RECORD BOY

SABBAT Reissued Classics!!



・SABBAT - Black Up Your Soul... CD ¥1500 (Iron Pegasus)



SABBATの入手困難レアCDが、ジャケ色を変えて再発されました!!2ndアルバム Evokeからギターで加入したTemis氏と、Zorugelion氏, Gezol氏のラインナップで、最初期の名曲プラスQUARTZカバーを93年に再録した音源11曲で、オリジナルCDは、1st~3rdアルバムからベスト・トラックも少しずつランダムでボーナス的に収録した16曲入りで、Evil Recordsから結成10周年記念盤としてリリースされていました。今回はベスト・トラックは除いた11曲入りで、ジャケ色も赤に変わってます。CDはオリジナル・リリース以来実に約20年ぶりとなる、まさしく待望の初再発盤です!!



この音源もEvokeアルバム同様、デスメタル的なロウ・ダークネスを強く放っていた頃のSABBATが堪能できます。Gezol氏のVo.もlowなスタイルでほぼ統一していて、最初期の名曲の数々が、デスラッシュなraw & lowな表情に生まれ変わって爆裂しています。1st 7"のアートワークを使ったジャケも嬉しい、SABBAT好きを自負する人は絶対にはずせない初期レア音源作品です!!







・SABBAT - Evoke CD ¥1500 (Iron Pegasus)



待望のCD再プレス!!LPはHells Headbangersの2011年版がまだ時々入荷しますが、CDは2002年版以来の再発となりますので、実に10年以上ぶりとなります。日本を代表するブラッキング・スラッシュメタル SABBATの92年発表名作2ndアルバム。"Mion's Hill"の90年デモ・バージョンもボーナス収録した、11曲入りです。



1stアルバム同様に、日本スラッシュメタル黎明期特有の黒い雰囲気が強く出た、初期SABBAT作品を代表する名盤です。ギターがTemis氏に変わって初の作品という大きな意味のある音源であるとともに、この当時のSABBATは、デスメタル的なロウ・ダークネスが強いのも特徴かと思います。しかし、単に海外のデスメタル新興勢力に触発されての深化というものでもなく、POSSESSEDの"Death Metal", ONSLAUGHTの"Death Metal", そしてCASBAHの"Death Metal"など、"デスメタル"をイチ早く掲げたオリジナルのスラッシュメタルに敬意を表したような黒さが極上に激渋デス!!!





* ジャケ画像をクリックすると、SABBAT / METALUCIFER関連商品の一覧にリンクしますので、合わせてチェックしてみてください!!

Metal Magik!!



・THOR - Thunderstryke LP JAPANESE EDITION ¥2500 / CD ¥1800 (Iron Pegasus)



ようやくポスターも到着して、販売開始です!!ダイハードなヘッドバンガーズに根強い人気を誇るカナディアン・マッスル・ハードロック THORの、新曲と70~80年代初期に書かれた曲の再アレンジ・バージョンなどを収録した2012年アルバム。アナログ盤は、METALUCIFER "Bulldozing It True"のようなJapanese Edition LPでの入荷でしたが、付属のポスターが一向に送られてこなかったので、ながらく販売できずにいました。今頃すみません・・・。Japanese Edition LPは日本語帯付きのブルービニールで、一応限定150枚だと言ってます。CDも1枚も売れてませんので、まだまだ発売中!!



当店のTHOR入荷は、Outlaw Recordingsから2003年にリリースされた未発表デモ集 Mutant CD以来です。コナン・ザ・グレートを彷彿させるJon Mikl Thor氏のマッチョな姿は、KISS同様、アメコミのようなキャラクターをへヴィメタルに導入したものだと思います。KISSのジーン・シモンズとのカッコいい2ショット写真もあります。かなり古臭いヴィンテージ・メタル全開で、北米へヴィメタルらしい大味で勇壮なハードロック・ナンバーから、70年代後期JUDAS PRIEST風味なドラマチック・メタル・ナンバーもあって、キャラクターどおり、めんどくさい理屈抜きに楽しめるへヴィメタル・アルバムです!!そう言えば、こないだ再販されたSNAKEPIT ZINEの98年発刊第2号に掲載のMETALUCIFERインタビューの中で、Gezol氏も「THORはよく聴いてる」と語ってたので、やはり多くのへヴィメタル・ミュージシャンにとっても、アイドル的な存在として崇められているようです。







・el CAMINO - The Satanik Magiik CD ¥1900 (Night Tripper)



Smaland MLPでちょっと気に入ってしまったスウェディッシュ・ストーナー・ドゥーム・メタル・バンドの、これは2011年に発表した1stフルアルバムです。To The Death Recordsのサブ・レーベルで、デスメタル以外の作品を主にリリースするNight Tripper Recordsから出ています。



昨今の懐古主義レトロ・ヴィンテージなムードを作りだすスタイルではなくて、BLACK SABBATHと70年代へヴィ・ロックを土台にしたパワフルなドゥーム・メタル・サウンドが特徴のバンドです。再生して最初のうちは、新作2ndアルバムよりストーナー・メタル要素を強く前に出した作風で、スウェディッシュ・ドゥームメタルと聞いて連想する、CANDLEMASS影響下のタイプなどとは全く違い、Man's Ruin系のストーナー・ドゥームすら思わせますが、しかしこのバンド、やっぱり演奏とテンションがパワフル&アグレッシブで素晴らしい!!その要因は、土台を支えるドラミングと、そしてバンドの顔となるVo.のスクリーミング・シャウトでしょうか。曲がキャッチーなのも魅力の一つで、ツイン・ギターはハーモニーやリード合戦のような派手な演出などはありませんが、ソウルフルでエモーショナルなプレイを聴かせます。ジャケやブックレットではあまり露出はしてませんが、ライブ写真などを見ると、メンバーは革ベストの似合うヘルズ・エンジェルス系の極悪オヤジで、ルックスも激渋で、サウンドにピッタリです。







・el CAMINO - Gold of the Great Deceive CD



こちらは新作2ndアルバムです。ストーナー・メタル要素を強く前に出した作風を、アグレッシブなパワーで叩き出した1stよりも、オカルティックなへヴィメタル要素が強まっていて、ノルウェーのDEVILなどのファンにオススメだと思いますが、しかしこのバンド、やっぱり演奏とテンションがパワフル&アグレッシブで素晴らしい!!ダミ声Vo.のいかがわしい表現力も増してて、極悪な大人の不良ドゥーム・メタル・ファンにぜひ聴いていただきたい、オカルト・ドゥームメタルの力作です!!







・OBRERO - Mortui Vivos Docent LP ¥2600 / CD ¥1900 (Night Tripper)



スウェディッシュ・デスメタルの老舗レーベル To The Death Recordsのサブ・レーベルで、デスメタル以外の作品を主にリリースするNight Tripper Recordsから2011年にリリースされた、スウェディッシュ・ストーナー・メタルの8曲入りデビュー・アルバムLPです。



これは知りませんでした・・・。かなり驚きです。このバンド、Vo.はなんと、ジャーマン・デスラッシュ・メタル・レジェンド PROTECTORの Martin Missy氏なのです!!ジャーマン・スラッシュの中でも、アカぬけなさと馬力はピカイチだったPROTECTORの、あの五寸釘&パッチでフル武装したVo.が、こんなバンドもやってたとは。彼はストックホルムに移住して、スウェディッシュ・デス/スラッシュメタル・バンド連中と共に、PROTECTORも復活させているけど、このOBREROもスウェーデンのスラッシュメタル系ミュージシャンらと結成したバンドで、CATHEDRALの2nd以降や、TORUBLEのManic Frustrationあたりのテイストを狙ったような、へヴィ・ストーナー・ドゥーム・メタルをやってます。Martin氏のVo.は、決して上手いわけではなく、ストーナー/ドゥーム・メタル・ミュージシャンとしてのスキルが豊かとも思えませんが、非常にはつらつとして伸びやかで、骨太でグル―ヴィンなへヴィ・ストーナー・メタル・サウンドのバッキングと、なかなか上手く溶け込んでいます。







・CORSAIR - Alpha Centauri CD ¥1400 (Shadow Kingdom)



以前に1stアルバムが入荷してたUSヴァージニアのプログレッシブ・ハードロック・バンドの、2010年に自主制作CDRで発表した5曲入り1stミニアルバムが、Shadow KingdomからCD化再発。



女性ギタリストを擁するバンドで、プログレッシブ・ロックのアトモスフィカルなハードロック・サウンドと、女性ならではでしょうか、優しくソフトなタッチのメロウなギター・プレイが、既にこの1st音源の時点で絶品です。最近多い、ヴィンテージ・テイストを誇張した感じが一切なく、フル・アルバムでちょっとだけ感じさせた、エモ・ロック的なコードも無いので、やはりプログレ/ハードロックの土台がしっかりあったバンドだと認識しました。PINK FLOYDミーツTHIN LIZZY!!フル・アルバム聴いて気に入った人は、漏れなく各作品必聴の内容です!!







・CORSAIR - Ghosts of Proxima Centauri CD ¥1400 (Shadow Kingdom)



こちらも同じくShadow Kingdomから再発された、オリジナルは2011年に自主制作CDRでリリースされた6曲入り2ndミニアルバムの正規CD化バージョンです!!

Thrash till Death!!



・TERRORAMA - Genocide LP LTD.100 BLACK VINYL ¥3000 / LTD.200 GREEN VINYL ¥2600 (To The Death)



お待たせしました、アナログ盤も到着!!I Hate RecordsオーナーのPeter氏率いるスウェディッシュ・デスラッシュ・メタルの、傑作3rdアルバムです。Nuclear War Now!を離れて、今回はスウェディッシュ・デスメタル老舗レーベル To The Deathからリリース。レーベルが変わった事情などは知りませんが、バンドの状況以上に、サウンドも劇的に変化した必聴作になっています。タイトルとジャケにも表れているような、非常に重いテーマに見合った、怒涛のレイジング・デスラッシュが爆発してて、TERRORAMA作品の中で、間違いなく最高傑作です!!!



馬力でゴリ押すイモ臭いデスラッシュが魅力でもあったバンドでしたが、前作のSplit 12" w/ ADORIORから「ん!?TERRORAMAって、こんなだったっけ?」と思わせる、変化が感じられていました。そして今回のアルバムは、再生した瞬間に、過去作品との明らかな違いを実感させられます。CDなのに33回転盤レコードを45回転で再生したかな?と錯覚してしまうような、ジャーマン・スラッシュ系のこざかしテクニカルなリフが高速で駆け巡る激速スラッシュメタルが凄い!!ホント速い!!速すぎる!!!スロウ・ダウンすることなくテンポ・チェンジも多用した激しい起伏を猛スピードで突き進むデスラッシュは、KREATORからMERCILESSへとつながったゴリゴリ暴走デスラッシュの伝統ももちろん感じさせるけど、他のスピード・デスラッシュ勢と違うのは、曲調やフレーズがDESTRUCTION型ジャーマン・スラッシュを踏襲してる点だと思います。全編、猛烈なスピードで展開する曲の土台を支える、的確且つ激しいドラミングも素晴らしい。ザックリ言いますと、まるで倍速スピードになったNOCTURNALみたいで、極上のスカル・スマッシング・アルバムに仕上がりました!!全スラッシャー、首折れ必至&必死デス!!!



アナログ盤は限定300枚プレスで、レギュラー・バージョンのltd.200枚グリーン・ビニール 2,600円と、ltd.100枚ブラック・ビニール+TERRORAMA / DEATHSTORM Split FLEXI 3,000円の2種入荷。本来、Split FLEXIは、ltd.100枚ブラックビニール専用の付属品なのですが、当店販売分はグリーン・ビニールにもFLEXIをお付けします!!







・PERVERSIFIER - Perverting the Masses CD ¥1600 (Armee de la Mort)



ヨーロッパのメタル・シーンで好評を得ているフレンチ・スラッシュメタルの1stアルバム。Legion of Deathの別名義レーベル Armee de la Mortからのリリースです。既にチェックの早い日本のスラッシュメタル・ファンの間でも話題となっている作品です。



CRUEL FORCEを代表格とする近年のジャーマン・スラッシュメタル・バンドに似たタイプ、という前評判を早とちりして、前にちょっとこのバンドに触れた時は、ジャーマン・バンド、なんて言ってしまいましたが、フランスでしたね。失礼しました・・・。で、到着して実際聴いてみますと、自分の間違いを少しでも正当化したいというわけではないですが、80年代的感覚をカバーしきれないところを馬力でねじ伏せたようなサウンドが魅力のCRUEL FORCEのような強引さは希薄で、1stアルバムにして非常に完成された感がある、新人らしからぬクォリティーです。最近のTOXIC HOLOCAUSTとNOCTURNALの中間のようにも感じられますし、数年前に一世を風靡した、Heavy Artilleryバンドの感覚に近い気がします。これは、勢いのあるヤング・スラッシュメタルを掘ってるファンには大ヒットでしょう!!







・MANZER - Light of the Wreckers CD ¥1600 (Armee de la Mort)



Legion Of Death / Armee de la Mort Recordsのオーナーであり、DEATHSPELL OMEGAのオリジナル・メンバーでもあったShaxul氏率いるフレンチ・ブラック・スピードメタル MANZERが、待望のスタジオ1stフル・アルバムを自身のレーベルからリリース。



Shaxul氏は日本のアンダーグラウンド・メタル関係者/ミュージシャンにお馴染みではあっても、彼のバンド活動にはあまり期待されていないようで、この1stアルバムも、世の中的にはたいして注目もされてない雰囲気です。しかし!私も別に期待してませんでしたが、これが気合い十分な内容で、非常に好感のもてる力作だと思います。SABBAT他ジャパニーズ・メタルもリスペクトするShaxul氏の熱いへヴィメタル・スピリッツが炸裂したブラッキン’スラッシュ・へヴィメタルで、NOCTURNAL, スウェディッシュGEHENNAH, DESASTER,あたりをミックスしたような、へヴィメタル土台の男臭い叙情が泣けてくるスラッシュ・スピード・メタルは、日本でももっと人気が出ておかしくないタイプだと思います。よく見ると、自分のリリースしたバンドのパッチやTシャツで武装してるShaxul氏のへヴィメタル・ファッションも素晴らしい!!







・ORATOR - Kapalgnosis CD ¥1600 (Armee de la Mort)



辺境の地鋼鉄発掘を使命とするLegion of Death / Armee de la Mortからリリースされた、驚異のバングラディシュ産スラッシュメタル!!



2010年に7"EPを発表して(もちろん、Legion of Deathから)デビューしたバンドですが、BARZAKという名前で、2003年頃から活動していたようです。つまり、既に10年くらいはやってるみたいですが、それにしてもバングラディシュでこのクォリティーは驚異的すぎます!!SEPULTURA, TERRORIZER, MERCILESS (カバーもやってます), 近年のNECRODEATH, etcにも通じる、低音域リフでソリッドに爆走するデスラッシュで、ちょっと残念なモダン・テイストなども全くない、オールドスクール・プライド全開、且つハイ・クォリティーで、デスラッシュ・ファン必聴の内容と言い切れます。そう言えばカナダのWEAPONも、メンバーの出身国であるバングラディシュで以前は活動してたけど、バングラディシュ人のメタル・センスはもしかしたら水準高いのかも知れません。ビックリ&カッコいい!!







・BESIEGED - Victims Beyond All Help CD ¥1600 (Unspeakable Axe / Dark Descent)



カナディアン・スラッシュメタルの、2010年に自主製作CDRで発表してマニアの間で話題となったいう7曲入りアルバムが、Dark Descentのスラッシュメタル部門レーベル Unspeakable Axeから再発。



このレーベルの第1弾リリース BIRTH A.D.が、ヘイトフルなクロスオーバー・スラッシュメタルだったので、今回もクロスオーバーなタイプを予想していましたが、パーティー・スラッシュ要素皆無の、かなり硬派なノンストップ・スラッシュメタルで、これは耳にしたスラッシャーが話題にするのも十分に納得できます。大袈裟なイントロや助走パートも全くなく、スタートした瞬間から最高速度で暴走して、マックス・カバレラを彷彿させる、感情を押し殺したような低音シャウトも、サウンドにバッチリはまっててカッコいい。素晴らしいスピード感とタイトなドラミングも完璧だし、リフはもちろん、リード・ギターのフレーズやアレンジ・センスも光るギタリストの腕もなかなかのモノで、とても自主リリースCDRのクォリティーじゃありません。Vo.が似てるせいか、曲調もAriseの頃のSEPULTURAに近い気もするけど、DARK ANGELが整合感を得たような感じにも聴こえます。とにかく、昨今のスラッシュメタル・バンドに多い、はしゃいでる感がない、暴走特急冷徹スラッシュメタルで素晴らしい!!ジャケ・デザインはRepka画伯です。
06 | 2013/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR