RECORD BOY

Witching Metal!!



・TRIAL - The Primordial Temple LP ¥2200 (Unborn prod.)



まだまだ出てくるスウェディッシュ・へヴィメタル有望株!!2010年のデモの時点で既に日本でも耳の早いマニアの間では話題となっていたバンドの1stアルバムです。このバンドはCD入れてみたいなー、と思ってたら、OBITUARYジャケのノルウェー・デスメタル・オムニバス Oslo We Rot EPをリリースしてたUnbron prod.が、限定500枚ナンバリング入りでアナログ・リリース!とタイミングよくインフォメーションくれたので、LPで入荷させました。このUnborn prod.はまだ作品数は多くないけど、ノルウェー・オカルト・ドゥームメタル DEVILもイチ早くリリースして即ソールドアウトさせて、ちょっと気になってるレーベルでしたが、日本ではまだ全然流通してないみたいです。このアルバムも、アナログ盤の雰囲気が似合う、アンダーグランドらしい魅力が味わえるNWOTHM作品です。



もう、ロゴ見た瞬間にPORTRAITが真っ先に思い浮かんでしまいますが、現代のMERCYFUL FATEチルドレン・へヴィメタルを代表する2バンドのPORTRAITとIN SOLITUDEのちょうど中間のようなタイプだと思います。スピードメタル色はなく、薄暗い哀愁が充満した北欧叙情鋼鉄の伝統が強い点はIN SOLITUDEに近いけど、どこかアカ抜けてスター性のあるIN SOLITUDEより、MERCYFUL FATEの異端性を継承したような初期PORTRAITにも似たダークネスを強く感じさせます。しかしレーベルのinfo見てㇷと思ったのは、この忙しない変拍子多用は確かにFATES WARNINGにも近い気もします。Vo.もけっこうFATES WARNINGっぽいんですが、このVo.が声は澄んでてハイトーンもそこそこのびやかなんだけど、音程がかなりあぶなっかしくて、激しい展開に付いてこうと必死になると、聴いてる方がスリリングな気分になります。しかしツインギターの曇った旋律がサイコーに素晴らしくて、このアンバランスさがリトル・メジャーなNWOTHMでは絶対に味わえない魅力です!!Vo.を完璧にして前述の2バンドのようにMetal Bladeクラスを狙うか、それともこのまま地下シーンの華として黒い輝きを維持するか、今後が凄く楽しみです!!







・NECROMANCY - Hanged in Hasselby TAPE ¥800 (Unborn prod.)



以前にデモが入荷してたLAMENTATIONというデスメタル・バンドを母体とするスウェーデン・ストックホルムのブラックメタル・バンド。2009年と2010年にデモを発表していて、その2作品をまとめた限定200本のプロコピー・テープです。



ブラックメタルと言ってもエクストリームな志向よりもトラディショナルなへヴィメタルを強く打ち出したバンドで、どちらかと言うとオカルト・メタル/サタニック・メタルといった形容の方がピッタリのサウンドです。MASTER'S HAMMERのTシャツにマント、袖をまくったスウェジャン(初めて言ってみましたが、PetroffやJofamaに代表されるスウェディッシュ革ジャンを総称してるつもりです)など、サタニックな雰囲気を醸し出しながらも現代の若者らしいスマートなへヴィメタル・ファッションからは、IN SOLITUDEなどを思わせます。実際、前身バンドのLAMENTATIONにはPOTRAITにヘルプで参加したメンバーもいたようで、昨今のスウェディッシュ・アンダーグラウンド・メタル・シーンに多く見られる、デス/ブラックメタル系ミュージシャンによるサタニック・メタルへの原点回帰的バンドの新鋭と捉えて問題ないでしょう。曲調は起伏に富んでいるけどデスメタル・バンド上がりらしい疾走感も印象的で、初期PORTRAITがMERCYFUL FATEのスピードメタル版だとすれば、このNECROMANCYはちょっとスピードメタル・パートも聴かせる初期MASTER'S HAMMER影響下オカルト・メタル、といった感じです。パーツはBATHORYやCELTIC FROSTも思わせるプリミティブなリフでもあるし、Vo.がブラックメタルらしいイーヴィルな吐き捨てタイプなので、同じくスウェーデンのANGUISHとは違った表現方法の、エクストリーム・メタルを通過したサタニック・メタルとも言えます。注目しといても損はないと思います!!







・COBRA - Lethal Strike CD DIE HARD BOX ¥2400 / REGULAR CD ¥1500 (Austral Holocaust)



ダイハード・バージョン入荷あぁaarrgghh!!!Deathrash Armageddonからのデモ集カセットのリリースで日本で一気に注目を浴びたペルー産へヴィメタルの待望1stフルアルバム!!前作Split w/ SKULLと同じくGOAT SEMENのVo.のレーベルからリリースの帯付きですが、今回はCDが世に登場した時の輸入盤に多くあった、ロングボックス仕様のダイハード・バージョンまで入荷です!!!!!GOAT SEMENのVo.の人、改心したのでしょうか?今後が非常に怖いです。箱の状態は良くありません。パッチ&ポスター封入だそうでシールドされてますが、開封されてるモノもありました。レギュラー・バージョンも再入荷してます。とりあえずこのレーベルの商品は、ある時に買っといてください!!



TANKを彷彿させるロッキン・ドライビンな疾走ナンバーでスタートし、その後はガッツ溢れるメロディーで疾走するピュア・へヴィメタル・チューンのオンパレードで、やっぱりこのバンドはカッコいいです!!全体的にメキシコのVOLTAXがスピード感をアップしたような感じで、若々しく荒々しい演奏の影からチラホラのぞかせる哀愁メロディーが最高です。相変わらずメンバーのルックスもカッコよくて、ENFORCER以降のNWOTHMシーンの中でも個性的な存在感のあるバンドです!!







・FUTURE TENSE - The Final Cut DIGIPACK CD DIE HARD BOX ¥2400 / REGULAR DIGIPACK CD ¥1600 (Austral Holocaust)



限定250枚のダイハード・バージョン入荷あぁaarrgghh!!!長らくCDでのリリースが望まれてたFUTURE TENSEのディスコグラフィーが、なんとペルーのあの国際指名手配リップオフ・レーベル、GOAT SEMENのVo.のレーベルからリリース。しかも今回は、CDが世に登場した時の輸入盤に多くあった、ロングボックス仕様のダイハード・バージョンまで入荷です!!!!!こちらも箱の状態は良くなくて、パッチ&ポスター封入だそうでシールドされてます。レギュラー・バージョンのデジパックCDも再入荷してます。とりあえずこのレーベルの商品は、ある時に買っといてください!!



FUTURE TENSEはMetal Massacre vol.5にも参加してたオランダのスピードメタル・バンドで、Doomed Planetからの編集盤LPが当店でも好評だったので覚えている人も多いと思います。2004年にDoomed Planetからリリースされた Crossing the Swords...Again LPは83年 Battle of Metalデモと84年名作 Condemned to the Gallows MLPをまとめたモノでしたが、今回のCDは2003年 Swords of Vengeance CDRと2004年オムニバス曲も収録した全15曲入りという、ほぼ完璧な内容。復活後の音源は初期名曲の再録ですが絶対に侮れない出来栄えで、あの曇った憂鬱な歌声に衰えはほとんど感じません。IRON ANGELなどにも通じるスラッシャーも血沸き肉躍るソリッドなスピードメタルなんだけど、NWOBHMからの強い影響を感じさせる哀愁が絶品。特にデモは激渋の一言では片づけられないカッコよさ!!!スピードメタルとNWOBHMの湿り気がここまで見事にミックスしたバンドはなかなかいません。サタニックなイメージもカッコよくて、NIFELHEIMのTyrant & Hellbutcher兄弟両氏が大ファンだというのも有名な話です。







・INTERNAL VOID - Voyage LP ¥2000 (Svart)



Hellhound Records関連90'sドゥームメタル好きには嬉しすぎる再発盤!ドゥーム・キャピタル USメリーランド出身、93年に伝説のドゥームメタル・レーベル Hellhound Recsから1stアルバムをリリースしていたバンドの91年デモがSvart Recordsからアナログ化再発。限定500枚プレスで、300枚プレスのブルービニールと200枚プレスのブラックビニールの2種ありますので、ご希望をお選びください。



2000年発表の2ndアルバムとSplit w/ PAUL CHAIN以来、当店はこのバンドの入荷は無かったので超久しぶりです。もちろんBLACK SABBATHに影響されたドゥームメタルに違いなく、鉄鋼を引きずるようなスロウ・パートも絶品ですが、USバンドらしい泥臭いグルーヴが特徴で、ちょっとWinoも思わせるVo.の歌い回しのせいか、SAINT VITUSのホコリっぽいドライブ感とSPIRIT CARAVANなどのソウルフルなアメリカン・ハードロックの中間のような、アダルトに渋すぎるストーナー・ドゥームメタルが堪能できます。ちなみに弦楽隊は Show'em Howアルバム時のPENTAGRAMメンバー。サンクス・リストにC.O.C, BLACK FLAGや、New RenaissanceスラッシュメタルのINDESTROY (後にWRETECHEDへと発展) などが載ってるところも、90's USドゥームメタルらしい見逃したくないポイントだと思います。SAINT VITUSを中心とした90'sドゥームメタル・ファンは必聴!!









・PENTAGRAM - Review Your Choices PICTURE LP ¥1900 (Svart)

・PENTAGRAM - Sub-Basement PICTURE LP ¥1900 (Svart)



SAINT VITUS, OBSESSED等と並んでドゥームメタルを語る上で絶対に外せない最重要バンド PENTAGRAMの、1999年発表4thアルバム Review Your Choices と、2001年5thアルバム Sub-Basementが、Svart Recordsから新装アートワークで限定500枚ピクチャーLP化!! 盤面を拝めるdie-cutスリーブに収まったグッド・ルッキングなLPで、PENTAGRAMマニアにはもちろん嬉しいコレクターズ・アイテムですが、作品自体も非常に評価の高い内容ですので、未聴の人はこの機会にぜひ聴いて下さい。



この頃のPENTAGRAMは、中心メンバーのボーカル Bobby Liebling氏と、DEATH ROW時代からの付き合いのJoe Hasselvander氏の2人編成で、Hasselvanderが全バッキングを担当していました。そしてこの時代の作品がまたエライ渋くてカッコいいんです!ドラムが本業の印象が強いHasselvanderのギターも楽曲も絶品以外の何物でもなく、ブ厚くウェットなギター・サウンドや、エモーショナルなソロも絶品。Victor Griffin氏不在で不安を抱いた信者にサバス・チルドレンUSドゥームメタル帝王の健在ぶりをまざまざと見せつけた Review Your Choices、そしてドゥームメタル云々抜きで、黒くて重厚オカルティックなへヴィメタル好きならばノックアウト必至の Sub-Basement、どちらも必聴の名盤です!!


05 | 2012/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR