RECORD BOY

SCREWITHIN - Full Hate EP!!



・SCREWITHIN - Full Hate EP 7" ¥800 (男道)



東京ツインボーカル・ハードコア・パンク SCREWITHIN、LESS THAN TVからのCDに続く本作は約6年振りとなるアナログ作品!!男道から7"でリリースとなった新作です!!!騒々しいテンションで繰り出されるレイジング・ハードコア・パンク・サウンドはもちろん健在!そのスピードに流れるように日本語詞を乗せていくロウ・スラッシュ・ナンバーから、グッとテンポを落とし展開されていく曲もあり、激ノイジーなサウンドを基盤とし力強い反権力メッセージを様々な角度から投げかけるアナーコ・ハードコア全5曲!英訳付き。

Darkness Descends!!

* Dark Descent Records新作、各種到着!!







・HORRENDOUS - The Chills LP GREEN VINYL ¥1800 (Dark Descent)



これはアナログ化待ってた人も多いと思います。現行USデスメタル・バンドの大傑作1stアルバムがアナログ化!!限定500枚ですが、今回は限定100枚のグリーンビニールで入荷!!ルックスが冴えないローカル・バンドのような素朴さですが、サウンドはとても1stアルバムとは思えない完成度で、コレでルックスがせめて並みのレベルだったら、デスメタル・スターダム一直線間違いナシのバンドです!!



オールドスクール以外の何物でもないピュア・デスメタルで、スウェディッシュ・デス風味のタッチと叙情が基本でありながら、起伏の激しさはUSデスメタルならではかと思います。手数で自己アピールするタイプではなく、シンプルながらパワフルなドラミングがボトムを強力に支えて、その土台の上にドラマチックな展開の曲調が見事に決まっています。クラシカルな旋律と泣きのソロも聴かせるギターは実に表情豊かで、起伏に富んだ楽曲を非常にドラマチックに彩っています。UTUMNOやFURBOWLみたいな叙情的且つアグレッシブなデスメタルが好きなら迷いは無用です。絶対に聴いてください。デスロールへと進化する前の、ENTOMBEDの激情すら彷彿させます。これは2012年のベスト・デスメタル作品再有力候補です!!!







・UNCANNY - The Path of Flesh 7" WHITE VINYL ¥900 (Dark Descent)



ディスコグラフィー・アルバムがアナログ/CDともに大ヒットした伝説のスウェディッシュ・デスメタル・バンドが、なんと復活して新作EPを発表!!通常ブラックビニールの他に、Dark Descent直販限定ホワイトビニールと、Me Saco Un Ojo ウェブショップのみで販売のグリーンビニールの3種存在しますが、今回はUS仕様のホワイトビニールを無理言って卸してもらいました!!



INTERMENT, DELLAMORTE, KATATONIAメンバーらが在籍。ハードコアとの接点と音楽的影響、そして美しいメロディーの、スウェディッシュ・デスメタル2大要素を見事に兼ね備えたサウンドで、オブスキュアな存在ながら完璧な初期スウェデス・バンドでした。復活第一弾となる本作も、EPフォーマットを意識したコンパクトな2曲ですが、往年のサウンドを彷彿させる素晴らしい内容です。ダウンチューニングの重厚なサウンドで疾走し、叙情旋律も絡めたギターワークも冴えわたる、と、使い古された解説になってしまいますが、先日入荷してた A CANOROUS QUINTETの再録EPと同様に、音源が古いとか新しいとか関係なく、スウェディッシュ・デス以外の何物でもない文句なしの復活作です!!







・ETERNAL SOLSTICE - The Wish is Father to the Thought LP RED/ORANGE VINYL ¥1800 (Dark descent)



復活してDECREPITAPHとSplit EPをリリースしてたオランダ・デスメタルの94年1stアルバムが初アナログ化によってDark Descentから再発!!限定500枚ですが、今回も無理言ってltd.100枚のオレンジ・ビニールで卸してもらいました!!



Split w/ DECREPITAPHではもっとドゥーム色が強かったと思いますが、その復活Splitでも、そしてこの1stを聴いても思うのが、やはりダッチ・デスメタル特有のゴリゴリ感。PESTILENCEの2ndやASPHYXなどを彷彿させる、スラッシュメタルのソリッドなリフで重厚さを増幅させたような感触だけど、このバンドの方がもっとスラッシュ・ルーツを強く打ち出しています。さらにペイガン系にも通じる勇壮なメロディック・パートなどにも展開して、当時のデスラッシュ・メタル・バンド群の中では、へヴィメタルの要素が強かった、ちょっと珍しいタイプだったのではないでしょうか?ハードコアを血肉としてないSEPULTURAのようにも解釈できます。しかしこれじゃぁ、当時は誰にも相手にされなかっただろうなー、というのが切ないほど感じられます。カルト・オブスキュア・デスメタルにもいろいろありますが、こんなに真っ当なクォリティーなのにカルト臭を強く放出してる作品も珍しいです。オールドスクール・ダイハード・デスメタラーは安心してゲットして、存分に堪能してください!!







・CIANIDE - A Descent into Hell CD ¥1200 (Dark Descent)



The Cryptからの3枚組LPが先に入荷してましたが即売り切れ。その後も問い合わせが多かったのですが、残念ながらアナログはレ―ベルでもすぐに完売したそうです。しかし今回、アナログと同じデモ音源をボーナス収録した再発CDがDark Descentからリリースされました!!



シカゴのベテラン・デスメタル・バンドで、日本での人気は大変低いものの、海外のデスメタラーにはカルトな人気を誇ります。本作は94年2ndアルバム。

HELLHAMMER ~ CELTIC FROST影響下デスメタル、という程度の認識はありましたが、こんなに激渋だとは知りませんでした!!HELLHAMMERと言うよりCELTIC FROSTを回転数下げたような、ズルズルではなくダラダラなドゥームをデスメタルの重厚な暗黒音壁で表現したような感じは、DIVINE EVEやWINTERなどの感覚に近いでしょうか。SAINT VITUS系の荒涼退廃感もあって、拷問系デスだけどとにかくカッコいいデス!!CELTIC FROST, AUTOPSY, DREAM DEATH, SAINT VITUSをミックスして、シカゴの極悪デンジャラスなエキスだけを抽出。これぞonly for ダイハード・デスメタラーな激渋ドゥーム・デス!!!







・MITOCHONDRION - Archaeaeon 2LPs ¥2200 (Dark Descent)



先にCDでリリースされて私達もそのサウンドにドギモを抜かされた、カナディアン・デス/ブラックメタルの壮絶1stアルバムが、ジャケを変えて2枚組でアナログ化!!



なんだか化学の授業を思い出させる名前があまりカッコいい気がしなくて乗り気じゃなかったDark Descentリリースですが、これは最高すぎました。2008年に自主制作で発表した1stアルバムの再発で、その自主リリースされたオリジナル盤はオークションでは$100を超えて取引されてたという、注目の再発盤です。サウンドはカナディアン・ブラックのカオスとクトゥルー系デスメタルの目まぐるしさが一体となったように襲いかかり、しかもそこにスぺイシ―ですらある極上アトモスフェリックなパートが盛り込まれてて、とにかく凄いことになってます!!!楽曲は変態テクニカル・リフや鮮やかなまでに多彩なフレーズを繰り出すギター・プレイが核を成して、ドラミングはもはやジャズ・ドラマーのような鬼神のごとき連打。そしてVo.は終始ロウ・ピッチな下劣デス・ヴォイス。PORTALやCAULDRON BLACK METALのようなフュージョン・カオティックな変態性と、DEMILICHのlow-endデスな変態性がぶつかり合って変態度数を増幅しながら、カナディアン・デス/ブラックメタルの土壌で育まれたような、壮絶な変態プログレッシブ・デスメタルです。変態言いすぎましたが決してギャグではありません。カオスの中で展開するアトモスフィカルなパートの浮遊メロディーにとろけてしまいそうです。コレは本当に凄いしカッコいい!!!カナディアン・デス/ブラックメタル・ファン悶絶必至必聴作!!!







・ANHEDONIST - Netherwards CD ¥1200 (Dark Descent)



ここ数年、Parasitic Recordsを中心とするポートランド勢や、20 Buck Spin界隈のシアトル勢など、充実ぶりが感じらるUS北西部のエクストリーム・メタル・シーンから、またも注目のバンドが登場。このANHEDONISTなるバンドはシアトルを拠点にするバンドで、DEAD CONGREGATION, GRAVE MIASMA, MOURNFUL CONGREGATIONなどのサポートでメキメキと頭角を現してきたようです。サポートを務めたそれらのアンダーグラウンド・カルト・デスメタル・バンドのそれぞれ違った特徴や、地理的にも近いカナダのバンドにも通じる北米エクストリーム・メタル特有の冷たさ、さらにDark Descent Recordsからのリリースという、バンドの様々な背景が妙に納得できるデビュー作とは思えないディープな作品で、しばらく集中して聴きこみたくなる力作です。レーベル・オーナー氏も、「2012年のアルバム・オブ・ジ・イヤーはこれになると思う!」と興奮して大プッシュしています!!



不穏な暗黒音響で幕を開けた後は、US東海岸のabyssicなデスメタルやカナディアン・コールド・デス・ブラックなども連想させる激烈地獄デスメタルで突進しますが、全4曲で40分オーバーという大作主義的な曲構成からも推測できるように、徐々にフューネラル・ドゥーム的な奈落の底に突き落とす感覚へと変わっていきます。しかしその感覚が絶望的というより荘厳さに満ちていて、PARADISE LOSTやESOTERICなどの大英帝国産ドゥーム・デス系のゴシックな悲哀も感じさせて、これが本当に1stアルバムかと思わせる完成度!!MORNFUL CONGREGATIONの最近の作品にも通じるプログレッシブな叙情性だけど、幼稚な言い方をすると、速いデスメタル・パートや重厚突進パートも多いので、EVOKENやFUNEBRARUMなどのニュージャージー・デスメタル・ファンにもぜひ聴いてほしいです!!







・WEREGOAT - Unholy Exaltation of Fullmoon Perversity CD ¥1000 (Dark Descent)



RITUAL NECROMANCYでドラムを担当するNocturnal Hellfucker氏がベースVo.で率いるUSポートランドのブラック・デスメタル・バンド、8曲入り1st CD。RITUAL NECROMANCYがデス・ブラック系ファンに評価が高いのでこのバンドも注目度が高まっていましたが、このデビュー作が発表された直後から評価も俄然うなぎのぼりの、ベスチャル・デス/ウォー・ブラック・マニアックス必聴の極悪強力作!!



ジャケ・トレー下には、ポートランドのメタル&パンクスとも交流のある有名ストリッパー/モデル Malice 666も登場。この姐さん、最強にカッコいいんですが、WEREGOATメンバーもルックスがまた強烈。そして、このルックスにノックアウトされるような極悪メタルヘッズならば、サウンドも絶対にガッカリはしないはずです。BLASPHEMYを筆頭とする王道のraw warスタイルですが、リフも構成力もデスメタルのルーツをしっかり踏襲しているので、カオス系ウォー・ブラック/ベスチャル・デスメタルとは異質のバイオレンスなムードがカッコいいです。リチュアルな雰囲気が漂ってるところが、BLACK WITCHERYのデスメタル・テイストと違うところでしょうか。SARCOFAGOの名曲 "Nightmare"を彷彿させる邪悪チューンから、手(指)数の多いこざかしプレ・デスメタルなスラッシー・リフで切り込んで暴走パウンディングする展開などは、激渋なカッチョよさ!!オールドスクール・プライドを強く感じさせるraw warベスチャル・デス・ブラックメタルで、オススメ&注目です!!







・BEGRIME EXEMIOUS - Visions of the Scourge CD ¥1200 (Dark Descent)



RITES OF THY DEGRINGOLADE, OUROBOROS, GLORIA DIABOLI, WEAPON, ANTEDILUVIAN, etcのメンバーからなるカナディアン・バンドの新作2ndアルバム!!



このメンツからするとカオティックでエクスぺリメンタルなデス・ブラックメタルを想像しますが、ここらへんの人脈のカナディアン・エクストリーム・メタル・バンドの中では、恐らく最もオールドスクール・テイストを強く打ち出してると思います。カリカリしたドライなギター・サウンドによるソリッド・リフのブラック・スラッシュは、Tyrant Syndicate / Peaceville時代のAURA NOIRにかなり近くて、オールドスクールな疾走パートも多く飛び出します。ギターソロも印象的で、メロディーやフレーズからはへヴィメタルの古典的要素も感じさせますし、WEAPONやGLORIA DIABOLIにも参加してたドラマーの腕前も凄いんだけど、音質とバランスが非常に悪い!!この凄腕連中でこのラフ・ミックスのようなサウンドは、あえて狙ってるのかも知れません。
04 | 2012/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR