RECORD BOY

Epicus Doomicus Metalicus!!



・INDESINENCE - Vessels of Light and Decay 2LP ¥2800 (Me Saco Un Ojo)



Me Saco Un Ojoから2枚組でアナログ盤もリリース!!ex. GOAT MOLESTER, BINAH, ESOTERIC, etcでも活躍してきた実力者揃いのロンドン・ドゥーム・デスメタル、INDESINENCEの新作2ndアルバムです。CDは24ページ・ブックレットと一体化したハードカバー・デジブック・ジャケットでしたが、このアナログ・バージョンも重量感のあるゲートフォルド・スリーブで、ズッシリ手応えのある仕上がりです。今回はカラービニールは存在しない、限定500枚プレスです!!



USニュージャージーのEVOKENに代表される、デスメタル・サイドからのドゥーム・アプローチのトップを行くバンドの一つと言って差し支えないと思います。叙情哀愁旋律を幾重にも重ねて圧倒的なハーモニーで聴かせる、MOURNFUL CONGREGATIONに代表されるようなフューネラル・ドゥーム的メランコリーではなく、デスメタルのリフワークやリズム・パターンを基盤にした遅く重厚なサウンドです。しかし、ESOTERICにも通じる、妖艶ですらあるアンビエントなクリーン・ギターのパートがやはり絶品!!今回はその退廃エピックなパートはあまりしつこくなく、途中、Tom G. Warriorシャウトも飛び出すようなCELTIC FROST型疾走デスメタル・ナンバーもあったりしますが、だからこそ余計に暗黒叙情に引き込まれます。



それと、CDのブックレットもそうだったけど、この作品は曇天と夕闇が交錯する情景を写した写真の数々も素晴らしいです。アートにはウトい、永遠の小学校高学年のような精神の私でも、これには切なさを助長させられます。ミラーマンみたいな(たぶん石像?)Wジャケ内側の写真とか、西欧の神話的な畏怖の念を抱かせる写真も圧巻です。







・VALUATIR - Exobnos CD ¥1480 (Armee de la Mort)



1st CDがObliteration Recordsのブラックメタル部門 Armageddonから出てたフランス産ペイガン・ブラックメタルの新作2ndアルバムCDが、Legion Of DeathのArmee de la Mortからリリース。



フォーク・ブラックの一線を越えてしまったリアル・ケルティック・メタル・スタイルが今回も炸裂しています。一般的なブラックメタルらしいパートは、北欧ブラックより透明で、そしてそこに完全にトラッド/フォークなバグパイプが絡み付いてきて、これはまるでポルカ・ブラックメタル状態!!1st聴いてヤラレた人は今回も必聴ですし、バグパイプの音色に、ヨーロッパの古城や教会などの情景を思い浮かべてしまうようなペイガン・ブラックメタル・ファンにはぜひ聴いてほしいバンドです!!







・MOSQUITO CONTROL - Destroyed Beyond Redemption CD JAPANESE EDITION ¥1400 (Mordgrimm)



以前入荷した1stデモ・テープが好評だった、ニュージーランド産ドゥームコア・スラッジ・メタル MOSQUITO CONTROLが、Mordgrimm Recordsから1stアルバムCDをリリース。James Plotkinによるマスタリングで、5曲入りの35分強に及ぶ、拷問ドゥーム・ファンならば否が応でも期待の高まるリリースです。今回は日本語帯付きでの入荷です!!



最近の遅いヤツ極北系の傾向として、ENCOFINATIONやSWALLOWEDのようにデスメタルを土台にしてるタイプが当店では多かったので、こういうドローン/音響アプローチもある拷問暗黒重遅轟音本格派は、CORRUPTEDを除けば、90年代後期~2000年代に繁栄を極めたSouthern Lord周辺バンド以来の当店入荷かも知れません。BURNING WITCHやKHANATEなどの影響を強く感じさせる極黒塊で、おとといから20回くらいリピートして、速いパートもあることに、ようやくさっき気づきました。このテのバンドは、音の分離に気を配るという概念とは真逆の思考なのかも知れませんが、エクストリーム・ミュージック・シーンを代表するミュージシャン/サウンド・エンジニアによるマスタリングだろうが、速いパートがあるということに気付くのに私は24時間以上かかったということです。いや、もしかしたら、速いと思わせてるだけで、そのパートはドラムが何やってるのかサッパリわからないので、速くないのかも知れません。速いor遅い、重いor軽い、低いor高い、など、音楽を物理的なものさしで計るなどナンセンスという意見もありますが、こういう根本的な部分にこだわりをなくしたら、エクストリームなサウンドは生み出せませんので、私はMOSQUITO CONTROLを支持します。メタル・ファン以外の、パワーバイオレンス系ドゥーマーにもかなりオススメの暗黒拷問ピュア・ドゥームです!!


Iron Gang Fist!!



・VOIVOD - Target Earth DIGIBOOK CD ¥2600 (Century Media)



「今度のはいい」という声を多く聞いて、早く入れたかったのですが、今頃になってようやく少し入りました。カナディアン・プログレッシブ・メタル VOIVODの通算13枚目のアルバムです。Roadburnフェス2012年のライブ2曲をボーナス収録して、ステッカーが2枚付いた、限定デジブック・バージョンです!!



初期から聴いていたスラッシュメタル・ファンなら、2005年にPiggyが亡くなる以前から、もうVOIVODから離れていた人は少なくないと思います。しかし、1stから聴いていた人でも、プログレッシブ・メタル化以降のVOIVODのファンである人は多いわけで、この新作はまさにそんな人達を熱狂させてる痛快な作品です。まるでDimension Hatrossあたりを思わせる、チャカチャカしたメカニカルなリフで、唐突な展開も流れるように進んでいく、繊細且つ非人間的な、あのプログレッシブ・メタル・サウンドが全開です。復帰したBlackyのアグレッシブなプレイも、Snakeの独特のメロディーのVo.も、そして、d-beatも飛び出す実にAwayらしいドラムも、全てが絶頂期VOIVODを完全に思わせるけど、一番凄いのは、Piggyの後釜のChewyではないでしょうか。これはアラフォーには感動的なまでに素晴らしい大傑作です!!!







・IRON FIST MAGAZINE #4 ¥1500



お問い合わせの多い話題のへヴィメタル・マガジン、IRON FIST MAGAZINEのissue 4が到着!!実は前回に3号が入荷した時に、この4号も少し入荷してたのですが、カート・アップ前に店頭で即売り切れてしまってました。UKのTERRORIZER MAGAZINEの元編集者が新たに始めた雑誌で、場違いながらも大人の事情でなぜか掲載されてるようなバンドが一切登場しない、このクラスの雑誌としては信じられないほど完璧なへヴィメタル・マガジンです!!



今回の表紙と特集はGHOSTで、ロング・インタビュー掲載。他にはドゥーム・メタル系のファンにはお馴染みの Roadburnフェス, DREAM DEATH, EMPERORのIhsahn, TRIBULATION, ROTTING CHRIST etcが、当店ではなじみのバンドでは大きく紹介やインタビューが掲載されてますが、GHOSTの表紙だからそう感じるのか、the DEVIL'S BLOOD, DEVIL, ELECTRIC WIZARD, UNCLE ACID & THE DEADBEATS, JESS & THE ANCIENT ONES, etc オカルトでヴィンテージなメタル/ハードロックの割合が大きい号になってます。でも、TORMENTEDのインタビューやPORTALも載ってますし、昔の写真(カッコいい)しか載せてないDREAM DEATHインタビューは、内容も昔の話中心みたいで、とても面白そうです。ミュージシャンのレコード・コレクション紹介コーナーは、IN SOLITUDE / SONIC RITUALのHenrik君が、AXEGRINDERのTシャツ着て、RUDIMENTARY PENIのレコードなどオススメしています!!







・IRON FIST MAGAZINE #5 ¥1500



そして最新号issue 5も一緒に到着しました!!この雑誌、表紙からグラビアまで、とにかくカッコいい写真が満載で、眺めてるだけでも最高に面白いです。今回の表紙と特集はDIOで、Vivian Campbellのロング・インタビュー掲載。他には、復活新作が話題を呼んでいるSATAN (入荷遅れててスミマセン!), 再発LPが当店でも大反響だったハンガリアンTORMENTORのAttilaロング・インタビュー, VIRTUE, AUTOPSY, IMMOLATION, PAGAN ALTAR, THE OATH (完売のゴールド・ビニールEP、確保済みです。しばらくお待ちください), LANTERN, REVELATION, HIGH SPIRITS, etc 正統派からエクストリームなブラック/デス・メタルの新旧バンドまで、見事にフォローしています。



さらに今回は、連載コーナーでSABBATのGezol氏とCHURCH OF MISERYのTatsu氏が別々に登場してます!!Gezol氏の方は、CAUCHEMARのVo. / Morbid Tales ZINEのAnnickちゃんの世界旅行記コーナー "World Downfall"で登場してまして、Annickちゃんがインタビュアーとなって、日本メタルの歴史やマーケットなどについて語っています。Tatsu氏の方は、コレクターでもあるミュージシャンにコレクションを紹介してもらうコーナーの "Heavy Metal Hunetr"に登場で、お宝写真とインタビューが掲載されています!!

NERD - Never Ending Real Doomsday CD



・NERD - Never Ending Real Doomsday CD ¥1400 (Blast Work)



BRIGADE DISCLAM, ex. CUNT 'n' BANANAAZ, CARCASS GRINDERS, etcのグラインド・デス系ミュージシャンらが2004年に結成した、福岡県博多のハードコア・パンク・バンド NERDの、オムニバス提供曲や未発表などを収録した、2006年~2010年録音源集。7"シングル・タイプのジャケットに入ったCDです。



DISRUPTやDROPDEADなど、90年代のUSに居そうな直球クラスティー・スラッシュに、ジャパニーズ・ハードコアの熱血さもミックスしたような感じで、とても懐かくて熱い気持ちにさせてくれるサウンドです。ファッション先行型じゃないので、派手さはないけど、90年代初期海外のポリティカル/クラストコア・ファンにオススメです!!
06 | 2013/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR