RECORD BOY

FORWARD Vinyls!!



・FORWARD - What's the Meaning of Love? Singles Collection LP COLOR VINYL ¥2000 / CD ¥2000 (Prank / HG Fact)



7"EP各種, 廃盤のWe Need the Truth CDEP, オムニバス提供曲各種をまとめたシングル・コレクションが、USからアナログ盤も出ました!!説明不要の東京ハードコア!と言えばほとんどの方が分かるバンドなのは重々承知してますが、世界に誇る素晴らしい日本のハードコア・パンクをより多くの方に聴いてもらいたいので、あえて現在の当店の客層にターゲットを絞った解説させてください。DEATH SIDE, BASTARD, CRUCKが相次いで活動を停止した90年代半ば、FORWARDとJUDGEMENTの登場は、今思い出しても涙が出るくらい本当に衝撃的だったのです。限定カラービニールでの入荷になります!!



歴史をさかのぼるような形で進行するこのCDは、現在もファンに人気の高い名曲 What's The Meaning of Loveの、Hardcore Ball 4 comp.提供オリジナル・バージョンでスタートします。T.T.氏の持ち味が炸裂したWe Need the Truth CDEPでのハードコア・ロウ・パンク・サウンドから、Zigyaku氏のFast Nail RecordsからリリースされたWhat are You Gonna Get? 7"へと進行し、そしてReally Satisfied? 2nd 7"とAct Then Decide 1st 7"に突入すると、メタル系のお客様が多い現在の当店店内では、やはり俄然反応が高まります。凄すぎる・・・カッコ良すぎます!!本当に凄いんです!!!例えば、TORMENTEDもLOUDPIPESも同次元で楽しめるのなら、このBurn Up聴いて腰膝ガクガクに骨抜きにされてください。フルボリューム爆音オンリーの激烈大推薦盤!!!CDも絶賛発売中です!!







・FORWARD - Just Go Forward to Death LP COLOR VINYL ¥2000 / CD ¥2000 (Prank / HG Fact)



新ギタリストとしてKGSのT.T.氏が加入して初の作品となった2000年発表1stアルバムの再プレス・バージョンが、アナログ盤も出ました!!オリジナル・プレスよりも低音を強調して新たにカッティングされています。限定カラービニールでの入荷です!!



初期のストロングなジャパニーズHCスタイルから、よりパンクロックの原点に回帰するかのようなグルーブ感を増してきたこの頃。オリジナル・ギタリストのSouichi氏が一時離脱したFORWARDが新ギタリストに迎えたのは関東HCパンク・シーンでも独自の強烈な個性を常に放っていたT.T.氏でした。そして発表されたこのアルバムは、T.T.氏のカラーが絶妙に溶け込んだ大傑作!!INSANE YOUTH時代の名残も感じさせた初期FORWARDの熱血ジャパニーズHCパンク・スタイルにドップリ浸かってたファンは正直当初はこのサウンドに面食らいましたが、これが聴き込むほどに猛烈にハマる最高のジャパニーズHCパンクロック・チューンの連打!!ユミリンさんのコーラスも印象的な"Revolution", ライブで初めて聴いた瞬間はDAMNEDを思い出し背筋がゾクゾクしてしまった"Too Hard To Blue", そして今でもライブで演奏されれれば場内豪ノリになる"What's The Meaning of Love"etcの名曲満載で, 現在のFORWARDのスタイルを確立した重要作と言っても過言ではないと思います!!CDも発売中!!





* ジャケ画像をクリックするとHG Fact関連商品一覧にリンクしますので、合わせてチェックしてみてください!

Death Cult Vinyls!!

* デス/ブラックメタルのカルト・クラシック・アナログ再発専門レーベル、The Cryptの新作3種到着!!販売する側の想い入れや海外マニア達の間での盛り上がりなども考慮して、これは絶不況真っ只中の救世主リリースとなってくれるだろう!と期待してる目玉商品は、BOY的には今はけっこうあるつもりなのですが、先日のBOMBS OF HADES 2nd CDの薄い反応にも表れているように、状況が好転する気配はまだありません・・・。TYRUSのCDあたりからでしょうか、こっちのテンションの高さが、さも空回ってるように手応えが感じられなくなったのは。今回のThe Cryptのリリース3種も、素晴らしく強力ですので、皆さん、頑張って付いて来てください!







・FUNERAL - Tristesse + Live in Modum 2LPs ¥3000 (The Crypt)



以前入荷したデッドストックCDが大好評だった、ノルウェー・デス・ドゥーム・メタルの93年1stデモ・アルバムが、95年ライブLPもセットにした2枚組でThe Cryptからアナログ化!!限定500枚プレスで、ltd.200枚のブラックビニールと、ltd.300枚のグレイビニールの2種入荷!!



バンドがデモとして発表したものを、BLASPHEMYの1stアルバムなどで知られる伝説のUSカルト・ハードコア・メタル・レーベル Wild Rags Recordsが後にCD化。バンドはその後、ゴシックメタル系ファンにアピールしてビッグに展開しますが、この93年1stデモ・アルバムは初期フューネラル・ドゥームメタル・マニアの間では名作とされています。初期CATHEDRALの退廃感を宗教色を強めて、バッキングにハーモニーを多用した絶望的旋律に繊細なストリングスの調べも絡めた、現在のフューネラル・ドゥームの典型を既に実践しています。THERGOTHON, SKEPTICISM, MORGION, etcのファンはぜひこの機会に聴いてほしい、初期フューネラル・ドゥームのオブスキュア・カルト名盤!!ライブはサウンドボード・レコーディングの素晴らしい音質で、初期絶望叙情系ドゥーム・バンドの貴重なライブ音源が楽しめます。写真やフライヤー、さらに当時のインタビューとメンバーが新たに書き下ろしたライナーノートなど掲載のゲートフォルド・ジャケットも興味深くて必見。Wild Ragsのデッドストックは、入荷するたびにこの作品が毎度ダントツで速攻売り切れでしたので、買い逃してた人はこの機会にぜひ体験してください!!







・ABHOTH - The Tide + Complete Demos 2LPs ¥3200 (The Crypt)



MACABRE ENDやDISSECTIONのEPリリースで初期スウェディッシュ・デスメタル・ファンにはおなじみのCorpse Grinder RecordsからEPを1枚出していた、オブスキュア・スウェディッシュ・ バンドのディスコグラフィーがThe Cryptからリリース。既にCDで出ているモノのアナログ化などが多いThe Cryptだけど、このバンドは今回の2枚組LPが初めての再発盤のようです。そのせいか知名度はあまり高くないですが、AFFLICTED, MACABRE END ~ GOD MACABRE, UTUMNOのメンバーが在籍して、スウェーデンで最も早くデスメタルを演奏したとされるバンドの再発に、世界中の初期デスメタル・マニアは既に熱狂しています!!限定500枚プレスで、ltd.200のブラックビニールと、ltd.300のホワイトビニールの2種入荷!!



92年EP, 89年EP, 91年EP, 95年EP, 90年~91年の未発表リハーサルを収録した全20曲で、各音源によってスタイルも微妙に違います。89年1stデモではちょっとデスコア・グラインド寄りのサウンドで、FEAR OF GODなどの初期グラインド・スラッシュ・ファンにもオススメできそうな内容です。メンバーはNAPALM DEATHや WEHRMACHTのTシャツも着てて、最初期デスメタルならではの、スピードコアに触発されたエクストリーム・スラッシュが楽しめます。しかし91年デモから、これぞ初期スウェディッシュ・デスメタル!な醍醐味が炸裂して、激しく展開する陰鬱スラッシュに、エモーショナルな叙情的旋律のギターソロが鋭く切れ込んでくる北欧型デスメタルの王道サウンドが絶品!!人脈をたどって考えれば、GOD MACABRE ~ UTUMNOから現在のBOMBS OF HADESにまで継承されてるスタイルの原点と解釈も出来ます。スウェディッシュ・デスメタル・ファンはもちろん、初期デスメタル・マニア全員必聴でお願いします!!







・THOU SHALT SUFFER - Into the Woods of Belial 2LPs ¥3800 (The Crypt)



Ihsahn, Samoth, IldjarnのEMPERORメンバーらによるノルウェーの初期カルト・デスメタル THOU SHALT SUFFERのコレクション・アルバムが、The Cryptから2枚組で待望のアナログ化!!91年 Into the Woods of Belialデモ, 以前にリプロ・ブートEPが入荷してたDistorted Harmonyからの91年EP Open the Mysteries of Your Creation 7", 91年リハーサル, そしてさらに今回のアナログ化に際して、前身となった EMBRYONIC名義時代の唯一の作品である90年デモ The Land of the Lost Soulsからも2曲ボーナスで追加した全14曲!!EPやデモのアートワーク, 当時のファンジン・レビュー, そして Samoth自身による2011年書下ろしライナーノートなども掲載したゲートフォルド・ジャケやインナーシートもカブリつき&ガン見必至です。ジャケの紙質からは、今までのThe Cryptリリースより明らかに力が入っているのがわかります。ltd.666枚プレスで、ナンバリングの若い順にブラック・ビニール ~ ブルー・ビニール ~ シルバー・ビニールの3種、いずれも特大ポスター付きの各222枚プレス。NMEに続いて、各色制覇を宣言してる興奮しきったマニアの発言も、リリースがアナウンスされたころから目につきます。これはイケるでしょ!これでもダメなのかな? このレベルでもダメなら、もう仕方ないと逆に割り切れます。



北欧デスメタルらしい楽曲にブラックメタル的怪しさのキーボードも導入したダークなサウンドは、初期デスメタル/ブラックメタルのカル ト・バンド好きにはたまらない魅力があります。しかし同時に、デスメタル中級者以上向けのとっつきにくいサウンドであるとも言えます。リフはデスメタル然としていながらも、強烈にクリプティックな黒さはギリシャの初期デス/ブラックメタルとの共通性もうかがえますし、91年の音源はちょっとSIGHにも通じるミステリアスな雰囲気が漂います。また、ノイズ・ブラック・ファンも興奮させられる汚濁黒塊な感触で、グラインド・テイストはないものの、初期BEHERITも思わせます。知性も感じさせたEMPEROR時代からは想像もつかない、ロウ・トーン中心のガテラル寄りなIhsahnのVo.も激渋に邪悪。さらにEMBRYONICの音源はミステリアス・ブラック・デスメタルの極致のような邪悪アトモスフィカル・デスメタルで、これまた壮烈極黒激渋すぎ!!!とにかく、EMPEROR関連という点を売りにEMPERORのファンにアピールしてるとちょっと申し訳なく思えてくるくらい、黒く汚い邪悪臭が最凶カルトでカッコいいデス!!
07 | 2012/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR