RECORD BOY

Anti-Goth!!

* Nuclear War Now!新作到着!!ジャケ画像をクリックするとNuclear War Now!商品一覧にリンクしますので、他商品も合わせてチェックしてみてください!







・KNELT ROTE - Trespass DIE HARD LP ¥2500 / REGULAR LP ¥1900 (Nuclear War Now!)



パンク・ファンにとっては、80年代から注目すべきバンドが数多く存在してきたUSオレゴン州ポートランドは、ここ数年はエクストリーム・メタルも素晴らしく充実していていますが、Ajna OffensiveやParasitic Recordsなどの良質な作品をリリースするオレゴンのエクストリーム・メタル・レーベルも、地元のパンク・シーンとの接点を感じさせます。パワーエレクトロ要素も含んだグラインド/パワーバイオレンス・バンドとしてスタートしたKNELT ROTEは、2010年にParasitic Recordsから発表した2nd LPで、デスメタル/ウォーブラックなどのエクストリーム・メタルに接近。それがNWN!オーナーの目に留まり、その2ndアルバム InsignificanceはNWN!からCD化されて、日本でも耳の超えたエクストリーム/グラインド・メタル・ファンに高く評価されました。本作はNWN!に移籍してリリースした3rdアルバムです。 ダイハード・バージョンはパッチ/ステッカー付き、カラービニールです。



ハードコアとメタルの共通点と違いは人類永遠のテーマでありますが、この作品もまた、それについていろいろ考えさせられます。ウォーブラック系の暗黒冷徹なフル・ブラスト全開だけど、衝動がバーストしたような感覚は、ハードコアをルーツにしてるからなのかも知れません。感情を押し殺して自己を捨てた、全体主義的な陶酔感を楽しむメタルと、個性を自由に表現するパンク的カオスの、相反する激しさが同居した、ものすごい作品です。物理的にも、精神的にも、とにかく強烈です。パワーとテクが両立するドラミングは凄まじく素晴らしく、非人間的なエクストリーム・メタル・サウンドの土台を、非常に生々しくロウに支えています。ノイズ・アプローチは楽曲を浸食していくような手法でなくて、いわばSE的に交錯してきます。パワーバイオレンスやGEHENNAHのファンも聴くべき要素が多分にあると思いますが、やっぱりこれは、カナダも含む北米のエクスペリメンタルなエクストリーム・メタルや、INCANTATIONを頂点とするUS東海岸を発端としたabyssicなデスメタル、IGNIVOMOUSやDIOCLETIANに代表されるオセアニア・バイオレント・デス・ブラックなどが好きなメタル・ヘッズをうならせることになるでしょう。素晴らしい完成度です!!







大盛況に終わったという今年2012年のNuclear War Now!フェスティバル。会場を見渡すと黒一色、そして雰囲気も真っ黒けだったそうで、けっこうデンジャラスな緊迫した空気の中での大盛り上がりだったそうです。



で、お楽しみのフェス記念各種ピクチャー盤LPは今年も作られましたが、例年ほどプレスされていません。いつものように後に通常の流通に乗るものもありますが、今回到着した分はいずれも限定100枚プレスで、首謀者のNWN!, フェス共同主催者のIron Bonehead, そしてバンドで分配されて、会場で販売などされてほぼ終了しています。今年は全種は無理かと思ってましたが、NWN!オーナー氏の心遣いで、特別に提供していただきました!!いずれも共通のジャケットに収納されてますが、このジャケが、今年のフェスのフライヤーに使われたChris Moyen氏の描きおろしアートをフロントに、そしてバックにフェス参加全バンドのロゴを掲載した、これまたカッコいいデザインで嬉しくなってしまいます!!







・ANTEDILUVIAN - Revelations in Excrement NWN! FEST 2012 PICTURE MLP ¥2800 (Nuclear War Now!)



カナディアン・ブラックメタル・デス・メタルの2011年発表3曲入りMLP。GLOROA DIABOLIにも参加してたメンバーらによるバンドですが、この作品はとにかく黒い!!ドス黒い!!! INCANTATIONなどのファンも狂喜するのも納得ですが、やはりカナダ特有の黒さを感じさせる冷たさ、というか、呪術的暗黒音塊とその黒音壁の裏側で流れるアトモスフィカルなメロディーの融合が、まるでカナダ移住直後のWEAPONみたいな感じでスゲー渋いです!!オリジナルはBird of Ill Omen名義でのリリースでしたが、実はマトリックスがしっかりANTI-GOTH 174と刻まれていた、NWN!裏リリースとして、NWN!コレクターにも注目されました。







・BLACK WITCHERY - Desecration of the Holy Kingdom NWN! FEST 2012 PICTURE LP ¥3200 (Nuclear War Now!)



BLASPHEMYの意志を現代に継承するUSフロリダ・ブラックメタル BLACK WITCHERYの2001年1stアルバム!!過去のバージョンもいずれも即ソールドアウトとなった、ベスチャル・デス/ウォーブラックのマスターピース。デスメタル的暗黒の鈍さを増強したようなBLASPHEMYみたいなサウンドが壮絶デス!!







・PSEUDOGOD - Illusion of Salvation NWN! FEST 2012 PICTURE LP ¥2800 (Nuclear War Now!)



以前、NWN!からMORBOSIDADとSplit 12"をリリースしていたロシア・ブラックメタルの、2006年1stデモの3曲を収録。他のバンドのフェス記念限定100枚ピクチャー盤は、いずれも既にNWN!からリリースされている作品ですが、このPSEUDOGODの2種だけは、NWN!でのリリースは初となる音源です。ベスチャル・デス/ブラック系のスタイルながら、ロシアのバンドという予備知識を持って聴くからでしょうか、無機質なパウンディング・ブラックがほとんど人間味を感じさせない冷徹さで圧倒されます!!この1stデモ音源は過去にSSPからも再発されてますし、BEHERITオフィシャル・レーベルのKvltからも作品をリリースしてる、業界関係者重鎮には評価の高いバンドです!!







・PSEUDOGOD - Triumphus Serpentis Magni NWN! FEST 2012 PICTURE LP ¥2800 (Nuclear War Now!)



以前、NWN!からMORBOSIDADとSplit 12"をリリースしていたロシア・ブラックメタルの、2010年にリリースされた5曲入りコレクション・アルバムを、NWN!フェス記念でピクチャー盤化再発したもの。2009年のSplit w/ BLAZE OF PERDITION提供曲, 未発表, BEHERITカバーの5曲を収録しています。他のバンドのフェス記念限定100枚ピクチャー盤は、いずれも既にNWN!からリリースされている作品ですが、このPSEUDOGODの2種だけは、NWN!でのリリースは初となる音源です。無機質なパウンディング・ビートのベスチャル・デス・ブラック・サウンドが、やはりロシアらしいミステリアスな冷徹さを漂わせていますが、呪術的な雰囲気もあるので、ちょっと1st EPの頃のDIOCLETIANみたいな感じにも聴こえます。SSPやKvltからも作品をリリースしてる、業界関係者重鎮には評価の高いバンドです!!







・ROTTING CHRIST - Apokathilosis NWN! FEST 2012 PICTURE LP ¥3000 (Nuclear War Now!)



ギリシャ・ブラックメタルを代表するバンドの一つであるROTTING CHRISTの、92年 Dawn of the Iconoclast EP, 同年 Ade's Winds デモ, 93年 Apokathilosis EPをまとめたLP。先に3枚組7"EPボックスセットでリリースされて、日本国外では大反響の初期音源集ですが、このフェス記念LPも、EPボックスと違って、1枚でまとめて聴けるということもあって、世界中のブラックメタル・マニアを熱狂させています!!裏ジャケやフェスTシャツに載ってる各バンドのロゴの中で、ROTTING CHRISTの大きさを見れば、彼らの海外での扱いがおわかりいただけると思います。



80年代後期にグラインドコア・バンドとしてスタートし、その後徐々にブラックメタル色を強めていく頃のROTTING CHRISTが、このEPボックスに収録された音源で堪能できます。BATHORYをルーツとする北欧/西欧のペイガン・メタルの流れにあるサウンドとも捉えることができますが、独特の浮遊感があるアトモスフィカルなメロディーは、ペイガン・メタルの勇壮さとはやはり異質で、他地域にはない独特な叙情が素晴らしいです。しかも、南欧と聞いてイメージする、地中海の美しい青と白の景色からは想像もつかない、地下室でジメジメと陰気臭く演奏したようなカルト臭が満点。この点はイタリアのオカルト・メタルにも通じます。特にDawn of the Iconoclast EPは、グラインド・パンク上がりのデスラッシュ的な曲調とダークネスを微妙に引きずってる点が絶妙で、ちょっとPOSSESSEDとRATTUSが混ざったみたいなダーク・デスラッシュ・チューンの1曲目なんて最高に激渋です!!







・SABBAT - Live Sabbatical Hamaguri Queen NWN! FEST 2012 PICTURE LP + CDR ¥3500 (Nuclear War Now!)



2005年のUS~メキシコ・ツアーに合わせてNuclear War Now!がCDのみでリリースした、20周年記念の東名阪ライブ・ツアーを収録したアルバムが、今年のNWN!フェスIII限定で遂に初アナログ化!!!全17曲入りでしたが、1枚のアナログ盤に収納しきれなかったため、アルバム終盤の東京でのライブのみをCDRに収録した変則盤になってます!!







・NUCLEAR WAR NOW! FESTIVAL Vol. III - T-SHIRT ¥2000 (Nuclear War Now!)



オフィシャルTシャツも特別入荷です!!!今年のフェスのフライヤーに使われたChris Moyen氏の描きおろしアートをフロントに、そしてバックにフェス参加全バンドのロゴをプリントしています。このカッコいいデザインで、バックにBLASPHEMYとSABBATのロゴが並んでたら、これは欲しくならないわけがないでしょう!!ボディはGildanのへヴィコットンで、サイズはS / M / Lの3種。MのみFruit Of The Loomボディが2枚だけあります。



そして今回は、NWN! FEST 2012 PICTURE LPと一緒にお買い上げの方には、300円だけですが安くお買い上げいただける、コンボセット販売も致します!!カート・システムの在庫管理が難しいので、コンボのオプション選択は設定していませんが、ピクチャー盤LPも一緒にご注文の方には、Tシャツのお値段は300円お安い1700円で、受注メールをお送りいたします。たくさんのご注文(と言っても、ピクチャー盤はそんなにたくさん入荷したわけじゃないですが)お待ちしています!
10 | 2012/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR