RECORD BOY

Metal Deadness!!



・GOREMENT - Within the Shadow of Darkness–The Complete Recordings 2LPs ORANGE VINYL ¥3200 / BLACK VINYL ¥3000 / 2CDs ¥2400 (Century Media)



なんとCentury Mediaが横取り再発!!!ぅぅぅーーー・・・。2004年にリリースしたディスコグラフィーCDを数年前にNecroharmonicが再発するも即完売。調子に乗ってアナログ盤でのリリースまでアナウンスしておきながら、Necroharmonicはお得意の冬眠に入ったような沈黙期間に突入。そして数年が経ち、Century Mediaが再発・・・。Necroharmonicは「Century Mediaが横取りしやがった!」とインターネット上で怒ってますが、おいおい、貴様には怒る資格はないだろーーー!!!バカか!!!オーダー募って金をカキ集めて、なぜプレスしない!!!金返せ、コノヤローーー!!!



しかしNecroharmonicには金返してもらうか他にいいヤツ出してもらわなければなりませんが、奴のたわごとにはコレ以上付き合ってられません。もう、GOREMENTは、このCentury Media盤はあれば完璧です。90年代初頭~中期にかけて活動した激渋オブスキュア・スウェディッシュ・デスメタル・バンドで、このCentury Media盤は、94年発表唯一のアルバム "The Ending Quest"をディスク1で再現し、91年デモ2種 / 92年 "Into Shadows" EP / 95年プロモ・デモ / 91年未発表ライブをディスク2に収録したコンプリート・ディスコグラフィー2枚組。Dan Swano氏によるマスタリングで、CDの方がライブ部分の曲数が多いのですが、今回のアナログ盤は、CDの両ディスクも封入されちゃってるので、アナログが好きなんだけど曲数が少ない・・・なんて悩みは不要です!!LPはブラック・ビニール 3,000円とオレンジ・ビニール 3,200円の2種入荷しましたので、ご希望のカラーをお選びください!!



初期はグラインド寄りのスウェディッシュ・デスメタルといった感じのスタイルで、1stデモではダウンチューニングのノイジー・ギター, ドカドカ疾走パート, 陰鬱メロディー, そしてブラストに雪崩れ込む展開で構成されたアーリー・デスメタル・サウンドが堪能できます。初期デスメタラーにはたまらないロウ・デスメタルだけど、2ndデモや、Poserslaughter Recordsからリリースした7"の頃になると、陰鬱ハーモニーや荘厳さをより強調したスタイルへと深化。そしてこのバンドは後に PIPERS DAWNとバンド名を変えて女性Vo.のドゥームメタル・バンドへと発展しただけあって、 アルバムはまるでフューネラル・ドゥームな悲哀旋律とスロウネスも開花させた、エピック・デスメタルの素晴らしき名盤!!鍵盤の導入もギターのメロディー・センスも非常に繊細で、Weird Truth prod.リリースのドゥーム・デスメタルなどが好きな方にもオススメです。もちろん90'sスカンジ・デスメタルなムードも満点で、PURTENANCEやTHERGOTHONなどのファンならば絶対に必聴です!!









・MORBUS CHRON - A Saunter Through the Shroud 10" ¥2200 (Century Media)



NWODM ニュー・ウェイヴ・オブ・デス・メタル。今、思いついたので書いてみましたが、誰か先に言ってそうなくらい、ここ数年の若手オールドスクール・デスメタル・バンドの充実ぶりは、一過性のものではないと実感させられます。その証拠として、充実してると言ったばかりだけど、スラッシュ系やNWOTHM勢に比べれば、新鋭バンドの数はだいぶ減ってはきている気がしますが、付け焼刃的な音楽性の浅いバンドはほとんどいないし、その中心であるスウェディッシュ・デスメタル・シーンは、NECROCURSEやBOMBS OF HADESのような重鎮によるナツメロ・デス以外の若手と中堅は、VANHELGDやDEGIALのような混沌系デスメタル・バンドの活躍が目立ちます。そして、それらの代表格が、このMORBUS CHRONと言えるでしょう。



スウェディッシュ・デスメタルのスターダムをかけ上るバンドですが、そのサウンドは、作品を発表するごとに、よりノリづらい、非常に難解なスタイルへと突き進んでいます。Century Mediaと契約して発表した本作は、3曲入りで、B面ナンバーは6分を超えます。彼らの持ち味であったAUTOPSY直系の神経衰弱型デスメタルが加速し、もはやクトゥルー系デスメタルのカオスにも通じますが、DEGIALのようなMetal Of Death一派の邪悪性とは異質で、ブルータル・デス方面などともベクトルが真逆な感じです。これはAUTOPSY型デスメタルの土台が強固だからだと思うのですが、プリミティブ且つプログレッシブな、唯一無比のデスメタル・ワールドを開拓しています。



Maniac氏(ex. MAYHEM)が以前来店された時に買っていかれたように、出世作となった1stアルバム Sleepers In The Riftのアナログ盤のご注文は、ここ最近はほとんど外国人の方ばかりです。この新作10"は、そんな傾向に拍車をかけるような、一言で言って、日本人にはかなりハードルの高いデスメタルと言えるでしょう。しかし1stアルバムでこのバンドの不思議な魅力にとりつかれた方は、今回も絶対堪能できると思いますので、ぜひじっくり聴いてみてください!!限定1000枚デス!!









・SATAN'S WRATH - Galloping Blasphemy LP RED MARBLE VINYL ¥2600 / BLACK VINYL ¥2400 / CD ¥2200 (Metal Blade)



絶不況に追い打ちをかけたPaypalの本人確認によるアカウント停止(復活しました!)などでヒーヒー言ってる昨今、良い情報をくださるお客さんがけっこういらっしゃって、ホントに嬉しい限りです・・・(嬉泣)。このSATAN'S WRATHもお客さんに教えていただいてチェックした途端にブッ飛んだ、ココ最近の大穴ホームランです。もっとも、エラそうに大穴なんて言ってしまいましたが、この1stアルバムはMetal Bladeからのリリースですし、そのメンバー構成と、Terrorizerマガジンでの衝撃的な登場などで、既に日本の鋼鉄業界関係者には注目して当たりまえな存在なのかと思います。ex. ELECTRIC WIZARDの、あの顔面総刺青ベーシスト Tas氏(どうやらELECTRIC WIZARDからは脱退してるようです)と、ギリシャのSCAR OF THE SUNなるバンドに以前在籍していた Stamos K氏の2人によるブラック・スピードメタル・バンド SATAN'S WRATH!!!これがメチャクチャかっこいいです!!!



音は予想以上に正統派鋼鉄してまして、SLAYER旋律でスタートするオープニング・ナンバー Leonard Rising - Night of the Whipは、本編が始まると意外や意外、まるでMERCYFUL FATEのような感触のサタニック・メタルでいきなりノックアウトされます。そして続く Between Belial and Satanは、スピードメタル・テイストを増したPOSSESSEDの1stのようなサタニック・スラッシュメタルで、もうこの冒頭の2連発でサタニック・メタル・ファンから初期スピードメタル・ファンまで確実に即死デス!!IRON MAIDENとMERCYFUL FATEの中間的な3連パートも多くて、アルバム・タイトルにもなってる5曲目のインストゥルメンタル・ナンバーや、バンド名をタイトルにしたラストのドラマチックなナンバーなど、ケツの青いNWOTHMトレンド・キッズなどとはスキルもセンスも雲泥の差であるのが随所ににじみ出ています。



GHOST, ANGUISH, ENFORCERなどのスウェディッシュ・アンダーグラウンド・エクストリーム・メタル連中による鋼鉄原点回帰とはちょっと違うと言うか、むしろその逆で、メジャーなシーンも経験してきた者達による、サタニック・メタル地下潜伏志向なのですが、アラフォーの背中のかゆい部分全てに手が届いてるような感触の、とにかくイヤらしいくらい完璧すぎるブラック・オカルト・メタル作品です。ご覧の通り、ゴートのマスクで顔隠してくれてたほうが見ててよっぽどドキドキしない凶悪なTas氏と、SAMHAINを彷彿させる Stamos K氏のルックスも完璧かっこいい!!POSSESSEDを彷彿させるシールドされた観音開きジャケもナイスで、アナログ盤はともに各限定500枚プレスの、ブラック・ビニール 2,400円と、レッドマーブル・ビニール 2,600円の2種入荷してますので、ご希望をお選びください。かなりオススメです!!

PayPalでのお支払い受付再開のお知らせ



先日お知らせしました、PayPalの本人確認が完了しましたので、通常通りPayPalでのお支払いが可能となりました。



もー、こっちも相当うっぷん溜まってたので、仕入れもまたガンガン再開します!!ご迷惑お掛けしてすみませんでした!!
09 | 2012/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR