RECORD BOY

American Punk Violence!!



・POISON IDEA - Darby Crash Rides Again-The Early Years LP ¥1900 (TKO)



USキングス・オブ・パンクの激レア初期音源集リリース2連発!!最初期81年の蔵出し未発表音源 Boner's kitchen Demo, 7"でリリースされた82年1stデモ Darby Crash Demo, The Early Years CDに収録されてた83年ライブ,84年Records Collectors are Pretentious Assholesのアウトテイクを収録。ゲートフォルド・スリーブを開くと、Darby Crashに人生を狂わされたJerry A.の若かりし頃を中心に掲載の初期レア写真が満載ですし、POISON IDEAとIMPERIALIST PIGS共演のフライヤーなどにも目が釘付けです。あと、クレジットを見ると、このコンピレーションの企画にはCrawlspace BookingのRon Martinezなる人物の名がクレジットされてますが、これはもしかして、Crawlspaceというレーベル名でGEHENNAの1stアルバムをリリースした、FINAL CONFLICTのオリジナルVo.のロン・マルチネス氏ではないでしょうか。



やっぱりPOISON IDEAは、ポートランド・スピードメタル MAYHEMのSlayer Hippie氏が加入して、オーセンティックなロック・テイストを導入して驚異的な完成度で仕上げた Getting the Fear 12"以降が絶頂期だったことは明白ですが、ここで聴ける最初期音源も壮絶に衝撃的です。USポートランド最初のハードコア・パンクとされる伝説のバンド IMPERIALIST PIGSのギタリストだったPig Champion氏加入以前の激レア81年音源は、この時点で凄まじいレイジング・スラッシュが唸りを上げています!!







・POISON IDEA - The Fatal Erection Years 1983-1986 LP ¥1900 (TKO)



USキングス・オブ・パンクの激レア初期音源集リリース2連発!!83年 Pick Your King 1st EP, 84年 Records Collectors are Pretentious Assholes 1st 12"のFatal Erection Recordsからの2作品に、同じくFatal Erectionから出てたポートランド・ハードコア・パンク comp.シングル Drinking is Great 提供曲と、Pusmortからの Cleanse the Bacteria提供曲, そして未発表曲収録の83年ライブの全31曲入り。ゲートフォルド・スリーブを開くと初期レア写真が満載ですし、Jerry A.のセルフライナーノートも必読。あと、クレジットを見ると、このコンピレーションの企画にはCrawlspace BookingのRon Martinezなる人物の名がクレジットされてますが、これはもしかして、Crawlspaceというレーベル名でGEHENNAの1stアルバムをリリースした、FINAL CONFLICTのオリジナルVo.のロン・マルチネス氏ではないでしょうか。



やっぱりPOISON IDEAは、ポートランド・スピードメタル MAYHEMのSlayer Hippie氏が加入して、オーセンティックなロック・テイストを導入して驚異的な完成度で仕上げた Getting the Fear 12"以降が絶頂期だったことは明白ですが、ここで聴けるレコード・デビュー直後の音源の時点で既に、他のUSHCバンドには成しえないハードコア・サウンドを表現しています。クロスオーバーやプレ・グラインド・スラッシュとは完全に異質ながら、異様に速い!!ドライブ感という例えのマキシマムのような猛速感に打ちのめされます。83年ライブも完璧な超良好音質で、しかも未発表曲が震えるくらいカッコいい!!!!!このライブ音源だけのために買っても絶対ソンはないです!!!







・DICKS - Hate the Policd 7" ¥1000 (1-2-3-4 Go!)



これも遂にオフィシャル再発ですかーーー!!!この再発が一番感慨深いアラフォーも少なくないことでしょう。20年位前にリプロ・ブートが出回ったときは、"MUDHONEYがカバーしたことでも知られる~"なんて、グランジ様々なキャッチコピーで若者にもアピールされてた、必殺のテキサス・パンク激レア80年作EPが念願のオフィシャル再発!!



盟友 BIG BOYSとともに、USパンク・シーンに於いて変態コスプレを真っ先に(その後続いたフォロワー・バンドはいないけど)導入したDICKSは、やはりBIG BOYS同様、変態ファッションとは裏腹な郷愁ただようメロディーの退廃粗暴ロウ・パンクが激渋でした。ブサイクな看護婦ババァ・コスプレが鮮烈だったGary Floyd氏の、本作タイトル曲 Hate the PoliceでのたそがれVo.はいつ聴いてもキュンとしてしまいます。USパンクのたそがれと狂気が同居したメガレア名作EP!!







・ANTiSEEN - Blood of Freaks The Singles 1989-1992 LP ¥1900 (TKO)



GG ALLINと並んで極悪メタルヘッズに支持されるアメリカン・パンクスの89年~92年発表シングル・コレクションLP、カラービニール!!



ノースカロライナを拠点に活動するANTiSEENは、USパンクの狂気、アメリカン・ロックの土着的&保守的な伝統、プロレスなど、暴力的な要素をシンプルなR&Rに叩きつけたスタイルを貫き通しています。Jeff Clayton氏のダミ声コブシVo.がカントリーやブルース・ナンバーを歌い上げると、かなりLee Ving氏を彷彿させるし、SSイーグルをあしらったロゴなど、イメージ戦略もFEARに似てるものを感じます。あと、後期CHAOS UKもインスパイアされてたのは明白です(カバーもやってましたし)。ビート・パンクのようなウルトラ・シンプル・キャッチーな曲も、ANTiSEENがやると恐ろしくカッコいいから凄い!!!完璧なパンク・バンドです。

European Punk Legends!!



・NEUROOT - Right is Might 12" ¥1400 (Havoc)



86年発表、オランダ・ハードコア・パンクの名作EPが、未発表ボーナス曲を2曲加えた12"サイズでオフィシャル再発!!この作品は後期ANTISECTタイプの隠れた名作として、80'sメタルパンク・マニアにも人気のレア・アイテム。数年前にデモ音源もオフィシャル再発LP化されてて、そっちの音源はオブスキュアD-Beatマニアの間で評価が高く、80'sスラッシュ・ハードコア・パンク・ファンにとっては大変魅力的なバンドであります。しかしなんと言ってもNEUROOTと言えば、カナダのFRATRICIDEとのお蔵入りSplit LP。そのSplitはPusmortから発表される予定でしたがリリースされず、テストプレスが25枚のみ存在するという幻音源で、星の数ほどある世界中の80'sハードコア・パンク・レコードの中でもトップクラスの究極レア・アイテムとして、コレクターの間で語り継がれてきました。そして今回のこの再発盤。ボーナスを加えてフォーマットを12"サイズに変えた、まぁよくある再発盤だと思ってましたが、実はこの6曲がSplit w/ FRATRICIDEとして提供したものだったのです!!!!!



後期ANTISECTやPooch氏在籍時DISCHARGEタイプのミドルテンポ・メタルパンク・チューンと、ANIHILATEDあたりとの共通性もうかがわせるパワフル&アグレッシブな疾走メタルコア・ナンバーの応酬で、イギリスと北欧には割といたけど実はあまり西ヨーロッパにはこの時代多くいなかった、スラッシュメタルにもインスパイアされたと思わせるハードコア・パンクです。ちなみにこの後、88年に発表した1st LPは、よりスラッシュメタルへと接近したギター・プレイと、小学生が...And Justice for Allをまねたような酷すぎるジャケ・アートのおかげで(METALLICAも...And Justice for Allを発表したのは88年だけど)、当時の日本ではほぼシカト状態だったけど、ダーティーなメタルコア・スラッシュ作品で、こちらも必聴。次はぜひとも1st LPも再発してほしいです!!







・WRETCHED / INDIGESTI - Split 7" ¥1000 (Bootleg)



こんなものまでブートで登場してしまいました!!!初期イタリアン・ハードコア・パンク屈指のウルトラ・レア盤82年Splitシングルが、オリジナル同様、白スリーブにスタンプを押したDIYな作りで、インナーシートも3枚付いた完全復刻でブート再発!!



絶大な人気を誇るWRETCHEDは、ほかのどの作品よりも焦燥感という表現がぴったりの壮絶なポテーレ・スラッシュが大爆発!!このSplit EPでのWRETCHEDサウンド完全再現を追及するパンクスは、今後も世界各地で生まれ続けることでしょう。いつ聴いても、狂ったモノ凄いハードコア・サウンドです。INDIGESTIはイタリアン・スラッシュコアの中でもUSHC寄りのサウンドが特徴ですが、このSplitはラウドなドカドカ感が際立っててカッコいいです。USHCの影響が強いスピード・スラッシュなので、後のパワーバイオレンスのプロトタイプのような暴力性も感じさせます。







・RATTUS - WC Rajahtaa LP ¥1600 (Svart)



Svart Recordsからフィンランド・ハードコア・パンクのメガレア盤が続々とオフィシャル再発!!!83年に発表されたこのRATTUSの1stフル・アルバムは、初期Pusheadの仕事の中でも高い人気を誇るジャケ・アートワークや、パンクロック色の強い初期のスタイルからハードコア・テイストがアップしたサウンドなどが、世界中のハードコア・パンクスに愛され続ける名作。しかしこれまでオフィシャルのアナログ再発は1度もなく、オリジナルは母国フィンランド人ですら滅多にお目にかかれないというウルトラ・レア盤。ブートレグでこのアートワークを拝借しながらも、タイトルと内容は違ったものなどが数年前にありましたが、このたび遂にオフィシャルで復刻されました。オリジナル盤を手に入れることなんて夢のまた夢と思ってた人は多いかったことでしょう。当店にも何度かお問い合わせのあった、日本のパンク・レコード屋各店でも話題騒然の再発盤です!!



この作品で聴けるハードコア時代初期の3ピースのRATTUSサウンドは、ドライブする疾走感がとにかく素晴らしい!!メロディーもキャッチーで、カリスマ・ヴォーカリスト Annikki氏加入後の4人編成時代のバイオレントなイメージとは異質の、所謂トロール・パンク/スカンジナビアン・アタック・パンク・ファンを魅了する楽曲の良さと、ハードコアの荒々しい疾走感が同居した、極上のキラー・ハードコア・パンク・クラシック!!







・RATTUS - Uskonto on Vaara LP + 7" ¥2200 (Svart)



Svart Recordsからフィンランド・ハードコア・パンクのメガレア盤が続々とオフィシャル再発!!!RATTUSの再発盤はWC Rajahtaa 1st LPがちょっと先に出てたのですが、オーダーするタイミングを逃して困ってたところに、こちらの84年2ndアルバムも再発が決定。Svart Recordsはウチのようなショボいオーダーは後回しなのか、毎度あまり上手くいかなくてヤキモキさせられるけど、Annikki氏在籍時のRATTUSとなれば俄然やる気が出ます!!7"EP付きの限定500枚です!!



レア度と話題性で言ったらWC Rajahtaa LPに軍配が上がりますが、当店をチェックしてくれてるような方々にとっては、RATTUSはやっぱりAnnikki氏在籍時に尽きまるのではないでしょうか。極悪なルックスとシャウトのAnnikki氏の存在感は、バッキングの3人をも暴力的な思考へと導いたのか、過去作品とは全く違った空気が支配してます。ロック・フィーリングすら感じさせる初期のスタイルから黒く退化したような、バイオレントなプリミティブ・ハードコア・スラッシュ・チューンと唯一無比のAnnikkiシャウトが最凶激渋!!!Pusheadのジャケも言うまでもなくカッコいいです。7"EPには、ブラジルのNew Face Recordsライセンス盤にボーナス収録されてたMISFITSカバーやDISCHARGEのカバーも収録しています!!







・TERVEET KADET - Aareton Joulu 7" ¥1200 (Svart)



Svart Recordsからフィンランド・ハードコア・パンクのメガレア盤が続々とオフィシャル再発!!!82年に発表されたTERVEET KADETのこの7" EPは、フィンランド・ハードコア・パンクのゴッドファーザー的バンドの再発とあって、Svart Recordsもかなり力が入ってるのがうかがえます。バンドの30周年を記念した限定1000枚の再発盤で、貴重な写真も多数掲載の12ページ・ブックレット付きでゲートフォルド・スリーブという、手に取った瞬間にこのバンドの存在の重みが感じられるリイシューです!!



フィンランドのパンクはすさんだイメージが強いのが特徴ですが、フィンランド最初のハードコア・パンク・バンドとされるこのT.K.も、破滅型パンクな不良っぽさがにじみ出ています。重厚なサウンドで直進する攻撃的なハードコア・サウンドと、どこか退廃的なムードを漂わせるキャラクターで、SMイメージを強調していた戦略も相まって、スカムなバイオレンス・ムードが隅々まで充満しています。フィンランド・ハードコア・パンクの中で最も暴力的なレジェンド・バンドのレア・クラシックEP!!







・UNICEF - Kakimassaa 7" ¥900 (Svart)



Svart Recordsからフィンランド・パンクのメガレア盤が続々とオフィシャル再発!!!このUNICEFは、LAMAのメンバーも在籍したバンドで、やんちゃなキャラクターで伝説的な逸話もいろいろ残したカルト・バンドだそうです。恥ずかしながら今回の再発まで全然知らなくて、あまりにも当店にも問い合わせが多かったので調べてみたら、壮絶にレアで魅力的なバンドだと知って勉強になりました。RATTUSのLPやTERVEET KADETのEPと並んで、パンク・ショップ各店で話題の再発盤です!!



ジャケ写真のVo.のルックスからなんとなく想像できた通りの、ゴリゴリにタフだけどキャッチーなパンクロックで、SKREWDRIVER, ANTI NOWHERE LEAGUE, ANTiSEENみたいな雰囲気が好きな人は確実に必聴!!と思ったら、タイトル曲はSKREWDRIVERのフィンランド語カバーでした。DAMNEDっぽいチンピラ臭さのLAMAより、Oi系のストロングなチンピラ・テイストのブルータル・パンクといった感じです。北欧パンク・ファン, キラー・パンク・マニア狂喜の復刻盤!!

UKHC Legends!!



・VARUKERS - Another Religion Another War 12" ¥1400 (Havoc)



やってくれました、Havoc Records。ハッキリ言って今までのHavocによる再発で一番うれしいのはコレです。UKハードコア・パンク VARUKERSの最高傑作、84年発表8曲入りMLPが再発!!!90年代中期に7"EPの2枚組という変則的な仕様で再発されてましたが、オリジナル・フォーマットを再現した再発は今回が初。若いコはDeadly Games編集盤で見慣れてるジャケ・アートかもしれませんが、オリジナル盤は当時から本当になかなか見かけなかったし、この8曲は本当に神掛かっています。Deadly Gamesアルバムとはワケが違うんです。もう興奮して乱暴なこと言いますが、これ聴いたらVARUKERSにはシンガロングなパンク・ナンバーとかいらないの!!奇跡の名盤とはまさにこのことです。言うまでもなく現DISCHARGEのVo.のRat氏以外の本作でのバック・メンバーは、全員が後のSACRILEGEメンバー。この作品発表後、Rat以外は一斉にVARUKERSを脱退してSACRILEGEを結成します。最高傑作として永遠の人気を誇る本作ですが、Ratにとってはホロ苦い思い出もある作品だそうです。



しかしこの8曲は本当に凄い。もう1回言いますが、神掛かってるとしか言いようがありません。この作品をパンクスとの日常会話の中でメタルパンクとか言うと失笑されるのがオチだけど、スラッシュメタル色やメタル・フレーズ皆無でDISCHARGEインフルエンスドの極上最高級メタルパンク・サウンドを実現させています。実際、SACRILEGEとの共通性も随所に感じられますが、メタリック・リフも無いし、小休止パートも一切無し。A面に針を落とした瞬間からB面終える最後まで、ずーーっと同じテンションと同じスピードで狂ったように突き進みます。必聴です。もうそれしか言えません。Havoc Recordsから同時リリースのNEUROOT 12"のほうが、ハードコア・パンク史における事件的再発盤なのに、BOYはNEUROOTよりこのVARUKERSをたくさんオーダーしてしまいました。







・BAD BEACH - Songs from the Deep 2CDs ¥2000 (Boss Tuneage)



通マッチすぎるLate UKHCパンク・リイシュー!!1st LPをManic Earsからリリースしてたバンドの、その87年1stアルバムと88年2ndアルバム, そして未発表曲12曲を収録した2枚組ディスコグラフィーCDです。メンバー自身によるライナーノートの日本語訳と帯が付いた、Waterslide Recordsによる日本流通盤!!



Manic Earsのサンプラー・アルバムに収録された曲は「びびびびびびびび!!!!」ってVo.が申し訳ないけど非常にカッコ悪かったのを覚えてますが、Trapped in a Scene UK HARDCORE 1985-1989 ブックで著者が絶賛してるように、当時のUKHCシーンの中でもオリジナリティーあふれるサウンドを追及していたのが、このディスコグラフィーを聴くとよくわかります。今で言うエモコアではない、DCインフルエンスドなエモーショナル・パンク好きはぜひチェックしてみてください!メンバーが被ってたVISIONS OF CHANGEみたいな感覚が好きな人にもオススメかと思います。







・FROGS OF WAR - All Said and Done CD ¥1500 (Boss Tuneage)



80年代後期から90年代始めにかけて活動したUKメロディック・パンクの、90年発表LPに同年1stデモと91年未発表をプラスしたディスコグラフィーCD。メンバー自身によるライナーノートの日本語訳と帯が付いた、Waterslide Recordsによる日本流通盤!!



HDQに強くあこがれていたバンドのようで、サウンドも中期以降のHDQや後期EXIT CONDITIONなどを思わせるUKメロディック・サウンドです。あまり知名度はないそうですが、これはそのテのファンには申し分ないクォリティーでしょう!!80年代後期~90年代初期UKの雰囲気には違いなけど、5曲目なんかはまるでBLITZのNew Ageだし、Late 80's とか抜きにして、とても聴きどころの多いバンドだと思います。







・WANTON THOUGHT - S/T CD ¥1500 (Boss Tuneage)



80年代後期から90年代始めにかけて活動したUKハードコア・パンクの、オムニバス提供曲/EP/デモをまとめたディスコグラフィーCD。Waterslide Recordsによる帯付き日本流通盤!!



John Peel氏はかなりのお気に入りだったそうだけど、このバンドはもう不運と言うより、地道にやってても当人達がハナから売れたいとかいう気持ちが皆無だと人知れずに消えていくんだな、というのがわかる良い例じゃないでしょうか。サウンドは文句なしのUKメロディック・スラッシュで、DEFAULTのEPにも引けを取ってないと思います!!なぜこのサウンドで、当時全然話題にならなかったのかが不思議です。でもメンバーの写真見ると、売れるわけないってのも納得。デモなんかMortarhateからリリースしてるバンドのようなレイジング・スラッシュで、AYSのEPとか好きな人にもオススメできそうです!!





*Boss Tuneageリリースのジャケ画像をクリックするとBoss Tuneage Records商品一覧にリンクするようにしました。合わせてチェックしてみてください!
08 | 2012/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR