RECORD BOY

CHURCH OF MISERY - Thy Kingdom Scum LP RED VINYL



・CHURCH OF MISERY - Thy Kingdom Scum LP RED VINYL ¥3000 (Rise Above)



やぁーーーっとLP出ましたーーー!!!かなり待たされましたが、これでBOYもようやくチャーチ新作販売スタート!!かと思いきや、、、CDが入ってない、、、。すみません、LPは問題なく届きましたが、一緒にオーダーしてたCDが1枚も入ってません!!くじけそうになりましたが、アナログ盤を待ってた人は多かったと思いますので、気を取り直して大プッシュしていこうと思います。ゲートフォルド・スリーブの2枚組LPで、D面はエッジング加工されています。ビニールのカラーについてのお問い合わせを多くいただいてましたので、全てシールドを開封させてもらいましたが、今回は限定500枚レッドビニールでの入荷です!!



Hideki氏の失踪の後、Negishi氏が再加入&再脱退して、またHideki氏がVo.にカムバックして制作された、CHURCH OF MISERYの4枚目のフル・アルバムです。前評判通り、今回は音質が素晴らしくて、新加入のKawabe氏のソリッドなギター・プレイも最高です。Tatsu氏には日頃からお世話になりながらも、BOYはCHURCH OF MISERYの志向とはちょっとズレたチャーチ・サウンドの楽しみ方をしてると常日頃感じていましたが、この作品を聴いてその想いをさらに強めました。チャーチ信者からは何もわかってないと笑われるのを覚悟で言わせてもらうと、ブルータルなエクストリーム・メタルとしてのCHURCH OF MISERYが存分に堪能できるアルバムであり、当店でもストーナー・メタル花盛りだった2,000年代初頭の、ハードコア寄りだったバンドにも似たバイオレンス・サウンドだと思うのです。シリアル・キラーを題材にした独自の世界観も手伝って、EYEHATEGODやBUZZOV・ENあたりの、殺伐としたサイコティックなドゥーム・スラッジ・バイオレンス・メタル・ファンにこそ聴いてほしい作品です。まさに殺人的な轟音ドゥーム!!世の評判通りの、まぎれもない最高傑作だと思います!!!







・SALEM (Japan) - Ancient Spells of the Witch 2CD ¥1800 (Armee de la Mort)



こちらも超絶賛発売中です!!全国のジャパニーズ・メタル・マニアックス、特に現役ミュージシャンと業界関係者の上層部の人間達の間で話題騒然となっていて、その口コミ&ネットコミでのウワサを聞きつけた方々からの問い合わせが殺到した再発盤がコレです。CHURCH OF MISERY, ex. G.A.T.E.S.のベーシスト Tatsu氏が在籍した東京のへヴィメタル・バンド SALEMのデモ&ライブ・コレクション2枚組CDが、フランスのカルト・メタル発掘レーベル Legion of DeathのArmee de la Mortからリリース!!!2003年にリリースされたコレクション・アルバム The Legacyは、今では中古市場で人気のレア・アイテムとなっていますが、今回は内容もかなりボリューム・アップしていますので、ファンは間違いなく必須のCDです。88年 Demo I / 88年 Demo II / 91年 Back to the Front Demo III / 92年 Promo Demo IV / 93年 Life with No Hope Demo V / 93年リハ / 92年目黒Live Stationでのライブ / 93年新宿Loftでのライブを収録した、圧巻の全24曲!!



Howling Bullからのリリースなどもあって、スラッシュ/パワー・メタル系のシーンで活動したバンドですが、根っこは正統派と言い切ってもよいへヴィメタル・サウンドで、Back to the Frontデモが後にドイツのレーベルからアナログ化されたり、93年にイギリス・ツアーを行うなど、海外バンドやシーンとの交流に非常に積極的でした。パワー/スラッシュ系のソリッドでダイナミックな演奏によるプログレッシブなへヴィメタル・サウンドで、日本では数少ないエピック・パワー/へヴィメタル・スタイルですが、Tatsu氏本人はできれば封印したかったという1stデモは、まだVo.が日本語詞で、80'sジャパニーズ・アングラ・メタル好きの外国人が狂喜する様が目に浮かぶ、最高にカルトな内容でグレート!!後にアナログ化された3rdデモあたりになると、まるでShadow KingdomやStorm Spellあたりが発掘再発してそうな、極上オブスキュアな合衆国産エピック・メタルにも引けをとらないクォリティー。さらに1stデモと並ぶ今回の再発盤の目玉音源とも言えるのが93年のFinal Rehersalで、VOIVODのメカニカルでストレンジなリフ&構成と、メジャー移籍後DOOM(日本)のアヴァンギャルドな要素がミックスされたような、驚愕のプログレッシブ・パワーメタル!!Tatsu氏自身も、この頃の最終期SALEMの音源を正式に残しておかなかったのは、少し悔やまれているようです。



ジャケ・ブックレットには、Tatsu氏による各音源解説とバイオグラフィー的セルフ・ライナーノート(英語)、当時の写真 / フライヤー / ファンジン掲載記事などが超盛りだくさんです!!

DEScum Punk Metal!!





・LOBOTOMIZED - Norwegian Trash LP ¥1800 (No Poser Please)



過去にCOFFINSとSplit 7"もリリースしていたノルウェー・パンク・デスメタル LOBOTOMIZEDが、遂に1stフルアルバムをLPでリリース。ダウンロード・コード付きの、限定500枚プレスです。



DARKTHRONEがクラスト・パンク・ブラックメタルへと大々的に転身し始めた2000年代中期に、既にデスメタル・パンクを実践していたバンドで、BOYの入荷履歴で検証する限りでは、スウェーデンのMODORRA, ブリストルのSALUTEとほぼ同時期に、イチ早くアンダーグラウンド・デス/ブラック・メタル・シーンでパンク・メタル・スタイルを確立していたバンドです。もちろん、遡ればそのルーツはAUTOPSY ~ ABSCESSに始まり、ABSCESSの深化系であるEAT MY FUKやDOOMEDがオリジナルであるわけですが、現行のデスメタル・パンクの中でも、最もそのAUTOPSY ~ ABSCESS関連バンドのスタイルを継承してるのが、このLOBOTOMIZEDだと思います。TORMENTEDやスウェディッシュ・クラスト・パンクにも通じる暴走ハードコア調の曲も多いけど、D-Beatではないところにも、Chris Reifertスタイルを正統的に継承してるのが表れている、と思うのは考えすぎでしょうか。しかもGG ALLIN系のスカム・テイストが暴走して、ナスティー風味だったり、サックスまで入ったナンバーもあります。ですが、ギターがかなりロック・フォーリングあふれるリード・プレイ全開なので、ストレンジなデスメタルR&Rであっても、付け焼刃な感じはありません。このギタリスト、DEATHHAMMERのライブでもサポートで参加してるみたいで、正式加入することはないでしょうが、DEATHHAMMERでもぜひ作品を残してほしいです。



MODORRAもそうですが、アンダーグラウンドに根差した活動とリリースの少なさで、こういう本物のスカム・メタルパンクはあまり派手に脚光を浴びることはありませんが、ABSCESS系ダイハード・デスメタル・パンク・ファンは必聴のバンドです。オススメはしてはいけないバンドかも知れないけど、BOYはこういうバンドをオススメしたいのです!!!







・SABBAT / BONEHUNTER - Sabbatical Boneslaught SPLIT 7" ¥900 (Full Injected)



過去にCDも1枚発表しているフィンランドのメタル・パンク BONEHUNTERとSABBATによる限定500枚Split 7" EPです。他の盤色が存在するのか不明ですが、ピンク・ビニールでの入荷です。



SABBATはお馴染みのナンバー Evil Nationsの、2008年5月ハックフィンでのライブ音源を収録。音質は申し分なく良好です。BONEHUNTERはあまりカッコよくないという評判を聴いてたせいか、思ってたより全然OKで楽しめました。80'sへヴィメタル・テイストの強い曲調にメロディックなギター・ソロとパンキッシュVo.で、80'sメタルチックなABIGAILみたいな感じもあります。そう言えば、ジャケの雰囲気もABIGAIL大好き!って感じが強く出てます。メタルパンク・ファンにオススメです!

SABBAT - Black Up Your Soul... LP!!





・SABBAT - Black Up Your Soul... LP BLACK VINYL w/ Satan Bless You!! STICKER ¥1400 (Iron Pegasus)



アナログ盤を待ってた方、お待たせしました!!先にCDで再発されて絶賛発売中の、93年録音最初期名曲再録アルバムがめでたく初LP化です!!!CD同様ドイツのIron Pegasusからのリリースで、今回もカラー・ビニールが存在しますが、まず先に到着したのはブラック・ビニールのみです。"安いことがサービスとしての最上級"、という考えで商売をやってないBOYでは、完成した作品に対するバンドさんやレーベルの想いなどを考えると、特価盤のような値段設定はどうにも気が引けるのですが、今回は当事者であるバンドさん/レーベルの方々といろいろお話しまして、このブラック・ビニールに関してはBOYも激安プライスでいってみようということになりました。ただ、当店としては安いだけではやっぱりちょっとなんなので、ステッカーも付けて販売させてもらいます!!追って到着予定のカラー盤にはステッカーは付きませんし、ザックリ計算してこのブラック・ビニールの倍くらいの値段になります。全SABBAT作品の中でも最重要アートワークとも言えるこのジャケが、12"サイズとなったわけですから、カラー盤到着まで辛抱きかないSabbaticalucifersの方は少なくないハズです。要するに、黒盤もカラー盤もぜひ全部いっといてください!!!



2ndアルバム Evokeからギターで加入したTemis氏と、Zorugelion氏, Gezol氏のラインナップで、最初期の名曲プラスQUARTZカバーを93年に再録した音源11曲で、オリジナルCDは1st~3rdアルバムからベスト・トラックも少しずつランダムでボーナス的に収録した16曲入りで、Evil Recordsから結成10周年記念盤としてリリースされていました。今回はベスト・トラックは除いた11曲入りで、ジャケ色も赤に変わってます。



この音源はEvokeアルバム同様、デスメタル的なロウ・ダークネスを強く放っていた頃のSABBATが堪能できます。Gezol氏のVo.もlowなスタイルでほぼ統一していて、最初期の名曲の数々が、デスラッシュなraw & lowな表情に生まれ変わって爆裂しています。1st 7"のアートワークを使ったジャケも嬉しい、SABBAT好きを自負する人は絶対にはずせない初期レア音源作品です!!





*ジャケ画像をクリックすると、SABBAT / METALUCIFER関連商品一覧にリンクしますので、他商品も合わせてチェックしてみてください!

FILTHMILITIA - Demo 2013 TAPE



・FILTHMILITIA - Demo 2013 TAPE ¥525



新潟ノイズコア・クラスト FILITHMILITIAが、新作デモ・テープを自主リリース。帯状にケースをくるんだ紙の上にステッカーが貼られた、ハンドメイドなシールド状態となっています。



Split 7" w/ EXITHIPPIESで強烈なステンチ・メタルコア・ノイズ・スラッシュを爆発させてましたが、どうやらあの音源の後にメンバー・チェンジがあったようで、この新作音源にも少し変化が感じられます。より王道のジャパニーズ・クラストコアのスタイルに近づいたように捉えることもできますが、GLOOM影響下のブチ切れノイズコア・クラスト・バンドが多い中、FILTHMILITIAはもっと原始的な黒さが強いのが大きな特徴です。FRAMTIDがスウェディッシュ・テイストではなく、(ベルギーじゃなかった)オランダのPANDEMONIUMっぽくなったような感じがして、プレ・グラインドなファスト・スラッシュやDROPDEAD以降のヤツなどとは完全に異質の、汚くてカオスな暴走スピードが最高!!!伝説の西東京ポリティカル・ノイズコア GJPBやCOLLAPSE SOCIETYあたりも思い出させるし、メタルコアやUKHCテイストはないですが、HUMPTY DUMPTYなどのような暴力的で冷徹なスピードコア・ノイズ・スラッシュ好きにも聴いてもらいたいです。たぶん、メンバーさんはまだそんなにオッサンでもないと思いますが、これはアラフォーには非常に懐かしい感じでオススメの激烈黒速原始的硬核音塊です!!

Japanese Hardcore Punk!!



・BASTARD - Wind of Pain LP ¥2000 (Feral Ward)



遂にアナログ盤再発!!!!!!!!!!まさしく日本が世界に誇るハードコア・パンク・バンド BASTARDの最高傑作、90年発表 Wind Of Painが、USのFeral Wardからジャケットを買えて再発されました。この再発盤は、長年再発の要望の声が多かった海外アナログ・ファンのために実現したモノで、基本的に日本国内で流通させるためではないため、限定入荷となります。お買い逃しなく!!



当時台頭してきたクラストコアのエッセンスを絶妙に取り込み、ジャパニーズ・ハードコア特有の劇的ドラマチックな展開もプラス。緊張感、疾走感、爆発するエナジー、黒い重量感、全てが並みじゃない最高峰硬核音です。海外ハードコア・パンクスにとっても神格化された存在であるのはもちろんの事、ex.SEPULTURAのマックス・キャバレラ氏や、GROTESQUE / AT THE GATES / DISFEARのトーマス・リンドバーグ氏などの、エクストリーム・メタル界の重鎮達も大ファンであるのは、今では有名な話です。永遠に完璧な絶対に聴くべきハードコア最重要音源!!!!!

本作と89年発表 Controled In Frame 7"、89年発表オムニバス Tripple Cross Counter 7"、そして未発表曲までも収録した全16収録CDも発売中!!







・ALLNIGHT LONGERS - The Adventures of ANLS CDR ¥500



元EMERGENCYのVo.フルノ氏、アメリカ出身大阪在住のブライアン氏がギター、FRAMTID / NIGHTMAREのドラマーのタカヤマ氏がベース、BAD DIRTY HATEのチヒロ氏がドラムの大阪ハードコア・パンクの11曲入りデモCDRです。



各パートが経験豊富なメンバーだけに、奇をてらったような戦略など一切ないけど、とにかく熱くピュアなブッチギリ・スラッシュコア・パンク全開で、これはカッコいいです!!大阪ハードコアだからでしょうか、初期RISE FROM THE DEADやS.O.B.っぽい雰囲気も感じました。オススメです!!!







・SENSELESS APOCALYPSE - Unpolluted LP ¥1600 / CD ¥1800 (Psychocontrol/HG Fact)



チェコのレーベルからアナログ盤もリリース!!東京のSLIGHT SLAPPERSと共に日本のパワーバイオレンス・シーンを切り開いた静岡のSENSELESS APOCALYPSEの2ndアルバム。



ちょっとFILTHKICKとのSplitの時のENTを思わせるクラスティー・インスト・チューンで幕を明ける暴走ショートカット・チューン25連発!!! ヒネリも加えた独自のセンスで繰り出されるレイジングHCは、スラッシュ/クラスト/カオティック/ジャパニーズHC、etc...アンダーグラウンドの様々なハードコア・パンクを実体験してきたベテランらしい、イブシ銀のクレイジー・ファストHC!!CDも発売中!

RAPPA T-SHIRTS!!

1stアルバムCDが当店でも好調の盛岡ハードコア・パンク RAPPAのオフィシャルTシャツが発売!2013年8月5日(月)午後8時締め切りで、ご予約を受け付けます。発売は8月中旬予定です。ご希望の方は通常のカート購入と同じように、サイズとご清算方法もあらかじめ指定して、カートに入れてください。宜しくお願いします!!



ボディは全てDALUC社製5.0 ozです。



X SMALL(WOMAN L) 着丈64cm身幅46cm肩幅41cm

SMALL 着丈65cm身幅47cm肩幅44cm 

MEDIUM 着丈68cm身幅50cm肩幅47cm

LARGE 着丈71cm身幅53cm肩幅50cm 

X LARGE 着丈74cm身幅56cm肩幅53cm



(メーカーが提示している数値ですが、ボディによりばらつきがある事をあらかじめご了承下さい。)







・RAPPA - Punk from Chaos T-SHIRT (HG Fact) ¥2500



Punk from Chaosデザインです。







・RAPPA - The Still Gray Future NATURAL T-SHIRT (HG Fact) ¥2500



The Still Gray Futureのナチュラル・カラーのボディです。







・RAPPA - The Still Gray Future YELLOW T-SHIRT (HG Fact) ¥2500



The Still Gray Futureの黄色ボディです。

Death Cult from the Graves!!



・SIGH - Imaginary Sonicscape 3LP ORANGE/GREEN MARBLE VINYL / BLACK VINYL 各¥6800 (The Crypt)



再入荷お待たせしました!!The CryptによるSIGHのアナログ豪華バージョン再発シリーズの最新作です。LP x 3枚組ということもあって、今回のリリースもかなりのハイ・プライスですが、ギリギリまで頑張って、初回入荷分と同じ値段にしました。限定500セットで、ltd.300枚カラー・ビニールと、ltd.200枚ブラック・ビニールの2種入荷!!



Century Mediaに移籍して2001年に発表したこの5thアルバムは、ETERNAL ELYSIUMの岡崎氏をプロデューサーに迎えて制作された、SIGHの豊かな音楽性の究極とも言えるアヴァンギャルド・メタル・パラレル・ワールドが全開で、初めて聴く人誰もが、その内容に驚かされるはずです。SIGHの全作品の中で、最もブラックメタルからかけ離れた作品として有名で、Hail Horror Hailでの作風を、サイケ / ジャズ / ポップス / ディスコ / ファンク,etcの要素に暴走させたようにも感じられます。しかし、Mirai氏の音楽的バックボーンはそれらの要素を完全に吸収しているので、恐るべき完成度となって表現されています。オープニング・ナンバーの Corpsecry - Angelfallが、本作品の中では一番へヴィメタルの様式と骨格を維持していて、叙情的シンフォニック・メタルの異端のような様相を呈していますが、その後はもう極彩色なまでにサイケデリックに迫ります。しかし、Shinichi氏のギター・プレイとMirai氏のキーボードの音色が素晴らしくメロウで、サイケなパートも、そしてディスコなパートさえも、70年代の昭和的郷愁が漂っている点が驚異的に見事です。



ジャケットはStephen O' Malley氏によるオリジナル・アートワークを、トリプル・ゲートフォルド・スリーブで再現して、Mirai氏自身による書き下ろしライナーノート(英語)も掲載。2009年バージョンCDに収録されてたボーナス曲と、未発表デモも2曲追加収録しています。 アナログ化を待ち望んだファンはもちろん、世界中のプログレッシブ・メタル・ミュージシャン/関係者が目を丸めたという、とにかく本当に驚くべきほどに甘美で変態的なエクストリーム・メタルの歴史的最重要驚愕極北作品を、未体験の人は必ずこの機会に体験すべきです!!!







・MASTER'S HAMMER - The Mass / Jilemnicky Okultist The Demo Days CD ¥1600 (Bootleg)



東欧を代表するブラックメタル・バンド MASTER'S HAMMERの、89年デモ The Massと、92年デモ Jilemnicky okultista (2ndアルバムとは別物)をまとめた、18曲入りデモ・コレクション・ブートレグCDです。デモのアートと当時の写真などもジャケに掲載されています。



BATHORY以降のペイガン・メタルの異端、DEATH SS系オカルト・メタルの東欧版、またはギリシャのクリプティックなデス/ブラックメタルにクラシカルなエピックも加えたような、唯一無比のブラックメタルが完全にカッコいいです。中世的且つ土着的な東欧ブラックメタルの典型を築いたバンドであり、初期ARCTURUSが続いて実践した、音楽劇風クラシカル・ブラックメタルの原点ともなった、最重要ブラックメタル・バンドの一つ。このデモ・ブートレグは、海外では業界関係者も絶賛してる、話題のCDです!!









・NECROPSY - Tomb of the Forgotten-The Complete Demo Recordings 4LP ¥5800 / 3CD ¥2800 (Century Media)



伝説の初期デスメタル・カルト・リップオフ・レーベル Seraphic Decayからの1st 7"とSplit LP w/ DEMIGODのリリースで、初期スカンジ・デスメタル・マニアに名の知られるフィンランド出身デスメタル・バンドの、超ボリューム満点コレクション・アルバムが、Century Mediaからリリース!!!4枚組限定クリア・ビニールLPと、CD x 2枚分の厚さのケースに3枚収納して、スリップケースに収まった、外観もとてもボリュームのある3CDセットの2種で入荷です!!





Disc 1:

Tracks 1-3: Taken from "Mental Disturbance" demo (1989)

Tracks 4-9: Taken from "Curse" demo (1990)

Tracks 10-17: Taken from "Indigestion" demo (1990)



Disc 2:

Tracks 1-2: Taken from "Promo 1991" demo ("Never to Be Forgotten" 7")

Tracks 3-6: Taken from "Another World" demo (1991)

Tracks 7-11: Taken from "Go All the Way of Flesh" demo (1992)



Disc 3:

Tracks 1-6: Taken from the split LP with Demigod

Tracks 7-11: Taken from the "Promo 1993" demo

Track 12: Taken from the "Monoheads" compilation





初期デスメタル・バンドの多くがそうだったように、このバンドも初期スラッシュメタルのバンドから影響を受けてスタートし、徐々に激化していったようです。ディスク1で聴けるデモ音源(91年プロモ・デモは、後にSeraphic Decayから7"EP化)は、後のSplit w/ DEMIGODの頃に比べれば直線的なプリミティブ・デスメタルだけど、若さに任せたような衝動的なクォリティーはほとんどなく、フィンランド・デスメタルの特徴である、病的なダークネスもさほど強調していません。神経質なリフワークに引っ張られるかのように、めまぐるしく展開しながらも、ボサボサしたロウなドラミングで重厚な突進力を失わないスタイルは、92年のSplit w/ DEMIGODで頂点に達していて、フロリダを拠点としたUSデスメタルのダイナミズムや、PESTILENCEに代表されるダッチ・デスの爆裂感を見事に消化した、スカンジナビアン・デスメタル、といった感じで素晴らしい内容です。Century Mediaの初期デスメタル・リイシューは、本気だったみたいです。これは渋すぎる再発デス!!!







・SENTENCED - Shadows of Past LP ¥2600 (Century Media)



北欧メロディック・デスを開拓したフィンランドのデスメタル・バンド SENTENCEDの91年1stアルバム。オリジナルは、初期デスメタルの伝説的レーベル Thrash Recordsからリリースされて、その後ジャケを変えて再発されてましたが、Century Mediaがオリジナル・ジャケでアナログ盤を復刻。ポスターも付いてます。



後にSENTENCEDの虜となった汚れのないメロディック・キッズには、すこぶる評判の悪い作品ですが、やはりこの1stアルバムの時点で、並みのアンダーグラウンド・デスメタル・バンドとの力の差がクッキリと表れています。良識のあるキッズには確かに没個性な典型的初期デスメタルかも知れないけど、どちらかと言うとスウェディッシュ・デスに近い陰鬱デスメタルは、いろいろな知識も得た今になって聴いてみると、ちょっとGOD MACABREあたりにも通じるグルーミィー・デスメタルにも感じられます。そしてやはり、既に至る所で叙情旋律が黒い輝きを放っています。アンダーグラウンドのエクストリーム・メタルと、へヴィメタルの伝統様式の掛け橋を築いたとも言える、限りないポテンシャルを秘めた若者達による、極上の "普通のデスメタル"。これぞ、初期北欧デスメタルです。そしてやっぱり、このサウンドには、このオリジナル・アートのジャケじゃないと絶対に意味がないでしょう!!素晴らしい!!







・PHLEBOTOMIZED - Preach Eternal Gospels / Devoted to God 2LP PURPLE VINYL / BLACK VINYL 各¥3900 / CD ¥1700 (The Crypt)



先にCDでも再発されて話題を呼んだ、初期ダッチ・デスメタルの激レア・カルト・クラシックが、The Cryptから初アナログ化!!BACTERIAL DISEASEという名前で89年にオランダ・ロッテルダムで結成されたデス・グラインド・バンドの、93年発表5曲入りミニアルバムに、91年2ndデモもボーナス収録した2枚組LPです。トリプル・ゲートフォルド・スリーブの内側には当時の写真やセルフ・ライナーノートを掲載。限定500枚プレスで、ltd.300枚のパープル・ビニールと、ltd.200枚のブラック・ビニールの2種入荷!!



グラインドコアを出発点としてますが、ロウ・ダーティーなハードコア・ルーツではなく、キーボードも導入したアトモスフェリック・ドゥーミーな空気が全体を覆っていて、lowestなVo.の印象も強く残るので、DEMILICHに代表されるフィニッシュlow-endデスメタルがアトモスフィカルになったような、独特の世界観が非常に個性的で引き込まれます。グラインドコア・パートもあるけど、ドゥーミーなムードの中で、展開と言うよりは転調を繰り返して情景がドンドン変化していき、欧州の牧歌風民謡の一部を切り取ってそのまま導入してしまったようなパートなどもあったりして、NOCTURNUSがMORBID ANGEL的激烈テクニカル要素を除いて、初期PARADISE LOSTのドラマチックな叙情や、MINDROT, MORGIONあたりのUSカリフォルニア・パワーバイオレンス近辺デスメタルにも通じるコールド・エピック・ワールドに到達した、としたら、こんなでしょうか?凄く個性的で独特ですが、あの時代を体験したエクストリームおじさんには、妙に納得できる、どこか懐かしい感触があります。これはもう、アトモスフィカル・グラインド・メタルだ!!ジャケは数多くのスウェディッシュ・デス重要名作他北欧デス/ブラックメタル作品のジャケ・アートを手掛けてきた、GROTESQUEやLIERS IN WAITギタリストの Kristian Wahlinによるモノで、このカッコいいジャケが12"サイズで再現されるのも、初期デスメタル・ファンには嬉しい重要ポイントです!!CDも発売中!







・MYSTIC CHARM - Shadows of the Unknown CD ¥1800 (Memento Mori)



ANATOMIAのデモ集CDや、極上ダッチ・ドゥーム・デスメタル DELIRIUMの再発CDをリリースしたMemento Mori Recordsから、またしても素晴らしいカルト・ドゥーム・デスメタルの再発盤が出ました。女性Vo.を擁したオランダ・アムステルダムのバンドで、94年発表唯一のアルバムに、92年1stデモもボーナス収録した13曲入りCDです。ジャケット・アートは新装されてますが、ジャケ・ブックレットの裏面はオリジナル・アートをしっかり再現してて、抜かりはありません。



のっけからサバス・イントロでベタなオープニングなのですが、DELIRIUM同様、リフはかなりHELLHAMMER ~ CELTIC FROSTスタイルのスロウネスで、これはカッコいい!!そこに陰鬱叙情旋律も絡めてくると、PARADISE LOSTっぽさもちょっとありますが、これはWINTERやDIVINE EVEなどのファンは必聴レベルです。刻みリフとベードラ連打の遅重戦車パートから、鈍いキメでブレイクする展開など、極上のCELTIC FROST系列ドゥーム・デスの典型ですが、そこにシンセの荘厳なトッピングも加えて、初期ゴシック・ドゥームの退廃感も漂います。女性Vo.らしいガテラル・ヴォイスも素晴らしい。まだまだ勉強不足だと痛感させられつつも、嬉しくなってしまった再発です。DERKETA, WINTER, PARADISE LOST, DELIRIUM, etcのファンに確実にオススメです!!







・VITAL REMAINS - Horrors of Hell LP + 7" GOLD VINYL ¥3200 (Century Media)



アナログ盤も入れてしまいました!!後にDEICIDEのGlen Bentonが参加して注目を浴びたUSロードアイランド出身サタニック・デスメタル・バンドの、89年1stデモ / 90年2ndデモ / 91年1st 7"を収録したこの初期レア・コレクション・アルバム。2011年にアナログ化されて、その頃から「初期のVITAL REMAINSは渋い」という評判を、多く聞くようになりましたが、確かにこれは今までノーチェックだったのが悔やまれるカッコよさデス!!オリジナルはThrash Recordsからリリースされてた1st 7"を、デモ音源と切り離して単体で再現したLP+7"セットの嬉しいアナログ化で、ゴールド・ビニールでの入荷になります!!



サタニック・デスラッシュ!!という激渋な形容が似合うサウンドです。テクニカルなリフも絡めつつも、基本はSLAYERルーツのダーク・デスラッシュで、めまぐるしさと疾走感もバツグン。初期SEPULTURAやReborn in Chaos期のVADERが極悪サタニックになったようで、とにかく激渋!!メンバーのルックスは、これぞUSバイオレント・デスな肉体派軍団ですが、初期デスラッシュ・ファン必聴のグレートな音源集です!!

Metal Thrashing Mad Punx!!



・BLOOD PATROL - From Beyond And Below CD ¥1400 (Drunk with Power)



ジャーマン・クロスオーバー・スラッシュ・バンドの1stアルバムCDが、ロシアのUNBROKEN BONESのレーベル Drunk with Powerからリリース。新録10曲+2010年デモもボーナス収録した18曲入りです。



NARSAAK, DEAD BEATなどのハードコア・バンドでプレイしてきたベテラン・ミュージシャン、とのことですが、そんなバンド、知ってる人はいないでしょう。ダテに歳を食ってしまった私は覚えてますが、日本では確実に特価コーナーの常連バンド達であり、むしろ明かさない方がいいような情報です。しかし、彼らはダテに特価コーナーの主の座を死守してきたわけではありません。このBLOOD PATROLでは、不安要素の一切ない堅実なプレイで、アグレッシブにクロスーバー・スラッシュをひたむきに熱く演奏してて、オールドスクール・クロスオーバー・ファンには申し分ない内容だと思います。ファニー要素のないハードコアな直球スラッシュ・サウンドは、MUNICIPAL WASTEやIRON REAGANなどのファンにオススメできます。



もちろん例外もいたけど、ドイツという国は、ハードコア・パンクはちょっとパッとしないバンドが多かったのですが、このBLOOD PATROLも、アカ抜けなさが非常に80'sジャーマン・パンク的であります。内容は申し分なくても、MUNICIPAL WASTEのようにブレイクすることは一生ないでしょうし、人気者などにはなってほしくないけど、そんな心配も無用でしょう。これぞジャーマン・クロスオーバー・スラッシュです!!







・IRON DOGS - Ripping Torment TAPE ¥1000 (Cemetery Ashes)



ex. BASTARDATORのJo氏が始めたメタルパンク・バンドの、Black Shit Noiseから2012年に7"でリリースされた4曲入りデビューEPのカセット・バージョンです。が!!、知らなかったけど、実は7"は2ndエディションで、このカセットがオリジナル・ファースト・エディションでした!!7"EPが出る前の2011年に、ロシアのウルトラ・スモール・レーベル(と言うか、このカセット以外のリリースはおそらくないです)からリリースされていて、テープはDIYダビング・コピーですが、スリーブはプロ・プリントで、限定100本ナンバリング入りです!!もちろん、このカセット・バージョンは既に完売してますので、今回のみの入荷となります。



1stアルバムが素晴らしい内容で大ヒットしましたが、この1st EPの時点で、近年のメタルパンク・ブームとは異質の渋さを備えていました。スラッシュメタル・ファンに評価の高かったBASTARDATORに比べ、このIRON DOGSは気持ちGERM ATTAK寄りと捉えていいかと思いますが、しかし別にDISORDER系ノイズコアなわけではなく、UK82テイスト的なキャッチーさをうまく取り入れたメタルパンクで、かなり面白い雰囲気に仕上げています。泣きのメロディック・ギターが無いENGLISH DOGSみたいな感じのサウンドが痛快だったOBSESSORの初期に似た志向で、スラッシュメタルに影響されたリフワークで疾走する80's UKハードコア・パンク、と言ったふうなサウンドです。完全にジャパニーズ・メタルコアなフレーズもあるんですが、Jo氏のキャラクターと化学反応してか、不穏な暴力的黒さが希薄なので、やはりENGLISH DOGS, ALTERNATIVE ATTACK, 1stアルバム以前のONSLAUGHTなんかのUKメタルパンクを強く思わせますし、パンク・シーンに一番近かったUKスラッシュメタル WARFAREと、メタル・シーンに近かったUKパンク THE BLOODの雰囲気も感じます。ラフな演奏とロウなサウンドも非常に効果的。これはUKHCもVENOMも同時に聴いてこないと出せない味でしょう。近年のメタルパンク御時勢にアンチしてるようなオールドスクール・パンクスにこそ聴いてもらいたい、UK82スタイル・メタルパンクス!!

Cult of Steel!!



・DIZZINESS - On the Rocks CD ¥1600 (No Remorse)



既に日本国内の真性鋼鉄ショップ各店で話題となっている、叙情派メタル・ヘッズからメロディアス・ハード・ファン, そして正統派北欧メタル・マニアも熱狂のカルト・オブスキュアな再発盤が、VIRTUEの再発で業界関係者を驚かせた、ギリシャのNo Remorse Recordsから、またしてもリリース。85年に7"EPを残して消滅してしまったという、スウェディッシュ・メロディック・ハードロック・メタルの、86年録音未発表アルバム音源に、その85年EP音源もボーナス収録した全12曲入りです。



なぜこのサウンドで陽の目を見なかったのかが全くもって不思議な、80年代ヒットチャート番組でも堂々と渡り合えたであろう、絶品の哀愁メロディアス・ハードポップ・メタルが大爆発!!BOYのお客さんの層はナイス・ミドルとヤングのどっちが多いかわからないけど、何度でもこの表現使いますが、初めて聴いたのに80年代のセンチメンタルな思い出が蘇ってしまう、理屈抜きに懐かしさがよみがえる、あのサウンドです。METALLICAやSLAYERに熱狂して、DRIの走ってる人マークのTシャツが欲しくてたまらなかったけど、ベストヒットUSAやMTVでEUROPEが流れると、実はちょっと嬉しかったようなオヤジ・バンガーズにとって、一服の清涼剤的な絶品ソフト・メタルです。真性鋼鉄信者に、こういう80'sメロディアス・ハード系が根強い人気があるのも、当時を知る者にはすごく納得できます。



No Remorse Recordsは、昨年末にスウェディッシュ・メロハー系の代表的格 ALIENというバンドの88年アルバムも再発していまして、蚊帳の外から眺めててもガンガンに伝わってくるような、かなりの盛り上がりっぷりでした。メロハー系を普段あまり聴かないような友人まで買ってたりしたので、これはBOYも入れてみよう!と思った時には既に遅し。あっという間にレーベル完売で、現在既に軽くプレミアも付いてる状況であり、さらに今度は、当時のオリジナル・リリース元のメジャー・レーベルが、おいしい話をミスミス逃す手はないとばかりに急遽再発するという、ちょっとした異常事態にまで発展しています。このDIZZINESSは、No Remorse Recordsが、"Swedish Hard n' Heavy Series" と銘打って仕掛けてきたシリーズの第1弾になります。80年代メタル独特の郷愁と、80'sスウェディッシュ/北欧メタルの美しく澄んだ透明旋律が好きな方は、ぜひこの機会にチェックしてみてください!!







・LORD RYUR - Pact With The Sinner CD ¥1600 (No Remorse)



No Remorse RecordsからDIZZINESSと同時発売のこちらもまた、海外のマニアの間で発売前から話題となっていた再発盤です。カナダのへヴィメタル・バンドの、86年に100枚のみ制作されたという7"EPに、89年未発表曲と87年の疑似ライヴをプラスした5曲入り限定500枚CDです。



大陸系正統派鋼鉄の叙情と、アリーナ・メタルを夢見るヘアー・メタラーの哀愁が交錯したような感じで、これまた素晴らしく渋いです。89年未発表音源での、よりメジャー志向なアメリカナイズド・メタルも悪くないし、ラストのまさしくアリーナ・メタルを疑似再現したライブ風(レコーディング自体は一発録りだと思います)も、80年代ならではのギミックで素晴らしい。しかしEP音源の内容が完璧カルトなカッコよさで、アングラ・メタル的コケおどしスタイルと美形ヘアー・メタル・キャラの二重人格唱法のようなVo.がサイコー!!MALICE, LIZZY BORDEN, RUTHLESSなんかのような正統派寄りLAメタルも思わせる、80年代鋼鉄発掘極上品です!!







・D.D.T. - Let the Screw Anthology 2CD ¥2200 (No Remorse)



今回のNo Remorse Recordsカルト・メタル・リイシュー3種同時発売の残り1枚。こちらもカナディアン・へヴィメタル・バンドで、84年に発表した唯一のMLPに、デモ / リハーサル / ライヴ等もゴッソリ追加した全36曲入り2枚組CDです。



今回のNo Remorse再発3種の中では、話題性の面でも他の2枚よりちょっと地味なのかな?なんて思ってましたが、自主リリースだった84年MLPはやはりマニアに人気の高額レア・アイテムだそうです。しかしそれよりも驚いたのはクォリティーの高さで、ディスク2枚を最後まで聴いて、このテの音源掻き集めコレクション・アルバムにありがちな、質のバラつきが全くなくて、全編、アルバム収録レベルの内容なのです。ライブ音源まで、まるでライブ・アルバム用にサウンド・ボード・レコーディングされたようなハイ・クォリティー!!楽曲は、いかにもブリティッシュ・へヴィメタルに影響された北米産鋼鉄と言った感じで、マイク・ハウ時期METAL CHURCHなんかも彷彿させる、硬質且つちょっと冷たい正統派メタル、といったところでしょうか。全体的に、渋めのブリティッシュ・メタルの雰囲気にも近い、オーソドックスなスタイルだけど、ディスク1の5曲目のように、SATANタイプの必殺級疾走パワーメタルもあったりして、やっぱりこの時代のカナディアン・メタルはあなどれません!!







・TUNGSTEN AXE - Swedish Iron CD ¥1900 (Iron Shield)



40代のメタル・ファンを仰天させてる、マニア大注目の新鋭スウェディッシュ・ヘヴィバンドの1stアルバム、BOYも入れてしまいした。ENFORCERが定着させたような、近年のNWOTHMとはまるで違う、シッケシケでスッカスカの、究極のゴースト・オブNWOBHMです。コレは凄い!!



WYTCH HAZELとも共通する、70年代後期を引きずったNWOBHMバンドのような楽曲と音色で、スウェーデン出身でありながらNWOBHMバンドとして認知されたE.F. BANDが初期の姿で現代に降臨してきたと、オジさん達は大興奮しています。私達に80年代のオブスキュア・メタルをいつもいろいろ教えてくださる方は、このTUNGSTEN AXEには、GOTHAM CITYを強く感じたともおっしゃってました。なるほど、E.F. BANDの1stの極上のスカスカ加減と、GOTHAM CITYの完璧なシケ具合の曲調を融合したとも捉えることのできる内容で、まぁとにかく、とても2010年代のサウンドには聴こえません。HELVETETS PORTが、1st EPの次に発表すべきだったような内容でもあります。凄い・・・。聴いた瞬間、腰が抜けました!!これぞまさしく、スウェディッシュ・アイアンです!!

Thrash till Death!!



・BULLDOZER - The Exorcism : Lost 1984 Demo + Fallen Angel EP DIE HARD LP ¥2600 (F.O.A.D.)



またしてもF.O.A.D.が歴史的事件級重要音源をオフィシャル・リリース!!!イタリアン・サタニック・スピードメタル BULLDOZERが、プロモーション用に84年に録音してたデモ音源の発掘です!!!666!!!同じく84年録音の名作激レア1st 7" Fallen Angelの2曲も合わせて収録した全9曲なんですが、このプロモ・デモ音源は、A.C. Wildがベース兼Vo.で、ギターがAndy Panigada, ドラムがDon Andrasの3人編成。つまり1stアルバム Day of Wrathと同じラインナップなので、同年録音のFallen Angel EPの時に一緒に録ってたアウトテイク的な音源ではなく、本当にプロモーション用のためにしか使われなかったため、これまで陽の目を見ることのなかった貴重な音源です。



さらに興味深いトリビアがありまして、このテープ、存在したのはRoadrunnerに送ったモノと、今回公開したA.C. Wild氏本人が所有したモノ。そしてもう1本テープが存在するそうで、なんとKing Diamondにバンドが送っていたとのこと。1stアルバムのプロデュースをKingに依頼したそうですが、「俺にはパンキッシュすぎるサウンドだからできない」と断られたそうです。Algy Wardは、繰り上げ当選的な起用だったんですね・・・。面白いけど、ちょっと複雑な気分です。



VENOMから強く影響されたサタニック・ドライビン・スピードメタルに、メロディックなギターと初期TANK系のキャッチーな哀愁を漂わせてた1stアルバムまでのBULLDOZERは、ABIGAILのフルリスペクトにも現れているように、パンキッシュなスラッシュが好きな人全員必聴のかっこよさです。プロモ・デモ収録曲は、後に1stアルバムでも録音される名曲の数々で、既にこの時点で完璧なカッコよさに達しています。音質も含めて、文句なしに最高です!!!後にNEURODELIRIを結成する 故Dario Carriaがベースを担当して、A.C. WildはVo.専任だった、4人編成のオリジナル・ラインナップ時BULLDOZERの唯一の音源であるFallen Angel EPは、A面のタイトル曲も、そしてどのオリジナル・アルバムにも収録されなかった幻の名曲 B面のAnother Beerも、これぞ初期BULLDOZERな激渋チューンでまた完全にカッコいい!!



若かりし頃の貴重な写真も掲載した、ゲートフォルド・スリーブもカッコよく仕上がってて、リッケンバッカ―に自分の名前をペイントしたA.C. Wildの変態サタニック・メタル・ファッションも激渋です。さらに、極少数のみ出回ってしまったという、マキシマム・レアなFallen Angelのボツ・ジャケ・バージョンのアートワークなども掲載!!!これは知りませんでした。カラー・ビニールで刺繍パッチ付きの限定100枚ダイハード・バージョン!!全スラッシュメタル・ファン必須の再発盤です!!!666!!!







・CRYPTIC SLAUGHTER - Life in Grave + Rarities 1985 / 1988 DIE HARD LP ¥2400 (F.O.A.D.)



Death Recordsからのリリースで流通も悪くなかったこともあって、日本でも当時から比較的名の知られてたUSカリフォルニア・クロスオーバー・スピードコア・スラッシャーの、85年1stデモ音源, 85年/86年リハ, 86年/87年ライブを収録したレア音源集が、イタリアのF.O.A.D.からリリース。限定100枚カラー・ビニールでの入荷です!!



1stアルバムの頃は、サーファー・ファッションのせいか、どちらかと言うとSUCIDAL系の雰囲気もありましたが、2ndからちょっと社会的テーマを強調して、サウンドもスピード・アップ。恐らくDRIなどに触発されての変化だったと思います。Vo.のルックスも劇的に変化していて、まるで80年代日本の地方パンクスのような、ブリーチGパンにSEX PISTOLSとペイントして、ライダース・ジャケットにスパイキ―・ヘアーのファッションは、FINAL CONFLICTを真似たのでは?とも推測できます。この頃は、確か "究極のスピードコア" という称号を得て、BURRN!でも紹介されていたと思いますが、サウンドもかなりプレ・グラインドなスピード・スラッシュながら、たたみかけると言うよりドタバタ・ポンコツな暴走で、このポンコチックなところが、このバンドの魅力でもあります。



Relapseからの再発CDが廃盤となって久しいですが、今回アナログ化再発された1stデモは、1stアルバムの頃のスタイルが更にプリミティブになったような感じで、80'sハードコア・ファンにもオススメの音源です。もちろん、WEHRMACHTやREPULSIONなどのプレ・グラインド・メタル・ファンも必聴の、スピードコア・スラッシュ名作デモ。写真満載でインタビューも掲載の分厚いブックレットにも目が釘付けです!!
06 | 2013/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR