RECORD BOY

MAGNESIUM - Buried ´n´ Live CD with OBI








日本のアンダーグラウンドHEAVY METAL界の中でもN.W.O.B.H.M.に固執した姿勢(即ちサウンドなど全て)を90年代初期METAL低迷期から発信し始めているが存在が極右に位置していて恐らく大多数の日本のHEAVY METALファンは知らないであろう、このMAGNESIUM。 だが、それで良いのである。なぜならば、本当にマグネを理解するならば忽ち寿命が減り、音楽の楽しみもなくなるからだ。正に地獄だ!!LEAVE ME IN HELL。只、アンダーグラウンドメタル地獄に陥りたいのなら絶対に聞かねばならんのだ!!80年代は三重のSABBATメンバーであり、その後、東京SACRIFICEに加入、現在はG.A.T.E.Sのメンバーでもある Mr.MAGNESIUM、SAMMことSHINJIにDEMO/LIVE CD発売記念ショートインタビューを決行。





In Japan, they are the most faithful to N.W.O.B.H.M....its music, its style, and everything. They have put out their voice since early 90’s, the depression period of heavy metal scene. Unfortunately they have been on the furthest edge of the scene, so most of Heavy Metal fans in Japan hardly recognize them. That's o.k. for Magnesium. Why? If you truly understood what they are, you would lose years off your life to enjoy music. That’s hell! Leave me in hell. You should listen to MAGNESIUM if you love to give yourself over underground Heavy Metal hell!



Played for SABBAT (from Mie) in 1980's then joined SACRIFICE (from Tokyo), now playing for G.A.T.E.S, Mr.MAGNESIUM, Shinji a.k.a. Samm, gave us some words about MAGNESIUM demo/live CD.







Q : SABBAT, SACRIFICEと経て最終的になぜN.W.O.B.H.Mサウンドに行き着いたのですか?ルーツ回帰?



SAMM : SABBATで速さに疲れて、SACRIFICEで重さに疲れて・・・戻れる場所は俺のMetalの原点であるNWOBHMしか無かったんや・・・けど、また速いのやりたくなりG.A.T.E.Sへ・・・。そし て・・・。





Q : You played for SABBAT, SACRIFICE and now you play NWOBHM sound. What made you so? Just return to your origin?



SAMM : I was exhausted the speed of SABBAT, then the heaviness of SACRIFICE... the last place I could go back was NWOBHM which is the starting point of my metal career. Then I wanted to play faster music again...G.A.T.E.S... then...





Q : この音源についての解説をお願いします。



SAMM : デモは'94年にリリースした時の赤ジャケ・バージョン(プロモオンリー)で、販売用より1曲多い物。マグネレディとタイムは、販売してない完全プロモ・オンリー・デモから。で、大目玉(笑)のLIVE。何故このメンツでやったのか全く記憶に無いが、俺がGORGONをバックにマグネを歌うというアホ企画!これが実に素晴らしい!(笑)歌はともかく、GORGONの神髄がここに有る!解るかね?彼らは究極のNWOBHMコピー・バンドやな!GORGON信者よ、これを聴いてちょっとでも一瞬でも?が湧いて出たら、二度とゴルゴン・ファンを公言したらあかん! Killing Machine VocalやFeather Touch Frying Guitar に涙することは許されん!因みにこの時の映像も残ってるでぇ!





Q : Please give me some explanation of MAGNESIUM Demo / Live CD.



SAMM : Demo tracks are taken from the promo only version of the tape released in 1994, which was in the red sleeve and one song extra compared to the normal version. Both "Magnesium Lady" and "Time Tell No Lies" are taken from promo only demo which was never sold to anyone. Then the special feature live tracks! They are the special favor of the CD. I can't remember why I played with that line-up. It was a joking project, GORGON played MAGNESIUM songs. And I sang on it! It was hilarious!! You can touch the evil heart of GORGON! You know what I mean ? GORGON is the ultimate copycat of NWOBHM! Hey, GORGON devotees! If you have any doubt at all when you listen to the CD, you will never allowed to call yourself a devotee of GORGON!, never allowed to shed tears for Killing Machine Vocals or Feather Touch Frying Guitars ! I still have videos of this show, anyway.





Q : 現在はワンマン・バンドですが、この音源はバンド形態(正式メンバー)で録音されていますよね?バンド形態とワンマン・バンドの違いはなんでしょうか?そして今何故、ワンマン・バンドでいるのでしょうか?



SAMM : 全ては俺の性格に問題が・・・(笑)。バンドっていうのは基本的に、例えば5人メンバーが居ればその個々の個性が一つになって発信されるから、一個の音を聞いても色々な観点を感じ取れるやん? 今回収録のデモなんかは、デモながらにバンドとしてのマグネ初期の集大成ともいえる。ワンマンでいるっていうのは、わかりやすく言えば、全てに共通している何処をどう切っても一つの自分でしかないサウンドを志せるってことなんよ。理想は自分が5人居ればええってことかな。だから本当に自分の頭や心を音に通わせられる人物がいてメンバーをやって貰えるなら、ワンマンでいる必要はないわな。このデモの後にリリースした7"は、メンバー二人になって録ったものやし、今回のデモとは同じマグネであっても全く違うものやな。





Q : MAGNESIUM is now your one-man army but the tracks on the CD were recorded as a band. What is the difference of two for you? Why you have decided to do MAGNESIUM alone?



SAMM : Just because of my character, haha. Basically a band consists of some members and characters of each members are mixed. So you can hear different elements from the band sound, right? Demo tracks on the CD is something like a compilation of early MAGNESIUM, which is a band MAGNESIUM. And now one-man MAGNESIUM, it is just whole of myself. As a one-man band, I can pursue pure sound without any other different elements. You can hear what I am from even a small part of it. Wish I had 5 different bodies, then I could form a 5 piece band. If I found right people who understand my thought, my sound and everything then put out right music, I would form a band with them. No reason to be a one-man band. The 7" which I put out after that demo, was recorded by me and other person. That was also MAGNESIUM but totally different from what MAGNESIUM is on this CD.





Q : あなたにとってN.W.O.B.H.M.とは?



SAMM : 俺が創り出す全ての物の基準になるものかな。単にNWOBHMとは?なら、流行り物好きの英国人がたまたま遺した幻想やろな。これぞNWOBHMってのが有りそうで無いし・・・誰も正確に答えられんと思う・・・。ANGEL WITCHはNWOBHM期のバンドやけど、ANGEL WITCHであってNWOBHMではないし、暗く湿った垢抜けない感じとか言い方はあるが、あの時代以降のバンドで的確に再現出来てるバンドを知らん・・・。MAGNESIUMの最終目標は、V.A. "Pure Overkill"のB面の3曲目に収録されてても全く違和感のない曲を創ることかな!





Q : What is N.W.O.B.H.M for you?



SAMM : The standards of what I create. If you asked what NWOBHM is, I would say an illusion which the fashion following British people left behind by chance. There is no ultimate sample of NWOBHM...guess nobody can explain what it is properly... ANGEL WITCH was active in NWOBHM era but they are just ANGEL WITCH, not NWOBHM. Some would say it is dark, gloomy, damp and unpolished, other would say something different. I don't know any band which is formed after that period and replicate it properly... The ultimate goal of MAGNESIUM is writing the right song which would perfectly fit on the third track of side B of "Pure Overkill" comp.!





Q : あなたのとってHEAVYMETALとは?



SAMM :う~ん・・・・・・ウンコやな!(笑)子供の頃、道端にウンコ落ちてたら「わぁウンコやぁぁぁ」って笑いながら叫んだやん?その、その感覚やね!普通の人からは汚い臭いって嫌われるが、ハマってしまうと抜けられんのだわ! 聴くのはMetalだけやないけど、創りたいのはMetalだけなんよ。色んな物食べて消化して出す!つまりは ウンコ!やねん! そうやねん!わかるかね?!それやねん!つまりは死ぬまで俺はMetalを創り続けるしかない!って事なんや・・・。





Q : What is HEAVY METAL for you?



SAMM : Urgh...SHIT! ha! Remember your childhood, when you saw dog shit on the street, you laughed and screamed "Oh, there's shit!", didn't you? It's just the same feelings. Ordinary people try to keep themselves away from it because it's dirty and smelly. But once you are fascinated, you will never forget it! I listen to different music but what I put out is only Heavy Metal. Eat, digest, and then put out! That is SHIT, right? That is Heavy Metal for me. You know what I mean? That is endless life cycle and I can't stop putting out Heavy Metal till death!





有難う御座いました。







いやー多少音を出していないと何言っているのかわからない部分もあるかも知れませんが、 MAGNESIUMが100%HEAVYMETALで有りながらも一筋縄ではいかないサウンドであると言うことが伺えると思います。此処で個人的な意見を言わせて貰えればMAGNESIUMはその他バンドとは一線を画す、、魂の入り具合が違うんです。とりあえず、YOUTUBEで視聴して来ても良いと思いますよ。焦らず、じっくり行きましょう。





May be it is difficult to understand whole of his words without listening to MAGNESIUM. But you can guess MAGNESIUM is 100% Heavy Metal and not mediocre. In my opinion, MAGNESIUM is different...the way putting the spirit into music is different. You can check them out on YouTube. No hurry. Take your time and experience what they are carefully.





(interview & text by Futatsugi/G.A.T.E.S)









・MAGNESIUM - Buried ´n´ Live CD with OBI ¥1400 (Metal Warning)



当店でのMAGNESIUM作品の取り扱いは、2006年にIron Pegasusから発表した Time Tells No Lies / Over the Rainbow 7" EPに続いて2作目となります。あのEPから5年以上が経過して、現在当店を利用していただいてるお客さんもその当時とは入れ替わりもあるでしょうし、また、販売する私達自身も、Samm氏のG.A.T.E.S参加によって、Samm氏の音楽論や興味深いお話を、G.A.T.E.Sメンバーなどから聞かせてもらう機会が増えました。今回はG.A.T.E.Sのフタツギ氏によるインタビューの提案をSamm氏が快く受けてくださったので(奇しくもSamm氏を兄貴と慕うG.A.T.E.SのVo.根岸氏が行った、あの伝説のPoisonchild ZINE vol.8での超ロング・インタビュー以来でしょうか?) 、収録内容やバイオグラフィー的な解説はこれ以上ほとんど必要ないでしょうが、ひとつ補足させていただきますと、このCDは限定500枚で、うち200枚が日本語帯付きだそうです。Samm氏のご厚意により、イチ早く入荷させてもらいましたが、日本国内のトゥルー・メタル・ショップに先駆けてMAGNESIUMのCDを販売するということは、ものすごいプレッシャーで緊張しまくってます。レコード屋は音楽をテキスト化してお客さんにわかりやすく、想像しやすく、そして購入しやすくなってもらうのが宿命であり、その行為はミュージシャン側からすれば、「数行の商品解説でわかったような気になられたらたまんない」と不快な気分にさせてきたことも多々ありましたが、恐れ多くも、MAGNESIUMでもそれをしなければならないのです。パンツ一丁でプレゼンするような気持ちで、気を引き締めながらも、いつものようにムチャクチャなことを言わせてもらいたいと思います。



さまざまなタイプのバンドが存在したNWOBHMは、音楽のスタイルを意味するものではないのに、「NWOBHMっぽいサウンド」と言えば、へヴィメタルが好きなほとんどの人には恐らく同じような音楽を想像させます。だからと言って別に魔法の言葉ってことでもなく、たとえば、"東海岸のクロスオーバー"と聞いて、NYだけに限定してもCRUMBSUCKERSの1stを思い出す人もいればCRO-MAGSの2ndを思い出す人もいるだろうけど、両者のサウンドはまるで違います。DESTRUCTION, SODOM, KREATORが代表格のジャーマン・スラッシュメタルに当てはめたほうがもっとわかりやすいでしょうか。さらに話を脱線させつつ自分なりの本質に近づけさせてもらうと「フロリダ・スタイルのデスメタルやってます」と言ってる人が、DEATHみたいなヤツでもMORBID ANGELみたいなヤツやってても納得できますが、OBITUARYみたいなのをやってたら、おそらくその人は「フロリダ・デスみたいなのやってます」とは言わないでしょう。さぁ、ここから強引にMAGNESIUMに話をつなげますと、つまりはその道を極めんとしてる、単純に言えばたくさんのへヴィメタルという音楽, レコード, ライブに触れて聴きまくってきた本物のキッズならば、興味のない人にとっては屁理屈にすら聞こえないこんなフロリダ・デスメタルの例でも、理屈っぽいメンドクセー理論には聞こえなずに、すんなりわかってもらえる(であろう)ように、NWOBHMとその他の80年代へヴィメタルの多くを聴き親しんできた人が、出音イッパツで「!!!!!」と体中に電撃が走り、凡百のNWOBHMフォロワー・バンドとの違いが感じられるのが、MAGNESIUMではないでしょうか。だからこそ、Samm氏と同世代であろう世界各地のへヴィメタル・ミュージシャンや業界関係者の多くが、MAGNESIUMへの感服と畏敬の念を表明してるのだと思うのです。



このCDを手にして最初に再生する直前に店内でBORROWED TIMEを聴いてたんですが、MAGNESIUMのCD再生した途端、もう質感と空気がぜーーーーーんぜん違うんです!!!もちろん積み重ねてきた歳月とへヴィメタル・ミュージシャンとしての経歴の違いが歴然としてるのも当然ですし、BORROWED TIMEがしょっぱいわけでもなく、BORROWED TIMEのルーツにNWOBHMがいかにドでかく存在してても、彼らはアメリカ人であり、MANILLA ROAD, BROCAS HELM, CIRITH UNGOLなどと同じ大陸のへヴィメタル・バンドだからだと思うのです。そしてもう一つ自論を言わせてもらえれば、人種はもちろん、地域や文化の違いが絶対であるのと同様に、やっぱりその年代(80年代)の空気を実際に呼吸してきた者にはかなうわけがありません。ですから、Samm氏が言ってるように、NWOBHM以降のバンドでNWOBHMを的確に再現できるバンドは存在しえないのです。私達は、MAGNESIUMを聴きまくることのできるこの機会に、MAGNESIUMを死ぬほど聴きまくればいいのです。そして、MAGNESIUMだけをひたすら聴きまくってても、MAGNESIUMの魅力の全ては理解し得ないことに気付けば、リスナー人生をまだまだ底無しに楽しめるはずです。

Japanese Punks!!



・ASSEMBRAGE - Demo 2012 CDR ¥300



大阪アンダーグラウンドから登場したハードコア・メタル・ダーク・スラッシュ・バンドの4曲入り1stデモ。まずはその注目すべきメンバー構成からご覧ください。



Jun (Vo. / ex. GODIE, etc)

Puno de Hirro (G. / CATAPLEXY, SECOND TO NONE)

Sawichirow (G. / 不幸 etc)

Yoshikawa (B. / SECOND TO NONE, ex. ZYANOSE, ex. GREENMACHINE, etc)

Osamu (Dr. / ex. NIGHTMARE, ENGRAVE)



ASSEMBRAGEのサウンドはハードコアですが、まぎれもなくエクスリーム・メタルの黒い血が強く作用して生まれたものです。ダウン・チューニングの初期スカンジナビアン・デスメタリックな感触による黒音塊で繰り出される冷徹なハードコア・サウンドは、デスメタル・バンドの多くもシンパシーを感じたHIS HERO IS GONEに代表される90年代以降のダーク・スラッシュとの共通性も感じさせつつ、しかし大阪ハードコア伝統のダークネス・バイオレンスと、ジャパニーズ・ハードコア譲りの叙情フレーズがミックスされて、昨今の所謂デスメタル・クラストとは明らかに異質です。1曲目の黒いロッキンなリフワークは2000年代のスウェディッシュ・ロッキン・スラッシュ・パンクではなく、後期LIP CREAMのような混沌レイジング・ハードコアを感じてしまいました。ハードコア・シーンとエクストリーム・メタル・シーンのど真ん中を支えてきた猛者から成るこういうバンド、待ってました!!!







・AVFALL - Dish it Out 7" ¥800 (Hardcore Survives)



東京の若手ハードコア・パンク・バンド AVFALLの2nd EPが、Hardcore Survivesからリリース。Vo.が脱退してベーシストがVo.も兼ねる新体制での初音源で、もともとはデモとして発表予定だったものを、メンバー脱退の困難を吹き飛ばす素晴らしい仕上がりに魅了されたレーベル・オーナー氏が、正式音源としてのリリースを熱望して実現したEPです。



スウェディッシュ・ハードコア・パンクに影響されたスタイルながら、ANTI-CIMEXやSHITLICKERSに代表されるバイオレンスなスウェディッシュ・スタイルではなくて、TOTALITARのようなノイジー・スラッシュ・サウンドが特徴のバンドです。このEPではそのスタイルを継承しながらも、確かな成長を感じさせる内容で、MOB 47的なストップ&ゴーも駆使したブッチギリ暴走ハードコアに、スウェディッシュのみならず世界中の激しくピュアなレイジング・パンク・スラッシュに触発されたような、怒涛のハードコア・インテンシティーが炸裂しまくってます!!THINK AGAINなどのファンにも絶対オススメの、今後も期待大のハードコア・スラッシャー!!







・FREAKS - Live in Vain CD ¥1300 (Label of the Dead)



毎年7月にLIFEと共同で企画を続ける東京のベテラン・ハードコア・パンク FREAKSの新作CD。3ピースになっての初音源となります。先着でバッジ付き!



新しい感覚に敏感でいながら、昔ながらのライトなジャパニーズ・スラッシュコアを貫き通すバンドで、拠点とする高円寺近辺では根強い人気を誇ります。この2ndアルバムでもギミックなしのシンプルなハードコア・パンク・チューンを連発して、キャッチーでノリのよい楽曲でファンを虜にします!!







・雷矢 (LAIYA) - 続行の歌 CD ¥1260 (Straight Up)



ハードコア・バンドやサイコビリー・シーンとも交友の深い東京スキンヘッド・パンクを代表するバンドの一つ、雷矢の久々新作がStraight Upからリリース。売上は、NBC作戦の物資支援と東北ライブハウス大作戦に寄付されるベネフィット・シングルです。



ハードロック・フィーリングあふれるギタープレイに定評のある新谷"R6KU"清利氏, いぶし銀の熱血職人ドラマー 吉澤剛氏, そしてベースに日下部司氏が復帰して、雷矢の看板を守り続けてきたyasuo氏を強固にバックアップしています。ジャパニーズ・ハードコア・ファンにも人気の高い、yasuo氏の熱いメロディックVo.も相変わらず冴えわたる、ファンが待ちに待った雷矢節全開の3曲!!
08 | 2012/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR