RECORD BOY

KISS ME DEADLY - Glory Fighting! CD



・KISS ME DEADLY - Glory Fighting! CD ¥1050 (Chaos & Anarchy)



ex. GRAVE YARD / ex. R.O.M.のギタリスト Yoshinaga氏を中心に結成された大阪パンク・バンドの1st CDです。6曲入りぺーパースリーブ。



Yoshinaga氏のロック・フィーリングあふれるギターが冴えるパンク・ロックで、ツイン・ギターによる重厚な爆音R&Rサウンドは、ハードコア/パンク・ファン以外のロック・ファンにも広くアピールするであろう不良テイスト満点です。GRAVE YARDとBorn to be Wildのカバーもやってて、これぞリアル大阪パンク!!ex. 赤痢のモアイさんがコーラスで参加したり、Jacky Crsut War氏もオープニングのナレーションを担当。ジャケは、ZYANOSEのToyo氏によるアートワーク!!

SATAN'S SATYRS / OHMWAR - Split 7"



・SATAN'S SATYRS / OHMWAR - Split 7" ¥1000 (At War with False Noise)



USヴァージニア産ドゥーム・パンク・メタル SATAN'S SATYRSの新作Split EP到着!!!リリース作品いずれも大反響で、そろそろコケるかな・・・と実は内心おっかなびっくりだったライブEPのジャパニーズ・バージョンもおかげさまで完売。最後の10枚くらいは全て海外からのオーダーで、ここ1カ月以内に一気にラストスパートを掛けてフィニッシュしたのですが、どうやら着実に海外でも広く注目を集め始めているようで、1stアルバム Wild Beyond Belief!のソールドアウトとなったCDバージョンは、Bad Omen Recordsなる新レーベルからの再発が決まったそうです。で、このBad Omen Records、実はRise AboveのスタッフだったWill Palmer氏が新たに始めたUKのレーベルで、さらにこのWill Palmer氏は現ANGEL WITCHのベーシストでもあります。ELECTRIC WIZARDに見初められるなど、SATAN'S SATYRSはRise Above周辺のヴィンテージ・ドゥーム・ファンにも、いよいよ注目され始めたようです。



このSplitシングルは、新録2曲ですが、1曲はBLACK FLAGのカバーと、もう1曲はインスト。ライブEPに続いてこういう内容のSplit EPのリリースだと、適当に録ってたテイクを提供してリリースを重ねてる、なんて思ってしまう方もいるかも知れませんが、やっぱりこのバンドはそんな普通な感じじゃありません。Bad Omen Records盤CDはリミックスされて、そのうちの1曲は既にサンプルでインターネット上で流れているんですが、それを聴くと、ヴィンテージ・ドゥームなテイストをより強調したサウンドへと変わっていて、ターゲットもかなりRise Above系ファンに絞ってるのがわかります。しかしこのSplitはEPはそんな周囲の期待をあざ笑うかのような痛快な内容で、BLACK FLAGのModern Manを、BOYが最もこのバンドに惹かれたポイントであるVENOM風味の呪術的な要素を強めて爆裂させています!!さらに、SATAN'S SATYRSの新境地を開拓したようなインストが最高でして、ベンチャーズ系60's影響下USサーフ・パンクと、FIELDS OF NEPHILIM, SOUTHERN DEATH CULT, NEW MODEL ARMYなどの西部劇スタイル80's UKニューウェイブ系のミックスのようなデザート・ロック・ナンバーで、これが凄くいいんです!!たそがれた夕陽の情景が目に浮かぶ男の哀愁漂うメロディーを、ラフ&ロウな演奏で表現していて、これは昨今のヴィンテージ・メタル・トレンドに乗ってでてきただけのようなバンドにはない、SATAN'S SATYRSらしいパンク・バックボーンの表れではないでしょうか。



対戦相手のOHMWARについての解説が簡潔になってしまいますが、こちらはカナダのパンク・バンドで、BLACK FLAGのNervous Breakdownのカバーもやってますので、BLACK FLAGをキーワードにした企画盤レコードなのかも知れません。ガレージ系ノイズ・ロックとUSHCの中間的なサウンドで、こちらのバンドもなかなか楽しめる内容ですが、やはりBOYは今回もSATAN'S SATYRSにノックアウトされてしまいました。限定500枚です!!

Japanese Punk!!





・九狼吽 (CLOWN) - Human in Confusion LP / CD 各¥1890 (Kamaset Levyt / MCR)



今や日本を代表するハードコア・パンク・バンドと言っても過言ではない、名古屋の九狼吽(CLOWN)の2ndアルバム。アナログ盤はフィンランドのレーベルから、CDとは違うアートワークのSugi氏によるジャケ・デザインでリリースです。



もちろん今回もジャパニーズ・ハードコア本来の凶暴性を核にしたピュア・ハードコア・パンク全開ですが、楽曲の練り具合とドライブ感の両立が素晴らしくて、強固なハードコア・プライドを掲げながらも、ジャンルの壁をブチ壊して様々なシーンの強者達と共演してきたバンドの姿勢が完璧な形で反映されています。オーセンティックなR&Rすら感じさせるギターフレーズはドライブ感をさらに加速させていて、DEAD KENNEDYSなどのUSHCファンやサイコビリー・ファンの耳をも惹きつける要素があるかと思います。FORWARDやZONEなどのファンはもちろん、それ以外の人達ににも、ジャパニーズ・ハードコア・パンクの真髄を叩きつける、豪快な傑作です!!







・the SADIST - Total Sex 1984-1990 CD ¥1890 (MCR)



日本を代表するノイズ・ミュージシャンの1人、マゾンナ/山崎マゾ氏の活動の原点となった昭和京都パンク・バンドのベスト・アルバムCDがMCRからリリース。タイトル通り84 ~ 90年までのレコード, 未発表曲, ライブ音源を、山崎マゾ氏自身によるセレクトでまとめた全19曲です。



日本文学的変態とは違う、昭和当時の中二病的妄想を吐き出したような、セックス依存症パンク。楽曲はノイズ・アプローチなどは無くて、奇形児などのADK Recordsハード・パンク・ファンは必聴の内容です!!

Anti-Goth!!

* Nuclear War Now!新作到着!!ジャケ画像をクリックするとNuclear War Now!商品一覧にリンクしますので、他商品も合わせてチェックしてみてください!





・THOU ART LORD - The Regal Pulse of Lucifer DIE HARD LP ¥2600 / REGULAR LP ¥2000 (Nuclear War Now!)



アナログ盤も出ました!ダイハード・バージョンはレッドビニールで、ステッカーとパッチが付きます!



ROTTING CHRIST, NECROMANTIA, MORTIFY のメンバーによるギリシャ・ブラックメタル・バンドの9曲入り2013年新作アルバムがNWN!からリリース。ギリシャ・デス/ブラックメタルをフルリスペクトするNWN!が、VARATHRON, ROTTING CHRISTに続いてリリースする、ギリシャ・デスメタル大御所で、前作 Orgia Daemonicumアルバムから実に8年ぶりとなる音源リリースですから、NWN!ならずともギリシャ・エクストリーム・メタル信者は待ちに待った作品です。



オーストラリアのSACRIPHYXが、初期ギリシャ・ブラックメタル特有の、あのぼやけたモノ哀しさを現代に於いて見事に再現しているわけですが、先人達はやはり同じところに留まっているのではなく、現代的に深化しながら活動しています。そういう意味では、NWN!がTHOU ART LORDの2013年アルバムを出すと言うことは、意外にも感じられるかも知れません。なんてったって、あのVADERに「デモの曲だけ演奏してほしい」と言ってNWN!フェス出演をオファーするレーベルなのですから。しかし、だからこそ、NWN!のギリシャ・デス/ブラックメタルへのウォーシップぶりが伝わってきますし、そして「リリースしてよかった」とNWN!オーナーも思っているであろう、200%ギリシャ・エピックなデスメタル・ワールドが爆発しています。初期UKゴシック・デスメタルも彷彿させる荘厳メロディックな展開と、へヴィメタルを土台としたソリッド・デスメタル・サウンドの応酬で、押し殺した感情と、涙腺を刺激する叙情が交錯して同居するデス・ブラックメタルは、共通する要素は多くあっても、西欧のペイガン・メタル系とは違います。生まれてくるサウンドは違っても、基盤と志向はARES KINGDOMとも近いのかも知れません。ギリシャ・デスメタル・ファン以外にも、より多くの人が聴くべき重要バンド&力作です!!







・ARES KINGDOM - Veneration REGULAR LP ¥2200 / CD ¥1500 (Nuclear War Now!)



CDも出ました!初期ブラックメタル・バンドにも多大な影響を与えた伝説のUSデスメタル ORDER FROM CHAOSのメンバーらによるUSカンサス・シティー産デスラッシュ・へヴィメタル・バンドの2013年新作アルバム!!と思ったら、全曲カバーです。ところがどっこいしょ・・・コレが素晴らしく爆裂した内容で、本当にカッコいい!!ARES KINGODMの音源には毎度ノックアウトされるけど、カバー・アルバムにまでブチのめされました!!



中心メンバーのChuck Keller氏はORDER FROM CHAOS時代から進行の深い、ABIGAIL Yasuyuki氏のパンクメタル・スラッシュ・プロジェクト BARBATOSにも参加していましたが、彼が現在本業とするこのARES KINGDOMは、漢のデスラッシング・へヴィメタルとでも言うべき、イブシ銀の激烈鋼鉄サウンドで、ドラマチックな展開と速弾きメロディックなギター・ソロもガンガンにフィーチャーした、へヴィメタルの土台のデスラッシュ・メタル・バンドです。しかしこのカバー集は、いきなり伝説のOZサタニック・デスラッシュ・メタル SLAUGHTER LORDの名曲 Die by Powerでスタートしてるように、デス/スラッシュ系ルーツをより強調した選曲なので、ARES KINGDOMのオリジナル作品よりも、かなりイケイケな内容なのです。Die by Powerの、文字通り圧倒的なゴリゴリ・デスラッシュなパワーにいきなり殺られますし、その後も、SDACRILEGE, R.U.DEAD?(ex.ジャーマンPOISON), MEFISTOのようなスラッシュ/デス/ブラック・メタルのレジェンド・バンドや、メンバーが関連した兄弟バンドとも言える VULPECULA, NEPENTHE, そしてラストはなんとDOKKENの代表的名曲 Tooth and Nailでフィニッシュ。で、このDOKKENカバーがまた最高にカッコいい!!乱暴な事言ったら、BOYのお客さんにはARES KINGDOMはやっぱりいまいちアピール度が弱かったので、このカバー・アルバムが一番オススメなのかも知れません。とにかく理屈抜きにカッコよすぎる!!レギュラーLPも発売中です!







・CAUCHEMAR - Tenebrario CD ¥1500 (Nuclear War Now!)



CDも出ました!Morbid Tales FANZINEを発刊し、へヴィメタルの重鎮達も多数レシピを提供して話題を振りまいたへヴィメタル・クッキング・ブック HELLBENT FOR COOKINGの著者であるギャル・バンガー Annick嬢率いるカナディアン・ドゥーム・へヴィメタルの9曲入りフルアルバムが、NWN!からリリース。以前はAnnickちゃんはVo.とベースを担当していましたが、本作からVo.専任となって、4人編成で制作されています。



前作デビュー・ミニ・アルバムでも感じさせた、70年代JUDAS PRIEST影響下の、鋼鉄リフと叙情ドラマチックな展開のドゥーム・へヴィメタルというスタイルに焦点が定まってきて、NWN!リリースとしては異色ではありますが、ウィッチング・オカルト・メタル系のファンにもアピールする内容です。このテのバンドが安易に流れやすい、アシッドなテイストは皆無で、へヴィメタル・プライドもヒシヒシと伝わってきます。決して上手いVo.ではないけど、Annick嬢のフランス語Vo.は見事に80'sメタル・テイストを再現していて、彼女のVo.パート専任という選択も、大正解と言えるでしょう。楽曲だけで言えばHOUR OF 13などとも共通しますが、Annick嬢のヘタウマ・ウィッチングVo.が、素晴らしくアングラ・メタルの華やかさに彩っています!!







・BLACK WITCHERY - Desecration of the Holy Kingdom CD ¥1500 (Nuclear War Now!)



Ross Bay Cult公認のスペイン PROCLAMATIONと並んで、BLASPHEMYの意志を現代に継承するUSフロリダ・ブラック・デスメタル BLACK WITCHERYの2001年1stアルバムが、NWN!からCDも待望の再発です!!



ルックスを見ればわかるように、明らかにhail BLASPHEMYな暗黒鋼鉄悪塊連射ですが、デスメタル的暗黒の鈍さを増強して、個性とBLASPHEMYへの忠誠を両立させています。全ベスチャル・メタル・ファン必須の現行カルト・バンド!!

Death Apocalypse!!



・the CHASM - Procreation of The Inner Temple PICTURE LP ¥2800 (Lux Inframundis prod.) / DIGIPACK CD ¥1500 (Vic)



もうすっかりこのバンドにノックアウトされてしまいまして、入荷のたびに早々に売り切れてしまう1stアルバムと最新アルバムの2種を、思い切ってガッツリ再入荷させました。そしたらいくつかデッドストックも発見!!!これは94年1stアルバムのピクチャーLPで、この作品のアナログ化は2012年リリースのこのピクチャー盤のみ。昨年のリリースですが、発売後早々に姿を消して、既にちょっとプレミアも付いて取引されてるようです。ピクチャーLPですが、インレイも付いたグッドルッキングなLPです。もちろん、デジパックCDも再入荷してます!!



92年にメキシコで結成され、CENOTAPHらとともに初期メキシカン・デスメタル・シーンを形成したバンドで、オリジナル盤CDはCENOTAPHの1st CDに匹敵するメガレア盤だという名作です。メキシコのバンドの特徴として、古代の神秘的テーマを取り扱うバンドの質と人気が非常に高く、ブラックメタル系ですが、NWN!がアナログ再発したXIBALBAも、DARKTHRONEなどの寒々としたメロディーをきっかけにしながらも、中南米アンシエントなミステリアス叙情旋律へと深化したような、極上級のエピック・ブラックメタル・サウンドを確立して、世界各地に熱狂的な信者を獲得しています。この THE CHASMの1stアルバムも、起伏に富んだ北欧型デスメタルを土台しつつ、宗教的退廃感とは違った、土着的な陰鬱旋律が必殺級の素晴らしさで、まさしく唯一無比のエピック・デスメタルと言えるカッコよさです!!







・the CHASM - Reaching the Veil of Death CD ¥1800 (Lux Inframundis prod.)



こちらも既に廃盤ですが、2001年発表の6曲入りMCDが限定入荷!!バンド・メンバー自身によるレーベル Lux Inframundis prod.の第1弾リリースで、一応デッドストックということになるので、ジャケに折れやディスクにスリキズ/ヨゴレなどがあるものもありますから、キレイなものからお売り致します。



この作品は、the CHASMの魅力の一つでもある、スラッシュ・テイストを強く感じさせる刻みソリッド・リフが際立ったサウンドと曲調で、まだ彼らの全作品を聴いてはいませんが、恐らく最もスラッシュ色の強い内容だと思います。Leave Scars時代のDARK ANGELのような肉体的アグレッシブなゴリゴリ・ソリッド・デスラッシュにも通じますが、鈍さと切れ味という相反する要素の両立が、この作品は驚異的です。それはやはりこの、まるでフロアタムとバスドラでビートをキープしてるかのような重心の低いリズムによるところでしょうか。完璧なテクなのに原始的ですらあるドラミングとソリッドな爆走サウンドの融合がすげーカッコいい!!しかもそこに、このバンドのもう一つの魅力である、叙情的なドラマチック・パート組み込まれてて、もう完璧なthe CHASMワールドが形成されてます。ラストにBULLDOZERの代表的名曲 Cut Throatで締めてますので、やはりこの作品はスラッシュを大きなテーマに仕上げたような気がする作風です。







・the CHASM - Conjuration of the Spectral Empire CD ¥2000 (Lux Inframundis prod.)



バンド・メンバー自身によるレーベルからのUSバージョンで、2002年5thアルバムCDも限定入荷!!やはり既に廃盤で、枚数ショートして来たので、恐らく今回のみの入荷です。こちらも一応デッドストックということになるので、ジャケに折れやディスクにスリキズなどがあるものもありますから、キレイなものからお売り致します。



このアルバムでは、あの低く硬いドラム・サウンドが、弦楽隊の低音と被って若干埋もれ気味ではあるけど、ドスドスしたlow & rawなドラミングはやっぱり最高にカッコいい。オールドスクール・メタルとエクストリーム・メタルのダイナミズムの完璧なバランス感覚、構成の叙情的とドラマ性、そして演奏、全てがS級のバンドですが、特にここらへんの近年の作品は、RITES OF THY DEGRINGOLADEやADVERSARIAL, TYRANTS BLOODなどのカナディアン・エクストリーム・メタル・ファンにはドンズバな内容です。そこに、中南米出身ならではの、鈍器系の殴打感触が加わって、本当になぜ今までこのバンドを聴いてこなかったのかを後悔してしまうカッコよさです!!全作品ハズレなし!!オススメです!!







・the CHASM - Farseeing the Paranormal Abysm 2LP ¥3400 (Lux Inframundis prod.) / DIGIPACK CD ¥1500 (Vic)



これもバンド・メンバーにかなり近いところから見つけて、アナログ盤もちょっとだけ引っ張ってきました!!CDとジャケ違いのゲートフォルド・スリーブで、2009年にNuclear Winterなど3レーベルの共同で限定500枚でリリースされてた2枚組LPです。本作品のアナログ盤リリースはこれっきり。再発はされてなくて、一応デッドストックということになります。



スラッシュ・テイストも強く感じさせるテクニカルな刻みソリッド・リフで、曲を構成するパーツはまぎれもなくオールドスクール・デスメタル。ダウン・チューニングのズッシリとしたへヴィネスじゃなくて、リズム隊が素晴らしく重心が低く硬い音で、DEICIDEやMORBID ANGELの初期、さらにはDEADLY SPAWNあたりの感触が好きなデスメタル・ファンもイチコロでしょう。前半から大胆にもインスト・パートの比重が大きくて、緊張感の高まってるところに、まるでMEKONG DELTAとMoonfog時代のDARTHTHRONEのミックスのような5曲目で完全ノックアウト!!!この曲、モノ凄いカッコいい!!!



現在はシカゴを拠点に活動していて、メンバーはMETALUCIFERの現地調達メンバーにも駆り出されてた、実力派ぞろい、なんてレベルではありません・・・。このバンドは本当に凄いです。サイケデリックな感触で覆ったりしてない、剥き出しの生々しい音だけど、NEGATIVE PLANEに通じることもやってますし、スラッシュ・メタル・ファンも聴き入るであろうリフワークと疾走感も多いです。全作品オススメですが、完成度の高さは、やはり現時点での最新作になる本作が一番だと思います。デジパックCDも再入荷してます!!







・BEYOND - Fatal Power of Death LP BLUE VINYL ¥2600 / BLACK VINYL ¥2400 (Iron Bonehead prod.)



アナログ盤お待たせしました!!Detest Recordsが消滅したため、Iron Boneheadからリリースされた1st EPが、前評判通りの素晴らしい内容だったジャーマン・デスメタル BEYONDが、8曲入り1stアルバムを発表。LPはゲートフォルド・スリーブで、限定1000枚のうちのltd.200枚ブルービニール 2,600円と、ltd.800枚ブラックビニール 2,400円の2種入荷!!



最近はMe Saco Un OjoやDark Descentの作品も、熱心なダイハード・デスメタラー以外の方はだいぶ離れてきてる感がBOYではありますが、そんな方は油断してこういうのを逃して後悔しないようにしてください。またしてもジャーマン・デスメタルの可能性を深めたような、恐るべき作品です。2000年代以降の地下死独鋼鉄2大カルト、EXCORIATEのジャーマン・スラッシュ譲りなリフワークと、NECROS CHRISTOSの暗黒混沌世界を受け継いだようにも捉えることのできる、強烈なドス黒さを放っているオールドスクール・デスメタル。と、EP入荷の時は解説しました。今回は近代エクストリーム・メタルのダイナミズムをより強調した作風で、例えばCELTIC FROSTがTo Mega Therionで、スラッシュメタルを土台にしていきなり別次元に到達したサウンドを提示していたのと似たものを感じます。Sepulchral Voice Recordsのジャーマン・デスメタル勢, REVENGE分家のカナディアン暗黒エクスぺリメンタル・デス・ブラック, LANTERNを頂点とするNEGATIVE PLANE症候群, PORTAL他クトゥルー・デス系OZバンド, etc 細胞分裂が日々進行する昨今のデス・メタルのあらゆるタイプが脳裏をよぎります。ダイナミックな音質なので、ロウなサウンドを求める人には向かないのかも知れませんが、なぜか非常にプリミティブなムードも漂います。コンテンポラリーなデスメタルの良いトコ取りなどでは決してない、サウンド / 演奏 / 楽曲の全てが、もはやS級の壮絶な完成度なのです。これはちょっと、NEGATIVE PLANEに続いて、エクストリーム・メタルの今後の動向を左右しかねないスタイルの登場かも知れません!!本当に凄いデス!!!

SABBAT - Sabbatical EarlyslaughT-Shirt Series 2013 AUG





・SABBAT - Sabbatical EarlyslaughT-Shirt Series 2013 AUG ご予約受付中



Nuclear War Now!から、SABBAT30周年記念シャツが発売決定!!!666!!!2013年5月から毎月1作品ずつ、今年いっぱい12月まで続々とリリースされ、NWN!, ドイツのIron Bonehead productions, そして当店 RECORD BOYでの販売になるそうです。しかも全て、Elizaveat氏によるアートワークですから、これは世界中のSABBATウォーシッパーズ狂喜の必須アイテム・リリース地獄です!!!



ただ今から第4弾の8月バージョンのご予約を受け付け開始します。が、本当に申し訳ないのですが、今回は今まで以上に急を要する受注になってしまいます。この8月バージョンは、NWN!でやっと受注開始したのが昨日8月12日。前月の7月バージョンをご予約いただいてた方の分がBOYにようやく到着したのが先週末。前月の予約分が到着してないのに次の予約を募るというのは、ちょっとBOYの商売では避けたいところなので、このようなタイミングになってしまいました。



さらにこの8月バージョンは、Lサイズ以上のビッグサイズの生産枚数を今までより減らしているそうです。なので、今回はご注文いただいた枚数をNWN!に毎日報告して、確保を少しでも確実にしたいと思います。具体的には、今日8/13(火)から8/16(金)まで、毎日閉店時間の20時にNWN!にその日のオーダー集計を報告します。SサイズとMサイズは今までより多く作ったそうですので、恐らく8/16(金)まで在庫あるんじゃないかな?とNWN!オーナー氏は言ってますが、もちろん確証はできません。要するに、今回のご予約締切は8/16(金)の20時、ですがLサイズ以上の大きいサイズをご希望の方は、なるべくお早目のご注文をお願いします。ということになります。



ボディはGildan、サイズはS / M / L / XL / XXLの5種。値段は恐らく、2000円台中半くらいになるかと思います。ご希望の方は通常のカート購入と同じように、サイズとご清算方法もあらかじめ指定してカートに入れていただきたいのですが、他商品とのまとめてのご精算は現時点ではお受けできませんので、この商品のみでカートを進めてください。



今回のTシャツ・シリーズの中で数少ない黒ボディなので、これを待ってた人も多いと聞いています。しかも今回はリリースされたばかりでタイミングのいい、Black Up Your Soulのセカンド・アート!!今回もどうぞ宜しくお願いします!!

Sabbaticalucifers!!







・SABBAT - Black Up Your Soul... LP RED VINYL ¥3000 / YELLOW VINYL ¥3000 / BLACK VINYL w/ Satan Bless You!! STICKER ¥1400 / CD ¥1500 (Iron Pegasus)



お待たせしました!!カラービニール到着です!!!イエロー・ビニールとレッド・ビニールの2種入荷で、各150枚限定となっています。さらに、このカラー・ビニールには、ゲートフォルド・スリーブのうえに、一見すると帯付き日本盤LPのように見えるようになるエクストラ・カバー・シートが付きます!!!



先にCDで再発されて絶賛発売中の、93年録音最初期名曲再録アルバムがめでたく初LP化です。2ndアルバム Evokeからギターで加入したTemis氏と、Zorugelion氏, Gezol氏のラインナップで、最初期の名曲プラスQUARTZカバーを93年に再録した音源11曲。オリジナルCDは1st~3rdアルバムからベスト・トラックも少しずつランダムでボーナス的に収録した16曲入りで、Evil Recordsから結成10周年記念盤としてリリースされていました。今回はベスト・トラックは除いた11曲入りで、ジャケ色も赤に変わってます。



この音源はEvokeアルバム同様、デスメタル的なロウ・ダークネスを強く放っていた頃のSABBATが堪能できます。Gezol氏のVo.もlowなスタイルでほぼ統一していて、最初期の名曲の数々が、デスラッシュなraw & lowな表情に生まれ変わって爆裂しています。1st 7"のアートワークを使ったジャケも嬉しい、SABBAT好きを自負する人は絶対にはずせない初期レア音源作品です!!!ステッカー付きブラックビニールLPも再入荷、CDも絶賛発売中です!!!







・SABBAT - Black Up Your Soul T-SHIRT ¥2400 (Iron Pegasus)



Iron Pegasus製オフィシャルTシャツも入荷!ボディはFruit of the Loom、色は黒と、画像用意できてませんが赤ボディもあります。あと、黒ボディは画像ではわかりずらいですが、プリントがシルバーです。







・SABBAT - Evoke the Evil T-SHIRT ¥2400 (Iron Pegasus)



EvokeデザインのIron Pegasus製オフィシャルTシャツも入荷!!ボディはFruit of the Loom、色は赤と黒の2種あります。







・SABBAT / MANZER - Pictavian Demonslaught SPLIT 7" ¥900 (Armee de la Mort)



今までこの対戦Splitが存在してなかったのがちょっと不思議な気もする、フランスのカルト・メタル・レーベル Legion of DeathオーナーのShaxul氏率いるMANZERと、そのLegion of Deathの第1弾リリースをSplit w/ TERROR SQUAD EPで華々しく飾ったSABBATによるSplit 7"が限定500枚でリリース。



MANZERは、SABBAT他ジャパニーズ・メタルをリスペクトするShaxul氏の熱いへヴィメタル・スピリッツが炸裂したブラッキン’スラッシュ・へヴィメタルで、NOCTURNAL, スウェディッシュGEHENNAH, DESASTER,あたりのファンには非常にオススメです!!



対するSABBATは今回はかなりリラックスした空気で演奏していて、最初はブラックメタル・ナンバーからスタートするんですが、これがなんとギターは1弦のみ、ベースは4弦のみ1本で演奏したというクレイジーなブラックメタル・チューン!!続くHammer of Hellは、完全にCELTIC FROSTオマージュなナンバーで、いつものSABBATとはかなり趣が違いますが、Sabbaticalucifers以外のファンも存分に楽しめるSplit EPです!!

Thrash from the Graves!!



* パワー/スピードメタル系からロウ・ハードコアなヤツまで、スラッシュメタル再発モノのグレートな再発モノが大量入荷です。目玉はなんと言っても、遂にUKハードコア・スラッシュメタル VIRUSのオフィシャル再発!!!!!











・VIRUS - Pray for War / Force Recon CD ¥1600 (Marquee)



遂に!!!念願の!!!初オフィシャル再発ーーーーーaaarrrggghhh!!!!!!!!!!このジャケ画像見た瞬間に、まさしく!!!!!こんな気持ちになった人は、私だけじゃないと思います。ジャケの配色からも一目瞭然ですが、近年幅をきかせてきたブートじゃありません。ようやく正規再発されたのです。実は、Mosh TuneageさんによるUKスラッシュメタル再発シリーズで長らく熱烈オファーを試みていたのですが、脈なしと諦めかけていたら、こういう事でした。80年代後期に活躍したUKスラッシュメタル・バンド VIRUSの、Metalworksから発表した初期2作品、87年1stアルバム Pray for Warと88年2ndアルバム Force Reconの完璧なカップリングで、2012年ライブ2曲も追加した全18曲入りCDです。



2ndアルバム Force Reconはロウ・スラッシュメタル・ファンには割と知られる、その筋では正当な評価も受けてる名作ですが、まずは1stアルバム Pray for Warについて言わせてください。初めて聴いた時、一体何が起きてるのか理解できないアルバムというのは、耳障りのいいモノよりも、いい歳したオッサンになっても案外聴き続けているように思うのですが、このイギリスのスラッシュメタル VIRUSの1stアルバムは、VENOM "Black Metal", SODOM "Obsessed by Cruelty", VOIVOD "Rrroooaaarrr!!!", MACE "Proces of Elimination", NME "Unholy Death"あたりに次いで、初めて聴いた瞬間、「これは一体なんなんだ!?!?」と、私事で恐縮なんですが衝撃を受けた作品なのです。イギリスのスラッシュメタルの最大の特徴と魅力は、身に染みついたハードコア・パンク・テイストだと思いますが、このVIRUSの1stもやはりハードコア要素が非常に高いです。そしてジャケの雰囲気からもわかるように、VOIVODウォーシップな作品でもあります。初期VOIVODがそうだったように、VENOM要素も多分に含んでるんだけど、バイオレンスとインテリジェントの完璧な融合だったVOIVODとは全く違った感覚で、アバドンを崇拝して継承してしまったようなリズム感最悪のドラミングにまずはノックアウトされます。そこに、やはりハードコア調のシャウトVo.が乗りますが、これが初期キャルのような半歩遅い吐き捨て型で、全体の足を引っ張るようなドラミングとの相性が奇跡的にバツグンなのです。さらにMACEの1stがSF的なカオスになったようなギター・ソロが被さると、原始人的崩壊系の南米バンドとは全く異質の、まるでカナダのSLAUGHTERが近未来ホロコーストな宇宙規模の崩壊ハードコア・スラッシュメタルと化したようで、これはCDで聴いてもやっぱり相当クレイジーなカルト・クラシックです!!!!!



もう興奮しすぎて、1stの解説だけで何言ってるのかサッパリわからない(1stの虜になってる方には通じてるものと信じてますが)バカ丸出しな入魂のテキストとなってしまったので、2ndはサラッといきます。まさしく足をひっぱるかのように、全ての疾走感をブチ壊していたドラムが、だいぶ破壊的で突進型の崩壊パワーを放出できるようになり、曲調もVOIVODウォーシップから抜け出して、ジャーマン・スラッシュメタルにも通じるドカドカなロウ・スラッシュへと進化しています。ムチャクチャだったギター・ソロのメロディックなフレーズもだいぶ整理されてきて、ちょうどいいムチャクチャさです。あと、1stでも時々感じさせてた、SLAUGHTERのようなハードコア・スラッシュメタルな感覚もクッキリ見えてきました。KREATOR, DEATHROW, ASSASSINなどのジャーマン・スラッシュメタルと、LEGION OF PARASITESの3rdみたいなUKメタルコア・スラッシュの融合のようにも解釈できる、これまたカルトなロウ・スラッシュメタル・クラシックです!!!



贅沢なことを言えば、スケボーやってる写真とか、LPに使われてた写真などでも、もうちょっと多く使って欲しかったけど、フチどりされたジャケの鮮やかさも悪くないし、間違いなく必買のCDです。TOXIC HOLOCAUSTのJoel君も確かこの1stは大好きだったと聞いてます。SLAUGHTERの2枚組CD, Old Metal RecordsのEXECUTIONER, 現行カルト・スラッシュメタル最前線のKORGULL THE EXTERMINATOR, そしてこのVIRUSの1st + 2ndで、もうネタは(たぶん)出揃いましたよ。これでもコケるようじゃ、それはもうBOYがスラッシャー君達に嫌われてるとしか思えない!!!とにかく間違いなく必殺級の80'sカルト・スラッシュメタル再発盤です!!!!!









・SLAUGHTER - Strappado SPECIAL 25th YEARS ANNIVERSARY EDITION 2CD ¥2400 (Marquee)



結成25周年記念2枚組CD!!!こんなの出てたなんて知りませんでした・・・。最近は今まで出尽くした音源を形を変えて乱発してて、なんでもいいからSLAUGHTERを出したいだけのようなレーベルが、最初期のグダグダ・ゴミ・パンク・ノイズ時代の音源をつかまされてリリースするというパターンが続いてましたので、油断してたら、こんな究極のセットが出ていたのを見落としてました。ロウ・スラッシュメタルの最重要名作のひとつ、86年1stアルバム StrapadoのLPオリジナル音源と93年CD化バージョンの音源をディスク1に、そして前述のグダグダ・パンク・ノイズ時代最初期 84年デモ Meatcleaver, 同年デモ Bloody Karnageなどのデモ集がディスク2なんですが、このデモ集CDには85年最凶デモ Surrender or Dieも収録で、絶頂期破壊的初期音源集的な2枚組CDになってます!!!





DISC 1 :

Strappado (Original LP MIX Fringe 1987)

Strappado (Original CD MIX Fringe 1993)

Live At Concert Hall, Toronto Ontario, July 4th 1986



DISC 2 :

Meatcleaver Demo

Bloody Karnage Demo

Surrender Or Die Demo





なだれ込むように落下するビートと、一応は刻んでるけど反復リフのシンプルなパターンで展開する楽曲を組み合わせたハードコア・スラッシュ・サウンドは、SHITLICKERS型D-Beatパンクとの奇跡的な共通性を感じさせる驚異のロウエスト・スラッシュメタル。HELLHAMMER, CELTIC FROSTを刻みリフにしたスラッシュを目指して、そこにハードコアからの影響も実際かなりあったと思う突進力をプラス。これほど "ドカドカドカ!!!"という表現がピッタリ来るスラッシュメタル・バンドは他には絶対にありません。そしてSurrender or Die音源が最凶で、SLAUGHTERの全音源中最もダーティー・ブルータルD-Hammer色が強烈なデモ・アルバム!!シカゴのMASTERと並んで、クラスティーズも腰を抜かすロウ・ダーティー・デスラッシュ最上級バンドです!!







・EXECUTIONER - Break the Silence CD ¥1700 (Old Metal)



86年1stアルバムも先に初CD化されて話題を呼んだ、初期New Renaissance Recordsを代表するバンドの一つ、ボストンのEXECUTIONERの87年2ndアルバムです。1stがちょっと前にCDされた時、「あ、これは2ndを再発したいんだな」と感じた人は少なくなかったと思いますが、この2ndアルバムでは、AxCxの故Seth Putnam氏がベースで参加しています。ずっと出したくって、しょうがなかったんじゃないでしょうか。今しかありません。今回も、ハード・ポップ・メタルなヤツからスラッシュまで、80年代の良質orカルトな名作を再発するOld Metal Recordsからのオフィシャル・リリースです。



NMEとは全然違うけど、このEXECCUTIONERもまた、VENOMに影響されたハードコアなノリもあるアメリカン・スラッシュメタル・バンドです。最大の特徴は、邪悪度のカケラもないドライな感覚で、ドカドカ・ファスト・スラッシュなナンバーなどは、CRYPTIC SLAUGHTERあたりにも通じます。ただ、ファスト・スラッシュな曲から、ロッキンなVENOMタイプのスラッシュまで、グダグダと言いますか、ガッツが微塵も感じられないのがこのバンドの最大の魅力で、憎悪に満ちたSethが参加してもこのテンションですから、恐るべきカルト・バンドだったと思います。周りにいる人を自然とにこやかにさせてくれるなんていう、ハードコアやスラッシュメタルとして短所となるべきキャラクターがにじみ出ていても、このバンドほど、カッコ悪いということを攻める気分にさせないバンドはいないのではないでしょうか。「どうして、好き好んでカッコ悪いのを聴くんだ?」と疑問に思う人がいたら、ぜひEXECUTIONERを聴いてほしいのです。この、歴史に残る衝撃的なセンスのジャケという、とてつもなく高いハードルの第一関門を通過して、「ちょっとどんなんか聴いてみたい気もするな」なんて思えたのならば、あなたはその時点でEXECUTIONERの魅力に気付いてる、ハイ・センスなリスナーなのです。これぞ素晴らしきカルト・メタル!!!







・TYRUS - S/T LP WHITE VINYL ¥2900 / RED VINYL ¥2900 / BLACK VINYL ¥2400 (Iron Pegasus)



HOBBS' ANGEL OF DEATHの中心人物であったPeter Hobbs氏が、HOBBS' ANGEL OF DEATH始動の前にやってた幻のOZスピードメタル TYRUS!!86年録音音源が2012年にCDで遂にオフィシャル再発されましたが、Iron Pegasusからライブも加えた11曲入りでアナログ・バージョンもリリース!!レギュラー・ブラック・ビニール 2,400円と、ltd.150枚レッド・ビニール / ltd.100枚ホワイト・ビニールの3種バージョン入荷してます!!!



現代のオーストラリアン・メタルのアグレッシブでサタニックなスタイルの基盤を築いたバンドとして、現行のOZ極悪メタルヘッズ連中にも崇められるHOBBS' ANGEL OF DEATHは、世界中の初期スラッシュメタル・ファンにもカルトな人気を誇ります。バンド名の通りSLAYERから強く影響されながらも、Angel of DeathよりもShow No Mercyな頃のSLAYERに近かったサウンドで、サタニック・スピードメタル・バンガーズにも熱狂的な支持を得ていました。後にHOBBS' ANGEL OF DEATHでもプレイする曲もありますが、それ以外の曲はSLAYERよりもちょっとVENOMかWARFAREみたいな疾走感のダーティー・ドライビン・スラッシュメタルや、完全にCELTIC FROSTなリフワークのサタニック・ダークなミドルテンポ・ナンバーなどで、これらがまたサイコーにカッコいい!!調べたらATOMIZERはTYRUSの曲をカバーしてたようですが、ここらへんの曲は既にマニアの間でも有名なのかな?HOBBS' ANGEL OF DEATHのイメージとちょっと違ったので面食らいながらも、凄くカッコいいので興奮してしまいました。HOBBS' ANGEL OF DEATHの時よりちょっと若いPeter Hobbs氏の写真は、やっぱりこの頃から佐藤蛾次郎か則巻千兵衛のようなルックスで激渋です。Peter Hobbs最高!!もっとHobbsって言いたい!!!







・EXPLICIT HATE - A View of Every Side CD ¥1600 (Marquee)



以前に87年デモ音源のブートEPが入荷してたブラジリアン・スラッシュメタルの18曲入りディスコグラフィーCDです。88年にCogumelo Recordsからリリースした唯一のアルバムと、87年 / 88年 / 90年デモを収録しています。



87年デモEPを聴いた時は、より過激さを求めた当時のスラッシュ・メタル・バンドの典型的な、ハードコアとデスメタルのミックスのようなサウンド、といった印象でしたが、このCDでまとめて聴いてみますと、時代によってその方法論がちょっとずつ違ってたのがよくわかって興味深く、尚且つ音源によってはかなり極上のキラー・ロウ・スラッシュが楽しめます。やはり一番まとまりのあるのはアルバム音源で、このバンドの基盤はジャーマン・スラッシュとの共通点が多いです。こざかしいリフワークなのに、こざかしく表現しようという気持ちが全くないような、ガムシャラ・リフでドカドカに爆走してて、ラフさが際立ったデモ音源は、カナディアンSACRIFICEの1st, ジャーマンDEATHROWの初期, 初期KREATORのような、ゴリゴリ・テクニカル・リフ型破壊的ロウ・スラッシュメタル・ファンにかなりオススメです!!1stアルバムも、若干クロスオーバー的な整合感も備わってきた90年デモももちろん悪くない内容なので、80年代後期のデスコア・スラッシュや西独タイプのスラッシュ好きはぜひチェックしてみてください!!







・ACID STORM - Why?... Dirty War CD ¥1600 (Marquee)



Late 80'sブラジリアン・スラッシュメタルの89年デビュー12"に、93年と94年のデモも追加した12曲入りCD化再発盤です。



全く知らないバンドでしたが、91年には、GENOCIDIOやMYSTIFIERなどもリリースしてたレーベルからフル・アルバムも1枚出してたようです。これらの情報や、極上のクサレ・ジャケから想像すると、相当ポンコツな崩壊ブラジル・スラッシュ・サウンドが飛び出すかと思いきや、これが80年代後期USスラッシュメタルも真っ青の正統派ザクザク・クランチ・スラッシュメタルでビックリ!!ベイエリア・スラッシュに憧れる当時のバンドの多くは、TESTAMENTの2ndなどに習って速い曲をやらないの渋いみたいなサイテーの風潮に毒されていましたが、このバンドは疾走感は完璧です。アレンジや展開にもけっこう気を配った曲調で、現代に受け継がれる若々しいブラジリアン・スラッシャーの原点のような作品かも知れません。知る人ぞ知るオブスキュア・カルト・スラッシュメタルの名盤として、アナログ好きスラッシャーで探してる人もけっこういるみたいです。

Japanese Hardcore Punx!!



・POIKKEUS - Katsmesser, You Can't Escape ... 7" ¥1050 (Crust War)



2003年にCrust Warから1st 7"をリリースしていた大阪ハードコア・パンク POIKKEUSが復活して2nd EPを発表。メンバー・チェンジもあって、1st EPの頃のフィンランド・スタイルのハードコアから、より凶暴なサウンドへと深化した、発売前から話題を振りまいている注目作です。



POIKKEUSが活動を停止してる間も、ドラムのミナミ氏は反権力ZINEも発刊するなど、関西ハードコア・シーンの中心で積極的に活動していました。現在のPOIKKEUSは、オールド・ジャパニーズ・ハードコア・パンクのダーク・バイオレントな雰囲気を強めたスタイルとなっていて、1st EPの頃のイメージが強かった人はちょっと面食らうかも知れないけど、思えばZOEのTaki氏在籍時の唯一の音源である、"混沌難聴大虐殺"オムニバスの頃から、既に白(KURO)などの影響も匂わせる、ブラック・バイオレント・ハードコア・パンクとでも言うべき凶暴なサウンドを聴かせていましたし、POIKKEUS停止中のミナミ氏の活動などを考えると、自然な過激化と考えることができます。所謂、ジャパニーズ・メタルコア・パンクの部類に入るスタイルだけど、哀愁ソロなどでそれらしい雰囲気を作るのではない、R&Rをベースにしたメタルコア・パンクで、凄く大阪らしいサウンドだと思います。昨今のオールドスクールなメタルコアとは質が違うし、こういうのはちょっと東京では生まれえないでしょう。実に大阪らしい、不良ハードコア・パンクです!!Jacky Crust War氏によるライナー・ノートも必読!!









・LIFE - Violence, Peace and Peace Research LP ¥1400 (Punk Bastard)



再プレスされました!日本を代表する東京クラストコア・パンク LIFEが、2009年のWarning EP以来となる2nd LPを、メンバー自身のレーベルからリリース。ex. ANTI-AUTHORIZE / 現G.A.T.E.Sのフタツギ氏が90年代後期に参加してからのLIFEは、元々のスカンジナビアン・スタイルのノイジー・ステンチ・クラスト・スラッシュにメタルコア要素をプラスして、ネコもシャクシもメタルパンク最高!とか言ってる現代ではちょっと想像しずらいでしょうけど、非常に斬新な深化でファンを驚かせました。フタツギ氏の脱退に伴い、ベーシストのアベ氏がギターにパート・チェンジして、新たにタカ氏も加わったツイン・ギター編成へと生まれ変わり、さらに古くからのハードコア・ファンを驚かせたのが、ex. NUKEY PIKESで現在はSCREWITHINでVo.も担当するノリ氏のベーシストとしての加入でした。ノリ氏加入後のLIFEは活動の場を広げ、以前のようなクラストコア・ファンのみに愛されるようなバンドから、幅広いハードコア・パンク・バンド・ミュージシャンや関係者に多く支持者を持つバンドへと成長しています。事実、NUKEY PIKESをリーダーとして引っ張ってきたノリ氏の加入は、長年LIFEのファンだったというノリ氏からの猛烈なアタックで実現したものだったそうです。



そして私達が待ち望んだ本作ですが、ラディカルなノリ氏のカラーが、LIFEというバンドが保っていた、絶妙なアンバランス感覚を矯正してしまうのでは?と、部外者ながら勝手に不安に感じていましたけど、そんな心配はこのLPを聴いて吹っ飛びました。土台にあるスウェディッシュ・マンゲル・クラスト型の猛烈な暴走スピードはもちろん、フタツギ氏が植えつけたメタルコア要素もしっかりと根を張っていて、全編に渡る圧倒的なレイジング・クラスト・パンク・スラッシュ波状攻撃の中で、CONFLICT系統のアナーコ・パンク風味のフレーズや、90'sエモ・クラスト以降のダイナミズムなど、ジャパニーズ・クラストコアの深化の過程を体現していると言っても過言ではない、圧巻の力作に仕上がりました!!過去曲の再録やDISCLOSEカバーも含む全22曲入り。LIFEファンの楽しみの一つでもある、ex. COLLAPSE SOCIETYのノザキ氏によるアートワークも健在です!!

Metal Females Mad!!



・AXXION - Wild Racer BLACK VINYL LP ¥2000 / YELLOW VINYL LP ¥2400 / CD ¥1900 (High Roller)



ex. SKULL FISTのギタリストと女性ドラマーらによるカナディアン・へヴィメタルの1stフルアルバムがHigh Rollerからリリース。アナログ盤は限定500枚プレスで、そのうちの少ない方のltd.150枚ブラック・ビニール 2,000円と、ltd.350枚イエロー・ビニール 2,400円の2種入荷です!!



1stデモの時点で日本の熱心なへヴィメタル・ファンからも注目されていたバンドですので、始動してまだ数年のバンドですが、待望の1stアルバムと言えます。そして今回は気合いの入り具合いもさすがに違うような気がします。NWOBHMとその他80年代へヴィメタルのみに影響された、若々しさと哀愁が交錯したトラディショナルなメタル・サウンドで、とても良い曲が揃っています。ENFORCERの2ndはそんなに悪いアルバムじゃないと個人的には思うんですが、ああいう甘酸っぱい切なさが好きな人にはぜひ聴いてもらいたい作品です。ギャルがへヴィメタル・バンドでドラム叩いてる!って、SKULL FISTは見つけた瞬間にコンタクトして騒ぎたてたけど、見た目は冴えないギタリストと一緒に彼女がSKULL FISTを去ったのも、このアルバムを聴けば恐らく誰もが納得できるのではないでしょうか。AXXIONも現代のNWOTHMバンドだとは思いますが、チャラい部分はSKULL FISTが全て請け負っていくということでしょう。これはぜひオジサン・ヘッドバンガーズにも聴いていただきたいです!!







・SIGN OF THE JACKAL - Mark of the Beast BLACK VINYL LP ¥2000 / RED VINYL LP ¥2400 / CD ¥1900 (High Roller)



イタリアン女性Vo.へヴィメタルの、Heavy Artilleryから発表した1stミニに続く12曲入りフルアルバムです。アナログ盤は限定500枚プレスで、そのうちの少ない方のltd.150枚ブラック・ビニール 2,000円と、ltd.350枚レッド・ビニール 2,400円の2種入荷です!!



鳴り物入りでデビューした1st 7"がまぁそこそこ。で、たいして期待してなかった前作1stミニが素晴らしすぎたので、これは私達も心待ちにしていました。郷愁メロディーを絡めた疾走感もあるへヴィメタルなんですが、そのメロディーが本当に80年代的でカッコいい!!1stミニの曲もけっこう再録してまして、あの作品は絶対に再発すべきだと思ってたので、これはうれしいです。しかもあの、ボン・ジョビみたいなインストもちゃんとやってくれてます!!このインストからもわかるように、このバンドはコンポーザーのメロディー・センスがバツグンなようで、女性Vo.のメロディー云々と言うよりも、楽曲自体に80's哀愁メロディーが染みついています。もちろん女性Vo.もパワフルかつメロディックでカッコいい姐さんです。あと、今回のアルバムでハッキリしましたが、このバンド、ジャケは毎度MERCYFUL FATEが元ネタですね。現行女性ヴォーカルNWOTHMでは一番じゃないでしょうか!!







・KORGULL THE EXTERMINATOR - Metal Fist Destroyer CD ¥1500 (Demonhood prod.)



過去作品が日本のスラッシュメタル・メタル・ファンの間でも話題を呼んだ、スペイン・バルセロナ出身女性Vo.スラッシュメタルの3rdアルバムCDです。前作Split 7" w/ DEATHHAMMERから母国老舗レーベル Xtreem Musicを離れて、今回もノルウェーのINFERNOドラマーがやってるレーベル(いろんな名前でレーベルやってます)からのリリースです。



過去2枚のアルバムは確かに強烈なインパクトだったけど、1stはボロクソな内容で注目を浴びたような形でした。しかし2ndから、ムチャクチャなパワーの矛先というか焦点が定まってきた感じで、ベスチャル・デス/ウォー・ブラック系のような黒いノイズの塊でスラッシュするスタイルを確立。その延長線上にあるSplit 7" w/ DEATHHAMMERでも凄まじいパワーを発揮していましたが、今回も見事な爆裂っぷりで、これにはもうアッパレです・・・。参りました!!KREATOR系落下型ダーク・デスラッシュとSLAUGHTERのなだれ込み式ノイズ・スラッシュをミックスして、絶妙なバランスでブチまけていて、重厚なリフが汚いので、もはやBLASPHEMOPHAGHERのようなベスチャル・デスラッシュ・ファンにもオススメしたいくらいです。しかし2ビートのパウンディング・ブラックな曲調でも、やはりブラックではなくスラッシュメタルであって、SODOMとBATHORYのプレ・ブラックなポイントよりも、スラッシュの極北のような感覚を上手く表現している数少ないバンドではないでしょうか。



遂にやっちゃった、自らのバンド名のカバーも披露してるけど、これ聴いてもやっぱり彼&彼女達のサウンドの土台はVOIVODじゃないことが明白です。ホントに好きだったら、Aリフはこんなんしないよ。コレ、アレンジじゃないよ、妥協だよ!一番やっちゃイカンよ!!むしろ、ラストに収録した1stアルバムの曲の再録の方が超SODOMで素晴らしい。バンド名で損してます。しかし、取って喰われて全て吸い尽くされそうな女性メンバー2人の迫力も凄いし、女性Vo.メタル好きの甘っちょろい幻想をズッタズタにすることができる最凶スラッシュメタルとして、ブルータルにオススメです!!
07 | 2013/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR