RECORD BOY

Japanese Metal Legends!!!



・SALEM (Japan) - Ancient Spells of the Witch 2CD ¥1800 (Armee de la Mort)



既に全国のジャパニーズ・メタル・マニアックス、特に現役ミュージシャンと業界関係者の上層部の人間達の間で話題騒然となっていて、その口コミ&ネットコミでのウワサを聞きつけた方々からのご予約が駆け込みで相次いでいた再発盤がコレです。CHURCH OF MISERY, ex. G.A.T.E.S.のベーシスト Tatsu氏が在籍した東京のへヴィメタル・バンド SALEMのデモ&ライブ・コレクション2枚組CDが、フランスのカルト・メタル発掘レーベル Legion of DeathのArmee de la Mortからリリース!!!2003年にリリースされたコレクション・アルバム The Legacyは、今では中古市場で人気のレア・アイテムとなっていますが、今回は内容もかなりボリューム・アップしていますので、ファンは間違いなく必須のCDです。88年 Demo I / 88年 Demo II / 91年 Back to the Front Demo III / 92年 Promo Demo IV / 93年 Life with No Hope Demo V / 93年リハ / 92年目黒Live Stationでのライブ / 93年新宿Loftでのライブを収録した、圧巻の全24曲!!



Howling Bullからのリリースなどもあって、スラッシュ/パワー・メタル系のシーンで活動したバンドですが、根っこは正統派と言い切ってもよいへヴィメタル・サウンドで、Back to the Frontデモが後にドイツのレーベルからアナログ化されたり、93年にイギリス・ツアーを行うなど、海外バンドやシーンとの交流に非常に積極的でした。パワー/スラッシュ系のソリッドでダイナミックな演奏によるプログレッシブなへヴィメタル・サウンドで、日本では数少ないエピック・パワー/へヴィメタル・スタイルですが、Tatsu氏本人はできれば封印したかったという1stデモは、まだVo.が日本語詞で、80'sジャパニーズ・アングラ・メタル好きの外国人が狂喜する様が目に浮かぶ、最高にカルトな内容でグレート!!後にアナログ化された3rdデモあたりになると、まるでShadow KingdomやStorm Spellあたりが発掘再発してそうな、極上オブスキュアな合衆国産エピック・メタルにも引けをとらないクォリティー。さらに1stデモと並ぶ今回の再発盤の目玉音源とも言えるのが93年のFinal Rehersalで、VOIVODのメカニカルでストレンジなリフ&構成と、メジャー移籍後DOOM(日本)のアヴァンギャルドな要素がミックスされたような、驚愕のプログレッシブ・パワーメタル!!Tatsu氏自身も、この頃の最終期SALEMの音源を正式に残しておかなかったのは、少し悔やまれているようです。



ジャケ・ブックレットには、Tatsu氏による各音源解説とバイオグラフィー的セルフ・ライナーノート(英語)、当時の写真 / フライヤー / ファンジン掲載記事などが超盛りだくさんで、かなり分厚いブックレットとなっています。CHURCH OF MISERY新作の入荷が遅れててヤキモキしてるお客さんも多いかと思いますが(アナログ盤のリリースが遅れてるためです。すみません!)、そんな方へのお詫びと言うには贅沢で嬉しすぎる、このSALEMのCDでまずは発狂してください!!







・SIGH - Imaginary Sonicscape 3LP ¥6800 The Crypt)



The CryptによるSIGHのアナログ豪華バージョン再発シリーズの最新作が緊急入荷!!!今回のThe Cryptは、先頃CDで再発されてマニアックなデスメタル・ファンに好評だった、オランダのPHLEBOTOMIZEDも実は同時にリリースされてるのですが、先に入荷したこのSIGH "Imaginary Sonicscape"は、メンバーさんを通しての入荷ですので、レーベルから届くPHLEBOTOMIZEDの到着はまだしばらく先になると思います。また、LP x 3枚組ということもあって、今回のリリースもかなりのハイ・プライスでして、なるべく差額の出ないように値段設定しましたが、レーベルから届く分が、仮りに到着時に輸入関税が掛かってしまうと、この初回入荷プライスより高くなってしまう可能性もあります。限定500セットで、レーベルではブラック・ビニールより枚数が多い方のカラー・ビニールが先に完売してるようですので、ltd.300枚カラー・ビニールでも、ltd.200枚でも、とにかく早いとこ確保しといた方が悪いことにならないと思います!!



Century Mediaに移籍して2001年に発表したこの5thアルバムは、ETERNAL ELYSIUMの岡崎氏をプロデューサーに迎えて制作された、SIGHの豊かな音楽性の究極とも言えるアヴァンギャルド・メタル・パラレル・ワールドが全開で、初めて聴く人誰もが、その内容に驚かされるはずです。SIGHの全作品の中で、最もブラックメタルからかけ離れた作品として有名で、Hail Horror Hailでの作風を、サイケ / ジャズ / ポップス / ディスコ / ファンク,etcの要素に暴走させたようにも感じられます。しかし、Mirai氏の音楽的バックボーンはそれらの要素を完全に吸収しているので、恐るべき完成度となって表現されています。オープニング・ナンバーの Corpsecry - Angelfallが、本作品の中では一番へヴィメタルの様式と骨格を維持していて、叙情的シンフォニック・メタルの異端のような様相を呈していますが、その後はもう極彩色なまでにサイケデリックに迫ります。しかし、Shinichi氏のギター・プレイとMirai氏のキーボードの音色が素晴らしくメロウで、サイケなパートも、そしてディスコなパートさえも、70年代の昭和的郷愁が漂っている点が驚異的に見事です。



ジャケットはStephen O' Malley氏によるオリジナル・アートワークを、トリプル・ゲートフォルド・スリーブで再現して、Mirai氏自身による書き下ろしライナーノート(英語)も掲載。2009年バージョンCDに収録されてたボーナス曲と、未発表デモも2曲追加収録しています。 アナログ化を待ち望んだファンはもちろん、世界中のプログレッシブ・メタル・ミュージシャン/関係者が目を丸めたという、とにかく本当に驚くべきほどに甘美で変態的なエクストリーム・メタルの歴史的最重要驚愕極北作品を、未体験の人は必ずこの機会に体験すべきです!!!







・ABIGAIL / LUCIFER'S SANCTUARY - Split 7" PINK VINYL ¥1200 / BLACK VINYL ¥900 (Skullrkusher)



2013年のUSミニツアーを終えたばかりのABIGAILと、以前カセットが入荷してたLAのメタルパンク LUCIFER'S SANCTUARYによるSplit 7"が限定300枚でリリース!!ltd.200枚ブラック・ビニール 900円と、ltd.100枚ピンク・ビニール 1,200円の2種入荷してますので、ご希望のバージョンをお選びください!!



ABIGAILの Fire after Fireは聖飢魔IIのカバーではなく、全ABIGAILファン大満足であろう、初期ブルドーザー・スタイルのドライビング・ロッキン・ブラック・スラッシュがサイコー!!これは、Forever Street Metal Bitchの頃が大好きなファンにはたまらないナンバーです。続く Fight For My Masterがまた素晴らしくて、初期TOXIC HOLOCAUST以上の2ビート・トテトテ・スラッシュでグレートすぎる!!この曲、ほんとケッサクすぎます。



LUCIFER'S SANCTUARYは、SYPHILITIC VAGINASでメタルパンク・デビューしたようなサタニック・メタルパンクが凄くカッコ悪い!!このセンスの無さは、ちょっと90年代~2000年代のポリティカル・ハードコア・パンクの熱さを思い起こさせてくれて、懐かしく&嬉しくなってきます。ABIGAILのSplit相手は、毎度サイテ―でサイコーです!!

Anti-Goth!!

* Nuclear War Now!新作到着!!ジャケ画像をクリックするとNuclear War Now!商品一覧にリンクしますので、他商品も合わせてチェックしてみてください!







・MORBOSIDAD - Muerte de Cristo en Golgota DIE HARD LP ¥3200 / REGULAR LP ¥2200 (Nuclear War Now!)



すみません、やっと届きましたーーー!!「MORBOSIDADはまだなんですか?」と、お問い合わせもいただいてましたが、ちょっと発送元が混乱してたみたいで遅れてしまいました。USカリフォルニア産ヒスパニック・ウォーブラック・メタルの、4枚目となるスタジオ・フル・アルバムです。アナログ盤は各種バージョン含めて、初回は1000枚プレスで、ltd.300枚ダイハード・バージョンはゴールド・ビニールで、ステッカー&特大タペストリー付き!!



もはやモロボシ節とでも呼びたい、鈍いけどタイト、プリミティブだけどキャッチーな、安定したクォリティーの内容となっています。90年代初期南米デスラッシュのような原始的な鈍感デスラッシュと、BLASPHEMY以降の冒涜raw war系ブラック・デスメタルを融合した激烈サウンドに、呪文のごときヒスパニックVo.が極悪に唸ります。路線としては、傑作の呼び声も高い前作フル・アルバム Profana la Cruz del Nazarenoの延長線上の路線かと思います。Moyen氏によるジャケ・アートも一貫したタッチでかっこいいし、ファンは大満足の内容でしょう!!







・ARES KINGDOM - Veneration DIE HARD LP ¥2600 / REGULAR LP ¥2200 (Nuclear War Now!)



初期ブラックメタル・バンドにも多大な影響を与えた伝説のUSデスメタル ORDER FROM CHAOSのメンバーらによるUSカンサス・シティー産デスラッシュ・へヴィメタル・バンドの2013年新作アルバム!!と思ったら、全曲カバーです。ところがどっこいしょ・・・コレが素晴らしく爆裂した内容で、本当にカッコいい!!ARES KINGODMの音源には毎度ノックアウトされるけど、カバー・アルバムにまでブチのめされました!!ダイハード・バージョンはゴールド・ビニールで、ステッカー&パッチ付き!!



中心メンバーのChuck Keller氏はORDER FROM CHAOS時代から進行の深い、ABIGAIL Yasuyuki氏のパンクメタル・スラッシュ・プロジェクト BARBATOSにも参加していましたが、彼が現在本業とするこのARES KINGDOMは、漢のデスラッシング・へヴィメタルとでも言うべき、イブシ銀の激烈鋼鉄サウンドで、ドラマチックな展開と速弾きメロディックなギター・ソロもガンガンにフィーチャーした、へヴィメタルの土台のデスラッシュ・メタル・バンドです。しかしこのカバー集は、いきなり伝説のOZサタニック・デスラッシュ・メタル SLAUGHTER LORDの名曲 Die by Powerでスタートしてるように、デス/スラッシュ系ルーツをより強調した選曲なので、ARES KINGDOMのオリジナル作品よりも、かなりイケイケな内容なのです。Die by Powerの、文字通り圧倒的なゴリゴリ・デスラッシュなパワーにいきなり殺られますし、その後も、SDACRILEGE, R.U.DEAD?(ex.ジャーマンPOISON), MEFISTOのようなスラッシュ/デス/ブラック・メタルのレジェンド・バンドや、メンバーが関連した兄弟バンドとも言える VULPECULA, NEPENTHE, そしてラストはなんとDOKKENの代表的名曲 Tooth and Nailでフィニッシュ。で、このDOKKENカバーがまた最高にカッコいい!!乱暴な事言ったら、BOYのお客さんにはARES KINGDOMはやっぱりいまいちアピール度が弱かったので、このカバー・アルバムが一番オススメなのかも知れません。とにかく理屈抜きにカッコよすぎる!!







・CAUCHEMAR - Tenebrario DIE HARD LP ¥3200 / REGULAR LP ¥2200 (Nuclear War Now!)



Morbid Tales FANZINEを発刊し、へヴィメタルの重鎮達も多数レシピを提供して話題を振りまいたへヴィメタル・クッキング・ブック HELLBENT FOR COOKINGの著者であるギャル・バンガー Annick嬢率いるカナディアン・ドゥーム・へヴィメタルの9曲入りフルアルバムが、NWN!からリリース。以前はAnnickちゃんはVo.とベースを担当していましたが、本作からVo.専任となって、4人編成で制作されています。ドラマーはメタルパンク・スラッシュ BASTARDATORのギタリストだった人です。ダイハード・バージョンは、クリア・ビニールでステッカー&パッチ付き、そしてレギュラー・バージョンと共通のダイカット・スリーブ・ジャケ+アウター・スリーブ付きで、この布地アウター・スリーブが、他のこのタイプのダイハード・バージョンよりも上質な生地&プリントで、NWN!もかなり力を入れて制作しています!!



前作デビュー・ミニ・アルバムでも感じさせた、70年代JUDAS PRIEST影響下の、鋼鉄リフと叙情ドラマチックな展開のドゥーム・へヴィメタルというスタイルに焦点が定まってきて、NWN!リリースとしては異色ではありますが、ウィッチング・オカルト・メタル系のファンにもアピールする内容です。このテのバンドが安易に流れやすい、アシッドなテイストは皆無で、へヴィメタル・プライドもヒシヒシと伝わってきます。決して上手いVo.ではないけど、Annick嬢のフランス語Vo.は見事に80'sメタル・テイストを再現していて、彼女のVo.パート専任という選択も、大正解と言えるでしょう。楽曲だけで言えばHOUR OF 13などとも共通しますが、Annick嬢のヘタウマ・ウィッチングVo.が、素晴らしくアングラ・メタルの華やかさに彩っています!!







・ANTEDILUVIAN - Logos CD ¥1400 (Nuclear War Now!)



CDも到着しました!!ex. GLORIA DIABOLIメンバーらによるカナディアン・デス/ブラックメタル・バンドの、2013年フル・アルバムがNWN!からリリース。過去作品での強烈なイメージを上書きするような、完全なる壮絶カオスを表現しきっています。これは凄い・・・。今回はもう、ギブアップする人も出てくるかも知れないくらい、究極の混沌さと黒さ渦巻く世界です。



INCANTATIONやBLASPHEMYを頂点とする冒涜的なドス黒さと、RITES OF THY DEGRINGOLADEが切り開いたカナディアン・ブラック/デスメタルの特徴である冷たさや黄昏をミックスしたようなスタイルで、ここ数年のREVENGE周辺や、カナディアン・エクストリーム・メタル・シーンの中で、WEAPONと並んで中心的存在のバンドです。本作でまず一番最初にブチのめされるのは、このサウンドです。へヴィメタルという枠から、より逸脱しつつある激音を、さらに後押ししてるような物凄い黒鉄音塊で、埋もれさせたドラムの音がまた凄くカッコいいです。究極の激音カオスといった様相なので、以前は感じられたデス/ブラック・メタルの基盤というか骨格は、非常につかみづらいです。黄昏た雰囲気ももう全く感じません。とにかく激しすぎます。そういう意味では、メタル・ヘッズ以外のエクストリーム・ミュージック・ファンに広くアピールする作品ではないかと思います。抽象的な解説はやってて恥ずかしくなってくるので、いつも幼稚な例えや比較で説明してますが、これはもうテキストで想像してもらうには、「地獄のような」とか"黙示録"とかいう、恐ろしい言葉で煽って想像してもらうかしかない!!







・KATECHON - Man, God, Giant DIE HARD LP ¥2800 / REGULAR LP ¥2200 (Nuclear War Now!)



ノルウェーの新鋭ブラック・デスメタルの1stアルバムがNWN!からリリース。全くの新人なのか、それともこれまでに何か他のバンド経歴を持つメンバー達なのか、素性があまりよくわかりませんが、ジャケからもにじみ出ているように、ちょっとミステリアスな個性と存在感を持ったバンドです。ダイハード・バージョンはイエロー・ビニールで、パッチ&ステッカー付きです!!



De Mysteriis Dom Sathanasを強く彷彿させる曲調のコールド・ブラックメタル・ナンバーでスタートして、いきなり1曲目から非常に惹きつけられますが、その後もブラック・メタリックな冷徹なムードに支配されながらも、デスメタル/スラッシュメタルの整合感を備えたコールド・ブラッケンド・デスメタルを、割と簡潔コンパクトに短めのナンバーを連射していきます。近年のAURA NOIRあたりが一番近いかと思うのですが、オールドスクールなリフワークと疾走感の応酬なのに、デスラッシュのルーツをあまり感じさせず、人間味のない無感情コールドな感覚で表現していて、実にノルウェーのバンドらしい渋さに満ちていてカッコいいです。インテリ臭さもなく、ジャケも不気味でカッコいいし、要注目&オススメです!!
05 | 2013/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR