RECORD BOY

Japanese Hardcore Punx!!



・STRANGE FACTORY - Fukushima Nightmare 7" ¥800 (Hardcore Survives)



3ピースで地道に活動を続ける福島ハードコア・パンクス STRANGE FACTORYが、Hardcore Survivesから2nd EPをリリース。久しぶりの音源発表だけど、今までのイメージを粉砕するダーク・スラッシュ・ロウ・ハードコア・サウンドで、これは相当ビックリです!!



UK82なスタイルを通過してきたのが上手く肥やしとなってる感がありまして、AVSKUMなどの80'sバンドからWOLFBRIGADEに代表される近年のバンドに継承された、スウェーデンのダーク・ハードコア・パンク・スラッシュっぽい黒い粗さが絶妙です。ラストに叙情メロディーを絡めたナンバーを聴かせますが、TRAGEDY以降の大味さが全然感じられなくて、ナイスなロウ・サウンドで表現しています。ダーク・ハードコア・スラッシュ・ファンや、スウェディッシュ・クラスト・パンク好きに、一度聴いて欲しい!!ステッカー付きです。







・PUNK NINJA BRIGADE - Booze, Weed and Fist Fights Unreleased Classic Tracks 1994-1997 CD ¥1050 (Squirrel Fox)



復活してFade-In Recordsから発表した1stアルバムが大ヒットして話題を呼んだ横浜メロディック・パンク・バンドの、活動停止前94~97年にかけてのスタジオ・マテリアル9曲+ライブ1曲の初期レア音源集CD!!



90年代中期に関東を中心に活動したハードコア・パンク・バンドで、メンバーはex. SICのKen氏他、SUPER DUMB / MEN SOUL / MIGHT / D.R.Y / SLAM PIRATES / SWEATS, etc 名前を挙げただけで懐かしくなってくる90's京浜ハードコア・シーンの面々。初めて聴くのに懐かしい、ってのはいろいろあるけど、このP.N.B.は、メロディック・パンクのルーツとなった80's USHCが青春の1ページにある全ての人が懐かしさを感じることができるでしょう。メロコア以前のUSHCパンク、昔で言うアメハーな感触が充満しています。基本的にはSIC時代から変わらない声質とシャウトだけど、Ken氏のヴォーカルは素晴らしくエモーショナル。今の当店のカラーとまるで違うタイプではあっても、オッサンとオバサンのハートにキュンと来るのです!!

Metal Hard, Punk Free!!



・SABBAT / BOMBER - Sabbatical Bomber SPLIT 7" ¥1000 (Forgotten Wisdom prod.)



サムライ vs 原始人、Sabbatical Metal Bomber Split!!SABBATの今回の対戦相手は、以前にデモが入荷してたチリのイーヴィル・パンク・メタル BOMBERです。クラスト色が濃かった頃のBARBATOSが、SENDEROS DEL MALのように崩壊したみたいな極悪ロウ・ノイジー・パンク・スラッシュ・ブラックで、かなり恐ろしい仕上がりとなってます!!デモ時代より、はるかにパワーアップしてるのではないでしょうか。パンク・メタル・ファンから、チリの極悪デスラッシュ好きにまでオススメです!!



SABBATはDamiazel氏加入後2007年の音質超良好ライブで、代表曲の一つ、Hellfireを収録!!MOTORHEADのBomber 7"を思わせるジャケ・アートもかっこいいし、レッド / ホワイト / ブルーの3色カラー・ビニールでのリリースで、Sabbatical Maniacsの嬉しい悲鳴も聞こえてきそうなグッドルッキングなEPです。各色限定200枚プレスの計600枚で、もちろん各色揃えて入荷しましたので、ご希望のカラーをお選びください!!!







・SATAN'S SATYRS - Wild Beyond Belief! CD ¥1200 (At War with False Noise)



祝CD化!!!!!アナログ盤でリリースされて即完売した、話題のUSヴァージニアのパンクメタル、サタンズ・サテュロスの8曲入り1stアルバムがCDも出てくれました。UK/ユーロ盤LPをリリースしてたAt War with False NoiseとUSのBlack Shit Noiseの共同による限定1000枚プレスで、ジャケはUS盤アナログ仕様の赤ジャケで再現されています。EPやデモなど過去リリースも大好評だったので、1st LPはBORROWED TIMEに続く決死の激烈大プッシュとして入荷させましたが、当店も即完売。買い逃してた方も多かったので、発表後まだ2か月そこらですが、待望のCD化と言える、大注目作品です!!



2010年の1st EP Lucifer Lives!が衝撃的なまでにカッコよぎたので、この1stアルバムは聴いてみるまで期待と不安でいっぱいでしたが、やっぱり激烈にカッコいいーーーーー!!!!!EPの時と同じく、やっぱりVENOM!!かなりVENOM!!!しかし完全にVENOM!という一歩手前の激渋さがEPの時と違ってまして、BLACK FLAGの神経衰弱フレーズ, まるでStay CleanなMOTORHEADパーツ, BLACK SABBATHのオカルティック・サイケ・ドゥームなどを、曲調によって使い分け完璧なバランスでミックスして、ファズ・ギターで大爆発させています。これらのレジェンド・バンドを、よくぞここまで同一線上で表現できたものです。ありそうでなかったタイプ、とよく言ったりしますが、このSATAN'S SATYRSの1stアルバムこそ、まさしくその素晴らしい成功例ではないでしょうか。BLACK FLAGがBLACK SABBATHのパブリック・イメージに惑わされずサバスの真の狂気を感じとってインスパイアされていたことや、「VENOMはBLACK FLAGの痛烈なヴァイオレンスも強く匂うし、古典的サバスを猛スピードで回転させたとも言える」と見事に指摘した、Lords of Chaos~ブラックメタルの血塗られた歴史~著者の的確すぎる発言なども、この作品を聴くことによって、再確認できてしまうはずです。もちろん、USHCの狂気を内包したVENOM影響下パンク・メタルということで、NMEファンも絶対に必聴。オープニング・ナンバー Sadist 69の、極悪VENOMousエネミー・ロウ・パンクメタル・ナンバーがスタートした瞬間に、EP聴いてノックアウトされた人は間違いなく地獄に落とされることでしょう!!とにかく、アシッドでヴァイレンスでブラックなロウネスが、今回も並みじゃない極悪っぷりで文句なし!!!!!







・NIGHTSTICK - Rock+Roll Weymouth DIGIPACK CD ¥1400 (At War with False Noise)



なんと復活ーーー!!!ずーっとやってたのかも知れませんが、とりあえず祝復活としましょう。90年代にRelapseからアルバムを3枚、さらにさかのぼれば、日本のDevour Records(当時はボストン拠点だったですが)から1st EPをリリースしていたボストン・カルト・スラッジ・パンク・メタルコアの、あのNIGHTSTICKです。言うまでもなく、ドラマーはグラインドコアの始祖とされる伝説のハードコア・スラッシュ・バンド SIEGEのRobert Williams氏ですが、REPULSIONとともにNAPALM DEATHをグラインドへと導いた猛速スラッシュ・レジェンド SIEGEとはかけ離れた、ブッキマリのヘロヘロ・スラッジ・ドゥームコア・ノイズ・ロック・サウンドで、ex. SIEGEだけを手掛かりに当時CDを聴いた全ての人々を奈落の底に突き落としたクレイジー・バンドです。



前作から10年以上ぶりに発表した本作、昔と全く変わっていません。SIEGEとはかけ離れた、と言いましたが、ある意味、SIEGEの曲の中で最も印象深かったアバンギャルド・チューン Grim Reaperのアシッドでフリーキーなロックを、BLACK SABBATHを通して表現していると言えます。ゥワゥワゥワゥ~~~!!!って感じでワウ全開のソロを乗せたブルージーなスロウ・ナンバーはドゥーム/ストーナー・ファンはもちろん十分に楽しめるでしょうけど、EYEHATEGODのようなアメリカン・ドゥーム・スラッジ主流のバイオレンス性とは異質の狂気が充満してて、10年間ブランクだったのかやってたの知りませんが、これはスゴイ!!頭おかしすぎる!!過去作品が好きだった人は間違いなく必聴ですし、FULL BLOWN AIDSを心の底から堪能できたようなリアル・ドゥーマーは絶対聴いてください。鬱気取りのポーザー・ドゥーマーは手出し無用!!SATAN'S SATYRS 1stアルバムのUK/ユーロ盤をリリースした、At War with False Noiseからの限定500枚リリース、デジパックCD!!







・BI-MARKS - Sleeper 7”¥700 (Black Water)



HELLSHOCKドラマー Keith氏のレーベル Black Water Recordsの最新作!!NERVESKADEのメンバーがやってるみたいで、LPも1枚既にリリースしてるバンドのようです。



ZERO BOYSにサバスやACCUSEDをプラス、なんてインフォメーション見て、ちょっと面白そうだと思ってオーダーしたら、こんなジャケだったので、なんか変なモン掴まされたかな… 、なんて不安な気持ちにさせられましたが、ところがドッコイ、これがなかなかカッコよくてビックリ!!確かにVo.がちょっとACCUSEDっぽくて、B面ではサバス系ストーナー・パートもあります。ギターはロッキンなエモーショナル・フレーズをキメまくってて、日本のハードコア・パンクっぽいギター・プレイです。



BLACK FLAGとC.O.C.がBLACK SABBATHテイストを、SSDやGANG GREENがAC/DC好きをサウンドに反映させてたように、ハードロックの土壌を個性的に表現してた80's USHCパンクをかなり思わせます。おそらく何か食ってブッとんでる時にでも描いたであろうジャケは最悪ですが、「USHCシーンの現状をリフレッシュする」というレーベル・オーナー氏のコメントも納得の注目バンドです!!すぐに解散したりしないことを祈ります!!

Doom Torture!!



・OFFICUM TRISTE / OPHIS - Immersed SPLIT CD ¥1400 (Memento Mori)



90年代中期から活動するオランダのゴシック・デス・ドゥーム・メタル OFFICUM TRISTEと、ドイツのブラック・ドゥーム・メタル OPHISによる、絶望一直線悲哀スロウ・ダークネスSplit CD!!オブスキュア名作再発から現行バンドまで鋭いセレクションのオールドスクール・デスメタル系と、スラッジ/フューネラル/デス寄りなど、幅広いアプローチのドゥーム・メタル系作品をここ最近精力的にリリースしてる、スペインのMemento Moriからの4曲入りCD。各バンド2曲ずつ、トータル40分弱にも及ぶ絶望大作デス!!



OFFICUM TRISTEは単独作も数種リリースしてるベテランですから、もう完璧に出来上がったゴシック・ドゥームで、いまさらどうこう言う必要のない完成度です。黒さに重きを置くよりも退廃的な美しさに傾倒してるのがうかがえる、鍵盤の役割が非常に重要なゴシック・ドゥームで、ANATHEMA, MY DYING BRIDE, KATATONIAのようなロマンチックなダークネスに浸りたい人は確実に必聴です!!



OPHISはより殺伐とした、エクストリーム・メタルとしての核を強く感じさせる、非常に芯の強いフューネラル系ドゥーム・デスメタルです。同じ重くて荘厳なドゥームメタルでも、陶酔感が支配する前半のOFFICUM TRISTEと雰囲気はガラッと変わって、馬力全開のドラミングとデスメタル・リフのコンビネーションを基盤にした圧倒的ドゥーム・デスメタルは、MOURNFUL CONGREGATIONやESOTERICなどのファンには聴き応え満点の内容でしょう!!







・BADR VOGU - Exitium CD ¥1400 (Memento Mori)



DELIRIUMの再発以降、無名でもなかなか面白い再発&現行バンド作品を数々リリースしている、スペインのMemento Moriからリリースされた、カリフォルニア・オークランド産ドゥーム・スラッジコア・メタルの1stアルバム。このMemento Mori Recordsは、実は10年ほど前はハードコア・パンク系のレーベルに携わってた人がやってるのですが、レーベルの特色としては、90年代の初期オブスキュア・バンド再発や、北欧シーンにも引けを取らないここ最近の充実ぶりが伝わってくる自国スペインのバンドなど、オールドスクール・デスメタルが中心です。そしてそれらのデスメタル・リリースと並んで、ドゥーム系のセレクションも興味深いものが多く、DELIRIUMの再発には完全にノックアウトされてしまいました。



本作品は、ジャケとロゴのカッコよさにイッパツで気になったんだけど、サウンドは久しぶりに登場した感のある、これぞオークランド・ドゥーム・スラッジ!な感じで、かなり懐かしい気分になれます!!これもまた、Memento Moriらしいリリースと言えるでしょう。EYEHATEやGRIEFに代表される、2000年代初期USのパワーバイオレンス・シーンを震源地とするドゥーム・スラッジコアを再現したようなサウンドで、ASBESTOS DEATHやBRAINOILなどを彷彿させます。泥臭いブルージー・リフを引きずり回すパートは、SLEEPやBUZZOV-EN, WEEDEATERなどのファンにはたまらないでしょう。1曲目のリフは、かなり初期HIGH ON FIREっぽい気がしましたし、BRAINOILとのSplitのみを残して消えた幻のバンド CRUEVO (後にメンバーはMatt Pike氏らとともにKALASを結成)のような、アポカリプティック且つストーンドなクラスト・スラッジ(今で言うクラスト・ドゥームとはちょっとニュアンスが違います)も思い出しました。







・RIGOR SARDONICOUS - Ego Diligio Vos CD ¥1400 (Memento Mori)



結成は80年代後期で、これまでにもアルバムを数種発表しているNYのドゥームメタル・バンドの2012年新作アルバム。DELIRIUMの再発以降、無名でもなかなか面白い再発&現行バンド作品を数々リリースしている、スペインのMemento Moriからのリリースです。



以前はEVOKENに在籍してたメンバーも参加してたそうで、このバンドもデスメタリックなドゥーム・サウンドが特徴だけど、これはかなりダイハードなスロウ・デスでスゴイです!!叙情メランコリー皆無のフューネラル・ドゥーム・デス、といった感じで荘厳さも漂ってるんですが、音響系とのリンクやヒーリング要素を頑なに拒み、しかしENCOFFINATIONのような、やったもん勝ち的な極北ではなく、エクストリーム・メタルの原始性の追及の末にスロウネスにたどり着いたような感じです。とにかく、直球勝負の遅さが痛快すぎる!!CELTIC FROST要素はないけど(冒頭のオーケストレーションはちょっとTo Mega Therionっぽいと言えば言えなくもないけど)、WINTERやDIVINE EVEなどの退廃さもどことなく漂います。ドゥーム・デス・ファンならば必ずや陶酔できる力作デス!!







・DOOMSTONE - Without Prayer CD ¥1600 (Root of All Evil)



先ごろスウェーデンの老舗カルト・デスメタル・レーベル To The Death Recordsがアナログ再発してたDOOMSTONEの94年1stアルバム Those Whom Satan Hath Joinedに、94年デモ / 未発表 / 2000年2ndアルバム Satanavoidから抜粋した曲も収録した20曲入りコレクションCD!!たぶんもう活動はストップしてるレーベルからの2003年リリースなので、おそらくデッドストックだと思います!!



DECEASEDメンバーによるUSヴァージニア産カルト・デスメタル・バンドで、1stアルバムは、ツブの粗いソリッドなデスメタル・リフでサタニック・オカルト・メタルを演奏したような独特のスタイルが最凶なカルト名盤。sickなデスメタル・テイストを残したまま切れ味が生まれたNECROPHAGIAがへヴィメタルのルーツにさかのぼったような、はたまたCELTIC FROST要素のなくなったDREAM DEATHがDEATH S.S.系オカルト・メタルと出会ったような、など、どう言っていいかわからないけど、とにかく唯一無二のカルト・ブラック・ドゥーム・へヴィメタルが大爆発!!NECROPHAGIAとDEATH S.S.を例えに挙げてフと思ったけど、ちょっと初期SIGHにも通じるアヴァンギャルドなオカルト・ブラック・デスラッシュ・メタルにも聴こえます。Satanavoidアルバムになるとさらに暴走しちゃってて、何と言いますか、DISCHARGEで言えばMassacre Divine的な迷作!!まったくもって、最凶サイコーのバンドです。へヴィメタル, スラッシュメタル, ドゥームメタル, デス/ブラックメタルの全てが凝縮された異形のアングラ・メタル・カルト!!

European Assault!!



・ATARAXY - Revelations of the Ethereal CD ¥1400 (Memento Mori)



GRAVEYARD, MORBID FLESHらとともにスパニッシュ・デスメタル・シーンの未来を支えるバンドとして期待されるATARAXYが8曲入り1stアルバムを発表。CDはMemento Moriからのリリースで、後にMe Saco Un Ojoがアナログ・バージョンをリリースする予定です。



イタリアのUNDEAD CREEPはわかりやすすぎるスタイルで、リリースのたびにそれなりに反響はあっても、やっぱり南欧のデスメタルと言われると、他者の影響を感じさせない孤高の存在感で独立してる感のあるギリシャ・シーン以外は、どうしても地味な印象になりがちです。しかしスペインのATARAXYのサウンドはまるで西欧~北欧のデスメタルな感触で、BOLT THROWERとASPHYXに共通する暗黒叙情重圧な感触が好きなオールドスクール・デスメタル・ファン必聴の力作です!!ちょっとドラムが埋もれ気味かな?と感じさせるほどに、陰鬱リフ音壁が圧巻の重厚ダークネスを生み出していて、US東海岸のabyssicなデスメタルと共鳴する昨今のフィンランド・デスメタルとも共通するタイプだけど、そこに爆裂感が備わってるところが、若手スパニッシュ・デスメタルらしい魅力でしょうか。Me Saco Un Ojo, Detest, Dark Descent, Blood Harvestリリースなどをチェックしてる人は必聴です!!







・NECROVATION - S/T LP BLUE VINYL ¥2900 / BLACK VINYL ¥1800 / CD ¥1500 (Agonia)



スウェディッシュ・デスメタル・シーンの相変わらずの充実ぶりと若手~中堅バンドのポテンシャルの高さは凄まじくて、把握しきれなくて付いていくのもいっぱいいっぱいなくらいです。なので、このNECROVATIONは、前作 Gloria Mortus EPが壮絶なクォリティーのデスメタル作品だったのに、最近になって1stアルバムが再プレスされるまで、ちょっと存在を忘れかけてました。Agonia Recordsと契約して発表したこの2ndアルバムは、既に世界中で大きな反響を呼んでいます。王道の初期スウェディッシュ・デスメタル・スタイルでスタートし、前作EPでカオティックな一面を見せて、そしてこの2ndアルバムで彼らの世界観を完璧に完成させています。1stアルバムのスウェデス・サウンドが好きだった人は付いていくのがけっこうしんどいかも。しかしコレはちょっと、いや凄くスゴイ!!!



いわゆるコンテンポラリーなスタイルのデスメタルを追及した作風で、同じAgonia Recordsからのアルバムが素晴らしかったSTENCHあたりも思わせますが、最近印象強かった作品で例えると、Dark Descentからのデビュー作が圧巻だったBINAHとの共通性を強く感じさせます。オールドスクール・デスメタルとしての疾走感や爆発力は相変わらずで、再生した瞬間からゴリゴリのデスメタル・パートで暴走します。各パートの演奏力も素晴らしく、めまぐるしい展開を瞬発力を失うことなくタイトに支えるドラミングが爽快だし、ギター・プレイはへヴィメタル・ギタリストらしいトリッキーな演奏やエモーショナルなメロディック・フレーズから、サイケデリックで妖艶な退廃美に満ちたダークネスまで見事に表現していています。



STENCHとの共通性について触れましたが、メンバーはSTENCHにも参加してますし、Blood Harvest recsオーナーもライブではサポート・ギタリストとしてNECROVATIONに参加しています。つまり、現行スウェディッシュ・デスメタル・シーンの中堅どころの主要人物が携わってるバンドですから、ここまでの完成度に仕上げることができたのでしょう。乱暴に言いますと、CARCASSが深化してESOTERICに出会ったような感じ?とでも言えますでしょうか。とにかく、デスメタルの伝統芸, 構成, 世界観, テンション,etc 全てにおいて壮絶なクォリティーに仕上げた一級品デス!!!アナログ盤はゲートフォルド・ジャケットでブックレット付き。限定100枚のブルー・ビニール 2,900円と、レギュラー・ブラック・ビニール 1,800円の2種入荷してます!!





*ブラック・ビニールに少量だけジャケ天抜けがありましたので、キレイなものからお売り致します。ブルー・ビニールは状態に問題ありません。







・DIE HARD - Conjure the Legions LP YELLOW SPLATTER VINYL ¥2900 / BLACK VINYL ¥1800 / CD ¥1500 (Agonia)



以前はWATAINメンバーが参加してたこともあって、日本でも北欧ブラック・スラッシュ ・マニアックなヘッドバンガーズから根強い支持を受けるスウェディッシュ・イーヴィル・スラッシャー、DIE HARDが待望の新作2ndアルバムをリリース!!ジャケ・アートもカッコいいし、極悪なメンバーのルックスも最高ですが、内容はこれまでのVENOMウォーシップ・スラッシュから一歩突き抜けた、幅広くオールドスクール・スラッシュメタルが好きな人達に聴いていただきたい、極悪な意欲作に仕上がってます!!LPはゲートフォルド・ジャケで、TWISTED SISTERのカバーをボーナス収録した、CDよりも1曲多い全10曲入り!!さらにさらに、限定500枚プレスのうちのltd.66枚オンリー、イエロー・スプラッター・ビニール 2,900円も入荷しました!!ブラックビニール 1,800円はインナースリーブに抜けがありましたので(ジャケは大丈夫です。イエロー・スプラッター・ビニールの方はスリーブもジャケも問題ありません)ご了承ください。



VENOM直系極悪スラッシュメタルは、ドライブ感が爽快だとハードコアな疾走感の心地よさも生まれることが多いですが、DIE HARDはその路線からはあえて外れることを選択したようです。哀愁フレーズもガンガン絡めてくるギタリストの特色をより際立たせるようにドラマチックな展開が増えて、リフはスラッシュメタルのガリガリなエッジを引き出しています。しかし極悪オーラはもちろん相変わらず全開で、CELTIC FROSTタイプのストローク・リフの疾走ナンバーでは大味ダイナミズムと相まって、スウェディッシュ・ハードコア系のバイオレント・ムードにも通じるものを感じてしまいます。まとめますと、VENOM直系なノリは後退し、むしろ随所にCELTIC FROSTっぽさを強調したスラッシュメタルへと進化しながらも、個人的にはこれぞ王道の北欧極悪チンピラ・イーヴィル・スラッシュメタル!!といった感じがさらに強まったように思いました。なので、AURA NOIRやURNのような北欧のゴリゴリ・ブラック・スラッシュメタル・ファンにオススメです!!







・DIE HARD - Antichrist 7" ¥900 (Agonia)



Conjure the Legionsアルバムに合わせてリリースされた2曲入りEPも入荷!!A面収録のタイトル曲は、CELTIC FROST ミーツ ANTHRAXなんて言うとDIE HARD信者から怒られそうですが、独特のキャッチーさが特徴のナンバーで、最近のAURA NOIRと近い志向を感じさせます。音作りのみならず、考え方も大味そうなところが、ハードコア系も含めてスウェディッシュ・バンドの魅力だと思うのですが、このゴリゴリ・アグレッションとわかりやすさ、でもどこか冷めた暴力的なムードが渋すぎます。B面はお決まりのVENOMカバーで、Bloodlustを披露。DIE HARDファンは、毎度のシングルB面収録VENOMカバーは楽しみにしてることでしょう。今回のEPは限定300枚ですので、お買い逃しなく!!







・DIE HARD - Hatred's Black Flame 7" ¥900 (Agonia)



こちらは2011年発表限定500枚2曲入りEP!!2ndアルバム Conjure the Legionsリリースに合わせて今回入荷させましたが、このEPの時点から、既にVENOMウォーシップ・スラッシュメタルの一言では収まらないドラマチックな展開や、CELTIC FROST的リフワークが目立ちます。北欧エクストリーム・メタルの中では最も豪傑な極悪さが特徴と言えるスウェディッシュ・バンドらしい、ゴリゴリのイーヴィル・ブラック・スラッシュメタルを、ダイナミック&ドラマチックに叩きつけています。A面タイトル曲は本作のみに収録のexclusiveナンバーで新作2ndアルバムにも未収録、そしてB面はお決まりのVENOMカバーで、Countess Bathoryを披露してます!!

Ideological Metal

入荷商品アップが少ない日々が続いてすみません。PayPalアカウント停止時の影響が時間差で押し寄せてまして、本日も少なめのアップです。完全に置いてけぼり状態で、もう笑い話にする余裕もないくらいリアルなジリ貧状態ッス・・・。そんな時に、ここらへんのエクストリーム・メタルのアップもいかがなものかと思いますが、明日~明後日はもう少しいろいろできるかと思いますので、しばらく我慢してお付き合いください・・・。







・VEIL - Sombre CD ¥1400 (Terrorwolfe prod.)



USミネソタのミサンスロピック・ブラックメタル、2008年1stフルアルバム。JOY DIVISIONのカバーをボーナス収録した、2012年Terrorwolfe Productions再発CDです。ちなみにこの作品、デモも加えてSatanic Skinhead Propagandaからもアナログ化が決まっています。



ブラックメタル・シーンを飛び越えてエクストリーム・ミュージック・シーン全般にまで影響を及ぼし、2000年代を席巻した、デプレッシブ・ブラック/スーサイダル・ドゥーム全盛期ちょい過ぎの、あのサウンドです。服役時BURZUM, NORTT, XASTHURなどのファンならば確実に必聴の名作級な内容ですが、Terrorwolfe prod.とSSPが再発するような人脈にあるミュージシャンだということは認識しておいた方がいいかも知れません。まだしばらく先ですが、SSPのアナログ盤も入荷予定ですので、デプレッシブ・ブラックメタル・ファンやSSPファンは楽しみにしていてください。







・MALEDICERE - Leave Only What is Fit to Burn CD ¥1400 (Antitheist Disseminations)



USミネソタのブラックメタル、2011年1stフルアルバム。Terrorwolfe Productionsの別名義レーベルからのリリースです。



不協和音的に奏でる灰色の情景の叙情リフと場面展開によってドラマチックに聴かせる、DEATHSPELL OMEGA以降の退廃的ブラックメタルです。N.E.D.やAjnaなどからリリースされてるブラックメタルが好きな人にオススメです。







・BEFORE GOD - Wolves Amongst the Sheep CD ¥1400 (Terrorwolfe prod.)



90年代後期~2000年代にかけて活動したUSミネソタのデスラッシュ・メタル・バンド。98年に発表された1stアルバムの2012年再発バージョンです。



ソリッドなテクニカル・リフで叩きだすエクストリーム・デスラッシュ・パートはTYRANT'S BLOODなどのファンにもおススメできそうな感じですし、ブルータルなゴリゴリ・アグレッションはDISCIPLES OF MOCKERYみたいな雰囲気もあるように思います。そこにペイガン・メタル系にも通じるドラマチックな展開を組み込んでいて、完全なアコースティック・フォーク・ナンバーもあります。しかしこのバンドの一番の特徴は攻撃的なアティチュード。それに尽きるでしょう。

Metal Deadness!!



・UNHOLY CRUCIFIX - Ordo Servorum Satanae DIE HARD LP ¥3200 / REGULAR LP ¥1900 (Nuclear War Now!)



ノルウェー出身で、現在はUSカリフォルニアに移住して活動してるらしいブラックメタル・バンド。これまで多くのデモを発表してきましたが、1stアルバムをNWN!から遂にリリース!!ダイハード・バージョンはゴールド・ビニールで、付属品がステッカー&特大フラッグと、NWN!オーナー氏もなかなか力が入ってます。



このバンドの作品は、PROFANATICA, NUCLEAR DESECRATION, GOATSODOMYとの4 Way Split LPを過去に入荷させたことがありますが、それ以外は、確か当店では入荷してなかったと思います。信者のためのみに存在するような雰囲気を強烈に放っていて、意地悪な言い方すれば、あまり人気がない印象が強かったし、そのうえ、ちょっと前にBlack Shit NoiseがコレクションCDをリリースしたので、さらに印象悪くなりました。しかしNWN!が1stアルバムをリリースするとなれば、これはスルーするわけにはいかないな・・・と、少々気が重たかったけど、マイナス・イメージで接するといいこともあります。イントロから2~3曲目のVENOM~BATHORY系統極悪ブラック・スラッシュ・ナンバーがいきなりカッコいい!!中盤からは寒々としたフレーズも絡めたブラック・ナンバーを聴かせ、ノルウェー出身らしいロウ・ブラックメタルで迫ります。入魂のアートワークのジャケもカッコいい。崇拝者のみを熱狂させる、これこそまさしくリアル・カルトな存在感ですが、ロウ・ブラックメタル・ファンならば1度は聴いてほしい、思ったよりオススメの内容です!!







・BLASPHEMOPHAGHER - The III Command of the Absolute Chaos PICTURE LP ¥2200 (Nuclear War Now!)



ダイハード・バージョンが早々に完売して、相変わらず人気の高さがうかがえるイタリアン・ブラック・デスメタルの最新3rdアルバムがピクチャー盤LPもリリース!!両面ともフロント・ジャケ的な作りのジャケのロゴはフォイルスタンプ加工されていて、ブックレットも付いた、BLASPHEMOPHAGHERファンには嬉しいコレクターズ・アイテムです。



スピードメタル・バンド BAPHMET'S BLOODの厳ついスキンヘッド&レミーひげのメンバー2人がパート・チェンジして、そしてその2人にも負けないインパクトのガスマスク・ギタリスト3人による不動のラインナップ。今回もBLASPEMOPHAGHERらしさが詰まった強力な作品です。オールドスクール・デスメタルとウォー・ブラック系激烈ブラックメタルをミックスしたようなスタイルは、今や世界中のアンダーグラウンド・エクストリーム・メタル・シーンに於いて大きな勢力を有するほどの人気ですが、その中でもBLASPHEMOPHAGHERのサウンドは、王道のパターンを踏襲したキャッチーさがバツグンで、このテのタイプのファンが喜ぶツボを押さえまくったような激烈チューンの連打に毎度燃えさせられます。オーストラリア勢が得意とするBLASPHEMY系統ウォー・ブラックの肉体派ゴリゴリ・タイプとの共通性も感じさせつつ、OZバンドの冷徹な極悪さより、このBLASPHEMOPHAGHERはより泥臭い汗臭さのダーティー・ロウ・デスラッシュが土台となっています。テクニカルなリフも絡めてカオティックに爆裂するパートと、オールドスクール・デスラッシュのキメを随所に取り入れながらブラスト・パートで疾走するウォー・デスラッシュが、ひたすらダーティー&アグレッシブ叩き出されて、今回も激烈極まりない壮絶な仕上がりです!!







・BLOODY VENGEANCE - From The Abyss LP ¥1900 (Iron Bonehead prod.)



Deathrash ArmageddonからCD化された1stデモも好評だったチリ産ブラック・デスラッシュ・メタルの新作!!この作品も元々はデモとして発表されてたみたいですが、ドイツのIron Boneheadが限定300枚でアナログ化したもののようです。



今回も前作と同じ路線なので、1stで気に入ってしまった南米デスラッシュ・ファンは必聴です。VULCANOの名作をバンド名にしてる通り、Cogumelo系ブラジリアン・デスラッシュ的な整合感を備えながらも、昨今のチリのブラック・デスメタル・バンドらしい、原始性と完成度が見事に両立した爆裂デスラッシュが炸裂しています。そしてこのバンドはVo.も個性的で、Tom G. WarriorやKing Diamondのアダルトな低音ヴォイス・スタイルのVo.が、ちょっとUSURPERにも似てたりして実に渋い!!FORCE OF DARKNESS以降のチリ産ブラック/デス好きは絶対チェックしましょう!!







・BEYOND - Enter Transcendence 7" ¥900 (Iron Bonehead prod.)



MORGOTHのような初期デスメタルのグレート・バンドももちろん存在はしましたが、80年代はスラッシュメタルの聖地であり、90年代以降はNuclear BlastやCentury Mediaのような老舗エクストリーム・メタル・レーベルを生んだへヴィメタル国家でありながら、ジャーマン・デスメタルという概念を定着させるような強烈に個性的なバンドは生まれることのなかったドイツのエクストリーム・メタル・シーン。EXCORIATEが1stアルバムを2009年に発表した時、海外のメタルヘッズは「ドイツのデスメタルで一番カッコいい作品が2009年にやっと生まれた」と、口をそろえて言ってましたが、あながち根性の曲がった発言だと言い切れない、的を得たものだったと思います。EXCORIATEの活動停止以降、CRUEL FORCEを始め、KETZERなどのスラッシュ勢がやはりシーンを席巻してるけど、ここにきて、またしても暗黒デスメタル勢が徐々に活気を取り戻してきました。バンド数は少ないですが、その中の注目株の一つが、このBEYOND。Killtown Death Festの参加などで、このバンドのロゴに見覚えのある人もいるでしょう。Detest Recordsがリリースする予定だった注目のデスメタル・バンドの1st EPが、Iron Boneheadからゲートフォルド・スリーブで限定500枚リリース!!



2000年代以降の地下死独鋼鉄2大カルト、EXCORIATEのジャーマン・スラッシュ譲りなリフワークと、NECROS CHRISTOSの暗黒混沌世界を受け継いだようにも捉えることのできる、非常に強烈なドス黒さを放っているオールドスクール・デスメタルです。デスメタル然としたリフワークで土石流のようになだれ込む様は、Abominations of Desolationの時のMORBID ANGELがロウ&イーヴィルに退化したようだし、ABOMINATIONやMASTER、あとREPULSIONが邪悪要素を導入したみたいでもあって、これは凄くカッコいい!!PESTILENCEやASPHYXなどにも通じるドカドカな突進力も感じさせるけど、昨今のジャーマン・デスメタルの特徴かも知れませんが、サタニックな黒さが備わってるのが素晴らしく渋いデス。DEGIALやNECROWRETCHは聴いててちょっとまだ頭が疲れる、なんて人にはぜひこのBEYONDでヤラレてください。20年越しのジャーマン・デスメタル冬の時代に遂に幕を閉じることができるでしょうか?オススメです!!







・TASTE - Retaliation of Discomfort Organisms CD ¥1500 (Bloodbath)



97年結成の仙台ベテラン・デス・デスメタルが、Bloodbathから新作アルバムをリリース!!帯にはANATOMIAのTonosaki氏のコメント掲載で、ロゴ・ステッカーも付きます!!



テクニカルなフレーズと複雑な展開で圧倒的ブルータルに突進するデスメタルで、マイペースな活動ながら東北エクストリーム・メタル・シーンを牽引する実力派。変態系のカオティックなテクニカル・デスではなく、NILEやANGEL CORPSEなどのファンにオススメの激烈デスメタル・サウンドが圧巻デス!!

Metalegends!!



・DESOLATION ANGELS - S/T LP + 7" ¥3200 (Buried by Time and Dust)



日本でもNWOBHMファンに人気の高いUK出身へヴィメタル・バンドの86年発表1st LPが、83年EPもボーナスで付いた名作セットとなって再発!!ライブ告知の復刻ポスターと、革ジャン姿が激渋過ぎるフォールド・インナーシートも嬉しい、BBTADからのリリースです。



1stアルバム発表後にUSに移住しますが、このDESOLATION ANGELSもまた、NWOBHMの魅力を説明するのに最適なバンドの一つかと思います。BLACK SABBATHが開拓した悪魔的イメージ戦略を用いて、その黒い重苦しさが、ハードロックの古典を踏襲しつつも若々しいアグレッシブな演奏で表現した典型的なへヴィメタル・サウンドに絶妙に染み付いています。楽曲のタイプは違っても、WITCHFINDER GENERALやANGEL WITCHなどと同じタイプと言えるのではないでしょうか。しかし前述したバンドのような良い意味でのキャッチーさは皆無で、もちろん英国バンドならではの憂いも備わってはいますが、アンダーグラウンド臭の強いNWOBHMサウンドは、聴きこむほどにハマる中毒性のある魅力を持ったカルト・バンドです!!







・OMEN - Battle Cry / Warning Of Danger / Nightmares 2CD+DVD BOX ¥2400 (Metal Blade)



今年に入ってNo Remorse Recordsから新たなコレクション・アルバムが出てるという情報を耳にして、このCDボックスの事を思い出したので、今さらながら入れてみました。日本でも当時から評価の高かった、80年代USのマイナー・へヴィメタルの代表格と言いきってしまいたいグレート・バンドの、結成20周年を記念して2003年にリリースされた3枚組セット!!84年1stアルバム Battle Cry, 85年2ndアルバム Warning Of Danger, 87年 Nightmares ミニアルバムの3作品にボーナス曲も加えてリマスタリング、さらに84年LAでのライブを収録したDVDも付いてます。ヨーロッパ盤のみのリリースのため、DVDはPALフォーマットです。



初期SAVAGE GRACEのギタリスト Kenny Powell氏がSAVAGE GRACE脱退後に結成。SAVAGE GRACEの最大の魅力である哀愁のメロディーを更に強めて、より大英帝国産鋼鉄の叙情に肉迫した激渋バンドです。特に1stアルバムでの哀愁は完璧!!故J.D. Kimball氏の曇り掛かった歌声も号泣必至なまでに絶品です。

Metal Deadness!!



・GOREMENT - Within the Shadow of Darkness–The Complete Recordings 2LPs ORANGE VINYL ¥3200 / BLACK VINYL ¥3000 / 2CDs ¥2400 (Century Media)



なんとCentury Mediaが横取り再発!!!ぅぅぅーーー・・・。2004年にリリースしたディスコグラフィーCDを数年前にNecroharmonicが再発するも即完売。調子に乗ってアナログ盤でのリリースまでアナウンスしておきながら、Necroharmonicはお得意の冬眠に入ったような沈黙期間に突入。そして数年が経ち、Century Mediaが再発・・・。Necroharmonicは「Century Mediaが横取りしやがった!」とインターネット上で怒ってますが、おいおい、貴様には怒る資格はないだろーーー!!!バカか!!!オーダー募って金をカキ集めて、なぜプレスしない!!!金返せ、コノヤローーー!!!



しかしNecroharmonicには金返してもらうか他にいいヤツ出してもらわなければなりませんが、奴のたわごとにはコレ以上付き合ってられません。もう、GOREMENTは、このCentury Media盤はあれば完璧です。90年代初頭~中期にかけて活動した激渋オブスキュア・スウェディッシュ・デスメタル・バンドで、このCentury Media盤は、94年発表唯一のアルバム "The Ending Quest"をディスク1で再現し、91年デモ2種 / 92年 "Into Shadows" EP / 95年プロモ・デモ / 91年未発表ライブをディスク2に収録したコンプリート・ディスコグラフィー2枚組。Dan Swano氏によるマスタリングで、CDの方がライブ部分の曲数が多いのですが、今回のアナログ盤は、CDの両ディスクも封入されちゃってるので、アナログが好きなんだけど曲数が少ない・・・なんて悩みは不要です!!LPはブラック・ビニール 3,000円とオレンジ・ビニール 3,200円の2種入荷しましたので、ご希望のカラーをお選びください!!



初期はグラインド寄りのスウェディッシュ・デスメタルといった感じのスタイルで、1stデモではダウンチューニングのノイジー・ギター, ドカドカ疾走パート, 陰鬱メロディー, そしてブラストに雪崩れ込む展開で構成されたアーリー・デスメタル・サウンドが堪能できます。初期デスメタラーにはたまらないロウ・デスメタルだけど、2ndデモや、Poserslaughter Recordsからリリースした7"の頃になると、陰鬱ハーモニーや荘厳さをより強調したスタイルへと深化。そしてこのバンドは後に PIPERS DAWNとバンド名を変えて女性Vo.のドゥームメタル・バンドへと発展しただけあって、 アルバムはまるでフューネラル・ドゥームな悲哀旋律とスロウネスも開花させた、エピック・デスメタルの素晴らしき名盤!!鍵盤の導入もギターのメロディー・センスも非常に繊細で、Weird Truth prod.リリースのドゥーム・デスメタルなどが好きな方にもオススメです。もちろん90'sスカンジ・デスメタルなムードも満点で、PURTENANCEやTHERGOTHONなどのファンならば絶対に必聴です!!









・MORBUS CHRON - A Saunter Through the Shroud 10" ¥2200 (Century Media)



NWODM ニュー・ウェイヴ・オブ・デス・メタル。今、思いついたので書いてみましたが、誰か先に言ってそうなくらい、ここ数年の若手オールドスクール・デスメタル・バンドの充実ぶりは、一過性のものではないと実感させられます。その証拠として、充実してると言ったばかりだけど、スラッシュ系やNWOTHM勢に比べれば、新鋭バンドの数はだいぶ減ってはきている気がしますが、付け焼刃的な音楽性の浅いバンドはほとんどいないし、その中心であるスウェディッシュ・デスメタル・シーンは、NECROCURSEやBOMBS OF HADESのような重鎮によるナツメロ・デス以外の若手と中堅は、VANHELGDやDEGIALのような混沌系デスメタル・バンドの活躍が目立ちます。そして、それらの代表格が、このMORBUS CHRONと言えるでしょう。



スウェディッシュ・デスメタルのスターダムをかけ上るバンドですが、そのサウンドは、作品を発表するごとに、よりノリづらい、非常に難解なスタイルへと突き進んでいます。Century Mediaと契約して発表した本作は、3曲入りで、B面ナンバーは6分を超えます。彼らの持ち味であったAUTOPSY直系の神経衰弱型デスメタルが加速し、もはやクトゥルー系デスメタルのカオスにも通じますが、DEGIALのようなMetal Of Death一派の邪悪性とは異質で、ブルータル・デス方面などともベクトルが真逆な感じです。これはAUTOPSY型デスメタルの土台が強固だからだと思うのですが、プリミティブ且つプログレッシブな、唯一無比のデスメタル・ワールドを開拓しています。



Maniac氏(ex. MAYHEM)が以前来店された時に買っていかれたように、出世作となった1stアルバム Sleepers In The Riftのアナログ盤のご注文は、ここ最近はほとんど外国人の方ばかりです。この新作10"は、そんな傾向に拍車をかけるような、一言で言って、日本人にはかなりハードルの高いデスメタルと言えるでしょう。しかし1stアルバムでこのバンドの不思議な魅力にとりつかれた方は、今回も絶対堪能できると思いますので、ぜひじっくり聴いてみてください!!限定1000枚デス!!









・SATAN'S WRATH - Galloping Blasphemy LP RED MARBLE VINYL ¥2600 / BLACK VINYL ¥2400 / CD ¥2200 (Metal Blade)



絶不況に追い打ちをかけたPaypalの本人確認によるアカウント停止(復活しました!)などでヒーヒー言ってる昨今、良い情報をくださるお客さんがけっこういらっしゃって、ホントに嬉しい限りです・・・(嬉泣)。このSATAN'S WRATHもお客さんに教えていただいてチェックした途端にブッ飛んだ、ココ最近の大穴ホームランです。もっとも、エラそうに大穴なんて言ってしまいましたが、この1stアルバムはMetal Bladeからのリリースですし、そのメンバー構成と、Terrorizerマガジンでの衝撃的な登場などで、既に日本の鋼鉄業界関係者には注目して当たりまえな存在なのかと思います。ex. ELECTRIC WIZARDの、あの顔面総刺青ベーシスト Tas氏(どうやらELECTRIC WIZARDからは脱退してるようです)と、ギリシャのSCAR OF THE SUNなるバンドに以前在籍していた Stamos K氏の2人によるブラック・スピードメタル・バンド SATAN'S WRATH!!!これがメチャクチャかっこいいです!!!



音は予想以上に正統派鋼鉄してまして、SLAYER旋律でスタートするオープニング・ナンバー Leonard Rising - Night of the Whipは、本編が始まると意外や意外、まるでMERCYFUL FATEのような感触のサタニック・メタルでいきなりノックアウトされます。そして続く Between Belial and Satanは、スピードメタル・テイストを増したPOSSESSEDの1stのようなサタニック・スラッシュメタルで、もうこの冒頭の2連発でサタニック・メタル・ファンから初期スピードメタル・ファンまで確実に即死デス!!IRON MAIDENとMERCYFUL FATEの中間的な3連パートも多くて、アルバム・タイトルにもなってる5曲目のインストゥルメンタル・ナンバーや、バンド名をタイトルにしたラストのドラマチックなナンバーなど、ケツの青いNWOTHMトレンド・キッズなどとはスキルもセンスも雲泥の差であるのが随所ににじみ出ています。



GHOST, ANGUISH, ENFORCERなどのスウェディッシュ・アンダーグラウンド・エクストリーム・メタル連中による鋼鉄原点回帰とはちょっと違うと言うか、むしろその逆で、メジャーなシーンも経験してきた者達による、サタニック・メタル地下潜伏志向なのですが、アラフォーの背中のかゆい部分全てに手が届いてるような感触の、とにかくイヤらしいくらい完璧すぎるブラック・オカルト・メタル作品です。ご覧の通り、ゴートのマスクで顔隠してくれてたほうが見ててよっぽどドキドキしない凶悪なTas氏と、SAMHAINを彷彿させる Stamos K氏のルックスも完璧かっこいい!!POSSESSEDを彷彿させるシールドされた観音開きジャケもナイスで、アナログ盤はともに各限定500枚プレスの、ブラック・ビニール 2,400円と、レッドマーブル・ビニール 2,600円の2種入荷してますので、ご希望をお選びください。かなりオススメです!!

PayPalでのお支払い受付再開のお知らせ



先日お知らせしました、PayPalの本人確認が完了しましたので、通常通りPayPalでのお支払いが可能となりました。



もー、こっちも相当うっぷん溜まってたので、仕入れもまたガンガン再開します!!ご迷惑お掛けしてすみませんでした!!

Bloodsucker Relations!!



・FIGHTBACK / HAZARD - Realities of Hardcore Punk SPLIT 12" ¥1575 (Kick Rock)



BloodsuckerからリリースされていたCDをフランスのレーベル Kick Rockが12"アナログ化!ex.BASTARD/ex.JUDGEMENTのToku氏やDIE YOU BASTARD!のIron Fist辰嶋氏らによるFIGHTBACKと、東京ハードコア・パンク・シーンを代表するVo.と言っても過言ではないGocho氏率いるHAZARDが激突した強力すぎるSplit!!!



メタリックなギターで畳み掛けるように暴走するハードコア・サウンドに、Toku氏ならではのスクリーミングVo.を乗せたFAGHTBACKは、全国のジャパニーズ・ハードコア・ファンが待ち望んだ待望のデビュー作!! そして現在のメンバー編成もすっかり馴染んできたHAZARDは、ハードコア本来のピュアなアグレッションをひたすら追求するかのようなゴリゴリのレイジング・ハードコアが今回も圧巻!!! そこに、海外ハードコア・パンク・バンド連中にもファンが多いというGocho氏の怒りに満ちたVo.が乗って、今回も壮絶なハードコア・チューンを連射しています!!! 各バンドともに5曲を収録した全10曲。







・NEVER AGAIN - S/T CDR ¥525



96年から活動を続ける広島ハードコア・パンク・バンド、前作から3年振りとなる音源を限定300枚でセルフリリース。



ボーカルラインを今まで以上に前面に出し、バンドのメッセージをよりストレートに表したようなスタイルとなってリリースされた最新作CDRです。従来バンドが演っていたジャパニーズ・ハードコア・スタイルのナンバーと、その枠にとらわれないエモーショナルな楽曲で構成、多彩な表現でメッセージを訴えかける情熱的で繊細さもあるボーカルとコーラスとの掛け合いや、甘いだけではない感情的なメロディーのバッキングが織りなす全3曲!







* ジャケ画像をクリックするとBloodsucker関連商品一覧にリンクしますので、合わせてチェックしてみてください!
09 | 2012/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR