RECORD BOY

Japanese Metal Legends!!!



・SALEM (Japan) - Ancient Spells of the Witch 2CD ¥1800 (Armee de la Mort)



既に全国のジャパニーズ・メタル・マニアックス、特に現役ミュージシャンと業界関係者の上層部の人間達の間で話題騒然となっていて、その口コミ&ネットコミでのウワサを聞きつけた方々からのご予約が駆け込みで相次いでいた再発盤がコレです。CHURCH OF MISERY, ex. G.A.T.E.S.のベーシスト Tatsu氏が在籍した東京のへヴィメタル・バンド SALEMのデモ&ライブ・コレクション2枚組CDが、フランスのカルト・メタル発掘レーベル Legion of DeathのArmee de la Mortからリリース!!!2003年にリリースされたコレクション・アルバム The Legacyは、今では中古市場で人気のレア・アイテムとなっていますが、今回は内容もかなりボリューム・アップしていますので、ファンは間違いなく必須のCDです。88年 Demo I / 88年 Demo II / 91年 Back to the Front Demo III / 92年 Promo Demo IV / 93年 Life with No Hope Demo V / 93年リハ / 92年目黒Live Stationでのライブ / 93年新宿Loftでのライブを収録した、圧巻の全24曲!!



Howling Bullからのリリースなどもあって、スラッシュ/パワー・メタル系のシーンで活動したバンドですが、根っこは正統派と言い切ってもよいへヴィメタル・サウンドで、Back to the Frontデモが後にドイツのレーベルからアナログ化されたり、93年にイギリス・ツアーを行うなど、海外バンドやシーンとの交流に非常に積極的でした。パワー/スラッシュ系のソリッドでダイナミックな演奏によるプログレッシブなへヴィメタル・サウンドで、日本では数少ないエピック・パワー/へヴィメタル・スタイルですが、Tatsu氏本人はできれば封印したかったという1stデモは、まだVo.が日本語詞で、80'sジャパニーズ・アングラ・メタル好きの外国人が狂喜する様が目に浮かぶ、最高にカルトな内容でグレート!!後にアナログ化された3rdデモあたりになると、まるでShadow KingdomやStorm Spellあたりが発掘再発してそうな、極上オブスキュアな合衆国産エピック・メタルにも引けをとらないクォリティー。さらに1stデモと並ぶ今回の再発盤の目玉音源とも言えるのが93年のFinal Rehersalで、VOIVODのメカニカルでストレンジなリフ&構成と、メジャー移籍後DOOM(日本)のアヴァンギャルドな要素がミックスされたような、驚愕のプログレッシブ・パワーメタル!!Tatsu氏自身も、この頃の最終期SALEMの音源を正式に残しておかなかったのは、少し悔やまれているようです。



ジャケ・ブックレットには、Tatsu氏による各音源解説とバイオグラフィー的セルフ・ライナーノート(英語)、当時の写真 / フライヤー / ファンジン掲載記事などが超盛りだくさんで、かなり分厚いブックレットとなっています。CHURCH OF MISERY新作の入荷が遅れててヤキモキしてるお客さんも多いかと思いますが(アナログ盤のリリースが遅れてるためです。すみません!)、そんな方へのお詫びと言うには贅沢で嬉しすぎる、このSALEMのCDでまずは発狂してください!!







・SIGH - Imaginary Sonicscape 3LP ¥6800 The Crypt)



The CryptによるSIGHのアナログ豪華バージョン再発シリーズの最新作が緊急入荷!!!今回のThe Cryptは、先頃CDで再発されてマニアックなデスメタル・ファンに好評だった、オランダのPHLEBOTOMIZEDも実は同時にリリースされてるのですが、先に入荷したこのSIGH "Imaginary Sonicscape"は、メンバーさんを通しての入荷ですので、レーベルから届くPHLEBOTOMIZEDの到着はまだしばらく先になると思います。また、LP x 3枚組ということもあって、今回のリリースもかなりのハイ・プライスでして、なるべく差額の出ないように値段設定しましたが、レーベルから届く分が、仮りに到着時に輸入関税が掛かってしまうと、この初回入荷プライスより高くなってしまう可能性もあります。限定500セットで、レーベルではブラック・ビニールより枚数が多い方のカラー・ビニールが先に完売してるようですので、ltd.300枚カラー・ビニールでも、ltd.200枚でも、とにかく早いとこ確保しといた方が悪いことにならないと思います!!



Century Mediaに移籍して2001年に発表したこの5thアルバムは、ETERNAL ELYSIUMの岡崎氏をプロデューサーに迎えて制作された、SIGHの豊かな音楽性の究極とも言えるアヴァンギャルド・メタル・パラレル・ワールドが全開で、初めて聴く人誰もが、その内容に驚かされるはずです。SIGHの全作品の中で、最もブラックメタルからかけ離れた作品として有名で、Hail Horror Hailでの作風を、サイケ / ジャズ / ポップス / ディスコ / ファンク,etcの要素に暴走させたようにも感じられます。しかし、Mirai氏の音楽的バックボーンはそれらの要素を完全に吸収しているので、恐るべき完成度となって表現されています。オープニング・ナンバーの Corpsecry - Angelfallが、本作品の中では一番へヴィメタルの様式と骨格を維持していて、叙情的シンフォニック・メタルの異端のような様相を呈していますが、その後はもう極彩色なまでにサイケデリックに迫ります。しかし、Shinichi氏のギター・プレイとMirai氏のキーボードの音色が素晴らしくメロウで、サイケなパートも、そしてディスコなパートさえも、70年代の昭和的郷愁が漂っている点が驚異的に見事です。



ジャケットはStephen O' Malley氏によるオリジナル・アートワークを、トリプル・ゲートフォルド・スリーブで再現して、Mirai氏自身による書き下ろしライナーノート(英語)も掲載。2009年バージョンCDに収録されてたボーナス曲と、未発表デモも2曲追加収録しています。 アナログ化を待ち望んだファンはもちろん、世界中のプログレッシブ・メタル・ミュージシャン/関係者が目を丸めたという、とにかく本当に驚くべきほどに甘美で変態的なエクストリーム・メタルの歴史的最重要驚愕極北作品を、未体験の人は必ずこの機会に体験すべきです!!!







・ABIGAIL / LUCIFER'S SANCTUARY - Split 7" PINK VINYL ¥1200 / BLACK VINYL ¥900 (Skullrkusher)



2013年のUSミニツアーを終えたばかりのABIGAILと、以前カセットが入荷してたLAのメタルパンク LUCIFER'S SANCTUARYによるSplit 7"が限定300枚でリリース!!ltd.200枚ブラック・ビニール 900円と、ltd.100枚ピンク・ビニール 1,200円の2種入荷してますので、ご希望のバージョンをお選びください!!



ABIGAILの Fire after Fireは聖飢魔IIのカバーではなく、全ABIGAILファン大満足であろう、初期ブルドーザー・スタイルのドライビング・ロッキン・ブラック・スラッシュがサイコー!!これは、Forever Street Metal Bitchの頃が大好きなファンにはたまらないナンバーです。続く Fight For My Masterがまた素晴らしくて、初期TOXIC HOLOCAUST以上の2ビート・トテトテ・スラッシュでグレートすぎる!!この曲、ほんとケッサクすぎます。



LUCIFER'S SANCTUARYは、SYPHILITIC VAGINASでメタルパンク・デビューしたようなサタニック・メタルパンクが凄くカッコ悪い!!このセンスの無さは、ちょっと90年代~2000年代のポリティカル・ハードコア・パンクの熱さを思い起こさせてくれて、懐かしく&嬉しくなってきます。ABIGAILのSplit相手は、毎度サイテ―でサイコーです!!

Anti-Goth!!

* Nuclear War Now!新作到着!!ジャケ画像をクリックするとNuclear War Now!商品一覧にリンクしますので、他商品も合わせてチェックしてみてください!







・MORBOSIDAD - Muerte de Cristo en Golgota DIE HARD LP ¥3200 / REGULAR LP ¥2200 (Nuclear War Now!)



すみません、やっと届きましたーーー!!「MORBOSIDADはまだなんですか?」と、お問い合わせもいただいてましたが、ちょっと発送元が混乱してたみたいで遅れてしまいました。USカリフォルニア産ヒスパニック・ウォーブラック・メタルの、4枚目となるスタジオ・フル・アルバムです。アナログ盤は各種バージョン含めて、初回は1000枚プレスで、ltd.300枚ダイハード・バージョンはゴールド・ビニールで、ステッカー&特大タペストリー付き!!



もはやモロボシ節とでも呼びたい、鈍いけどタイト、プリミティブだけどキャッチーな、安定したクォリティーの内容となっています。90年代初期南米デスラッシュのような原始的な鈍感デスラッシュと、BLASPHEMY以降の冒涜raw war系ブラック・デスメタルを融合した激烈サウンドに、呪文のごときヒスパニックVo.が極悪に唸ります。路線としては、傑作の呼び声も高い前作フル・アルバム Profana la Cruz del Nazarenoの延長線上の路線かと思います。Moyen氏によるジャケ・アートも一貫したタッチでかっこいいし、ファンは大満足の内容でしょう!!







・ARES KINGDOM - Veneration DIE HARD LP ¥2600 / REGULAR LP ¥2200 (Nuclear War Now!)



初期ブラックメタル・バンドにも多大な影響を与えた伝説のUSデスメタル ORDER FROM CHAOSのメンバーらによるUSカンサス・シティー産デスラッシュ・へヴィメタル・バンドの2013年新作アルバム!!と思ったら、全曲カバーです。ところがどっこいしょ・・・コレが素晴らしく爆裂した内容で、本当にカッコいい!!ARES KINGODMの音源には毎度ノックアウトされるけど、カバー・アルバムにまでブチのめされました!!ダイハード・バージョンはゴールド・ビニールで、ステッカー&パッチ付き!!



中心メンバーのChuck Keller氏はORDER FROM CHAOS時代から進行の深い、ABIGAIL Yasuyuki氏のパンクメタル・スラッシュ・プロジェクト BARBATOSにも参加していましたが、彼が現在本業とするこのARES KINGDOMは、漢のデスラッシング・へヴィメタルとでも言うべき、イブシ銀の激烈鋼鉄サウンドで、ドラマチックな展開と速弾きメロディックなギター・ソロもガンガンにフィーチャーした、へヴィメタルの土台のデスラッシュ・メタル・バンドです。しかしこのカバー集は、いきなり伝説のOZサタニック・デスラッシュ・メタル SLAUGHTER LORDの名曲 Die by Powerでスタートしてるように、デス/スラッシュ系ルーツをより強調した選曲なので、ARES KINGDOMのオリジナル作品よりも、かなりイケイケな内容なのです。Die by Powerの、文字通り圧倒的なゴリゴリ・デスラッシュなパワーにいきなり殺られますし、その後も、SDACRILEGE, R.U.DEAD?(ex.ジャーマンPOISON), MEFISTOのようなスラッシュ/デス/ブラック・メタルのレジェンド・バンドや、メンバーが関連した兄弟バンドとも言える VULPECULA, NEPENTHE, そしてラストはなんとDOKKENの代表的名曲 Tooth and Nailでフィニッシュ。で、このDOKKENカバーがまた最高にカッコいい!!乱暴な事言ったら、BOYのお客さんにはARES KINGDOMはやっぱりいまいちアピール度が弱かったので、このカバー・アルバムが一番オススメなのかも知れません。とにかく理屈抜きにカッコよすぎる!!







・CAUCHEMAR - Tenebrario DIE HARD LP ¥3200 / REGULAR LP ¥2200 (Nuclear War Now!)



Morbid Tales FANZINEを発刊し、へヴィメタルの重鎮達も多数レシピを提供して話題を振りまいたへヴィメタル・クッキング・ブック HELLBENT FOR COOKINGの著者であるギャル・バンガー Annick嬢率いるカナディアン・ドゥーム・へヴィメタルの9曲入りフルアルバムが、NWN!からリリース。以前はAnnickちゃんはVo.とベースを担当していましたが、本作からVo.専任となって、4人編成で制作されています。ドラマーはメタルパンク・スラッシュ BASTARDATORのギタリストだった人です。ダイハード・バージョンは、クリア・ビニールでステッカー&パッチ付き、そしてレギュラー・バージョンと共通のダイカット・スリーブ・ジャケ+アウター・スリーブ付きで、この布地アウター・スリーブが、他のこのタイプのダイハード・バージョンよりも上質な生地&プリントで、NWN!もかなり力を入れて制作しています!!



前作デビュー・ミニ・アルバムでも感じさせた、70年代JUDAS PRIEST影響下の、鋼鉄リフと叙情ドラマチックな展開のドゥーム・へヴィメタルというスタイルに焦点が定まってきて、NWN!リリースとしては異色ではありますが、ウィッチング・オカルト・メタル系のファンにもアピールする内容です。このテのバンドが安易に流れやすい、アシッドなテイストは皆無で、へヴィメタル・プライドもヒシヒシと伝わってきます。決して上手いVo.ではないけど、Annick嬢のフランス語Vo.は見事に80'sメタル・テイストを再現していて、彼女のVo.パート専任という選択も、大正解と言えるでしょう。楽曲だけで言えばHOUR OF 13などとも共通しますが、Annick嬢のヘタウマ・ウィッチングVo.が、素晴らしくアングラ・メタルの華やかさに彩っています!!







・ANTEDILUVIAN - Logos CD ¥1400 (Nuclear War Now!)



CDも到着しました!!ex. GLORIA DIABOLIメンバーらによるカナディアン・デス/ブラックメタル・バンドの、2013年フル・アルバムがNWN!からリリース。過去作品での強烈なイメージを上書きするような、完全なる壮絶カオスを表現しきっています。これは凄い・・・。今回はもう、ギブアップする人も出てくるかも知れないくらい、究極の混沌さと黒さ渦巻く世界です。



INCANTATIONやBLASPHEMYを頂点とする冒涜的なドス黒さと、RITES OF THY DEGRINGOLADEが切り開いたカナディアン・ブラック/デスメタルの特徴である冷たさや黄昏をミックスしたようなスタイルで、ここ数年のREVENGE周辺や、カナディアン・エクストリーム・メタル・シーンの中で、WEAPONと並んで中心的存在のバンドです。本作でまず一番最初にブチのめされるのは、このサウンドです。へヴィメタルという枠から、より逸脱しつつある激音を、さらに後押ししてるような物凄い黒鉄音塊で、埋もれさせたドラムの音がまた凄くカッコいいです。究極の激音カオスといった様相なので、以前は感じられたデス/ブラック・メタルの基盤というか骨格は、非常につかみづらいです。黄昏た雰囲気ももう全く感じません。とにかく激しすぎます。そういう意味では、メタル・ヘッズ以外のエクストリーム・ミュージック・ファンに広くアピールする作品ではないかと思います。抽象的な解説はやってて恥ずかしくなってくるので、いつも幼稚な例えや比較で説明してますが、これはもうテキストで想像してもらうには、「地獄のような」とか"黙示録"とかいう、恐ろしい言葉で煽って想像してもらうかしかない!!







・KATECHON - Man, God, Giant DIE HARD LP ¥2800 / REGULAR LP ¥2200 (Nuclear War Now!)



ノルウェーの新鋭ブラック・デスメタルの1stアルバムがNWN!からリリース。全くの新人なのか、それともこれまでに何か他のバンド経歴を持つメンバー達なのか、素性があまりよくわかりませんが、ジャケからもにじみ出ているように、ちょっとミステリアスな個性と存在感を持ったバンドです。ダイハード・バージョンはイエロー・ビニールで、パッチ&ステッカー付きです!!



De Mysteriis Dom Sathanasを強く彷彿させる曲調のコールド・ブラックメタル・ナンバーでスタートして、いきなり1曲目から非常に惹きつけられますが、その後もブラック・メタリックな冷徹なムードに支配されながらも、デスメタル/スラッシュメタルの整合感を備えたコールド・ブラッケンド・デスメタルを、割と簡潔コンパクトに短めのナンバーを連射していきます。近年のAURA NOIRあたりが一番近いかと思うのですが、オールドスクールなリフワークと疾走感の応酬なのに、デスラッシュのルーツをあまり感じさせず、人間味のない無感情コールドな感覚で表現していて、実にノルウェーのバンドらしい渋さに満ちていてカッコいいです。インテリ臭さもなく、ジャケも不気味でカッコいいし、要注目&オススメです!!

SOLPAATOS - S/T 7"



・SOLPAATOS - S/T 7" ¥800 (We Suck)



Raw Punkz comp.にも参加してた新潟のハードコア・パンク・バンドの1st 7"EPが、EXITHIPPIESのFLEXIなどを過去に出していたWe Suck Recordsからリリース。ちょっと変わったフォーマットなどで毎度注目を集めていたWe Suck Recordsの久々のリリースでもあります。



SKIZOPHRENIA / Vox Populi Yu氏のお墨付きということで、既にその筋のマニアには大きな期待を集めているバンドですので、SKIZOPHRENIAファン必聴!くらいに言っておけば、当店でもある程度は売れそうな雰囲気が既に漂っていますが、北欧トロール系パンクを土台にしながらも、独自のスタイルを確立しているSKIZOPHRENIAだけを引き合いにしていては、どちらのバンドにも失礼と感じさせるくらい、このSOLPAATOSの7"には、若手バンドの1st EPらしい衝動がギュウギュウに詰め込まれていて、素晴らしい内容となっています。スリーブもなんかどこかで見たことあるような感じですが、サウンドが本当にフィンランドのハードコア・パンクみたいでビックリ!!!リズム隊とVo.を前面に出して、そこにノイジー・ギターが線の細い哀愁メロディーで絡んでくるトータルのバランスもナイスですし、あと、フィンランド語Vo.が本当に80'sフィンランド・ハードコアみたいで凄い!!「完全なる崇拝は、もはや模倣ではなく、完璧なる個性」と言う格言が、久しぶりにあてはまるレコードです。D-Beatで言えばDISASTER, ジャーマン・スラッシュメタルで言えばNECRONOMICONのように。



CRUDE S.S.とSOTLIMPAのLP、Hardcore SurvivesからのE.A.T.E.R.再発EP、そして昨日発売となった、スウェディッシュ・ウォーシップな80'sスヴァート・スラッシュ全開のFRAMTIDの初期デモ集LPと、最近はスカンジナビアン・ハードコア・パンク・ウォーシップな空気がBOYみたいな店でも強まってきていますが、このSOLPAATOSの1st 7"も、それらのレジェンド・バンド・リリースに猛追を掛けるかのテンションと極上の内容ではないでしょうか。これは本当にフィニッシュ・ハードコア・マニアックス必聴だと思います!!

FRAMTID - Consuming Shit and Mind Pollution The Early Demos 1997-2001 LP



・FRAMTID - Consuming Shit and Mind Pollution The Early Demos 1997-2001 LP ¥1890 (Crust War)



日本を代表するクラスコア・バンドの一つ 大阪のFRAMTIDの、97年 Reh Demo #1 / 98年 Counterattackデモ / 99年 C.D.Cデモ / 2001年 Consuming Shit and Mind Pollution デモの、初期デモ4作を収録したLP。ゲートフォルド・スリーブに、CRUST WAR ZINE風のブックレットも付いて、先にリリースされて大ヒット中の2ndアルバム Defeat of Civilization LPよりも、ある意味非常にFRAMTIDらしい、というか実にCrust Warリリースらしい、古いファンも嬉しくなってくる素晴らしい仕上がりです。



新作2ndアルバムは、変わることのないFRAMTIDが、2013年の現在を生き抜くべく叩きつけた入魂の作品ですが、このデモ音源集は、10余年そこそこ前の音源とは思えない、剥き出しの生々しい姿が凄く新鮮です。何を言いたいのかと言いますと、90年代後期~2000年代初頭のバンドと言うのが信じられないくらい、まるで80'sスウェディッシュなスヴァート・スラッシュがいつ聴いても激渋すぎます!!!クラストもジャパコアも関係ないぜ、というスタンスで活動はしても、やはりコレは紛れもない、スウェーデンの伝統を日本で受け継いだクラストコアです!!







・FRAMTID - Defeat of Civilization LP ¥1680 (Crust War)



こちらも絶賛発売中です!!日本のみならず、世界的に見てもクラストコアというスタイルの代名詞的存在となりつつある、大阪のハードコア・パンク・バンド FRAMTIDの、Under the Ashes以来、11年ぶりとなる2nd LPです。



スカンジナビアン・ハードコアを土台にした、黒いクラスト・パンク・スラッシュというスタイルに変わりありません。もちろんメンバー各氏は、クラストコア以外の様々なスタイルのパンクやエクストリーム・ミュージックも聴いているでしょうが、彼らはこの飽食の時代を生き抜く資格も術も持ち合わせていて、フォロワー達にその妥協のない姿を提示する義務もあります。そして今回も、リスナーやフォロワーの求める、その勝手な理想の姿に対して、ごまかしたりしてる部分などは一切ない、明確な答えを叩きつけてきてくれました。これこそFRAMTIDです。クラストコア・パンク以外の何モノでもありません!!!





2013年の今、日本のクラストコアは世界中のPUNKSから熱い注目を集めている!当然ながら最盛期の大阪クラスティーズ最後の生き残りであるFRAMTIDが11年振りの新作LPである『DEFEAT OF CIVILIZATION』を引っさげ、アメリカはテキサスで毎年行われている大規模なPUNKイベントChaos InTejas に出演するとなれば、軽く1000人を超える世界中のPUNKSが会場を埋め尽くすであろう。日本クラストの小さな火種が今、大災害を巻き起こす!!! 10曲入り。



最早、既製のロジックになど当て填めようもなく、如何なる枠組みも一撃にて粉砕する全世界待望のFRAMTID New LP『DEFEAT OF CIVILIZATION』が2002年リリースの前作『UNDER THE ASHES』以来、実に11年の歳月を経て遂に放たれる。思えばこの11年という年月を自らの企画『HARDCORE VICTIM』を軸とした国内での精力的な活動は元より、ヨーロッパツアーに於ける数多の鉄火場をも潜り抜け到達したのが今日の愚直なまでにブレる事なき姿であるのは言うに及ばず、2013年のこの世に跋扈するあらゆる矛盾、欺瞞そして不条理を燻り出し我々の目前に晒し叩きつける事こそがこの檄なる音源に刷り込まれた彼等の本懐であると俺は信じて疑わない。



そしてもうこれ以上の多くを語るまい。全世界総てのパンクス、そしてクラスティーズ共よ!! この鉄条網の彼方より急襲するFRAMTID渾身の爆撃を聴かずして消え給う事勿れ!! 俺は確信する。この先、彼等の拓く地平の先を疾走(かけ)る影…その影こそもまたFRAMTID以外の何者でもない事を…。 





森下 篤【OVERTHROW RECORDS】

Metal from Far East!!



・FRA HEDENSK TID - 回帰への祈り CD ¥1500 (Zero Dimensional)



Grind FreaksからCDをリリースしていたハードコア・バンド DEVOIDや、デモCDRが入荷してたドゥーム・ブラックメタル VALKYRIEにも参加するメンバーによる独りブラックメタル SVAR FRA HEDENSKが改名。現在はBLASPHEMOUS LEGION, FENRISULFのVo.も参加して2人体制で活動するブラックメタル・バンドです。Zero Dimensionalから11曲入りアルバムCDをリリース。



SVAR FRA HEDENSK時代のデモで聴かせたローファイなガレージ・ノイズ・ブラックメタルから深化して、ドラムはプログラミングではありますが、サウンドも曲展開も激しさを増しています。寒々としたフレーズとダイナミックな展開なども絡めたコールド・プリミティブ・ブラックメタルで、ヨーロッパのアンダーグラウンド・ブラックメタル・マニアにもオススメの内容です!!







・EVIL - 2nd demo CD ¥500



再入荷!!1stデモが大きな反響を呼んだ、都内を中心に活動する若手サタニック・スラッシュメタル・バンド EVILの新作!!タイトルは2ndデモとなってますが、14曲入りプレスCDで、実質自主制作1stアルバム的な気合の入った内容です!!



1stデモで楽しませてくれたEVILワールドは、もはや完全に確立された感がありまして、新人ながら素晴らしい個性を持ったバンドです。Hell Awaits時SLAYER直系のダーク・スラッシュメタルをさらにlowに表現したようなデスラッシュに、感情を押し殺したような抑揚のない低音Vo.が「串刺し!」や「ウーッ、火炙り!」などの邪悪日本語詩を吐き捨てるように乗せると、まるでGUILLOTINE TERRORとVONの融合みたいでサイコーすぎる!!1stデモ以上にオススメです!!

SABBAT - Sabbatical EarlyslaughT-Shirt Series 2013 JULY





・SABBAT - Sabbatical EarlyslaughT-Shirt Series 2013 JULY ご予約受付中



Nuclear War Now!から、SABBAT30周年記念シャツが発売決定!!!666!!!2013年5月から毎月1作品ずつ、今年いっぱい12月まで続々とリリースされ、NWN!, ドイツのIron Bonehead productions, そして当店 RECORD BOYでの販売になるそうです。しかも全て、Elizaveat氏によるアートワークですから、これは世界中のSABBATウォーシッパーズ狂喜の必須アイテム・リリース地獄です!!!



第3弾の7月バージョンのご予約を受け付け開始します。ボディはGildan、サイズはS / M / L / XL / XXLの5種。値段は恐らく、2000円台中半くらいになるかと思います。ご希望の方は通常のカート購入と同じように、サイズとご清算方法もあらかじめ指定して、カートに入れてください。締め切りは、6月30日(日)の閉店時間 20時です。宜しくお願いします!!





* Sabbatical EarlyslaughT-Shirt Series 2013商品の一覧は、こちらをご覧ください。

Japanese Punks & Skins!!



・ZYANOSE - Why There Grieve? CD ¥1890 (NOSENOISE:L.A.R.V.A.)



大阪クラスティーズ ZYANOSEによる地獄の連発リリース最新作!!12曲入りの2013年3rdアルバムになります。2012年秋のカナダ~USツアーから帰国後すぐに制作され、バンドの勢いをそのままパックしたような轟音アルバムです。



今回はクラストコアのパブリック・イメージにまた回帰したようなジャケの雰囲気ですが、内容はやはりアナーキーで、クラストコアの未来をズタズタに引き裂きます。パンクの様式に乗っ取っては、コレ以上の破壊的ノイズは今後不可能であろう、究極のノイズコア・クラスト・アルバム。インナーには、インタビュー形式レビュー掲載!!







・AGGROKNUCKLE / BOUND FOR GLORY - Respect and Honor East meets West SPLIT CD ¥2100 (Yellow Side)



名古屋スキンズの重鎮 AGGROKNUCKLEと、伝説のUSスキンヘッズ BOUND FOR GLORYのSplit CDが遂にリリース。海外バンドとの交流を積極的に行ってきたAGGROKNUCKLEが、BOUND FOR GLORYとの日本ツアーを2013年の9月に敢行すると発表して以降、世界中のスキンヘッズの間で話題騒然となっています。まさしく快挙と言えることだと思いますが、日本のRACが、海外のシーンや関係者にも高く評価されていることの証明でもあると思います。



AGGROKNUCKLEは、メタリック且つドライビンなギターと疾走感、そしてバツグンにキャッチーなシンガロング・ナンバー連射で、ハードコア系とも多く共演して支持を得ている重鎮らしい迫力に満ちています。GRUESOMEや雷矢なども好きなハードコア・ファンには確実にお奨めです!!



BOUND FOR GLORYは、近年はメタル方面へのアピールも強めていて、勇壮アグレッシブな、エピック・パワーメタルとでも言えそうなサウンドもカッコいいバンドですが、今回のSplitはサンプルを聴くと、ストロングな疾走ハードコア調が印象的で、AGGROKNUCKLEや日本のスキンヘッズに敬意を表しているかのように感じられます。



当店のお客さんでも、RAC系とデス/ブラックメタルを一緒に楽しんでいる方は結構いらっしゃいますし、やりとりしてる海外メタル・ディストロの関係者でも、この日本ツアーには強い関心を抱いている人間が少なくないです(ちょっと調べてみたら、BOUND FOR GLOERYには、以前入荷してたデスラッシュ・メタル・バンドのBEFORE GODに参加しているメンバーもいました)。世界中のスキンヘッズが注目する今回のジャパン・ツアーの前に、ぜひこのSplit CDにも触れてみてください!!







・AGGROKNUCKLE - Unshakable Determination CD ¥1680 (Vital Sign)



名古屋スキンヘッズ重鎮が、93年発表 "Fight Back For The Rising Sun"と、94年発表 "狼の宴"の、オムニバス2種から15年以上経過して遂に発表した、2010年1stアルバムです。



海外バンドとの交流や、地元パンク/ハードコア・シーンでの精力的な活動を集約したかのような、入魂の1stアルバム。GRUESOMEや雷矢などと同じように、疾走感とガッツみなぎるシンガロングな曲調で、ハードコア・ファンにも強くアピールするストロングなサウンドです!!

Punk on Wave!!



・DEATHCHARGE - Bad Dream Forever LP ¥2200 (Unseen Forces)



USポートランドのダーク・ウェイブ・ゴス・パンクスの2ndアルバムがアナログ盤でリリース。今回のLPも前作同様、北米メタル/ハードロック系リリースの方がどちらかと言うと中心のレーベル Unseen Forcesから出ました。



オープニングのドローン的サウンドスケープに続いて、非常に重苦しいダーク・スロウ・へヴィ・ゴス・ロック・ナンバーへと続いて、「おおおーー、これは飛躍的に黒く重くなったぞ!!」と思ったら、回転数間違って再生してました。ただ、まぁ、前作よりさらにハードコア・パンク色は薄まってることには変わりありません。B3の曲などは、私のような者でも知ってるKILLING JOKEの有名な曲ソックリのテンポと刻みで、必然的にSIXXにも似てきます。考えようによっては、前作よりも、当店向きの内容とも言えるかも知れません。







・INDIAN DREAM - Orca CD ¥1800 (Boss Tuneage)



late 80's UKハードコア・ルネッサンス期に活動した女性Vo.メロディック・パンク・バンドの、87年にLooney Tunesから発表した1st 7", 89年発表唯一のアルバム, 最終作となった92年2nd 7"を収録した全16曲入りCDが、Boss Tuneageからリリース。日本流通盤は、帯と歌詞対訳付きです。



聴いたことがあった名前のようで、全然知らなかったですが、完全にあの時代のUKパンク・サウンドです。ポジティブなナンバーもどこか陰りのある、フォーキーなアナーコ・パンク・サウンドは、まるで女性Vo.版POLITICAL ASYLUMかthe MOBみたい!!昨今の女性パンク・モノとは全然違って、と言っても最近のはほとんど(昔のもあんまり)知りませんが、たぶん違う気がします。コレは完全にブリットです!!

Thrash till Death!!





・RANGER - Combat Metal TAPE JAPANESE EDITION ¥800 (Fanatic Lodge)



スラッシュメタルでここまで個人的にも本気出させてくれるのは、現行バンドではSAURONのThrash Assault以来でしょうか。デモテープでの入荷で限定すれば、スウェーデンのCORRUPTの1stデモやANTICHRISTの1stデモなどが入荷した時も、北欧スラッシュメタル・ニュー・ジェネレーションのクォリティーの高さに脱帽しましたが、今度はデスメタル勢の活躍も近年目覚ましいフィンランドから、とんでもないバンドが出現しました。しかしこのデモはどうやら3rdデモらしいですから、突如登場と言うことでもないようです。MORBUS CHRONメンバー参加のガレージR&Rバンド RED STRIKEの10"を出してた流通激薄レーベルからのリリースだったので、気付くことができました。しかも調べてみると、当店で既にプッシュ&好評を得ている極悪low-end & slowestデスメタル SWALLOWEDのメンバー君達ではないですか!!コレはいいの見つけたから、このバンドもちょっと面白いことになりそうだ、なんて思ったら・・・・



まるで回転数を上げた猛速スピードメタル版BATHORYのようなオープニング・ナンバー Touch of Deathで完璧ノックアウトーーーーー!!!!!!!!!!



WHIPLASHの1stミーツKREATORの2ndのようでもあるけど、この曲はやっぱり高速のBATHORYみたいだ。しかも、ギター・ソロがちょっとジャパニーズ・ビジュアル・スラッシュみたでまたサイコー!!!!!こうなると、ちょっとデランジェの1st EPにも似てる気がして、とにかく完全に大好きなタイプに間違いありません。閉店後の店内で初めて聴いた瞬間は、思わずガッツポーズ&ヘッドバンギングの、独りガッツ・バンギングです。続くSupreme Evilでも、KREATORの2ndの落下型イーヴィル・スラッシュにWHIPLASH 1stのへヴィメタル土台のガッツを導入したようで、テンションもクォリティーも全くダウンしません。もちろんINFERNOやAURA NOIRなどに代表されるこざかしい指使いのDESTRUCTION型リフも終始全開です。ラストのタイトル曲がインストなんですが、これがビックリのIRON MAIDENスタイルでして、しかもアグレッシブなパワーで叩きだしてるので、HALLOW'S EVEファンもノックアウトされてほしいです。



ラストの曲を聴くと、このバンドも順調に活動を続ければ、いずれはANTICHRISTやノルウェーのNEKROMANTHEONみたいになるであろうと確信します。このセンスとバツグンのキャッチーさ、そして最高のへヴィメタル・ファッション、ほっとかれるわけないでしょう。誰もやらないのなら、ウチがやってもいいです。と言うことで、いてもたってもいられなくなり、こちらもまたBOY限定ジャパニーズ・エディションで大プッシュさせてもらいます!!!!!今回は初めて、BOYからバンドとレーベルにジャパニーズ・エディションをオファーしました。それくらい本気で惚れてます。ジャパニーズ・エディションはジャケ骸骨が、日本刀でトーテンコップ風になって、背中のバンド名とタイトルも日本語表記になってます。さらに、バンド・フォトも、新たに撮り下ろしてくれたモノを使ってくれました。



DISHAMMERメンバーによるスパニッシュ・スラッシュメタル MANIACや、CRUEL FORCE亡きジャーマン・スラッシュメタル・シーンを再度燃え上がらせてるであろう存在として注目を浴びるPERVERSIFIERなど、話題のスラッシュメタル新鋭もとても面白そうで手配済みですが、すみません、ちょっと待ってください。ウチみたいな店でスラッシュメタルを熱心に掘ってくれてる方は、このフィンランドのRANGER "Combat Metal"デモを必ず聴いてください。人間が出来てない私は、コレを他店さんに先にプッシュされてたら、間違いなく嫉妬してたことでしょう。BOYにとっての2013年スラッシュメタルはコレで決定です!!!!!!!!







・RANGER - Combat Metal TAPE ¥800 (Fanatic Lodge)



レギュラー・エディションも個人的に欲しかったので少し入れました!!!







・FORESEEN - Structual Oppression 7" ¥900 (Take it Back/Collision)



一大プッシュを決意したフィンランド・スラッシュメタル・バンド RANGERのベースVo.が、クロスオーバー・バンドもやってると言うので、RANGERのカセットのついでといっては失礼だけど、少し入れてみました。ところがドッコイ、これがまた痛快にカッコいい!!!



クロスオーバーと言っても、ぶっちぎりの直線刻みリフとハイトーン・シャウトからスタートするように、サウンドはほぼスラッシュメタルと言ってもいいかと思います。RANGERのサウンドにもちょっと感じさせるけど、このFORESEENも疾走感がやっぱりちょっとWHIPLASHっぽい熱血な直球さで、チューニングを落とした重厚スラッジな感触が、CRO-MAGSの2ndあたりのダイナミズムも彷彿させます。MA1, フード, カモフラのトップスに身を包んだ短髪の連中に紛れて、ライダース・ジャケットを着たメタルヘッズのRANGERメンバーがいるメンバー構成もまた、80's的でナイスです。クロスオーバー・スラッシュ・ファン必聴です!!







・INFECTONATOR - Brainfuckers CD 1200 (Arcane Metal Arts)



当店で大プッシュしたUSデトロイト・へヴィメタル BORROWED TIMEの現メンバー3人がやってるスラッシュメタル・バンドが、Arcane Metal Artsから6曲入りCDをリリース。BORROWED TIMEのCDも入手してくれた方ならご存知の通り、このレーベルは非常に流通が良くないので、US地下スラッシュメタル・マニアと、そしてBORROWED TIMEファンで気になった方も、このチャンスにぜひチェックしてみてください。



音的にはもちろんBORROWED TIME要素は皆無ですが、SAURONのメンバーもいますので、デトロイトのメタル・パンク・オムニバス・アルバム F.O.A.D. LPなどを楽しんで聴いた方は、かなり興味を惹かれるであろう、個性的なスラッシュメタル・サウンドです。現行スラッシュメタルで例えると、ブラジルのFARSCAPEの初期にも似たジャーマン・スラッシュメタル系のリフを中心に、テクニカル・スラッシュのようなノリにくい展開で構成して、かき鳴らしフリージング・コード・リフや、サイケデリックなアバンギャルドな雰囲気もある妖艶ギター・ソロなどの

ブラックメタリックな要素もトッピングしています。ラストはDARKTHRONEのカバーでフィニッシュ。時代の風潮やトレンドとは全~~~然関係ない所で、好き勝手にやってるイーヴィル・ブラック・スラッシュメタル、といった感じで、ダイハードなユーロ・スラッシュメタル・ファンにオススメ。間違っても、NWOTHM寄り正統派スラッシュメタルや、華やかなアメリカン・クロスオーバー・スラッシュなサウンドなどは期待しないでください。やっぱりデトロイトのバンドはおかしい&おもしろい!!そしてチンピラくさい!!

Deathrash Armageddon relations!!



・ATOMIC ROAR - Metal Mayhem CD ¥1500 (Deathrash Armageddon)



ブラジリアン・パンキッシュ・スラッシュメタルの、大ヒットした1stアルバム録音時の未発表曲/テイク2曲, 2006年デモ, リハーサル収録の編集盤CDが、Deathrash Armageddonからリリース。



2ndアルバムで昨今のメタルパンクの傾向に沿った、モーターチャージドなテイストを強めましたが、1stアルバムは120%ピュア・フィルシーWARFAREまんまなサウンドでケッサクでした。このCDに収録の1stアルバム時未発表は、やっぱりそうか、と納得のWARFAREカバーを披露してますが、やっぱりこのバンドは、このWARFARE路線で突き進んで欲しかった!!1stアルバムを満喫したメタル・パンク・ファンには嬉しいCDです!!







・MOON MISTRESS - Demo TAPE ¥600 (Deathrash Armageddon)



Deathrash Armageddonのドゥーム部門レーベル Golden Processionからリリースされた、ロシアのドゥーム・メタル・バンドの1stデモ。既にアルバムも発表してるバンドの2010年デモの再発で、当時はプロモCDRとして販売用に作られたものはなかったそうですが、この度カセット・バージョンで再発リリースされました。



今流行りのウィッチでヴィンテージな70'sスタイルのオカルト・ドゥームメタルとは違った感じで、ストーナー/ドゥームがハードコア界隈と今よりもっとシーンの深層で交わっていた2000年代、もっと言えば、ELECTRIC WIZARDや、Man's Ruin系の爆音でレトロな、でもアシッドなトリップ感はない、どこか非常に懐かしさのあるストーナー・ドゥームです。Rise Above, Man's Ruin系ストーナー・ファンにオススメです!!







・MIRTHLESS - A Dirge for Your Suicide DIGIPACK CD ¥1800 (Dunkelheit prod.)



Deathrash Armageddonから10"をリリースしていたペルー産デス・ドゥーム・メタルの1stフルアルバム・デジパックCDです。



デモがフューネラル・ドゥーム・マニアックスに絶賛されて話題を呼びましたが、ちょっと私達が想像する "フューネラル・ドゥーム" とは違ったサウンドだと思います。南米メタルの原始性とフューネラル・ドゥームのデプレッションが絶妙のバランスで融合していて、プリミティブなリフワークなどは、南米メタル以前に、パンク・リフのようなシンプルさです。それが、南米特有の呪術的でもある荒涼とした絶望で覆われていて、宗教的な悲哀の強い欧米のフューネラル・ドゥーム・ファンよりも、WORSHIPのような殺伐とした暗黒ダークネス好きにオススメの、プリミティブ・ドゥーム!!





* 上の作品ジャケ画像をクリックするとDeathrash Armageddon商品一覧にリンクするようにしました。合わせてチェックしてみてください!!
05 | 2013/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR