RECORD BOY

EXIT HIPPIES!!



・EXIT HIPPIES - Part 2 7" ¥1000 (Detonate)



仙台トランス・ノイズ・コア・パンクス、デンマークのDetonate Recordsからの連続シングルリリースシリーズの第2弾。FLUX OF PINK INDIANSのカバーを陶酔感も覚えるプリミティブでサイケデリックなノイズ・パンクで披露、その後もEXIT HIPPIES流アシッド・ナンバー全3曲収録。前回Part 1も即売り切れてしまいましたが、こちらも極少数プレスですので今回も逃さないでください!!

Death Kult from the Graves!!



・CORPSE VOMIT - Drowning in Puke TAPE ¥700 (Extremely Rotten)



Wild RagsからリリースもあったUSシカゴの同名バンドも存在したようですが、このバンドはデンマークの初期デスメタルで、99年にCDで発表された唯一の音源を、UNDERGANGメンバーがやってるレーベルがカセットで再発したものです。ARTILLERYメンバーもゲストで参加。でも再生するとCIANIDEみたいな感じもあって、あれ?シカゴのデスメタルかな?と思わせるほど、強烈に個性的なデスメタル。私達はこういうデスメタルにめっぽう弱いんです。これは激渋デス!!



起伏は激しいけど疾走パートは少ないAUTOPSY (カバーもやってます)系のツイステッドな混沌デスメタルを土台にして、そこに不似合なエモーショナルな流麗メロディック・ギターソロが絡んで疾走パートへとなだれ込むと、ジェイムス・マーフィー在籍時DEATHみたいでもあります。AUTOPSY系混沌デスメタル・バンド特有の倦怠感はほとんどなく、むしろフロリダ系のカラッとした感触すらあります。CELTIC FROST影響下のWINTER, DIVINE EVE, CIANIDEなどをよく、"遅いデスメタル"などと言ってきましたが、このCORPSE VOMITは"遅いデスメタル" と言うよりは、"速くないデスメタル"っていう表現がピッタリだと思います。AUTOPSY, DEATH, CARCASS, etcをミックスした結果、ちょっとVILLAINSみたいなことになってて、とにかくカッコいい!!オブスキュア・デスメタル最高!!







・DOOMSTONE - Those Whom Satan Hath Joined LP BLACK VINYL w/ PATCH ¥2400 / PURPLE VINYL ¥2000 (To The Death)



近年ではMEGA SLAUGTHERの再発やブラック・スピードメタル MORDANTの新作リリースなど、極上のカルト・バンドばかりをリリースしてきたスウェーデンのTo The Death Recordsがまたしてもやってくれました。DECEASEDメンバーによるUSヴァージニア産カルト・デスメタル DOOMSTONEの94年1stアルバムをアナログ化再発!!プロモ・カセットからの2曲をボーナス収録した15曲入りで、ライナーノート, 歌詞, 写真掲載のブックレット付き。限定300枚プレスで、そのうちのltd.100枚スモール・パッチ付きブラックビニールも入荷しました!!200枚プレスのレギュラー・バージョンの方がパープル・カラーのビニールとなります。ミニ・パッチ付き黒盤 2,400円か、紫盤 2,000円、どちらかをご希望をお選びください。



ツブの粗いソリッドなデスメタル・リフでサタニック・オカルト・メタルを演奏したような独特のスタイルは、sickなデスメタル・テイストを残したまま切れ味が生まれたNECROPHAGIAがへヴィメタルのルーツにさかのぼったような、はたまたCELTIC FROST要素のなくなったDREAM DEATHがDEATH S.S.系オカルト・メタルと出会ったような、など、どう言っていいかわからないけど、とにかく唯一無二のカルト・ブラック・へヴィメタル大爆発で最凶素晴らしい!!NECROPHAGIAとDEATH S.S.を例えに挙げてㇷと思ったけど、ちょっと初期SIGHにも通じるアヴァンギャルドなオカルト・ブラック・デスラッシュ・メタルにも聴こえます。へヴィメタル, スラッシュメタル, ドゥームメタル, デス/ブラックメタルの全てが凝縮された異形のアングラ・メタル・カルト・クラシック!!







・CHURCH OF MISERY (USA) - Minstrel of Mourning CD ¥1400 (Razorback)



CHURCH OF MISERYと言えば今や誰もが日本のドゥームメタル・マスターズを思い出しますが、このバンドはWild Ragsファンにも人気のカルト・グラインド・デスメタル、IMPETIGOのStevo氏が一時やってたカルト・ドゥームメタル。当時はデモを残しただけで、INSOMNIAに改名したとされてましたが、今回リリースされたCDは93年のお蔵入り未発表アルバムです!!



Stevo氏の名前が "Stevo St. Vitus" と表記されてるところからもうかがえるような、これぞ初期アメリカン・ドゥーム全開なスタイルで、初期Rise AboveやHellhound周辺ドゥーム・メタル好きは必聴です。悲壮感も漂うドゥームメタルを、TROUBLE系の重厚にリフを刻む直線的パートなども絡めて表現していまして、ちょっとREVELATIONあたりも彷彿させますが、DOOMSTONEやDOOM SNAKE CULTなどと同様に、エクストリーム・メタルを通過したトラディショナル・ドゥーム特有のひたむきな熱さが独特で実に渋いです。初期カルト・ドゥーム・メタル・ファン狂喜の発掘音源!!







・DERKETA - In Death We Meet CD ¥1400 (self release)



伝説の世界初ガールズ・ドゥーム・デスメタル DERKETAが完全復活!!DREAM DEATHを生んだUSドゥーム・キャピタル・シティ、メリーランドで80年代後期に産声をあげ、90年にカルト・デスメタル・レーベル Seraphic Decayから1st EPをリリース後解散。90年代後期にNUNSLAUGHTERの名物ドラマー Jim Sadist氏を迎えて再始動するも、NecroharmonicからコレクションCDをリリースした2003年以降は、またしても自然消滅してしまってました。今回はバンドの中心的存在であるギターVo.のSharon, 後にMYTHICに参加するギターのMaryとドラムのTerriの初期主要メンバー3人と、やはり20年以上のキャリアを持つベーシスト Robinが参加した全員女性による編成。結成から20年以上経って遂にリリースにこぎつけた1stアルバムになりますが、ドラムのTerriは本作録音までの参加で、現在はCATTLE DECAPITATIONなどのエクストリーム/パワーバイオレンス・バンドで活躍した男性ドラマーが加入してるようです。



冷徹な重厚音壁デスメタルを極度にスロウダウンしたような曲調は、遅いデスメタルとして捉えたい暗黒鋼鉄ですが、ペンシルバニアやニュージャージーあたりのUS東海岸極深黒デスメタルとは違い、トラディショナルなドゥーム・テイストも土台にあるところが、DREAM DEATH ~ PENANCEを始め、重要ドゥーム・メタル・バンドを多く輩出してきたメリーランド出身バンドらしさと言えるでしょう。ex. AUS-ROTTENメンバーらによるクラスト・パンク・バンド BEHIND ENEMY LINESに参加してた時は、美しく激しいヘッドバンギングで見る者を魅了し、NOVEMBER DOOM時代はモデル級の美しさが目を見張ったMaryさんは、お年は召されてもやっぱりカッコよくてシビレます。そしてSharonさんの相変わらず女性とは思えないVo.はさらに磨きがかかり、ガテラル・スタイルのVo.の中でもかなり上級の激渋さで素晴らしい!!ドゥーム・デスメタル・ファン、完全必聴の素晴らしい復活作デス!!
06 | 2012/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR