RECORD BOY

Back from the Death!!



・MULTIPLEX - World CD ¥1400 (Xreem Music)



NECROPHILEの音源集に続いて、日本の初期グラインド・メタル/デスコアの最重要作が遂に再発!!TRANSGRESSOR, NECROPHILE, MESSIAH DEATH, HELLCHILDなどとともに東京デスメタル・シーン黎明期の中心的存在であったグラインドコア・バンド MULTIPLEXの、92年にSelfish Recordsから発表した唯一のアルバムCDが、スペインのXtreem Musicから再発。Samurai ZINEが92年にリリースした Grinding Syndicate 4 Way Split CD提供曲, S.O.B.のTottsuan氏プロデュースでSelfish Recordsから91年にリリースされたThrashing Death Power 3 Way Split CD提供曲, そして91年のデモもボーナス収録した、初期MULTIPLEXの集大成的再発盤です!!



Vo.の大熊氏が在籍したNECROPHILEと決定的に違うのは、MULTIPLEXの基本理念がグラインドコアだったという点だと思います。USデスメタルからの触発は強く感じさせますが、当時は"インダストリアル・グラインド"なんて紹介してるファンジンもあったりしてたように、デスメタルのテクニカル・リフの裏側で薄気味悪くうごめくベースラインとめまぐるしい展開、そしてそれを支える変幻自在の高速壮絶ドラミングで、この1stアルバムの時点で既にインテリジェントなパワーバイオレンス的デスコア・グラインド・メタル・ワールドが確立されています。



高円寺20000Voltや原宿ロサンゼルスなどで、デス・グラインド期ROSE ROSEや、確かROSE ROSEメンバーがいたUNHUMAN SOCIETY DEATHなどとともに、MULTIPLEXも激烈なグラインドコア・サウンドをプレイしはじめていたのは、この作品よりも、もう数年前だったはずです。日本でグラインドコアやデスメタルを真っ先に持ち込んだとされる伝説のファンジン Deathrash Mayhem ZINEや、そのZINEを発刊していた小久保氏が在籍したMESSIAH DEATHとともに、海外のハードコア・メタル/エクストリーム・シーンの動きをイチ早くキャッチしていた初期のMULTIPLEXは、東京アンダーグラウンド・ハードコア・シーンのさらに深層部分の、新しく自由な空気の中で誕生したグラインドコア、というスタンスだったように思います。この頃の東京アンダーグラウンド・シーンは、とにかく斬新&刺激的だった!!そして、そんな中で冷静に聴けることなんて出来なかったし、しようとも思わなかったけど、フロアでモミクチャにされながら体感した、カオティック且つ暴力的でありながら、今思えば凄くクールだったMULTPLEXのサウンドは、まぎれもないグラインドコアだった!!







・PURTENANCE - Sacrifice the King CD ¥1000 (Xtreem Music)



さぁ、しばらくスル―してたわりには、オーダーして以降はちょっと楽しみになってしまった、フィンランド・カルト・デスメタル PURTENANCEの問題作とされる6曲入り復活CDの到着デス!!



結論から言いまして、賛否両論渦巻くのもしょうがない、と言うか、今のところ、ほとんどの良識ある信者からは否の意見しか聞こえてこないのも納得の問題作です。lowグラインドなデスメタルなのに、なぜかたそがれの哀愁がにじんでた、奇跡のドゥーム・グラインド・デスメタル・カルト・クラシック Member of Immortal Damnationアルバムとは対極とも言える、大味ブルータルな重厚タッチにまずは面食らいます。曲調は初期PURTENANCEのドゥーミーな部分を完全に排除した結果、デスメタリックなグラインド・サウンドとなっています。デスメタルとも言えますが、これはやっぱりグラインドでしょう。曲もデスメタル・バンドの長さじゃありません。しかしデス、のっけからあのアトモスフェリックな浮遊メロディック・ギターソロが炸裂してて、この素晴らしい叙情エモーショナルなギター・プレイは、PURTENANCEらしさを受け継いでいます。



要するに、PURTENANCEでこれをやる必要ないと言えばそれまでですが、オールドスクール・デス・グラインド・ファンならば聴いて損はない内容、だということです。クラスティーでカッコよく決まってるグラインドじゃなくて、こういう、デスメタル・タッチのグラインドって、昔は腐るほどありましたが、最近はまったく入荷してないので、けっこう新鮮でした。腐ってもPURTENANCE!!そのテンションを維持させる信者を持つカルト・バンドですから、こんな駄文に惑わされることなくマストです!!







・DEMIGOD - Slumber of Sullen Eyes CD ¥1400 (Xtreem Music)



初期フィンランド・デスメタルの最高傑作と評価する人も多い92年1stアルバムに、91年デモをボーナス収録した16曲入りCD!!



CONVULSEやDEMILICHに代表されるフィンランド・デスメタル特有の病的なダークネスではなく、スウェーデンのバンドにも通じる、重厚な突進力と叙情が素晴らしいコンビネーションを生み出した、まぎれもない名盤です。テクニカルな派手さはないけど多彩なリフワーク, 初期デスメタルならではのカッコよさと言える単調な2ビートのファスト・パートと重厚なミドル・テンポ, そして絶妙なアクセントとなっている絶品の叙情旋律。今の時代もなお、幾多のバンドによって使い古されているデスメタルの古典パーツの応酬なのに、凡百なバンドとの格の違いが歴然と感じられます。そして、国によるバンドの特徴がよりくっきり見えるような歳になって改めて聴いてみますと、やはりスウェーデンのバンドとは微妙に違う、激情を押し殺したような冷淡な叙情も強く感じられます。フィンランド/北欧デス云々関係なしに、初期デスメタルの高い音楽性を示した大傑作!!

Thrash till Death!!



・LIVING DEATH - Protected from Reality / Back to the Weapons CD ¥1400 (Under Fire)



AAARRRGGG!!!!!!!LIVING DEATHの絶頂完璧時代、Aaarrg Records時代2作品のカップリング再発2012年版登場!!!!!!!!!!この時代のLIVING DEATHとMETAL CHURCHの1stで興奮できなくなったら、私はもうこの仕事のメタル部門から撤退する時だと思って仕事しています。ジャーマン・スラッシュメタル・バンド、LIVING DEATHの87年3rdアルバム Protected from Realityと、86年ミニ Back to the Weaponsのカップリング盤CDが、DEATH SSのベスト盤なども出してるメキシコのUnder Fire Recordsから再発されました。この組み合わせのカップリングは、テイチクの日本盤以来だったでしょうか?絶頂期作品をコンパイルしたものにふさわしい、かなり力のこもった再発盤に仕上がってます。



まずは本編以外のナイス・ポイントから説明しますと、ジャケ・ブックレットが素晴らしい。このレーベル・オーナーもLIVING DEATHが相当好きらしく、激渋な写真やライナーノートはもちろん、これまで様々な形でリリースされてきたLIVING DEATHディスコグラフィーも掲載。センサード・ステッカーがLIVING DEATHのロゴになってるBack to the Weaponsのブラジル盤、コレは欲しい!!!そしてボーナスとして、Heavy Metal Battle TV Showなるタイトルのビデオ・クリップ収録!!!!!AAARRRGGGHHH!!!!!アイスバインとホリブル~パート2の2曲なんですが、クチパクもいいところの超安っぽい演奏シーンのクリップで、あの渋いケルヒ兄弟がムチャクチャ適当に暴れまくってます。でも、ロジャー・グローバーみたいな恰好のライナー・ケルヒはカッコいい。一番の激渋男、アトミック・シュタイフのドラミングにはほとんどスポットが当てられず残念。そして一番の変態野郎、トトはこの時代のこざっぱりファッションでも超変態Vo.で最高にシビレル!!!!!



LIVING DEATHは、初期はMOTORHEAD影響下の2バス・ドコドコ・スピードメタルでしたが、Protected from Realityで奇跡としか言いようのない完璧なスラッシュメタル・サウンドに達しました。ベイエリア・スラッシュとは違う肌触りのソリッド且つダイナミックなサウンドと、粗雑さが魅力だった初期からは考えられない構成力によって生み出された緊張感は並みじゃありません。普通のメタル・バンドがやる大げさなオープニングなど無しに、のっけから一気に怒涛のカミソリ・スラッシュメタルが爆発してるように、この時代のLIVING DEATHの疾走感は、神掛かってすらいました。完全に80年代黄金期JUDAS PRIESTを連想させるWar of Independenceから、ラストのEisbeinに流れる展開は完全無欠のカッコよさ!!!



Protected from Realityアルバムはフルアルバムとしての構成も踏まえた緊張感の高い作品だったけど、その一つ前に発表したBack to the Weaponsは、起承転結なんておかまいナシに全曲爆裂暴走したスカル・スマッシング・スラッシュメタル作品。ここでもやっぱり助走イントロも無しに、出だしからいきなりアクセル全開Nuclear Greetingsで爆音スタート。MOTORHEAD影響下のスピードメタルだった初期を思い出させる曲調だけど、初期には無かったキャッチーさがTANKに近い2曲目の Bloody Dance, LIVING DEATHの持ち味である刻みリフは多用せずに、ハードコアなストローク・リフでの突進ぶりが、時速200キロの重戦車のごとき3曲目の The Way, そしてヒステリックなメロディーを爆発させた激情性スラッシュメタル・ナンバーのラストのChild of Illusionまで、このミニアルバムの4曲は、LIVING DEATHのヒステリックで緊張感のあるスラッシュメタル・サウンドと猛烈なドライブ感、そしてその裏側にあったキャッチーな面までが完璧な形となって表現された、Protected from Realityと並ぶ最高傑作!!!



そしてLIVING DEATHと言えば、Vo.トトの切り裂くようなカミソリ・ハイトーン・シャウトが震えるほどにカッコイイ!!!当時からLIVING DEATHはちょっと苦手、と言う人も少なくはなかったようですが、それはこのトトのVo.が完璧すぎるほどに強烈だったからでしょう。凶器と化した声が演奏と一体となって迫る怒涛のスラッシュメタル。もうこれは、全ヘッドバンガーズ&スラッシャーズ必聴&dieデス!!!!!







・REDIMONI - Standing Before the End of Time CD ¥1400 (Xtreem Music)



前2作をWitches Brewからリリースしていたスペイン産スラッシュメタルの新作アルバム。現代のNew Renaissance Recsとでも言えそうなWitches Brewが活動を停止してしまったため、自国スペインのXtreem Musicに拾ってもらったのかも知れませんが、彼らのクサレ・スラッシュメタル・スタイルは遠慮知らずどころか、その暴走っぷりは留まることを知りません!!



ヨーロピアン・スラッシュらしい、クサいメロディの正統派スラッシュメタルと強烈なスクリーミングVo.というスタイルに変化はありません。KREATORやDESTRUCTION的金属質のB級ジャーマン・スラッシュメタル系のサウンドだけでも、スラッシュメタル・マニアは充分に堪能できる作品でしょう。しかし、ウド・ダークシュナイダーとキング・ダイアモンドからの影響を同時に表現したような、凄まじい裏声シャウトVo.が前作より強力にパワーダウン!!悲痛というレベルを超えて、もはやショッカーの隊員のような甲高いヨレヨレ声になりながらも、途中、疲れると他パートのメンバーがVo.を担当して支えてもらいつつ、ラストまで素晴らしい熱血っぷりでシャウトしまくってます。ブラックメタリックな激情ナンバーでのシャウトは、絶望や断末魔などの表現力もないので、ただのガッカリ声に聴こえてしまいます。だからサイコー!!サイテーでサイコー!!
10 | 2012/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR