RECORD BOY

TERVEET KADET & THINK AGAIN!!



・TERVEET KADET - Musta Hetki / Piinaavanautinto CD ¥1575 (Break the Records)



遂に日本の地を踏むフィンランド・ハードコア・パンク・レジェンド TERVEET KADET!!ツアーをサポートするTHINK AGAINが自主リリースした、来日記念盤CDで、2012年アルバム Musta Hetkiに、2013年シングル Piinaavanautintoもプラスした内容となっています。



近年のTERVEET KADETは熱心にフォローしていませんが、投げやりに突っ込んでくるナスティー・ハードコア・ロウ・パンク・サウンドは健在です。これは、バックがどれだけキャリアのない若い連中になろうが、Vo.のチンピラくささが全てを決めるキャラクターとして変わらぬ影響力を持ち続けているからでしょう。これぞ、リアル・フィンランド・スタイル!!









・THINK AGAIN - Insane Humanity 7" ¥800 / CDEP ¥1000 (Hardcore Survives)



関東を拠点に活動するハードコア・パンク・バンド THINK AGAINが、伝説のフィンランド・ハードコア・パンク TERVEET KADETの来日サポートに合わせてリリースされた5曲入り新作EPです。7"とCDはジャケが異なります。



いきなりエモ・スラッシュ調のナンバーからスタートするところなどは、ジャパニーズ・ハードコア・シーンを活気づけている新世代らしい挑戦とも思えなくもないですが、本人達は恐らくピュアにエモーショナルをぶつけてるだけであって、そのひたむきさが同世代から年配のパンクスまでを熱く揺さぶっているのでしょう。とにかく今回も熱い!!実直で激しくて、そしてちょっと青春的切なさもある、熱血ジャパコア・パンク・スラッシュ!!







Terveet Kadet(FINLAND) & THINK AGAIN JAPAN TOUR

『BLACK RAINBOW TOUR 2013』



10月12日(土)博多public space四次元

ネメシス pre. 『CROSS FIGHT ASCENCION』

Terveet Kadet(FINLAND)、THINK AGAIN、ネメシス、惡AI意、NERD、STEP LIGHTLY、DJ jon

open/17:30 start/18:00 adv/2,000- door/2,500-



10月13日(日)津山K2

『未来ハ僕ラノ手ノ中50』

Terveet Kadet(FINLAND)、THINK AGAIN、SKIZOPHRENIA!、LAST、ACUTE、DANCE MY DUNCE、BLACK HUMOR CONTROL、RUSTED、STICKYS

open/17:30 start/18:00 door/1,500-



10月14日(月)広島BORDER

ESPERANZA pre.『NO U TURNS vol.31』

Terveet Kadet(FINLAND)、THINK AGAIN、ESPERANZA、NEVER AGAIN、HEAVEN'S GATE、DJ TettA

open/19:00 start/19:30 adv/1,500- door/2,000-



10月16日(水)四日市VORTEX

END OF SEEDS pre.『百夜雷陣』

Terveet Kadet(FINLAND)、THINK AGAIN、END OF SEEDS、DJ WATARU BUSTER(Oi-SKALLMATES)、DJ VONDO(GUILLOTINE THEATER)

open/start 19:30 door/1,500-



10月17日(木)大阪KING COBRA SQUAD

Allnight Longers pre.『THE ADVENTURE』

Terveet Kadet(FINLAND)、THINK AGAIN、Allnight Longers、POIKKEUS

open18:30/start 19:00 door/1,800-



10月18日(金)横浜B.B.STREET

FADE-IN RECORDS pre.『YOKOHAMA INTERNATIONAL HARDCORE FESTIVAL 2013』

Terveet Kadet(FINLAND)、CITIZENS PATROL(HOLLAND)、THINK AGAIN、SYSTEMATIC DEATH、九狼吽、CROCODILE COX

open18:00/start 18:30 adv/2,000- door/2,300-

D

10月19日(土)名古屋RED DRAGON

『BLACK RAINBOW TOUR 2013 Nagoya!』

Terveet Kadet(FINLAND)、THINK AGAIN、SYSTEM FUCKER 、FOLKEIIS、ZILEMMA、C.F.D.L

open/18:00 start/18:30 adv/2,000- door/2,300-



10月20日(日)東京中野MOONSTEP

THINK AGAIN pre『MY WAR vol.9』

THINK AGAIN、Terveet Kadet(FINLAND)、FORWARD、WARHEAD、REDNECKS、AKUTARE

open/17:30 start/18:00 adv/2,000- door/2,300-

Japanese Darkness!!



・DARKCELL - Bone with Hatred CD ¥1500 (13 Grave Society)



伝説のジャパニーズ・ハードコア・パンク EXECUTEを率いたLemmy氏が、2000年代後半に始めたワンマン・ブラックメタル・プロジェクト DARKCELLの2009年1stアルバムです。EXECUTE時代から名義を変えずに続けている 13 Grave Societyからの自主リリースで、発表当時から、やはり日本ではパンク・ショップ界隈で話題となっていましたが、このたびBOYにも入荷しました。



本作リリース以前にもデモを数本製作して地下で活動。ハードコアとブラックメタルの融合などでは全くなくて、完全に海外の本格派アンダーグラウンド・ミセアンスロピック・ブラックメタルを思わせるサウンドです。ドカドカなロウ・ブラック・パートをシンセで覆った、耽美的メランコリックなアンビエント・ブラックメタルは、ノイズで誤魔化した鬱気取りの厨二病ブラックとは、あたりまえですがスキルも表現力も比べものになりません。EXECUTEのLemmy氏ですから、ハードコア・パンク・ファンに注目されるのは当然ですが、Nekrokult NihilismやZero Dimensionalなどのファンにもぜひチェックしていただきたい内容です。







・DARKCELL - Nightmare Document Part 2 CD ¥1500 (Moribund)



こちらは最新2ndアルバムです。1stアルバムは、EXECUTE時代から名義を変えずに続けている 13 Grave Societyからの自主リリースでしたが、本作はUSの老舗アンダーグラウンド・メタル・レーベル Moribundからリリースされています。



今回は、既に確立されたDARKCELLサウンドが隅々まで行き届いたような完成度で、思わず息を呑んでしまいます。耽美的メランコリックな旋律とロウ・ブラックメタルの融合という基本は変わってませんが、ダークなのに鮮やかな旋律がより強調された、海外ブラックメタルのレビューでよく目にするカレイドスコープ(万華鏡)的な、エクスペリメンタル・ブラックメタル・ワールドにグイグイと惹きこまれていきます。ゴシック, ノイズ, ダークウェイブ, ワルツ等、様々な要素を盛り込んだプログレッシブなブラックメタル作品で、ある意味、SIGHのサイケデリックな世界観にも匹敵するかと思います。言うまでもなく必聴です。







・CHURCH OF MISERY - Terror in Tokyo DVD ¥1800 (Emetic)



ジャパニーズ・マスターズ・オブ・ドゥーム CHURCH OF MISERYの、2012年12月29日 東高円寺20000 Voltでのワンマン・ライブ150分収録のDVDと、2012年のMarryland Deathfestでのライブ・フルセットを収録したボーナス・ディスクも付いた2枚組DVDが、USのEmetic Recordsからリリース!!



ツアーで鍛えてきた叩き上げの連中がひしめく海外に飛び込んでも、ミュージシャンや業界関係者が目を丸めるというチャーチのライブを、未体験の方はこのDVDでぜひ疑似体験してみてください。





1. B.T.K

2. Lambs To The Slaughter

3. Brother Bishop

4. Candy Man

5. Born To Raise Hell

6. Taste The Pain

7. Killfornia

8. Red Ripper Blues

9. El Padrino

10. Shotgun Boogie

11. Sick Of Living

12. Badlands

13. I, Motherfucker

14. Blood Sucking Freaks

15. Where Evil Dwells ~ Jamming

16. For Mad Men Only

17. Filth Bitch Boogie



(Bonus Disc)

The entire 50 minuet set from 2012 Maryland Death Fest









・CHURCH OF MISERY - Thy Kingdom Scum Australian Tour 2013 T-SHIRT ¥2200



つい先日終えたばかりのCHURCH OF MISERY 2013年オーストラリア・ツアーTシャツを卸していただきました!!!バックにツアー日程入ってますし、もちろん山盛り在庫があるわけではないので、お早目にどうぞ。サイズは、GIRL L / MENS M / MENS XLの3種のみで、ボディはGildanのへヴィコットンです。







・ANATOMIA / NECROVOROUS - Split 7" ¥900 (Doomentia)



東京ドゥーム・デスメタル ANATOMIAの、いよいよスタートするUNDERGANGとのヨーロッパ・ツアーに合わせるかのように、またしても新作Split EPが地獄の連発リリース!!今回は過去作品が激渋だった、ギリシャ・デスメタル NECROVOROUSとのSplitです。



このEPはちょっと細かくバージョンが分かれてまして、ジャケが2種あります。各限定50枚というミニマムなカラー・ビニールもそれぞれのジャケに2種づつ存在するのですが、それはレーベル直販に限定するとのことで、交渉はしましたが残念ながら入荷できませんでした。しかし、日本のコミック風味デスメタル・アートのPUTRID VERSIONと、Xtreem Musicも運営してスパニッシュ・デスメタル界の頼れる兄貴として慕われる、AVULSEDのDave Rotten氏による素晴らしくRotten Deathなアートワークの EXTREMELY ROTTEN VERSIONの、ジャケは2種入荷しましたので、ご希望をお選びください。EXTREMELY ROTTEN VERSIONは、どのリリースもダサいジャケのDoomentia Records作品とは思えない最凶のデスメタル・アートが最高に渋いデス!!ブラック・ビニールは各限定250枚です。



今回もANATOMIAは、スロウネスをより強調した昨今のネクロマンティックなズルズル・デスメタル的手法で迫ります。しかし、前半の淡々としたスロウ・パートももちろん文句ないのですが、低く疾走する後半のパートがとてもカッコよくて、ちょっと、日本の初期デスメタルっぽいリフワークです。まぁ、日本の初期デスメタルの方々なんですが。



ギリシャのNECROVOROUSは、メアドから推測するとCHAOTIC ENDにも参加してたのかな?現DEAD CONGREGATIONドラマーと、EMBRACE OF THORNSメンバーなどでも活動するギタリストらによるオールドスクール・デスメタル。こちらもAUTOPSY型の倦怠感鈍走デスメタルを土台に、OBITUARY的なリフワークで突進したり、スウェデス的な陰鬱旋律でビートダウンしたりと、本人たちは慣れ親しんできたオールドスクール・デスメタルを楽しんで再現してるだけかも知れませんが、いちいちツボを突きまくる絶妙すぎるセンス&演奏で今回も文句なし!!自国のデスメタル・シーンを長年支えてきたミューシャン同志らしい、素晴らしい内容のSplit EPです!!

Rise from the Metal Deadness!!



・AVULSED - Ritual Zombi CD ¥1500 (Obliteration)



スペインを代表するデスメタル・バンドであり、Vo.のDave Rotten氏は自らのレーベル Xtreem Music prod.で、新旧デスメタル・バンドの多くを長年サポートし続ける、まさにスパニッシュ・デスメタル・シーンのゴッドファーザー的存在。この2013年アルバムは、長年交友の深いObliteration Recordsから日本盤がリリースされました。



Dave氏のXtreem Musicは、SACRILEGE, BROKEN BONES, LETHAL AGGRESSION, etc、ハードコア・パンクの実に渋いところも多くリリースしてましたが、Dave氏はAVULSEDではハードコアな趣向は一切出さずに、へヴィメタル・スピリッツを土台にしたダイハード・デスメタルに終始しています。名曲 Zombie Ritualのカバーも披露してるけど、どちらかと言うとHumanアルバムの頃のDEATHを彷彿させるピュア・オールドスクール・デスメタルで、へヴィメタルのメロディックなギター・ソロが強烈に主張しながら、そこにDave氏のDEMILICH級のウルトラlowなうめき声も飛び出す圧倒的なVo.が乗ります。ゲスいヤツやオタク系じゃない、CARCASSからEXHUMEDやIMAPLEDへとつながる正統派デスメタル系統のゴア・デスメタル・ファンにもオススメですし、アコースティック・ギターのインストなんかは、まるで北欧バンド並みに切なく叙情的でビックリです!!







・BOMBS OF HADES / SUFFER THE PAIN - Split 7" ¥1000 (Doomentia)



ex.GOD MACABRE / UTUMNOのStalhammar氏率いる御存知 BOMBS OF HADESと、SUFFER THE PAINなる2012年結成ヤング・バンドによる、新旧スウェディッシュ・デスメタル対決Split EPです。



ぶっちゃけ、あれだけ熱狂したBOHも最近ではほぼ忘れかけていまして、このEPの存在に気付いた時点でも、あまり世の中で盛り上がってる空気は感じられませんでした。2曲のうち1曲はカバーだし、例外もあるけどこのレーベルはどんなバンド出してもジャケがカッコ悪いし。なので、あまり期待しないでBOHサイドに針を落としましたが、やっぱりカッコいいんです!!もう一つぶっちゃけますと、BOHはこの路線オンリーで行ってほしい!!クラストコアも視野に入れたスウェディッシュ・デスメタルだと言うのはわかるけど、ストローク・リフで疾走するスウェデス・ナンバーより、このENTOMBEDみたいな王道のスウェディッシュ・サウンドでKREATORみたいなデスラッシュなリフで切り込んでくるほうが断然カッコいい。SCORPIONSのカバーは、やりたいのはわかるけどSCORPIONSが素晴らしすぎるので、まぁご愛嬌程度ということで。でも今回のBOHは、またしても暴発しています!!



対するSUFFER THE PAINは、BOHの対戦相手に指名されるのも納得の、ハードコア・テイストの強いデスメタル、もしくはデスメタルの影響も感じさせるハードコア、と言ってもいいくらいのサウンドで、これがなかなか悪くありません。叙情クラストな手法ではなく、デスメタルのリフワークでロウ・ハードコアをやってるような感じです。トテトテ・ドラムが成長すれば、面白いと思いますが、こっち聴いても改めて思ったけど、こういう粗削りさがクラスト・パンクの醍醐味なんだから、やっぱりBOHがクラストコアっぽさを導入する必要はない。今回のような凶暴スウェデスラッシュ・メタルで行ってほしいです。Split 10" w/ TORMENTEDのBOHがお好みだった人は絶対にコレは必聴デス!!







・INTERMENT / BRUTALLY DECEASED - Glory Days, Festering Years SPLIT MLP ¥2200 (Doomentia)



UNCANNYメンバーやDELLAMORTEメンバーなども在籍するスウェディッシュ・デスメタル・レジェンド INTERMENTと、チェコの若手デスメタル有望株 BRUTALLY DECEASEDによるSplit LPです。



INTERMENTはこのレーベル・リリースの宿命であるダサ・ジャケというハンデをモノともしない、素晴らしい内容のピュア・スウェディッシュ・デスメタル・サウンドが炸裂しています。ギターVo.がUNCURBEDにも在籍していたのも納得の、スウェディッシュ・デスの黒い重厚音壁が、SVART PARADや後期ASOCIALっぽさもあるハードコアにも近い疾走感で突進してきて、復活以前となんら変わらないグレート・スウェディッシュ・デスメタル!!



そして対するBRUTALLY DECEASEDも笑っちゃうくらいのモロにスウェディッシュ・デス・ストライク(ど真ん中)なサウンドでコレは凄い!!ENTOMBED, DISMEMBER, GRAEVE, 最近で言えばUNDER THE CHURCHやイタリアのPROFANALみたいな、スウェディッシュ・デス以外の要素は完全に排除したダウン・チューニングで低く這うように疾走するピュア・デスメタルです。伝説的カルト・バンド INTERMENTの対戦相手という重責を見事に全うしています!!

Anti-Goth!!

* Nuclear War Now!新作到着!!ジャケ画像をクリックするとNuclear War Now!商品一覧にリンクしますので、他商品も合わせてチェックしてみてください!







・GRAVE UPHEAVAL - Untitled DIE HARD 2LP ¥6200 (Nuclear War Now!)



またしてもNWN!オーナー氏を暴走させてしまった、ウルトラ豪華なトゥーマッチ・ダイハード・バージョン登場です。ENCOFFINATIONとのSplitで一躍脚光を浴び、NWN!オーナー氏をはじめ多くの業界人も虜にした、注目のオーストラリア産ドゥーム・ブラック・デスメタルが、遂に1stフルアルバムをリリース。ブックレットと一体化したゲートフォルド・スリーブに収まった2枚組LPで、ダイハード・バージョンはカラー・ビニールで、レギュラー・バージョンより1曲多い8曲入り。付属品は、ステッカーと特大タペストリー・フラッグ、そして木製スリップケース!!!これは、一体いくらで作れるんでしょうか?質感がもうステレオ・ラックとかみたいな、もはや家具みたいな感じで、モノ凄く立派です。このせいで値段はいつものダイハード・バージョンの倍近くなったし、送料も凄く高くついてしまいましたが、レーベルでは早速かなり売れてるらしいので、待っていたファンは頑張って入手しておいた方がいいと思います。BOYも値段はだいぶ頑張りましたので。



この作品は何から何までナッシング、つまり"無"がテーマのようなレコードで、アルバム・タイトルも曲名もUNTITLED / 無題。ビニールに貼られたステッカー以外は、レコードのジャケにもディスクにも一切文字はありません。さらにブックレットの写真も心霊写真級に真っ黒で、被写体を確認するのも困難です。もっと言えば、ダイハード・バージョンのカラー盤とレギュラー・バージョンの限定カラー盤の色の違いも大差ないし、今思えば、こないだ入ったデモ・アルバムもこんなでした。



そして、サウンドも完璧な地獄の暗黒儀式轟音で、アルバムを待ち望んでいたファンの期待を裏切らない内容です。PORTALとIMPETUOUS RITUALもやってるメンバーらによるバンドで、ENCOFFINATIONに代表されるslow & tortureなデス/ドゥーム・メタル・ファンに凶烈にアピールするバンドでしたが、この作品の後にENCOFFINATION聴いても、もう全然たいしたことなく感じるから不思議です。と言うか、それだけコレは凄まじい!!!FATHER BEFOULEDのように、INCANTATIONを原点とするオールドスクールなデスメタル要素もほぼ皆無で、やっぱりIMPETUOUS RITUALやPORTAL、あとポートランドのRITUAL NECROMANCYあたりが一番近いでしょうか。速いパートは、スネアを叩いてる数が多くなった、と言ったほうがもはや的確な感じで、遅いとか速いとかいう観点での議論は無意味な、極黒で最低(最も低いという意味です)、でもなぜか恍惚的な、GRAVE UPHEAVALワールドの完成型!!!これ以上はもう無!!!の境地しかないでしょう。







・SET - Upheaval of Unholy Darkness LP w/ STICKER & PATCH ¥2600 (Nuclear War Now!)



1stデモ・アルバムもNWN!からカセットで再発されていたUSブラックメタル・バンドの、初の正式なフル・アルバムとなる7曲入りLPです。このLPはダイハード・バージョンが存在しなくて、初回プレス250枚にのみステッカーとパッチが付いています。初回盤が売り切れると、付属品は付きません。



HOUR OF 13やFATHER BEFOULDなどで幅広く活動する C.Davis氏が全楽器を担当するUS2人組ブラックメタル・バンドで、彼のあふれ出る才能を感じさせる、エクスペリメンタルなブラックメタルです。とは言っても難解な内容ではなく、優しさすら感じさせるオープニングのインスト・ナンバーにも象徴されるように、ブラックメタルの冷淡なコードかき鳴らしリフでドカドカに突進してるのに、とてもアトモスフェリックなムードに包まれたサウンドです。ちょっと前だと、こういうのはAjna Offensive系のスタイル、と言ってたかも知れませんが、今一番近いのはVON GOATの2ndアルバムや、こないだ入荷したアルバムが素晴らしかったTEMPLE NIGHTSIDEとか、ああいう感じだと思います。ラストの12分に及ぶ長尺ナンバー以外は、構成もパーツもブラックメタルらしい原始的な方法で、Vo.もlow-endデス系とブラックメタルの凶暴性をミックスしたような凶低唸り声なのに、この浮遊感すら漂う感触が素晴らしいミスマッチを生み出しています。こういうところにも、NEGATIVE PLANEがアンダーグラウンド・エクストリーム・メタル・シーンに持ち込んだサイケなアトモスフィカルが作用してるように感じます。あと、ラスト2曲目でいきなり極上のデスメタル・サウンド&リフになるのもビックリ!!とにかく、最後までリスナーを惹き付けて離さない、とても面白い作品です!!でもNWN!ファンよりも、Dark Descent系のファンにオススメかも知れません。







・VILLAINS - Never Abandon the Slut Train LP w/ STICKER & PATCH ¥2600 (Nuclear War Now!)



Dan Lilker氏が率いたブラックメタル・バンドとして話題となったHEMLOCKにも参加し、Weird Truthから近年コレクションCDがリリースされた激渋初期オブスキュア・デスメタル CEREMONIUMのメンバーでもあったBrandon Diaz氏 aka Desecratorが率いるNYブラック・パンク・メタル・スラッシュ VILLAINSの4thアルバムです。このLPはダイハード・バージョンが存在しなくて、初回プレス250枚にのみステッカーとパッチが付いています。初回盤が売り切れたら、付属品は付かなくなります。



前作Road to Ruinアルバムで確立した、まるで、BATHORY + BLACK FLAG + RUDIMENTARY PENIのような狂気のデス・パンク・メタルが今回もウネリにウネリまくった、前作にも劣らない傑作だと思います。のっけからBATHORY影響下ブラック・スラッシュでスタートしたかと思えば、1曲目の後半からはまるでBL'AST ~ SPACEBOYのようなBLACK FLAGスタイルの混沌ナーバス・ブレークダウン・パートを連発。しかし、HEMLOCK、さらにはVILLAINSの初期メンバーが過去にやってたTHRALLDOMやUNEARTHLY TRANCEなども聴いてきたファンなら、このVILLAINSの都会的冷酷サイコ・スラッシュへの退化も必然として理解できて、より一層楽しめるのではないかと思います。あと、前作でもなぜか感じた、DEAD KENNEDYSやNO MEANS NO的な印象は今回でもしっかり強調してて、アルバム・タイトルにもなってるバカっぽい曲名の4曲目の疾走パートなんか、完全にNOMEANSNOみたいで(と、個人的には思うんです)サイコー!!!



たぶん、NWN!のファンにはあまり人気ないバンドだと思うし、Southern Lordみたいなところで展開した方がもうちょっとアピールできるのかも知れないけど、初期からずっとサポートしてるNWN!オーナー氏に完全に同意しますし、BOY的にも絶対にオススメの、アメリカンならではのパンキッシュ・サイコ・スラッシュです!!USHCファンにぜひとも聴いてほしいバンドの一つです。







・ARMOUR - Death Threat / No Heaven DIE HARD 7" ¥2400 / REGULAR 7" ¥1000 (Nuclear War Now!)



SATANIC WARMASTER他多くのブラックメタル・バンドでの活動で、アンダーグラウンド・メタル・シーンに於いて孤高の存在感を築いてきた Vince "Werewolf" Venom氏のルーツをさらけ出したオールドスクール・へヴィメタル・バンド ARMOURの新作EPが、NWN!からリリース。既にけっこう前からジャケ・デザインなどは公表されていて、いつ出るんだろう?と気になってた方も少なくなかったと思います。2011年録音の2曲を収録していて、ダイハード・バージョンはカラー・ビニールでステッカー&パッチ付き。さらにデニム地のアウター・カバーが付いています。そのため、アルバム並みの値段になってしまいましたが、NWN!にはもっと7"EPのリリースを昔みたいにたくさんやってほしいと思ってますので、こういう力の入れ方は凄くうれしいですし、ARMOURらしいダイハード・バージョンと言えるのではないでしょうか。



Werewolf氏のブラックメタル・バンドでのキャラクターとのあまりのギャップの大きさに、以前はちょっとギャグ半分のヘアーメタル・バンドみたいな印象を持ってた人も多かったかも知れませんが、今で言う完全なNWOTHM (New Wave of TRADITIONAL Heavy Metal)でして、今回はNWOBHM的湿り具合いは控えめに、痛快に熱血なヘッドバンギング・チューン2曲を連射しています。前にまるでRATTなリフも飛び出す曲なんかもあったけど、今回のB面の疾走パワー・メタル・ナンバーは、ギターソロ直後キメのリフが、ちょっとVOW WOWみたいです。ホントに元ネタがVOW WOWだったら最高ですが、あながちあり得なくもない人達でしょうから、そういう勝手な妄想をして聴くと本当に楽しいバンドです。NWOTHMを拒絶してるダイハード・メタルヘッズにも支持されるのが、よくわかります。
09 | 2013/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR