で爆発的な反響を呼び、あれよあれよと言う間に一躍脚光を浴びたUSミシガンのへヴィメタル・バンドです。もちろん基本路線に大きな変化はありませんが、深化は留まることなく続いていまして、前作Split 7" w/ WYTCH HAZELを聴いて、「お?なんだかちょっとおかしなことになってきてるぞ?」なんて感じてた人は、大満足の内容ではないでしょうか。NWOBHMバンドの中でもウェットな叙情を強調したタイプのバンドが、パワーメタル系のソリッドなアグレッションとは真逆のソフトにぼやけた感触で、起伏の激しい合衆国産へヴィメタルをプレイしてるみたいなことになってて、これはもう絶対にMANNILA ROAD, BROCAS HELM, CIRITH UNGOLの3大アメリカン・エピックメタル・レジェンズ・フル・リスペクトなド渋すぎる仕上がりです!!ただ、MANILLA ROADはある意味BLACK SABBATHと同じで、日本人が「MANILLA ROAD最高~、イェーィ!!」なんてバカみたいにハングアウトして言えるほど、わかりやすいエピック・メタルでもないと思うので、ぶっちゃけBORROWED TIMEの注目度もこの1stアルバムにして既に過渡期を迎えたような感もあります。しかし、これぞ合衆国産のシケシケ・メタル・プライド!!スピード・メタル調の曲などは、まるでBROCAS HELMの2ndアルバムの頃のようでもあります。







・VOLTURE - On The Edge CD ¥1900 (High Roller)



MUNICIPAL WASTEメンバーが参加するUSトラディショナル・へヴィメタルで、Earacheから限定200枚でENFORCERとのSplit 7"をリリースして注目を集めたバンドが、High Rollerから2ndアルバムをリリース。



当初、MUNICIPAL WASTEメンバーは2人在籍してましたが、IRON REAGANやCANNABIS CORPSEもやってる方は既に脱退してます。それと、スキンヘッドのあのゴリゴリ熱血なVo.も脱退していて、ルックスからもより華やかな印象を受けますが、サウンドはこのバンドの魅力である、熱血で実直なガッツ・メタル全開で言う事なし!!NWOBHMの陰りとアメリカン・メタルのアグレッシブな熱さを、80年代の郷愁のもとに見事に再現したNWOTHMサウンドは、現代の合衆国産鋼鉄最前線の姿を的確に表していると思います。もちろんアナログ盤も出てますが、すみません、既ににけっこう問い合わせがいただいてまして、アップ前に売り切れてしました。NWOTHMファンは必聴間違いなし作品ということです!!







・ANTILLIA - Last Starfall CD ¥1400 (S. A. Music)



ロシアの男女ツインVo.シンフォニック・パワー・メタルの、2013年2nd EPにロシア語ヴァージョン2曲と1st EPからの再録2曲を追加したCDです。当店では普段全く取り扱いのないタイプですが、大阪の真性へヴィメタル・ショップ S.A.Musicさんがレーベルを立ち上げてリリースしたとあって、とても興味深く思いまして試しに入荷させてみました。



とは言っても全くの門外漢ですのでどう解説していいかわかりませんが、R&Rよりもクラシックをルーツにしたような、シンフォニックで力強いメロディック・へヴィメタルと、美しい女性Vo.の歌声のマッチは、アンダーグラウンドのレベルを超えた完成度だと思います!!







・ELIXIR - The Son of Odin 2LP ¥3400 (High Roller)



IRON MAIDENやPRAYING MANTISなどで日本のファンにも愛された故Clive Burr氏も後に参加していたNWOBHMバンドの86年1stアルバムが、84年と85年のデモ / 85年1st 7" / BBC用音源 / 1stアルバム録音時未発表セッションのレア音源を多数追加収録した2枚組LPで再発。過去にリリースされたCDよりもボーナス曲が多い、初期音源集の決定版的な内容となっています。限定500枚プレスで、ltd.150枚ブラック・ビニールとltd.350枚クリア・ビニールの2種入荷していましたが、到着前からお問い合わせもいただいてまして、ブラック・ビニールはカート・アップ前に売り切れてしまいました。



NWOBHMファンならば、オープニングのイントロだけで泣き崩れてしまうことでしょう。ハードロックの伝統を踏襲しつつ、ソリッドなサウンドとアグレッシブな演奏でオーソドックスなへヴィメタルをプレイした、NWOBHMの基本のようなサウンドであり、そしてその全て至る所に郷愁がにじみ出た、NWOBHM最高級品です。マニアじゃない素人的に言わせてもらいますと、タイプの異なるTYTANとTOKYO BLADEの哀愁が一つになったような素晴らしさです。これぞNWOBHM!!
10 | 2013/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR