RECORD BOY

Destroyed Metal City!!

お待たせしてすみませんでした。既にお問い合わせもいくつかいただいてました、デトロイト・メタルパンク 4 WAY SPLIT "F.O.A.D." LPを出してたレーベル Bitchy Witch Records新作 PERVERSION LP、ようやくアップ完了しました。今回もこのレーベルは当店の日本国内流通ですが、特に当店限定モノはありませんから、安心してお近くのお店さんでお買い求めください。あと、同じくデトロイトの当店ほぼお抱えレーベルとなりつつあるArcane Metal Artsの新作(再発ですが) DEMON BITCHの1stデモもご用意致しました!!





・PERVERSION - Storm of Evil LP DIE HARD VERSION ¥2600 / REGULAR VERSION ¥2200 (Bitchy Witch)



これまでにクラスト・コア・スラッシュのANGUISHとのSplit 7"と、SHITFUCKERなどが参加してたF.O.A.D. 4 Way Split LPが当店には入荷していた、USデトロイト・デスラッシュ・メタル PERVERSIONの1st LPです。F.O.A.D. 4 Way Split LPのBitchy Witch Recordsの第2弾リリースで、今回も当店が日本国内流通を依頼されました。今後のBitchy Witch Recordsリリースも同様だと思います。エクストラ・インナー / バッチ / パッチ付きの限定バージョンも入荷しましたが、当店限定バージョンの類は存在しません。レギュラー・バージョン 2,200円とダイハード・バージョン 2,600円のどちらかをお選びください。



濃厚なメタル・パンク・キャラがひしめき合うデトロイトでは、ちょっと地味な存在でしたが、この1stアルバムのサウンドはなかなかキョーレツです。以前から南米テイストが特徴のバンドだったけど、SLAYER影響下ジャーマン・スラッシュメタルの南米版、または初期SEPULTURAが、ヨレヨレの音痴ギターを絡めながら、スカスカに暴発した南米デスラッシュみたいな感じで、最近ジャーマン・スラッシュ色を強めてきた東京ブラック・スラッシャーにも通じます。どうもメンバーはヴェネズエラ出身メンバーなどで構成されているようです。南米デスラッシュ・ファンにかなりオススメの、全開で空振りしてるような力作です!!







・DEMON BITCH - S/T TAPE ¥800 (Arcane Metal Arts)



RECORD BOYは、Arcane Metal Artsを応援しています!!!ってな状態に自ずとなってきましたが、デトロイトのパンク/メタル・シーンの面白さにBOYはすっかり魅了されていますので、こちらも張り切ってプッシュしていこうと思います。これまでに、BORROWED TIMEのデモCDと、INFECTONATORのCDが当店には入荷してきた、デトロイトのArcane Metal Artsからのリリースで、BORROWED TIMEメンバーも参加するへヴィメタル・バンドの2012年デビュー・デモ・テープです。初回分は発売後早々に完売したため、今年の夏に限定250本で追加生産した分の一部を日本で販売するよう依頼されました。このArcane Metal Artsというレーベルは、これまでBOYに入荷した3タイトルとも、全て別の人物が連絡してきまして、バンドのメンバーが直々に営業かけてきてるので、どうやらレーベルというよりも、実体は共同で運営してるディストロのなのかもです。デトロイトはホントにどのバンドも濃厚な汁出してるバンドばっかりだけど、実は規模はけっこう小さくて、US国内でも、このArcane Metal Artsは流通が非常に薄いです。問い合わせをけっこういただいてたINFECTONATORのCDは、残念ながら完売したそうです。なので、このデモも気になる方はぜひ早めにチェックお願いします。



SATAN, MERCYFUL FATE, SATAN'S HOSTなどに影響された、とメンバー自身は語ってくれましたが、ブラック・メタル・バンドをやってるメンバーもけっこう参加してるせいか、デスラッシュ並みのドカドカ疾走パートも飛び出したりします。しかし基本は正統派のドぐされシケシケ・メタルで、初期PORTRAITやHELVETETS PORTのような、叙情系だけどイーヴィルな現行スウェ―デンのメタル・バンドと同じ匂いを放っています。でも、スウェディッシュ勢のような繊細さはあまりなく、MANILLA ROADやCIRITH UNGOLのような合衆国産エピック・メタルの泥臭い叙情アグレッションも土台にあるのを強く感じさせます。



ダイハード・メタルを掘ってる海外マニアには既に期待されているバンドで、IN SOLITUDEも思わせる!なんて言ってる奴もいましたが、IN SOLITUDEみたいに、最初からスター性を感じさせるような雰囲気は全然ありません。それよりも、前述したバンド名の繰り返しになりますが、MERCYFUL FATEから初期PORTRAITに, GOTHAM CITYからHELVETETS PORTに、みたいな流れの現行北欧メタルや、MANILLA ROAD, GOTHAM CITY, BROCAS HELMの合衆国産3大エピック・メタルの汗臭い哀愁を強烈に放ったダイハード・シケシケ・メタルと捉えるべきでしょう。あっぱれDeStroit Metal!!!







・INTOXICATED - Rock 'n Roll Hellpatrol LP ¥2200 (Hells Headbangers)



先にCDでリリースされて大好評のジャーマン・スラッシュメタルの傑作アルバムがLPも出ました!!よその美味しいトコ盗りが得意技のHells Headbangersによる、近年まれにみる新人発掘ではないでしょうか?それとも、この1stアルバム以前にマニアの間では注目されていたのでしょうか?なんにせよ、素晴らしい馬力のワイルド・スピードメタルでカッコいい!!色鮮やかな2分割カラービニールでの入荷です。



やはりBULLDOZING BASTARDと同じく、ジャーマンBLIZZARDやスウェディッシュGEHENNAHの系統にあるタイプですが、よりスピードメタル/スラッシュメタルらしい直線的刻みリフがとにかく爽快で、低音域で吠えまくるVo.のせいもあって、まるでRAZORがCARNIVOREっぽく極悪になったみたいです。ソリッドだけどロッキンなフレーズも絡めるギターもカッコいい。とんでもなくダサい表ジャケにも負けない酷さの裏ジャケ見てると不安になりますが、再生すればとにかくカッコいい!!オススメです!!

Rock Hard, Ride Free!!



・NUNSLAUGHTER / ANTiSEEN - Split 7" ¥1200 (Hells Headbangers)



オハイオ・デヴィル・メタル NUNSLAUGHTERと、GG ALLINと並んで極悪メタルヘッズにも支持されるノースカロライナ産バイオレンス・パンクス ANTiSEENによるSplitシングルが、Hells Headbangersからリリース。レッド/ブラウンの2分割カラー・ビニールでの入荷です。



今回のNUNSLAUGHTERはオールドスクール・デスラッシュ・ナンバーで、メタルパンク的アプローチじゃないけど、ANTiSEENに敬意を表してるかのような、パンキッシュな比較的シンプルなデスラッシュ・ナンバーで潔く勝負しています。



そしてANTiSEENが本当にカッコいい!!USパンクの狂気, アメリカン・ロックの土着的&保守的な伝統, プロレスなど、暴力的な要素をシンプルなR&Rに叩きつけたスタイルを貫き通しています。Jeff Clayton氏のダミ声コブシVo.がカントリーやブルース・ナンバーを歌い上げると、かなりLee Ving氏を彷彿させるし、SSイーグルをあしらったロゴなど、イメージ戦略もFEARに似てるものを感じます。あと、後期CHAOS UKもインスパイアされてたのは明白です(カバーもやってましたし)。ビート・パンクのようなウルトラ・シンプル・キャッチーな曲も、ANTiSEENがやってJeff Clayton氏が極悪なコブシで歌い上げると、恐ろしくカッコいいから凄い!!!完璧なUSパンク・バンドの一つです。







・IRON LAMB - Rip it Up 7" ¥1400 (Craneo Negro)



REPUGNANT, GENERAL SURGERY, DISMEMBER, etcの初期デスメタル重要バンドで活躍したメンバーによって結成され、現代メタルパンクを代表する存在にまでなったスウェーデンのIRON LAMBが、メキシコの流通激弱超スモール・デスメタル・レーベルから2曲入り新録7"EPをリリース。



IRON LAMBには今年大きな人事異動がありまして、Vo.がex.VINTERLANDで近年はTHE BLACKやTYRANTにも参加してた D Bragman氏に交代したようです。REPUGNANTやBOMBSTRIKEでもWallin氏と活動を共にしてきたGrga氏でのVo.の音源は、他にもレコーディングしてるかも知れないので未確認ですが、もしかしたらこのEPが最後なのかも知れません。タイトルにもなってるA面の新曲は、そんなちょっとセンチメンタルなバンドの内情を表してるかのような、へヴィでグル―ヴィンですが叙情系のミドルテンポ・ナンバーです。初期からIRON LAMBが持ち合わせていた、TURBONEGRO的な灰色の郷愁が感じられて、SONIC RITUALファンにもオススメの新曲と言えます。B面はRAMONES "Mental Hell"のカバー。自らの音楽性に合った、実にうまい選曲だと思います。



着々とステップ・アップしてるバンドだけど、この人達はデスメタルを始めた頃の習性を今も大事にしているみたいで、以前にギターのJohan Wallin氏にBOYもアドバイスを求められたことがありましたが、今回のような名もないレーベルからゲリラ・リリースするのを楽しんでるようです。ちょっと値段は高いけど、ゲートフォルド・スリーブもしっかり出来てて、ファンは躊躇することなく、早めの確保をオススメします!!







・DAGGER - S/T 7" ¥1200 (High Roller)



BLACK TRIPに続いて、またしてもスウェーデンから、初期デスメタルを代表するミュージシャンによるヴィンテージ・ハードロック・バンドの登場です。初期のCARNAGEとDISMEMBERを支えた、David Blomqvist(ギター)とFred Estby(ドラム)の2人が始めたバンドの2曲入りデビュー7"EPが、High Roller Recordsからリリース。限定1000枚プレスで、そのうちのltd.300枚ゴールド・ビニールでの入荷になります。



いきなりA面でQUARTZのカバーを披露してるように、BLACK TRIPよりも哀愁を強く打ち出したハードロックを追及しています。Vo.はストーナー・メタル系のミュージシャンだそうですが、この人の素晴らしくウェットな歌声がPhilip Swanson氏にかなり似てるせいで、QUARTZのカバーはHOUR OF 13の最高傑作1stアルバムも思わせる号泣っぷりです。B面のパープル系ドライビングなハードロック・ナンバーになると、ちょっとIan Gillanっぽい気もしなくはないですが、QUARTZのカバーを敢えてA面にしてるのですから、やはりメロディーを尊重したヴィンテージ・ハードロック路線をこの先進むと思われます。と言うか進んでほしい!!SCORPIONSみたいな哀愁が好きな人もイチコロだと思います。



前から思ってましたが、初期スウェディッシュ・デスメタルのミュージシャンは、ちょうど今が円熟してる年頃なのか、アダルトなド渋さがカッコいい人が多い気がするのですが、このDAGGERもメンバー写真が激渋です。ロゴのデザインはTyrant氏(NIFELHEIM)とNicke Andersson氏という、話題性にも事欠かないリリース。BLACK TRIPなどのファンはぜひチェックしてみてください!!

Death Cult from the Graves!!



2時からカートシステムのメンテナンスに突入しますが、その前に溜まってた商品ガッツリとアップしました。こないだのDark Descentアップの時にアップ漏れてたオブスキュア・スウェデス FULMINATION 2枚組CD, 再入荷したEXCRUCIATE再発CD, デモLPが反響の大きいNAUSEA L.A.の1st LP再発, そして一番の目玉かも知れないウルトラ・クレイジー・カルト・デストロイ・メタル・ノイズ・パンク発掘盤 SAGATRAKAVASHENと、BOYらしい濃厚カルト・リイシューそろい踏みデス!!!





・FULMINATION - Humanity's Dirge 2CD ¥1800 (Dark Descent)



UNCANNY, REGURGITATE, INTERMENT, UNCURBED, etcにも在籍したメンバーらがやってたスウェディッシュ・デスメタル・バンドのディスコグラフィーが、2枚組CDでDark Descentからリリース。





Disc 1 :

Tracks 1-4 from 1stデモ (1992年)

Tracks 5-7 from "Through Fire" 2ndデモ (1992年)

Tracks 8-12 from 3rd プロモ・デモ (1993年)

Tracks 13-16: from "Live from Musikhuset" 3 WAY SPLIT CD (1994年)



Disc 2 :

"Fading Illusions" プロモ・カセット (1994年)





これだけ発掘リイシューが出まくってても、このクォリティーで当時正当な評価を得られなかったバンドがまだ存在したのか、と、驚いてしまうほど完璧な内容のアーリー・スウェディッシュ・デスメタル・サウンドです。黒いゴリゴリのスウェディッシュ・リフがINTERMENT, GRAVE, ENTOMBEDなども彷彿させる1st / 2ndデモ, 叙情旋律もバツグンのタイミングで組み込んできて、デモのクォリティーを超えた3rdプロモ・デモ, ライブ音源でも素晴らしい演奏でバンドの完成度が実感できる3 WAY SPLIT提供曲のディスク1。そして当初は正式なフル・アルバムとして発表するためにレコーディングされたという、叙情旋律をより強調したスウェディッシュ・メロディック・デスメタルへと進化したFading Illusions音源のディスク2。いずれも初期スウェディッシュ・デスメタル・ファンならば必聴級の内容です。特にUNCANNYファンは唸ってしまうカッコよさではないでしょうか!!







・EXCRUCIATE - Passage of Life CD ¥1400 (Konqueror)



再入荷しました!!オブスキュアながら素晴らしい完成度を誇った初期デス/ブラックメタルの埋もれた名作を次々とアナログ再発するレーベル、The Cryptの第1弾リリース作品(カタログ・ナンバー CRYPT 001)でもあった、Thrash Recordsからのオリジナル盤CDが近年では信じられないような値段で取引されている激メガレア初期スウェディッシュ・デスメタル名盤が、EXCRUCIATEの1stアルバムが遂にCDでも再発デス!!



91年にSunlightスタジオで録音され、初期デスメタル最重要レーベルの一つ フランスのThrash Recordsからリリースされた、スウェディッシュ・デスメタル・バンドの唯一のアルバム。同じくThrash Recordsから作品をリリースしていたCARBONIZEDメンバーも在籍してました。Sunlight録音らしい極上の感触で表現した、スラッシュの延長線上とも取れるデスメタル・リフを、起伏の激しい展開で畳み掛ける曲構成で聴かせるスウェデス・スタイルで、MEGA SLAUGHTERなどともちょっと共通性を感じさせる激渋なカッコよさデス!!DEICDEの1stのスウェデス版みたいにも聴こえたりします。なんにせよ、90年代初期デスメタルの魅力が詰まった名作に変わりありません!!







・NAUSEA (L.A.) - Crimes Against Humanity LP ¥2400 (Ripping Storm)



F.O.A.D.からのコレクション・アルバムが予想以上の反響を呼んでいる、L.A.の初期グラインドコア・デスメタル・レジェンド NAUSEAの91年発表1st LPも遂にオフィシャルLP再発!!オリジナルはBLASPHEMYの1stでもおなじみの伝説のカルト・ハードコア・メタル・レーベル Wild Ragsからのリリースで、このたび再発したこのRipping Stormというレーベルは、Agipunkの奴が新たに始めたレーベルです。NAUSEAは2000年代もポツポツと細かな作品を発表していましたが、このたびヨーロッパ・ツアーを敢行するそうで、それに合わせてイタリアの2レーベルが初期音源が再発したようです。



TERRORIZERのヴォーカル Oscar Garciaが在籍したことで知られるバンドで、当時の日本デスメタル/グラインドコア・シーン黎明期の関係者の間でも話題となった作品ですが、音質がいかにも当時のアングラ・リリースらしいデモ・レベルのクォリティーで損をした悲運の名作デス。なんて今まで何度も言ってきたけど、今回改めて聴いてみると、別にそこまで言うほど酷い音質でもないですね。むしろアラフォーには非常に心地よい生々しさのラウド加減で、スタジオ一発録りみたいな臨場感がカッコよく感じられます。綺麗に分離された作品が普通となった今こそ、再評価される作品かも知れません。それよりもデモやEP時代より深化を模索したような楽曲の変化にこそ焦点を当てるべきで、基本はデスメタルとハードコアが交錯した生々しいグラインドコア・デスメタルなんだけど、当時エクストリーム・メタル・シーンで台頭してきたインダストリアル的な無機質さやドゥーミィーな感覚も取り入れてるところは、日本のMULTIPLEXと同じベクトルでエクストリームを追及したラディカルなグラインドコア・メタルと捉えることもできるかと思います。



当時はNYクラスト・パンクのNAUSEAのLPが欲しくて都内レコード屋を歩いても、こっちのNAUSEAばっかり売ってたから間違って買ってしまったという人の話もけっこう聞きましたし、HELLCCHILDメンバーさんなど、Deathrash Mayhem周辺西東京デスメタル開拓者の方々がこっちのNAUSEAのTシャツをよく着てたりしたのが印象に残っています。当時はスルーしてた人も、ぜひこの機会に聴いてみてほしいです。ポスターも付いた限定500枚再発!!







・SLAUGHTER - Meatcleaver LP ¥2400 (Ripping Storm)



シカゴのMASTERと並んで、ハードコア・ファンにも人気の高い初期カナディアン・デス/スラッシュメタル・バンド、カナダのSLAUGHTERの84年1stデモ音源が、イタリアのRipping Storm Recordsから限定500枚でLP化再発。



昔、NUNSLAUGHTERがブートでEP化したBloody Karnageデモも84年でしたが、今回リリースされたMeatcleaverデモが1stになるようです。Bloody Karnageはその後、パンク系レーベルがこぞって再発してましたが、スラッシュメタル・ファンの間ではほとんど話題にもならなかったのは当然で、この頃のSLAUGHETRはとてもスラッシュメタルとは呼べない、グダグダのパンク・ノイズでした。今回のMeatcleaver LPもスルーで問題ないな、と思ってたんですが、やはり気になってたお客さんは数人いらっしゃって問い合わせもいただいてましたし、Ripping Storm Recordsの第2弾リリースは絶対に入荷させなきゃならなかったNAUSEA (L.A.)の1st LPオフィシャル再発だったので、この機会にSLAUGHTERも入荷致しました。



後に代表的名曲となるSurrender or DieやStrappadoも既にやってますが、まー、この時は全然違ってます。もともと切れ味や疾走感を聴かせるタイプのスラッシュメタル・バンドではなく、HELLHAMMER ~ CELTIC FROSTをドカドカに爆発させたのが魅力だったSLAUGHTERらしく、デモ時代の初期HELLHAMMERに通じるグダグダ・プリミティブ・ガレージ・パンクメタル・ノイズ、と言った感じです。しかしパワーはやはり全開!!この点はSLAUGHTERならではです。あと、入荷リクエストしてくださった方全員が言ってたのは、ポスターとインナーも付いてて、コレクションとして持ってたい出来栄えだというところです。アナログ化は初の音源ですし、SLAUGHTERコレクターには嬉しいLPでしょう!!







・EXUMER - Possessed by Fire CD ¥1900 (High Roller)



CDもHigh Rollerから再発されました!!80'sジャーマン・スラッシュメタルを代表する名作の一つ、EXUMERの86年1stアルバムです。アナログ盤再発にはデモEPが付いてますが、CDにもそのデモ曲をボーナス収録した、全12曲入りです。



DESTRUCTION, KREATOR, SODOMの3大バンドがそれぞれの個性を最初から確立していたのに対して、ASSASSIN, VIOLENT FORCE, NECRONOMICON, そしてこのEXUMERあたりは、個性の確立よりも、3大バンドに必死に食らいつく(もしくはフル・リスペクト)ような姿勢がサウンドにもよく表れていて、どのバンドもガムシャラなパワーとアグレッションが素晴らしい個性を生み出していました。ですから、"ジャーマン・スラッシュメタル" という言葉を聞くと、むしろこのへんのバンドを真っ先に思い出すヘッドバンガーもいるかも知れません。EXUMERはその中でも、割と展開に気を配った曲構成だったけど、とにかくもうパワーが抑えられない、といった感じの破壊的な演奏のせいで曲調はデコボコ。ザックリ言って、KREATORとDESTRUCTIONのミックスと言った感じのこの1stは、ジャーマン・スラッシュメタルのみならず、全スラッシュメタル・ファン必聴と言えるパワーが充満しています。アルバム・タイトルでもある1曲目のサビ、「アムポゼッスバファヤーーー!!!」の雄叫びで燃えないヤツは、スラッシャー失格です!!これはいつ聴いてもホント燃える!!







・SAGATRAKAVASHEN - Sexual Lust 7" ¥1800 (Umbrella)



80年代後期~90年代初めにかけてイタリアで活動した、知る人ぞ知るウルトラ・カルト・パンク・メタル2人組の89年1stデモが、バンド・メンバー自身による自主製作でEP化再発。海外の業界人に教えてもらうまで全く知らなかったけど、ご覧のとおり、これはモノスゴイです。その教えてくれた人は卸値が高くてどうしようか悩んでると言ってましたが、ドラム以外の全パートを担当していたPentacolar氏のコンタクト先を聞いて連絡してみると、枚数が多くなるごとに1枚当たりの単価が上がるという、ワケわかんない回答で、いきなりくじけそうになりました。しかし、このジャケ見たからにはあきらめ切れないので、ペンタコさんに交渉の末、けっこう時間かかったけど遂に入荷です!!



こんな人達ですから、音も素晴らしく意味不明です。前衛と原始性が交錯した、イタリアン・オカルト・ホラー・メタルのようなコケオドシ雰囲気もあるノイズコアで、A面はVORKRIEGSPHASEっぽくもあるドカドカのDISORDER影響下ナンバーと、回転数上げたか打ち込みのようなダンサブルな凶悪メタルコアみたいな2曲を収録。B面は南米デスコア・ノイズ・メタルと、伝説のイタリアン・ポンコツ・コア・メタルパンク KOBRAのミックスみたいな感じです。オルガスムEPやDEMENTIAも彷彿させるペンタコラーさんがVO./ギター/ベースを担当して、MERCY時代のメサイア・マーコリンよりも凝った逆十字架フェイス・ペイントのサタニック・ドラムスさんがドラムスを担当。GHOSTRIDERのデモが再発された時以上の衝撃&笑激かもしれません。Buy & Dieeeggghhh!!!666!!!
08 | 2013/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR