RECORD BOY

Cult Metal from the Graves!!



・MASACRE - Colombia... Imperio del Terror / Cancer de Nuestros dias CD ¥1000 (Obliteration)



2004年にObliteration Recordsからリリースされた大ヒット・デモCDが、ジャケが変わって遂に再発!!コロンビアを代表するデスメタル・バンドの89年1stデモと、90年2ndデモのカップリングCDで、日本のロウ・デスメタル/ノイズ・メタル・マニアも驚愕させた、大ヒット・デモ・アルバム!!2ndデモの代わりに88年リハなどを収録した11曲入りアナログ・バージョン 2,200円も発売中です!!



1stアルバムで到達した独特の鈍い重厚デスメタルの片鱗を既に感じさせつつ、やはりデモ音源ならではの原始的破壊力が爆裂しています。この時代の初期デスメタル・バンドの多くがスラッシュの名残りをにじませてたのに対し、MASACREは北欧のデスメタル・ムーブメントを敏感に感じ取ったような重厚ダークネスをイチ早く実践していて、それを南米バンドらしい、土砂の茶色と泥の黒さがグチャドロになったような汚濁雑音で叩きだしています。感触は凶烈に汚らしく原始的なのに、コロンビアン・デスメタル特有の無感情な冷徹さが充満していて、とにかく最凶に渋いデス!!!デストロイ・ノイズ・メタルの良心的極上カルト・デモ・クラシック!!!







・AGONIZED - Gods... 7" ¥900 (Emptiness prod.)



Finnish lowデス・ウォーシッパー大興奮の極上極悪発掘オブスキュア・デスメタル・リリース!!!このChris Moyenによるジャケ・アートの91年デモだけを残して消えた幻のフィンランド・デスメタル・バンドを、古き悪きフィンデス・サウンドを現代に置いて最も正統的に継承してるlowデスメタル SWALLOWEDメンバーのレーベル Emptiness productionsが7"EPで再発。



低音を凶烈にアピールしたフィンランド・デスメタル最大の特長を、さらに極北まで追及したような、ものすごいカルト音源デス。もっとも、このバンドの場合は、lownessと同時に、ノイズ・メタルとも言える音質がその効果を高めているので、CONVULSEに代表されるフィンデスの病的感覚よりも、BEHERITなどのノイズ・メタルや、CARCASSやPROPHECY OF DOOMのようなステンチlownessな雰囲気も感じます。北欧デス特有の陰鬱音階や、ギターソロも一切なし。刻むリフは鈍い重厚さも生み出していて、コロンビアあたりの鈍黒重死鋼鉄が好きな人も楽しめるような気がします。でもやっぱり最後まで聴くと、DEMILICHみたいなクリプティックlowフィニッシュ・デスメタルって気もしてきました。とにかく、ドゥーマーもステンチ・デス・ヘッドもゴア野郎も、初期デスメタルのlownessとrawnessに魅了されたダイハード・デスメタラーならば全員必聴の強力デス・カルト発掘ってことです!!!







・MIDAS TOUCH - Presage of Disaster 2CDs ¥1700 (Divebomb)



スラッシュメタル衰退期の80年代末期~90年代初期の、知る人ぞ知ると言うほどオブスキュアな存在ではなく、しかしスラッシュメタル不遇の時代だったため、正当な評価を得られずに寂しく消えていったバンド、と言った感じのリイシューが多いDivebomb Recordsによる、スウェディッシュ・テクニカル・スラッシュメタル・バンドの再発盤。メンバーは後にEaracheからも作品を発表したインダストリアル・メタル MISERY LOVES Co.を結成したことで知られています。89年にNoise Recordsから発表した唯一のアルバムに、87年 / 88年 / 90年デモもプラスした初オフィシャル再発2枚組CDです。



この時代のスラッシュメタルは、ほぼノーマークだった人は少なくないと思います。レーベルから届いたインフォメーション見て、そういえば昔良く見たジャケだな・・・くらいは思い出しましたが、全くそそられる雰囲気を放ってないので、たいして調べずにスルーするところでした。しかし、当時この作品に思い入れのあったお客さんからリクエストがあり、意を決してオーダーしてみました。TARGET以来のテクニカル・スラッシュの入荷リクエストだったし、それらをリクエストしたお客さんは、全て名のあるバンド・メンバーさんや業界関係者だったので、これは俄然興味がわいてきました。



で、確かにこれは渋いテクニカル・スラッシュメタルです。ユーロ・スラッシュの土台がしっかり感じられて、スピード・パートもかなり速かったりします。ソリッドなテクニカル・リフで起承転結型の複雑スラッシュメタルを展開させるところは、Release from AgonyのDESTRUCTIONや後期DEATHROWなどの発展した形、とも捉えることができそうです。静寂パートも繊細に表現しています。そしてマニアが今回一番の聴きどころとするデモ音源も、やはり聴き応え満点!!リフ・ワークはよりジャーマン・スラッシュ系のテクニカルなスタイルで、曲調も畳み掛けるようなスピード感がカッコいい。デモ音源は、広くオールドスクール・スラッシュメタルが好きなファンが楽しめそうです。







・ELYSIUM - Inspired Hatred CD ¥1500 (Divebomb)



スラッシュメタル不遇の時代だった80年代末期~90年代初期に存在した、正当な評価を得られずに消えていったバンドを多く再発するDivebomb Recordsによる、フロリダのスラッシュメタル・バンド発掘再発盤。活動時に残した全ての音源である89年と91年のデモに、ボーナス曲と91年ライブ・ビデオも追加したエンハンスドCDです。



これはテクニカル系を普段聴かないスラッシャーでも熱くなれる、文句なしに素晴らしいテクニカル・スラッシュメタルです!!このテのスラッシュは詳しくないけど、このクォリティーは驚異的&事件的な発掘盤ではないのでしょうか?スピード・パートへの切り込み具合が素晴らしくバツグンで、ソリッドなリフとの相性は、ベルギーのTARGETすら思わせます。ギター・オリエンテッド・スラッシュメタル連中と肩を並べると言っても大げさでもない、クラシカルな速弾きギターも完璧。さらにこの時代のフロリダらしい、デスメタリックなテクニカル・リフ&激速パートもあって、ATHEISTを引き合いにレーベルが売り込んでるのも納得です。CORONERやTARGETなどのユーロ・テクニカル・スラッシュ好きにも断然オススメの、アンビリーバボーな極上発掘スラッシュメタル!!
11 | 2012/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR