RECORD BOY

Superchrist!!



・SUPERCHRIST - Holy Shit LP CLEAR VINYL ¥1800 / CD ¥1400 (Hells Headbangers)



アナログ盤到着しました!!MIDNIGHTに続いてBOYが日本オフィシャル・ショップを勝手に自負するへヴィメタル・バンドがまたもHHRに吸収されましたが、バンドに対する愛情はもちろん変わりません。なのでSUPERCHRISTも当店限定のクリア・ビニールでガッツンガッツン、プッシュさせてもらいます!!!今回のBOY限定クリア・ビニールはltd.60枚のマイクロ・プレスです!!!CDも絶賛発売中です!!



以前にインターネットにあったサンプルを聴いた時は、へヴィな音触が印象強くて、Chris氏自身も「ちょっとへヴィ過ぎたかな?」と言ってましたが、実際聴くと、別にバンドの肩を持つつもりなど全く無しに、too muchなへヴィさなどは全然ありません。このバンドだから、もちろんモダンなへヴィネスなどとは全く異質ですし、ラウドでパワフルなドラムにより、正統派スピード/パワーメタル的な硬質さに近づいたと捉らえるべきでしょう。それよりも特筆すべきは楽曲です。SUPERCHRISTの特徴だった、RAMONESの影響も思わせる、あのシンプルなコードはかなり薄れて、熱血へヴィメタル・リフ全開で燃えます&カッコイイぜー!!特にオープニング・ナンバーは仰天で、これはまるでMETALUCIFERじゃあないですか!Chrisさん!!そして、サビに突入するとSUPERCHRIST節と言える、あのいつものチョッピリ切ない中年の男の哀愁メロディーにへと展開して、もーサイコーです!!その後も鋼鉄のリフワーク&哀愁メロディーの応酬で、MOTORHEADやTANKなどの男臭さと哀愁メロディーのミックスのような2曲目など、SUPERCHRIST節は至るところに顔を出してて、実にSUPERCHRISTらしい鋼鉄度数倍増の必聴作です!!







・SUPERCHRIST - Black Thunder 7" ¥700 (Onslaught of Steel)



こちらも発売中!ZUUL, BIBLE OF THE DEVIL, DAWNBRINGER, etc、SUPERCHRIST周辺シカゴ・へヴィメタル・バンドの7"を立て続けにリリースして最近ちょっと気になるレーベル、Onslaught of Steelから、遂に真打登場!!新作Holy ShitからのシングルカットEPが限定500枚でリリース!!



A面はRunnning Freeもちょっと思わせる哀愁ナンバー。Chris氏のちょっと頼りなさげなVo.によるメロディーも素晴らしくマッチしてて、ギターソロも思わずグッとくる展開です。B面はMOTORHEADの当時ちょっとした賛否両論もまき起こった名作 Orgasmatronアルバムからの Ridin' with the Driverカバー!!これは素晴らしい選曲です。このMOTORHEADカバーは他作品には未収録で、このEPのみで聴けます!!







・SUPERCHRIST - South of Hell LP GREY VINYL ¥2800 / BLACK VINYL ¥2400 (Forgotten Wisdom prod.)



こちらも好評発売中です!コレは嬉しいアナログ化です!!Back & Blackと並ぶ初期SUPERCHRISTの大傑作、2004年発表3rdアルバムが初アナログ化再発されました!SPEAR OF LONGINUSなどのブラックメタル中心のリリースながら、これまでもSUPERCHRISTのアナログ作品をいろいろリリースしてきたフランスの Forgotten Wisdom productionから。CDとはジャケが変わってますが、髪の量もまだ多いChris氏がDEATH ANGELのシャツ着てるライブ写真をジャケにした、Running Freeの激渋なカバーでスタートする、あのアルバムです!レギュラーブラック・ビニールと、限定100枚のグレイ・ビニールの2種入荷!!



NWOBHMとはサウンドのスタイルをさす言葉ではない、とChris氏が言うように、NWOBHMは様々なタイプのバンドがひしめき合って、そしてどのバンドも、R&Rのルーツをちゃんと踏まえたうえで、激烈だったりノイジーだったりポップだったりと、各々のへヴィメタルを表現していました。それを充分に理解し現代において実践しているのがSUPERCHRISTでしょう。Back & Blackでも同じ2バンドの別の曲をカバーしてますが、IRON MAIDEN (Running Free)とMOTORHEAD (Metropolis) の違ったスタイルで激烈な鋼鉄音を放っていた2バンドの名曲を、実に見事に同一線上に並べてカバーしています。数年ぶりに本作を聴くと、MOTORHEAD譲りのリフワークと疾走感に、渋い男の哀愁メロディーで歌い上げるVo.を乗せる方法は、初期TANKにもけっこう共通するように思えます。とにかく素晴らしく激渋カッコいい大傑作です。CDは長らく廃盤ですので、Back & Blackの頃のSUPERCHRISTが好きな人は、この機会に絶対に聴いてください!!

Metal Punk from Far East!!



・ABIGAIL - Evil Metal Massacre 2LPs WHITE VINYL ¥3200 (Agonia)



問い合わせしてくださった方、お待たせしすぎてすみませんでした。送金から3か月経ってやっと到着しました。Alive in・・・シリーズでも好評だった、2004年イタリアでのライブ Alive in Italyと2005年タイでのライブ Alive in Thailandの2種をまとめて2枚組でアナログ化!!限定500枚プレスで、ltd.100枚のホワイトビニールも存在するということで、POSSESSEDのライブLP以来避け続けてきたAgonia Recordsとの直取引を8年ぶりにしましたが、しかしやっぱりもう2度とこのレーベルには直オーダーしたくないと痛感してます。事故で100枚失ったから実質存在するのは400枚だぜ!と、レーベルは何故か嬉しそうに言ってます。ジャケに角打ちがあるものもあるので、キレイなモノからお売り致します。



イタリアでのライブはTOXIC HOLOCAUSTのJoel氏がギターで参加し、BULLDOZERのカバーではDEATHRAGEのメンバーがベースで参加という、イタリアならではのスペシャルなラインナップ!!イタリア&タイ、どちらのライブ音源も、パンク色を強めてきた当時のABIGAILらしい、ブルドーザー系ドライビンなリフがドッカドカ・パワフルなリズムに乗って爆走したダーティー・ロウ・パンク・ブラック・スラッシュメタル・サウンドが爽快でカッコいいです。Live Undeadなジャケも素晴らしいし、最近のTOXIC HOLOCAUSTファンが見ても気づかないであろう若かりし頃のJoel氏他ミュージシャンやABIGAILビッチ達とのフォトセッションも多数掲載したゲートフォルド・ジャケも嬉しい仕上がり具合です!!





* ABIGAILのジャケ画像をクリックすると、ABIGAIL関連商品一覧にリンクしますので、合わせてチェックしてみてください!







・V.A. - Grind Bastards 6 CD ¥1000 (Grind Freaks)



UNHOLY GRAVEの企画による同名イベントに合わせてリリースされてきた恒例のシリーズ・オムニバスCDの最新作2012年版!!これまでもグラインド系のみならず全国のハードコア/スラッシュ・バンドが幅広く参加してきましたが、今回も全ハードコア・ファン必聴ともいえる濃厚な内容!! もちろん全バンドが未発表音源を提供しています。



愛知メタルパンク PARASITE, 東京メタルパンク DORAID, 東京ゴア・デスメタル BUTCHER ABCの新曲、東京ガールズ・グラインダーズ F.I.D.の現メンバー編成での初音源、女性メンバー含むBRUJERIAスタイルで話題の愛知 MECOSARIO、屍の最新スタジオ音源、IRON FIST辰嶋氏率いるインプロ・ブラストコア SCHRECKWURMERの初音源など、全21曲収録!!





参加バンド:



UNHOLY GRAVE (名古屋)

SCHRECKWURMER (東京)

LITTLE BASTARDS (熊谷)

BUTCHER ABC (東京)

MORTALIZED (京都)

FORTITUDE (大阪)

NAQRO (四日市)

F.I.D. (東京)

MALEBOLGIA (京都)

屍 SHIKABANE (東京)

DARGE (岐阜)

MECOSARIO (岡崎)

HELL AND HELL (名古屋)

O.G.D. (東京)

MASSGRAVE (津山)

PARASITE (三河)

DORAID (東京)

Metal from Death!!



・DEADLY SPAWN - Forced into Atrocities JEWEL CASE CD ¥1600 / DIGIPACK CD ¥2000 (Metal Inquisition)



再入荷お待たせしました!!AZAGTHOTH, WORM, SADONDETH,といった日本デスメタル・シーン黎明期に活動したバンド・メンバーらによる東京デスメタルの2ndアルバムが、ドイツのブラックメタル・レーベル No Coloures Recordsのデス/スラッシュ部門レーベル Metal Inquisition Recordsから2ndアルバムを発表。面倒なレーベルからのリリースなので困っていましたが、No Coloursとの仕事を再開させ、今回は通常仕様の他にltd.50枚ナンバリング入りデジパック・バージョンも入荷しました!!



MORBID ANGELとDEICIDEに代表されるテクニカル・デスメタルは世界中にたくさん存在しますが、DEADLY SPAWNはその中でもスラッシュメタルの下地を強く感じさせるタイプです。もう、冒頭からソリッドかつテクニカルなリフが炸裂してて、今回も激渋にカッコいいデス!!SLAYER直系のスラッシュ・リフとMORBID ANGEL的テクニカル・リフが入り乱れる、まさしく応酬という表現がぴったりのツイン・ギターは、流れるように美しいJames Murphy的なメロディック・ソロも絶品。それに絡みつくベースは、Steve DiGiorgio的な壮絶且つ独創的なラインで徘徊し、さらに土台を強固に支えるドラミングは、目まぐるしいテンポ・チェンジや起伏に富んだ展開も全くブレなく突き進みます。



世界各国でそれぞれの特色が味わえるのが、デスメタルを聴く楽しみ方の1つでもあると思いますが、1週間前に入荷して当時体験した方々から大反響だったVOIDDの1st(再入荷手配済みです。お待ちください)とは全然違ったスタイルだけど、DEADLY SPAWNもまた、これぞジャパニーズ・スタイルなデスメタルではないでしょうか。昨今人気の高いスウェーデンのデスメタルは、当人達が無意識のうちに、隣り合わせで強烈な存在感を放っていたハードコアからの影響が体に染みついて、ロウ&ダイナミックなサウンドとなって表れていたと思うのですが、あくまでもスラッシュメタルをエクストリームに深化させたDEADLY SPAWNは、SLAYER ~ POSSESSED ~ MORBID ANGELへと激化したUSデスメタルの系譜を日本で実践した、ジャパニーズ・スタイル・デスメタルの一級品デス!!









・INTESTINE BAALISM - Banquet in the Darkness CD ¥1400 (No Colours)

・INTESTINE BAALISM - Ultimate Instinct CD ¥1400 (No Colours)



90年代初めから活動する東京オールドスクール・デスメタル・バンド。メロディック・デス系に分類されるタイプなのかも知れませんがが、関東ではオールドスクール・デスメタル・シーンの牙城を死守し続けるバンドですし、DEADLY SPAWNのアルバムをきっかけにまたNo Colours Recordsと数年ぶりに直取引再開したので、遅ればせながら2003年2ndアルバム Banquet in the Darkness CDと2008年3rdアルバム Ultimate Instinct CDを当店でも初めて入れてみた次第です。



デスメタルは私達もまだまだ勉強中ですし、IN FLAMESに代表されるようなメロデスなどは全くと言っていいほど取扱いのない当店ですが、そんなことはどうでもいいくらい、これは素晴らしいデス!!明らかに土台となってるのはオールドスクール・スウェディッシュ・デスメタルでしょうし、ソリッドなデスメタル・リフで突進するパートだけ拾って聴きたいようなゴリゴリ・デス野郎が仮にいたとしても存分に楽しめるスカンジ型ピュア・デスメタルです。Ultimate Instinctアルバムはちょっとブラックメタリックな邪悪スクリームも印象的です。しかしなんと言ってもこの流れるように哀しく奏でられるリードギターがとにかく素晴らしすぎます!!!







・ENCOFFINATION - O' hell, Shine in Thy Whited Sepulchres LP ¥1600 (Selfmadegod)



アナログ盤も出ました!!1stアルバムのあまりの凄まじさにビビッてましたが、アナログ盤を待ってた人は少なくなかったと思います。ゲートフォルド・ジャケットで、限定500枚です!!



FATHER BEFOULEDメンバーが在籍するUSドゥーム・デスメタルで、1stアルバムが大反響を呼びましたが、その重さと遅さと言ったらもうー、ものすごいものでした。遅いという次元を超えている、とその時は解説しましたけど、この新作を聴いて今思うと、やはりあの遅さは並みじゃない・・・。遅かった。遅すぎる・・・。あまりにも遅すぎるので、もはやリズムとして成立していない、とも言ったけど、この新作はINCANTATION影響下デス・ドゥームの王道の深化とも言える、暗黒の荘厳さを強めてドラマチック(って言ったら怒られるかな?)なキメが印象的な作風なので、それでも十二分に遅いんだけど、ダイナミズムみたいなものが生まれています。1stはダイナミズムなんて感じない、正真正銘の拷問地獄でしたが。今回は初期NECROS CHRISTOSやVASAELETHなどのファンには絶対オススメの荘厳暗黒depthドゥーム・デスメタル・アルバムで勝負してきました。そしてこれがまた見事な完成度!!やはりこの人たちは凄いです。





* ジャケに角打ちがあるものがありましたので、綺麗なものからお売り致します。

Punk Metal from Death!!



・USURPRESS - In Permanent Twilight CD ¥1000 (Selfmadegod)



CDも出ました!DELLAMORTE / TYRANT / DISKONTO / IRON LAMBなどを渡り歩き、"Swedish Death Metal"ブック著者でもあるDanne氏がベースで参加するスウェディッシュ・デスメタル・パンクが、8曲入りの初単独ミニアルバムを発表。Death Invocation Recordsから発表した1stデモの時点でちょっと普通じゃないダーク・クラスト・サウンドに引っかかって追いかけてきましたが、Split w/ BOMBS OF HADES発表以降、リリースを連発。ほぼ同時期にDoomentia Recsからリリースされた単独初EPではもう少しハードコア寄りの印象を強めてますが、本作はアルバムで聴かせるべく構成された、USURPRESS流スウェディッシュ・デスメタル・クラストが爆発してます!!



スウェデス特有の不穏音階リフを大胆に導入したクラスト・パンク・サウンドで、こないだのSplit w/ BOMBS OF HADESの音源もカッコ良かったけど、テクニック的な面を考慮してか、ドラムがちょっと埋もれがちなバランスが引っかかってました。しかし今回は音質も改善されスウェディッシュらしいブルタリティーが全面に出て、デスメタル・リフワークもさらに際立った感があります。そのスウェデス的不穏旋律リフワークの延長線上でAUTOPSY的なグルーミーなムードを醸し出すパートにも展開して、これはデスメタル野郎に大推薦のスウェディッシュ・クラストと言っていいかと思います。逆にハードコア・ファンには、このキャッチーさゼロの作風はキツイかもしれません。疾走感とダークネスはSVART PARADやBOMBANFALL風でも、BASTARD PRIESTファンにオススメするようなタイプでは決してなく、Awakened by Gore コレクション・アルバムで聴ける初期デモ時代のAUTOPSYや、そのAUTOPSYのデスメタル・パンク版とも言えるABSCESS、さらにはクラスト・パンク風味になったMORBUS CHRONかVILLAINS、はたまた1stアルバムの頃のNEUROSISのようなグルームコア・パンク、と言った感じがします。これこそリアルなスウェディッシュD-Beatデスメタルだけど、MIASMALやBASTARD PRIESTみたいな盛り上がりには絶対ならないでしょう。しかしスカンジ・デスメタラーはぜひチェックしてください!!









・ABSCESS - Urine Junkies PICTURE LP DELUXE EDITION ¥3200 (H.P.G.D.)



1stアルバムに続いて、Relapseから95年にCDでリリースされてた94年~95年の初期デモ集アルバムが限定500枚ピクチャー盤で待望の初アナログ化!!パッチとマグネットが付属品だった1stアルバムのアナログ盤も嬉しかったけど、今回の付属品はもっと凄い!!ネーム・タグとビニールにパックされた特製ABSCESS消臭剤、さらにジャケ写真の便器から抽出したションベン入り注射器!!なんて物は輸入できるわけないので安心してください。これは注射器型のボールペンで、当たりまえですけどションベンも偽物です!!レギュラー・バージョンとリミテッド・バージョンが存在するのではなく、LPは全てこの付属グッズ付きピクチャー盤なので、アナログ・ファンは強制的にこれらも所有しなければなりません。まったくもってABSECESSらしい、ケッサクなLPバージョンです。



AUTOPSYのデスメタルに備わっているスカム要素と、GG ALLINに代表されるアメリカン・パンクのスカム・バイオレンスを融合して、そこに西海岸ハードコア・パンクの狂気を導入した、クレイジーなアグリー・パンク・デスメタルの最高峰。ハードコアのスラッシュな疾走感はもちろん、BLACK FLAGから受け継がれるUSHC特有の狂気も内包してるフトコロの闇深さとドス黒さは、改めて今聴いても脱帽級に激渋デス!!AUTOSPYはUSデスメタルに於いてスウェディッシュ・デスメタルと共鳴するグルームを表現してたワケだけど、ABSCESSのデスメタル・パンクはBASTARD PRIESTやMIASMALなどとは全く異質であることを体感してください。USHCを通ってなくて、昨今のハードコア・デスメタルにも否定的なダイハード・デスメタラーの方々だって、ABSECESSはパンク・デスメタルとしてリアルなのは、ヒシヒシと感じることができたハズです。まぁ、このバンドは別格なのでしょうけど、とにかく最凶に激渋!!!







・ANGEL BUTCHER - 25 years bleeding Ears CD ¥1200 (Dead Center prod.)



D.D. Crazy氏が抜けた直後のSARCOFAGOドラマーで、デスラッシュ期名作 Rotting ミニアルバムに参加していた Joker氏が在籍する、知る人ぞ知るブラジリアン・カルト・クロスオーバー・スラッシュ!!2010年新録6曲に、87年/88年/89年/2006年デモもボーナス収録した、恐らくコンプリートなディスコグラフィーの16曲入りCDです。



基本はハードコア・パンク色の濃いクロスオーバー・スタイルですが、やはりクロスオーバーの裏街道を歩んできたバンドらしく、近年のブラジリアン・スラッシュメタル&ハードコアの華やかなクロスオーバー・スラッシュとはちょっと感触が違います。REPULSION系デスコア・スピード・スラッシュや、CRYPTIC SLAUGHTERっぽいライトな激速ナンバーなど、80年代のアメリカン・クロスオーバー・スラッシュを彷彿させるナンバーが続いて、時代をさかのぼる形で進行するCDが80年代時期音源に突入すると雰囲気がガラッと変わります。グシャッと歪んだノイジーなサウンドによるスラッシュメタリックなリフで、初期KREATOR系突進ロウ・スラッシュをよりハードコアに倍速にしたようであり、88年デモ音源になるとそこにサタニックな要素が加わって、BATHORYをグラインド・スラッシュにしたようなデスコア・サウンドは、NECROFAGOファンも大興奮であろう、これぞブラジリアン・スピード・デスノイズ・メタルコア!!限定500枚ナンバリング入りです!!
04 | 2012/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR