RECORD BOY

Japanese Hardcore Punx!!



・CHEERIO - CIU Tomorrrow 7" ¥800 (人間堂)



ステージ狭しとひしめき合うツインVo. & ツイン・ギターの6人編成で圧倒的なライブ・パフォーマンスを繰り広げ、その名を全国区に知らしめてきた東京ハードコア・パンクス CHEERIOが、バンド初のアナログ・フォーマットを7"EPで人間堂からリリース!!



レーベルの解説にある通り、快楽追求型とも捉えることのできる、一切迷いのないピュア・レイジング・パンク・スラッシュコアの嵐は、巨漢同士がぶつかり合う肉弾戦、または女人禁制のむさ苦しい裸祭りのようでもあるビジュアルが伴うと、なぜか真逆にストイックな印象すら抱かせて、"踊る阿呆に、見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃ損々"のフレーズも飛び出す歌詞のセンスなども相まって、GAUZEを頂点とするジャパニーズ・ディストート・スラッシュ・ハードコアの伝統を感じさせます。今、一番勢いに乗ってるハードコア・バンドの一つと言えるでしょう!!







・FOLKEIIS - Hate Rebel Blood Stain CDR ¥500



精力的に活動する愛知ハードコア・パンクの、SYSTEM FUCKER, LASTLYと共に行った韓国ツアー用に作られたDIYリリースのベスト盤CDRが少量入荷!!オムニバス曲や単独EPなどから抜粋した5曲入り!!

Dethroned Metal!!



・NEUTRON HAMMER - Iron Storm Evocation CD ¥1500 (Primitive Reaction)



フィンランド・ブラックメタル・デスラッシャーの1stアルバムがPrimitive Reactionからリリース。これまでのリリースはサウンドからジャケやメンバーのルックスまで、なかなかのインパクトを放っていたので、どの作品も好評だったけど、この1stフルアルバムは、ある意味キャッチーだった今までのイメージをブチ壊す、ダイハード野郎にも手応え十分の内容で勝負してきました!!



バンド名はSPEAR OF LONGINUSの曲名から取ってたらしいですが、本作では確かにOZバンドにも通じるバイオレンス・テイストを強めています。日本で人気のフィンランド・ブラック・デスラッシュ URNと同じ種類の冷徹さでも、スラッシュの切れ味は完全に排除し、鈍い感触を強調してるので、豪州バンドのバイオレンス性により近づいた感があります。しかし決定的に違うのは、サウンドの根っこの部分。このNEUTRON HAMMERは、完全にCELTIC FROSTルーツのブラックメタルなので、SPEAR OF LONGINUSあたりのSODOMルーツOZバンドとは、近づくことはあっても永遠に交わることのないサウンドだと思います。DESTROYER 666の初期などの方が近いかもですが、荘厳でドラマチックな激烈さは一切なし。CELTIC FROSTを起源とする冷徹ブラック・デスラッシュをひたすら原始的で暴力的に仕上げた、フィンランド極悪黒鋼鉄!!



* ジャケ・ブックレットにスレや折り目があったものが数枚ありましたので、キレイなものからお売り致します。







・SATANIC BLOODSPRAYING - At the Mercy of Satan CD ¥1400 (Hells Headbangers)



Hells Headbangersからデビューの正体不明ブラックメタル!!ボリビア出身らしいのですが、サウンドはまるでIMPALED NAZARENEの1stのようなバイオレンス・サウンドで、ブラックメタル・マニアの間でちょっと話題の8曲入りデビュー作です!!



サイバー・パンク・サド・メタルなどと名乗ったりしてたIMPALED NAZARENEのように、冷たく無機質な暴走ブラックメタル・サウンドは、普通の南米ブラックメタルなどよりも断然ハードコアです。途中、BATHORYみたいな曲もありますが、ブラックメタルの地下臭よりも、IMPALED NAZARENEとSplitもリリースしてたDRILLER KILLERスタイルのコールド・バイオレントなハードコアの爆裂感と勢いが強いです。これはIMAPALED NAZARENEファンならば、1度は絶対に聴かねばなりません!!







・ABYSS - The Reins of Horror TAPE ¥700 (Dark Descent)



ex. RAMMER / ex. SLAUGHTER STRIKEのヴォーカル David氏がまたしても新バンドを始動!!交流の深いクラスト・パンク・バンド LEGION 666メンバーもいるようですが、これがバンド名変える必要のないくらい、SLAUGHTER STRIKEを継承したハードコア・デスラッシュ・メタルで、予想以上に予想通りで最高デス!!!



しかし後期SLAUGHTER STRIKEは、唯一のレコード・リリースとなったMLPで、緩急をつけた曲調を聴かせてたので、やはりバンド名は変える必要があったのかも知れません。このABYSSは、デモ時代のSLAUGHTER STRIKEと同じ路線で、後期RAMMERのテンションと爆裂さを継承しつつ、デスメタル・テイストとハードコア・テイストが見事にブレンドされたサウンドで、これが爽快ブルータルにかっこいい!!!ロウ(low & raw)なデスメタルのパーツで構成されててもタイトな疾走感なので、ハードコア・ファンに激烈オススメの爆走デスメタルです。日本で言えば324や、デモCDRが大反響だったASSEMBRAGEなんかの雰囲気が好きな人も絶対にチェックしてください!!







・RELIQUARY - Nothingness Victory TAPE ¥700 (Dark Descent)



ANTEDILUVIANメンバーらによるカナディアン・ドゥームの1stデモテープが、限定250本でDark Descentからリリース!!



レーベルはフューネラル・ドゥームという言い方も使ってますが、叙情旋律などは一切ない、ドローン系とスーサイダル系の中間のような極悪デプレッシブ・ドゥーム!!悲哀を誘うのではなくて、ひたすら絶望を叩き出すかのごときパワー・ドローン・ドゥームに、SILENCERなども脳裏によぎる、断末魔とも精神錯乱ともとれる発狂スクリームが乗ります。WORSHIPに代表される、絶望暗黒ドゥーム好きは必聴&注目!!







・THEVETAT - Disease to Divide CDEP ¥800 (Dark Descent)



Weird TruthからディスコグラフィーCDが出たCEREMONIUM, Dan Lilker参加ブラック・デスメタルということで当店でも90年代は反響のあったHEMLOCK, Liz & Aliciaの女性2人を擁したスラッジ・クラスト・ドゥーム・バンドで日本でもパワーバイオレンス系ファンに人気のあった13, さらにINCANTATIONでもサポート・ギタリスト経験のある、90年代からNYを中心にUS東海岸のアンダーグラウンド・エクストリーム・メタル・バンドを渡り歩いた Thomas Pioli氏のニュー・バンドが始動!!



もちろんCDRではなくてプレスCDですが、3曲入りのペーパー・スリーブで、どうやらデモンストレーション的なデビュー作のようです。Dark Descentがリリースに関与してるように、基本はオールドスクールなデスメタル・バンドですが、いきなりブラックメタリックな2ビートに掻きむしりリフでスタートして、随所にThomas氏のエクストリーム・メタル遍歴を感じさせる内容となっています。SINISTERやMORBID ANGELなどの系統にある、スラッシュ・タッチなソリッド・リフとテクニカル・デスメタル・リフを駆使してツイステッドに暴走するスタイル。USデスメタルのブルタリティーとフィルシーな極悪さを凝縮した、今後も要注意の大ベテランによる新鋭デスメタル!!







・DISABLED - When All is Slayed... 2CDs ¥1800 (Armee de la Mort)



大人気のメタル・ドローイング・アーティスト、Chris Moyen氏の弟が在籍してたフレンチ・オブスキュア・デスメタルの、97年に発表した唯一のCDミニアルバムと、92年/93年/95年デモとライブを収録した2枚組ディスコグラフィーCD!!



USデスメタルに近いスタイルで、初期のSINISTER, MORBID ANGEL, DEICIDEなどの影響を感じさせるMCD音源は、没個性と言われればそれまでですが、なかなかのものですし、初期のデモは90'sオブスキュア・デスメタルとしての魅力満開で、初期デスメタル・マニアには文句なしのコレクション・アルバムでしょう。今回は少量の入荷なので商品解説もこれくらいにしておきますが、最後にもうひとつだけ言わなくてはいけないのが、ジャケ・ブックレットに多数掲載のChris Moyen氏アートワーク!!これはMoyenファンには嬉しいCDです。







・ABHOTH - The Tide + Demos CD ¥1200 (Dark Descent)



Dark Descent RecordsからCDも出ました!!MACABRE ENDやDISSECTIONのEPリリースで初期スウェディッシュ・デスメタル・ファンにはおなじみのCorpse Grinder RecordsからEPを1枚出していた、オブスキュア・スウェディッシュ・ バンドのディスコグラフィー!!



92年EP, 89年EP, 91年EP, 95年EP, 90年~91年の未発表リハーサルを収録した全20曲で、各音源によってスタイルも微妙に違います。89年1stデモではちょっとデスコア・グラインド寄りのサウンドで、FEAR OF GODなどの初期グラインド・スラッシュ・ファンにもオススメできそうな内容です。メンバーはNAPALM DEATHや WEHRMACHTのTシャツも着てて、最初期デスメタルならではの、スピードコアに触発されたエクストリーム・スラッシュが楽しめます。しかし91年デモから、これぞ初期スウェディッシュ・デスメタル!な醍醐味が炸裂して、激しく展開する陰鬱スラッシュに、エモーショナルな叙情的旋律のギターソロが鋭く切れ込んでくる北欧型デスメタルの王道サウンドが絶品!!人脈をたどって考えれば、GOD MACABRE ~ UTUMNOから現在のBOMBS OF HADESにまで継承されてるスタイルの原点と解釈も出来ます。スウェディッシュ・デスメタル・ファンはもちろん、初期デスメタル・マニア全員必聴でお願いします!!







・CRYPTBORN - Born from the Grave 7" WHITE VINYL JAPANESE EDITION ¥900 (Detest)



ようやく販売開始デス!!!Dark DescentからのデモCDが好評だったフィンランド・デスメタルの2曲入り1st EPがDetest Recordsからリリース。「今回も日本限定仕様やるから」と、いつものように強引なDetest Recordsに言われてから半年以上が経過し、6月頃から海外でこのEPのニュースを聞き始めたので、やっと出たのか~、と到着を待つが音沙汰なし。西洋人の特権であるサマー・ロング・バケーションに突入したので、もう少し待ってやってろうかと思ってるところに、"Detest Recordsはもうやめることにします"とのアナウンス・・・。オイオイ、なんなんだ、Detest Recordsさんよ!!!待てど暮らせどレコードは届かないと思ったら、もうレーベルはやめますって、こっちはアンタの人生の思い出づくりに付き合って協賛してるんじゃないんだぜ!!!あー、もういいからさっさと、やめちまえーー!!などと取り乱しても仕方ありません。こんな話はいつの時代も腐るほどあるのです。バンドに悪気や責任などはもちろんありませんし、それどころか内容は素晴らしいです。あやうく黒盤で送りつけようとしてきたレーベルに猛抗議して、なんとか当初の予定通りのwhite vinylで送らせました。日本語帯も付いてます。



MAVETHのメンバーが3人参加しているフィンランド・デスメタル・バンドで、INCANTATION系暗黒デスメタルが北欧オールドスクール・デスメタルと出会ったようだったデモCDと基本は同じ路線ですが、デモから確実に成長してるのがハッキリと感じられます。ジャリっとした感触と叙情フレーズが特徴的なギター・ワークはスウェディッシュ・デスメタル的で、デモよりもスロウ~ミドル・テンポの重厚で荘厳なパートが格段に素晴らしいです。BOLT THROWERが北欧の冷淡な叙情を取り込んだかのようで、ドカドカのファストなパートも流れるようにアトモスフェリックです。Nuclear Winter, Dark Descent, Detest, Me Saco Un Ojo, あたりのレーベル・ファンは間違いなく必聴の傑作デス!!

CONCRETE SOX reissues!!





・CONCRETE SOX - Your Turn Next LP WHITE VINYL 2000 / CD ¥2000 (Boss Tuneage)



UKメタルコアの大傑作、ノッティンガムのクラスト・パンクス CONCRETE SOXの85年1stアルバムが、オリジナル・ギタリストのVicのレーベルとBoss Tuneageによる共同で待望の再発!!日本流通盤は、Vicのインタビュー日本語訳シートと帯付き。インタビュー・シートは、1st / 2ndともに共通の内容ですが、1st付属のものと2nd付属のものではデザインを変えてあります。今までLesのインタビューばかり目にしてきたけど、Vicのインタビューはほとんど記憶にないので、これはちょっと嬉しいです。LPはホワイトビニール、CDは84年/85年デモと84年ライブもボーナス収録!!さらに先着で、LP/CDともに初期のライブ映像を収録したDVDRが付きます!!



D.R.I.やS.O.D.などのUSの代表的なクロスオーバー・バンドを敵視する風潮があったので、ここらへんのイギリスのバンドはクロスオーバーという冠をあまり喜ばないバンドが多かった当時のUKHCシーン。しかし、今回のインタビューでVicが語ってるように、CONCRETE SOXはあらゆる意味で、リアルにイチ早くクロスオーバーしてたメタル・パンクスでした。METALLICAをコケにしながらもWhiplashのカバーはやるし、ベースのLesに至っては、RAVENのパッチを貼って、バスケかフットボールのシャツみたいヤツにMETALLICAと殴り書きする有様。真性鋼鉄とはちょっと違う独創的なフレーズも絡めたVicの刻みリフと、バンドのイメージを一身に担ってた飲んだくれチンピラ・メタルパンクスのLesが、やはり初期CONCRETE SOXを唯一無比のメタルコアに仕上げた最重要メンバーだったと思いますが、そこに、メタルの馬力型ドラマーとは違うけど素晴らしくロウなドラミングを炸裂させてた、HERESYも兼任してたJohnのドラムが強烈に主張しています。大ヒットしたホラー映画の有名ナンバーとはいえ、1stアルバムのオープニングでGOBLINのサスぺリアをやってのけるあたりに、スラッシュメタル・トレンドに染まっただけのハードコア・バンドとは違うCONCRETE SOXのキャラクターが既に確立されているのがわかります。ディストーションやファズなどで表面的にノイジーに仕上げるのとはまるで違う、激渋なルックスからも放出されてる生身のステンチ&ダーティーなクラスト・メタル・スラッシュ・サウンドは、いつ聴いてもカッコいい!!









・CONCRETE SOX - Whoops Sorry Vicar! LP PURPLE VINYL ¥2000 / CD ¥2000 (Boss Tuneage)



87年2ndアルバムも、オリジナル・ギタリストのVicのレーベルとBoss Tuneageによる共同で待望の再発!!日本流通盤は、Vicのインタビュー日本語訳シートと帯付き。LPはパープル・ビニール、CDは87年/88年デモと91年ライブもボーナス収録。さらに先着で、本作リリース前のオランダ・アムステルダムでのライブ映像を収録したDVDRがLP/CDともに付きます!!



この作品からドラマーがチェンジして、各メンバーの演奏にやはり成長がみられます。しかし基本的には前作1stアルバムのスタイルを貫いたロウ・メタルコア・スラッシュ・サウンドで、1st同様、必聴のカッコよさです。初期METALLICAの名曲 Whiplashカバーの Moustacheも収録!!

MAGNESIUM - Buried ´n´ Live CD



・MAGNESIUM - Buried ´n´ Live CD ¥1600 (Metal Warning)



帯付きバージョンは即完売につき、帯無しですが再入荷!!しかし、こちらの帯無しバージョンも早々に在庫が底をついたそうで、レーベルから最終ストックを送ってもらいました。前回逃してた人は躊躇することなく、押さえてください!!



当店でのMAGNESIUM作品の取り扱いは、2006年にIron Pegasusから発表した Time Tells No Lies / Over the Rainbow 7" EPに続いて2作目となります。あのEPから5年以上が経過して、現在当店を利用していただいてるお客さんもその当時とは入れ替わりもあるでしょうし、また、販売する私達自身も、Samm氏のG.A.T.E.S参加によって、Samm氏の音楽論や興味深いお話を、G.A.T.E.Sメンバーなどから聞かせてもらう機会が増えました。今回はG.A.T.E.Sのフタツギ氏によるインタビューの提案をSamm氏が快く受けてくださったので(奇しくもSamm氏を兄貴と慕うG.A.T.E.SのVo.根岸氏が行った、あの伝説のPoisonchild ZINE vol.8での超ロング・インタビュー以来でしょうか?) 、収録内容やバイオグラフィー的な解説はこれ以上ほとんど必要ないでしょうが、ひとつ補足させていただきますと、このCDは限定500枚で、そのうちの200枚が日本語帯付きだそうです。Samm氏のご厚意により、2週間ほど前にイチ早く入荷させてもらいましたが、日本国内のトゥルー・メタル・ショップに先駆けてMAGNESIUMのCDを販売するということは、ものすごいプレッシャーでした。レコード屋は音楽をテキスト化してお客さんにわかりやすく、想像しやすく、そして購入しやすくなってもらうのが宿命であり、その行為はミュージシャン側からすれば、「数行の商品解説でわかったような気になられたらたまんない」と不快な気分にさせてきたことも多々ありましたが、恐れ多くも、MAGNESIUMでもそれをしなければならないのです。パンツ一丁でプレゼンするような気持ちで、気を引き締めながらも、いつものようにムチャクチャなことを言わせてもらいたいと思います。



さまざまなタイプのバンドが存在したNWOBHMは、音楽のスタイルを意味するものではないのに、「NWOBHMっぽいサウンド」と言えば、へヴィメタルが好きなほとんどの人には恐らく同じような音楽を想像させます。だからと言って別に魔法の言葉ってことでもなく、たとえば、"東海岸のクロスオーバー"と聞いて、NYだけに限定してもCRUMBSUCKERSの1stを思い出す人もいればCRO-MAGSの2ndを思い出す人もいるだろうけど、両者のサウンドはまるで違います。DESTRUCTION, SODOM, KREATORが代表格のジャーマン・スラッシュメタルに当てはめたほうがもっとわかりやすいでしょうか。さらに話を脱線させつつ自分なりの本質に近づけさせてもらうと「フロリダ・スタイルのデスメタルやってます」と言ってる人が、DEATHみたいなヤツでもMORBID ANGELみたいなヤツやってても納得できますが、OBITUARYみたいなのをやってたら、おそらくその人は「フロリダ・デスみたいなのやってます」とは言わないでしょう。さぁ、ここから強引にMAGNESIUMに話をつなげますと、つまりはその道を極めんとしてる、単純に言えばたくさんのへヴィメタルという音楽, レコード, ライブに触れて聴きまくってきた本物のキッズならば、興味のない人にとっては屁理屈にすら聞こえないこんなフロリダ・デスメタルの例でも、理屈っぽいメンドクセー理論には聞こえずに、すんなりわかってもらえる(であろう)ように、NWOBHMとその他の80年代へヴィメタルの多くを聴き親しんできた人が、出音イッパツで「!!!!!」と体中に電撃が走り、凡百のNWOBHMフォロワー・バンドとの違いが感じられるのが、MAGNESIUMではないでしょうか。だからこそ、Samm氏と同世代であろう世界各地のへヴィメタル・ミュージシャンや業界関係者の多くが、MAGNESIUMへの感服と畏敬の念を表明してるのだと思うのです。



このCDを手にして最初に再生する直前に店内でBORROWED TIMEを聴いてたんですが、MAGNESIUMのCD再生した途端、もう質感と空気がぜーーーーーんぜん違うんです!!!もちろん積み重ねてきた歳月とへヴィメタル・ミュージシャンとしての経歴の違いが歴然としてるのも当然ですし、BORROWED TIMEがしょっぱいわけでもなくて、BORROWED TIMEのルーツにNWOBHMがいかにドでかく存在してても、彼らはアメリカ人であり、MANILLA ROAD, BROCAS HELM, CIRITH UNGOLなどと同じ大陸のへヴィメタル・バンドだからだと思うのです。そしてもう一つ自論を言わせてもらえれば、人種はもちろん、地域や文化の違いが絶対であるのと同様に、やっぱりその年代(80年代)の空気を実際に呼吸してきた者にはかなうわけがありません。ですから、Samm氏が言ってるように、NWOBHM以降のバンドでNWOBHMを的確に再現できるバンドは存在しえないのです。私達は、MAGNESIUMを聴きまくることのできるこの機会に、MAGNESIUMを死ぬほど聴きまくればいいのです。そして、MAGNESIUMだけをひたすら聴きまくってても、MAGNESIUMの魅力の全ては理解し得ないことに気付けば、リスナー人生をまだまだ底無しに楽しめるはずです。





* Samm氏ショート・インタビュー by フタツギ氏はこちらをご覧ください。

Japanese Hardcore Punx!!



・ORGANISM - Our Hope... DVD ¥840 (King Cobra Promotion)



大阪ハードコア・パンク ORGANISMの、2011年 DISCHARGEジャパンツアーのオープニング・アクトとして出演した時の模様を収めた激熱ライブ映像!!



伝統的な日本ハードコア・パンクのスタイルを受け継ぐ熱い日本語詩Vo.を、スロウダウンすることなくファストにブッちぎるレイジング・ジャパニーズ・ハードコア・サウンドに乗せた猛烈特攻パンクス!!







・WARHEAD - Never Give Up LP ¥1890 (Insane Society / Bloodsucker)



先にCDで発売されていたWARHEADのシングルやオムニバス曲をまとめたコレクション・アルバムが、チェコのレーベルからアナログ盤もリリース!!日本国内流通は200枚のみで、日本語帯付き。ジャケ上の広告ステッカー, ゲートフォルド・ジャケなど、今では別に驚くような豪華さではないけど、これが完璧な出来栄えで素晴らしい!!ここまでできるレーベルだとは、正直思ってませんでした!!



これぞジャパニーズ・ハードコア!な、初期の猛烈爆走レイジング・スラッシュ・サウンドから、怒りをより凝縮したような密度の濃い怒涛ハードコア・サウンドへと深化していく様が堪能できる、ファンは待ち望んだコレクション・アルバムと言えるでしょう。91年に自主リリースされ、ジャケを変えたドイツ盤やDevour Recordsからの再発盤もことごとく完売廃盤となった名作レア盤1st 7" Cry of the Truthでスタートして、のっけからテンション上がります!!96年2nd 7" The Lost Self and Beating Heart、99年にZigyaku氏のFastnailからリリースした3rd 7" Drive it in Your Head!、Straight Up RecordsのHardcore Ball 3とOverthrow RecordsのOne Shot One Killのオムニバス提供曲、2004年発表のORdERとのSplit 7"収録曲の全22曲入り。Sugi氏によるジャケ・デザインは渾身の仕上がりで、LP化によってさらに映えています!!







・FORWARD - War Nuke and Death Sentence SILKSCREEN SLEEVE LP ¥2400 (Prank / HG Fact)



FORWARDの前作以来約8年ぶりとなる2012年最新アルバムが、USツアー用限定100枚シルクスクリーン・ジャケでアナログ盤も入荷!!このバージョンはもちろん再入荷しませんので、アナログ盤を待ってた方は、ぜひこちらをゲットしてください!!



ex. RUSTLER / ex. SWINDLE BITCHなどの静岡ハードコアや、ブルースビンボーズでも長年ドラムを担当するAkiyama氏加入後初のアルバム。肩の力を抜いたリラックスしたキャラクターで愛されるT.T氏のロック・テイストが、FORWARDのハードコア・サウンドに絶妙に作用して、ここ数年はイブシ銀のサウンドを聴かせていましたが、本作はかなり緊張感の張りつめた作風で、重鎮らしからぬ若手ハードコア・パンクスも真っ青のレイジング・ハードコアで爆走してます!!現行ハードコア・シーン最前線に向けて敏感にアンテナを張り巡らせるSouichi氏の感性が、本作のような緊迫した激しさとなって表れてるのかも知れません。今回も強烈な一撃です!!







・VESPERA - S/T 7" ¥1000 (Vesperadical)



ex.D.S.B.のドラマー Eiji氏率いる東京の女性Vo.ハードコア・パンクの1st 7"EP!!ミニポスター状のフォールド・スリーブに帯とジャケ・サイズのステッカーが付いた、VESPERAらしいDIYな仕様です!!



海外の女性Vo.アナーコ/メロディック・パンクに精通するEiji氏らしい、メロディックな疾走女性Vo.ハードコア・パンクですが、日本語詞がそう感じさせるのか、メロディーにも海外バンドとは違う日本独特の味わいがあります。変態テクニカル系ベーシストも真っ青のHaji氏の這いずりまわるベースを強調するような、楽曲と各パートとのバランスも考え抜かれた作品。ASSASSINATORSなどのファンは要チェックです!!







・PEOPLE - Authentic Oral Communication CD ¥2100 (Feminist)



USのDamaging Noise Recordsからのリリースで話題を呼んだ、広島出身、現在は大分を拠点に活動するパンク・バンド PEOPLEの、限定500枚2ndアルバム!!



イメージ先行の九州パンク・スタイルではなく、オリジナル・パンクのルーツをしっかり踏まえたサウンドが魅力のバンドです。本作から新たなギタリストが加わり、ちょっとロカビリー風味の哀愁フレーズも随所に絡めたツインギターによるノイズ・パンクが非常に新鮮。あえて作為的チープな演出からは、逆にどこか洗練された冷たさが感じられて、VEKTORと同じような郷愁も感じさせます。九州ノイズ・パンク・ファン以外の人にこそ聴いてほしい、鋭利なルード・ノイズ・パンク!!







・ATTACK SS - No Nukes 7" WHITE VINYL ¥900 (Distort Reality)



デンマークのDetonate Recordsから1st EPをリリースしていた愛知県岡崎市のハードコア・パンクス ATTACK SSが、USのDistort Realityから2nd EPを発表。限定300枚のホワイト・ビニールで入荷!!



1st EPは、壮絶にシャーシャーなセミの鳴き声ノイズ・シャワー状態ノイズコアが凄まじい印象だったけど、今回は緊迫したムードを強めたノイズコア・クラストで、前作でも漂わせてたバイオレントな雰囲気が増強してます!!CHAOS UKやDISORDERに強く影響された80年代のジャパニーズ・ノイズコア、って感じで、これは海外のジャパニーズ・クラスト・ファンにも喜ばれることでしょう。日本クラスト・ノイズコア・ファン必聴!!







・BROB / GATE - Split CD ¥1000 (Grind Soul)



マイペースな活動ながら、これまでのリリース作品が素晴らしい内容だったので、気になってた人も少なくないであろう東京グラインドコア BROBと、こちらも海外パワーバイオレンスに引けをとらないカオティック・グラインドで関係者に高い評価を得てる栃木の2人組グラインダーズ GATEによる、関東グラインド対決Split!!



BROBは今回も、ハードコア・ファンに「こういうグラインドを聴きたかった!」と言わせてしまいそうな、素晴らしい疾走感とダーティさのグラインド・スラッシュがカッコいい!!324などのファンにもオススメです。メタル・テイストとハードコア・ロウネスのマッチも絶妙で、CARCASS的なロック・フィーリングのデスメタリック・パートも飛び出します。GATEは屈折した感覚を強調した作風で、DISCORDANCE AXISのオールドスクール・グラインド要素を排除したようカオティック・パワーバイオレンスを叩き出しています。計算され尽くした楽曲と超絶な演奏なのに、黒く鈍い感触を失っていないのは流石です!!本格派グラインドコア・ファンをうならせるであろう、充実した内容の全23曲!!

GERIATRIC UNIT - Never Give Up!



・GERIATRIC UNIT - Never Give Up! LP ¥1300 / CD ¥1300 (Crew for Life)



2度目の来日ツアーを果たしたUKHCのベテラン結集轟音スラッシャー GERIATRIC UNITの新作が、ツアーをサポートするCRUCIAL SECTIONのCrew for Lifeからリリース!!CDは Split EP w/ CRUCIAL SECTIONの曲もボーナス収録!!



しかしこのオッサン達、本当に凄い・・・。ex.HERESYのリズム隊、KalvとSteveの驚異的なリズムセクションは健在どころか、ますます爆裂してて、BLACK FLAGやBL'AST的なダイナミズムとうねりの混沌パートを盛り込んでくると、まるでFORCE FEDのようで最高!!後期HERESYを継承したバッキバキのエクストリーム・スラッシュの FORCE FED, よりリラックスしながらも超絶なスラッシュ・アンサンブルを聴かせてた MEATFLY, そしてその2バンドの核となったHERESYは、誰が何と言おうが後期が絶頂期だったと思うのですが、このGERIATRIC UNITの新作は、FORCE FEDとMEATFLYの両方の魅力を備えたような作風です。硬質なまま混沌とうねるという信じられない技でFORCE FEDのように張りつめた空気を作ったかと思えば、まるでSIEGEのAリフからHERESYの初期人気曲 Consumeみたいなサビに展開したり、また、POISON IDEAのオマージュみたいなフレーズも飛び出して、ここらへんはDAMNEDのカバーが最高にイカシテたMEATFLYのような遊び心も感じさせます。素晴らしい!!断然今回の作品が一番いい!!と、HERESYよりFORCE FEDとMEATFLYのほうが好きだった同志にオススメ致します!!

Black Death Power!!



・LUSTRATION - Psymbolik CD ¥1400 (Supremacy Through Intolerance)



SPEAR OF LONGINUSメンバー参加のOZブラック・デスラッシャーが1stアルバムをリリース。以前入荷した1stデモ音源もボーナス収録した14曲入りCD!!



ちょっと前に入荷してたSPEAR OF LONGINUSの1stアルバムは、VOMITORファン全員必聴の内容だったけど、このバンドは核をなす部分がSPEAR OF LONGINUSのとっつきにくい部分とダブってるので、VOMITORのような80'sスラッシャーにもアピールするキャッチーさがありません。それを顕著に表してるのがオープニング・ナンバーで、モロにBEHERITなリフ1個だけを延々と繰り返し、しかもビートは鈍いパウンディング・スタイル。病んだ精神をブラックメタルとノイズで表現したBEHERITに、肉体的バイオレンスをプラスしたようにも捉えることができますが、DIOCLETIANのようなニュージーランドのバンドとは完全に異質です。それはやはり、このバンドもやはり根本が完全にSODOMだからでしょう。そして、だからこそ激烈に渋くて、たまりません!!モロにSARCOFAGOな曲調などを聴くとイッパツでしょう。VOMITORのように音色まで再現はしていませんが、明らかにObssessed by Crueltyをルーツとするリフワークを土石流のごとく崩壊させて、Deathcrushをハードヒッティングに表現して物理的にもパワーアップしたような質感に仕上げててます。オーストラリアン・ブラック/デスラッシュ・メタルの激しさの、最もドギツイ部分を凝縮したようなサウンドですから、かなりダイハードな内容と言えます。しかし、OZデスラッシュ/ブラック・ファンはもちろん、SODOM ~ SARCOFAGO ~ MAYHEM ~ VOMITORの系統のSODOMルーツ・ブラック・スラッシュ・ファンは絶対聴きいてください!!







・NB-604 - Ten Bloody Weapons of Psychopath Terror TAPE ¥800 (Vultur Gryphus)



エクアドル・スラッシュメタル ALCOHOLIC RITESメンバーが90年代後期からやってるブラックメタル・バンドの、2000年1stデモ, Split, オムニバス提供曲を収録した14曲入りディスコグラフィー・カセット!!ナンバリング入り限定199本、流通も悪いレーベルからなので、今回のみの入荷です!!



Legion of Deathの南米オムニバス Southern Storm of Evil comp. LPに参加してましたが、これがとても南米産とは信じられない、極上のフリージング・ブラックメタル!!アートワークからも影響を感じさせる、SATANIC WARMASTERの初期のようなサウンドが好きならば、予備知識抜きに聴いてノックアウトされてください!!







・MORDANT - Memento Mori CD ¥1700 (Agonia)



To The Deathからの2ndアルバムが好評だったスウェディッシュ・ブラック・スピードメタルの2004年1stアルバムCD!!



NIFELHEIMと親交の深いバンドで、本作のジャケ・アートも元NIFELHEIMメンバーによるもの。ルックスからも匂わせるように、へヴィメタル・プライドを強く感じさせるブラッケンド・スピードメタル・サウンドは、NIFELHEIMファンとの共通性が大変多いです。って言うか、これは友達じゃなきゃ怒られるでしょ!!ってくらい、まるでNIFELHEIMです。MERCYFUL FATEなどの北欧トラディショナル・メタルをルーツに、初期BATHORYの疾走感とイーヴィルなテイストを増強して、しかしスラッシュメタル的な音の濃密度は避けて、非常にシンプルな楽曲で王道のフレーズとキメを連発します!!







・STYGGELSE - Sadomasochrist 7" ¥900 (Plague Island)



2010年にアルバムも1枚発表している、PAGAN RITESメンバーも参加のスウェーデン・ヨーテボリ出身ブラックメタル・バンド。もともと、ネット配信のみで発表された2曲を限定300枚でアナログ・フォーマット化した7"EPです。この凶悪に渋いジャケと人脈にピン!と来たら必ずやチェックしてほしい、ネット配信が全く似合わないサウンドです!!



オールドスクールなブラックメタルにも様々ありますが、このタイプはスウェーデン独特と言えるでしょう。北欧ブラックらしい冷徹サタニックな黒さで、スラッシュ誕生以前の80'sへヴィメタルをベースにしたような曲調は、BATHORYやCELTIC FROST系ブラックメタルをミドルテンポのみで演奏したようにも思えるけど、これはやはりNIFELHEIMを筆頭とする、オールドスクール・へヴィメタル・プライドを強く発したスウェディッシュ・ブラックメタル・バンドだと思います。NIFELHEIM, MORDANT, DEVIL LEE ROTなどのカルト・ブラック・へヴィメタル・ファンはぜひともチェックしてみてください!!

Evil Kult from the Graves!!



・BLACKTASK - BlackTask / Spikes to the Wall LP ¥1800 (Radio Raheem)



NYのBLACK VIRGIN CDに続く、最高すぎるUSカルト・スラッシュメタル・リイシューがアナログ盤で登場!!フィラデルフィアで活動したバンドの85年発表1st 12"に84年1stデモもプラスした限定500枚再発盤。数年前にフィンランドのカルト・ブラックメタル INCRIMINATEDが、このバンドとSplit EPをリリースして初めて知りましたが、活動時は86年にフランスのAxe Killerからアルバムも出していたそうです。Axe Killerリリースだったら日本でも見つけやすそうな気もするけど全然見たことないし、ましてや今回再発された1st 12"はバンドの自主制作のようなリリースだったみたいですから、まぁオリジナルを発見するのは絶望的なのではないでしょうか?オリジナルのインナーを再現したらしきA4サイズのシートと、ミニポスター状のフォールド・シートの裏面には、当時のファンジンなどに掲載のレビューなども転載。海外のカルト・スラッシュメタル・コレクターの間でも話題のグレートすぎる再発盤です!!



黒で統一されたレコードの雰囲気, バンド名, そして激渋なルックスから想像できる通りの、素晴らしいカルト・ロウ・スラッシュメタルです。NMEがVENOMのUSパンクメタル・スラッシュ版なら、このBLACK TASKの1曲目は、USパワー/スピードメタル的なVENOM直系バンドといった感じでサイコーにかっこいい!!針を落として、いきなりテンション・マックスでヘッドバンギング必至&必死デス。ABATTOIRの1stがロウ・サタニックになったみたいな感じでしょうか。VENOMに影響された、サタニックなパワー/スピードメタルと言う点は、初期のSLAYERと同じ志向だったと思いますが、この時代のプレ・スラッシュなアメリカン・パワーメタルの醍醐味である、ハードコア・パンクを取り入れてないハードコア・メタル、とでも言いいましょうか、当時を実体験してないとちょっとわかりずらい表現だけど、とにかくゴリゴリのロウパワー・メタルはカルト以外の何物でもないカッコよさです!!でも、インナーに掲載の"パワー・デスメタル"という表現が一番的確で、カッコいい言い方です。オススメ!!







・BESTIAL SUMMONING - The Dark War Has Begun LP ¥1800 (Supremacy Through Intolerance)



限定666枚ナンバリング入りでアナログ盤も遂にオフィシャル再発!!90年代初めにデモ数本とアルバム1枚、ライブEPを残して解散したオランダのブラックメタル・バンドで、後のアンダーグラウンド・ブラックメタル・バンドのカルトな連中に大きな影響を与えています。MAYHEMのDeadとも交流があったらしく、初期ブラックメタル重要レーベルの一つ、スウェーデンのNo Fashion Recordsの第1弾リリースとして92年に発表された本作は、その前年に自殺したDeadに捧げたモノとしてリリースされました。DeadはブラジルのSARCOFAGOとこのオランダのBESTIAL SUMMONINGの2バンドには、シンパシーを感じながらも嫉妬するほど衝撃を受けたという逸話まで存在します。



サウンドはまさしくカルト臭満点の極悪ロウ・ブラックで、HELLHAMMER的ギターワークでDead在籍時MAYHEMと初期BEHERITを融合したようなドッカドカ・パウンディング・イーヴィル・ノイジー・ブラックメタルがマジで強烈!!この作品は、ブラックメタルをちょっとやそっと聴いたくらいの耳では太刀打ちできない、リアル・ダイハードな内容です。そのせいか、やっぱりこのバンドは、当店ではイマイチ人気が盛り上がってません。しかし初期カルト・ブラックメタルを追い求めるなら、絶対にスル―してはいけない最凶カルト名盤です!!







・CHRISTFIGHTER - Satan's Perversion (The Best of The Ultimate Greatest Hits Collection) CD ¥1200 (New Era prod.)



BESTIAL SUMMONINGとの深い関係で、ブラックメタル・マニアにはカルト的人気のダッチ・パンク・ブラックメタルR&Rバンド HERETICのメンバーである Thomas Goat氏が90年代後期にやってた、サタニック・ポルノ・グラインド・ノイズ!!98年~2000年に発表したデモを編集したCompilation CD。プラケース無しの、ポルノ満載折りたたみペーパー・スリーブです。



グラインドコア・ファンからすると、AxCxやMEATSHITSがやってたことを10年遅れて、しかもクォリティー的にもサイテーな内容な、取るに足らないスピード・ゴミ・ノイズにしか映らないでしょう。いや、それもまったく間違ってません。半分くらいはテープ・コラージュやSEで、演奏してもドラムはサンプリング。才能もアイデアも持ち合わせなかったゴミ人間による宅録エロ・ノイズと一笑してもらってもかまわないと思います、音だけで言えば。しかし初期ブラックメタル・マニアならば、これがAxCxやMEATSHITSみたいなのをやろうとしたのではなく、元ネタはBEHERITのNuclear Holocausto Vengeance氏がやってたポルノ・スピード・ノイズ・ユニット GOAT VULVAだと察するでしょう。DEATHSPELL OMEGA人脈をたどれば初期パワーバイオレンス方面に行き着くのは知られてますし、AxCxもMEATSHITSもリリースしてたPSYCHO / GONKULATORのCharlie Infection氏が、フィンランドPEST (SATANIC WARMASTER / ARMOURのWerwolf氏も参加してたブラックメタル)の1st EPやIMPIETYもリリースしてたように、初期ブラックメタルとグラインドコアの関係性は密接です。しかもこのCHRISTFIGHTERの場合、BOTULISTUMというブラックメタル・バンドと2000年に発表したSplitテープは、伝説のカルト・スーサイダル・ドゥームメタル WORSHIPの故Max氏によるリリースだったというではありませんか!!内容は本当にサイテーですが、それらの事実だけで充分でしょう!!

ASSEMBRAGE - Demo 2012 CDR!!



・ASSEMBRAGE - Demo 2012 CDR ¥300



1週間前に入荷した時は即売り切れて、その後も問い合わせが多かったですが、今回はガッツリ再入荷しました!!大阪アンダーグラウンドから登場したハードコア・メタル・ダーク・スラッシュ・バンドの4曲入り1stデモ。まずはその注目すべきメンバー構成からご覧ください!!





Jun (Vo. / ex. GODIE, etc)

Puno de Hirro (G. / CATAPLEXY, SECOND TO NONE)

Sawichirow (G. / 不幸 etc)

Yoshikawa (B. / SECOND TO NONE, ex. ZYANOSE, ex. GREENMACHINE, etc)

Osamu (Dr. / ex. NIGHTMARE, ENGRAVE)





ASSEMBRAGEのサウンドはハードコアですが、まぎれもなくエクスリーム・メタルの黒い血が強く作用して生まれたものです。ダウン・チューニングの初期スカンジナビアン・デスメタリックな感触による黒音塊で繰り出される冷徹なハードコア・サウンドは、デスメタル・バンドの多くもシンパシーを感じたHIS HERO IS GONEに代表される90年代以降のダーク・スラッシュとの共通性も感じさせつつ、しかし大阪ハードコア伝統のダークネス・バイオレンスと、ジャパニーズ・ハードコア譲りの叙情フレーズがミックスされて、昨今の所謂デスメタル・クラストとは明らかに異質です。1曲目の黒いロッキンなリフワークは2000年代のスウェディッシュ・ロッキン・スラッシュ・パンクではなく、後期LIP CREAMのような混沌レイジング・ハードコアを感じてしまいました。ハードコア・シーンとエクストリーム・メタル・シーンのど真ん中を支えてきた猛者から成るこういうバンド、待ってました!!!

IRON CURTAIN - Black Fist 7"!!



・IRON CURTAIN - Black Fist 7" ¥1200 (Anger of Metal)



1st LP, デモCDと続けて大ヒットした話題のスパニッシュ・スピードメタル IRON CURTAINの、卸売無し限定500枚1st EP!!ポスターも付いてます!!



デモCDはかなりロウなスピードメタルがカッコよかったけど、この新作EPは1st LP路線の、ちょっとRUNNING WILDなんかを彷彿させる男臭い哀愁を漂せつつ、クサレ熱いロウネスを爆発させてます。絶対にENFORCERみたいにはならないだろう、アンダーグラウンド・スピリッツを強く発した、ヘッドバンガー熱狂の要注目へヴィメタル!!Heavy Forces recsからのスペシャル・バージョンLPを買い損ねたような人は、今回は後悔しないよう、しっかり押さえてください!!
08 | 2012/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR