RECORD BOY

Punk Metal Bastards!!



・BARBATOS - War! Speed and Power CD ¥1600 (Area Death prod.)



ABIGAILのYasuyuki氏によるパンクメタル・スラッシュ・プロジェクトの2001年1stアルバムが、Area Deathから待望の再発!!ボーナス・トラックで98年の1stデモを追加した全15曲入りで、この1stデモ音源は1曲だけオリジナル・プレスCDにも収録されてましたが、今回の再発盤では全4曲を完全収録しています。Sex, Drink & Warな、よりBARBATOSらしい新装ジャケで帯付き、さらにYasuyuki氏自身によるセルフ・ライナーノートも日本語と英語で掲載された、限定1000枚の大満足再発盤!!レーベルでの正規の発売日は今月末ですが、今回はバンドさん直入荷で、ご好意により素早く入荷致しました!!



BARBATOS結成の経緯についてYasuyuki氏がライナーノートで語っていますが、当時のABIGAILでプレイするにはちょっと違和感があるけどボツにするにはもったいない曲を発表するためスタートしたのが、このBARBATOSです。そういう意味では、現在はパンクメタル・スラッシュの代表的存在とも言えるABIGAILより、BARBATOSは少し先を行っていたとも捉えることが出来ます。MISFITS風味のキャッチーさも増幅してる最近のBARBATOSよりも、この1stアルバムでは80'sスラッシュメタルのルーツをあらわにしつつバラエティ豊かな名曲が揃っていて、まるでObsessed by Crueltyの頃のSODOMやVOMITORのようなノイジー・ブラック・スラッシュ・ナンバーの G-Pointをはじめ、CELTIC FROST直系な Into the Battlefield, CELTIC FROSTを通過したメタル流DISCHARGEスタイルのような(Yasuyuki氏曰く、BARBATOS史上最もひどい歌詞の)Teenage Slut, etc 他にもBATHORYスタイルやBULLDOZERを思わせるナンバーなど、オールドスクール・スラッシュメタルでありながらパンキッシュ・ドライビング、そしてゴリゴリにロウ&ダーティーなパンクメタル・ブラック・スラッシュが爆裂した大傑作名盤です!!Yasuyuki氏のライナーノートともに、必読&必聴の再発盤です!!









・BARBATOS - Street Metal in Ikebukuro! CD ¥1600 (Area Death prod.)



ABIGAILのYasuyuki氏によるパンクメタル・スラッシュ・プロジェクトの、2009年10月、東京池袋でのライブ10曲を収録したCDがArea Deathからリリース!!池袋でのライブと言うと、Outlaw Recordingsからアナログ盤オンリーでリリースされた2008年2月の音源がありましたが、今回リリースされた2009年ライブ音源は、G.A.T.E.S.のFutatsugi氏, ex. ASBESTOSのNobutaka氏, そしてFRAMTIDのJacky Crust War氏のパンク・ギタリスト3氏によるトリプル・ギター編成で行われた超貴重なライブ音源!!!ベースにはABIGAILやGORGON他でも多忙の人気プレイヤー Jero氏、そしてドラムはABIGAILのYouhei氏という、ハードコア・パンクのライブでは絶対に実現しない、BARBATOSだからこそ実現したドリーム・セッション・プロジェクトです。この時のライブは、ウワサを聞きつけた遠方の方々から ”今度のBARBATOSのトリプル・ギター編成ライブは、音源化されないんですかね?"とよく聞かれてましたので、メタルパンク・ファン待望のライブ・アルバムと言えるでしょう。Yasuyuki氏自身によるセルフ・ライナーノートも日本語で掲載の、帯付き限定1000枚リリース!!レーベルでの正規の発売日は今月末ですが、今回はバンドさん直入荷で、ご好意により素早く入荷致しました!!



2012年8月現在、BARBATOSはこの2009年10月の池袋以降に東京ではライブをやってないわけですが、Yasuyuki氏がライナーノートでも語っているように、この時のライブはパンクス&メタルヘッズ入り乱れてのいつも以上の熱狂ぶりで、演奏者もいつもと違った緊張感と高揚感が交錯した、バンド&オーディエンスのテンションが異様に高いライブ音源となっています。My Girlfriend with Other Guyや Dick is Fucking Bigなど、曲名だけで殿堂入り決定の名曲のオンパレードで、BARBATOSの1stアルバムでも演奏していたABIGAILカバー Prophecy of the Evening Starでフィニッシュする全10曲!!





* 上のBARBATOSジャケ画像をクリックすると、ABIGAIL / BARBATOS関連商品一覧にリンクしますので、合わせてチェックしてみてください!







・V.A. - Forbidden Fruits of Rock n Roll CDR ¥1600 (Mystery School)



豪華な参加メンツとしっかりしたプロ・プリントのジャケなどの外見は立派だけどCDRリリースという、ちょっと怪しいパンク&メタル・ロックンロールCompilation!!このメンツが集まるのは凄いし、もちろんオフィシャル・リリースなのですが、リスキーなのであまり多く入荷させてません。たぶん再入荷もないですので、気になる人は早いうちに押さえてください。



SPEEDWOLFとSplitを出していたTHE HOOKERS, THE DWARVES, JEFF CLAYTON AND THE MONGRELSとその本家 ANTiSEEN, MIDNIGHT, BLOODY MILITIA, BARBATOS, etc 全27バンド参加で、パンク/メタル/ハードコアのR&Rマインドの強いバンドが集結しています。私はJeff Claytonの別バンドは知りませんでしたが、ANTiSEENともども、やっぱり最凶に極悪でカッコいい!!しかしBOYのお客様的に一番の聴きどころは、なんと言ってもBARBATOSの初披露新曲 Nuclear Girl and Gasmask!!ちなみにTHE HOOKERSなど、他のバンドもけっこう未発表曲を提供しています!!







・IRON DOGS - Cold Bitch CD ¥1400 (Dying Victimns)



ex. BASTARDATORのJo氏によるパンクメタル・バンドが、Black Shit NoiseからのEPに続く1stアルバムを、ドイツのDying VictimsからCDでリリース。1st EPの時は、UK82テイスト的なキャッチーさをうまく取り入れたメタルパンク、みたいなインフォメーションで、 BASTARDATORとGERM ATTAKの中間のようなタイプかな?って感じでしたが、この1stアルバムで見事なまでにIRON DOGS流パンクメタル・サウンドを確立しています。GERM ATTAKよりはBASTARDATORの方がBOY向きでしたが、もう BASTARDATORのことは忘れていいでしょう。断然こっちのIRON DOGSの方が素晴らしい!!!



GERM ATTAKで来日して日本のパンクスに愛想を尽かされてしまったJo氏だけど、彼のシニカルで我が道を行く独特のセンスがIRON DOGSでは開花しまくってます。やっぱり、みんなで仲良くやろう!みたいないい人よりも、ちょっとイヤな奴くらいの方が面白いことをやれちゃうのかも知れません。いきなり、スピードアップした Such Funのようなギター・フレーズでスタートする、まるで1stアルバムの頃までのTHE BLOODのような哀愁スピード・パンクメタルでもうサイコーーー!!!UKHCもVENOMも同時に聴いてこないと出せない味、とEPの時は解説しましたが、このアルバムはまさに、ブリティッシュ・パンクとNWOBHMの中間に居て独特の存在感を放っていた元祖メタルパンク THE BLOODと、UKHC + スラッシュメタルの英国版クロスオーバー ENGLISH DOGSを強く感じさせます。しかもTHE BLOODが70%で、ENGLISH DOGS要素が30%くらいというバランスも絶妙すぎます。IRON MAIDEN風メロディーのツインギター!とか言って、付け焼刃的の全く心に響いてこないメロディーをTRAGEDY系叙情コード代わりにウザったくハモリまくるような残念な連中には、このIRON DOGSの域まで到達するにあと10年は必要でしょう。まぁ、そんな連中は10年後は別のことやってるでしょうが。でもJo氏もまた、このIRON DOGSもすぐに辞めてしまうかな・・・。 とにかく、Jo氏のセンス大爆発の大傑作です!!!LP化熱望します!!!

Metal Traditions!!



・WYTCH HAZEL - Surrender TAPE ¥800 (Sarlacc prod.)



大ヒットしたBORROWED TIMEのデモCDをリリースしたSarlacc Productionsが、またしてもとんでもない若手バンドを見つけてきました!! UK産新人へヴィメタル・バンドが2011年にCDRで自主リリースした2曲入り1stデモを限定200本ナンバリング入りでカセット再発したものですが、発売前から既に一部のマニアの間では大きな反響を呼んで、予約オーダーの時点でほぼ完売。ずいぶん前からレーベルには念を押してたので、充分な本数を確保できましたが、すぐに売り切れるようなことはないでしょうけど、再発されない限り、買い逃したら絶対に後悔させられる素晴らしい内容です!!



これがまぁ、とても2000年代に生きる若者がやってるとは信じがたいサウンドで、機材とか全然知らない素人なのでカッコいい説明はできませんが、曲調はもちろん、音の感触が完全に70年代後期の温もりに包まれていて、英国の湿り気とか、ヨーロッパの古城沿いの夕暮れ時たそがれとか、そういう理屈抜きの切なさをハードロックに求めてる人は絶対に聴かねばなりません。個人的にはPAGAN ALTARを初めて聴いた時とWISHBORN ASHの郷愁を真っ先に思い起こしましたが, 70年代JUDAS PRIESTや、NWOBHMファンも完全に必聴です。若者らしいひたむきさがにじみ出ているので、GHOSTに代表される確信犯的ビンテージ・ロック臭は感じられません。facebookでもmyspaceでもyoutubeでもなんでもいいけど、仮にこの2曲をそういうところで聴いて満足できるようなら、 買わなくてもいいでしょう。自主CDRは 7"EPそっくりなデザインでリリースされてたみたいですが、これは絶対にアナログ・フォーマットで再現&所有されるべくして生まれた音楽です!!!







・BORROWED TIME - Fog in the Valley 7" BLUE VINYL ¥800 (Dying Victims)



デモCDが爆発的大反響を呼んだUSミシガン・へヴィメタル BORROWED TIMEの新作2曲入り1st 7"EPが、ブルービニールで再プレス!!!デモCDでハートを射止められたメタルヘッズ続出で、このEPも1stプレスは即完売してしまったので、買い逃してた人も少なくなかったと思います。1stプレス買えた人も、また欲しくなってしまうカラービニールでの再プレスです。



SUPERCHRISTのPlanet MetalからCDを出していたHARBINGERメンバーも在籍するデトロイトのバンドで、今回のEPはWASTELANDERのギタリストがレコーディングを担当しています。そんなSUPERCHRIST周辺人脈のせいでしょうか、A面のタイトル曲はHIGH SIPRITSのファンなどにもオススメの、NWOBHMテイスト全開ハーモニー連発メロディック・ハード・チューンでハートを鷲掴み!!このバンドはツインギターだけでなく、Vo.のハーモニーも素晴らしいのが特徴ですが、この曲は特にその甘く切ないVo.ハーモニーが際立ってます。中間部にドラマチックな展開も絡めて、BORROWED TIMEらしいUSエピックメタル的要素も感じさせる哀愁さが絶品です。そしてB面の "Midnight Tygers"もドライビンなリフがNWOBHM風味の疾走感で激渋なんですが、デモCDラストに収録の "Sailor on the Seas of Fate"を彷彿させる、フィニッシュに向かってツインギターのソロ合戦が哀愁ドラマチックに絶頂へと導く、このバンドのお得意パターンで、これも号泣レベルのカッコよさです!!!!!



今回はアナログ盤ということもあって、デモCDより一層80年代テイストが強い音質です。このバンドは、やはりこういうサウンドで聴きたいと思ってた人も少なくないでしょう。今回もまた号泣しまくってください!!!
07 | 2012/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR