RECORD BOY

Low-end Torture!!



・GRAVE UPHEAVAL - Demo 45rpm 12" ¥2600 (Abysmal Sounds)



ENCOFFINATIONとのSplitでドゥーム・デスメタル・マニアからの熱い注目を浴びたオーストラリアのバンドの、2009年録音4曲入り1stデモがアナログ化。もともと流通悪いレーベルではありますが、Split w/ ENCOFFINATIONを出した中国人とも、そしてこの1stデモ出してるオーストラリア人とも、BOYは非常に相性が悪いので、リリース情報を知った時点で半ばあきらめてましたが、少し入荷できました。日本ではまだ極一部の真性デス/ブラックメタル・マニアにしか注目されてないようですが、リリース直後からこのデモ12"は問い合わせもいただいてました。海外ではけっこう売れてるようです。レッドビニールです。



PORTALドラマーで、Blood Harvestがアナログ化した1stアルバムが激渋だったIMPETUOUS RITUALもやってる人らによるバンドで、RITUAL NECROMANCYなどファンは絶対にチェックすべきです。音の感触はENCOFFINATIONにも通じるけど、このバンドはファスト・パートが凄くカッコよくて、退廃的な荘厳さを維持したまま爆裂する様は、やっぱりIMPETUOUS RITUALが一番近いかな?VASAELETH, GRAVE MIASMAなどのファンももちろん必聴&必死でしょう。極黒で激烈なのになぜか恍惚的な、あの感覚が好きな人はbuy & dieee!!!!デス。







・SWALLOWED - Putrefaction TAPE ¥800 (Emptiness prod.)



フィンランド・ヘルシンキで活動するデスメタル・バンドの2007年1stデモが、メンバー自身によるレーベル Emptiness prod.から再発。スリーブ・カラーが数種ありますので、ランダムで選ばせていただきますが、新着商品速報BBS掲載直後から好調に売れてますので、既に残りわずかです。ケース無しで送られてきましたので、こちらで用意できたケースを付けて販売致します。



1st 7"はウルトラ・スロウなデスメタル・サウンドで、入荷した時はドゥーム系ファンにも反響がありましたが、もともとはNIHILISTとAUTOPSYの2大バンドに強く影響されたスタイルのデスメタルとしてスタートしたバンドで、後に徐々にドゥーミーなテイストが増強したそうです。この1stデモではNIHILISTのカバーもやってて、王道のスカンジ・デスメタル・ファンにオススメの内容です!!







・SWALLOWED - Epitaph of Nauseation TAPE ¥800 (Emptiness prod.)



こちらはオリジナルが2008年にベルギーのDetest Recordsからリリースされた(Detest Recordsの第1弾リリースでした)2ndデモの、メンバー自身によるレーベル Emptiness prod.からの再発バージョン。ケース無しで送られてきましたので、こちらで用意できたケースを付けて販売致します。



1stデモはNIHILISTのカバーもやってた王道のスカンジ・デスメタルでしたが、この2ndから一気にlowness & slownessが増幅。と言うか、モロAUTOPSYで最高デス!!!ラストにカバーもやってますが、オリジナル曲も本当に完全AUTOPSYです。新着商品速報BBS掲載直後から好調に売れていて、既に残りわずかですので、またいずれ入荷できるとは思いますが、気になった方はお早めにどうぞ。







・SWALLOWED - S/T 7" 2nd EDITION ¥900 (Emptiness prod.)



2010年にリリースされて、当店でも大好評だった1st 7"も再プレス。1stプレスとジャケの配色と裏面のメンバーが変わって、ダウンロード・クーポンも付いてます。初回盤は500枚プレスでしたが、この2ndエディションは100枚プレスという未確認情報もあります。



本作ではマキシマムにスロウなデスメタルへと到達。もはやリズムには聴こえずに、全編、キメ部分のブレイクのようなウルトラ・スロウネス全開!!!これはもうAUTOPSYのドゥーミィーを越えて、リアル・ドゥーマーにもスリリングなレベルの遅さだと思います。また、感触がジャリジャリ・デスと言うよりも非常にディープなタッチで、メランコリック要素は皆無だけどフューネラル・ドゥーム王国フィンランドらしい味わいもあります。Vo.の極悪アグリーなスタイルも最高で、初期THERGOTHONなんかが一番近いでしょうか。AUTOPSY、ANATOMIAなどのドゥーム・デスメタル・ファンはもちろん、拷問系に飢えてる全マゾ・エクストリーム野郎に大推薦デス!!







・FATHER BEFOULED - Profano ad Regnum LP ¥2200 (Enucleation)



ENCOFFINATIONメンバーが在籍するUSデスメタルの2008年作品。1stフルアルバム Obscurus Nex Cultus発表後すぐにリリースされた8曲入りのミニアルバムで、CDとはジャケ違いのアナログ盤は限定500枚。このレーベルは2年近くリリースもなく、HPもクローズしてるので、たぶん今は活動してないと思います。なので日本ではなかなか入手できないと思いますが、思えば発売当初も、あまりアナログ盤は輸入されてなかった気がします。



NECROS CHRISTOSがちょうど1stアルバムを発表して話題になり、GOAT MOLESTORから改名したGRAVE MIASMAがEPをリリースして、オールドスクール・デスメタル・シーンの中でも、INCANTATIONに代表される激烈に黒くて荘厳なバンドの勢力が拡大してきた頃に、このバンドの評判もよく耳にするようになりました。この作品もモロにINCANTATIONスタイルですが、昨今の傾向にある、極北を競ったようなエクストリームな感触ではなく、あくまでもオールドスクール・サタニック・デスメタルな退廃さとスラッジ(押しつぶしたような)感触のバランスが、アラフォーには非常に心地よくてカッコいいです。MORBID ANGELとかが好きな人とかでも、十分に楽しめるサウンドではないかと思います。







・FATHER BEFOULED / HELCARAXE - Ruination of the heavenly Communion SPLIT LP ¥2400 (Enucleation)



ENCOFFINATIONメンバーが在籍するUSデスメタル FATHER BEFOULEDと、USニュージャージー産デスメタル HELCARAXEによる、2009年発表Splitアルバム限定500枚LPです。



FATHER BEFOULDはINCANTATION起源のサタニック・デスメタルをよりリチュアルなlownessで表現していて、ちょっとDEMILICHなんかのフィニッシュlowビザールなデスメタルにも通じるところも感じられます。1stアルバム(の曲もやってますが)路線のサウンドが好きな人にオススメの音源です。



HELCARAXEは初めて聴きましたが、これがけっこうカッコいいです。low-endなデスメタルとは違って、へヴィメタル土台のリフとメロディックなフレーズのパーツで構成されたスラッジ・メタルといった感じで、曲もわりとコンパクトだし、泥臭いブルージーなリフもあったりして、マット・パイクがやってたKALASとかをちょっと思い出しました。東海岸のバンドですが、CAオークランド周辺のスラッジ・デスメタル・ファンにオススメじゃないでしょうか?Relapse時代のMORGIONとかなんかの。あと、こないだMLPが入荷してた、フィンランド・デスメタル ASCENDEDとSplitをリリースしてるという点も、非常に興味深いです。ちょっと気に入っちゃいました。







・ENCOFFINATION - Elegant Funerals for the Unknown Dead LP ¥2400 (Enucleation)



日本でも多くの信者を抱えるUSドゥーム・デスメタル ENCOFFINATIONの、現時点での最新作となる2012年発表5曲入りミニアルバム。ARCHGOATリリースなどでブラックメタル・ファンに馴染みのあるフランスのDebemur Morti prod.から、アナログ盤オンリーで発表された作品ですが、実はこの音源もまた、ベルギーのDetest Recordsが出すモノだったようです。



FATHER BEFOULEDメンバーが在籍するUSドゥーム・デスメタルで、1stアルバムが大反響を呼びましたが、その重さと遅さと言ったらもうー、ものすごいものでした。抵抗力が付いたのか、2ndアルバムはそれほどでもないという印象を持った人もいたと思うけど、それでもやっぱりコレはオセぇーー・・・。でも今回は早いパートもあるんだけど、しかしこれが実に気付かれにくくて、なぜなら遅い以前にウルトラ低いので、リフのスピード感と、真っ暗な谷底深くで速く叩いてるようなドラムがキメの部分だけちょっと聴こえてきて、「あ、今のは速いパートだったのかな?」と、5回以上リピートして気づきました。あと、けっこうFATHER BEFOULED的な荘厳さも今回は印象に残りました。これも5回以上聴いて、やっと気付いたデスけど。







・VOMITCHAPEL - The House of the Lord Despoiled LP ¥2400 / CD ¥1600 (Osmose prod.)



既に日本のアンダーグラウンド・エクストリーム・メタル・ファンの間でも話題となってる、ENCOFFINATION, FATHER BEFOULED, etcで活動するギタリストによるブラックメタル・プロジェクトの2012年1stアルバムです。



これがもう・・・、ENCOFFINATIONファンは狂喜乱舞、それ以外の良識あるメタル・ファンは悶絶必死の、壮絶すぎるlowwwggghhhブラックメタルで凄いね!!!666!!!この一言で解説終わらせても多分問題ないと思いますが、ENCOFFINATIONが冒涜系ブラックメタルをやったら?と考えて誰もが思い浮かぶサウンドです。ENCOFFINATIONの極低音で、プリミティブ・ブラックメタルのリフワークとスピード・カオスを表現してるので、スピーカーは終始ぶるぶる、流れてくる音楽は、初期PROCLAMATIONみたいなBLASPHEMYフォロワーの極北よりも、IMPURITYとかHADEZの1stが真っ当な演奏になったような、原始と冒涜、そして黒低音の極致です!!!

普段はブラックメタルをあまり聴かない拷問系low & slowドゥーマーも必聴です。







・VOMITCHAPEL - Damnatio Ad Bestias DIGIPACK CD ¥1600 (Osmose prod.)



こちらは2008年1stデモ/2009年2ndデモなどを収録したコンピレーション・アルバム・デジパックCDです。



1stアルバム The House of the Lord Despoiledで到達するlowestブラックメタルのプロト・タイプといった感じで、やはりキョーレツなプリミティブ・ブラックメタル・サウンドですが、1stアルバムがゲテモノ食いマニア以外を寄せ付けない作風であるのに対して、このデモ音源はもっと真っ当にプリミティブでノイジーな冒涜ブラックメタル・ファンにオススメの内容です。なんか1stが凄すぎるからフツ―に思われるかも知れないけど、これも相当だと思います。ちょっとハードコアな雰囲気も漂う初期のグラインド・ブラックっぽさもあって、BLASPHEMYやBEHERITファンはもちろん、ジャーマンBLOODやNAKED WHIPPERのファンにもすすめたい気もします。
05 | 2013/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR